情がわいて恋人と別れられないという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

情があなたに良い影響を与えるものなら良いですが、もし情のせいで恋人と別れられず、思うように人生を歩めないなら問題です。

この記事では、そんな情に絡まれてしまって、恋人と別れられない時の原因と、対処法を18個お伝えします。

この記事の目次

情がわくってどんな感情?

まず情が湧くとはどんな感情か考えてみましょう。

人によって情がわく対象は違います。

例えば、拾った猫を里親に出そうと思ったけど、育てているうちに情がわいてしまい結局自分で飼うことになった。

なんてことはよくあることですよね。

また、誰かや動物が哀れな状態になっていると、助けてあげたいと思う気持も、情がわく感情と同じです。

男女の場合だと、長い年数付き合った場合に「情がわく」、「情で付き合っている」と言ったりもします。

長く付き合った分、男女の関係というよりは家族のような間柄になってしまうと情がわきやすくなります。

男女どちらかが別れを切り出そうとした時、相手の顔を見ると思わず情がわいてしまい、別れを言えずじまいなんてこともよくあります。

相手のことを「可哀想」と思ってしまい、自分の本当の心をしまい込んでしまうことを情が湧くというのです。

情がわく原因とは?


男女の愛で情がわくのは、どんな原因があるのでしょうか。

頭の中では「この人と別れたら、新しい人生が待っているのに…」と分かっていても、別れられないのは何故なのか。

それにはいくつかの原因があります。

・今までの楽しい思い出を思い出してしまう
・恋人同士みたいなときめきはないけど、二人の会話がたのしい
・相手の良いところを、誰よりも自分が知っているから
・身体の相性が良かったから
・自分が別れを告げたら、相手が一人ぼっちになってしまうから

などなど、挙げたらきりがないのですが、情がわいてしまうポイントは人それぞれなので、一概にコレだとは言い切れませんが、大体は上に挙げたような原因が多いです。

特に一番最後の「相手が一人ぼっちになってしまうから」という思いはよくあり、これこそが情けで付き合っていると言ってもいいでしょう。

情が湧くのは悪いことではないかも

情がわくという感情は、男女の付き合いにおいては「ズルズル付き合っている」というイメージがありますよね。

周りからも「あなた達、結婚しないの?」とか言われたりして。

そう言われる度に胸がチクチクしたりしますよね。

何となく付き合いを続けて、特に別れる理由もないのかも知れませんが、別にそれは悪いことではありません。

特に喧嘩もしないし、家族みたいな関係で男女の関係ではないのかもしれませんが、それはそれでいいのです。

何故なら、結婚した夫婦だってそれに近いモノがありますし、籍を入れているかいないかの違いでしかありません。

それにこのご時世、結婚にこだわる人は少なくなってきています。

お互いの愛は変わらない、自由でいたいから事実婚でいいという人もたくさんいます。

だから、情は一概に悪いとは言い切れません。

ただ、情が湧いてしまったことで別れることができず、自分が歩もうとしている道を閉ざしてしまうのなら問題です。

次の章では、情が湧いて別れられない時の対処法をお伝えします。

恋人に情が湧いて別れられない時の18個の対処法

別れたい、でも別れられない。

別れてしまったら、この人はどうなってしまうのだろう。

そして、自分もどうなるのだろう。

寂しさに耐えられるのだろうか…。

と、別れを切り出す前や、別れを切り出した後にそのような事を思い起こして、「やっぱり別れない!」と思っている人はいませんか?

そして、それを何度も何度も何年も繰り返していませんか?

ここでは、情が湧いてしまって別れられない人の為に、対処法を18個お伝えします。

この記事を読んで、中には「男女の仲なんて理屈じゃないのよね」と思っているかも知れませんが、自分なりに自分を分析してみると、なぜ別れられないのが分かってきますよ。

別れた後に後悔するのでは?と思うかも知れませんが、そんな思いは最初の頃だけです。

自分の心が今どこにあるのかしっかり分かれば、別れなどそれほど怖いモノではありませんよ。

一緒に対処法を探してみましょう。

1.付き合った当初を思い出してみる

まずは、付き合った当初を思い出してみましょう。

この頃は、誰だって愛情が深くて相手の事がとてもイイオトコ・イイオンナに見えていたと思います。

しかしどうでしょうか、2年~3年経つ頃には見慣れてしまって、トキメキなどは消えてしまいます。

良く言えば、安定したお付き合い。

悪く言えば、相手を異性として見れなくなってきます。

しかもその間に、さまざまな出来事があったことでしょう。

口では「もう絶対別れてやる!」と言っても、一週間後には何となく仲直りして、いつも通り過ごすなどが繰り返されたのではないでしょうか。

そして、いつか相手のことがイヤになってしまい「別れたい」と思ったことがある人は多いと思います。

そんな時は、付き合った当初を思い出してみてください。

もし、まだ心の中に付き合い始めた頃の二人が、愛おしく感じるなら、別れはちょっと待ってみましょう。

そうではなく、付き合った当初のお付き合いを思い出して、「ああ、そんなこともあったわ」と冷めた目線で見えるなら別れを切り出した方がいいかもしれません。

2.本当に好きなのかどうかもう一度きちんと考える

好きなのかどうかもう一度「きちんと」考えてみましょう。

この場合客観的に自分を見る必要があります。

その方法としては、一人で考えたいならノートに相手のどこが好きか書き出してみましょう。

ついでに嫌いなところも書いてみてください。

書くことにより、自分の心の中に整理がつきます。

書いてみて分かるのは、本当に別れたいと思っている人は、相手の良い部分が思った以上に少なくしか書けない場合が多いです。

それどころか人によっては、一個も書けない人もいるかもしれません。

そうなれば別れを切り出した方がいいです。

また、別な方法としては、誰かに話すことです。

例えば親友に聞いてもらいましょう。

出来ればズバっと言ってくれる人がいいと思います。

親友からの核心をついた言葉に胸が痛むかもしれませんが、自分とは違った意見に目が覚めることもあるでしょう。

最後に答えを出すのは自分ですが、客観的で冷静に自分を見るようにしてから答えを出してください。

3.今の恋人と理想の恋人とのギャップを書き出す


こちらもノートに書き出してみる方法です。

誰にだって理想の恋人像はありますよね。

その理想を書いてみてください。

優しい・頭がいい・年収は500万以上・誕生日にプレゼントをくれる・喧嘩をしない・清潔感がある・浮気をしないなどなど、理想はいっぱいあると思います。

それを遠慮無く書き出してみましょう。

そして次は、今の恋人の現状を書き出してみてください。

もしかして悪いところばかり書いていませんか?理想の恋人はたくさん書いたのに、現実の恋人の事は悪い部分ばかり書いたりして…。

でもそれでもいいのです。

この方法を試してみて分かるのは、相手の何が自分にとって不満なのかが分かります。

だからと言って、この不満を相手に伝え解決できるのかといえば、そうではありません。

ただの別れの目安にすぎませんので、参考までに書いてみてください。

そして注意事項ですが、この書き出したノートは恋人に見られないように、書いたページは破いて捨ててください。

4.自分の恋人と別れたい理由を明確にする

人によっては、感覚だけで「何となく別れたいの」と考えている人がいるかもしれません。

でも、別れを決意しているなら、別れたい理由を明確にしておきましょう。

無職の状態が半年以上続いている・会話がほとんど無い・デートに行かなくなった・浮気をしている・相手に貯金がない・将来のことを全然考えていない・結婚の話が出てこない・スキンシップの回数がほとんどない・自分ばかりがお金を出している…などなど。

人によって理由はまちまちですが、その人なりの別れたい理由があるので、明確にしておいてください。

そして大事なのは、これらの理由が自分にとって、どんな不利益をもたらすのかも考えておきましょう。

先ほど紹介したとおり、ノートに書き出すといいです。

別れたい理由を明確にしておくと、別れる際に、相手から「どうして別れたいの?」と聞かれてもスグに答えられるからです。

曖昧な考えで別れ話をすると、相手によっては言葉を覆されることもあるので、理由をハッキリとしておきましょう。

5.今までと態度を変えてみる

別れたいけど、イマイチ思い切りが付かないという人も多いでしょう。

そんな時はちょっと相手を試してみましょう。

今まで恋人に向けていた態度を変えてみるのです。

今まで恋人に冷たい態度を取っていたなと思うなら、優しく接してみましょう。

そしたら相手も、今まで冷たかったけど優しく接してくれるようになり、こちらの気持ちも「別れたい」から「続けようかな」と変わるかも知れません。

でも気をつけてほしいのは、この場合も情が湧いている状態に近いということです。

また、逆に今までしていた普通の態度から、冷たくしてみるのもいいでしょう。

そうすることで相手の態度が変わってくるかも知れません。

今まで相手が冷たかったのに、こちらが冷たくすることで「あれれ?何怒ってるの?機嫌直してよー!」と優しく変化する可能性があります。

しかし、この態度をみて「優しい前の恋人に戻ってくれた」と思っても一時的なものの可能性があるので、おすすめはあまりできません。

それでも、別れたくない理由を1つでも欲しい人にはおすすめです。

6.はっきりと別れたい気持ちを伝える

別れるための方法は、別れたい気持ちを真正面から言うしかありません。

これに尽きます。

ただ黙ってフェードアウトしては、相手に恨みの心を持たせたり、相手がストーカー化する可能性もあります。

また、よからぬ噂がたってしまうこともあるかもしれません。

別れを切り出すのは勇気がいります。

別れたいと言った瞬間に悲しい顔を見てしまったら、それこそ情が湧いてしまうというものです。

そうならない為にも、はっきりと気持ちを伝えましょう。

ただ「別れたい」と言うのではなく、どのような理由で別れたいのかを伝えてください。

その時に必要なのが、「4.自分の恋人と別れたい理由を明確にする」で紹介した、ノートに書いた理由です。

スっと言えるように練習しておきましょう。

その書いたメモを見ながら話してもいいです。

何故なら、相手によっては言いくるめられたりするからです。

口が達者で、あなたのことが好きという理由ではなく、フラれるのが嫌で別れを拒む人もいます。

はっきりと別れをいうのも大事ですが、その前に作戦を練ることも必要です。

7.自分に自信を持つ

情が湧いてしまって別れられない人の特徴に、自分に自信がないことがあげられます。

自信が無いと、こんな自分を好きになってくれる人は、この人だけだろうと思っているからです。

それではいつまで経っても、別れることはできません。

自分に自信を持てば、未来の自分に自信が付き、色んなことにチャレンジしたくなるでしょう。

そうすれば、人生の道が広がります。

別れた後の自分を考えると、不安になるかも知れません。

でも、これまでにも別れたいと思ってきたのですから、後悔することはないでしょう。

後悔したとしても、ほんの一瞬で終わります。

自分に自信を持つために、いろんなことに挑戦してみてください。

それほど大袈裟なことはしなくていいです。

ダイエットをしてみる、メイクを変えてみる、ファッションをいつもと違うものにしてみる。

何かサークルに入ってみるのも良いでしょう。

自分に自信を持つというよりは、相手を忘れられることや思い出さずに済む、何かに心を傾けてみてください。

少し視点を変えるだけで、今まで縛られていた自分の心が解放されていくのがわかりますよ。

8.相手は自分がいなくても大丈夫だと確信する

別れを決断したとき、考えてしまうのがその後のことではないでしょうか。

私がこの人から去ったら、この人はどうなるのだろう。

もしかしたら悲しみのあまり、自殺してしまうのでは?と考えてしまうかもしれませんよね。

しかし、そう考えてしまうのには、何か原因があるのでしょう。

例えば、過去に別れを切り出した時に「別れるくらいなら死んでやる!」と暴れられた。

自傷行為をされた、暴力を振るわれたなどがあったからだと思います。

でも、そんなことはもう考えなくてもいいです。

ただ気を引きたいがために言っているだけなのです。

そんな戯言にいちいち耳を傾けて、情を出すことはありません。

百歩譲って、振られて傷つくことはあったとしても、死ぬかどうかはその人が決めることです。

あなたの責任ではありません。

相手は自分がなくても大丈夫だと思ってください。

9.優しい言葉をかけない

別れ話の時についつい出てしまうNGワードが、優しい言葉です。

例を挙げるとしたら

・別れても、親友でいよう
・何かあったら連絡してね
・新しい恋人ができるといいね
・好きだったのは貴方だけだった
・元気でね

別れを言い出した自分に罪悪感を感じて、このようなことを言う人もいます。

少しでも自分が悪い人間でいるのが耐えられないのです。

これは情けとはちょっと違います。

優しい言葉は、話の本筋を変えてしまう可能性がありますので、混ぜないようにしましょう。

別れ話に大事なのは、別れたい意思とその理由です。

別れ話は相手の心を覗きながらしたのでは、先へは進めません。

別れ話はいわば、決定事項を相手に報告するようなものです。

そして相手は、残念ですがそれを大筋で認めてあげる必要があります。

そうしないと泥沼になってしまいます。

スマートに別れの場面を切り抜けたいなら、優しい言葉は言わないようにしましょう。

10.別れることで得られるものを考える

別れは何かを失うイメージがあります。

間違いではありませんが、得られるものだってあります。

そもそも別れはあなたが幸せになるためです。

相手の気持ちはさておき、別れたいと思っているのは少なからず、今の現状に不満があり不幸だと思っているからでしょう。

もしくは何かを得たいと思っているからだと思います。

別れることで得られるのは、未来にある可能性です。

もしかしたら、その人と別れてもまた似たような人と一緒になり、同じ思いをするかも知れませんが、別れることでたくさんの可能性を得られます。

何かを得ようとした時、何かを失ったり捨てることはどうしても必要なことなのです。

血も涙もない冷たい人間だから、捨てるというわけではないのです。

そうしなければ、荷物が両手いっぱいになり、何か大事なものを失うことになります。

しかし今時点で、この人と別れたい・この人との未来は考えられないと思ったのなら、正々堂々と別れを告げましょう。

11.お互いに言いたいことを全て言う

あまりおすすめできない方法ですが、別れの時に言いたいことを全て言うことも必要な時もあります。

付き合いが長いと積もり積もった不満もあるかもしれません。

お互い言いたいことを言って、次のステップの糧にするのも大事です。

ただ、気をつけてほしいのは、お互い言いたいことを言っても自分は「別れる」という意思は曲げないこと。

そうしないと、「言いたいこと」の中に、相手の「別れたくない理由」を織り込まれて言われてしまうからです。

そんなことを聞くと、また情が湧いてしまい別れの機会を逃してしまう可能性があります。

別れの基本スタイルとしては、相手の話はあまり聞かないことです。

そして自分も必要最低限の理由しか話さないようにしましょう。

冷たいかも知れませんが、スムーズに別れ話を終らせるために必要なのです。

直接会って別れ話をするのがおすすめ

最近は告白も別れもラインでする人が増えていますが、なるべく直接会って別れ話をするのをおすすめします。

出来れば昼間がいいでしょう。

夜になってしまうと、夜の不思議な雰囲気に飲まれてしまって何故か盛り上がってしまい、最悪な場合だと元のさやに戻ってしまう可能性もあります。

相手によっては、直接会わない方がいい場合もあります。

例えばすぐ感情的になる人や暴力的になる人の場合は、電話などで伝えましょう。

また、別れ話を切り出す人に落ち度がある場合は、直接会って言った方がいいです。

落ち度とは、浮気相手を好きになってしまった場合や金を相手に借りていた場合などです。

これらは、人の礼儀として当然のことです。

特に金銭は借りた分などはその場で返すか、これから借金を返す金額を提示しましょう。

12.納得いくまでとことん話す

別れ話のシチュエーションは、人それぞれです。

特に面倒な別れが、同棲や結婚をしているカップルです。

住んでいる家には、お互いの物がたくさん溢れかえっていて、次の住む家に持っていく物、持って行けない物など話し合う必要があります。

中にはペットをどちらが引き取るかなど、話し合いに時間が掛かってしまいます。

簡潔に別れの理由を伝え、相手に納得してもらえるのが理想ですが、相手によってはそうならないこともあります。

特に相手が女性の場合は、「どうして?なぜ?」を何度も連呼してくるでしょう。

その場合は、似たような理由を何度も説明する必要がでてきます。

きっと途中でイライラしてくるかもしれません。

でも、貴方は貴方で思っていることをハッキリと言ってください。

もしかしたら相手が泣き出すかもしれませんが、その場合も情に流されることなく、別れたい意思を貫いてください。

13.復縁を匂わせるような発言はしない

別れ話で絶対してはいけないのが、復縁を匂わせるワードを言うことです。

例えば以下のような言葉になりますので参考にしてください。

・3年後にお互い好きな人がいなかったら一緒になろうね
・困ったことがあったら電話してね
・これからも心の中には、貴方しかいないから

など、別れを切り出した方は、絶対にこれら復縁を匂わせるような言葉は言わないようにしましょう。

世の中には、復縁して結婚した人たちもたくさんいます。

でも一度別れを決意したのは、何か思うところがあって出した結論です。

なのに、復縁を匂わせるようなことを言ってしまっては、相手が復縁できるかもと期待してしまします。

そして相手は貴方を諦め切れず、ずっと待ってしまうでしょう。

もしかすると、別れ話の沈黙に耐えられずに思わず、復縁を匂わせるようなことを言ってしまうかもしれません。

でもいい人を演じたり、沈黙を埋めようなどは一切しなくていいのです。

必要なのは、あなたの別れたいという意思と言葉だけなのです。

今後一切復縁する気はないと示すことで相手の気持ちも断ち切る

相手にしてみれば、振られること自体が残酷だと思っているのに、その上期待を持ったまま待たせるのは失礼です。

それよりは、その場できっぱりと別れの意思を伝えてあげてください。

その方が相手の未来が広がります。

14.別れることを前向きに考える

別れを考えると、ネガティブなことばかり考えてしまいます。

あれこれ考えると、やっぱり別れるの辞めようかなと思ってしまうこともあるでしょう。

例えば、この人と別れたらもう自分を愛してくれる人はいないかも、もしかしたら結婚できないかもなどと考えてしまうかも知れません。

確かにその可能性はゼロではありませんが、別れる理由は自分が幸せになりたいからです。

特に女性の場合は、身体の機能などを考えると、どうしても別れを告げなければいけない時期もあるでしょう。

現代は、結婚しない男女に寛容な雰囲気になりましたが、それでもまだまだ彼らの親の世代は、自分の子供に結婚を期待してしまいます。

結婚の時期は自分で決めると思っていても、周りからの期待に自分が惨めになってしまうこともあるでしょう。

別れは悪いことではありません。

前向きに捉えて、もっと自分の人生を楽しみましょう。

15.友達に別れると宣言して覚悟を決める

何年も付き合った人なら、別れ際に情が湧いてしまうのは当然のことです。

別にあなたが優柔不断だからとかではなく、人間として当然の感情だといえるでしょう。

しかし、ここで別れなければ、後々貴方はまた「やっぱり別れた方がよかったな」と思ってしまう可能性があります。

別れの意思を揺るぎないものにするには、自分の気持ちを友人に聞いてもらい、別れると宣言しましょう。

きっと貴方は、別れに至った経緯や恋人に対する気持ちなどを、幾度となく友人に話しているはずです。

友人もその話を聞いて、共感したり胸を痛めたはず。

貴方が「別れます!」と宣言をすれば、協力してくれる味方となるでしょう。

そして、宣言するだけでなく、休みの日に寂しくならないように会ってもらったり、電話で話を聞いてもらってください。

また、別れ話が難航してしまった場合、友人に間に入ってもらい別れ話をするのも有効です。

友人はきっと貴方の力になってくれるでしょう。

しかし貴方も、元恋人を思い出さないように、いろいろと工夫をする必要があります。

例えば、何か習い事をしたり、今まで趣味が合わずに観なかった映画を観るなどをしてみてください。

16.自分の気持ちを最優先する

別れに余計な感情は不要です。

相手がどうであれ、自分の気持を最優先させないと別れ話は進みません。

「この人、私がいなかったら…」や「可哀想だから別れは今度でいいや」など考えないようにしましょう。

人生で一番大事なのは、自分の気持ちです。

もしあなたが、色んな物に囲まれて贅沢に暮らして、素敵な恋人がいたとしても、あなたが不幸だと思えば、あなたは不幸なのです。

たとえ、友人や知人が「男女の仲なんてそんなもんじゃないの?」とか「恋人がいるだけまだマシなんですけど」、「えー、これから結婚相手探すの?大変じゃない?妥協しなよ」などと言ってくるかも知れません。

その言葉にあなたは心を動かされてしまうでしょう。

でも、「それがどうした」と振り切ってください。

別れは、自分の世界観を広げる絶好のチャンスです。

自分の心に嘘をつかず、心に従ってみましょう。

17.感情を抑えて冷静に話す

別れ話の理想の形は、お互い感情を抑えて冷静に話し合うこと。

特に別れを切り出す方は冷静でいなければいけませんし、その義務があります。

大事なのは情にほだされないこと、そして相手の感情に振り回されてはいけません。

冷め切った関係であれば、それほど心配は要りませんが、相手が感情的になり、あなたの情に訴えてくるような言葉を言ってくるかも知れません。

また、あなたの弱みを握っている場合は、そのことを突いてくる場合も考えられます。

でも絶対に、冷静に心を保っておいてください。

あなたを困らせるようなことを言ってくる人は、あなたの幸せのことは考えていません。

自分の元から恋人を離さないように、必死になっているだけです。

また、想定しておきたいのは、あなたの「面倒くさい」と思ってしまう感情です。

相手から色々と言われて中々納得してもらえないと、話し合いが面倒になってきます。

そして別れ話を諦めてしまうことがあるかもしれません。

また、何かを言われて頭が真っ白なることも想定しましょう。

万が一、頭が真っ白になり言葉を失ったとしても、先に別れの言葉を言っているなら、その場を去ってしまっても全然いいのです。

相手の言い分を聞くと、どうしても情が湧いてしまいます。

そうなる前に、その場を去るのも有効です。

18.自分の将来を考える

情が湧いて別れをためらった時、なぜ自分が別れようと思ったのかを今一度考えてみましょう。

理由は人それぞですが、別れの先にあるのは自分の自由な将来です。

将来のために一刻を争う!というほどではないのでしょうが、思い立ったら早いほうが良いです。

何かのチャンスを掴もうとしている人。

何かを学びたい人。

婚活をしたい人。

いろいろと将来を考えていると思います。

「何かを始めるのに遅いことはない、何歳からだって出来る」と言う人がいますよね。

それは間違いではありませんが、早ければ早いほど良いことはたくさんあります。

特に婚活は、若ければ若いほど出会いの可能性が高くなります。

それは何故か、若いというだけで将来性があるからです。

子供を産める可能性、育てながら働ける可能性などがあるので、男性は若い女性との出会いを望むのです。

しかし男性も同じ目で女性に見られています。

年を取れば男性だって繁殖能力が衰え、働ける可能性だって減ってきます。

いくら優しくて頭が良くても、稼げる能力や体力がなければ誰も付いては来ないでしょう。

別れたい理由は人それぞれですが、今の恋人との関係で、何も実りがないと思ったら、じっくり将来を考えて別れましょう。

別れを前向きに考えよう!

別れは決して悲しいものではありません。

別な言い方をすると、悲しいものにするかどうかは、あなた次第なのです。

自分の中の情けを断ち切り、別れを告げるのは非常に難しいです。

もしかしたら、この記事を読んでいる人は、何度も別れを考えて、何度も情が湧いてしまい別れを断念してるかもしれません。

でも別れの先にあるのは、決して絶望ではありません。

どうか自分の未来を信じて、情を断ち切り輝かしい将来を手に入れましょう。