最近の医学の進歩はすさまじいものがあります。

昔は不治の病として考えられてきたような事も今では当たり前の様に治す事が出来ます。

新しい治療方が次々と開発されており、私たちの生活環境もとても素晴らしい物になりつつあります。

その為、寿命が年々長くなっている傾向にあります。

その為、昔は60歳と言えば定年を迎える年齢であり『老後』と考えられて居ました。

しかしながら、今の60代は皆さんとても元気に過ごしています。

老後なんてとんでもない。

第二の人生を楽しんでいる人ばかりでしょう。

その為。

人生は以前よりずっと長い物になって居ます。

人生は、ただ長ければ良いと言うものではありません。

その内容がいかに充実しており、楽しむ事が出来て居るかどうかにかかって来るのでしょう。

大事な人生をただ嘆いて過ごしていては時間の無駄使いです。

いかに、楽しい人生をおくる事が出来るかどうかは、自分次第で大きく変わって行く事でしょう。

例えば、同じような出来事が起こったとします。

一人の人は、それをポジティブに受け入れ、前向きな行動に変える事が出来るかもしれません。

しかし一方で、もう一人の人はそこから全ての考えがマイナスになってしまい、暗く落ち込む日々が始まってしまうかもしれません。

勿論、人間誰しも落ち込む事もあるでしょう。

自分の力ではどうする事も出来ない出来事に巻き込まれ、悲しい思いをする事だってあるかもしれません。

しかし、その出来事に全ての感情を引っ張られてしまっていては何も自分の中に残す事は出来ないでしょう。

人生を幸せにも不幸にも感じる事が出来るのは、自分の気持ち次第です。

どうせ同じ出来事が起きるのではあれば、是非幸せに感じてみたいものです。

それをする事が出来るのは、自分の気持ち次第です。

自分は不幸な人・幸せな人どちらだと思いますか

人生は長い旅です。

その為、例え今最悪の状態に陥ってしまったとしてもその状態が一生続く訳ではありません。

ですが、辛い状況に置かれて居る時人はついついその状況が一生続くのでは無いかと思ってしまう事があるでしょう。

その為『自分の人生は終わった』『辛い事しか起こらない』とネガティブになってしまう事もあるかもしれません。

自分の人生を良くするか、悪くするかは自分が決める事です。

その為、不幸と感じてしまったら確実に不幸になってしまうでしょう。

反対に、どんな事が起こったとしても『生きているだけで幸せ』と思う事が出来ればそれだけでも幸せな人生をおくる事が出来て居ると言えるのでは無いでしょうか。

どんな事も、考え方次第で内容は大きく変わってきます。

例え、自分の人生が他人と比べて不幸だと感じたとしても、それをひけめに思う必要はあります。

人生の良し悪しは、他人と比べるものでは無いからです。

もしあなたが不幸だと感じて居たとしても、他人から見れば幸せに見えるかもしれません。

反対に、とても幸せそうに見えて居る人だって実際は不幸だと思ているかもしれないのです。

全ては人間の主観です。

それを掘り下げて考えて見た所に何も生まれず、無駄な時間が過ぎていくだけでしょう。

自分の人生を不幸か幸せかを決める事が出来るのは、自分自身です。

不幸だと思い込む人が多い


人間は、考える事が出来る生き物です。

だからこそ、他の生き物に比べ力も弱く生きていく力すら弱い人間が、まるでこの世界の長にでもなったかのように我が物顔で生活する事が出来るのです。

考える力は、正に神から与えられた素晴らしい技でしょう。

これがある事によって、多くの事が出来る様になってきました。

素晴らしい文化を作り、様々な物を開発・制作してきました。

ですが、この考える力は良い事ばかりを人間に与えてくれたわけではありません。

他の動物たちは、おそらく他と自分ンを比べる事をしません。

ただ真っすぐに生きる為に生活をしているのです。

その中には、人間から見れば残酷にも見える弱肉強食の世界もあるでしょう。

ですが、彼らは遊びでやっている訳ではありません。

お互い生きる為に一生懸命生活しているのです。

ですが、人間はどうでしょうか。

考える力があり過ぎる余りついつい他人と自分を比べてしまいます。

他の種族と同じ様にただ生きる事に向き合う事が出来れば最高ですが、それが出来ないのが人間という生き物です。

お金・家庭環境・結婚・子供・学校・ありとあらゆる面で他人と比べ、それにより一喜一憂してしまうのです。

その結果、自分の状況を必要以上に卑下してしまう方も出てきます。

実際は、いたって普通の場合にも関わらずたまたま優秀な人と自分を比べる事によって、自分がとてもみじめで悲しい人生の様に感じてしまうのです。

他人と比べる事で、得る事が出来る事は何もありません。

自分が下だと感じて、頑張る活力にする事が出来るようなポディティブな人はいいかもしれませんがそれ以外の方はただただ落ち込み、無駄な時間を過ごすだけでしょう。

そうならない為にも他人と比べて落ち込む事を辞めましょう。

最悪の場合、自殺する人も

人には様々な生き方があります。

生まれながらにして恵まれた環境に居る事が出来る人も居ればそうでない方もいます。

そこには、確かに差が生じて居るのでしょう。

しかし、それを言い出したら日本では暮らして行くことなど出来ません。

日本は資本主義国家です。

頑張って働いたお金はそのままその人に与えられるように出来て居るのです。

それが例え父親であろうと先祖であろうと関係ないのです。

その為、お金持ちの家系は常にお金持ちであり我々とは違った生活をしています。

一方で、幼い子供たちの貧困が日本の深刻な問題となっています。

シングルマザーや核家族が増えた事によって、子供たちに大きな被害が出てしまって居るのです。

そうした子供たちは、食べる物にも困って居る事だってあるかもしれません。

そんな子供達から見れば、生まれながらにして常に裕福な暮らしをしている人々はとても羨ましい存在でしょう。

彼らと自分を比べて羨ましと感じたりする事だって勿論あるでしょう。

ですが、それを思った所で現状は何も変わりません。

何か変える為には、自分自身が変わるしか無いのです。

とは言え、人間の心はそう簡単に割り切れるものではありません。

ついつい比べて落ち込んでしまう事もあるでしょう。

更に、余りにもそれを続けていると自分自身の人生が嫌になり自殺をしてしまう方も多くいます。

自殺をする精神状態は、通常の精神状態ではありません。

その為、それだけ追い込まれた状況になって居るとも言えるでしょう。

ストレスが多いこの世の中では残念ながら自殺をしてしまう方もめずらしい事ではありません。

辛い状況を逃れる為に一番端的で簡単な方法なのでしょう。

ですが、それを選んでしまう事によって、悲しむ人が必ずいます。

あなたのせいで、同じように自殺を決意してしまう人だって居るかもしれません。

良く言われる言葉ですが、自殺をする気になったら何だってする事が出来るのでは無いでしょうか。

一度死ぬ気になって、また0から新しい人生を初めて見てはいかがでしょうか。

不幸だと思い込んでしまう人の3個の特徴


人には様々なタイプの人間がいます。

例え同じ出来事を体験したとしても、人によって捉え方は違う物です。

前向きに捉える事が出来る人が居る一方で、なんでも後ろ向きに捉えてしまう人は居る物です。

そうした人々の多くは、悩みを抱え込み易く常に自分をダメな人間と感じてしまう傾向にあります。

それが余りにも酷くなると、自分の人生の全てを悲観するようになり不幸な人生だと思い込むようになってしまうのです。

自分の人生の価値を決めるのは、他でも無く自分自身です。

自分が不幸だと感じた次点で、その人生は不幸なのかもしれません。

しかし、果たしてそれは本当に不幸なのでしょうか。

自分自身が勘違いをしてしまっているだけなのかもしれません。

そこで今回は、自分の人生を不幸だと考えてしまう方の5つの特徴をご紹介させて頂きます。

自分の人生が不幸だと感じてしまっている方も、これを見る事によって自分自身を冷静に見返す事が出来るようになるかもしれません。

それによっては、前向きに考え直す事が出来るようになる事もあるかもしれないのです。

人生は一度きりです。

不幸だと思いながら過ごす事は、決して良い事とは言えないでしょう。

自分の人生を見つめ直す為には勿論、今後前向きな人生をおくる為にも是非参考にして頂ければと思います。

1、幸せを拒絶している

幸せとは誰かに与えられるものではありません。

自分で掴みに行く物です。

その為、夢見る乙女の様に白馬の王子様を待っていてもそれは一生現れないかもしれません。

自分がその人の目に止まる為に努力をしていなければどんなチャンスだって掴む事は出来ないのです。

それは、人生全てにいう事が出来るでしょう。

例えば、仕事だって同じ事です。

誰かに与えられる事を待っているだけでは一生自分が感じる事の出来る幸せを手に入れる事は出来ないかもしれません。

更に、既にあなたは幸せな状態になってる事だって十分考えられます。

幸せだと感じる基準は人それぞれです。

あなたが上ばかり見ているせいで気が付く事が出来ないだけで、実際には他人から見れば十分幸せな人生を過ごす事が出来て居るかもしれません。

自部自身の人生を見る事が出来ない余りに、幸せになっていないと思い込んで居るだけなのかもしれません。

そんな心では、例えこれから良い事が起こったとしてもあなたの気持ちが晴れる事は無いでしょう。

常に足りない思いを抱え、日々を過ごして行かなければなりません。

幸せを認める事で、目の前にある靄が晴れて行く事があります。

自分自身の人生を前向きに過ごす事が出来るか。

幸せだと感じる事が出来るかは、自分の気持ち次第です。

是非前向きに行動してみてはいかがでしょうか。

2、「自分はダメだ」と思っている

自分に自信を持つ事は、実は難しい事でもあります。

その為『自分なんか』と思っている人もめずらしい事では無いでしょう。

そんな心で普段から過ごして居ると、何か良い事があったとしても全てその考えで否定されてしまう事でしょう。

『どうせ』と言う言葉は、全てを否定する事です。

否定する事は諦める事でもあり、そう言い訳をする事で心が楽になる事もあるかもしれません。

しかし、言い訳を繰り返した所で人生は良くはならないでしょう。

どうせ人生は一度きりです。

前向きに進んでみてはいかがでしょうか。

自分でどうせという言葉を使って居ると言う事は、自分の人生を自らつまらない物にしてしまっていると言う事でもあるでしょう。

それを初めてしまうと、正に完全なる悪循環です。

その闇から抜け出す方法は自分で切り開くしか無いのでは無いでしょうか。

いつもはダメだと思ってしまうような事も、今日は勇気を出して『これでいい』『上手くできた』と自分を褒めて見てはいかがでしょうか。

それが例え思い込みであったとしても、少しは自分の心を軽くする事が出来るかもしれません。

自己肯定感が低い

世の中には、自己肯定感が異常なほどに低い人がいます。

自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情の事を指します。

自らの価値や存在意義をどれだけ認める事が出来るかどうかにかかっています。

これが出来る人は、なんでも素直に受け止める事が出来ます。

その為、人の優しさを素直に受け止め感謝する事が出来るでしょう。

更に、自分が失敗してしまった時は素直に謝る事が出来るのです。

ですが、自己肯定感の低い人はというとそれが出来ません。

自分の事を褒められても嫌味を言われているように感じてしまうのです。

更には、普通の話をされて居るだけなのにも関わらず『自分なんか』と悲観してしまう事もあるでしょう。

自己肯定感の低さは、子供の頃の育ちによって決まると言われています。

親から真っすぐな愛情を受ける事が出来なかったり、話をしっかりと聞いてもらえなかったり無視されるなどしていた経験のある人は、段々と自己肯定感の低い人になってしまうという訳です。

その為、大人になってからこの自己肯定感の低さによって様々な弊害に悩まされる人は少なくありません。

そのせいで人付き合いが上手く行かずに孤立してしまう事もあるでしょう。

時間はかかるかもしれませんが、大人になってからも自己肯定感を高めて行く事は出来ます。

自分の事を認める事が出来ず、欠点ばかりが目についてしまう人は、実は自己肯定感の低さがあなたを苦しめて居るかもしれません。

その事に気が付く事によって世界を少し明るくする事が出来るかもしれません。

自分の事を認める事は難しい事かもしれません。

しかし、自分の事が好きな人生は、どんな事があったとしても素晴らしい人生だとはおもいませんか?そうなる事が出来たらきっと素敵な日々が待っているでしょう。

【自己肯定感については、こちらの記事もチェック!】

3、必要以上に落ち込みやすい

人間どんなに明るいひとであったとしても、時には気分が塞いでしまう事もあるでしょう。

こんなはずじゃ無かった。

こんなつもりじゃ無かったのにと後悔する事だってあるでしょう。

それは悪い事ばかりではありません。

それによって自分の人生を考え直すきっかけになるかもしれないからです。

もし、自分の人生を振り返る事が出来なければ私たちの日々は成長しないかもしれません。

自分の時間を有意義に使う為にも、時には立ち止まって考える事も必要なのです。

ですが、中には必要以上に落ち込んでしまう人も居るでしょう。

そんな人たちは、自分の人生を全て批判するような気持ちになって居るかもしれません。

『全部ダメだ』『何も出来ない』そう考える事で、自分の身に起こっている全ての事を不幸に感じてしまうでしょう。

何もかも投げ出して悲観する人生はある意味楽かもしれません。

そうする事で、全てを諦め投げ出す事が出来るのですから。

ですが、自分の人生を批判していては何も良い事は無いでしょう。

例えそれが人生の全てなのであれば、少しでも楽しく過ごせるように過ごすように心がける事が大事です。

人の心は複雑に出来て居ます。

その為、前向きに考える事が良い事だとは分かって居た所でそれを素直に受け入れる事が出来ない時もあるでしょう。

それすらも嫌味に感じてしまう事だってあるかもしれません。

ですが、それでもなお無理やりにでも前向きに考える事をお勧めします。

無理やりでも、それを続ける事で、新しい日々がやってくるのでは無いでしょうか。

なぜ「自分は不幸」だと思い込むのか

不幸だと思い込んでしまう人にはいくつかの特徴があります。

その為、その特徴を理解して行く事で、それを回避する方法を探す事が出来るかもしれません。

私たち人間には様々なタイプの人間がいます。

同じ出来事が起きたとしても、前向きに捉える事が出来る人も居ればそれを苦手とする人も居るでしょう。

それはどちらも個性であり、どちらが良いという問題ではありません。

しかし、少なくとも、前向きに考える事が出来る人の方が人生は生きやすいようの出来て居るかもしれません。

人生は一度しかありません。

生まれ変わりなんて考え方もある用ですが、それを実際に体験している人がどれだけ居るかは誰にも分からない事です。

ですので、人生は来世に期待するのでは無く、今この時を大事にするべきなのです。

自分の人生を不幸だと感じてしまう人の特徴を考える事で、反対にどうしたら不幸だと感じなくて済むかというきっかけも見つける事が出来るかもしれません。

今、自分の人生と前向きに向き合う事ができない人は、今後の対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

家族などの”あやつり人形”になっている

家族は切っても切れない存在です。

それが例え、良いものであろうと悪い物であろうとその事に変わりはありません。

『家族』というだけで、お互いを思いやり信頼しあえる関係だと想像する事が出来る人は、おそらく幸せな人生を歩んできた人なのでしょう。

多くの家族の中には、時として損な言葉では語る事が出来ないような人々もいます。

親が子供を管理する事は、小さいうちは当たり前の事かもしれません。

それによって、危険なものからわが子を守って居るのです。

ですが、それが大人になっても続いているような関係では問題があります。

最近出は『毒親』という言葉が出てくるように、子供の成長に悪い影響を及ぼすような親が話題になって居ます。

彼らの存在が、子供の自主性を奪い自己肯定感の低い人間を作り上げるきっかけになって居るのです。

生れてからずっと家族に管理をされている人は、いくつになっても自分の意思を出す事が出来ずまるで家族の操り人形のように過ごす事になってしまうでしょう。

そんな人生で、幸せだと感じる事が出来る人はおそらく居ないのでは無いでしょうか。

家族の元に居る限り、その関係が変わる事はありません。

本当に自分の人生を取り戻したいと考えるのではあれば、まずは家族のも元から去る事をおすすめします。

家族を捨てる事は酷い事の様に感じてしまうでしょう。

確かに、良い事出はないかもしれません。

しかし、一番大事なのは家族ではなく自分自身です。

自分が辛い道をわざわざ一生かけて選ぶ必要はありません。

実は欲深い

不幸だと常に感じて居る人の中には、ある意味特殊なケースも存在しています。

それは、自分自身の人生に貪欲過ぎる余りどんなに素晴らしい経験をしたとしても満足する事が出来ない人のケースです。

幸せの基準は誰かが明確に決めてくれたものではありません。

自分自身が決める物です。

その為、他人から見ればとても恵まれて居るような人生だとしても、自分自身が納得する事が出来て居なければそれは不幸な人生になってしまうでしょう。

幸せな基準には様々なものがあります。

お金・結婚・子供・学校・仕事。

どれをとっても他人と自分を比べる材料になり、妬む事も自慢する事も出来るでしょう。

生きていく上で十分なお金や地位を持っている人だって、それより上を目標にしているのであれば待っとく満足する事が出来ず、自分を貧乏だ。

不幸だと感じてしまう事になるでしょう。

人生に目標を持つ事は素晴らしい事です。

それによって、私たちは日々を前向きに生きる事が出来て居るのかもしれません。

しかしながら、余りにも高い目標や無謀な挑戦は自分自身を苦しめるだけかもしれません。

まずは、自分の置かれている状況を冷静に判断して無理の無い範囲で想像してみてはいかがでしょうか。

満たされている事に目が向かない

人と比べる事で、自分の価値を見出す人はどこにでも居る物です。

彼らは、自分自身がどう思うかでは無く他人からどう見られてるのかを重視しているのです。

確かに、他人からどうみられて居るかを気にする人は少なくありません。

それによって、安心を得たり優越感に浸る事もあるでしょう。

しかしながら、そこにばかり目を向けて居ては、自分自身が本当はどうしたいのかが分からなくなってしまいます。

人と比べる事ばかりに目を向けて居ると、自分の目の前にある状況に気が付く事が出来ません。

本当は十分素晴らしい人生を送っているのにも関わらず、他人との差に目を向けている事でその事に気が付く事が出来ないのです。

自分の目の前にある幸せに気が付く事無く、常に足りない物を探している人生はなんと滑稽でしょうか。

そんな事を繰り返していた所で、いつまで経っても自分の人生を前向きに捉える事など出来るはずがありません。

他人と比べる事ばかりに時間を使うのでは無く、まずは目の前にある幸せにゆっくりと時間をかけて向き合って行きましょう。

それが出来るかどうかで、自分の人生を大事にする事が出来るかどうかが変わって来るのではないでしょうか。

不幸な思い込みから抜け出す方法

自分の人生不幸だと感じながら過ごす事は、とても悲しい事です。

それによって得られる事は何もないでしょう。

ですから、その考えをいかに払拭する事が出来るかによって、今後の人生を前向きに過ごす事が出来るかどうかが変わって来るでしょう。

そこで今回は、その不幸だと思い込んでしまう考え方をいかに払拭する事が出来るかどうかの方法をご紹介させて頂きます。

私たちの人生は自分の考え方次第でどんな方向にも変える事が出来るのです。

良い思い込みをする

何事も、思い込みが重要です。

それが真実で無かったとしても、それをするだけで知らず知らずのうちに自分の心をコントロールする事が出来るようになっているかもしれません。

子供に話をする時は、否定的な言葉を使用してはいけないと言われています。

それは柔軟なここをももった子供はなんでも全て受け入れてしまうので、他人からの言葉によって行動も考え方も制御されてしまう事があるからです。

それは、大人にも言える事です。

常にダメだと言われて居るような人は、何にも挑戦する事が出来ずつい後ろ向きな考えになってしまう事でしょう。

自分の考えを否定して、人生を不幸だと感じる事もあるかもしれません。

しかしながら、その思い込みをいい方向に向ける事で、考えを180℃変える事だって出来るかもしれないのです。

人生は、自分の気持ち次第です。

例え、本当は何も変わって居なかったとしても全てを前向きに捉える事が出来るだけで人生は大きく好転して行く事があるかもしれません。

自分を負の言葉でがんじがらめにするのであれば、例え思い込みだろうと前向きな言葉で自分を鼓舞した方が良いとは思いませんか?

プラス面に目を向ける

人生には、良い事も悪い事もあります。

悪い事が多く起きている場合には、人生全てが悪いように感じてしまう事もあるでしょう。

ですが、人生100%悪い事などありえないのです。

必ずどこかに良い所が残って居るはずです。

その為、落ち込む事が多くなってしまった人は、是非良い所に目を向けて見てはいかがでしょうか。

その内容は何だって構いません。

他人から褒められるような物でなくとも、自分が幸せだと感じる事が出来るポイントであれば何だって良いのです。

何も思いつかない人は、健康はどうですか?仕事はどうですか?住むところがあって毎日ご飯が食べられるだけでも、幸せだと感じる事が出来る人も世界には沢山います。

上を見たらきりがありません。

自分の小ささに嫌気が挿してしまう事もあるでしょう。

ですが、視点を変える事によって、全く違った日々を過ごす事が出来るかもしれません。

是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちょっとした事に幸せを感じる

人間は笑顔になるだけで、免疫力を上げる事が出来ると言われています。

その為、常に笑顔を心がける事で、心も体も元気になる事があるかもしれません。

笑顔は例え、無理やり作った物でも構いません。

無理やりでも効果があると言われて居るばかりでは無く、それを無理にやり続ける事で自分の気持ちも知らず知らずのうちに盛り上げて行く事が出来るのです。

人生を不幸だと感じて居る人に、笑顔の人は多くは無いでしょう。

笑顔で心をひっぱっていく事で、自分の人生を盛り上げていく力を蓄える事が出来るのでは無いでしょうか。

他人からいかに言葉をかけられたとここで、結局最後は自分の行動や気持ち次第です。

幸か不幸かを決めるのは自分次第。人と比べず自分の視点を変えてみては?

自分の人生を幸せか不幸か決めるのは自分自身です。

例え他人から不幸だと言われようと、その人生を自分が幸せだと思う事が出来れば、それほど素晴らしい事はありません。

他人の評価など所詮は、上辺だけのものであり物事の本質は大抵別の所にあるのです。

反対に、いくら他人から幸せだと思われて居たとしても自分の人生を不幸だと感じて居る人は全く良い人生とは言えないでしょう。

自分の人生を不幸だと感じてしまう人の特徴としては、色々なものがありますが中でも他人と自分を比べる事によって自分の人生を前向きに捉える事が出来ないという人も居るでしょう。

自分の人生は、自分の物です。

誰かにどうこう言われる筋合いはありません。

例え、他人と比べたからと行って何かが大きく変わる事は無く、悲しい気持ちになったり妬んだりするだけでしょう。

そんな黒い感情を生み出していったい何になるのでしょうか。

それを沢山抱えれば抱える程、人生はより暗くつまらない物になって行きます。

他人と比べる事を止め、幸せかどうかの基準を自分で決めて見てはいかがでしょうか。

例えその基準が他人から見ればおかしな物であったとしても、自分が幸せだと本当に感じる事が出来る内容なのであればそれで良いのです。

自分の人生の基準を決める事が出来るのは自分自身です。

例えどんな無い用であろうと、周りからとやかく言われる筋合いはありません。

今まで自分の人生を不幸だと感じてきた人は、これをきっかけに全ての考えをクリアにしてまたいちから基準を考え直して見てはいかがでしょうか。

人生はいつだってやり直す事が出来ます。

せっかくなら、残された人生を是非前向きに過ごして見てはいかがでしょうか。