本当についてない!そんな風に落ち込んでしまう時ってないでしょうか?
その原因について考えたことはありますか?
「ついてない」のは誰のせい?会社?友達?家族?
「ついてない」ことを人のせいにしてしまっていませんか?
実は「ついてない」といつも思ってしまう人には特徴があったんです。

結局、原因は自分にあったということです。

さて、その7つの特徴とはなんでしょうか?
そしてそんな「ついてない」人たちに前向きになる「脱・ついてない」方法を教えます!

ついてないってどうして思うの?

そもそも「ついてない」ってどうして思ってしまうのでしょうか?
人間ですからいつも完璧というわけにはいきません。

失敗だってするんです。

それが当然ですよね。

失敗しながら人は学んでいくし、成長するんですから。

なのにどうしてそんな風に「ついてない」そう思って凹んでしまうのでしょう?

気持ちがネガティブになっている


人間、気持ちが沈んでいるとどんどんと落ち込んでしまうものです。

普段からネガティブになっていないでしょうか?
何をしても失敗する。

こんなこと私には無理。

どうせ私なんか…。

そんな気持ちが正にネガティブ!
身に覚えのある人は要注意ですよ。

ネガティブな人が陥りがちな事って何だかわかりますか?

何が起きてもマイナス思考が働いてしまう

ネガティブな人は何が起きてもマイナスに考えてしまいます。

たとえそれが直接自分のせいでなくても。

思いがけないハプニングであってもです。

例えば、財布を落として小銭をバラ撒いてしまったとします。

「やっちゃった!」と誰もが思うことでしょうが、ネガティブ思考の人はそれだけでは収まりません。

「レジの人に時間をかけてしまった」「後ろに並んでる人、怒ってるかも…」こんなマイナス思考に囚われてしまうのです。

何もそこまで考えなくても…と思うくらいに悪いことばかり考えてしまうんですね。

もっと酷い時は他人の失敗まで自分のせいにしてしまう事も…。

「私がこんな事しなきゃ上手くいっていたかも」「私が足を引っ張ったんだ」と、誰も責めていないのに無駄に落ち込んでしまうのです。

マイナス思考に陥ると中々抜け出せないのが厄介なところです。

底のない沼に落ちたようなもの。

本当は沼に落ちる前に選択肢はあったはずなのですが、常にネガティブな人にはそのもう一本の道さえも見えないのです。

財布を落として小銭をばら撒こうが、気にしなければ良いのです。

そもそも一時のこと。

例え後ろの人が怒っていたとしても、その人だっていつまでも怒っているわけありませんよね。

知らない他人相手にいつまでも怒っているなんて考えがたいことです。

きっとお店を出るときには既に怒りも収まっているはずです。

しかしこういった考えに至らないのがマイナス思考な人の問題点です。

常にネガティブでいると考えが極端になりすぎてしまうのです。

嫌なことばかり起きる


嫌なことばかり起こるとさすがに「ついてない」と思うかもしれませんね。

嫌なことが起こったばかりで慎重になっているはずなのに更に嫌なことが起こると、さすがに落ち込むのもわかる気がしますが…。

立て続けにハプニングが起こる

悪いことはなぜか立て続けに起こることが多いんですよね。

ともすると一年間の苦労をこの数日で全て受けたんではないか?と思うことも…。

実はそれには理由がある場合もあります。

悪いことが起こるとそれに気を取られすぎて感情や思考が正常に動いていない場合が多いんです。

つまり周りが見えず柔軟に行動できないんですね。

ですから次の行動にも影響してしまい、立て続けに失敗したりうまくいかなかったりしがちです。

気分の切り替えが大切ということです。

それに「ついてない」思考の持ち主は小さな出来事も大きなハプニングとして捉えてしまいがちなところも問題です。

嫌な事ばかり起こると言っても実は大した事じゃない場合だってあります。

人に話してみれば「なんだそんな事で悩んでるの?」なんて一笑されてしまうかもしれませんよ。

考え方一つで見方は変わるもの。

大した事じゃないと思う事ができたら、私だけ立て続けにパプニングばかり起こる…と捉える必要も無くなりますね。

立て続けに苦労事が起こるとつい「ついてない」と思ってしまうかもしれませんが、阻止できる事だってあるかもしれません。

それに心次第でそんなに深刻にならずに済む事もあると覚えておきましょう。

少し冷静になると良いですね。

ついてないと思い込んでしまう

「ついてない」と思っている人は本当に「ついてない」のでしょうか?
人間は思い込むとその思考に囚われてしまう場合があります。

今一度自分の状況をよく省みて、本当に自分は「ついてない」のか良く考えてみるべきです。

あなたのその「ついてない」はただの思い込みかもしれませんよ。

周りからや自己で暗示をかけてしまう

自己催眠ってありますよね。

例えば、毎朝鏡の前で「あなたって最高にかわいい!」と自分に声をかけ続けると肌がツヤツヤになる、とか聞いたことありませんか?

催眠なんというと特別な感じがしますが、日常ではお馴染みの現象なんですね。

人間というのは実は単純で、自己催眠にかかりやすいんです。

例えば、朝は目覚めに熱いコーヒーを飲まないとすっきり目が覚めない。

とか緊張するとお腹が痛くなる、とか、活字嫌いの人が活字を見るとすぐに眠くなる、とか。

それも一種の自己催眠。

ですから、毎日のように「自分はついてない人間なんだ」と思い続けていると本当にそうなってしまう事もある。

というのには納得ですよね。

友達から「ついてないねぇ」なんて軽く言われることもあるかもしれません。

それも暗示にかかる要素ではあります。

普段から少しでも「私ってついてないのかも」と思っていれば尚更、「やっぱりついてないんだ」となりますよね。

ついてないと思ってしまう人の7個の特徴

すぐに自分はついてないと思ってしまう人は一体、どんな性格の人が多いのでしょうか?
実は7つの特徴があるんです。

早速その7つの特徴を見ていきましょう。

1.常にマイナス思考

「ついてない」と思っている人は自分で自分を「ついてない」人間にしてしまっている節があります。

その大きな原因の一つがマイナス思考。

「ついてない」人は常にマイナス思考な人がほとんどです。

何をやっても人の倍以上、マイナス面が目につくはずです。

他人からみればどうでも良いことのように思えても、マイナス思考の人には大きな出来事になります。

このマイナス思考は癖の一つです。

何かを考える時にプラス面ではなくまずマイナス面から考えてしまう癖がついているのです。

プラス面から考えられる人は後からマイナス面に気付いてもプラス面の知識が既に頭に入っているので、マイナス面を補うための方法を考える余裕が生まれますね。

でもマイナス面から物事を考える人はそこが底。

プラス面の知識もなく余裕もないのでマイナス面を補うための方法も見つけ出すのは困難になるでしょう。

このマイナス思考の癖が過ぎるとどういったことが起こるのでしょうか。

後ろ向きの考えはついてないことが連鎖して起こる

このマイナス思考。

つまりは後ろ向きな思考ですが、たいてい不幸を運んで来ます。

あなたは後ろ向きで上手く歩けますか? もし後ろ向きで街を歩いたらまずはよろめいて、その拍子に人にぶつかり、その相手が運悪く怖い人で文句を言われた挙句に暴力を振るわれ…。

とまあ、これはあくまで例え話で極端すぎるのですが、前向きに歩くよりは悪いことが立て続けに起こりそうだという事は分かっていただけたかと思います。

悪いことが起こると落ち込んで、復活する間も無くまた悪いことが起こると「ついてない」となる訳で、とにかく連鎖を止めないことには始まりません。

その為には前を向くこと。

前向きに生きましょう!

2.周りが見えていない

2つ目の特徴は視野の狭い人が多いってことです。

直ぐに「ついてない」と思ってしまう人は自分だけの世界に入り込んでしまっている人がほとんど。

悲劇のヒロインを演じているといっても良いかもしれません。

「私だけがこんな目にあっている。なぜ?」そう感じてどんどんと殻にこもってしまうのです。

もっと周りをよく見ましょう。

冷静に周りを観察すると、自分と似たような目にあっている人が沢山いたり、自分以上に辛い目にあっている人もいたり、色んなことに気がつくはずです。

そうすればもう、自分のことだけに構ってなんかいられないはずですよ。

今一度、一体どうして周りが見えないのか、冷静に考えてみましょう。

余裕がない時が多い

いつも時間に追われてイライラしていたり焦ったりしていませんか?余裕がないと焦りがうまれます。

いつでも何かに追われている感じや、責められている感じ、圧迫感、余裕がない時にはそんな気分になります。

そして頭の中が整理出来なくなり脳内がパニックになる訳です。

そうするともう、周りの事など目に入らなくなり、周りがどうなっているのか、周りとどう絡んでいけば良いのか途端に分からなくなってしまいますね。

ここまで来ると身の回りで起こったこと全てが最悪の事なのか、対した事じゃないのか、それすらも判断が出来なくなってしまっているでしょう。

いつも余裕を持って行動できるスケジュールを組みたいですね。

3.目の前の利益に執着しがち

目の前の利益にばかり目が行きがちの人は広い視野を持っておらず、そのせいで失敗して結局通常の倍以上の時間がかかってしまう。

そんな風にドツボにはまってしまいがちです。

目の前の利益に執着するあまりスピード重視で荒削り、結果準備不足で倍の時間がかかって更にイライラする、という悪循環に陥ってしまうのですね。

長い目で先を見ない

物事を長い目で見れる気長な人と長い目で見る事ができない短気な人がいますが、短気な人は早く結果を出したい、と常に焦っている場合が多いですね。

焦るという事は荒削りになるという事でもあります。

ですから失敗も招きやすく、結局修正という無駄な時間を使う羽目になったりするのです。

しかも他人の行動にイライラさせられる事もあります。

普段なら別になんとも思わない他人の仕事ペースも焦っている時は「遅い!」と感じてイライラするでしょう。

「ついてない」と常日頃から思ってしまう類の人は失敗する事やトラブルを恐れているはずなのに、目先の利益に囚われ、物事を長い目で見てじっくりと行動しないが為に、失敗やトラブルを自分から招いているとも言えます。

急がば回れという言葉もありますから、焦らずに長い目で見てじっくりと行動しましょう。

4.ついていないと思い込んでいる

思い込みが激しい人は浮き沈みも激しい人が多い様に思います。

思い込み力と言うのは中々強く、思った以上に効果があります。

思い込みによって人間の心には何が起きるのでしょうか?

自己暗示をかけてしまう

思い込み過ぎるとそれは次第に暗示に変わってしまいます。

自己暗示にかかるとそこから抜け出すのは大変。

例えば、彼氏が浮気していると思い込んだ女性は「彼が電話が鳴ったのに取らない」それだけで「やっぱり」と更に深く疑心暗鬼なるでしょう。

本当は彼女との時間を大切にしたいから電話を受けなかったのかもしれないのに、その可能性すらも考える事が出来なくなってしまうんですね。

思い込みの激しい人はそれが暗示に変わってしまって「ついてない」の思考から抜け出せなくなってしまうのです。

5.物事を諦めることが多い

何をやってもできる気がしない。

出来ない事はやらない。

やりたいと思っても最初から無理そう、と諦めてしまっていませんか?

すぐに自分のことを「ついてない」と思う人は物事をすぐに諦めてしまう人が多いのです。

当然、それは失敗やトラブルを招く事を恐れての事ですよね。

ですが、ツキを招くにはどうしたらいいと思いますか?

じっとその場でうずくまっていればツキはやってくるのでしょうか?

いいえ、そうではありませんよね。

動かなければツキもやってこないのです。

果報は寝て待てとは言いますが、あれは何もしないという事ではなくて、何かをやり切った上で…という意味です。

やる事やったんなら後はどんと構えて寝て待っていろ。

という事なのです。

最初から眠っていては意味がありません。

さて、物事を諦めてしまう人はやる事をやったと言えるでしょうか?

行動した後なら果報は降ってきても、行動しなければいつまでも果報は降って来ないんですよ。

新しいことにチャレンジしない

新しいことにチャレンジするのは楽しい反面、緊張や不安でストレスを感じることもありますよね。

かと言って失敗を恐れて新しいことにチャレンジしないのはどうでしょう?もったいなくないですか?始めなければ失敗もしないのは確かです。

しかし、始めなければ何も変わらないのも確か。

もし今の自分の周りで起きることに不満を抱いているのなら、尚更新しいことを初めてみるべきです。

環境が変わればおのずと自分自身も変わり、それによって負のループから抜け出せる可能性もグンと上がるはずですよ。

自分自身の心意気が変わると当然、行動も変わってきます。

いつもなら尻込みする事も気分が高揚している時はできてしまう事ってありますよね。

心次第で人の行動は変わります。

今までマイナス思考で動いていた事もプラス思考で動けるようになるかもしれません。

そうすると失敗やトラブルも回避でき「ついてない」なんてきっと思わなくなりますよ。

「ついてない」そんな風に考えてばかりの人はきっと新しい事にチャレンジできていないのではないですか?

6.慎重になりすぎる

あなたは慎重派でしょうか?それとも何にでも興味を持ったら即突っ走る行動派?
「ついてない」と思う人のほとんどは慎重派なはずです。

慎重すぎて考え込むタイプではないでしょうか?

即行動派の人はちょっと考え込むのが良い位の人がいますが、慎重派の人は考え込むのはあまり良くないのです。

この考え込む内容はもちろん、負のイメージです。

頭の中いっぱいに負のイメージを満たしてしまうのは当然良くありませんね。

具体的になぜ良くないのでしょうか?

心配や不安は考えすぎると実現してしまう

カリギュラ効果って知っていますか?ダメと言われたことほどやりたくなるというあれです。

心配事や不安で考え込んでしまうと自分の中に一種のカリギュラ効果が起こってしまうんですね。

「自分はダメだ。

私が動くと良くないことが起こる。

私はついてないから、またついてないことが起こるんだから」と慎重になる。

つまり、自分自身に規制をかけてしまうんです。

そして規制をかけられすぎると逆にその行動をとってしまうんですね。

そして案の定、失敗して良くないことが起こり、ますます「ついてない」と思ってしまうんです。

逆にスポーツ選手のイメージトレーニングはどうでしょうか?最高の結果が出せるように、実際に身体は動かさなくても頭の中でイメージします。

野球選手ならホームランを打つ所、サッカー選手ならシュートでゴールを決める所。

イメージトレーニングは実際のスポーツ選手は常に実行していて、それによって実際、良い結果を出している人も大勢います。

つまり、悪いことも良いことも考えすぎると実現してしまうとも言えます。

どうせ実現してしまうなら、良いことにしたいですね。

7.自分に自信がない

いつも自分に自信がない人も、「ついてない」現象が起こりやすいでしょう。

自信がないという事は周りに流される事でもあります。

実は「ついてない」と思ってばかりの人の多くは周りに流され、自分の意見を持てない人です。

自分の意見を持っていないという事は、失敗した時に納得できないという事。

自信を持ってした行動によって起きた失敗なら、ある程度は「仕方ない」と受け入れられるものなのです。

だからそれほど引きずる事もないのです。

他にも自信がない事で「ついてない」現象が起こりやすいのは何故なのか、考えてみましょう。

自信を持てずに、物事を進めてしまう

人間、勢いって大事です。

どんと構える潔さ、それは実は自信でもあります。

何かを始める時には不安になるものですね。

「本当にできる?」と自信を持てない時もあるでしょう。

自信のないままに物事を始めるとどうなる?

自信のなさはつまり怯えでもあります。

例えば、目の前に激流の川があり、向こう岸へ渡るための飛び石があったとします。

飛び石をうまく渡れば無事に向こう岸に着けますが、もし一歩でも足を踏み外し、川に落ちればたちまち激流に飲み込まれ、溺れ死んでしまう可能性があります。

ジャンプには自信がある!という人は難なく飛び石を渡り、向こう岸へ着いてしまうでしょう。

しかし、怯えたままのへっぴり腰で渡ればどうでしょうか?

ジャンプには勢いが大事です。

自信がないままにジャンプすれば勢いが足りず、踏み石を踏み外してしまう可能性が高くなりますね。

どうせ落ちるかもしれないなら、潔く腹を据えて勢い良くジャンプしてみればどうでしょうか?

もし上手くこなすことに自信を持てないなら、そこからは目をそらして覚悟という名の自信に変えてみてはどうでしょうか?

技術的には自信はないけど、潔さには自信がある。

いつでもそう言えるようにすればどんなことでも自信を持って行動できるはずです。

前向きになる方法とは

思い込みや自信のなさ、マイナス思考、視野の狭さ。

どれも後ろ向きな思考からくるもの、と理解できたでしょうか?

そうなんです。

「ついてない」そう思う原因は前向きさが足りないせいでもあるのです。

でもどうしたら前向きになれるの?

それではその方法を早速探ってみましょう。

小さな幸せを探す

毎日毎日、何となく生きていて、幸せはどんなに待っても降りてこない。

そんな風に思っていないでしょうか?

でも良く考えて周りを見てください。

案外幸せってあちこちに落ちているものですよ。

第一、自分がこの大地を踏みしめて生きていられる。

それがまず奇跡的なことなんだと気づくべきです。

朝起きて三食食べて、時にはおやつも食べる。

仕事や勉強をして、気の合う人、合わない人もいるけれど、いろんな人と会話して、遊びに行くこともある。

休みの日はショッピングして可愛い洋服や靴や小物を買ってうきうきする。

そして暖かいお風呂に入って眠る。

どうですか?当たり前のようだけど、この当たり前ができるのって健康で、他人と通い合える心があって、それに答えてくれる他人がいるからこそ。

「小さな幸せ」の中で人は生きているんですね。

どんなことでも「楽しい」「嬉しい」を探す

「小さな幸せ」を探すコツはなんだと思いますか?

そもそも「幸せ」って何?

「幸せ」な時はあなたはどんな表情をしていますか?きっと心もホカホカでニコニコしていることでしょう。

つまり「楽しい時」「嬉しい時」ですよね。

美味しいものを食べたら嬉しいですよね。

友達と遊んでたら楽しいですよね。

ショッピングで良いものを見つけたら嬉しい。

恋人とデートする時は楽しい。

ほら「小さな幸せ」はこんなにも簡単に見つかります。

一見楽しくなさそうな仕事でもたくさん見つけられますよ。

商談がうまくいく、上司に仕事を褒められる、予想していた時間よりも早く仕事を片付けられた。

どれも嬉しいと感じますよね。

どんな時も、どんな状況でも「楽しい」「嬉しい」そんな小さな幸せを見つけて心をうきうきさせましょう!

感謝の気持ちを持つ

生きていく上で忘れてはいけないのは「感謝」です。

感謝の気持ちを持つことはとても大切。

わかっているようでわかっていないのが感謝の気持ちなんです。

周りの人に感謝の気持ちを持っていますか?人の好意がいつの間にか当たり前になっていないでしょうか?

感謝という言葉を意識してもう一度周りを見回せば、感謝する事は沢山出てくるはずですよ。

周りの人や状況に感謝することで人は謙虚になれるし冷静にもなれます。

そしてポジティブにもなれるんです。

どんな状況でも感謝をする

例えば、今の会社で働ける事を感謝した事があるでしょうか?
学生の頃を思い出してみてください。

今の会社に面接に行って採用された時、どう思ったでしょうか。

採用してくれてありがたいと思ったはずです。

会社で仕事に煮つまり、焦ったりイライラする事もあるでしょう。

でも仕事は一人でしている訳ではないですよね?

例えば書類が揃わず、イライラすることがあったとします。

その書類さえ揃えば仕事は終わるのに、と書類を作成している人に「遅い!」と思うこともあるかもしれません。

でもそう思わずに、不備のないように書類作りをしてくれているのだ、そもそも自分はその書類は作れない。

書類がなければ仕事は成り立たない。

と感謝の気持ちを持てばどうでしょうか?

イライラも焦りもなくなるのではないでしょうか?イライラや焦りがなくなれば失敗もトラブルも回避できます。

どんな時も感謝を忘れなければ、自分自身の心根も行動も変わり全てがスムーズにいくのでは?

リラックスしてみる

一般的にリラックスは良いもの、という認識は皆持っていると思いますが、なぜリラックスがそんなに良いのか理解しているでしょうか?

リラックで得られる効果について少し説明しましょう。

リラックスは自律神経に影響を及ぼします。

リラックスすると自律神経のバランスがとても良くなるのだそう。

自律神経はバランスを崩すと自律神経の乱れを起こして身体や心に不都合を起こすんです。

自律神経失調症って聞いたことないですか?
自律神経が乱れるとこの自律神経失調症になったり、神経性胃炎、過敏性腸症候群、過呼吸症候群などの心身症にかかってしまいます。

自律神経失調症は不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルを発生させるものです。

ですから、リラックスして自律神経のバランスを整えていないとますますマイナス思考に囚われやすくなってしまいます。

リラックスが大切なのはとても良くわかりましたね。

ではリラックスできないのはどうしてでしょうか?そしてどうすればリラックスできるのでしょうか?

一度肩の力を抜いて落ち着く

スポーツをやっている時や仕事など何かなれないことをしていた時に「肩の力を抜いて」と言われたことはないですか?

そうなんです。

緊張していると人は身体に余計な力が入ってこわばってしまいます。

身体がこわばると肩に力が入り、自律神経に影響を与えます。

これこそがリラックスしていない状態です。

リラックスすることで自律神経のバランスが整うと話しましたが、リラックスするためには肩の力を抜く必要があるんです。

練習の時にはうまくいったのに、本番になると上手くいかないのは緊張して肩に力が入り、ガチガチになっているから。

一度肩の力を抜いてリラックスしてみましょう。

肩の力を抜くには肩を回す、一度わざとギューっと力を入れてから息を吐きながら脱力する。

といった物理的な方法が一つ。

そしてもう一つは普段からリラックスを心がけることです。

そもそも最初から力が入っていなければ良いのです。

クラシックや好きなアーティストの曲をゆっくりとソファにでも座りながら聞く。

ハーブの入ったお風呂で入浴。

特にカモミールは効果があるみたい。

こうしてリラックスすることを心がけていれば、いざという時も肩に力が入りにくいですよ。

助けを借りる

全て自分でなんとかしなければ、というその思考こそ、自分を追い詰める最大の敵!

何でもかんでも自分一人で上手くやれる人など存在しません。

そんなことをするとそれこそ視野が狭くなり、自分のマイナス思考にがんじがらめになる事でしょう。

人間、一人では生きられないのですよ。

「ついてない」その思考に囚われた時は迷わず、遠慮もせず誰かを頼りましょう。

プラス思考の人に相談する

さて、相談、と言ってもどんな人に相談すれば良いのでしょうか?

あなたに同調ばかりしてくれる人はどうでしょうか?確かに気持ちがわかると言ってもらえるのは安心感があります。

嬉しくも思うでしょう。

でも、それだけでは不十分です。

「ついてない」思考の人はとにかく後ろ向きなマイナス思考の人ですから、プラス思考の人の意見を取り入れるべき。

プラス思考の人は考えすぎず行動に移せる人が多いでしょう。

行動に移せて初めて状況は変わるのです。

そう考えれば、同調してくれる人に慰めてもらうよりもプラス思考の持ち主に背中を押される方が良いのです。

プラス思考の人は大抵、明るくハキハキしていますから、その雰囲気に巻き込まれ、自分も不思議と元気と勇気が湧いてくるものですから、そういった意味でも特にお勧めします。

まとめ

「ついてない」と思ってばかりの人の特徴や原因、そして対処法などについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

考えすぎや思い込みは「ついてない」の大きな原因。

そう考えると本当に「ついてない」人なんていないのかもしれませんよ。

悪いことを最悪だと思うかどうかは自分次第です。

大したことないと思って気分を切り替え、そこで悪循環をスパッと断つ事が重要。

どうせ思い込むならそっちです。

最悪だと思い込むよりも大したこないと思い込むのです。

それに「ついてない」のは失敗やトラブルが続くから。

それならそうならない様に自分自身が変わる事も必要ですよね。

それには常に小さな幸せを見つけて感謝すること。

そして焦らず、周りをしっかり見れる様にリラックスすること。

そのために好きな音楽を聴いたり、カモミール入浴をしたりすること。

そしてなんでも一人で解決しようとせずに、どんどん人を頼ること。

人は一人では生きていけない。

よく聞く言葉だし、自分だってわかってる。

そう思っていても案外、肝心な時にできていない人が多かったりするんです。

せっかくの人生ですから「ついてない」より「ついてる」方が良いですよね!それじゃあ、今日から「つきまくる自分になる!」そう決めて行動して行きましょう!