一般的な男性が女性を好きになる時、心を奪われる決め手は彼女のあるパーツに魅力を感じるからです。

大きな透き通った瞳や潤んだ魅力的な唇、程よく突き出た乳房や細長い指先等。

人によって心を奪われるパーツは様々ですが、中にはお尻に魅力を感じる男性も多いのです。

大きすぎると容姿のバランスが崩れますが、適度に盛り上がったお尻の形は、後から見ていても感動するものです。

特に、オリンピックに出場している女性アスリートのお尻は、筋肉質の身体の中でも優しさを感じてしまいます。

大きなお尻が好きな男性もいます。

堂々と「俺は尻の大きな女性が大好きだ!」と告白するのです。

女性の大きなお尻というのは、何か安心できる存在のようです。

男性が、幼い頃から母親に憧れていた時に、母親の安定したお尻に頼っていたからかも知れません。

時代と共に痩せることが人気になって、モデルのようにお尻が小ぶりですらっとした容姿が好まれていますが、まだまだ立派なお尻の人気は衰えないようです。

お尻が大きいと、子供を産むときに安産になり、たくさん子供を授かることができるとも言われるようです。

そんなお尻について語ると、いろいろありますが、男性から見たお尻について書いてみたいと思います。

男性はお尻が好きな生き物

顔以外で男性が好きな女性の身体の部位は、胸と脚とお尻です。

夏場に水着姿の女性を見る時に、この3点に目が集中するのです。

男性の好みによって、形や大きさなど好き嫌いがありますが、この3点ははずせません。

海岸の砂浜で、うつ伏せに寝転んでいる女性を見る時には、間違いなく男性はそのお尻の形に見とれてしまうのです。

男性が、女性に甘えて添い寝する時には、胸に顔をうずめたいとか、膝枕で寝たい、さらにはお尻を枕に寝たいという希望も持っているのです。

やはり、潜在的に男性はお尻に安心感と安定感を感じているのです。

若い女性の気持ちとしては、男性がなぜそんなにお尻に興味を持っているのか分からないと思います。

若い男性も、当初はそれほどお尻には興味を感じないようですが、好きな彼女ができて結婚を考えるような年頃になると、子供を作って子孫を残したいと考えるようになると、お尻が好きになるようです。

つまり、子孫を残すという男性本来の本能に近いものだと思います。

そして、男女の性生活を過ごしていくにつれて、女性の身体の中心であるお尻を愛しく感じるようになって、この本能が男の子供にも遺伝されるのです。

 

小さいお尻も大きいお尻もそれぞれの魅了がある

男性は、小さいお尻でも大きいお尻でも、触って良いとなると絶対に触るものです。

丸みを帯びて程よい柔らかさのお尻は、いつまでも触っていたい魅力があるものです。

撫でたり掴んだり指で押したりと、男性にとって興味は尽きないのです。

触りたい女性の身体の部位ランキングでは、上位に入るそうです。

胸は触られると判断すると、とっさでも両手で防御できますが、お尻は振り向かないと分からないので、無防備の状態なのです。

だから、昔はつい好奇心で男性の先輩が後輩の女性のお尻を叩いたり触ったりして悪戯することがあったようです。

お尻を触った時の、彼女の反応を楽しんでいるようです。

顔を真っ赤にして目を釣り上げて睨みつける娘や、「ダメでしょ!」と微笑みながら話しかける女性など、女性の性格も様々なのです。

この反応を見ながら、男性は女性の品定めをするようです。

さすがに現代ではセクハラで訴えられてしまうので、そんな事はできません。

オフィスでの仕事では、ヒールを履いて歩く年頃の女性の後姿を見ていると、いかにも女性の色気が溢れていて、ついつい見とれてしまうものです。

お尻の大きさや形は違いますが、どちらのお尻も魅力的なのです。

男性がお尻の6個の魅力を紹介!

男性がおっぱいやお尻が好きという意味は、これを見たり触ったりすることで子孫を作るという本能からくる性欲を高めるためだと思います。

大きなお尻に感じる魅力

大きなお尻は、後から見ていると安定感があります。

以外に思えるのですが、華奢な男性というのは、大きなお尻の女性が好きなようです。

そういえば、細身で小柄な男性と大柄でお尻が大きい女性のカップルもたまに見かけます。

俗に言う「尻に敷かれる」という感じに見えるのですが、どちらも楽しそうに歩いているところを見ると、ベストカップルなのでしょう。

その男性にとっては、尻が大きい女性に魅力を感じている訳で、他人がとやかく詮索するまでもありません。

大きなお尻の女性は、心もおおらかでどっしりとしていて、多少の問題が起こっても動じない性格でしょう。

お尻が大きい人はお尻の筋肉(殿筋)が発達していて、健康な人が多いようです。

プロ野球の有名な投手は、みんなお尻が大きくて殿筋が鍛えられています。

だから、足腰が丈夫で速い球を投げられるようです。

馬力の基本はお尻なのです。

話がそれましたが、大きなお尻の魅力についてまとめてみました。

1.柔らかそう

お尻は、身体の中では大きくて柔らかいのです。

大きいお尻にコンプレックスを持っている女性もいます。

大きいお尻では、オシャレなボトムスが履けないと悩んだりします。

男性から見ると健康そうで子供も安心して産めそうだと感じるのですが。

大きなお尻に共通していることは、みなさんたいへん柔らかいのです。

自分のお尻が柔らかいのか硬いのか、自分自身では良く判らないと思います。

女性同士でお互いのお尻を触り合いすることなんてほとんどないからです。

ある女性は何人かと恋愛経験もあるのですが、今の彼氏から「あなたのお尻はとても柔らかいね!」と告げられて驚いたそうです。

男女の付き合いも深くなると、お尻を触ることもある筈です。

しかし、これまでの男性から柔らかいと言われたのは初めてで、「自分のお尻は他の人に比べて柔らかいんだ!」と妙に納得したのです。

それと合わせて、「きっとお尻の脂肪が他の人に比べて多いのかな?」とも思ったそうです。

それと、柔らかいお尻の人は、肌もしっとりと潤って色白のもち肌の人が多いようです。

結婚して子供を産みたいと考えている人は、お尻が柔らかい方が良いみたいです。

妊娠しにくい時は、お尻の筋肉が硬くなっているかも知れません。

お尻が柔らかくなると、妊娠しやすい身体に近づくのです。

もともとお尻は柔らかいのですが、 ずっと座っていると運動不足になって、股関節や骨盤の周りの殿筋の働きが悪くなり硬くなるのです。

お尻が硬くなると、骨盤の中の子宮への影響も出るのです。

このように、お尻の硬い人は座った姿勢が長い人に多いようです。

事務系の仕事で、一日にトータルで8時間は座っているというような場合には、お尻が固くなってイライラしやすくなるのです。

困ったことに、お尻が硬くなると血液循環が悪くなって冷え性になります。

すると太ももやお尻にセルライトの固まりができて見た目が悪くなり、ヒップのラインやサイズが変わってしまい、これにもイライラしてしまうのです。

硬いお尻には、問題があるようです。

この対策は、時々運動するかストレッチで身体をほぐして、硬くなった筋肉をほぐしてやります。

血流やリンパの流れを改善して、ふっくらと柔らかいお尻を取り戻すのです。

女性らしさを感じる

お尻の形状は、もともと女性と男性では大きな違いがあります。

男性のお尻の形は、縦長の楕円形の山が二つ並んだように見えます。

女性の場合は、丸い山が二つ並んでいるように見えるのです。

女性の方が、キレイな丸みを帯びた柔らかそうなお尻に見えます。

女性を横から見た立ち姿では、胸のラインとお尻のラインがS状にカーブしている、しかもウエストが細くてくびれていると女性らしさが強調されて、男性は性欲と独占欲が増すのです。

大きなお尻でもくびれが無いとただの太っただけの女性に見えます。

くびれがある大きな柔らかいお尻は、大きな乳房と同じように、男性は本能的に惹かれてしまうのです。

2.グラマラス

女性のグラマラスな姿態を感じるところはいろいろとありますが、大きく区別するとウエストから胸にかけての上半身と、ウエストからお尻と脚にかけての下半身です。

グラマラスとは、魅惑的で性的な魅力を感じさせる雰囲気です。

世の男性達に人気の女優や女性シンガーは、顔や歌声だけでなく、そのグラマラスな姿態とパフォーマンスに優れているのです。

ただ、乳房が大きいとかお尻が出ているとか単純なことだけでなく、乳房の形や張り方、お尻の丸みや柔らかさ、さらにウエストや脚とが連係した魅力的な曲線美がポイントなのです。

色っぽくてセクシー

程よい大きさと丸みのあるお尻は、つい目がとまってしまうほどに男性の心を掴んでしまいます。

夏になるとかわいいショートパンツ姿や短いスカートで歩く女性をよく見かけます。

しかし、女性の中にも、お尻の形で悩んでいる人もいます。

そのお尻とは、平たくてメリハリがない、俗にいう「扁平尻」です。

水着姿の後から見ると、お尻と太ももの境界がわからなくて、お尻の印象がないのです。

男性から見ると、色気が無くて残念なお尻と言えます。

この扁平尻の原因のひとつは、運動不足でお尻の筋肉である大殿筋や中殿筋の筋肉が不足しているためです。

幸いなことに、この筋肉は鍛えることができます。

鍛えることによってお尻のサイドが引き締まって、上向きのお尻に変えることができるのです。

運動不足になりやすい、オフィスでの座った仕事を長時間続ける仕事に就いている女性は、時間を見つけてできるだけお尻の筋肉を鍛える運動を心掛けることです。

扁平尻は自覚症状はありませんが、猫背の女性、肩こりしやすい女性、下腹がポッコリと出ている女性は、骨盤が後ろに傾いている(後傾骨盤)の可能性があって、この影響で扁平尻になっているかも知れないのです。

欧米人は、お尻の筋肉の付き方が生まれつき東洋人と違っていて筋肉質であるため、あまり扁平尻はないようです。

しかし、上に突き出たお尻が好まれるため、あえて手術で形を変える人もいます。

それぐらい、お尻の形は魅力的なもので、色っぽい服装やポーズでセクシーさを表現して男性の心を奪うのです。

3.丈夫な子供を産んでくれそう

昔から大きなお尻の女性は安産型と言われ、結婚するならお尻の大きな女性の方が好まれたのです。

最近では、ダイエットしてもっと痩せたい、細くなりたいという願望をもつ女性が増え、小さなお尻に憧れる女性が多くなったのです。

それに合わせて、お尻を小さく見せるショーツやパンツも販売されています。

しかし、女性の願望とは裏腹に、大きなお尻に魅力を感じる男性も多いのです。

ある程度の肉感と丸みがあって柔らかそうなお尻に魅力を感じるのです。

大きなお尻は、糖尿病や腎臓病になりにくいし、頭の良い子供が生まれやすいという調査結果もあるようです。

大きなお尻は、脂肪が溜まっていて肥満の状態だと思われがちです。

しかし、お尻についた脂肪も筋肉も、実は健康な証拠なのです。

というのも、大きなお尻の効能は、後に倒れたり尻もちを着いた時には、子宮や骨盤を衝撃から守るクッションになるのです。

さらに、座る時には関節や神経を保護することにもなるのです。

大きなお尻は身体のバランスを整えて骨盤を安定させるので、猫背や肩こりを防ぐのです。

最後に大切な役目は、食べ物が不足した時にも自分のお尻の脂肪を活用してエネルギーを補うこともできるのです。

女性の大事な仕事である妊娠や出産に関しては、大切な機能が下半身に集まっているので、男性に比べるとお尻が大きいことは、生命を生み出す本能に基づくものだからです。

男性は本能的に子孫を残そうとする生き物

子孫を残すためには、女性が妊娠して子供を出産しなければなりません。

そのためには、まずは男性が主体的に性欲を高め、女性と性交渉を行うことが前提条件です。

では、男性はどうやって性欲を高めれば良いのかというと、それはこの女性を抱きたいという気持ちが昂るような気持ちを起こさせることです。

そのような性欲を高める女性の部位としては、顔・胸・ウエスト・お尻・脚があります。

そして、最終的に母親のような安心できて柔らかいお尻に行きつくのです。

無防備なお尻を後から愛撫するのは、マザコンをはじめとする気が弱い男性でも、安心して結ばれるのです。

小さいお尻に感じる魅力

女性のお尻は、男性から見てもセクシーな部位です。

柔らかい丸みのあるお尻を触りたくて仕方がないのです。

男性の本能とも言えます。

これは、この女性との子供を作りたいと考えると、無意識にうまく妊娠して安全に子供を産めるのかな?と考えてしまうからです。

いろんな調査でも、男性は大きなお尻と小さなお尻のどちらが好きなのかという問いかけには、わずかに小さいお尻の方が支持されていますがほとんど拮抗していて半々と言えます。

出は、小さいお尻の魅力とは何でしょうか?

4.スタイルがいい

小さいお尻を好む男性の気持ちは、スリムに見えて容姿がかわいいからです。

脚も細くて長いと、全体的にはモデルさんのように素敵に見えるからです。

「プリットしてかわいく見える」「どっしりとした尻よりも、小さめの方がかわいい」と、同性の間からも小さいお尻の方が女性らしくてかわいいと見ているようです。

ミニスカートやヒップラインが見えるパンツも履いて歩けるという願望も強いようです。

引き締まっていて健康的に見える

大きなお尻は、何となく不健康で動作も緩慢な気がします。

扁平尻のように、太ももとお尻とが区別がつかない状態では、大胆なオシャレもできないとネガティブな気持ちになってしまうのです。

それに対して、小さなお尻では、スタイルが良く見えるとかスッキリして感じが良いとかの意見が多いようです。

大きいお尻が嫌な男性の意見では、大きいお尻はたるんでいるように見える、とか小さい方が引き締まっているようで健康的に見えるようです。

ネットでも、ダイエットと同じように、小さくて引き締まったお尻をつくる方法について拡散されています。

彼氏が小さなお尻を希望しているなら、一度チャレンジしてみてください。

5.だらしなくない

年を取ってくると、身体全体の筋肉がやせ細っていき、胸もお尻も垂れてしまいます。

キレイな身体をキープするために、ジムなどで積極的にトレーニングを継続している人もいますが、大半の人は特別に運動やダイエットは行っていないようです。

学生生活を経て社会人になると、仕事も忙しくなってますます自分磨きの時間もなくなります。

そんな時に、ふと自分の後姿を写真などで見た時に、高校生の時と比べて垂れ尻になっていることで愕然とするのです。

学生時代に比べるとはるかに運動不足によりお尻の筋肉も劣化が始まっているのです。

さらに、おやつのお菓子やスイーツを知らず知らずのうちに食べているので、若干の肥満にもなっているのです。

だんだんと大きなお尻に近づいて行くことはだらしなく感じて、早めに気付いた女性はさっそく小さなお尻に近づけようと努力が始まります。

小さなお尻の方が、引き締まって見えるので、だらしなくないと思うからです。

しっかりお肌や体に気を使ってそう

小さなお尻の女性は、太ももにも神経を使っています。

油断して太ももが太くなってくると、お尻と太ももが一体化して境目がわからなくなるからです。

すると、小さな格好いいお尻が目立たなくなるからです。

ウエストは細いのにお尻と太ももが邪魔して、気に入ったパンツが履けなくなったとか履くのに苦労するという経験はありませんか?
お尻から太ももにかけて太くなることを「洋ナシ太り」と言って、このままではお尻が垂れさがって見苦しくなるのです。

この原因は、これまでにも書いたように、骨盤が歪んで傾斜していたり、殿筋の衰えや皮下脂肪・脂肪の塊(セルライト)が発生しているためです。

いずれも、生活習慣と関連しているのです。

スマホをずっといじっていると前かがみになって猫背になります。

座ってばかりいると運動不足で殿筋が老化して筋肉が減少します。

さらに、甘いものや炭水化物系の食べ物が好きな人、冷たいものが好きな人、摂取カロリーが基準を大幅に超えるような食べ過ぎる人などは、余剰のカロリーが皮下脂肪となってお尻や太ももに蓄積されるからです。

お尻を小さいままに維持することは、遺伝的なこともあるでしょうが、良い生活習慣を守って運動を積極的に行っているからです。

人気のモデルさんが、体型や化粧のノリを維持するための対策について、ブログで公開していますので、これを参考にしてみてはいかがでしょうか?結局は、食べ物の種類と摂取カロリーの管理、運動に尽きます。

小さなお尻の人は、しっかりとお肌や身体に気を使ってそうと思われるのです。

6.守ってあげたくなる

お尻の小さな人は、全体的にスリムで華奢なように見えます。

山登りやウオーキングなどで激しい運動を続けると、倒れてしまわないかと心配したくなります。

本人は意外とフルマラソンでも走れる自信はあるようですが、知らない人から見ると体力的にひ弱に見えるからです。

考えてみると、女性のマラソン選手はトレーニングのせいか皆さんスリムで筋肉質の人が多いようです。

大きなお尻で長距離を走っている人はいないようです。

言い換えると、走り込んで殿筋や脚の筋肉を鍛えると、お尻は小さく引き締まってくるとも言えるのです。

お尻を小さくする対策のひとつが、お尻の筋肉を鍛えることです。

また、一部の人気モデルさんは別として、私たちのまわりで見かける尻の小さな女性は、小柄な女性が多いように思います。

後から尻が見えるようなパンツを履いている女性は、天然で愛くるしい女性が目立ちます。

つい守ってあげたくなるのです。

性的な印象が少なくてかわいい

小柄でスリムでお尻の小さい女性は、なんとなく幼く見えます。

大人の魅力に溢れる色気はあまり発散していないようです。

顔の化粧も割りに薄目で、ナチュラルな化粧をしています。

同年代の男性性から見ると、まだまだ遊び友達の域を出なくて、大人の女性とは認識しないようです。

性的な印象が少なくてかわいいのです。

お尻に魅力がなくなる理由は?

最近の若い男性は、お尻に魅力を感じなくなっているようです。

母親の、たくましくて色気のあるお尻を見て育つことが少なくなって来たからです。

最近の風潮では、外出すると電車の吊革を持てないとか、公衆トイレの便座に直接座れないとか、家に帰ると除菌専用の洗剤で手を洗いまくるとか、潔癖症の人が増えてきています。

バイ菌に対する無意識の拒絶反応です。

しかし、自分の身を守ってくれる菌まで殺してしまうために、免疫力が弱ってかえって病気になることもあるのです。

このように、汚いと思う気持ちが強いため、排泄する場所であるお尻に対して、拒否反応が起こるのです。

お尻とは身体で汚い部位だと思い込んでしまうのです。

しかし、実際は健康に長生きするためと、大人になって性生活を楽しむため、さらには丈夫で賢い子供を産むためには、お尻はたいへん重要な部位なのです。

その証拠に、大人の男性にとっては、丸く盛り上がった魅力的なお尻に惹かれて再婚したリ愛人にしたりする人が多いのです。

お尻に魅力を感じないのは、胸が小さくてぺチャンコの女性に魅力を感じないように、お尻もペタンコで丸く盛り上がっていないためかも知れません。

では、若い人が魅力を感じない形の悪いお尻、例えば扁平尻や垂れ尻などを修正するための方法について考えてみましょう。

骨盤の歪み

お尻が扁平になっているのは、骨盤の歪みが原因なのかも知れません。

正常な骨盤の傾きの程度に対して、前に傾いている状態(反り腰)と後に傾いている状態(骨盤後傾)があります。

骨盤が後に傾いている骨盤後傾が、扁平尻の大きな原因と考えられています。

この骨盤後傾を改善するためには、骨盤を正常な位置に留める腸腰筋と殿筋を鍛えることが大切です。

腸腰筋とは股関節の働きを助ける筋肉で、殿筋とはお尻にある筋肉です。

これらの筋肉を鍛えることで、ヒップアップに繋がり扁平尻が改善されるとともに、下腹やウエストの引き締めにも効果があるようで、下半身の魅力的な曲線を描いた身体に近づくのです。

筋肉の低下

お尻の筋肉は、大きくは3種類に分かれます。

大殿筋・中殿筋・小殿筋です。

それ以外にも、お尻の深層にあるインナーマッスルまで考えると、まだ多くの筋肉が存在します。

大殿筋はお尻の代表的な筋肉で、人体の中でも単一の筋肉としては最大なのです。

お尻の山に当たる筋肉です。

中殿筋はお尻の側面の上部にある筋肉です。

大殿筋の上部に重なって見えます。

それぞれの筋肉は、歩いたり走ったりするときに、片足で体重を支えて脚の安定化を助ける働きがあるのです。

キレイなお尻を目指すなら、これらの筋肉の鍛錬は欠かせません。

小殿筋は中殿筋の奥に位置する筋肉です。

小さな筋肉ですが、股関節の外転に関与する筋肉です。

これらの筋肉の中でも、大殿筋と中殿筋は外から見える筋肉なので、魅力的なお尻をつくるためには不可欠で、この筋肉が大きく低下すると扁平尻や垂れ尻に繋がります。

脂肪の増加

の上半身は痩せているけど、下半身が太っていてお尻と太ももに脂肪がたっぷり溜まっている、と嘆いている女性も多いと思います。

食事制限しても上半身は直ぐに痩せるが下半身はぜんぜん痩せないとイライラする人も。

とにかく、お尻や下半身は痩せにくいのです。

お尻にはもうひとつ厄介なことが起こるのです。

それはお尻にはセルライトができやすいのです。

お尻にできるセルライトは、リンパが詰まってしまうことで皮下脂肪に老廃物が絡まってできるのです。

このセルライトを放置しておくと、ドンドン増加していき、結局ぶよぶよのお尻になってしまいます。

見た目も汚くて、しかも無駄なお肉のように見えます。

余分な脂肪はできるだけ摂取しないことと、脂肪の塊ができないようにリンパの流れを良くして身体を冷やさないことが大切です。

魅力的なお尻を作るには?

男性にとって魅力的なお尻にするには、少しの努力が必要です。

誰でも直ぐにチャレンジできます。

お尻を痩せさせて女性らしい美尻に近づけましょう。

マッサージでセルライトのケア

セルライトは脂肪細胞が肥大化したものです。

お尻や太ももにできることが多いようです。

運動不足、過度なダイエットの反動、冷たいものが好き、お風呂に入らずシャワーで済ますような生活の人はセルライトができやすいのです。

お風呂で温めておいてセルライトをツボ押しして、リンパマッサージを行います。

リンパマッサージのためのローラーも販売されているようです。

スクワットをする

お尻の筋トレは、なんと言ってもスクワットです。

身軽な服装で、すぐにでもできるのです。

筋トレ自体は少しきついですが、効果は抜群なのです。

1日の目標回数はまずは50回です。

初めはきついので、10回でも構いません。

時間がある時にスクワットを何回かに分けて50回行えば良いのです。

大事なことはしっかりと膝を曲げることです。

ヨガをする

ヨガでもお尻を鍛えてヒップアップ効果が得られます。

美尻になるヨガは、橋のポーズ(仰向けに寝て腰を上に浮かせる)、英雄のポーズ(両手を水平に広げて股を前後に大きく広げて屈伸するポーズ)、ねじりのポーズ(床に座って膝を抱えてウエストをねじる)、下を向いた犬のポーズ(うつむきで両手を前の方についてお尻を持ち上げる)などの定番のポーズがあります。

お尻歩きをする

「お尻歩き」というエクササイズがあります。

床に座った状態で、足踏みをするようにお尻を左右交互に動かして前進する運動です。

下半身ダイエットとして人気ですが、1日5分の運動でお尻の筋肉を鍛えて下半身が確実に痩せます。

【お尻歩きのやり方は、こちらの記事もチェック!】

立ち方や歩き方を変える

普段の生活の中でも、工夫をすることで殿筋を鍛えることができます。

電車やバスで通勤や通学をしている人は、かかとを上げて立つのです。

揺れても頑張って立っていると、お尻や脚の筋肉が鍛えられるのです。

エスカレーターをなるべく使わずに、階段は足で昇り降りです。

歩く時も、いつもより歩幅を広げて歩いたり、椅子に座っても床に脚を着かないようにしてお尻を鍛えます。

正しい姿勢を意識する

仕事中でも食事中でも、正しい姿勢で座るだけでもお尻が引き締まります。

基本は、椅子に深く座り背筋を伸ばして垂直に座るのです。

理想は、膝の角度が90度です。

正しい座り方では、骨盤がキュッと締まりお尻の形が丸くキレイになります。

最後に

女性のお尻は、大人の男性にとっては魅力的な部位なのです。

丸くて健康的なお尻は、男性の本能をくすぐります。

しかし、お尻は骨盤を保護して妊娠や出産のためにも大事な部位なのです。

お尻の形が悪いと、骨盤が歪んでいたり筋肉が弱まっていたりと、実は生活においても悪影響を及ぼすのです。

形の良い魅力的なお尻を目標にチャレンジしてみてください。

内股が癖づいている女性は垂れる傾向にあるので注意!

内股歩きの人は、骨盤の歪みや膝関節の歪みが原因であることが多いので、股関節のねじれ矯正ストレッチなどで筋肉の修正が必要です。

骨盤の歪みで垂れ尻が起こりますので、早めに修正が必要です。