CoCoSiA(ココシア)

協調性がない人の特徴。就活や採用面接、部下選びなどで注意したい!


協調性がない人とは、周りの人に合わせる事が出来ないイメージがありませんか?突然、とんでもない質問をしてきたり、空気が読めてない発言など、一緒に居てイライラしてしまったり、自分優先の行動に腹が立ったり・・・。

そんな協調性のない人に合わせることすらしたくありませんよね。

今回は協調性のない人の特徴と知らず知らずにあなたは「協調性のない人」になってしまっていませんか?協調性のない人は知らぬ間に相手を傷つけてしまっている場合もありますので、行動をする前に相手の気持ちを考えてから、行動するといいかもしれません。

「協調性がない」のは悪いことばかりでもありませんので、ぜひご参考によく読んで下さいね。

協調性は社会に出て役立つ!

協調性がある人は、社会人になってから出世が早い人もいます。

協調性がある人は、物腰も柔らかく、あらゆる人と上手く接していけるので、上司に可愛いがられたり、同僚や後輩にも好かれるので、色々と助けてもらえる事もありそうです。

このように、協調性があれば様々な人に合わす事が出来るので、社会に出てから役立つ事はもちろん、友達や仲間も多いことでしょう。

協調性があれば、コミュニケーション能力も高い人が多いので、色々な知識がなくても生きる力がパワフルなので、上手く世渡りをしていけます。

このように、どれを取っても協調性があれば社会に出て役立つ事がたくさんありますね。

協調性ってなに?


では、そもそも「協調性とは?」の疑問にぶち当たりますよね。

あなたが想像する「協調性」とは、どのような事ですか?また、あなたの周りには、協調性のある人はいますか?協調性のある人は、周りの人の事を助けていたり、協力的だったりしませんか?また、組織の中でもよく全体を見渡し組織がどのようにすれば、成果をあげることができるのか。

個人の事と、組織の事をバランス良く考えている、そんな人が協調性のある人なのかもしれません。

協調性は同調とは違います。

協調性は、周りのことを考えながら、また同調は同じような調子や共感する事であり、意味合いは全く違うものなのです。

意味

協調性とは、周りの人と力を合わせたり、助け合い、皆んなで目標を達成、遂行して行くという意味があります。

実際に、協調性のある人に出会ったら、あなたを含め周りの人の力になろうと、努力をしてくれるかもしれません。

また、一人で成果を上げようとしたり、言い方はわるいですが、誰かを出し抜くような事も、もちろんあり得ません。

誰かが輪を乱そうものなら全力で食い止めようとするでしょう。

それくらい、周りと力を合わせようとしたり、助けたりする事の出来る人なのです。

それは、皆んなのため、また自分のためと思い、会社に貢献する事や同じ部署での仲間と成果を上げるために努力し、実行、遂行していける人なのです。

【協調性の意味はこちらの記事もチェック!】
協調性とは?就活で聞かれるこの質問、なんて答えたら良いの?

使い方


協調性の使い方は、まず自分だけの考えに陥らない事です。

個人の考えが必要な場合もありますが、仕事をする中で同じ目標に向かい、皆んなで力を合わせて進んで行く事ですので、「自分だけの仕事をしていれば、それでいい」のではありません。

確かに、自分の仕事を終えていないのに、他人の仕事を手伝う必要はありませんが、人が悩んだり困っていれば助けてあげたり、力を合わせて作業をしたりしてあげる事が「協調性」の正しい使い方なのではないでしょうか。

まずは、間違えた使い方をしないように、「自分さえ良ければいい」と、少しでも思うことがあれば、改めるようにしてみましょう。

協調性がない人の特徴

では、ここからは協調性がない人の特徴について調べて、詳しくからは解説をしていきます。

もし、あなたが「協調性に欠ける」などと少しでも感じたり、思う部分があるなら「協調性がある」行動を意識してしていく事をオススメします。

また、協調性のある行動を出来るようになれば、周りに少しずつ人が集まってきたり、またあなたが困っている時は、あなたを助けてくれる事でしょう。

見返りを求めるのはよくありませんが、あなたが協調性を持つ事で、会社の功績になるかもしれません。

また、あなたに協力してくれる仲間が増えるかもしれません。

とにかく、現状を変えるきっかけになるかもしれませんので、ぜひこれを機に協調性ある人になってみてはいかがでしょう?

空気を読めない

とにかく、「空気が読めない」。

悲しいですが、他人から「今、このタイミングで、そんな質問する?」など、デリカシーもないように思われる事があるかもしれません。

また、話をきいているようで、案外聞いてないところもありますので、同じ質問を自分のペースでしてしまい、他の人に時間を取らせてしまう事も・・・。

空気が読めないと、無駄な質問や答えにくい質問をしがちですので、会議なんかで発言してしまえば、会議に参加している時間をも無駄にしてしまう場合もありますので、しっかりと相手の話しを聞いて、理解しておくように努めましょう。

また、会議の資料や重要事項がある場合、必ず時間を取り、大切なところは読んで頭に入れておくようにしておくと、無駄な質問など、しなくて済みますからね。

当たり前ですけど、大切な事です。

とにかく頑固

「頑固中の頑固とは、この事を言う。」と、言いたくなるくらい頑固物。

自分の意思をも曲げないので、もちろん協調性にも欠けてしまいます。