CoCoSiA(ココシア)

共感する力は絶対必要!共感を感じれる人になるための10個の考え方


共感という言葉を聞いてみなさんはどのようなイメージが浮かびますか?

自分には共感力がないなと思われる方や、共感力って例えばどういうことをいうの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

しかし、共感と聞いて悪いイメージを思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか?

共感力は、相手とのコミュニケーションの一つの手段です。

あなたが相手とコミュニケーションを取っている時、いまいち相手と話がかみ合わないなと感じたことはありませんか?

その状態は相手と共感することが出来ていない結果でそうなっているのかもしれません。

共感力を身につければ、あなたの今後の人とのかかわり方が大きく変わる可能性があります。

今回は共感力をテーマにまとめましたので、ご覧ください。

共感力はコミュニケーションの要!

コミュニケーションとは、生活を営む中で人や動物が互いに感情や意志などを伝え合うことです。

ということは、生活を送り続ける限りはコミュニケーションから人は逃げることは出来ません。

人と関わりを持てるのがコミュニケーションという手段なのです。

そのコミュニケーションの要が共感力です。

共感力がある人とコミュニケーションを取ると、自分のことを理解してくれているんだと思います。

少なくともこの時点では共感力がある人は相手の敵にはなりませんよね?

むしろ自分のことを理解してくれていると思うのですから味方なのです。

共感力が身につけばあなたに味方がたくさん出来て、あなたの人生は大きく変わるかもしれません。

それぐらいの影響力が共感力にはあります。

1. 共感力とは?

共感力とは、相手の意見や感情などを共有することをいいます。

例えば相手がつらそうな表情をしている時に、自分は相手のつらい気持ちを理解出来ているかです。

相手の気持ちや感情を自分が理解できる力が共感力です。

ですから、相手がつらそうな表情をしているのに、あなだか元気そうだなと相手の気持ちを理解してしまうとあなたに共感力がないということになります。

間違ってはいけないのが、あなたの共感力は相手の気持ちや感情に寄り添ってなくてはなりません。

自分の気持ちや感情だけで理解しているのではひとりよがりになってしまいます。

相手の気持ちを考えてあげることが出来なければ共感力はないということになりますね。

2. 共感力が大切な理由

共感力が大切な理由はたくさんあります。

メリットがたくさんあるというわけです。

コミュニケーション能力が高まれば、良好な人間関係を築くことが出来ます。

人間関係を作るには、まずはコミュニケーションからですよね?

超能力者でない限りは、コミュニケーションを取らなければ相手の考えや感情を読み取ることは出来ません。

人間関係はコミュニケーションで始まると言っても過言ではないのです。

共感するには相手の気持ちを理解しようとする優しさがなければ出来ません。

ということは共感力がついたのはあなたの優しさが一段と上がったからだと言えますよね?

共感力があれば、あなたにとって良い影響がたくさんあるというわけです。

それが共感力が大切な理由です。

1. コミュニケーション能力が高まる

コミュニケーション能力が高い人は、自分の気持ちや思考などを正確に相手に伝えることができます。

相手からの気持ちや思考なども正確に受け取る事が出来る人なのではないでしょうか。

いわば聞き上手であり、話し上手であるということです。

では、なぜ共感力が身についたらコミュニケーション能力が高まるのでしょうか?

共感力は相手の気持ちや感情を理解出来ることですよね?

相手の気持ちや感情を理解するには相手の話の内容をしっかりと理解していないと出来ません。

相手の話を理解するには、真摯に相手の話を聞いていなければ理解することは難しいのです。

聞く力はコミュニケーションの根底にあるといえます。