日本人の知的向上心の強さには目を見張るものがあります。

また好奇心もアジア諸国の中では群を抜いています。

明治維新を成功させ、いち早く近代化を成し遂げた秘密も、こうした日本人のもつ素養に依るところが大きいと見られています。

そしてその謎を解くカギは江戸時代にあります。

この時代、町人学者と言われる人たちを輩出しました。

しかも幕府の御用学者として体制側に付いたのはごく少数です。

彼らは経済のダイナミズムの中で育った商人出身の人が主流です。

中には農民出身、武士階級から転身した人もいます。

例えば儒学の伊藤仁斎、国学の本居宣長、は純粋な町人、発明家平賀源内は高松藩に下級武士から脱藩し、町人として生きています。

その他町人学者は枚挙にいとまがありません。

彼らは寺子屋、私塾などを通じて後進も指導していきます。

300諸侯と呼ばれる諸大名は藩校を持ち、武士階級の子弟教育を行っていました。

つまり公教育は支配階級である武士専用です。

しかし日本には、こうした町人学者の私塾がたくさんありました。

それも日本全国津々浦々にです。

これが今に至る向学心の強い日本人の基礎を形作っていると思われます。

こうした現象はおとなりの儒教国、韓国や中国ではあり得ませんでした。

かの国おける学問は支配階級の独占物だったからです。

人生は一生勉強の連続!

大きな意味ではそうした塾の一つである長州藩の松下村塾からは、明治維新の主役たちが育っていきました。

しかし彼らが作った明治政府は、日本の教育界を東大を頂点とするヒエラルキーに変えてしまいます。

今日まで続く偏差値教育です。

相変わらず多くの人が、学歴という箔付けに一喜一憂しています。

しかし町人学者の伝統までこわれてしまうことはありませんでした。

日本人は現代でもワーカホリックといわれながらもなお、自己啓発や資格取得などに努める人が後を絶ちません。

引退した人たちの文化教室や習い事も非常に盛んです。

これらも江戸時代からの寺子屋の伝統を次いでいると思われます。

1 勉強が好きなのは幸せなこと


一方では心配な統計もあります。

それは日本人の読書率で、大幅に下がっています。

2014年の文化庁調査では、一冊も本を読まない、と答えた人は47.5%に上っています。

他の調査でも明らかに減少傾向が見られます。

しかしこれはそう深刻にとらえることはなさそうです。

紙のメディアからデジタルメディアに変わっているだけと思われるからです。

しかもこの新しいメディアでは、容易に情報発信者となることができます。

知的生産活動が思い立ったらすぐにできる、という状態はかつてのペーパーメディアの時代にはなかったことです。

頭を使う機会はむしろ増えているのではないでしょうか。

何より調べものは各段に便利になりました。

一昔前なら一般人ではアクセスできなかった資料でも、今は比較的簡単に見つけることができます。

アマチュア研究家への道は大きく開けています。

電子書籍でもアマゾンキンドルを使えば無料で簡単出版できます。

独自の勉強や研究をしたい人にとっては、願ってもないことでしょう。

勉強好きの人には、新しい知的目標に向かっていける状況が開かれています。

2. 勉強のコツがわかればより楽しめる

勉強自体を楽しむことができれば理想的です。

きっかけはどうであろうとも、自発的に取り組むようになれば苦にはなりません。

過酷な大学受験勉強を経験した人は、社会に出てからも社内の筆記試験、外部の資格試験でもやはり強いように見えます。

ポイントの押さえ方、点数の取り方に習熟しているからに違いありません。

しかしこれは本来の勉強の意味からすれば、道を外れたものです。

知識が増え、脳内の活性化を実感できれば、それでいいはずです。

それを頻繁に感じることができるようになれば、本当に勉強のコツを会得したことになるのではないでしょうか。

3. 大人になってからも勉強を続けているひとはどれくらい?

実際に大人になってから勉強を続けている人はどれくらいいるのでしょうか。

OECDでは2012年に「国際成人力調査」を行いました。

その中で30歳以上の人に「何らかの学位や卒業資格の取得のために通学して学習しているか」という問いがあります。

はい、と答えた日本人は1.6%で調査対象18カ国中最低でした。

これが欧州諸国では5%~8%に上ります。

大学などの教育機関へ通学している社会人は少ないわけです。

一方、文部科学省の社会教育調査(2015年)という統計があります。

これによると2014年に地方公共団体や社会教育機関も実施した学級・講座の利用者は3086万人となっています。

この数字は2008年の3417万人をピークに少し減っています。

しかし講演会や文化スポーツ事業などの一発もの集会は190万件と大幅に増えています。

これらの統計には反映されない、民間の活動まで含めれば、日本人の学習意欲は依然として旺盛と言ってよいのではないでしょうか。

勉強の名言20選


古代ギリシャから近世ヨーロッパ、現代日本に至るまで、できるだけ広範囲に勉学に関する名言をひろってみましょう。

1. 「一生勉強、一生青春」相田みつを

相田みつをは書道家として世に登場し、その後独特の書体で詩を発表するようになります。

そして詩集「人間だもの」の出版以降、大衆的な人気を博しました。

わかりやすい言葉で、処世訓や座右の銘として使われることが多いようです。

言葉自体は単純で、同業者である詩人たちの言うようにくだけた書体と相まって発表されたことでインパクトを与えた面は強いと思います。

非常に珍しい表現者だったため、その評価は死後16年を経過した現在も一定していません。

詩人たちからはやはりその大衆的立ち位置を問題にされることが多いようです。

確かにこの言葉も書道向きに見えます。

文学者の言葉使いではありません。

2. 「人に教えることほど、勉強になることはない。」ピーター・ドラッカー

ドラッカーは経営学者の先駆者と言える人です。

1946年、アメリカのゼネラルモータースを分析したことがその端緒となりました。

当時同社はおそらく世界最大の民間企業だったはずです。

それまでこうした大企業の経営を第三者が分析する、ということはありませんでした。

その内容は画期的なものでした。

ドラッカーは方々で解説を求められたことでしょう。

人に教えるうちに、自分の考えは確固としたものになっていく、または修正を加えていく、いずれにしろこれ以上勉強になることはない。

そうやって彼の経営学は影響力を強めていったのだと思います。

3. 「その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。」ヴォルテール

ヴォルテールは18世紀フランスの啓蒙思想家です。

詩作や劇作も行っていますが、当時の知識人とはみなそういうものだったのでしょう。

ヨーロッパ各地で活動し、キリスト教会を鋭く批判しています。

そして理性を信頼し、自由を信奉したその活動は、フランス革命など次の時代を準備するものとなりました。

この言葉にはそうした理性重視の面目がよく表れていると思います。

4. 「やる気がある時なら誰でもできる。本当の成功者は、やる気がない時でもやる。」ドクター・フィル

ドクター・フィルとはアメリカで人気テレビ番組を持つ有名な心理学者です。

人生相談の専門家のような立ち位置にあるようです。

本人は貧困メキシカン家庭の出身で苦学を重ねました。

その経験をもとに含蓄に富んだ鋭いコメントで評判をとっています。

この言葉は受験生向けに取り上げられ、人気を博したものです。

努力する時間を選ぶな、という苦労人ならではの想いがこもっているのでしょう。

5. 「自分に打ち勝つことは、勝利のうちで最も偉大な勝利である。」プラトン

プラトンは師のソクラテス、弟子のアリストテレスと並ぶ古代ギリシャ哲学の代表する存在です。

西洋哲学の源流とまで呼ばれることもあります。

彼の哲学や学術研究は、現実の政治にコミットするものとしてありました。

逆に芸術は不完全なものとして低く見ていました。

プラトンは生涯にわたって論争を重ねています。

この言葉は、それに打ち勝つノウハウといった面もありそうです。

6. 「人に勝つより、自分に勝て」嘉納治五郎

嘉納治五郎はよく知られているように、講道館柔道の創始者です。

講道館を設立したのはわずか22歳のときです。

さらに柔道以外の古武道の近代化にも努めています。

また教育者としての面を持ち、学習院の教頭や、東京高等師範(現・筑波大学)の校長を務めています。

日本のオリンピック参加にも尽力しました。

自らの構想を持ち、行動することで近代を切り開いて行った人と言えるでしょう。

この言葉は柔道の試合における心得ではなく、行動しなければならないすべての場面を想定したものでしょう。

7. 「決心する限り、奮闘する限り、必ず成功する。」魯迅

魯迅は中国近代文学の祖といって間違いありません。

日本に留学し、仙台医学専門学校に入学します。

しかし日露戦争で受けた衝撃を機に、文芸活動に転じ、国民の啓蒙を図るようになります。

やがて中国の近代化の象徴になり、実際そのために人生を捧げたといってよいでしょう。

ただし中国の文芸とは、政治に直結しています。

毛沢東もさんざん魯迅を政治宣伝に利用しています。

この言葉は変革期に生きるインテリの心構えへ示したものではないでしょうか。

8. 「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。」福沢諭吉