雑魚という言葉を知っていますか?
雑な魚と書いて「ざこ」と呼びます。

きちんとした意味は知らないという人も、あまり良い意味の言葉でないことはわかるのではないでしょうか。

雑魚とは人に使われることもありますが、実際に存在している魚でもあるのです。

これらにはどのような関係があるのでしょうか。

今回は雑魚という言葉についてを徹底解析していきます。

気になった人はぜひ最後までチェックしてみてください。

雑魚の意味とは?

まずは雑魚という言葉の本来の意味から知りましょう。

雑魚という言葉を聞くのは、なんだかアニメの中やゲームの中の方が多い気がしますよね。

そもそも雑魚という種類の魚をスーパーで見たこともないですし、雑魚料理なんて魚料理もありません。

じゃあ雑魚って何なの?どんな魚のことを言うの?本当にそんな魚存在するの?
そんなところから雑魚を調べていきたいと思います。

色々な種類の混じった小魚

雑魚とは魚の種類ではないのです。

釣りをしたことのある人や漁師さんなら使ったことがあるでしょう。

網を引き上げた時に、色々な種類の小魚が混じっている時に「雑魚だ・・」なんて網を見てつぶやくのです。

価値の薄い魚たちが数種類網の中で泳いでいると、〇〇魚とそれぞれに言うのではなく、まとめて雑魚となるわけです。

この場合、釣り人や漁師さんは決して笑顔で言うことではないでしょう。

雑魚が釣れてしまった・・とガッカリした表情になることでしょう。

大物に比べ価値のない小物魚

「マグロが釣れたぞー!」
「タイが釣れたぞー!」
大物を釣り上げると、その価値に喜ぶ人は多いでしょう。

価値のある魚は、それぞれにマグロやタイといった名称がありますね。

しかし価値のない小さな魚が釣れても、その名称を呼ばれることは少ないでしょう。

小物魚はまとめて「雑魚」です。

「雑魚しか釣れなかった」とどんな魚であっても、小物魚たちのことを総称して雑魚と名付けているのです。

雑魚を釣っても価値がないので、そのまま海にリバースしてしまう人もいるでしょう。

雑魚の由来とは?

雑魚って不思議な言葉ですよね。

そもそも「魚」という漢字を「こ」という読み方をすることが珍しいです。

「ざつぎょ」ではなく「ざこ」という読み方をするのは、読みにくいです。

では雑魚とはどのようにしてできた言葉なのでしょうか。

そこにはどんな由来があるのでしょうか。

雑魚という言葉の由来について紐解いていきましょう。

元々は雑喉

実は雑魚という言葉は後から当てはめられてできた言葉です。

元々は雑喉と書いてざっこうと読む言葉が存在していました。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、小魚を市場としているところを雑喉場(ざこば)というのもこのことです。

音変化した

雑喉という読み方が音変化して、雑魚となりました。

音変化をするにあたり「ざこ」の「こ」という漢字には、その意味から「魚」という文字が使われました。

つまりはこれは当て字ということですね。

魚という漢字に「こ」という読み方はありません。

しかし雑喉からの当て字であるならば納得できます。

雑=色々混じっていること

雑喉の雑という字は、色々なものが混じっていることを表しています。

他にも区別しにくいもの。

おおまかで、いいかげんなさま。

ていねいでないさま。

というのも雑の意味です。

お正月で食べるお雑煮にも「雑」という文字が使われています。

これもお雑煮は様々な具材を混ぜた食べ物を煮て作ることから、このような名称となったのではないでしょうか。

他にも雑然、複雑などと色んなものが絡み合っていることにも雑という字が使われています。

喉=魚のこと

雑喉の喉という字は、女房詞で魚のことを意味しています。

この女房詞というのは、室町時代の初期に御所に仕える女房たちによって使用されていた隠語のようなものです。

上品な言葉を使うことを必要とされた女性たちが、魚のことを喉としていたのです。

魚を数える時にも用いられる

魚を数える時にどんな単位を使いますか?

普通は魚は一匹二匹・・と数えますよね。

もしくは一尾二尾と数える場合もあるでしょう。

実は現在は少ないのですが一喉二喉と、喉という文字は魚を数える単位として用いられることもあるのです。

雑喉場=魚市場

雑喉場は、小魚などの雑魚をはじめとする大衆魚を扱う魚市場のことをいいます。

もとは大阪市にある大阪最大の魚市場のことを指している言葉でしたが、今では魚市場全体のことを雑喉場と呼ぶようになりました。

じゃこって何?

「ざこ」ではなく「じゃこ」と呼ばれるものもありますが、これは何を意味するものなのでしょう。

じゃこも漢字に変換すると雑魚となり、同じ意味なのか違うものなのかと迷いますよね。

このじゃこというのは、煮干しの別名です。

よく使われるのは「ちりめんじゃこ」で、シラスを干したものです。

じゃあシラスという名称の魚が雑魚なのかな?と思いますが、シラス自体がウナギやアユやニシンなどの総称なので、得に種類が特定されているわけではないのです。

ざこという言葉が訛り、じゃこと言われるようになったようです。

つまりはざこもじゃこもほとんど同じ意味ですが、魚そのものなのか加工されたものなのか・・というところで呼び分けるのですね。

ちなみに・・ちりめんじゃこの「ちりめん」とは、表面にしわのようなものがついたことをいいます。

小さな魚を煮て広げて干した姿が、ちりめんを広げたように見えることから、ちりめんじゃこと言われるようになりました。

雑魚の他の意味

雑魚という言葉は商品価値もなく、小魚であることを指します。

この言葉は転じて、魚以外にも使われることが多いです。

では雑魚には、他にどんな意味があり、どんな使われ方をするのでしょうか。

ここからは雑魚の魚を指す意味以外のものを紹介していきます。

人に対して使われる

雑魚って実は人に対して多く使われます。

ここまで雑魚の意味を見てみると、人に対して「雑魚」ということは決して良い言葉でないというのは、おわりいただけるかと思います。

では、どのような人に対して雑魚という言い方をするのでしょうか。

またそこにはどんな意味があるのでしょうか。

価値のない人

釣りをしていて雑魚が釣れても、人は喜びません。

それはその魚に価値がないからです。

「こんな魚になんの価値もない。

ガッカリだ。

」と思ってしまいます。


A この大きな案件は誰に任せようか。これは大切な仕事だ。
B そうですね。たまには新人に任せてみるのはどうでしょう。
A そうだな。〇〇なんてどうだろう。
B あーいいかもしれませんね。
C ダメです。