幸せな結婚ができる人って、どんな人でしょうか?常に、周りを気遣える人?それとも、優しい人?人により態度を変えない人?など、周りの幸せな結婚をしている方を想像してしまいますよね。

これから、幸せな結婚をしている人がどんな人で、どのようなアプローチをすればいいのか、また知っておくと得する情報などを掲載して行きますので、ぜひご自身の「幸せな結婚」について参考にして下さい。

それでは、あなたの周りに居る幸せな結婚をしている方を想像しながら、あなたも幸せな結婚が出来る人になりましょう。

幸せを掴めるかはあなた次第?

まずは、「幸せ」を掴める事に関して、取り組んでいる事はありますか?まずは、「周りの幸せを考える」「周りの人を大切にする」「相手を思いやる」そんな事を考えて常に行動しているのであれば、あなたは幸せを掴む事に近い人なのかもしれません。

むしろ、逆に「相手のアラを探している」「他人の幸せが許せない」「幸せそうな人を見ると、ついつい不幸な事が起きないかを考えてしまう」など、「負」の感情エネルギーが高い人こそ、幸せを掴む事は難しいのです。

つまり、幸運や幸せは他人が運んで来てくれてるものであり、もちろん周りを幸せにできない人のところには、「幸せ」や「幸運」は、寄り付かないのです。

もし、あなたが負のエネルギーが強いと感じるのであれば、一度心の整理をするとともに、少し体を休め、相手を思いやる余裕を持つ事から始めてみましょう。

そこからが、「幸せ」を掴み取る第一歩なのかもしれません。

そもそも、幸せな結婚の定義とは


「幸せな結婚」と聞いて、まずあなたはどのような夫婦を思い浮かべますか?「老後も二人仲良く手を繋いで、散歩している様子」「いつまでも、互いの愛を語れる仲良しな夫婦」「互いを尊重し、思いやる事を大切にしている夫婦」など、あなたが「こんな夫婦になりたいな」と、思うような夫婦は自然とあなたの「幸せな結婚の定義」になっているのかもしれません。

あなたの周りのご夫婦を思い浮かべたり、またテレビで素敵なご夫婦姿を見て、「あんな夫婦に憧れる」など、感じたり思ったりする事があるかもしれません。

しかし、定義は定義であり無理やりその定義に当てはめる事はしなくてもいいのです。

幸せな結婚生活や、幸せな夫婦とは、自然と夫婦2人が作り上げていく幸せなのかもしれません。

真に愛する人と結ばれた

また、「幸せな結婚」をされている多くの方の特徴は、本当に互いが愛し愛され、結婚に至るケースです。

結婚に至るまでは、それぞれのドラマがあり、2人で乗り越えてきたからこそ、結ばれたわけです。

それは、遠距離恋愛を実らせる場合もあるかもしれませんし、または彼氏や彼女の仕事が落ち着くまで、2〜3年待ち続けて支えてきたケースもあります。

しかし、どのような形の恋愛であれ、互いを思いやる気持ちでお付き合いをしてきたカップルは、それだけ絆も深く、互いに信頼もある事でしょう。

逆に、浮気をしていたり、不倫や二股など、誰かを傷つけてしまう恋愛をしてきたカップルは、いずれそのカップルに、破綻の時がやって来ます。

それは、どのような形か分かりませんが、あなたも相手に同じことをされる場合もありますし、自分自身に返ってくる事もあり得ます。

真っ当に人を愛する事が、幸せになる第一歩なのかもしれません。

周囲の人間関係も良好

また幸せな人は、周囲との人間関係も良好なケースがほとんどです。

周りと、大きなトラブルもなく、仕事やプライベートでも充実している事でしょう。

ただ、そのような幸せなあなたを妬んで嫌がらせをしてくる人物もいるかもしれません。

そんな時でも幸せな人は、上手く交わしていく事でしょう。

そんな人を妬むような悲しい人は、何処にでもいるものです。

そんな人とも上手く交わせるようになってこそ、自分自身の「幸せ」を勝ち取っていくのかもしれません。

また、幸せな人は周りに対する気配りや心遣い、優しさなどを素直に表現できる方も多いでしょう。

その幸せなオーラで、周りの方も幸せな気持ちになっていたり、癒されているのかもしれません。

不安のない日々


毎日が充実し、不安のない日々を過ごしている方も幸せな結婚が出来る人の特徴です。

これは、つまり少しでも不安がある場合、あなたの幸せにヒビが入ってしまいます。

お金の問題にしても、人間関係にしても、私生活や家庭内のこと、またくよくよ考え過ぎる性格も不安に繋がる可能性がありますので、あなた自身でコントロールできるところは、するようにしていきましょう。

また、不安が少なければ、日々の充実した生活が送る事が出来るでしょうし、心も安定してくるのではないでしょうか。

まずは、あなた自身の生活の中で不安に感じる要素があれば、その不安材料を取り除くよう努力する必要があります。

もし、自分で解決出来ない問題であるなら、早めに周りの方に相談や家族や兄弟に助けを求めるのも一つです。

幸せな人は不安のない日々を過ごしているのではないでしょうか。

子宝にも恵まれる

また、幸せな結婚をされている方はお子様にも恵まれていますよね。

やはり、子宝にも恵まれ賑やかで、明るい家庭を築いているのではないでしょうか。

お金がなくても、子どもをたくさん持てて、幸せなご家庭はたくさんある事でしょう。

子どもの笑い声や、歌う声、また時々泣いている声すら幸せな家庭に感じてしまいますよね。

やはり、賑やかでたくさんの子どもを育てるのは大変ですが、幸せもその分多いのではないでしょうか。

また、子どもの生まれた瞬間も、我が子とお母さんに感動させられる瞬間でもあります。

我が子を、手に抱く幸せもまた、子どもに教えられる一つの事かもしれません。

幸せな結婚ができる人の特徴:他人と自分を比べない

まず幸せな結婚が出来る人は、人と自分を比べないのです。

それは、自分に自信が満ち溢れているわけではなく、今の現状に満足しているのであれば、自ずとそのような考えにはならないのです。

また、他人と自分を比べることより、「自分は自分。他人は他人である。」と分けて考えているのかもしれません。

他人は他人で、自分とは全く別の人生を歩んできているわけですので、自分と比較するのはそもそも変な話なのかもしれません。

「あの子はあんなお金持ちの旦那と、結婚できて羨ましい・・・。」「友達の旦那はイケメンでいいなぁ〜!」なんて、ついつい口に出してしまっていませんか?幸せな結婚ができる人は、そんなところに価値観を置いては居ないのです。

「どのようにすれば、2人が互いに幸せでいられるのか」そこを大切に考えているのです。

なので、他人のそのような話にはそもそも比べるところでもないと考えているのかもしれません。

他人を見下したりしない

また、幸せな結婚をする人は他人を見下したりするような発言や事はありません。

例えば、「あの子の旦那、見た目が悪いよね」「友達が結婚したけど、2人でボロいアパートに住んでるらしいよ。旦那の稼ぎが少ないのかな?」「あの子の収入は、私より下だよ。贅沢出来ないって!」なんと、まぁ聞いていてもウンザリしてしまうような事ばかりです。

人の悪口や見下したりする発言は、あなた自身のレベルを言っているのかもしれません。

見た目の悪い旦那でも、奥様を一生懸命愛する愛妻家かもしれません。

友達が結婚し、素敵なお家を建てるため、2人で貯金しているのかもしれません。

あの子の収入があなたより下でも、やりくりが上手くて貯金や贅沢も出来ているかもしれません。

他人の事を見下す行為は、実は言ってる本人が勝手に独自の判断で思い込んでいる場合もあるのかもしれません。

自分を必要以上に卑下しない

また、やってほしくない行為としては、自分の事を必要以上に卑下しない事です。

日本には、「言霊」という言葉があります。

自分は謙遜するつもりで、相手に「私はいいよ、顔が可愛くないからそんな服、似合わないよ」「うちはお金がないから、安い物でいいの」「私には、贅沢過ぎる!」なんて、ついつい口に出してしまいそうな言葉から、そうでない言葉まで・・・言ってしまっていませんか?それ、本当になったらちょっと怖いですよね?自分自身の顔がコンプレックスであれば、美人になる努力をすればいい、また案外友達がオススメしてくれたお洋服が似合うかもしれませんよ。

また、お金がないから安い物がいい物とは限りません。

また、そんな事を言う方に限り、ソコソコお金を持っていたりするものです。

また、私もたまには贅沢して下さい。

ご褒美あってこそ、頑張る事も出来るのです。

全てをプラスに考える事が出来れば、自分自身を卑下する事もありません。

でしゃばりも良くありませんが、卑下もまた同じく良くないでしょう。

幸せな結婚ができる人の特徴:お金にはこだわらない

そうなんです。

結婚するのにやはり、ソコソコ収入はあって欲しいと願うものですが、そこにこだわり過ぎると、本当に結婚に大切な物がみえなくなったり、みえてこないんですね。

お金は、確かに大事です。

お金がないと、生活が出来ませんからね。

無いより有るに越した事はありませんが、お金を追い求め過ぎるあまり仕事ばかりで家庭を全く顧みない男と結婚し、子どもが出来たが教育の事や、義両親との事でいつも争いが耐えない。

なんて、事も考えられますよね。

幸せな結婚が出来る人は、お金には、こだわりません。

旦那さんの収入が低いなら、「私も仕事嫌いじゃないし、働くわ。」と収入に重きを置くのではなく、2人が一緒に幸せに居る事を最優先に考えて居るのかもしれません。

お金が人生のすべてではない

そう、お金が人生の全てにはならないのです。

いくらお金があっても、その遺産や相続で身内同士揉め事になってしまったり、お金がある旦那と結婚したい!と、思い結婚出来たが家庭は崩壊状態、またお金にこだわる旦那と結婚し、産休や育休も十分に取らせてもらえない。

など、お金が欲しい人は、案外「お金に振り回されてしまう人。」なのかもしれません。

お金が人生の全てだと思っている間は、お金や人に嫌われる人が多いのかもしれません。

凄く稀にお金もいい人材も、手に入れている会社もありますが、極々一部なのです。

そこの社長さんも並々ならぬ努力をされている事でしょう。

しかし話は戻りますが、幸せな結婚が出来る人は、お金は人生の一部であり、全てにはしていないという事です。

身内で相続や財産の事で揉め事になるくらいなら、手を引いている方が幸せだ。

お金のある旦那より、2人が幸せに暮らしていける旦那がいい。

私と子どもをいたわってくれる優しい旦那がありがたい。

など、幸せな選択をしているのです。

お金にこだわり続けているとすべてを失う

お金は大切ですが、こだわり過ぎたり、こだわり続けていると、人が逃げて行ってしまいます。

つまり、頭にいつも「お金」の事がある人は自ずとケチになってしまったり、お金の事で相手に不愉快な思いをさせてしまっていることすら気付いていません。

やはり、普通に生活が出来ていて、周りの人にめでたい事があればしっかり惜しみなくお金が使えたり、ほんの気持ちであげたつもりのプレゼントが凄く喜ばれたり。

お金より、気持ちで相手にアプローチするのが上手いのかもしれません。

幸せな結婚が出来る人は、お金にこだわるより、互いの気持ちや思いを大切にしているのかもしれませんね。

幸せな結婚ができる人の特徴:外見にもこだわりすぎない

幸せな結婚を出来る人は、身なりや服の見出し並みにはこだわっても、「あの服のブランドじゃなきゃダメ!」「鞄や靴は、ブランドでしょ。

毎回買い物に10万円くらいはかけている」など、異様なこだわりを持つ女性って居ますよね?でも、それって見栄を張りたいだけに見えてしまう事もあるんですよね。

また、ブランドにこだわるより、あなた自身に似合う服を選ぶ方がよっぽどおしゃれな人に見えるかもしれません。

また、ブランド品を否定する訳ではなく、確かに物やデザインにも優れていたり、華やかさがありますので、女性は憧れるかもしれません。

しかし、そこにこだわり過ぎて借金地獄に陥ってしまったり、デザインが可愛いだけで、あなたに似合うデザインではないかもしれません。

幸せな結婚を選択する人は、自分自身の事もよく分かり、プチプラコーデや服装にこだわり過ぎる事もありません。

自然体が好きなのかもしれません。

外見だけで人のすべては分からない

また、「見た目がしっかりしているからこの人は大丈夫だろう。」「いつも、同じ服を着ているから、どうせお金も無いんだろう。」など、相手に対して外見だけで勝手な判断していませんか?まず、幸せな選択が出来る人は、見た目で判断する事はありません。

その人の立ち振る舞いや行動、言動などからその人の人柄を読み取ろうとしていきます。

「あの人、あんな格好しているけど、案外優しいところもあるんだ」「あの人は、いつも同じ服装に自分自身のこだわりがあるのだろう」など、相手のいい面を引き出そうとしているのかもしれません。

どちらにしても、見た目でその人の判断はできないのです。

人と人が接する事で、互いの良さや人柄を知る事ができるのです。

騙されやすい人は見た目で人を信じてしまう

いろんな事や物に騙されやすい人は、見た目や写真などで判断してしまうため、騙されやすいのかもしれません。

広告に、商品の謳い文句や写真が可愛かったから購入したけど、いざ商品が届いたら、自分の思ったイメージと違った。

など、また凄くイケメンの彼氏と付き合ってもナルシストで自分ばかり優先し、彼女を大切にしない男だったり・・・。

見た目に騙され、肝心な中身に目を向けない、見えない人は、あらゆる面で、見た目に騙されてしまう事でしょう。

また、見た目ばかりに気を取られてしまっていると、モノの本質を見逃してしまう可能性もあります。

また、それは見た目の話ばかりではなく、うまい話に騙されたり、話の上手い相手に乗せられたりする可能性も十分に考えられます。

騙されやすい人は、見た目で人を信じてしまったり、上手い話にのせられやすい人柄多いかもしれません。

幸せな結婚ができる人の特徴:必要以上にものを買わない

幸せな結婚ができる人は、衝動買いや物を買い過ぎたりしないのも特徴です。

お金が無いのではなく、今必要なもの、要らないものの区別がしっかりしており、無駄な買い物はしないものです。

なので、家でも無駄なものがあまり無いのではないでしょうか。

また、必要であると感じるなら、買い物はするでしょうが、食品スーパーでも特売品があったとしても、その日に必要が無ければ買うことはしないでしょう。

その日にその時に使う分のみを購入する。

単純に聞こえますが、それがなかなか出来ない人も多いのです。

しかし、必要以上にものを買ってしまう人は、もので心の隙間や寂しさを穴埋めしている場合もあります。

幸せな選択ができる人は、そんな事に無駄なお金を使わないのです。

それが、節約するとかそんな話ではなく、自然とそれが成り立っているのかもしれません。

自分に足るものを知っている