CoCoSiA(ココシア)

ママ友と仲良くすべき3個の理由と孤立を防ぐ方法!

あなたは、ママ友との付き合いが仲良く行っていると思いますか?

子どもが生まれ、それだけで幸せだったのに、子どもが保育園や幼稚園に通うようになる事で、勃発していませんか?

子ども同士の仲良しなつながりだけではなく、子どものママ友同士のつながりも考えていかなければなりません。

ママ友同士のつながりが悪ければ、子どもにも少なからず影響があると考えてしまいます。

どのようにすれば、ママ友達と仲良くうまくやっていけるのでしょうか。

こちらの記事ではママ友とどのようにすれば仲良く過ごしていけるのかたった3つの理由を述べるとともにたった3つの理由だけで孤独を避けてしまう方法をお伝えしていきます。

あなたが、ママ友との付き合いに困っているようであれば、ぜひこの記事を読むことで解決できるかもしれません。

この記事の目次

ママ友と良好な関係を保とう!

ママ友と良好な関係を保つためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?

すでにママともとギクシャクしている方は、これを機に折り合いの付けられるところで仲良くしてみてはいかがでしょうか?あなたも相手も女性同士、意地の張り合いになってはいませんか?

それとも、相手があなたに対し嫉妬している場合もあります。

では前者も後者もママ友と良好な関係を保つためにどのようなことに注意をしたら良いのでしょうか。

からは、ママ友と良好な関係を保つために気をつけたいことをいくつかあげていきます。

あなたの身近で起きていることをよく考え、ママ友との付き合いをよく考えながら接していきましょう。

1. ママ友グループにありがちな特徴

保育園や幼稚園でのクラスが一緒だからと言って、ママ友のグループLINEなどに参加させられませんでしたか?

その中には、きっと色を取るようなリーダータイプのママ友が、園内のママ友達とつながりグループで情報交換などを大と考えているのかもしれません。

しかし、そのグループでの情報交換もうまく使えば楽しいものになりますが、いっぽ間違えれば孤独になってしまったり、孤立させられたりしてしまう場合もあります。

そのように、あなた自身が孤立や孤独になってしまわないようここからはママ友グループにありがちな特徴をいくつかあげていきます。

無理に、ママ友のグループに入る事はありません。

しかしママ友グループの特徴知っておくことで回避できたり交わすことができるのかもしれません。

派閥がある

ママ友同士は、やはり女性同士にもなりますので、派閥になりやすい環境にあります。

そのため、リーダーのママ友同士が仲が悪くどちらに着くのかせがまれる場面に遭遇してしまう場合もあります。

派閥があることで、自分に矛先が向かわないと思っているのは、ちょっと安心しすぎでは無いでしょうか?

その矛先が、いつあなたに向かうかはわかりません。

ここは、状況をよく観察しどのママ友グループとどのママ友たちに熱があるのかをよく観察しておくことが大切です。

できるだけ自分が中に加わらないよう、遠目で観察することをお勧めします。

悪口や作り話による仲間はずれ

ママ友同士の中でも、意地が悪い人に当たれば悪口や作り話によって相手を仲間はずれにしてしまう場合があります。

小学生のような行動に感じますが、実際悪口や作り話により仲間外れにされたと言うママ友もいるようです。

そのため、子どもにも悪い影響を及ぼしてしまったり、子どもにまでつらく当たる現実を目のあたりにしてしまうママ友もいるようです。

自分だけならまだしも子供まで巻き込まれれば黙ってはいられないママ友も多いようです。

そのため、相手のママ友が逆上すればさらに面白がるママ友もいるため、一旦は冷静を装おい担任の先生や園長先生などに相談するといいかもしれません。

このように、クラスで自分の子どものいじめに発展しないかをよく観察してもらい、子どもに影響がないように接してことも大切です。

あまりママ友のイジメがひどいようであれば、転園することも視野に入れてみてはいかがでしょう?やはり、ママが辛い顔していれば子どもも辛いものです。

そのことをよく考え行動することをお勧めします。

受験などで駆け引きがある

お受験を控えた子どもを持つママ友は、非常にナーバスになっていたり、また受験を受けると周りに報告せず、受かったら報告すると考えているママ友も多いようです。

そのため、子どもに受験することを黙っているよう家で教え込んででいたり、もし同じ学校へ受験するママ友がいれば、情報交換をあまりせず「家の子は全く勉強しないから落ちそうだわ。」などと、相手を油断させておく場合もあります。

このように受験などでライバル視されれば駆け引きをされる場合もあります。

この場合、あなたも同じ学校へ受験するママ友と学校の情報交換ぐらいにし子どもの様子などは具体的に伝えないほうがいいかもしれません。

嫉妬や自慢が渦巻く世界

ママ友同士は、嫉妬しあったり自慢などをし合うことも多いようです。

そのため、嫉妬や地盤が渦巻く世界になっている場合もあり、その渦に巻き込まれればいじめのようなことをしてくるママ友も中にはいるようです。

そんなママ友に目をつけられないために、できるだけ嫉妬や自慢はしないと良いでしょう。