CoCoSiA(ココシア)

ひとりぼっちに耐えられなくなったらやりたい19個の脱出方法

ひとりぼっちに耐えられなくなったらやりたい20個の脱出方法のイメージ写真
学校や会社の休み時間に、誰とも関わることなく一人で過ごし、休日も誰にも会うことなく家に引きこもっている。

あなたはそんな「ひとりぼっち」の人ではありませんか?

一人の方が気楽だと思っていても、ふとした時にどうしようもなく寂しさを感じてしまうことってありますよね。

そんなひとりぼっちの寂しさに耐えられなくなったら、ぜひやって欲しい20個の方法とひとりぼっちになる理由についてご紹介します。

この記事の目次

ひとりぼっちの人が増えている日本

近年、日本ではひとりぼっちで過ごす人が増えています。

それを裏付けるように、「ひとりカラオケ」や「ひとりカフェ」「ひとり焼肉」などの言葉が流行りのフレーズとしてよく使われています。

純粋にひとりでカフェやカラオケを楽しみたい人もいますが、中には一緒に行ってくれる人がいないため、いかにも「おひとり様」を楽しんでいるように装って、ひとりで過ごす人もいます。

とはいえ、ひとりで外に出られる人はまだモチベーションが高く、積極性がある人が多いです。

ひとりぼっちでいることを周りに悟られたくない人や、自分がひとりぼっちなのだということを自覚したくない人は、外に出ず家に引きこもっていることが多いです。

ひとりぼっちに耐えられなくなったらやりたい19個の脱出方法

自分が孤独だと感じる理由は人によってさまざまです。

しかし、自分がひとりぼっちだという寂しさや虚しさ、孤独感などに耐えられなくなった時には、どんなことをして気を紛らわせればいいのでしょうか。

ひとりぼっちに耐えられなくなったらぜひ試して欲しい19個の方法をご紹介していきます。

1. ボランティア活動に参加する

どうしてもひとりぼっちに耐えられなければ、ボランティア活動に参加すると良いでしょう。

ボランティア活動は有志の集まりですので、ひとりだけで行うことはまずありません。

また、家族や友人同士で参加している人たちもいますが、大抵は好きでやっている人たちの集まりですので、一人ひとりは元々の関わり合いのない個人であることが多いです。

互いが見知らぬ相手ばかりであれば、自分も動きやすいですし、皆が初対面であればコミュニケーションも同じく一からなので、気負いすることもありません。

さらには、ボランティア活動をする人は、比較的気さくで優しい性格をした人が多いです。

初対面で話をする際にも、ずけずけと人のプライバシーに入り込んできたり、グループを作って誰かを孤立させたりするような非常識な人はそこまでいませんので、接しやすいことが多いでしょう。

もし、ボランティア活動の内容が老人ホームの慰問であったり、直接誰かと関わり合うようなものであれば、笑顔で「ありがとう」と言われることで他者との繋がりを感じることが出来ます。

人の役に立っているという充実感も生まれますので、寂しい気持ちなどどこかへ行ってしまうことでしょう。

2. マッサージやエステに行ってリラックスする

ひとりぼっちがどうしようもなく辛くなった時には、外へ出てみるのも良いでしょう。

大勢の人の中で余計に孤独を感じたくない!という人は、マッサージやエステなどの個室空間で心地よくリラックスが出来る場所がおすすめです。

マッサージやエステのお店であれば、スタッフと一対一で話しが出来るため、今の自分を見てくれて、自分と話をしてくれているという事実にひとりぼっちの孤独感が次第に薄れてきます。

また、仕事や人間関係などで疲れている時にも精神的な孤独を感じやすくなるため、マッサージやエステを受けてしっかりと体をリラックスさせて、心も体も癒されましょう。

心地良くなれば、例え一時的なものであっても孤独感が解消出来ます。

3. ひたすら仕事に打ち込んで成績を上げる

ひとりぼっちの孤独感を覚える時だけでなく、人間関係や何か悩み事がある時にも、いっそそれを忘れるためにひたすら仕事に打ち込むという方法もあります。

最初は雑念が入っても、ともかく仕事に打ち込んでいれば、次第に集中して気付けば悩み事をすっかり忘れている、なんてことはよくあります。

それと同じで、自分が何もすることがなくただ時間を持て余していると、ひとりぼっちの孤独や寂しさが余計に募ってしまいます。

それを解消させるためにも、落ち込みそうな時にはひたすら仕事に打ち込みましょう。

もちろん趣味に没頭しても構いませんが、仕事に打ち込んでいれば、夢中になって取り組んでいる内に成績が上がってくることがあります。

そうなれば周囲や上司からの評価も上がり、結果的に自分のためになりますので、悩める時にはひたすら仕事に打ち込むことをおすすめします。

4. カラオケに行く

ひとりでカラオケに行くなんて、余計に孤独感が増すんじゃないかと思えそうですが、実はそんなことはありません。

確かに受付をひとりで済ませるのは少し恥ずかしいかもしれませんが、個室に入ってしまえばひとりきりの空間は意外と快適です。

また、日頃から溜まった鬱憤やストレスを思い切り歌うことで発散出来ます。

元々歌うことが好きな人なら、夢中になってひとりカラオケを楽しんでいる内に、ひとりぼっちの寂しさなど薄れてしまっているでしょう。

とはいえ、誰かと一緒でなければカラオケを楽しむことが出来ない人だと、ひとりカラオケは余計に孤独感を増してしまうかもしれません。

歌って気持ちを発散出来る人や、歌うことが好きな人にはぜひカラオケに行くのがおすすめです。

5. 外食しに行く

ひとりで外食なんて、それこそ寂しいと思えるかもしれませんが、お店によっては個室で食べることが出来ますし、また仕切りで席を区切ってあるお店であればひとりでも恥ずかしくはありません。