協調性がない人とは、周りの人に合わせる事が出来ないイメージがありませんか?突然、とんでもない質問をしてきたり、空気が読めてない発言など、一緒に居てイライラしてしまったり、自分優先の行動に腹が立ったり・・・。

そんな協調性のない人に合わせることすらしたくありませんよね。

今回は協調性のない人の特徴と知らず知らずにあなたは「協調性のない人」になってしまっていませんか?協調性のない人は知らぬ間に相手を傷つけてしまっている場合もありますので、行動をする前に相手の気持ちを考えてから、行動するといいかもしれません。

「協調性がない」のは悪いことばかりでもありませんので、ぜひご参考によく読んで下さいね。

協調性は社会に出て役立つ!

協調性がある人は、社会人になってから出世が早い人もいます。

協調性がある人は、物腰も柔らかく、あらゆる人と上手く接していけるので、上司に可愛いがられたり、同僚や後輩にも好かれるので、色々と助けてもらえる事もありそうです。

このように、協調性があれば様々な人に合わす事が出来るので、社会に出てから役立つ事はもちろん、友達や仲間も多いことでしょう。

協調性があれば、コミュニケーション能力も高い人が多いので、色々な知識がなくても生きる力がパワフルなので、上手く世渡りをしていけます。

このように、どれを取っても協調性があれば社会に出て役立つ事がたくさんありますね。

協調性ってなに?


では、そもそも「協調性とは?」の疑問にぶち当たりますよね。

あなたが想像する「協調性」とは、どのような事ですか?また、あなたの周りには、協調性のある人はいますか?協調性のある人は、周りの人の事を助けていたり、協力的だったりしませんか?また、組織の中でもよく全体を見渡し組織がどのようにすれば、成果をあげることができるのか。

個人の事と、組織の事をバランス良く考えている、そんな人が協調性のある人なのかもしれません。

協調性は同調とは違います。

協調性は、周りのことを考えながら、また同調は同じような調子や共感する事であり、意味合いは全く違うものなのです。

意味

協調性とは、周りの人と力を合わせたり、助け合い、皆んなで目標を達成、遂行して行くという意味があります。

実際に、協調性のある人に出会ったら、あなたを含め周りの人の力になろうと、努力をしてくれるかもしれません。

また、一人で成果を上げようとしたり、言い方はわるいですが、誰かを出し抜くような事も、もちろんあり得ません。

誰かが輪を乱そうものなら全力で食い止めようとするでしょう。

それくらい、周りと力を合わせようとしたり、助けたりする事の出来る人なのです。

それは、皆んなのため、また自分のためと思い、会社に貢献する事や同じ部署での仲間と成果を上げるために努力し、実行、遂行していける人なのです。

【協調性の意味はこちらの記事もチェック!】
協調性とは?就活で聞かれるこの質問、なんて答えたら良いの?

使い方


協調性の使い方は、まず自分だけの考えに陥らない事です。

個人の考えが必要な場合もありますが、仕事をする中で同じ目標に向かい、皆んなで力を合わせて進んで行く事ですので、「自分だけの仕事をしていれば、それでいい」のではありません。

確かに、自分の仕事を終えていないのに、他人の仕事を手伝う必要はありませんが、人が悩んだり困っていれば助けてあげたり、力を合わせて作業をしたりしてあげる事が「協調性」の正しい使い方なのではないでしょうか。

まずは、間違えた使い方をしないように、「自分さえ良ければいい」と、少しでも思うことがあれば、改めるようにしてみましょう。

協調性がない人の特徴

では、ここからは協調性がない人の特徴について調べて、詳しくからは解説をしていきます。

もし、あなたが「協調性に欠ける」などと少しでも感じたり、思う部分があるなら「協調性がある」行動を意識してしていく事をオススメします。

また、協調性のある行動を出来るようになれば、周りに少しずつ人が集まってきたり、またあなたが困っている時は、あなたを助けてくれる事でしょう。

見返りを求めるのはよくありませんが、あなたが協調性を持つ事で、会社の功績になるかもしれません。

また、あなたに協力してくれる仲間が増えるかもしれません。

とにかく、現状を変えるきっかけになるかもしれませんので、ぜひこれを機に協調性ある人になってみてはいかがでしょう?

空気を読めない

とにかく、「空気が読めない」。

悲しいですが、他人から「今、このタイミングで、そんな質問する?」など、デリカシーもないように思われる事があるかもしれません。

また、話をきいているようで、案外聞いてないところもありますので、同じ質問を自分のペースでしてしまい、他の人に時間を取らせてしまう事も・・・。

空気が読めないと、無駄な質問や答えにくい質問をしがちですので、会議なんかで発言してしまえば、会議に参加している時間をも無駄にしてしまう場合もありますので、しっかりと相手の話しを聞いて、理解しておくように努めましょう。

また、会議の資料や重要事項がある場合、必ず時間を取り、大切なところは読んで頭に入れておくようにしておくと、無駄な質問など、しなくて済みますからね。

当たり前ですけど、大切な事です。

とにかく頑固

「頑固中の頑固とは、この事を言う。」と、言いたくなるくらい頑固物。

自分の意思をも曲げないので、もちろん協調性にも欠けてしまいます。

また、「こだわる」ところも少し周りとは違いますので、「そこにこだわるか?」などと思われがちです。

また、周りのほとんどが「賛成意見」の中でも、自分が納得出来なければとことん周りとも戦おうとします。

そんな姿を見て、同じ部署や同僚もうんざりしてしまうでしょう。

頑固は、頑固で自分の意見や意思をしっかり持っている事は、いい事ではありますが、社会に出ればほとんどが「協力」していかなければなりません。

また、家庭や家族にも協力は大切です。

気遣いが出来ない

気遣いが出来ないのは、やはり社会人としては通用しないでしょう。

誰かが困っているのに気付いたり、誰かが困っているところに遭遇すれば、助けるのは当たり前です。

他人が困っていれば助けてあげたり、また自分が困った時は助けてあげる事は当たり前なのではないでしょうか。

最近では、そんな事すら出来ない人が増えてきています。

気遣いが出来る事で、他人や相手の気持ちを考える事に繋がり、また同じようにあなたも困った時には誰かが助けてくれたり、気遣ってくれたりするのです。

助け合いの精神で、世の中やひとは成り立っているところもあります。

あなた一人だけの世界では、狭いという事を覚えておきましょう。

話すのは得意!でも聞くことはできない

自分の話ばかりしてくる人っていますよね?しかし、そんな人が他人の話しを聞いている姿を見た事ありますか?自分の話したい事ばかりを話して、その後はすぐに去っていく。

そんな事をしていては、相手の意見や話しを聞いてもらった相手の話しを聞かないのは、「自分さえよかったら、それでいい」人に映るでしょう。

一度、そのように感じた相手は余程あなたのことを理解してくれていない限り、「あなたの話しを聞きたくない」と思わせてしまう事でしょう。

やはり、人は持ちつ持たれつの関係で、話しをする相手の話しを聞くのはマナーだと思う事が大切です。

自分の意見や話ばかりをするようでは、幼い子と同じレベルです。

割り切った関係

いい意味で割り切りは大切ですが、自分と社会を切り離す関係や割り切った考えは、非常に怖いと言えるでしょう。

生きているという事は、あなたも、社会や世の中の一員なのです。

誰かが誰かの助けになったり、また助けられたりする事は当たり前ですので、切っても切れない関係なのです。

そこを、「割り切った関係」にしてしまえば、世の中や社会から離脱するような感覚に陥ります。

人は一人で生きてはいけません。

必ず、誰かの助けが必要なのです。

社会人になってから、親の脛をいつまでもかじっていたり、都合のいい時だけ人を頼っていたりしていては、必ずやあなたに却って来るものは「苦労」ばかりでしょう。

常に自分中心的な考え方

いつも他人に合わせる事もなく、「自分の時間や自分の考えを中心にする。」そんな事を当たり前なんて思っていませんか?それは、きっと周りの人や相手が嫌な思いや、あなたに我慢をして付き合ってくれているのかもしれません。

自分中心的な考え方で、いい事はあるのでしょうか?また、自分中心的な考えをする事で、誰かに迷惑をかけてしまっているのなら、態度を改めるべきでしょう。

あなたは、これまでたくさんのひとに支えられ、育ってきた事を忘れていませんか?大抵、自分中心的な考えを持つ人は、他人や周りの人に「感謝」が出来ない人なのです。

もう少し、感謝の気持ちが必要なのかもしれません。

人目を気にしない

突然、大胆な行動をしてみたり、人目を気にせずマナーの悪い行動をしていたり・・・。

そんな事をしていては、一緒に居る相手もあなたにはうんざりしているでしょう。

社会性が身についていれば、もちろん人目も気になるものです。

それが、出来ていないのはやはり社会性が身についていないのか、社会性が低いのでしょう。

また、人目を気にする事で服装やマナー、また社会人としての行動も身についていけるところもあるのです。

人目が気にならないのであれば、まずは「他人から見える自分」を想像していくところから始めてみましょう。

他人があなたを見て、不快に感じると思うところは直していけるよう、努力が必要です。

協調性がある人のメリット

では、ここからは「協調性がある人」には、どのようなメリットやいいことがあるのでしょうか?協調性のある人は、「協調性がある」=「助け合いや、力を合わせる」事ですので、自然と組織のトップやリーダーになる事がかできたり、一人一人見る目が変わったり、今までよりは楽に個性を受け入れられるかもしれません。

徐々に、こだわりもなくなり旧友に会った時には、「何か、丸くなったね。」なんて、言われる事も・・・。

さらに、協調性を身につければ、人との関わりが億劫に感じていた人は、徐々に人との関わりを受け入れられるようになる事に繋がります。

今よりかはいい人間関係を築く事が出来ます。

組織の中心になれる

まずは、何と言っても「組織の中心」になる事が可能です。

協調性がある人は、個人、一人一人の個性や性格をよく理解出来ているので、どのようにすれば、組織がまとまるのかをよく考えて行動しているのです。

もちろん、相談をされることもしばしばあるのではないでしょうか?そこで、さらに的確なアドバイスができてしまうのも特徴になります。

的確なアドバイスが出来るという事は、個人一人一人の個性や性格をよく理解している事も大切なのですが、何より先見性や計画性、後は経験も必要になります。

それだけの力が備わっているのであれば、協調性はもちろん、組織の中心になる事が出来るのも理解できますよね。

リーダーシップが身につく

「組織の中心」になれる事に続いて、「リーダーシップも身につく」事が出来るのです。

組織の中心になれる話に続きますが、個人一人一人の個性や性格をよく理解出来ているので、どのような行動をすれば、組織の関係が良くなり、功績を上げる事が出来るのかをよく考えて計画います。

なので自然と頼られたり、相談される事が増えますよね。

そこで、皆んなの意見を吸い上げて、上司へ提案する係に抜擢されたり、または協調性のある人が、上司になる可能性もあります。

このように、上手く段階を踏んでいく事が出来る人なら出世も早い事でしょう。

また、出世しなくとも周りに頼られる存在になる事は間違いないでしょう。

とにかく仕事ができる

またとにかく仕事ができるのも特徴です。

細かいところにまで気が効きますので、計画や立案なども綿密に行う事でしょう。

頭がいいですので、計画や準備もほぼ完璧にこなそうとします。

また、それがプレッシャーやストレスになっているのではなく、そのように訓練をしてきている事と、やはり経験があるからでしょう。

協調性がある人も、昔は数々の失敗を起こしてきたため現在のように仕事ができる人にまでなる事が出来たのです。

失敗をせずに来れる人は、一握りの天才でしかなし得ません。

人は失敗し、そこから学んで成長していく生き物です。

失敗せずに、成功や仕事をこなす事は不可能なのです。

人付き合いに困らない

協調性があれば、まずは人間関係に困る事はありません。

なぜなら、人に協力的だったり、人を助けたりする人に嫌われる事はないからです。

それでも、人が寄ってこなかったり、人に嫌われるのであれば、どこか他に原因があるのではないでしょうか。

また、協調性があればどのような職種や職業へ就職しても、組織の中心になったり、リーダーに任されたりする事もあるのです。

つまり、協調性とはコミュニケーション脳力に近いところもあるのです。

なので、協調性がある人は、コミュニケーション脳力も同時に身についていけてるので、コミュニケーション脳力に長けている人がほとんどではないでしょうか。

周囲からの信頼が厚い

協調性がある人は、周囲からの相談や悩みも話される事も多いので、自然と信頼関係が出来たり信頼される人になっています。

「あの人に頼めば、解決してくれる」「悩みの解消係」など、協調性がある人を頼ってくる人も多いのではないでしょうか。

また、相談を受けたり、悩みを聞く姿勢も、落ち着いてじっくり話しを聞いてくれたり、嫌な顔をしたりする事もありませんので、相談や悩みを話やすいのかもしれません。

それだけ、人間的にも魅力のある人と思われているのでしょう。

そのため、「仕事ができる」、「組織の中心やリーダーになれる」=「周囲からの信頼も得られる」のではないでしょうか。

協調性を身につける方法

さて、ではどのようにすればそんな魅力的な「協調性」を身につける事が出来るのでしょうか?それは、意外に身近な事からコツコツとやっていくことで、すぐに身につける事が出来るようです。

また、普段めんどくさくて避けていたことにも、いよいよ取り組む日が来たと、腹をくくってみるのもいいかもしれません。

あなたが、少しでも「協調性がある人になりたい」という気持ちがあるのであれば、今日からでもコツコツ出来る事をやっていきましょう。

何もせずに「協調性がある人」にはなれないのです。

まずは、自分の心と向き合うつもりで、長年に渡り悩んで来た人間関係など、改善出来るかもしれません。

これを機にチャレンジしてみましょう。

相手の話をよく聞く

何と言っても、基本中の基本。

まずは、人の話や相手の話しをじっくりと聞いてみる事から始めて下さい。

「え?そんな事から?」「そんな簡単な事なんて、前からやってるよ」なんて、思っていませんか?それは、「話しをちゃんと聞いてくれている」と相手が思わなければなりません。

もしかしたら、あなたの話しを聞いている態度が、相手へ不快感を与えている可能性もあります。

また、話をしてもトンチンカンな答えや、全く別の話になってしまっていたり、話す側に対して真摯な対応では無いのかもしれません。

今一度、自分の態度や行動を振り返り、相手の話しをじっくりと聞いてみてはいかがでしょう。

他人を意識して見てみる

また、非常に勉強になるのが「人間観察」です。

他人はどのような行動や態度をとっているのか、また相手は、その態度や行動に対してどのような反応をしているのかなど、じっくりと様子を伺うのも、面白いかもしれません。

案外そこから学べる事はたくさんあるようですよ。

では、実際に他人の様子をどのようにして見ていけばいいのか、さらに具体的に内容を掘り下げて解説していきたいと思います。

他人を観察する事で、見えてくる人間模様や態度、接し方に至るまで他人を見て学べる事はしっかりと学んでこれからの行動にぜひ、役立ててみて下さい。

他人を知る

他人をじっくりと観察する事で、得られる事はただ一つ。

「他人を知る」事ができます。

「なんだ、当たり前じゃないか!」なんて思ってしまいますが、そうではないんです。

他人を知るという事は、他人の行動や言動、態度に至るまでよく観察する事で、その人がどのように考えて動いているのかが、よく分かります。

あなたが感じる「協調性がある人」をよく観察してみる事で、今後のヒントがそこに隠されているかもしれません。

また、逆に協調性がない人や一匹オオカミのような人の観察をしてみると、意外な相違点や違いを楽しめるかもしれません。

このように、他人を知るという事は、つまり、自分に置き換えてみる事もできるのです。

他人に興味を持つ

まずは、とやかく言うばかりではなく「他人に興味」を持つようにしてみましょう。

他人に興味を持つ事で、他人の行動や言動、態度に至るまで観察ができますので、見られてる本人は、「なぜ、こちらばかり見ている?」と、少し不気味に感じるかもしれませんが、あなた自身の行動や言動、態度に至るまでの反省や振り返りにもつながりますので、ぜひ、他人に興味を持つところから、スタートさせてみるのもいいかもしれません。

まずはあなたが「これならできる!」「これなら、自分でもできそうだな」と、思う分野からはじめてみましょう。

まずは、動かないことが一番いけませんので、何でもいいので動いてみる事から始めましょう。

他人の長所を見つける

また、他人を観察したり、他人を知ったりする事で、その人の良さや長所に気づいていけるかもしれません。

どうしても他人に対してマイナスなイメージがつよいのであれば、まずは他人に慣れていくところから始めて下さい。

徐々に他人に慣れてくる事で、他人に対する先入観やあなたの勝手な相手に対するイメージが解れていく事が出来るかもしれません。

また、慣れてくれば、他人のいいところや、長所、また尊敬出来るところまでたくさんの事を教えてくれる事でしょう。

また、敢えて他人の嫌なところには触れず、いいところや長所にフォーカスしてみる事で、自分に無い一面や真似したくなる部分が見つかるかもしれません。

また、逆に他人が反面教師としてあなたに教えてくれる事もあります。

あえて組織に入る

今まで苦手だった、大勢の中に飛び込んでみたり、敢えて組織の中に入る事で、あなたの実力と、どれだけあなたが出来るのかが分かります。

組織に入る事で、あなたの力が試される機会が増えたり、たくさんの人と接していかないといけない環境にもなりますので、自ら進んで組織へ入って行く事もオススメです。

初めのうちは、不慣れな事が多過ぎて「辞めたい」気持ちに狩られますが、投げ出さない強い気持ちでいる事も大切なのです。

その強い気持ちでいるために、強い心へと鍛えなければなりません。

そんな多面的に観ても、敢えて組織の中に入る事は、マイナスではないのです。

リーダーを経験してみる

今まで、一度でもリーダーになってみたり、学校では学級委員や生徒会長などにも立候補してみた経験はありますか?もし、そのような経験が無いのであれば、こちらも敢えてリーダーに立候補して、経験してみることは大切な事なのです。

仕事の大変さや、人間関係、または営業での接待など多忙に人と接する事になりますが、その分、人間が磨かれて行くのです。

たくさんの人に出会い、接して行く事でたくさんのカベにぶち当たります。

しかし、それは辛い経験になりますが、間違いなくあなたの糧にはなっていくことでしょう。

まずは、「自分には、無理」などと頭ごなしに考えず、行動してみる事が大切です。

ものごと受け入れてみる

苦手だった事や、あなたに起きた事をしっかりと見つめ、受け入れてみて下さい。

何でも「イヤだから」「苦手だから」と過ごしてしまわないで、そのイヤな事や苦手な事に対して、順応出来た方が、受け入れられなかった頃より随分と楽になる事でしょう。

物事を受け入れられない間は、あなた自身も苦しい思いをしたり、悲しくなったりしてしまいますが、物事を受け入れたり、飲み込めるように慣れてくればかなり心が楽になる事でしょう。

まずは、苦手を少しずつ、受け入れてみる。

たくさんの事をいっぺんにではありません。

3回に1回受け入れてみる。

そんなあなたのペースから始めてみましょう。

協調性がないことが時に役立つ

ここからは、ビックリ!?「協調性がない事が逆に役立つ」事について記事を進めていきたいと思います。

「なんだ、協調性がなくても役に立つ事があるなら、このままでいいじゃん!」なんて思うかもしれませんが、いいところを残して、あなたが「悪いな」と感じたり「直せたら、楽だろうな」なんて考えられるところを直すように、上手く使い分ける事も大事なポイントです。

全てを直してしまうと、あなたの個性までつぶしてしまう事にもなりますので、あなたはあなたらしく、あなたの苦手な部分と向き合っていけば、毎日をもう少し楽に生きられるようになるのかと、筆者は感じています。

世の中の間違った常識を崩す

まず、協調性が無い人は案外、物事を静観しています。

なので、やり方や考え方は他人と違っても意外に「なるほどね!」と、斬新な見方で相手を納得させてしまう事もあるのです。

世の中の歪んだ考えや間違ってしまっている常識を崩せるほどの力もあります。

「ここぞ!」っという時に底力や馬鹿力を発揮する事もあるのです。

協調性がないからといって、ぼけーっとただ、物事を考えているのではなく、静かにじっと間違った部分に目を向けているのかもしれません。

そういった意味でも、普通の人より見抜く力があるのかもしれません。

人とは違う価値観をもてる

協調性が無い人は、共感や同調する事が少なく、自分の意見も変えないので、人より価値感が違うのかもしれません。

また、逆にそれが新鮮に映ったり、カッコよくクールに見えたりする一つの要素になるかもしれません。

日本人は、何処かで「人と同じく生きていたい」や目立つ事は避けたい、人目を気にするなど、同調しないと何処か落ち着かないところがあるのも事実です。

それをいかに奥ゆかしく、かつオリジナルで、斬新な感じ方や考え方ができるのか。

そこまで極める事が出来れは、皆んなにリスペクトされる存在になる日も近いでしょう。

自分自身を貫くことができる

また、前記にも記載しましたように自分の意見を変えないところも、頑固な一面も持ち合わせていますので、自分の考えや見方を貫く強さも兼ね備えています。

もし、あなたがそんな「頑固な部分を直したい」と思うのであれば、他人の意見や苦手を受け入れていく訓練が必要になってきます。

あなたはあなたらしく、素直に生きる事も素敵です。

しかし、あまりにも周りとの摩擦や周りが反発してしまうなら、あなたが少しだけワガママになりすぎたのかもしれません。

そんな時は、自分の考え方や行動や態度を振り返るチャンスなのかもしれません。

新しい発見ができることも

協調性が無い人は、皆んなと同じ方向を向いているとは限りません。

独特の着眼点があり、また自分がのめりこむ事も好きなので、他人とは違う、新しい発見ができてしまうのです。

それを周りの人や他人に見せびらかすのではなく、ひそひそと、自分だけ楽しんでいる姿も想像できます。

このような場合、さりげなく他人に「こんな発見もあるよね?面白くない?」なんて誘い出せば、たちまちあなたの面白い着眼点に周りの人たちは驚くに違いありません。

それも、あなたの大切な個性として無くしてはならない部分なのかもしれません。

協調性がない人は稀少な存在にも

また、協調性の無い人は独特の着眼点と、他人には真似が出来ない新しい発見ができる可能性ができる事から、稀少な存在になる事も考えられるのです。

もし、あなたが、他人から一目置かれる存在になりたいのであれば、まずは仕事をこなせる人になる事。

それから、着眼点が人と違うため新しい発見をする事が出来たり、自分を貫く事が出来るので、ある目的や目標が同じになれば、かなり力強い存在になる事も考えられます。

このように、協調性が無い人が稀少な存在と考えられるのは、普段協調性がない分見えないところが見えたり、考えたりするところが、案外組織に大切な事だったり、肝になったりする訳です。

そのため、その存在が「稀少」になるのでしょう。