「See you soon!xoxo」「Love you!xoxo」「All my love,〇〇 Xoxo」
メールやメッセージカードで、文末に「xoxo」や「xoxoxo」などが付けられた表現を、見かけたことはありませんか?
外国の友達がいて、SNSやメールのやり取りをするという人は、見たことがある!!という人も多いのかもしれませんね。

筆者は、xoxoがメッセージの文末に付けられているのは見たことがありませんでしたが…xoxoって、時々見かけますよね。
『XOXO-kisskiss-』っていう若者向けのファッションブランドもありますし、加藤ミリヤさんが『X.O.X.O』という題名の歌も出しています。また、『XOXO』という映画もあるようです。その他にも、xoxoは結構いろんなところで見かける表現だったりしますよね。

でもこれって何て読むんだろう?って、戸惑いますよね!
筆者も最初は何て読むの?どういう意味なの?って気になったので、初めて見かけた時に調べた気がします。Kissがどうとかって…でも、また触れていないうちに忘れてしまいました(笑)

海外女子がよく使っているおしゃれな言葉だというxoxo。
今回はこの“xoxo”について、その意味や使い方をまとめます♪

️文末にxoxo…これってなに?

英会話の中で、メールなどのメッセージの文末によく使われるというxoxo。
皆さんはこの意味をご存知ですか?
英会話に慣れ親しんでいて、海外の友人や恋人と、よくメッセージのやり取りをするという人は当たり前に知っているのかもしれませんが…
英会話に不慣れな人、英語が苦手な人にとっては、xoxoって何?って思いますよね。
メッセージに突然xoxoが表われたら、??ってなってしまうのではないでしょうか。

海外の女子はよく使うと言うし、もしかしたら日本のおしゃれ女子達も、メッセージの文末にxoxoをつけていたりもするのかも?
そんなメッセージが送られてきても意味が分からないと、送ってくれた相手の真意も分かりませんよね。だけど、当たり前に使われると、聞くのもちょっと恥ずかしい気もしちゃうんですよね。

でも、ファッションショップの名前に使われていたり、歌の題名になっていたりもするくらいだから、おしゃれでセンスのいい表現であることに間違いはありません。
xoxoは、一体どんな意味として使われているのでしょうか。

xoxo=Hug and Kiss

xoxoは、「Hug and Kiss」の意味なのだそうです!
Hugは“抱擁”という意味ですよね。抱擁をハグというのは日本でも慣れ親しんだ表現なので、皆さんもご存じのことと思います。
そしてKissはキス。これは知らない人はいませんね(笑)
ただ、xoxoで表わしているキスは、頬へのキスなんだそうですよ!
つまりxoxoは、愛情表現ということなんです。
ハグとキス。これって、海外では当たり前のように行われている、親しみを込めた挨拶ですよね。恋人同士ではなくても、家族や友人など、人と会った時や別れ際に、挨拶のひとつとして行われている姿を見たことがあると思います。
日本人同士ではあまり見かけない挨拶の仕方ではありますが、海外では普通に見かける姿です。
メッセージの文末にHug and Kissを意味するxoxoを添えるっていうのは、海外ならではと言えそうですね。メールやメッセージでは直接会ってハグ&キスをするわけにはいきませんが、そんな愛情や親しみを込めたメッセージであることを、xoxoで表現しているということのようです。

️xoxoがHug and Kissになったワケ

でもなぜ、xoxoがHug and Kissを表わしていることになるのでしょうか?
どうやら、文字のカタチにヒントが隠されているようですよ!

oはハグを表す

xoxoの“o”は、ハグを表わしているそうなんです。
ハグをする時に象徴的な物と言えば、腕ですよね。二本の腕で、相手をすっぽり包み込むようにすると、oのカタチになります。腕で相手を抱き寄せる姿を上から見たら、oに見えますよね♪
もしくは、人と人とがハグし合っている腕が重なり合っている形も、上から見たらoに見えますよね。
そんなことから、oはハグを表わしているということになるようです。

文字を何かに見立てて表現する方法って、絵文字なんかにも見られますし、xoxoもある意味絵文字のような存在だと言えるのでしょう。
ただ、日本の絵文字のように、直感的に誰でも分かるようなものとはちょっと違いますよね。意味を知っていないとやっぱり分からないです。
海外ならではの表現方法だし、それが日本人から見れば暗号的な感じ。ちょっとおしゃれでセンスがいい♡って感じちゃいますよね!

xはキスを表す

そして、xoxoの“x”はキスを表わしているということになるようです。
xは、クロスしていることからも交わるイメージがあって、oよりは何となく想像もつきやすい気がします。

だけどxがキスを表わすことになったワケには、大きく分けて二つの説があるようです。
実際には、どんな由来や意味があってxがキスを表わすことになったのか、その説を見ていきましょう!

十字架にキスをする慣習から

まずは、xがキスを表わすことになったというひとつ目の説。

Xは十字架を表わしているとされ、もともと欧米では、手紙の最後に十字架に見立てたxを書いて、そこにキスをするという習慣があったのだそう。
これには、誓いを立てる時に十字架にキスをするのと同じ意味が込められていたと言います。つまり、その手紙の内容が真実であることや、嘘偽りがないことを、xにキスをすることで証明していたということです。
キリスト教徒の多い、欧米ならではの習慣ですよね。
その名残が今もあり、xは十字架を表わしているというのがひとつの説なんだそうです。

となると、xはキスじゃなくて十字架ってことになりそうだけど…手紙やメッセージの最後のxとキスはセットだったから、やっぱりxはキスの象徴となるようですね。

xもキスのカタチを表している

そして、xがキスの意味だとされる二つ目の説。
それは、xがキスをしている二人そのものを表わしているという説です。
人と人とが口をとがらせてキスをしている横顔を想像してください。それが、>
と<が合わさってxに見えるということなんです。
Oがハグを表現しているのと、同じ捉え方ですよね!
つまり、二人がキスをしている姿をxで表わしているから、xはキスの意味だとされているようです。

筆者個人的には、十字架にキスの由来の方が素敵だな~って感じちゃいますけどね♡
それの方がなんだか欧米らしいと思いませんか?
それに日本でも、手紙の封をする時に×の印を書く習慣がありますよね!最近はあまり見かけませんが…。そんな習慣が日本にあったことからも、何となく十字架を書いてキスをするっていう名残の説の方が、xがキスになったワケとしてもしっくりくる気がしちゃいます。

つまり相手に愛情を表している

xoxoという文字に隠された意味は、結構深いものがあったりもするんですね。
そこには昔の名残があったりと、やっぱりxoxoには送る側の確かな気持ちが込められているようです。

xoxoがHug and Kissになったのには諸説があるようですが、由来の真実は何にしても、相手に愛情を表わしていることには、変わりがないようです。
xoxoがハグとキスを表わしているということが定着した今となっては、ある意味由来は関係ないのかもしれませんね。
ただ愛情を伝えたい…思いはそのひとつだということです。

よく考えたら日本だと、愛情表現や親しみを込めた表現って少ないですよね。
絵文字がそれに代わるものかもしれないけど…xoxoのように、あからさまじゃないオシャレな表現があったらいいのにって思っちゃいます。
特に手書きのメッセージなんかだと、絵文字を書くのってちょっと子供っぽいですしね。xoxoならサラッとかけて、尚且つオシャレ。
日本でもxoxoでもいいのかな?
でも、相手が意味を知らなかったら、それこそ意味が無いですしね。それにハグ&キスっていうのも、日本には馴染がないし…やっぱり日本人同士じゃ、xoxoは使いどころが難しいのかも。

️xoxoの使いドキ

日本人同士のメッセージのやり取りの中では、使い時が難しそうなxoxo。
日本語と混ぜて使うには、もっとxoxoが流行ったり定着しなければ、相手を困惑させてしまうだけになってしまいます。
ですが、外国人の友達や恋人が出来たなら、ぜひ使ってみたいオシャレな表現ですよね!

筆者にはこの先も、xoxoを使う機会は訪れそうにありませんが…今は外国人との交流を持つ人も多い時代。案外、皆さんにはxoxoを使う機会もあるかもしれません。
外国人の友達が出来たり恋人が出来たりする可能性も、大いにありますよね!
それに、ワーキングホリデーなどで、ホームステイ先の家族との交流があるっていう人もいるのではないでしょうか。

そんな外国人とのやり取りに、xoxoはきっと活躍してくれるはず!
ネイティブ感も出るし、ぜひ使ってみたいですよね。

というわけで、xoxoの使いドキを調べてみました。
英語の全く分からない筆者ですが(笑)筆者なりに調べてみたので参考にしていただけたら嬉しいです♪

メッセージカード

メッセージカードでのxoxoの使いドキは、文末が多いようです。

・Best wishes,(you name)xoxo
・All my love ,grandma Xoxo
のような使い方になるみたいですね。
Best wishes は、“お幸せに”とか“ご多幸をお祈りします”とかの意味で、一言メッセージとしてよく見かける言葉ですよね。その文末にxoxoをつけると、より愛情と親しみを込めたメッセージになりそうです。

また、All my loveは、“私の全ての愛”という意味ですよね。メッセージカードにAll my loveとあれば、「私の全ての愛を込めて♡」というような、心温まる一言メッセージとなるのでしょう。そして文末にxoxoが添えられていれば、「ハグとキスをしたいくらい大好きよ」みたいな、より心がこもったメッセージになりそうですよね♡

メッセージカードの場合は手紙の意味合いも強いので、由来にあった十字架にキスの意味からも、文末に使った方がいいのかもしれません。
また、Xoxoと大文字を使っても、xoxoxoxoと重ねて使うのもOKなのだそう。あまり細かい決まりはないそうです。「ハグ&キスがしたくてたまらないよ~」っていうほどの気持ちだったら、xoxoxoxoと重ねるとより気持ちが伝わるのかもしれませんね♪ただやりすぎるとやっぱり重いみたいなので、慣れないうちはxoxoにしておいた方が良さそうです(笑)

メール・チャット

そしてメールやチャットの場合、xoxoの使いドキは文末とは限らないようです。
また、「Best wishes(you name),xoxo」のように、名前の後に使うとも限らないのが、メールでのxoxoの使い方となるようですよ!

・See you soon!xoxo
・Byee xoxo (you name)
・Love you!xoxo

メールやチャットの場合、会話のやり取りがされていますよね。
その会話の最後に送るメッセージに、xoxoをプラスするという使い方が多いようです。まさに、別れ際にハグ&キスをするのと、同じ意味合いで使われるということですよね。

See you soon!は「また近いうちにね♪」という意味合いですよね。「今日はこれで終わりだけど、またね♡」って意味が込められたメッセージにも、xoxoが添えられてあれば、会話のやり取りが終わる名残惜しさと共に、親愛なる相手への愛情を込めたメッセージになるのでしょう。

Byee xoxo(you name)は、相手の名前の前にxoxoがくるパターン。さよならの挨拶と共に、ハグ&キスを入れる別れ際の定番パターンなのでしょう。バイバイと言ってしまうと寂しい感じも受ける挨拶ですが、xoxoが添えられていれば温かい気持ちでメールを終わりに出来そうですよね。

Love you!は、皆さんもご存じの通り「愛してるよ!」となりますが、恋人同士ではなくても〆の挨拶として英語では定番となるようですね。そこにxoxoが添えられていれば、実際の別れ際に笑顔でハグ&キスをするのと同じ。親しみを込めたカジュアルな表現として、メールの最後に使われているようです。メールやチャットの相手が恋人なら、そのまま愛情表現として受け取ればいいし、友人や家族なら親しみを込めた挨拶となるわけです。

️xoxoは誰に向かって使う?

さて、xoxoの使いドキは分かったけど、誰に対して使うものなの?
そんな疑問も沸いてきますよね。
まぁ、こんな疑問が沸くのも日本人ならではと言えるのかも。挨拶代りのハグとキスの習慣が無い私たち日本人にとっては、xoxoも特別な相手に送るものなんじゃないかなって思っちゃいますよね。
でも要は、ハグ&キスの代わりとして使えばいいってことで、気軽な挨拶のひとつ。
使っちゃいけない相手はいないんだと思います。

ただ、ビジネスメールなどでは使わないのがルールなんだそうですよ!
どちらかというと、プライベートでの気軽なやり取りの中で使うものとイメージしておくと良さそうです。

同性の友達

xoxoは挨拶代り。なので、恋人じゃなくても、同性の友達に向かって使ってもOKということです。
もちろん、異性の友達に使ってもいいだろうし、親しい間柄、会った時や別れ際に親しみを込めたハグをするような間柄の相手なら、メールなどでもxoxoを使って良いということです。

特にxoxoを多用しているのは海外の女の子たち。海外の女性たちの間でのメッセージのやり取りの中では、xoxoを使うのが定番なのでしょう。
親しみや愛情をハグとキスで表現するのは、女の子らしい可愛い仕草でもありますしね!女の子同士、また女の子から送るメッセージとして使う分には、可愛らしい挨拶として捉えることが出来るのだと思います。

男性同士はあまり見ない

海外女子達の間で流行っているということですが…挨拶代りとはいえ、男性同士ではあまり使わないようです。
使っちゃダメってことは無いと思いますが、想像するに、男同士だとなんだかちょっと気持ち悪い…ってことになるんだと思います。

女の子同士って、日本でもそうですけど、仲良い友達なら手を繋いでいたりもするじゃないですか。ハグをしていてもあまり違和感はありません。
だけど、男同士が手を繋いでいたら、やっぱり「え?」ってなりますよね。たぶんその感覚と同じなのでしょうね(笑)
なので、男性同士のやり取りならxoxoは使わないほうがいいのかも。もしかしたら相手にも引かれちゃうかもしれません。

家族

家族に対してならもちろん、xoxoを使ってOKとなりますね。
日本では家族間でハグ&キスはしませんが、海外では当たり前。そんな間柄なので、メッセージのやり取りや、メッセージカードにxoxoを添えるのは、親愛なる家族への気持ちのこもったメッセージになるということです。

先程例に挙げた、All my love,grandma xoxoも、大好きなおばあちゃんへ向けたメッセージ。若者が使う言葉であって、年配の方はあまり使わないようですが、孫からおばあちゃんへ向けたメッセージとかなら、可愛らしい愛情表現になるそうですよ♡

夫婦

もちろん、夫婦間でもxoxoを使ってOKとなります。
家族としても、最愛の人としても、ハグ&キスで愛情表現をする間柄ですから、メッセージでもぜひxoxoを添えておきたいところですよね。
xoxoは友人や家族との愛情表現にもなりますが、それが夫婦ならまた別の意味で、愛を表現することになるのだと思います。
夫婦間でxoxoを使えば、愛を込めたメッセージ性の強い表現となるのでしょうね♡
口下手で愛情表現の苦手な日本にこそ、xoxoみたいな表現方法があるといいのにって思っちゃいますよね!

恋人

そして当然、恋人に対してもxoxoは使うべき!
名残惜しいメールのやり取りの最後に…愛を込めたメッセージカードに…xoxoを添えて、「ハグしたい♡キスしたい♡」って気持ちを伝えておきたいですよね。

夫婦間でもそうですが、恋人同士でも、xoxoには親しみ以外にも、特別な愛情があるわけです。そんな気持ちが、xoxoに全て込められているということになるんですよね♡
xoxoは気軽に誰にでも使って良い表現とされていますが、使う相手によっては意味合いも、相手の受け取り方も違ってくるのだと思います。
これって、日本語に微妙なニュアンスが含まれていたりするのと同じですよね。

わざわざ真意を説明しなくたって、互いの関係性や距離感で気持ちが通じる。それが、xoxoなんだと思います。

軽い意味なので気軽に誰にでも使える!

とはいえ、基本的にxoxoは軽い意味。気軽に誰にでも使ってOKとなるようです。
ただ先ほどもお話したように、ビジネスシーンではちょっと軽すぎる表現となるようなので、注意しておきましょう。

日本で言えば…ビジネスの相手に「バイバイ」なんて言わないですよね?これと似たような感覚と思っておくといいのかも。
プライベートなシーンで、親しみのある間柄の相手に対してなら、気軽で可愛らしい挨拶のひとつになるということです。

️その他の海外女子の使うオシャレネットスラング

さて、ここまではxoxoの意味や使い方について、たっぷりご紹介してきました。
メッセージの文末に使われるxoxoですが、海外女子の間では主に、ネットスラングとして使うのが定番となっているようです。
ネットスラングとは、正式にはインターネットスラング。インターネットで使われるスラングのことです。スラングとは、隠語や略語の意味で、xoxoもネットスラングのひとつとして使われているということですね。

xoxoは可愛らしい挨拶のひとつとして、海外女子にオシャレに使いこなされているわけですが、まだまだ他にも、オシャレなネットスラングがあるようです。

というわけでここからは、日本の絵文字とは一味違う!海外女子が使うオシャレネットスラングをご紹介します♡

lol

lolは、日本語で表現するとしたら、(笑)なんだそうです。
日本の絵文字的な感覚でいうと、むしろ(泣)のほうかと思ってしまいましたが全然違いましたlol…(笑)

lolは、「Laugh out Loud」(声を出して笑う)の略なんだそう。頭文字をとった表現だったんですね!
チャットや、SNSのコメントなどでもよく使われているそう。そういえば見たことがあるような?でも筆者の場合は、英語のコメントの流れでlolがあったら、それも英単語のひとつだと思っちゃいそうです。今度気を付けて見てみようかな♪

OMG

こちらも頻繁に使われるというOMG!
これは皆さんも、パッと分かるのではないでしょうか?そう。「Oh my god」の略です。
「オーマイガー!」って、日本でも親しみがありますよね。
「何てことだー!」って、びっくりした時とか、衝撃的なことがあったと時に使うあれです!

「oh my god」って、結構頻繁に聞く言葉ですよね。日本だと「オーマイガー」って、ちょっとおどけた表現ですけど、海外ではそれだけじゃなく、本当に衝撃的で言葉を失ってしまうようなシーンでも使われていたりする、ある意味便利な言葉です。
それだけに、ネットスラングとしてもかなり頻繁にOMGは登場しているようですよ!

ilu

そしてiluというネットスラングは、「I love u(you)」の略語なのだそう。
英語のネットスラングは、言葉の頭文字をとって略す表現が多いんですね!

確かにネット上で、特にチャットなんかをしていると、打つ文字は少ない方が早い。そんなことから、簡易的な表現として、単純な頭文字を取っただけのスラングが生まれたのかもしれませんね。
英語圏の人達にとっては、この方が簡単で、しかも分かりやすいのかも。
日本の絵文字と似ているようで、ちょっと違うんですね!日本人にとっては、それがオシャレに見えちゃうんですよね♡

tx

言葉の頭文字が利用されることが多い英語圏のネットスラング。
ということはtxは…?皆さん読み取れますか?
筆者はやっぱり分からなかったのですが、txは「thanks」のことなんだそう。
日本語ではありがとうの意味ですね!
こちらは単純じゃなかったようですが、言われてみればなるほどと思わせられます。そうきたか~って感じですよね。

dunno

dunnoもやっぱり何の略なのか分からないので調べてみると、「Don’t know」でした。
「分からない」とか「知らない」の意味ですね!
Dunnoはそのまま読めばドゥノゥって読めますよね。ドントノゥとなんだか似ている気がしませんか?そんなところからも、don’t knowがdunnoっていうネットスラングになったのかな?なんて(笑)

wtf

「What tha fuck」の略になっているという、ネットスラングのwtf。
「何これ!?」とか「何だと?」なんていう、驚きや怒り、また同情のニュアンスなどで使われる言葉だそうです。
OMGと同じく、使うシーンによってちょっと意味合いが変わってくる言葉になるようですね!

意味不明なことを言っている人に対して、WTF!?と使えば「はぁ~?何それ?」みたいなニュアンスに。怒りをぶつけるシーンで使えば、「何だとてめぇ!こら!」みたいなヤンキーのケンカみたいなニュアンスに。大変な目にあった人に対して使えば、「マジ!?」と驚きと同情をもったニュアンスで使えるんだそう。
使いドキを間違えたら大変なことになりそうですけどね。

btw

続いてのネットスラングはbtw。
こちらは「By the way」の略語になっているようです。もう、英語が分からないと、想像しようにも出来ませんね(笑)

By the wayは、「ところでさ」とか「話変わるけど…」という話の切り替えの前置きとして使われているそうですよ!

np

npというネットスラング。これは、よ~く考えたら分かるかも!?
これは「No problem」の略語。頭文字を組み合わせたタイプのネットスラングですね!
No plroblemの意味は皆さんもご存知かと思いますが、「問題ないよ♪」とか、「どういたしまして」という意味ですよね。
こちらも、文の頭に付くことが多いのかも。もしくは、会話の中であればnpだけってこともあるようなので、意味を知らなければ会話も成立しませんね。覚えておいた方が良さそうです。

yw

ywも、日常会話の中でよく登場する、言葉の頭文字を組み合わせたネットスラング。
「You’re welcom」の略語となっているそうです。日本語では「どういたしまして♪」という意味になりますね。
確かにチャットなどのテンポの良いやり取りの中では、日常的な挨拶言葉は略さないと会話もおぼつかなくなっちゃうのかも。You’re welcomと打ち込むより、ywのほうがよっぽど楽で早いですもんね!

cuz

続いてのネットスラングcuzは、頭文字じゃないタイプでした。
「because」を省略して作られたネットスラングなのだそうです。Becauseは日本語で、「なぜなら」「~だから」という意味。英語ではよく使われる接続詞ですよね。
becauseは、ネイティブで早く話す人だとcuzに聞こえるのだそうで、そこからもネット上ではcuzと省略されることになったようです。
よく使われるからこそスラングにもなるってことなのでしょう。

b/c

そして「なぜなら」というネットスラングは、b/cで表されている場合もあるそうです。
これもbecauseの略語で、cuzと同じ意味になるんだそうですよ!

TTTT

字面だけ見ると、絵文字か?何かの暗号か?なんて思ってしまうTTTT。
これは、「To tell the truth」の略語になっているようです。意味は「本当のことを言うと」とか「実はね」とかになります。なので、文頭で使われることが多いようですね!
知らないと意味不明なネットスラングですね。

ASAP

そして、ASAP。こちらは「as soon as possible」の略語なのだそう。
As soon asって、英語の授業で習ったな~ってなんだか懐かしいです(笑)

as soon as possibleは「出来るだけ早く」という意味になります。なのでasapは、早急に依頼をしたい時などに使われるそうですよ。

他のネットスラングは、主に日常会話で使うもので、ビジネスでは使わないものが多いようですが、asapに関してはビジネスメールでもよく使われているようです。
as soon as possibleと打ち込むのを省略したいくらい急いでるって感じが伝わってくるのかも。