あなたは、ママ友との付き合いが仲良く行っていると思いますか?

子どもが生まれ、それだけで幸せだったのに、子どもが保育園や幼稚園に通うようになる事で、勃発していませんか?

子ども同士の仲良しなつながりだけではなく、子どものママ友同士のつながりも考えていかなければなりません。

ママ友同士のつながりが悪ければ、子どもにも少なからず影響があると考えてしまいます。

どのようにすれば、ママ友達と仲良くうまくやっていけるのでしょうか。

こちらの記事ではママ友とどのようにすれば仲良く過ごしていけるのかたった3つの理由を述べるとともにたった3つの理由だけで孤独を避けてしまう方法をお伝えしていきます。

あなたが、ママ友との付き合いに困っているようであれば、ぜひこの記事を読むことで解決できるかもしれません。

ママ友と良好な関係を保とう!

ママ友と良好な関係を保つためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?

すでにママともとギクシャクしている方は、これを機に折り合いの付けられるところで仲良くしてみてはいかがでしょうか?あなたも相手も女性同士、意地の張り合いになってはいませんか?

それとも、相手があなたに対し嫉妬している場合もあります。

では前者も後者もママ友と良好な関係を保つためにどのようなことに注意をしたら良いのでしょうか。

からは、ママ友と良好な関係を保つために気をつけたいことをいくつかあげていきます。

あなたの身近で起きていることをよく考え、ママ友との付き合いをよく考えながら接していきましょう。

1. ママ友グループにありがちな特徴

保育園や幼稚園でのクラスが一緒だからと言って、ママ友のグループLINEなどに参加させられませんでしたか?

その中には、きっと色を取るようなリーダータイプのママ友が、園内のママ友達とつながりグループで情報交換などを大と考えているのかもしれません。

しかし、そのグループでの情報交換もうまく使えば楽しいものになりますが、いっぽ間違えれば孤独になってしまったり、孤立させられたりしてしまう場合もあります。

そのように、あなた自身が孤立や孤独になってしまわないようここからはママ友グループにありがちな特徴をいくつかあげていきます。

無理に、ママ友のグループに入る事はありません。

しかしママ友グループの特徴知っておくことで回避できたり交わすことができるのかもしれません。

派閥がある

ママ友同士は、やはり女性同士にもなりますので、派閥になりやすい環境にあります。

そのため、リーダーのママ友同士が仲が悪くどちらに着くのかせがまれる場面に遭遇してしまう場合もあります。

派閥があることで、自分に矛先が向かわないと思っているのは、ちょっと安心しすぎでは無いでしょうか?

その矛先が、いつあなたに向かうかはわかりません。

ここは、状況をよく観察しどのママ友グループとどのママ友たちに熱があるのかをよく観察しておくことが大切です。

できるだけ自分が中に加わらないよう、遠目で観察することをお勧めします。

悪口や作り話による仲間はずれ

ママ友同士の中でも、意地が悪い人に当たれば悪口や作り話によって相手を仲間はずれにしてしまう場合があります。

小学生のような行動に感じますが、実際悪口や作り話により仲間外れにされたと言うママ友もいるようです。

そのため、子どもにも悪い影響を及ぼしてしまったり、子どもにまでつらく当たる現実を目のあたりにしてしまうママ友もいるようです。

自分だけならまだしも子供まで巻き込まれれば黙ってはいられないママ友も多いようです。

そのため、相手のママ友が逆上すればさらに面白がるママ友もいるため、一旦は冷静を装おい担任の先生や園長先生などに相談するといいかもしれません。

このように、クラスで自分の子どものいじめに発展しないかをよく観察してもらい、子どもに影響がないように接してことも大切です。

あまりママ友のイジメがひどいようであれば、転園することも視野に入れてみてはいかがでしょう?やはり、ママが辛い顔していれば子どもも辛いものです。

そのことをよく考え行動することをお勧めします。

受験などで駆け引きがある

お受験を控えた子どもを持つママ友は、非常にナーバスになっていたり、また受験を受けると周りに報告せず、受かったら報告すると考えているママ友も多いようです。

そのため、子どもに受験することを黙っているよう家で教え込んででいたり、もし同じ学校へ受験するママ友がいれば、情報交換をあまりせず「家の子は全く勉強しないから落ちそうだわ。」などと、相手を油断させておく場合もあります。

このように受験などでライバル視されれば駆け引きをされる場合もあります。

この場合、あなたも同じ学校へ受験するママ友と学校の情報交換ぐらいにし子どもの様子などは具体的に伝えないほうがいいかもしれません。

嫉妬や自慢が渦巻く世界

ママ友同士は、嫉妬しあったり自慢などをし合うことも多いようです。

そのため、嫉妬や地盤が渦巻く世界になっている場合もあり、その渦に巻き込まれればいじめのようなことをしてくるママ友も中にはいるようです。

そんなママ友に目をつけられないために、できるだけ嫉妬や自慢はしないと良いでしょう。

さらに、いじめまで発展するママ友の特徴は始めはいい人である事も多いため、あなたに人柄の良さで親しげに近寄ってくるかもしれません。

しかし慣れてくるとあなたの家庭の状況や情報を聞き出し、他のママ友達とあなたの会話で盛り上がってかもしれません。

このように、あなたに猫かぶり接してくることであなたの情報を聞き出したりまた嫉妬や自慢をされたなど感じるママ友もいますので、できるだけ嫉妬をないためにも自慢と取られるような話は控えるようにしておきましょう。

2. 嫌われるママ友のタイプとは?

ここからは、嫌われるママ友のタイプとはどのようなタイプのママ友なのでしょう?

あなたが知らず知らずに嫌われるタイプのまま朝になっていないようチェックをするとともに、嫌われるママ友の特徴をよく調べておきましょう。

さらに、自分と重なる部分があれば、その項目をよく見直し解決方法を探していくよう心がけることが大切です。

あなたが嫌われるママ友のタイプにならないよう、気をつけることとママ友はママ友同士のお付き合いですので、生活の大半をママ友と過ごしたりママ友のことで頭がいっぱいになってしまわないよう心がけることも大切です。

それでは、嫌われるママ友のタイプや特徴調べていきましょう。

いつも子どもや旦那さんの自慢話をする

やはり、嫉妬や自慢話をするママ友は嫌われるタイプが多いのです。

いつも子どもや旦那さんの自慢話をするため、仲が良いのはよく分かりますが人は不幸な話が好きなもの。

人の幸せを目の当たりにすることで自慢話に聞こえたり、嫉妬してしまう原因になったりします。

あなたは謙遜して子どもや旦那のことを褒め、良いママ友と思われたいために子どもや旦那さんの自慢話をしてしまうのであれば、一旦それはストップしてみましょう。

ママ友の中には、旦那さんとうまくいっていないママ友も中にはいるのです。

あなたが旦那や子どもとうまくいってる話を聞くことで不愉快に感じるママ友もいるかもしれません。

人の悪口ばかり言っている

ママ友にあれば、人の悪口ばかりを言っている人は嫌われます。

人の悪口ばかりを言うことで自分も悪口を言われているのではないか?と気になることと、一緒にいると自分まで悪口を言っていると思われてしまうため人の悪口ばかり言っているママ友はみんなが犬猿する存在になるでしょう。

やはり一緒にいて、楽しくて良い話をしてくれる人と一緒にいたいものですよね?やはり人の悪口ばかりを言っている人のそばには人は寄ってきません。

そのことをよく考え、人の悪口ばかりを言っているママ友には近づかないのかもしれません。

SNSでお洒落な食事や買い物を逐一アップしている

裕福に見えるママ友も嫉妬の対象になります。

SNSなどで、ディズニーランドに行った写真や、海外へ行った写真などおしゃれで豪華な食事をしている様子や、子どもたちや旦那と中の良いショットをアップしているのであれば、それもやはり嫉妬の対象になりそうです。

自分が写っていることでママ友の間では、自分によっぽど自信があるなど陰口を叩かれるとともに、あそこの家はお金があるね。

SNSで、アップされる写真が多い。

など様々なことを言われているかもしれません。

SNSで本当に仲の良い人とつながるだけならいいのですが、ママ友にSNSを教えてしまった場合おしゃれな食事や買い物随時アップするのはやめておくか、非公開にしておくといいかもしれません。

すぐに他の人と比較し自分を優位にもっていこうとする

他人と比べる姿を見るだけでもしんどく感じるのに、さらに自分を優位に持っていこうとする人と付き合うのは、疲れてしまいますよね。

きっと、そのママ友の心理はいつも自分が1番でいたいと言うことが根底にあるのかもしれません。

そのためにすぐに他人と自分を比較し相手より優位に持っていこうと話の端々にイヤミなどういう場合もあります。

このように、すぐに他人と比較するだけでなく自分を優位に持っていこうとするママ友とは、一緒にいるだけで腹が立ったりイライラしたり馬鹿にされたりする気分になります。

そのため、一緒にいる時間を短くしたりなるべく会話をしないよう避けられる傾向にあるかもしれません。

自分の子供が悪いことをしても謝らない

自分の子どもが悪いことをしているにも関わらず、謝ろうともしない親は子どものことを本当に愛していないのかもしれません。

むしろ自分が大事で子どものした事は子どものしたこと、自分の事は自分のことと割り切っているのかもしれません。

このようなママ友も自分の母親が自分の悪いことに対して、相手方の人にも謝らない母親だったのかもしれません。

ある意味、かわいそうな環境で育ったママ友なのかもしれません。

一般常識で考え、自分の子どもが悪いことをしてしまえば自分の責任と感じる親はほとんどです。

しかし、1部の親で子どもが悪いことをしたにもかかわらず謝らない親も存在するのは確かです。

このように、世間の知らない母親なのか、子供に愛情がない母親なのかよくわかりませんが、こういうタイプのママ友は自分の許せた仲間としか打ち明けられないため、一部の人を囲い込む傾向にもありますので注意が必要です。

全て他の人に責任転嫁する

自分が悪いにもかかわらず、すべて他人の責任に責任転嫁するママ友の1人になりやすい傾向にあります。

自分が正しいと思い込みすぎて他人のせいにしていませんか?それはとんでもない間違いを犯しているのかもしれません。

間違いを認められこそ、1人の人間になれるのです。

しかし、全て人のせいにしたり自分が悪くないと思ってしまう行為は、結局は自分に戻ってくる後位になります。

さらにこういったママ友の両親は、ママ友本人に甘い教育をしてきた可能性も高いといえます。

何か悪い事してしまえば親がすぐに手助けし誤ったり、何もできないことをいいことに親に甘え上手に育だった場合もあります。

もし、ありもしないことであなたに責任転嫁するママ友がいれば、それこそトラブルの原因になります。

こういったママ友は距離をおいて付き合う方が賢いですね。

お受験命である

子どもが受験したいのか、親が受験したいのかよくわからない親子っていませんか?子どもは、親の期待に応えようとお受験に、お勉強にと必死になっています。

親は、自分のことはさておき子どもに良い学校を卒業させたいために、お受験命になってしまっているママ友も付き合いにくいタイプの1人です。

子どもの将来を考えるだけでなく自分たちのステータスまで満たそうとするため、子どもはいつも追い詰められている傾向にあります。

さらに、親が子どもの進路を決めてしまうため子どももどことなく引っ込み思案や少々暗めのタイプが多いといえます。

その背景には、自分が何を言っても受け入れられない、または自分の思い通りにならないと感じているため自信をなくしている可能性があります。

子みれば、親が分かると言うように、子どもの様子で親の状態がわかってしまう場合もあります。

自分も子どももブランドファッションを身にまとっている

やはりお金の匂いのするご家庭には、ママ友たちも少々お気に召さないようです。

ママ友自身はもちろんのこと、子どもまでブランドファッションを身にまとっていれば、当然ねたまれたり羨ましがられたりするネタになります。

そのため、いつもブランドの服を着ている親を見れば、その親が過ぎ去った後に、仲の良いママ友同士で集まりその話題を言い合っているのかもしれません。

ブランドを身にまとう母親自身は、見せつけていたり自慢するつもりはないのですが、やはりいつも安いコーディネートや見切り品ばかりを買っているママ友にしてみれば悔しいネタの1つになりそうです。

また、いつもブランドばかりを着ている人もプライドが高い人が多いため、自身の立ち振る舞いや行動など気をつけるべきところもたくさんあると言えるでしょう。

子どもに習い事を沢山させていることが自慢

「子どもの習い事につき¥100,000は飛んで行く」と、おっしゃるママ友は周りにいますか?子どもに習い事をたくさんさせていることがステータスになっているママ友がいるようです。

しかし、習い事をさせているからといって特別子どもが飛び抜けた才能があるわけでもなく、むしろ毎日習い事ばかりで落ち着きのない子に育ってしまう場合もあります。

やはり、子どもは子どもですので、遊びから学ぶことがたくさんあるのです。

社会性を身に着けたければ、保育園や幼稚園で友達との社会性を学んだり、また先生と上下関係の社会性を学んだりするわけです。

習い事小さい頃からしていたからといって親の思うように育つ子どもになるとは限らないのです。

何の自慢だかわからないママ友は、やはり周りから距離を置かれる存在になりやすいといえます。

自分のことは棚に上げて人をよく説教している

「また、先生に説教している」など、自分の行いや行動はきちんとできていないくせに、他人にばかり執着し、よく説教しているママ友はいませんか?気が強いだけでなくむしろ、気が弱くやられる前にやると言うタイプなのかもしれません。

自分の考えが正しいと思い込みすぎるあまり、自分の行動を省みることができず、人の行動が身に付いてしまうタイプといえます。

さらに、子どもに関してもそういった教育をしていますので子どもが大きくなり、母親の言動がおかしいと気づき始めた時、子どもの反撃があるかもしれません。

やはり、大人でも付き合いにくいようなママ友は孤立しやすいタイプになります。

3. 学生時代の友達と同じような接し方をするのはNG

学生時代のように仲良く友達として、接することができるという考えは捨てた方が賢いですね。

やはり、学生時代を得て就職、結婚し家庭を持った身ですので、なかなか学生時代の友達のようにはいきません。

さらに、子供を産んだことで学生の頃とは違いさらに気持ちが落ち着き始めますので、学生時代のような仲の良い友達はできにくいと言えるでしょう。

もし、あなたはママ友に期待している部分があるなら、期待する部分を30%、期待しない部分を70%にしておくことで様々な問題を回避できる場合があります。

つまり、信じ込みすぎてしまうと裏切られた時に自分が傷つくことと、裏切られたショックから人を信じられなくなる場合もあります。

本当に仲の良い友達になれるなら、何もしなくても居心地が良く、さらに長い付き合いができるのではないでしょうか。

学生の頃のステージとは違い、新たにママ友でのステージの出会いですので、ママ友なりのお付き合いを考えてみてはいかがでしょうか。

ママ友たちと仲良くすべき理由3個

ではここからは、ママ友たちと仲良くすべき理由についてお知らせしていきます。

たった3つのことを心に留めておくだけで、ママ友に対する構え方や接し方も変わってくるかもしれません。

今までが、非常に辛いママ友同士の場合でも、以下の仲良くすべき理由について知ることができれば自然と、ママ友達と仲良くできるのではないでしょうか。

ここは、あなた自身の問題ではなく子どもを通してのママ友ですので第一に子どものことを考えてあげることを優先しましょう。

1. 子どもがいじめられないために

1番大切な事は、子どもがいじめられないためにママ友達と仲良くすべきでしょう。

親は、必ず子どもの親を見ます。

自分とタイプが違ったり気に入らないタイプであれば、あなたの子どもも攻撃対象になるかもしれません。

親として1番辛いのは、子どもが自分のせいでいじめられることです。

子どもが悪いことをしていじめられる場合は親と協力し解決をしていけば良いのですが、自分が原因で子どもがいじめられるとなると子どもがかわいそうですよね。

やはりここは大人のお付き合いと言うことで、付き合いたくないママ友たちにも付き合っておくほうが賢いかもしれません。

2. ご近所のことや受験など、有用な情報が入ってくる

ママ友達と仲良くすることで、ご近所付き合いや、受験の事などあなたにも良い情報が入ってくる場合があります。

ママ友達と情報交換ができることで、お互いに良い情報共有できる場合もあります。

ママ友とのお付き合いがダラダラ長いものになると苦しい付き合いになりますが、良い情報を共有できるのはお得なのかもしれません。

このように、ママ友は様々な場所でたくさんの人と話す人も多いためご近所のことや、受験の情報など有用な情報が入ってくる場合があるといえます。

3. 人間関係のストレスで精神を病まないために

ママ友含め、人間関係のストレスで接心を止まないために何をしたらいいのでしょう?それは程良い距離で付き合うと言うことです。

くっつきすぎてもこちらがえらくなり、またなりすぎても孤立してしまう可能性があります。

そこで、1番良い人間関係のストレスで精神を止まない方法は程良い距離でママ友たちとお付き合いをしていくと言うことです。

付かず離れずが人間関係のストレスを感じさせない距離なのかもしれません。

さらに、相手に気を使いすぎ優しすぎる方も気をつけないといけません。

相手はあなたが優しいとわかるとズケズケと人の家庭内にも入ってくる人が多いのです。

そうならないために、あらかじめ断る理由を用意しておくか、ストレスにならない程度にお付き合いをしておきましょう。

ママ友からの孤立を防ぐ方法とは?

では、ママ友からの孤立を防ぐために何ができるのでしょうか?ママ友同士の流れから、考えた視線で話をしていきます。

ぜひあなたがママ友同士の付き合いから孤立してしまわないよう今後注意して行動していってください。

もし、ママ友から孤立をしてしまえば、あなたのお子様も被害を受けるかもしれません。

そうならないためにもまともからの孤立を防ぐ方法をぜひ考えていきましょう。

1. 誘われたらなるべく参加する

近所のママ友に誘われたら、なるべく参加するようにしてみてください。

時間の許す限りで構いません。

全く顔出さないのでは付き合いが悪いと思われるか、避けられていると感じてしまう場合もあります。

そうなれば、もちろんあなたの悪口を言うママ友が出てきたり、あなたのことを人に見てくるママ友もいるかもしれません。

近所付き合いと同じようにママ友に誘われたらなるべくママ友の会には参加してみてください。

2. 悪口や愚痴話は取りあえずうなずいておく

悪口や愚痴話は、同調したりせず、とりあえずおなついて知らないふりをしておきましょう。

「へーそうなんだ!」など、口や悪口を一緒に行ってしまえばあなたが悪口や愚痴を言っていたと言われてしまいますので、ぜひとりあえずうなずいておく程度に留めておきましょう。

しかし一緒になって話を盛り上げない

きほどもう少しお伝えいたしましたが、一緒になって話を盛り上げてしまえばあなたが悪口や愚痴を言っていたと言うことになりかねませんのでここはぜひ注意したいところです。

一緒になって話を盛り上げてしまえば、もちろんあなたもその悪口や愚痴に参加をしていたことになりますので、ここは慎重に一緒になって話を盛り上げないことが大切です。

ついついその場の雰囲気で、話を盛り上げてしまわないよう心にセーブしておくといいですね。

3. 随時有用な情報を提供してあげよう

ママ友に有益な情報を提供することで、あなたが重宝される存在になりそうです。

そうなるために、随時ママ友達が喜ぶような情報を仕入れておき、提供することが喜ばれるポイントになりそうです。

ママ友は、そんな自分たちにプラスになるママ友を大切にしますので、常に有用な情報収集はしておくことが大切です。

さらに、あなたが有用な情報を提供することでまた、ママ友も有用な情報を提供してくれるかもしれません。

このように、情報交換をすることはとても大切なことであり、また良い意味で親睦を深めることにもつながります。

4. ファッションは適度なお洒落に留めておく

あまり目を引くファッションや、トレンドや流行を取り入れたファッションしていては、ママ友にも目をつけられてしまう可能性があります。

おしゃれをしたいのは休日やよそ行きの時だけにしましょう。

普段からファッションに力を入れていては他のママ友たちの嫉妬にもつながります。

そうならないためにファッションは適度なおしゃれに留めておく方が賢いかもしれません。

あなたが、おしゃれに敏感でお洒落をしたいと思うママなら、ぜひ旦那様との休日デートや休日にファッションを楽しむように気持ちを変えていきましょう。

ママ友に会うとわかっていながらおしゃれをしていけば、それも嫉妬の対象になりかねません。

やはり、素敵なファッションをしていれば目立つ事はもちろん、ママ友の嫌な気を引っ張ってしまうことも考えられます。

注意をしておくよう心に留めておいてください。

5. 子どもにはママ友ボスたちの子どもとあまり関わらないように言っておく

こちらの意見は、賛否両論ありますがはっきりと「ママ友のボスたちの子どもに関わらないで」と、言ってしまえば、保育園や学校などで自分の子供がママ友のボスの子どもに直接「ママに、君と遊んでいけないと言われた」などと言うことを告げ口されては困りますので、他に仲いいお友達と遊ぶよう仕向けてはいかがでしょうか?

さらに、具体的に名前を挙げあなたが知っている子で、さらに自分の子どももよく遊ぶ相手が理想的です。

直接ママ友のボスの子どもの名前は出さず、もし子どもからママ友のボスの子どもの名前が出てきたとしても、きちんと子どもからの話をうなずきながら聞いてあげることと、ママ友のボスの子どもの事は悪く言わない方が良いでしょう。

子どもの話と言うのは非常に怖いもので、話が途中でおかしくなったりしてしまう場合もあります。

変にママ友にその情報が伝われば、それこそあなたが孤立する原因にもなりかねません。

そうならないためにきちんと子どもに話をすることと、絶対に子どもの交友関係を否定しないことが大切です。

それさえ守れていればきちんと子どもも遊ぶ相手を選び、ママ友のボスの子どもとは、距離を置いて遊ぶようになるかもしれません。

6. ママ友たちの好きな話題や好きなものについて知識を入れておく

ここは、リサーチ力が試されるところですが、ママ友達の好きな話題や好きなものについて知識を入れておくことが大切です。

例えばママ友の好きなファッションブランドのセールだったり、お得な情報等があればすぐに情報共有をしてあげましょう。

さらに、ママ友同士のお茶会やママ友会などで、それぞれの好みをリサーチし知識を入れておくといいかもしれません。

話についていけなければ話になりませんので、きちんと会話を聞いておくようにするといいですね。

このように、ママ友達とお付き合いするのは非常に神経の使うことでもありますが、使い方によってはうまく付き合えれば素敵なママ友同士の関係になれることでしょう。

ママ友と上手くお付き合いをしていくために…(まとめ)

いかがでしたか?

これであなたも少しはママ友達と仲良くやっていけそうでは無いでしょうか?

あなたの考え方や気持ち次第でママ友との交友関係も好転していく可能性があります。

いつまでも、ママ友同士の付き合いを拒否したり否定するだけでなくうまくお付き合いをしながら距離を保つことで子どももあなたもママ友たちを含めみんな仲良く過ごしていけるのではないでしょうか。