「彼氏にするなら優しい男性がいい!」

世の中の女性たちはみんなそう言うくせに、いざ優しすぎる彼氏を持つと、不満も出てくるのが現実。

あまりにもめんどくさくて、わがままだと思うかもしれませんが、優ししぎる男性には裏があるのでないか、と疑ってしまうのが女なのです。

では、いつも優しくしてくれる彼氏の本当の気持ちって?どうして、そんなに優しくするの?

女性たちが感じてしまう不安と、男性の本心を探ってみましょう♪

優しい彼氏は理想!だけど

女性たちに「どんな彼氏が理想ですか?」そう聞くと、必ずあがるのが「優しい人」という答えです。

自分に優しく接してくれる、ということは理想の彼氏に求める絶対条件のようなものなのです。

女性たちにとって、優しい男性というのは、自分を受け止めてくれて、ちょっと甘えさせてくれるような懐の大きな男性のことです。

女性は特別扱いされるのが好きなので、大好きな彼氏が自分のちょっとしたわがままを聞いてくれたり、自分と優先して大切にしてくれるのを喜びます。

でもだからと言って、あまりにも優しい彼氏を持つと、不安を感じてしまうというも事実なのです。

優しすぎると不安になることも

優しい彼氏を持つと、最初はうれしいし、ちょっといい気分になります。

でも、あまりにもいつも自分を優先してくれたり、どんなことも嫌な顔をせずに受け入れてくれちゃったりなんかすると、うれしい反面「どうしてそんなことできるの?」と思ってしまうのですね。

なんでも自分の言うことを聞いてくれる人だと、なんだか物足りなく感じたり、ただただつまらない存在にまでなってしまうこともあるのです。

「優しさを求めるくせに、そんなのって自分勝手だ!」と思うかもしれませんが、女性だって彼氏が自分に頼ってくれたり、自分を信じてくれていることを望みます。

でも、いつもいつも自分の意見なども言わず、そしてこちらにばかり合わせてくれるような優しすぎる男性だと、「本当に自分に心を開いているのかな?」「信用されているのかな?」と不安に感じることもあるのです。

彼氏が優しすぎると不安になる理由

①距離感を感じる

彼氏が本音を言ってくれない、と思うと心の距離感を感じてしまいます。

だから、常に彼女に合わせていたり、なんでも言うことを聞いてくれる男性には、女性もある一定の距離にしか近づけないのです。

実際、友達関係でも本音を言えない間では、本当の友達にはなれません。

どこかいつも遠慮していたり、相手の様子をうかがって自分の気持ちを偽ってでも相手に合わせようとしているようでは、心を開いているとは言えないのではないでしょうか?

それで、優しすぎる男性と付き合っていると、不安になったりいつまでも二人の間に距離感があるように感じるのです。

②シンドさを感じる

優しすぎる男性というのは大概、相手に合わせようとします。

つまり、「彼女の好きなようにさせてあげよう」と思って、なんでも彼女に決定権を譲ったり、選ばせてあげるのです。

最初は彼女も、「なんて優しいのかしら」と思っているかもしれませんが、そのうち、「全部こちらが決めなければいけないなんてシンドイ!」なんて感じちゃったりもします。

彼氏は彼女の笑顔が見たいだけ、ということもありますが、優しすぎて自分の意見や都合を言わない彼氏を持つと、女性は自分でなんでも主導権を持たなくてはいけなくなったりして、疲れちゃうこともあるのですね。

さらに、彼氏の優しさが重たくなったりすることも。

自分はそんなに彼氏にやさしくできていないのに、彼のほうがいつも自分を第一にしてくれる、そんな状況が、重たく感じてきて、一緒にいることが負担になったりもするのです。

でも彼氏が優しくしすぎるにはこんな理由が!

優しいだけが男の魅力じゃない、と言いますが、確かに優しいだけとか優ししぎる男性というのは、実際には女性を不安にさせたり、シンドくさせたりもしてしまうのですね。

では、優しすぎる彼氏というのは、どうしてそんなにいつも彼女に優しいのでしょうか?

そこには、「彼女が大好き」という理由だけでなく、彼氏の中にあるいろいろな不安や性格が関係しているようですよ!

彼氏が優しすぎる13個の理由

1.単純に彼女のことが大好き!

優しすぎる彼氏の多くは、「彼女のことが大好きで、彼女の笑顔をいつも見ていたい」という理由で、いつも優しく接しているのです。

自分とのデートでは、彼女の行きたいところに行きたいし、食べたいものを食べたいし、彼女が喜ぶことならなんでもしてあげたい、というのが彼らの気持ちなのです。

そんな男性は、尽くすタイプなので、自分が彼女のためにできることやしてあげられたことが多いほど、自分の喜びになるのです。

2.優しくすることが生き甲斐

だから、彼女が好きなことをしているのが自分の喜びだし、彼女の要望に応えることが自分の生きがいなんですね。

尽くすタイプの人は、自分のことを主張するのがあまり得意ではありませんが、その分相手に合わせるのが大得意だったりします。

そして、相手がどうしたら喜ぶかなということを常に考えているので、自分が何か提案してそれが彼女の本当のしたいことや食べたいこと出なかった時の負担のほうが大きいんです。

それだったら、自分の好きなことをするよりも、彼女の好きなことに合わせたほうがラクなのです。

3.気を使う性格

彼氏が他人にとても気を遣う性格なら、なおのこと彼女であるあなたになんでも合わせる傾向があるでしょう。

人に気を遣うタイプというのは、どうしても他人の表情や言葉などから気持ちを察することが習慣になっています。

そして、相手が少しでも楽しくなさそう、とか、もっとこうしてほしそう、というようなことまで気づいてしまって、それに合わせてしまうのです。

だから、周りの人からするとその人は、かなり気の利く人で一緒にいて心地良い人と感じることが多いでしょう。

でも、彼女としては、彼氏がいつまでも本心を明かさないような態度で、自分にも気を遣ってばかりの態度では、そのうちさみしさも感じたりもします。

自分を本当に信頼してくれているのか、不安になりますね。

4.相手のことを考えすぎる

気を遣いすぎる人というのは、相手のことをいつも考えています。

「相手は自分にどうしてほしいのかな?」ということがいつも頭にあるので、自分の素直なその時の気持ちや気分よりも、周りの環境や状況に合わせて自分を変えてしまうのです。

その相手の気持ちや雰囲気を察知して、それに合わせるというのは、その男性の素晴らしい良いところなのですが、時には「自分の意見がない」とか、「いつも周りに合わせてばかり」というようなマイナスになってしまうこともあります。

相手に合わせすぎて、自分の意見を言わないということは時に、相手を信頼していない、という風に感じさせてしまうことがあるのですね。

5.彼女に嫌われないか心配している

彼女にいつでも、どんなときにも優しくするのは、彼女に嫌われたくない、という不安感からきているのかもしれません。

大好きな彼女を怒らせたくない、自分と一緒にいてつまらないと感じられたくない、だからとにかく喜ばせたい、という気持ちから、なんでも彼女のいうことを聞いてあげたり、自分の意見を言わないのかもしれません。

だから、もしちょっとした喧嘩になりそうな時にも、彼は自分の意見や言い分を言わないまま、とにかく謝ってくる、ということもあるのです。

喧嘩になって自分が何か言ってしまって彼女に嫌われたり、別れると言われたりしたらどうしよう・・・という心配から、何も言わないということもあるのですね。

6.振られることがたまらなく怖い

そうゆう彼氏は、あなたから振られる要素というものを断固として作らないようにしているのでしょう。

振られるということがたまらなく怖いのです。

だから、何もかも彼女の言う通りにして、何かのトラブルが起こるのを避けようとしたりします。

でもそれが結局、相手との距離が縮まらない原因になったりすることもあるんです。

人間関係は、難しい状況になったときにそれを一緒に乗り越えた時にこそ強まったりします。

だから、一切何も二人の間に緊張やトラブルが起きないということはいいことですが、一定の絆にしかならないかもしれません。

でも、彼女に振られることをとても恐れている男性は、そんな恋の試練となるようなことは絶対に避けたいと思っているのです。

それだけ、彼女が自分から離れてしまうことを恐れているのですね。

7.彼女がとても優しい

彼氏が優しすぎる理由は、もしかしたら彼女がとっても優しい人だからなのかもしれません。

人は一緒にいる人の影響をとても受けますよね。

大好きな人と一緒にいると、その人の性格とか反応とか、態度とか、いろいろなことが似てきたりします。

だから、ずっと一緒に愛し合ってきた夫婦なんかは、表情だって似てきたりするものです。

それで、彼女がいつもやさしくて、思いやりがある人なら、彼氏はそんな彼女にいつも接していることで自然と自分も優しくなれたりしているのかもしれません。

そして、人は安心している人の前だと優しくなれたりするものです。

彼女と一緒にいると心が穏やかになって、人にやさしくなれたりするのかもしれません。

良い連鎖反応が起こっている

人から優しくされると、今度は自分も受けたその優しさを人にも示してあげられたりしますよね。

逆に、人に優しくされないで、いつも批判的だったり攻撃的な環境にいると、周りの人にもそのような態度をとってしまうことがあります。

それで、優しい彼女と一緒にいることで、彼氏も「自分もこうやって人に接していたい」というように
思って、良い連鎖反応が起きているのかもしれません。

だから、彼氏が優しすぎる理由は、優しい彼女であるあなたの影響を受けているということなのかもしれませんよ。

8.優柔不断な性格

優ししぎると思える人の中には、ただ単に自分の意見を言うのが苦手な人もいます。

つまり、優柔不断で「なんでもいい」というのがラクという性格の持ち主です。

何か、自分で考えたり、判断したり、決定したりするのが苦手な男性の中には、彼女から何かの提案があった時にはいつも「いいよ」「そうしよう」という肯定の答えをするでしょう。

それは一見、彼女の好みを優先したいからそうしてくれている、と思えるかもしれませんが、本当はただ単に考えるのがめんどくさい、というだけのことだったりします。

9.自己主張が苦手な人

さらに、自己主張するのが苦手な人は、急に自分の意見を求められてもそれを言うことができないので、それで「なんでもいいよ」とか、あなたの意見にすぐに「いいよ」というのかもしれません。

家庭環境で自分はいつも下で自分の意見を言ったりすることができなかったり、自分の気持ちをうまく言葉にするのが苦手な人は特に、意見を言うのが苦手でしょう。

そんな時には、こちらから選択肢をいくつか用意して聞いてあげることもできます。

「~~と~~だったら、どっちが好き?」というような、答えやすいような質問にして意見を聞いてあげるのです。

もし、気持ちや考えが知りたい時には「私は~~と感じるんだけど、あなたもそう感じる?それとも~~って感じる?」というような、答えやすいような状況を作ってあげるのです。

そして、答えを焦らないことです。

リラックスした雰囲気の中でゆっくりと相手の気持ちを聞き出してあげる姿勢が必要です。

そうすることで、自己主張が苦手な彼氏も自分の意見を言いやすいかもしれませんね。

10.2人の関係に責任を持っていない

じつは、二人の関係をどうでもいいことと考えているので、「どっちでもいい」とか「なんでもいい」というようなことしか言わないのかもしれません。

これは、優しさとは違いますが、一見優しい人に見えるかもしれません。

でも、ここで優しすぎることがあって、全く自分の意見を言わないし、自分から何かリードしていくこともないし、常に受け身、という態度であれば、彼女としても「本当に私たちのこと真剣に考えているの!?」と不安になったり、いら立つこともあるでしょう。

11.自分の考えを持っていない

二人の関係について、本当に真剣に考えていたり、大切に思っているのなら、二人の問題が出てきたときには一緒に考えて、そして相手の意見や気持ちを尊重し合う気持ちや態勢が見えることでしょう。

でも、何かトラブルになりそうなことが起こっても、彼女の言い分を気持ち半分に聞いて「わかった、わかった」と適当に返しているようで、良くも悪くも反応が感じられない時には、もしかしたら彼氏は自分の考えなどもともと持っていないのかもしれません。

どうでもいいことなので、深くちゃんと考えてもいないし、どうなってもいいと思っているのであれば、自分にそんなに害にならないことであれば、何でも相手に合わせることもできちゃうのですね。

12.後ろめたいことがある

何か彼女には言えない隠し事などがあるときに、いつもより優しくなっちゃうのが男性です。

だから、いつもより優しすぎて「ん?今日はどうしたのかな?」と感じる時には、ちょっと注意。

本当に、あなたのことが大好きで大切に感じていて、優しいのkもしれませんが、もしかして何か後ろめたいことがあるから、その申し訳ない気持ちが優しすぎる行動に現れている可能性もなくはありませんね。

浮気や借金しているかも

例えば、認めたくないけど浮気をしているということもあるかも。

その罪悪感からいつも以上に彼女に優しくなっちゃっているのかもしれません。

さらに、どこかで多額の借金をしていたり、彼女には言えない趣味を持っていたり・・・。

何を隠しているのかはわかりませんが、もしあなたが「どうして今日こんなに優しいの?」と直球で聞いてみて、なんだか焦ってドギマギとしていたり、冷や汗が出ているようだったら、もしかしたら何か後ろめたいことでもあるのかもしれません。

13.本気で彼女を愛していない

もし、本気の恋をしているのなら、二人の間にはトラブルがあってもそれを乗り越えようとお互いが努力するはずです。

でも、そんなトラブルなんてごめんだ、とりあえず今は適当にうまくやっていければそれでいい、というようなスタンスでつきあっているのなら、こちらがどんなことを言ったってお願いしたって、上手に付き合ってくれようとするかもしれません。

彼氏はまったく自分に逆らうこともなければ、でも同時に何も求めても来ない、ということがあるならこれは本当に真剣に二人の関係を考え向き合っているのかと疑問になりますね。

受け身に徹し傷つきたくない

さらに、ただただ自分が傷つきたくないし、悪者になりたくないがために、常に彼女に合わせていたり、何かトラブルになってもスムーズに別れることができるように優しくしているだけ、という人もいるようです。

その場合、彼氏は常に受け身で自分から何かを仕掛けたり、発信することはありません。

ただ、自分を守りつつ彼女と付き合っているわけなので、本気の恋の荒波には乗りたくないのかもしれません。

でも、彼氏は優しくしすぎることでストレスを無意識に溜め込んでいるかも

相手に気を遣っている人というのは、無意識にストレスを溜める傾向にもあります。

相手に合わせるのが習慣になっていたり、自分の中の普通になっているのかもしれませんが、それでもそれにストレスを一切感じない、ということはないはずです。

時には、ちょっと無理をして相手に合わせていたり、自分の気持ちを押し殺しているときもあるかもしれません。

そうゆうことが続くと、自分の中でストレスが徐々に溜まって、気づいた時にはもう何もかも嫌になっている、ということもあり、それが急に爆発することもあるのです。

彼女としては、相手にストレスを与えたいとは思っていないはずなので、彼氏が本当は無理をして自分に合わせてくれていて、後でそのストレスが爆発する、なんてことは望んでいませんね。

だとしても、気を遣いすぎる人はやはり、相手を優先してしまったり、自分を押し殺してしまうという癖があるようですね。

自分の彼氏は本当に優しいの?

では、自分の彼氏は本当の優しさを持った人なのでしょうか?
それともただの優しい人のふりをした自己中心的な人なのでしょうか?
本当に優しい彼氏の見分け方とは??

裏がない優しさの特徴

優しすぎる彼氏を持つと、その優しさには裏があるのではないか?と疑ってしまいますよね。

本当は疑いたくないし、心からの優しさだと受け止めたいけど、何か別の理由があって優しくしているだけだったら、と思うと怖くなったりもします。

では、裏のない優しさの特徴ってどんなものなのでしょうか??

どんな人に対しても優しい

あなたの彼氏は、どんな人に対しても優しいですか?
あなたといる時には優しいけど、ふと別の人と接している彼を見ていると、そうでもない。

ということもありますよね。

彼女として特別扱いされるのはうれしいですが、今彼氏があなたに演じているような優しさを見せているのであれば、それには何らかの理由があるはずです。

それが、あなたに好かれたい、嫌われたくない、という好意の気持ちからの努力であればいいのですが、もしあなたを利用するための優しさだったら要注意ですね。

でも、逆に誰にでも親切で優しい接し方をしている人なのであれば、彼があなたに優しすぎるのは、あなたが特別だからでしょう。

その人が友達や家族など周りの人に接する態度というのは、いずれ付き合いが長くなった時のあなたにも接する態度になってくるでしょうから、もし、どんな人にも優しく接することのできる男性とお付き合いできているなら、あなたにもずっと優しい存在でいてくれる可能性が高いですね。

厳しいことも言ってくれる

でも、いつもどんなときにもあなたことを肯定するのではなく、ちゃんと間違っているときにはそれを教えてくれたり気づかせてくれる存在なら、信頼できる人といえるでしょう。

なんでも、「そうだね」というようにYESマンになっている人というのは、本音を言っているとは限りません。

でも、時には厳しいことも言ってくれるし、アドバイスもしてくれる、でも本当に優しいの!というような彼氏であれば、あなたとちゃんと向き合ってくれている人といえるでしょう。

あなたを思うがゆえに、ちゃんと叱ってくれたり、厳しいことも言ってくれる人のほうが、いつも「YES」しか言わない人よりも信頼できます。

「あなたのために」は偽りの優しさの場合も

彼があまりにも優しすぎて不安になったあなたが彼に、「どうして意見を言わないの?」などと聞いたときに、「君のためなのに!」というように、あなたに責任をなすりつけようとする人は、ちょっと注意が必要です。

「あなたのために~~している」という発言は、もしかしたら自分を守るためにつく、逃げ道なのかもしえしれません。

彼女としては、「君のために・・・」と言われたら、もう何も言えなくなってしまうかもしれません。

でも、本当にあなたのことを思いやっていて大切にしている優しい人なら、自分の行動があなたを不安にさせていることに、しっかりと向き合ってくれることでしょう。

だから、「あなたのために自分はこうしている」というような文句で、自分を正当化して、全く彼女の気持ちを受け止めようとしない男性は、本当は優しくはないのかもしれませんね。

どうしても不安で辛いと感じたら

「彼氏が優しくて辛い」なんて、周りからは贅沢な悩みだといわれるかもしれませんが、それでもやっぱり、不安になったり、彼の本心がわからなくなってどうしようもなくなったりすることがあります。

それで、二人の関係が前に進めない、ということもあるでしょう。

では、彼氏が優しすぎる、ということでどうしても不安が感じられ、どうしても辛いというときにはどうしたらいいのでしょうか?

気持ちを正直に伝える

彼は彼女が喜ぶと思って、優しく接していることでしょう。

でも、その自分の行動が彼女を不安にさせていることや負担に思わせていることなんて気づいていないかもしれません。

だから、そのことを正直に話してみるのもいいでしょう。

その時には、彼の優しさに感謝しつつ、それでも自分の感じる不安などを正直に話しましょう。

彼は思ってもみないあなたの気持ちにびっくりするかもしれません。

でも決して、彼を否定したり批判したりするような口調で言わないようにしましょう。

そうすると、誠実に今まで頑張ってあなたに尽くしてきた彼を傷つけることになるかもしれないからです。

あなたが彼の優ししぎる言動で辛い、ということが分って彼も楽になるかもしれません。

彼はちょっと無理をしてでもあなたに全面的に合わせていた、ということもあり得るので、今度からはもっと自然体になれるかもしれませんよ。

気持ちって話さないと相手に伝わらないことがありますから、彼氏にちゃんと直接話してみるのは、今後もっとお互いを尊重し、理解し合うのに助けになるでしょう。

優しくされたことをそのまま返す

彼が自分に優しすぎると思ったら、それをそのまま彼にもしてみるのも一つの手です。

つまり、その優しさをそのままそっくり返すのです。

そうすることで、彼は自分がしていることが相手を困らせていたり、逆に負担になっていた、ということに気づくかもしれません。

そして、優しさの示し方をちょっと変えてくれたり、もっとリードしてくれたりするようになるかもしえません。

優しさのタイプを理解する

自分にとって、彼の言動が優しすぎると思うことも、実は彼に取ったら当たり前のことなのかもしれません。

つまり、優しさの示し方があなたと彼との間では大きく違っているので、そこであなたの疑念や不安が浮かんでくるだけ、ということもあります。

なので、彼がどんな価値観のもとあなたにそれだけ優しく接するのか、ということを理解するように努めてみるのはどうでしょうか?
彼のやさしさのタイプを知ることで、もっとその優しさを好意的に受け止められるようになったり、逆に自分にはないその考え方と優しさを尊敬できるようにもなるかもしれませんよ。

優しすぎる彼氏と上手く付き合う方法

「優しすぎてつまらない、というか逆に辛い!」
彼の優しさがあなたの負担になっていたり、イライラの原因になっているということがあります。

そんな時にはどうしたらいいのでしょうか?
優ししぎる彼氏と上手に付き合っていくために、できることとはどんなことなのでしょうか??

本音を聞き出す

もし、彼氏がいつも自分を肯定することしか言わない、とか意見を言ってくれなくて辛いと感じているのであれば、こちらで彼の本音を聞き出す方法を考えましょう。

彼が本音を言ってくれないのは、もしかしたらあなたに嫌われたくない、とか、自己主張が苦手なためかもしれません。

そんな彼には、「彼の意見を知りたい!」というあなたの誠実な気持ちを伝えましょう。

そして、彼が自分の意見を言いやすいような質問の仕方や、話の聞き方をするのです。

彼が少しでも自分の本音らしきものを語りだしたら、絶対に否定したりすることなく最後まで聞きましょう。

彼は意見を言うのに慣れていなくて、上手に伝えられなかったり、本音を言うまでに時間がかかったりするかもしれませんが、ゆっくりと辛抱強く聞く態勢でいましょう。

相手の考えが見えないストレスから解放される

彼の本音を引き出せるようになると、きっとあなたは安心することができるでしょう。

本心が見えないストレスから解放されるのです。

お互いに意見が違ったとしても本音で話し合えるほうが、信頼関係が深まります。

そして、相手のことをもっとよく知ることができるし、考えも理解できるようになるので、お互いの距離はもっと縮まり、絆も深くなりますね。

彼氏の優しさをセーブする

彼が自分に尽くしすぎてくれて、負担になると思うのであれば、彼の優しさを少しセーブしてみましょう。

なんでも合わせてくれる彼氏なら、「この前は私の好きなところに行ったから、今日はあなたの好きなところに行きたいの!」と言って、彼に主導権を握らせたりすることもできます。

そのように、自分の意志で彼に主導権を譲っている、ということをアピールして、彼にもしっかりと主張してもらえるような環境を自分で作りましょう。

変な気負いもなくバランスが取れる

そうすれば、自分と彼はお互いにバランスのとれたギブ&テイクの関係になれて、気負いも少なくなるかもしれません。

対等の関係になれれば、もっとお互いに本音を言いやすい関係になれるし、「優しくしてくれる彼に不満なんて言えない!」というモヤモヤ感も少なくなるでしょう。

自信を持たせる

彼はあなたから嫌われたくない一心でいつも文句の一つも言わないのかもしれません。

そんな関係が嫌なら、彼にあなたの「大好き」という気持ちを確信させてあげることがいいでしょう。

時にはちゃんと言葉にして「大好きだよ」「ずっと一緒にいたい」という思いを伝えたり、彼のいいところや尊敬しているところを伝えて褒めることができます。

男性は好きな人から褒められることで、かなりの自信を持つことができます。

だから、彼女からの褒められたり認められることで、もっと強くなったり、力を発揮できた利するのです。

自信をもってもらい、あなたにちゃんと受け入れてもらっていることを分かってもらいましょう。

彼の提案は明るく受け入れる

彼に自信を持ってもらう方法として、彼の提案を明るく受け入れることもできます。

彼はデートの時も、あなたが楽しくないとか、つまらないとか思ったらどうしようという不安を持ちながら何かの提案をするかもしれません。

そんな時に、あなたが「え~なんでそんなところに行かなきゃいけないの!?」というような不満を正直にぶつけてしまうと、もっと自信を無くし、次には全く提案できなくなってしまうかもしれないのです。

だから、彼の提案などをしっかりと受け止め、もしかしてあまり乗り気でなくても、明るくできる限り楽しむ努力をしてみるのもいいでしょう。

そして、彼の考えてくれた努力などに対して十分に「ありがとう!」という喜びを表現するなら、彼もちょっとづつ自信を持つことができるでしょう。