柔軟性がない人も柔軟性がある人も必ず自分の近くにいますよね?
もしかしたら「自分の周りは柔軟性がないヤツばかりだ!」と思ってませんか?
柔軟性がないヤツばかりだと思う時点で、
自分自身に柔軟性がなくなっているかもしれません。

柔軟性がない人の特徴は他人の意見を聞きいてることができないのです。

自分の意見と違うことをいう、否定をする人は全て柔軟性がないと決め付ける。

自分の周りは柔軟性がないヤツばかり・・・
これは自分の意見に従わないから感じるのかもしれません。

柔軟性のある人は自分の周りは柔軟性がないヤツばかりと決め付けることはしません。

「はっ」と思った人は柔軟性があるか、ないか、チェックしてみてくださいね。

柔軟性がない人とは

柔軟性がない人は人生を損しているような気がします。

人生は山あり谷ありと言います。

常に生真面目に肩肘張って生きていることは非常に疲れます。

人生は皮肉なもので生真面目に生きていれば必ずしも幸せになれるのか?と聞かれたら「はい」とは答えられない。

生真面目に考えすぎることは自分自身に休憩を与えないこと。

決められたマニュアルやルール通りにしか考えられない。

それは柔軟性がない人と言えます。

柔軟性がないと人間は息苦しさを感じます。

柔軟性がないと臨機応変に考えられない。

そうなると仕事や日常生活で支障がでてきます。

仕事やプライベートで真面目すぎる


柔軟性がないと仕事関係で困ることがたくさんでてきます。

物事を柔軟に考えることができない。

仕事だとすれば常に誰かの指示を待つ人になります。

もちろんプライベートでも同じですね。

自分の考えに自信がもてないから指示待ちになってしまう。

常に真面目考えているのに自信がない。

それでは何の為に真面目に生きてきたのでしょうか?誰かの指示を待つことは自分で指示をすることができない。

リーダーシップがとれない人は出世することができないのです。

臨機応変に対応ができない

「君は柔軟性がない人だね!もっと臨機応変に対応できないの?」このような言葉で起こられた人もいると思います。

臨機応変は特に接客業務や営業職などで必要になってくるものです。

いち、人間や生き物と接するとき相手には感情があります。

感情はちょっとした言葉や態度で嬉しくなったり、イライラしたり喜怒哀楽が起こります。

例えばいち、人間性から1から10までのマニュアルを教えても教えてもらった通りには行かない。

マニュアル通りで間違えがないこと、それは感情をもたない機械です。

いや、機械ももしかしたら天候や温度でマニュアル通りに応えてくれないときもある。

臨機応変ができないと相手がマニュアル通り意外が考えることができない。

それは事態が悪化してしまうことになります。

物事はマニュアル通りに行かない。

何通りもの答えがあります。

瞬時に答える人は柔軟性かある人です。

固定観念が強い


柔軟性がない人は考え方が偏る傾向にあります。

自分の中で決められたことやマニュアルと違う行動を起こした人を認めることをしません。

それは固定観念が非常に強いといえるでしょう。

固定観念が強いと考え方で損をしてしまうことがあります。

固定観念、自分基準で物事を考えてしまう、他人の意見を聞き入れない。

自分のイメージが強すぎると他人のことを見た目で判断してしまうのです。

一見、強面な人でも話してみると意外と気さくで人情味ある性格だった・・・
こんなことはよくあることですよね。

また、逆にすごく親切そうで優しそうな顔の人を100%信じてしまう。

それこそが詐欺です。

詐欺師は外見は印象を良くするものです。

外見から怪しいければ詐欺は成功するはずがない、言葉たくみに話しかける。

そんな詐欺にも簡単に引っかかってしまう。

柔軟性がなく固定観念が強いと人間不信になってしまうかもしれませんよ。

柔軟性がない人が損している5個のこと

柔軟性がない人は人生で得をするよりも損をしていることが多いです。

人生はマニュアル通りにはいかない。

時にはサボることで自分自身を守ることだってあるのです。

柔軟性がないと自分の世界に閉じこもります。

人間は絶対にコミュニケーションなくして生きてはいけません。

引きこもりになってもネットを通じて会話する相手がほしい、
家族に伝えることもある。

人間はコミニュケーションを円滑にできる人の方が得しているのです。

会話をすることでストレスを溜めることがない。

それは自分自身を守るヒトツの方法ですよね。

1度の人生を楽しく生きたいと思うなら柔軟性を育てることが大事です。

柔軟性がないと損していることを確認してみてください。

1.周りとの輪に入れない

柔軟性がないと、どんな会話をすれば良いか迷ってしまいます。

1対1であれば、なんとか会話をすることができる。

ですが大勢になると会話を考えすぎて疲れてしまう。

それは皆に理解してもらいたと思うからこそ、大勢が苦手なのです。

考えれば考えるほど、周りとの輪に入ることができない。

よく考えてみてください。

周りは同時に話していることはないですし、
1人の言葉に全員が集中していることも少ないのです。

意外と近くにいる人同士で適当に会話したり、頷いたりしているもの。

周りとの輪に入れないと思うよりも、必要以上に入る理由がないのです。

柔軟性がないと、どうしても周りとの輪に入らないといけない!と、
自分自身に課題を与えているだけなのです。

話しても分かってもらえないと思われる

柔軟性がない人はコミュニケーションや会話が苦手なわりに、
話しを分かってもらおうと自分自身を売り込む傾向があります。

柔軟性がないからこそ、ヒトツのことしか考えられない。

十人十色という言葉があります。

出会った全ての人に話を分かってもらおうと思ってもムリです。

分かっていても、分からないフリをする人もいる。

自分の思い通りにならない人もいる。

柔軟性がないと考え方に余裕をもてない、ヒトツのパターンしか考えられない。

それが逆にプレッシャーになり、話しても分かってもらえないと思うのです。

自分から売り込む傾向がありつつも、考え方はネガティブ。

あらゆるパターンを考える余裕を持たないとコミュニケーションが、
どんどん苦手になっていきます。

2.仕事や生活が輝かない

柔軟性がないと仕事や生活に輝きをなくしてしまいます。

それは柔軟性のなさが災いとなり自分自身を追い込んでしまっているからです。

柔軟性ない人は仕事や生活に休憩を取り入れない、
常にいっぱいいっぱいで働いているのです。

人生にはリフレッシュするという言葉があります。

リフレッシュは何の為にするのでしょうか?次のステップへ進む為です。

リフレッシュをすることで発想の展開、気持ちの切り替えをすることで、
息詰まっていたこともポンッとはじけることができる。

柔軟性がない人はリフレッシュを「怠けている」と考えてしまうのです。

怠けていることは絶対にダメ!という生真面目で間違った方向が、
自分自身を結果的に追い詰めて疲れさせてしまっているのです。

同じやり方、過ごし方で固めすぎている

リフレッシュをしないと、どうなるのでしょうか?
発想の展開ができないで毎回同じことで止まってしまっているのです。

例えば、売上げが下がり続けている飲食店があります。

20年も同じ店長や従業員で営業をしている。

ある日、本部が店長から従業員すべてを入れ替えた。

そうすると売上げが伸びた・・・これはよくあることです。

同じやり方を繰り返していると何も変化は起きません。

思い切って全てをかえることで新しい風を取り入れることができる。

これがリフレッシュするということです。

柔軟性がないと自分の考え方をまげることができないし、
他人の意見を聞き入れることをしない。

そうすると自分では考え方や過ごし方を変えているつもりでも、
結果的に同じやり方をしてグルグルと動いているだけなのです。

3.視野が狭い

柔軟性がない人は固定観念が強いと言いましたが、
まさに視野が狭いといえるでしょう。

結局、自分の考えをまげない、
他人に聞いたところでも自分に有利な人に相談します。

柔軟性がない人は評価されることが苦手です、
自分自身の意見に自信を持っているからです。

ですから、プラスでもマイナスでも意見やアドバイスをされることが嫌い。

要するに自分に関わってほしくないのです。

自信や評価が視野を狭める原因になる

自分中心な考え方は視野をドンドンと狭くしてしまいます。

周囲も最初は快くアドバイスをしようと思っても、
アドバイスをする度に聞いていないような態度をされると関わりたくなくなる。

周囲は否定しているワケでもなく、単純にアドバイスをしたいだけです。

それでも柔軟性がない人は固定観念が強く、視野が狭いために、
自分の意見に対して否定をしてくると考えてしまうのです。

柔軟性のない人は裸の王様と一緒です。

自分が一番正しい、自分は間違ってないと思い込んでしまう。

結局、間違っていても誰も声をかけてくれなくなります。

それは、どんどん自分自身を孤独にさせてしまう原因になるのです。

4.柔軟性のある人を伸ばすことができない

柔軟性ない人はコミュニケーションが苦手で、視野が狭いですよね。

だとすれば人を育てることが出来ないのです。

全て自分のモノサシで相手のことを見てしまう。

人間は誰でもプラスの部分もあればマイナスの部分もある。

得意と不得意があって当たり前なのです。

ですが、柔軟性がない人は不得意な部分ばかりが目に入ってしまう。

自分とは逆パターンの柔軟性がある人を否定します。

柔軟性があることがマイナスと認識するからです。

ヒトツのことをやりとげることができない・・・それが柔軟性のある人。

自分自身の偏った考えが相手の才能を見つけることができない、
育てることができない。

こんな上司は案外、世の中にいますよね。

自分の考えを押し付けてしまう

自分が正しいと思うからこそ自分の意見を押し付けてしまう。

柔軟性のない人はヒトツのことしか考えることができない。

自分の決めたマニュアルがある。

そのマニュアルで自分自身は生きてきたのだから「間違えはない」と思うのです。

これは頭のかたい団塊世代に多いですよね。

臨機応変に考えることで時代に置いて行かれることがない。

ですが、自分の考えを押し付けてしまうと同じタイプは良いが、
受け入れることができない人もいるのです。

自分の考えが全て正しいワケではない・・・柔軟性がない人は気づくことができません。

そうすると結局、柔軟性のなさが「わからずや」に周囲は捉えてしまいます。

5.自分で成長する機会を失っている

柔軟性がないと自分が正しいと思っているのですから、
他人の意見を聞き入れることはしませんよね?
人間は誰でも100%正しい人なんていません。

例えば交通事故も100%、一方だけが悪いことはないのです。

たとえ赤信号で渡った相手が車にぶつかったとしても、
一方だけが責任を負うことはありえない。

自分の意見を信じて、他人の意見を聞き言えれないことは、
自分自身の視野を狭くさせてることであり自分自身を成長させないことになる。

他人の意見から参考になることも必ずあるはず。

柔軟な心を持つことで視野は広がります。

一つのやり方、考え方にこだわっている

いつまでも一つのやり方や考え方にこだわっていると時代遅れになります。

常に時代は変化しているのです。

自分自身が覚えて学んだ一つのやり方が5年前だったら最適な方法かもしれない、
ですが5年過ぎたときに最適とは言えないかもしれない。

一つのやり方を最適が?本来であれば軸にして話をすすめることができるはず。

柔軟性がないといつまでも一つのやり方を信じて続ける。

職人さんのような考え方ですが、職人さんも自分さえ知っていれば良いとは考えていない。

自分さえ知っていれば良い・・・と考える人は伝統が続いていかない。

一つのやり方を信じて、こだわっている柔軟性のない人の周りは、後継者がいないはずです。

柔軟性がない人の5個の特徴

柔軟性がない人の特徴と言えば、どんなイメージですか?
なんとなく堅物で面白くない人を想像しますよね。

柔軟性がない人は会話力も乏しいからです。

決まったテレビを見るから、他のチャンネルは見ない。

そうすると新しい情報は入ってくることはありません。

食べ物も味が分かっているものを食べる、だから新しい食べ物を見ると拒否反応を起こして「マズイ」と思ってしまう。

柔軟性がないと世の中がつまらなく感じますよね。

友人関係も乏しそうなイメージです。

柔軟性がない人になっていないか?特徴を見ていきましょう。

1.自分の中にルールを持っている

柔軟性がない人は自分の中にルールを持っています。

そのルールが正しければ良いのですが、実は間違っていることが多い。

間違っているというよりも考えが一定の時代で止まってしまっている。

自分の中のルールは自分だからこそ成り立つのです。

例えば「自分は○○をして成功した!だから君も○○の方法で仕事をしろ」
これは自分の中のルールですよね。

自分が成功したからと言って同じ行動をして同じように成功するなんて、
誰にも分からない。

もし、柔軟性がある人なら同じ言葉を言ったら、
「自分は○○で成功したんだけれど、これもヒトツの方法として役立てるのもいいと思う」アドバイスになります。

自分の中にあるルールを基準として話すと命令になってしまうのです。

2.相手の気持ちになって考えることができない

自分の中のルールを相手に押し付けてしまう柔軟性のない人は、自分がいつでも1番です。

相手の気持ちになって考える余裕なんてありません。

相手の気持ちを考えることができたら自分の中にルールなんて存在しませんよね。

きっとコミュニケーションも円滑にできるはずです。

柔軟性のない人は基本的に自分のことでいっぱいいっぱい、相手の気持ちになって考えられる人は心に余裕があるからこそできる。

心に余裕がないと自分がどう思われるか?自分の評価が気になってしまう。

柔軟性のない人は負の連鎖が続くのです。

自分に余裕がないから相手の気持ちになって考えることができない、相手の気持ちなって考えることができないから、余裕がない。

3.冗談が通じにくく空気が読めない

柔軟性のない人は冗談が通じにくく空気が読めないイメージですね。

良く言えば生真面目かもしえません。

一つのやり方を信じて、他人の意見は聞き入れない。

「自分は不器用ですから」というスタンスで生きて行く・・・
でも、それが評価されるのは本当は不器用じゃないからこそカッコイイ。

ただ単純に相手の意見を聞き入れないで自分のわが道を進むことは、孤独になるだけです。

たとえ周囲から見て無駄な井戸端会議でも意味が必ずある、
だからこそ会話をしているのです。

何気ない会話でもコミュニケーション能力が育ち、臨機応変に対応することを覚えて行くものです。

コミュニケーション能力は会話を通じて育って行くものです。

マニュアルでは育つことができない。

自分の殻に閉じこもっている柔軟性のない人はコミュニケーション能力が低い、と言うことは冗談が通じにくく空気が読めないことになります。

4.考えが一貫していて新しい考えを受け付けない

自分の意見や考え方をまげることがない柔軟性のない人は、考えが一貫していて新しい考えを受け付けない傾向にあります。

考えが一貫していていることは正しいことです。

あれこれやっては方向を変えるよりは一つのことを極めることができます。

しかし考えが一貫しつづけると新しい考えを受け付けなくなるのです。

筋を通すことは正しいけれど、一呼吸して自分の考えを見直すことも必要です。

長い人生、きっとどこかで反省する部分は必ずあるもの、自分自身が今よりも成長したいと思うのなら、再確認をすることが必要です。

一呼吸すると少し自分の中に余裕がでてくるはずです、そうすると新しい風が入り込んで今以上の考えが頭に浮かびます。

他人から刺激をもらうことも新しい考えのヒントとなる。

柔軟性がないと同じ場所で立ち止まることしかできない。

5.自分の考えを相手に押し付ける

自分の考えを相手に押し付けることは誰でもイヤなもの。

でも柔軟性がないと自分がやっていることに気づかない。

柔軟性がない人は誰よりも他人の意見を押し付けられることを嫌う、だけれど自分自身が嫌がることをしている。

これが柔軟性のない人の矛盾と言えます。

自分の考えを相手に押し付けても、相手は同じように出来る保証はない。

それは相手は同じ性格じゃないからです。

自分が正しいと思っている考え方は、間違っていない。

でも、自分の考えを相手に押し付けることで間違っていたことにもなる。

自分の考えを相手に押し付けることはカタにはめられていることと同じです。

そのカタが全ての人にフィットするワケじゃないのです。

クッキーをつくるときだって色々なカタがある。

無理やりカタにはめてしまうとどうなるでしょう?割れてしまいますよね。

それが人間関係で言えばヒビです。

無理やりに自分の考えを相手に押し付けることでヒビがはいり、相手と上手く関係を取り持つことができない。

だから柔軟性がない人はコミュニケーションが上手く行かないのです。

柔軟性のある人になるためには

柔軟性がない人は孤独になってしまう。

やっぱり人生は楽しく生きていきたいと思いますよね?
柔軟性のある人になり、人生を楽しんでみましょう。

「自分は柔軟性ないから」と思っている人も大丈夫ですよ、「柔軟性がある人になりたい」と思ったときから柔軟性は育てられて行くのです。

柔軟性のある人になるには何通りの考えを持つことができる人です。

何通りの考えをもてるようになると自分自身がきっとラクになる。

だって必ず逃げ道はあるのですから。

一つのことばかり考えていると一つが失敗したら逃げ道はありません。

逃げ道がないと人は卑屈になっていくものです。

心に余裕がなくなり次のことを考えることができない。

是非、柔軟性ある人になりましょう。

他のやり方にも目を向ける

柔軟性のある人になるためには、一つのやり方ばかり考えることはNGです。

他のやり方にも目を向けることで柔軟性は育つことができます。

例えば、ゲームだとしたらどうでしょうか?
柔軟性のないゲームをしていて一つのやり方に失敗した。

別のやり方はない、そうするとTHE・ENDです。

逆に柔軟性のあるゲームをします。

一つのやり方に失敗したけれど、二つ目のやり方を試してみたら次に進むことができる。

人生は一つのやり方なんてありえないのです。

人間には知恵があります。

考えることができる知恵です。

一つだけのやり方しか考えない、これは逆にサボっていることです。

他のやり方にも目を向けることができれば、人生は楽しくなる。

自分のやり方だけが正解ではない

他のやり方にも目を向けると自然と自分のやり方だけが正解ではないことに気づく。

そもそも、自分のやり方だけが正解という正解なんてないのです。

人間は正解を求めたくなります。

正解を出したら偉いと思われて褒められるからです。

でも、正解を出してしまったら、その先は進むことができません。

ある学校では頭の柔軟性を高める為に答えを書いた算数をします。

例えば、「50」という数字が答えです。

この50の答えを出す為に様々な計算を考えることができます。

40+10=50にもなる、100-50=50、49+1=50にもなる。

正解を一つと求めるよりも、やり方である計算を考える方が楽しいはず。

自分のやり方だけが正解と思ってしまうと、せっかく世の中にあるやり方を知らないままになります。

世の中は少し目を向ければ様々なやり方があるのです。

柔軟性のある人になるなら、頭を柔らかくすることが大事です。

変化に上手く対応しよう

変化に上手く対応することができたら無敵です。

仕事でもプライベートでも大事になるのが臨機応変です。

様々な変化に上手く対応することができれば、コミュニケーションのプロ。

人間が生きて行くうえでコミュニケーションは絶つことはできない。

でも、変化に上手く対応できないと人と接することが苦になるはず。

変化に上手く対応することで営業力も上がるし、プライベートでも人間関係がスムーズに行きます。

変化に上手く対応できるようにするのは、とにかく人に馴れること。

様々な人と出会い、会話することでコミュニケーション能力は育ち、変化に上手く対応することができるのです。

柔軟性のある人になりたいなら、たくさんの人と出会うことも大事です。

世の中の変化に対応できるよう情報収集を怠らない

誰だってキライな芸能人やキライなテレビはあります。

もちろん苦手な食べ物もあるでしょう。

すべてシャットアウトすると、そのキライな情報は入らなくなります。

苦手な食べ物も苦手意識が育ったままでイヤな記憶が抜けません。

キライなものをシャットアウトすることは実に簡単です。

必要以上に情報を自分に入れなければ良いのですから、でも情報がないままだと新しい朗報も入ってこないのです。

当時苦手だった酸っぱい味の食べ物も甘く変化したことに気づかない。

もしかしたら甘く変化して美味しくなっても気づかないままです。

世の中の情報をシャットアウトすることは、やろうと思えばすぐにできる。

ですが、情報収集は時代で変化していくものです。

古いままの記憶でいるなんてもったいないですよね?
1日、1日は変化しているのですから、柔軟性をもって考えてみると新しい発見が見つかるかもしれません。

周囲の人たちと協力しあおう

周囲の人たちと協力しあうことは正直、メンドクサイと思うことがあります。

相手に気を使うこともあるでしょうし、自分が助けることもあるでしょう。

でも、孤独でいることはもっとツライことです。

もし、周囲の人たちと協力しあうことができたら・・・
よく、結婚をすると幸せは倍になって悲しみは半分になると言います。

2人であれば倍になるなら、周囲の人たちと協力しあえばどうでしょうか?
きっと協力し合った人数分に感動することができるでしょう。

協力しあうことは最初はメンドクサイこともあるし、意見がぶつかることもあるでしょう。

しかし、周囲と協力し合えれば一体感はうまれます。

様々な知恵や考え方を共有することができるのです。

その知恵や考え方を生かすことができるは自分次第ですよ。

他から学ぶ姿勢も大事

自分だけを信じて生きてくることも大事ですが、他から学ぶ姿勢も大事なことです。

自分だけの意見が正しいと思ってしまえば柔軟性のない人になります。

自分だけが正しいと思うと間違っていたときに訂正ができないのです。

他の人から知恵をもらい学ぶことで1つのやり方も2つになる、3つになるのです。

学んだ数だけ知恵をもらうことができるのです。

臨機応変に対応するには1つの答えだけじゃ通用しない、2つ、3つの考えてあるからこそ柔軟に誰とでも応対できるはず。

学ぶことに損はありません。

吸収できるものは、自分から率先して他から学ぶ姿勢を見せましょう。

発想力を働かせよう

発想力を働かせると臨機応変に対応することができます。

逆に発想力がないと1つのことしか考えることができないのです。

発想力ない人は失敗してしまったら、それで終りで次のことを考えることができない。

発想力ないことはフリーズしてしまったパソコンと一緒ですよね。

急なトラブルが何よりも苦手です。

発想力を働かせるにはどうすれば良いのでしょうか?
それは簡単です。

とにかく他から学ぶことです。

他から学び、知恵を色々な人からいただくことで発想力は育てられます。

他から学ぶことは同じ人から学んでいては意味がないのです。

好き嫌いをせずに様々な人とコミュニケーションをとることで、様々な人から学ぶことができる、そのつど発想力は育てられます。

「ありえない、できない」は極力使わない

「そんなのムリ、できない」「そんなことはありえないでしょ」
当たり前のように口癖になっていませんか?
自分では気づかないうちに「ありえない、できない」を言っていることがあります。

言葉は言霊とも言われて声に出していることが現実になると思われてました。

実際に本当に現実になるとはかぎりませんが、マイナス思考な言葉ばかり言っていると考え方がマイナス思考になります。

行動を起こす前に「できない」話しを聞く前に「ありえない」
それらが当たり前になってきて体が反応しなくなります。

自分では「ありえない、できない」を言わなくても、周囲の人が「ありえない、できない」を口癖にしていることも危険です。

マイナスオーラは周囲も巻き込んでしまうからです。

「ありえない、できない」と言う会話をしていて楽しいと思いますか?
逆に「ありえる!できるね!」と言う会話の方が楽しいはずですよね。

自分のモチベーションを上げることは大事なことです。

自分の心が前向きにならないと柔軟性のある人にはなれないのです。

まとめ

柔軟性のない人と柔軟性のある人に相談するとすれば、迷わず柔軟性のある人に相談をしますよね?
きっと柔軟性のある人の方が信頼性も強い言葉で声をかけてくるはず。

そして何よりも1つじゃなく、2つ、3つの案を出してくれるでしょう。

その案をベースに一緒に物事を考えてくれそうですよね。

柔軟性のない人は、自分の意見を押し付けてくるでしょう。

それは命令にも近いかも知れません。

柔軟性のない人と柔軟性のある人が結果的に同じ答えを言ったとしても、受け止め方が全く違います。

人間は押し付けられたり、命令されると拒絶します。

それがたとえ答えが合っていたとしてもです。

もし、自分が柔軟性のない人と柔軟性のある人のどちらになりたいか?
迷わず、柔軟性のある人ですよね?
なら、柔軟性がある人になりましょう。