CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

もどかしいと感じた時にやるべき、3個の対処法


人生には色々な場面があります。

子供の時は、毎日親に守って貰う事で毎日楽しく過ごす事が出来て居たかもしれません。

しかし、大人になるにつれて段々と一人で頑張って行かなければならない場面というものがやってきます。

その時、どうやって自分の心のモチベーションを上げ、頑張って行く事が出来るかどうかは大事なポイントです。

様々な感情がある中で、時に人は『もどかしい』と言う気持ちにぶつかる事があるでしょう。

もどかしいと言う気持ちは、そう簡単に説明する事が出来るものではありません。

その為、とにかくなんとなくモヤモヤするとしか言う事が出来ないかもしれません。

本当は、物事は白か黒で言う事が出来たらどんなに簡単だろうと思う事が多々あります。

しかし、人間は曖昧な生き物です。

特に日本人は、世間体や社会の目などを大変気にする国民性があります。

その為、どうしてもグレーの選択を多くしてしまいます。

そのような状況が続けば、モヤモヤとした気持ちになる事もうなずけるでしょう。

今度、私たちの人生の中には幾度と無くモヤモヤとする時がやってくるでしょう。

その時に、自分の心を上手く対応する事が出来るように、もどかしい気持ちを解消する方法を探す事が重要なのでは無いでしょうか。

そこで今回は、もどかしい気持ちの対処法についてご紹介させて頂きます。

もどかしい思いは停滞を生む

もどかしいという気持ちはいったいどこからやってくるのでしょうか。

もどかしい気持ちは、基本的に自分の心の中から生まれる気持ちです。

ですから、間接的に原因となって居る場合はあったとしても他人からもどかしいという思いを貰うと言うよりは、自分の感じ方の問題なのでは無いでしょうか。

もどかしいおもいと言うものは、決してスッキリとした気持ちとは言えないでしょう。

その為、もどかしい気持ちがある状態では上手く前に進む事が出来ません。

なんとなく、その場で足踏みをしてしまう状態のようなものでしょうか。

その為、いつものように活動する事が出来ず、物事が停滞してしまう傾向にあります。

その停滞は更にもどかしい気持ちをうみ、正に悪循環と言えるでしょう。

一度悪循環にはまってしまうと、なかなか解消する事が出来ないのが人間と言うものです。

人間の気持ちはメンタル面で大きく左右されるので、何か一つ良くない事があると全てがそちらに引きずられていってしまう事も十分に考えられるケースです。

その悪循環が始まったと感じたら、自分で立ち直るしか方法はありません。

もどかしい気持ちといかに素直に向き合い、改善方法を探す事が出来るかによって私たちの生活は大きく変わっていく事が出来るでしょう。

1. 「もどかしい」とはどういう状態?

もどかしい状態
もどかしいい気持ちという言葉を調べて見ると、思い通りに行かずイライラする気持ちと言う意味が出てきます。

つまりは、何か物事を行いたい時に上手く実現する事が出来なかったり、自分の思うように物事が進まずにイライラしてしまう気持ちを挿して居るのでしょう。

急げばまわれということわざがあるように、イライラして焦っても大抵物事は上手く行きません。

そればかりか、無駄な失敗を繰り返してしまう事もあるでしょう。

その為、もどかしい気持ちが生まれれば生まれる程、なかなか上手く物事は進まなくなってしまうと言う事です。

ですが、もどかしい気持ちを感じると言う事はそれだけやる気はあると言う事なのでしょう。

その為、その現状に嫌気が挿してやる気すらも失ってしまう前に何とか現状を打破する方法を見つける必要があるのです。

人生には多くの出来事が起こります。

その中には、自分ではどうする事も出来ないような事もあるでしょう。

そのせいで日々もどかしい気持ちで過ごす事になったり落ち込んだりしてしまう日々があるかもしれません。

しかし、それが人間と言うものです。

上手く行かないからこそ、私たちは日々努力を続けて行かなければならないのです。

その事に気が付き、自分で改善して行こうとする事が出来るかどうかによって、今後の過ごし方が変わって行くのでしょう。

2. 良くない状況を改善したいという素直な気持ち

もどかしい気持ちで過ごしていると聞くと、つい後ろ向きなイメージをもってしまいます。

しかし、実は
もどかしい気持ちと言うのは、さほど悪い気持ちではありません。

と言うのも、自分の状態に納得してしまっている状態では、もどかしい気持ちと言うものを感じる事はありません。

ページトップ