現代社会ではパーソナリティ障害が注目されています。

パーソナリティ障害は1つだけの種類ではなく個人によって症状も様々です。

他の人とは違う奇妙な行動や発言が目立つタイプやナルシストで演技的な行動をとるタイプ。

そして抑うつ的な行動で人間関係を上手く付き合えないタイプ。

3タイプの中でも自己愛の強すぎる方は非常に多いですね。

どちらかと言えばナルシストタイプでしょう。

テレビ番組を見てても自己愛が強すぎる女性、男性は非常に多くいます。

多くいますというより、ほとんどの方が自己愛が強いといえそうですね。

でもそれは芸能界が特別なワケじゃなく全ての人にも言えることなのです。

もちろん、自分では気づかないうちに自己愛が強くなっていることがあるのです。

自己愛が強い人の特徴はどんなところでしょうか?

そして自分の周りにいる自己愛の強い人と接する場合は何に注意すればよいのでしょう。

自己愛とは何か

そもそも自己愛とは何か?と聞かれたら、「あぁ~ナルシストの酷い人でしょ?」と答えるかも知れませんね。

しかし自己愛とは、ありのままの自分自身を愛することができない人を言います。

要するに理想の自分を高くイメージし過ぎて、イメージ通りの自分じゃないと気が済まない。

人前で端をかくことを極端にイヤがる、常に根拠がない自信を持っています。

このようなことを考えるとナルシストという枠では決め付けることができない。

むしろ自分自身に自信がないからこそ、ありのままの自分を愛することができないのでは?

ありのままの自分自身を受け入れることができる人は、自分に自信があるからこそできること。

しかし、ありのままの自分自身を受け入れることができない自己愛が強い人は、自分に自信がないからこそ演じてしまうのです。

よくよく考えてみれば、ありのままの自分自身を愛することができる人は、世の中にどれだけいるのでしょうか?

おそらく誰でも自分自身に自信がないと思いませんか?

だからこそ、おしゃれをしたり勉強したりするのではないでしょうか?

自分を対象とした愛のこと

自己愛の人は自分以外の人のことを考えることができません。

自分が一番でないと気が済まない、その為に自分を追い抜かそうとする人が大嫌いです。

常に損得ばかりを考えていて自分自身の手柄を横取りされると極端に落ち込み、欝になりかねない。

非常に繊細な心の持ち主でもあるのです。

世の中はギブアンドテイクで成り立つもの。

その概念がないがないので人と付き合うことは苦手ですと言うよりも、周囲が付き合いきれないと感じて遠ざかってしまいます。

ですから自己愛の強い人と上手く付き合える人は自己愛の人を包み込めるような優しい人かも知れませんね。

見栄を張って着飾ることで自分自身を愛することができる自己愛の強い人。

このような自己愛の強い人は様々な場所に必ずいるものです。

職場、近所付き合いではよく見られる光景ですよね。

自己愛が強い人が増えている原因

何故、最近自己愛の強い人が増えているのでしょうか?

テレビでも話題になっているクレーマーやモンスターペアレントをご存知でしょうか?
まさに自己愛の強い人と言えるでしょう。

自分自身の意見が正しい、自分の意見に従わない人は従わせてみせる。

根拠のない自信に満ち溢れている人こそ自己愛が強い人です。

子供の親であるモンスターペアレントのママさんも最近よくみかけますね。

自分の子育ては絶対に間違っていない」なにもかもが自分基準です。

そうすることでもしかしたら自分自身を守っているのかもしれませんね。

自信がないからこそ自己愛が強くなる。

最近の人は自分をアピールすることができない人が多くなっていますね。

SNSやネットの中ではリア充をやたらアピールする人、ネットの中と現実が分からなくなってしまっているような気がします。

ネットの中ではコメントも当たり障りない「いいね」「素敵」と褒め捲くることで、いつしか自分がネットの中で作り上げられて行くのです。

「私、こんなに充実している人生なのよ」その為に現実の自分を作り上げて行く。

その果てが自己愛なのかも知れません。

自己愛が強い人の4個の特徴

自己愛が強い人の特徴は非常にわかりやすいです。

正直、自己愛の強い人と一緒にいると非常に疲れてしまいます。

自分自身まで自己愛が強くなってしまうような環境にもって行かれます。

例えば自己愛の強い人がリーダー的な存在なら従わないといけない、ランチをしようとしてもグレードの高いランチを食べに行く。

服装もファッション小物もブランドを持ちたがると一緒に歩く側としては、スーパーで購入した1000円の服を着ていることが不釣合いに感じてくる。

自己愛が強い人のパワーに負けてしまい、いつしか自己愛の強い人達の集団となる可能性があるのです。

自己愛が強いことは自分自身が基準で自分ルール、他人には厳しいけれど自分には基準が甘い。

そしてないよりも他人の気持ちを考えない人と言えるのです。

そんな自己愛が強い人と付き合っていても楽しいワケがないですよね?

だからこそ共感性や協調性が低く周囲を寄せ付けることができない。

他人の気持ちがわからない人は実際には孤独な人なのです。

①常に自分は正しいと思っている

自分ルールという言葉をしっていますか?
まさに自分は正しいと思い込んでいる人のことを言います。

世界は自分中心で回っていると考えているのでしょう。

これは政治家や医師、弁護士、芸能人にも多いでしょうね。

誰からも批判をされなくなる、
どちらかと言えば先生などと呼ばれる職業は自己愛が強くなります。

自分が正しいと思っている性格は自分自身のもって生まれた性格ではないのです。

どちらかと言えば周囲の環境が自己愛の強い人間を作りだしてしまったのです。

自己愛の強い人は裸の王様的な存在です。

だれも自分に対して逆らわないからこそ、自分が王様や女王様になる。

いつ日か自分は常に正しいことを言っている人間だと思い込んでしまうのです。

②自分に対する評価が甘い

自己愛が強い人はとにかく自分自身に甘い。

それは全てが自分基準だからです。

自分基準であり、自分ルールが存在する自己愛者は、自分のルールに従わない人を批判します。

「何故、私がやっていることに従わないの?正しいことを教えているのに」
でも実際に自分自身ができないことを相手に押し付けている。

自分が同じことを要求されたら出来ないのです。

失敗をすることが怖い、皆の前でハジをかきたくないからこそ、他人に対して言葉巧みにやらせる。

ですから何でも1番最初には行動しません。

相手の様子を見て出来るようなら2番目に行動を起こす。