ふと気づくと身の回りに、無駄なモノが溢れていませんか?
モノって、都度整理していかなければどんどん増えていきます。

たまにTVで、汚部屋が紹介されていたりもしますが…汚部屋とまではいかなくても、無駄なモノでいっぱいになっていると、生活の質も悪くなってしまいます。

また、モノではなくても、無駄な事っていうのも実はいっぱいあったりしますよね。

なんだか気持ちが重い…スッキリしない…そんな時は、身の回りの“無駄”を整理すれば心も体も軽くなるかもしれませんよ!

筆者の私は、どちらかといえば片づけや整理することが好きなので、モノが溢れるってことはあまりないし、友人が家に来ると「生活感がない」なんて言われたりもします。

それでも昔よりモノは増えているように感じるくらい。

以前はよく引っ越しをしていたので、モノは増やさないことを心掛けていましたが、今は引っ越しをしようとすると、ちょっと気が重い…。

まぁ、引っ越しをすることってそんなに無いかもしれませんが…それでも、いつでも動けるくらい身軽でいると、必要な時にさくっと動けます。

それがモノであっても事であっても、無駄を抱えていることで、それが足かせになって前に進めない時だってあると思います。

無駄が気になっているそこのあなた!
思い立ったが吉日です。

さっそく生活の無駄をなくしていきましょう!

️無駄をなくすための18個のチェックリスト!

ということで、今回は“無駄をなくすためのチェックリスト”をご紹介します。

自分でも気づいているモノもあれば、気付いていなかった意外なところにも、無駄があるかもしれません。

これからご紹介するチェックリストを参考に、自分の身の回りを見直してみましょう!

無駄なモノや無駄な事が及ぼす影響力は、計り知れません。

生活の質が悪いのも、心が重いのも、無駄による悪影響かもしれませんよ?
ずっしりと圧し掛かっている無駄を排除し、身軽な自分を手に入れてください♪

不必要な無駄なものを捨てる


それではまず、無駄な“モノ”を処分していきましょう。

モノは目に見える存在で、視界に入ってくるだけに気になりますよね。

それにしっかり存在を主張してくる感じがしたりしませんか?
それが無駄なモノだとしたら、「あなたは無駄だらけ」って言われているような気さえしちゃいます。

それだけに、無駄と気づきやすいのが“モノ”でもあると思います。

気付いたら処分!視界がスッキリすると、無駄を排除した爽快感も得られるはずです♪

1.服は1年着なかったら捨てる

もっとも溜まりやすいものと言えば、洋服ですよね!
服って嵩張って場所をとります。

それに、クローゼットにギュウギュウに服を詰め込んでいると、風通しが悪くなって、時期によってはカビの原因になることもありますね。

それに案外、服はいっぱいあっても、着る服って限られていたりもしませんか?いっぱいあるように見えても、着る服が無いって感じることもあると思います。

服の整理の方法は、“1年着なかったら捨てる”こと。

四季を通して着なかったものは、大抵次の年も着ません。

それに、洋服は流行り廃りもあったりして、結局新しく買ってしまったりもするものです。

筆者もこれは心掛けていて、1年着なかったものは捨てるか、売るか、切って雑巾として使いますよ!

2.思い出の品は写真で保存


溜まるけど処分に迷うのが、思い出の品ですよね。

彼と見に行った映画の半券。

旅行先でもらったパンフレット。

勢いで買ってしまったけど、結局いらなくなったキーホルダーや置物など…。

そこには、使わなくても思い出が詰まっています。

処分したい!でも…と迷ってしまいますよね。

それでも、そういったことからモノは溜まっていくんです。

身の回りにあるモノには、ほとんどのモノに何かしらの思い出があるものです。

それをもらった場所。

買った時の気持ち。

使っていた時のこと…と、挙げればキリがありません。

そういったものの場合には、写真に残しておくのがお勧めです。

今は写真はデータで保存できるので、嵩張って場所をとることもありません。

使わない物で、いつか見返すことが出来れば満足出来るようなものなら、写真に残して現物は処分しましょう。

3.意外とかさばる書類も整理

紙一枚は薄いのに、溜まれば嵩張る書類。

会社でも自宅でも、無駄な書類がデスクや引き出しを占領していませんか?
もちろん、捨ててはいけない重要な書類もあります。

そんな性質からも、書類と言えば取っておく。

そんな認識になっていると、不必要な書類までしまいこんでしまいがちです。

そうやって、中身も確認せずに“とりあえず取っておく”という行動が癖になっている人ほど、必要な時に必要な書類が出てこなかったりもするものです。

同じ書類のコピーを何枚も、しまい込んでいませんか?契約書類についてきた、無駄なパンフレットや案内状をしまい込んでいませんか?
また、もう買い換えたり、処分した家電の保証書も溜まっているかもしれませんね。

しまう時には、重要なものかそうでないかを必ず確認すること。

そして重要なものは、必要な時にいつでも出せるくらいに、整理しておくこと。

「あれはここにある」って、頭の中で把握できるくらいにしておけば、それを探す無駄な“時間”も省けますよ!

4.溜まりやすい文具も処理

文具も、使っていないのにやたらと溜まってしまうものですよね。

おしゃれな文具を見つけて、あるのについつい買ってしまったり…普段あまり使っていなくて、あることを忘れて買ってしまったり…
小ぶりなだけに、ついつい溜めてしまいがちです。

筆者は以前の職場で、お客様へのメッセージカードを書く機会が多かったりしたことから、カラーペンや色鉛筆などを数種類、全色…そんな勢いで持っていました。

それも、その職場を辞めてから全く使わなくなったのですが…揃えるのにそれなりにお金がかかったりもしたし、カラーも揃っていて勿体ないな~って気持ちになってしまってしばらく捨てられずにいました。

でも後で、小さい子がいるおうちでは使うんじゃないか?って、気付いたんです。

聞いてみたらやっぱり「使う!!」ってことで、処分せずに活用してもらえることなりました。

モノの使い捨てっていうのが気になる時もあると思います。

そんな時は、周りの人に一度声をかけてみるのもお勧めですよ♪

5.捨てづらいぬいぐるみは供養できる

場所もとるけど捨てづらい…子供も大きくなって必要ないけど、愛着がある…というのが、ぬいぐるみや人形ですよね。

そんなぬいぐるみの処分の方法のひとつに、供養があります。

人形供養といって、お焚き上げ等を行い供養をしてくれる神社やお寺があるのです。

こうすれば、気持ちの面からもきとんとお別れが出来そうですよね!
また、自分で処分しようとして捨てづらいのには、視線があるからとも言われているそうです。

その時は、ぬいぐるみの目を隠し、キレイに紙に包むなどしてお塩で清めてあげるといいそうですよ。

供養以外にも、状態がよければリサイクルショップを利用したり、施設に寄付したりするのもいいかもしれません。

6.化粧品は使用期限を確認して

女性だと、ついつい買ってしまって、使わないのに溜まっていくのが化粧品。

ドラッグストアで気になってつい買ってしまったり、口コミが良くて試して見たかったり…そんなこんなで溜まっていってしまいますよね。

化粧品って、自分に合ったものしか結局使わないし、アイシャドウなどの色ものだと、流行もあったりします。

それに何より、使用期限があったりするのが化粧品。

ずっと置いてある化粧品の期限、切れていませんか?
お肌につけるものですから、期限の切れたものは避けたほうがいいです。

つまり、ずっと置いてあるものは、結局使えなくなるということ。

また、期限が切れていれば、躊躇なく捨てようという気持ちにもなれますよね?
ずっと使っていない物は、期限を確認!期限が切れていれば捨てる!を、心掛けておきましょう。

そして、新たな化粧品を買う時にも、それが本当に必要なものかどうか、ちゃんと考えてから購入することも、無駄をなくす秘訣です。

7.読まない本やマンガは寄付

雑誌や本、マンガなどは書類以上に場所をとる存在です。

それに案外、一度読んだら読まない本って多いですよね?定期的に何回も読み直すのなら、それは必要なものですが…ずっと読んでいない本は、無駄な場所をとっているだけ。

整理するための本棚を買うよりも、処分を考えましょう。

置く場所を作ると、モノは溜まっていってしまいます。

置く場所がないと感じたら、場所を作るのではなく、不要なものがないかを確認しましょう。

それが、無駄をなくすポイントでもありますよ。

本やマンガの処分には、捨てる方法もありますが、寄付という方法もありますよね!
施設や病院、学校など、必要なところがあれば活用してもらいましょう。

そうすると、勿体ないって気持ちもなく処分することが出来ます。

筆者の場合、マンガは買わないのですが雑誌をたまに買います。

気づくと溜まっているけど処分に迷う時は、ざっと見返して気になるページを切り取っておくようにしています。

この雑誌まるまる一冊はいらないけど、気になるページがある!っていうときは、切抜きや写真に収めておくのもひとつの手ですよ♪

8.捨てる前に売れるかもチェック!

ここまでにも軽く紹介しましたが、“モノ”は売れる可能性があります。

服も本もぬいぐるみも、使用期限が長いものなら化粧品だって♪売ってしまうのもひとつの手です。

ただ捨てるよりも罪悪感が無く、少額だとしてもお金になるのなら、得した気分にもなれちゃいますよね♡
筆者も、リサイクルショップはたまに利用しているんです。

少額でもお金になれば嬉しいし、どこかでまた活用されるなら使い捨て感も薄れます。

洋服も、大した値はつきませんが、ブランドものじゃなくても買い取ってもらえる場合も多いです。

また、今はフリマアプリもありますし、オークションに出したりも出来ちゃいます。

個人でも手軽に売れる環境もあるので、必要な誰かにお届けするっていうのも、処分のひとつの形ですよね!

無駄な人間関係もサッパリさせる

人間関係の中にも無駄があったりしませんか?
無駄って言ってしまうとちょっと冷たく感じるかもしれませんが…
自分にとって必要のない人付き合いってあると思うんです。

そういう人付き合いの相手にかぎって、振り回されたりするものだと思うんです。

それにわずらわしさを感じたり、嫌な思いをしていたりするのなら、それはあなたにとって、必要のない相手なのかもしれません。

人間関係は、モノのように簡単に切り捨てられるものじゃないだけに、気付くと不必要な人付き合いにがんじがらめになっていたりするものです。

そういった無駄な人間関係をサッパリさせると、気持ちはスッキリ!
今までの悩みが、ウソのように消え去るかもしれませんよ♪

9.いらない友達は切る

あなたの周りにいる人に、友達と呼べる人は何人いるでしょうか?
“友達”と呼ぶ人の境界線は、人によってもその感覚は違うでしょう。

筆者の場合、友達と呼ぶ人は、本当に打ち解けて心を許しあえる相手で、いわゆる親友と呼べるような人だけです。

それ以外の付き合いは、会社関係だったら同僚だし、年上だったら先輩。

それ以外なら知り合いです。

いらない友達を切るということは、無理やり排除しなくても、自分の中でしっかり区別するだけでも違うと思います。

いらないからといって、話しかけられても無視するとか、グループから仲間はずれにしたりするのは、ただのイジメや嫌がらせになってしまいます。

そういった切り方をしなくても、自分の気持ちの持ちようが違ってくれば、付き合い方も変わってくるものです。

10.何でもかんでも誘いに乗らない

自分の中で、必要な人なのかそうじゃないのか、友達なのかそれ以外なのか…と、区別をハッキリしておくと、自分の主張も出来るようになってきます。

今まで、友達に誘われれば、その誘いに乗っていたとしても、それが友達じゃないとしたら、嫌々誘いに乗るようなことはなくなるはずです。

人付き合いが難しいのは、相手に嫌われることを怖れる“自分の気持ち”がひとつの原因でもありますよね?
そういった気持ちがあると、誘われれば断り辛く、ちょっと無理をしてでも、その人間関係を保とうとしてしまいがちです。

そんな無理をしてまで、その関係を続ける必要があるかどうか?
誘いを断ったら、本当に嫌われるのか?
よく考えてみましょう。

誘いを断っただけで嫌ってくるような相手なら、それこそ必要のない友達なんだと思います。

そんな人になら、嫌われたって構わないと思いませんか?

11.友達は狭く深くを意識

このようにしっかり自分の気持ちを区別しておくと、自分の人間関係も洗練されていきます。

その状態で残った人間関係は、一生あなたと付き合ってくれる存在となるはずです。

お互いに心を許し合えて、対等の関係で居られる相手は、いつも会っていなくても、なかなか会えない相手でも、ずっと繋がっていられるんです。

友達は狭く深く…偉そうなことを言うつもりはありませんが、筆者はまさにそう。

数人の、本当に必要な友人と、深い付き合いをしています。

このように無駄な人間関係をサッパリさせると、本当に楽になりますよ!
わずらわしい付き合いの時間が減って、自分の有意義な時間へと変化させることが出来ます。

また、必要のない人のことで心をかき乱され、悩みを抱えることからも解放されます。

最初は不安かもしれませんが、無駄をなくして得られることは大きいはず!
勇気をもって、ぜひその開放感を味わってください♪

12.悩み続けるくらいなら恋人もサヨナラする

また、悩みの種となる人間関係のひとつには、恋人という存在もいますよね。

友達とはまた違い、特殊な人間関係です。

あまり上手く行ってない感じはあるけど…決定的な理由もなくて、別れられない。

別れるほどの何かがあるわけじゃないけど、一緒に居ても刺激が無い…
それは、あなたにとって必要な相手なのでしょうか?
そんなこんなでただ何となく付き合っている恋人がいて、モヤモヤしたものを抱えた状態でいるのなら、いっそのことサヨナラしてしまっては?

モヤモヤとスッキリしない状態でいるのに、お互いにそれを改善しようともしないのなら、付き合っていることに意味があるとは思えません。

恋愛は、片一方の気持ちだけじゃ成り立ちませんよね?
友達と同じで、心を許しあい、対等の関係であるべき…だと筆者は思います。

そういった関係を築くには、お互いの思いやりと、努力が必要ですよね?

恋人と別れるのは、恋人を失う寂しさや悲しみも伴います。

それが怖くて踏み出せないことも多いと思います。

それでも、勇気をもって踏み出せば、悩んでいた無駄な時間から解放されるはずですよ!

仕事関係での無駄も省く

仕事関係にも無駄があるかもしれません!
仕事は仕事なんだから、そこに無駄なんてないはずと思えても…ちゃんと見直すと、ちょっとした無駄を積み重ねている可能性もあります。

その無駄をなくすと、残業しなければ終わらないと思っていた仕事も、時間内に片付くかもしれません。

自分の有意義な時間をもてずにいるのは、実は無駄がひそんでいるからなのでは?
仕事は、自分のキャパを知ること、そして限られた時間の中で計画的に終わらせようとすることが大切です。

自分の仕事への取り組み方を見直して、無駄をなくしていきましょう!

13.できない仕事はキッパリ断る

自分のキャパを知らないと、出来ない仕事まで引き受けてしまったりするものです。

それは、自分にとって難しい仕事だったり、自分の与えられた時間内に到底終わらない仕事ということです。

上司から仕事をふられると、断り辛さもありますよね?それで、出来ない仕事までついつい引き受けてしまっていませんか?
そのせいで残業を重ねてしまったり、結局出来なくて評価を下げてしまうのなら、自分にとってプラスになることはひとつもありません。

みんなで協力して取り組まなければならないような仕事なら別ですが、自分ひとりが出来ないことを引き受けるのは、断れない自分の性格に問題があるのかもしれません。

出来ない仕事はキッパリ断りましょう!そのためには、自分のキャパを知ることも大切です。

14.サービス精神はほどほどに

出来ない仕事を引き受けてしまうのには、断り辛さ以外にも、サービス精神があるからと言う人もいるでしょう。

でも、サービス精神とは、自分に余裕があって初めて発揮できるもの。

自分の抱えている仕事や時間に余裕が無いにも関わらず、サービス精神を発揮しても、自分を追い詰めるだけですよね?
自分の時間も精神も、無駄に振り撒いてしまっていませんか?
利他の精神を持ちましょうなんて言われることもありますが、それはお互いにその気持ちがあって成り立つものだと筆者は思います。

あなたが、困っている人を助けようという気持ちでサービス精神を発揮するなら、あなたが困っている時には逆に助けてもらう関係でなければ、良い仕事も出来ません。

サービス精神があること自体は、決して悪いことではありませんが、ほどほどにしておきましょうね!

15.息抜きし過ぎは時間の無駄

仕事に息抜きは必要ですが、その息抜きを必要以上にとっていませんか?
息抜きの時間も、積み重なれば結構な時間をロスすることになります。

「疲れたからちょっと一服」「集中力が続かないから一休み」っていう時間は、改めて仕事に取り組むための有意義な休憩にならなければ意味がありません。

息抜きの回数や時間が多い場合は、それだけ疲れたり、集中出来なかったりしているとも言えますが…そんなに息抜きが必要ということは、問題は別にあるのかもしれません。

やるべき仕事の完成イメージが出来ていなくて、先が見えずにやる気が続かないとか。

プライベートでしっかり頭や身体をリセット出来ていないことで、集中力が続かないとか。

そんなところに原因がありませんか?
だとしたら、必要なのは息抜きじゃなくて、仕事の計画を見直すことや、生活習慣を改善することです。

息抜きの時間も、取りすぎれば時間の無駄。

息抜きした時間だけ、残業になったりしていませんか?

16.職場の飲み会は必要なときだけ

飲みの場も仕事の延長なんて言われたりもしますが…それが多すぎると、実際の業務に影響が出ることだってありますよね?
疲れているのに、帰って寝たいのに、付き合いだからとつい飲み会に参加してしまう場合。

それが本当に自分にとって必要な飲み会なのか、考えたほうがいいのかもしれませんね。

ただ、「最近の若い子は人付き合いが出来ない」なんて声が聞こえてくることもちらほら…。

実際筆者も、会社勤めで若い子の“人付き合いしない”徹底ぶりに驚かされたことがあります。

それは、送別会にも「参加しません」と言われたことだったのですが…送別会を無駄と言ってしまうのは、さすがに違うかな~?とは思います。

誰かの為の飲み会、ねぎらいや交流などの目的のある飲み会は、無駄な飲み会ではないはずです。

無駄な飲み会と言うのは、まっすぐ家に帰りたくない上司の飲みに嫌々付き合うような、自分にとってメリットのない飲み会です。

必要な飲み会と、無駄な飲み会。

そこをしっかり判別できないと、どちらにしても仕事に支障がでてきますので注意しましょうね!

17.1人で抱え過ぎない!他人の協力も大切

そして先ほどもお話したように、自分のキャパを知り、無理なものまで抱えすぎない事!
そうすることで、自分の体力も時間も、無駄に使ってしまうことは無くなるはずです。

サービス精神も、お互いにその気持ちがあって成り立つものだということをお話ししましたよね?

出来ない量の仕事や、難しいと思える仕事でもやらなければならない時は、協力し合うことが大切です。

サービス精神から、仕事を引き受けるときも、一緒に取り組むこと。

出来ない仕事を引き受けるとしても、みんなで協力して行うことが大切です。

18.通勤時間も充実させる

時間を有意義に使うと言えば、通勤時間も心掛け次第で充実させることが出来ますよ!
通勤時間を無駄な時間にするか、有意義な時間にするかは、自分次第です。

通勤時間に、今日の仕事のスケジュールを確認しておけば、出社してすぐに仕事に取り掛かれます。

また、その時間を使って本を読めば、自分の知識の底上げにもなりますよね。

英会話の音声を聞けば、キャリアアップにも繋がります!
筆者の友人は、朝の通勤時間を、彼とのコミュニケーションの時間として使っているようです。

わざわざ少し早く家を出て、途中まで一緒に電車に乗るようにしたそうです。

こんな通勤時間の使い方もアリですよね!
時間を通勤の為だけに使うのか、その時間を活用するのか…あなたはどう使いますか?

️無駄を省くメリットは?

ここまで、モノや人間関係、時間など、日常に潜む様々な無駄をご紹介してきました。

あなたの周りの無駄も、浮かび上がってきましたか?

ご紹介してきた無駄を、無駄と捉えるか捉えないかも、自分の考え方次第ではありますが…無駄を省くことにメリットがあるとしたら、省いたほうがいいですよね?
もちろん、メリットが感じられないのなら、その無駄は無駄じゃないのかもしれないし、省こうという気持ちにもなれないでしょう。

自分にとってどうなのか?
無駄を省くメリットと併せて、考えてみましょう。

シンプルな生活が送れる

無駄なモノが無くなれば、生活はシンプルになっていきます。

モノが少ないほど、整理も片づけも簡単!掃除も楽ちんです。

そういった時間に手間を取られることもありません。

見た目がスッキリしていれば、気持ちも爽やか♪と、いいことづくしです。

そうやって、シンプルな生活を手に入れると、無駄を増やさないようにもなっていきます。

何かを買う前に立ち止まって、それが必要かどうか、ちゃんと考えられるようになるものです。

それはつまり、無駄なお金を使うこともなくなるということです。

悩み事が少なくなる

特に人間関係の無駄をスッキリさせると、悩み事も一気に少なくなります。

悩み事のほとんどは、人付き合いに関わることと言っても過言ではありません。

そのくらい、人間関係に悩みはつきものです。

あなたの悩み事の種…無駄な人間関係の中にありませんか?悩み続けるくらいなら、人間関係も整理してみましょう!

新しい出会いが増える

モノも人も時間も、無駄を省くと、そこには新しい出会いが訪れるものです。

無駄な気持ちや時間を使っていた人間関係を整理すれば、自分にとって本当に必要な人との出会いが訪れます。

無駄なモノを省けば、本当に必要なモノがわかるようになっていきます。

無駄な時間を無くせば、その時間を使って、新しい自分に出会えるんです!

自分の時間が持てるようになる

モノがあれば、片づける時間を取られ、人間関係には人付き合いの時間が取られています。

また、人間関係に悩む時間も費やされていますよね。

無駄の多くは、自分の時間を奪っているのです。

無駄がなくなるということは、自分の時間が増えていくということです。

無駄のない生活を送っている人は、無駄の多い人より充実した人生を歩んでいるのです。

自分にとって本当に大切なものが分かる

自分が洗練されていくと、本当に必要なもの。

本当に大切なものが分かるようになっていきます。

モノも時間も人も、自分が研ぎ澄まされていれば、無駄なモノには目も止まりません。

浮かび上がるようにして、大切なものだけが見えてきます。

無駄を排除すれば自然と、大切なものと必要なものだけに囲まれた生活が手に入るのです。

️近頃話題のミニマリスト!

ミニマリストって言う言葉をご存知ですか?
筆者は知りませんでしたが、近ごろ話題だそうですね!
ミニマリストとは、最小限主義者のことなんだそう。

必要最小限のものだけで生活する人というような意味ですね。

ミニマリストの人は、不要な物は徹底的に排除して、極限までモノを減らすんだそう。

そして、自分にとって本当に必要な物だけを身の回りに置いているようです。

なので、とにかくモノが少ない!のが特徴のようですね。

また、似たような言葉でシンプリストっていう言葉もあります。

こちらは、生活の簡素化を主義としているそうです。

単純化したり統一感を出したりなど、生活の質を高めるのが目的なんだそう。

筆者は、これでいうとシンプリストなのかな?どちらにしても、自分に合った方法を見つけるのが大事ですよね!

️無駄に情けは不要!

今回は“無駄をなくすこと”をテーマにお届けしてきましたが、いかがでしたか?

無駄をなくすことで、手に入れられるものって沢山あるんですよね♪

無駄とは言っても今自分の身の回りにあるものだと、それを無くすことに不安も感じるかもしれません。

それでも、手放してみると、その爽快感に病みつきになってしまうかも!笑

あなたにも無駄があるのなら、まず、ひとつ手放してみましょう!

そこで得られるものに気付ければ、無駄は無駄なんだと思えるようになってくるはずです♪