社会に出て働くと言う事は、それだけ責任がついてくるということになります。

その為、学生のアルバイト感覚のまま仕事を開始してしまうと、その差に戸惑い上手く対応する事が出来なくなってしまう事もあるあかもしれません。

中にはその差に対応する事が出来ず、仕事を辞めてしまう人も居るかもしれません。

どんな仕事であったとしても必ず責任と言うものはついてきます。

その為、社会人と学生との違いをしっかりと理解して行動する事は立派な社会にになる為にもとても必要な事でしょう。

そこで今回は、その大きな差についてご紹介させて頂きます。

もうすぐ社会人の方は勿論、既に社会に出ている人も、今一度自分自身を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

学生と社会人の違い6選

学生と社会人とでは大きな差があります。

例え同じミスを犯したとしても、学生であれば許される事も、社会人なら怒られるような事もあるかもしれません。

学生は、どんなに頑張って働いていたとしても数年限ぎりのアルバイトです。

ですが、社会人は違います。

その会社の代表となる存在なのです。

その為、社会人になった時点で学生気分を捨て心を入れ替えて行動しなければならないのです。

とはいえ、いきなり社会人になって全てを完璧にこなす事が出来る人は居ません。

そこで、学生と社会人の大きな差についてご紹介させて頂きたいと思います。

1. 時間厳守


社会人としての基本の基本は時間を守る事でしょう。

学生の頃は、数分の遅刻であればおおめに見て貰える事もあったかもしれません。

しかしながら、社会人となった後はそうはいきません。

その為、時間を常に意識して早めに行動する事を心がけましょう。

時間は何も出社時間だけの事ではありません。

例えば、何かの書類の提出期限があったとします。

それは必ず守らなければならないもであり、絶対に変更する事は出来ません。

社内は勿論、取引先が相手なのであればそれはなおの事です。

数分・数日の遅れであれば問題ない。

そんな安易な考えが命取りになってしまう事も十分に考えられるでしょう。

その為、私たちは常に時間を意識して生活する必要があるのです。

2. 会社の名前を背負っている自覚を持つべき

社会に出ると言う事は、自分の言動は自分の物だけではありません。

あなたが所属している会社の発言として多くの方に意識される事になるのです。

その為、あなたの不要な発言によって会社の信用を落としてしまう事も十分に考えられます。

学生時代であれば、先方も『学生だから仕方がない』と思ってくれたかもしれません。

しかしながら、一社会人ともなればそうはいきません。

大きな問題に発展する事は容易に想像がつくでしょう。

学生と社会人では、持っている責任の大きさが全く違います。

その事を意識して行動し中ればなりません。

3. 自分の言動に責任を持つ


社会に出れば、あなたは個人として見られるのでは無く会社の代表として世間から見られる事になるでしょう。

その為、自分の発言や行動は会社の発言として伝わると言う事を意識しなければなりません。

例えあなたが個人的に発した言葉であっても相手はそうは受け取らないかもしれないからです。

学生の時には好き勝手発言出来た事も、社会人になればそれが出来なくなる事もあるのです。

窮屈に感じるかもしれませんが、それが大人になると言う事なのです。

4. 人間関係や人脈を非常に大切にする

社会で働くと言う事は、一つの大きなチームに参加する事になります。

その為、そのチームメイトとは出来るだけコミュニケーションを取り、円滑に仕事を進める事が必要でしょう。

最近では、コミュニケーション能力が低い若者が話題となって居ます。

その為、社会に出てもその環境になじむ事が出来ず、上手く会話をする事も出来ないという人も居る用です。

ですが、それではいつまで経っても自分の視野を広げる事は出来ません。

多くの人と関わる事でいろいろな考え方や仕事のやり方を見る事で自分自身を成長させる事が出来るのです。

最初は苦手に感じる事も、慣れてしまえば楽しいと感じる事が出来るかもしれません。

何も友達になれとは言っていません。

深く相手の中に入らずとも会話をする事は出来るはずです。

その能力を身に付ける事が出来て居るかどうかもまた、社会人としては大事な事なのでしょう。

5. 自我を通さない

仕事において、あなた個人の考えは必要ありません。

会社の方針があるのであれば、それに従う事が基本です。

『俺は会社を変えてやる』と意気込む人も居るかもしれません。

しかしながら、それはあくまでも経験を積んで初めて出来る事です。

いきなりの新入社員が自分の考えをもって仕事をするなど、無理な話なのです。

どんな物事であっても、まずは基本が大切です。

その為、社会人になった時はまずは全てを受け入れそれをこなす事に重きを起きましょう。

基本を身に付ける事が出来て初めて自分自身の考え方を伝える事が出来るというものです。

大きな夢を見る事は良い事ですが、まずは現実を見極め着実な道を歩む事も必要出は無いでしょか。

6. 常に受け身ではなく能動的に行動する

学生時代にアルバイトをした事がある人も多い事でしょう。

アルバイトの場合は、あくまでもサポート役であり、何かを率先して行う事は無いでしょう。

社員の方々の話を参考に仕事を考え指示されたとおりに動きます。

それがアルバイトに求められている事であり、そこに個人の意見などは必要ありません。

しかしながら、社会人はそうはいきません。

自分のやるべきことを自分で考え行動する必要があるのです。

その為、いつまでも指示を待っていて一向に自分から行動する事が出来ない方はその後の成長も見込めないと思われてしまう事もあるかもしれません。

アルバイト経験が長ければ長いほど、つい指示を待ってしまうものですが自分から動く力を身に付けましょう。

いつまでも学生気分はNG!

新入社員の時、一番最初にぶつかる壁が学生との違いでしょう。

学生時代アルバイトを経験してきた方は、その感覚をもって仕事を開始します。

しかし、学生であれば許された事も社会人では通用しない事が多々あります。

その為、その差に驚き戸惑いを覚える事でしょう。

会社側も、何もいきなり完璧な社会人になれるとは思って居ません。

しかしながら、少なくとも学生気分で居る事を辞めて欲しいとは思って居るでしょう。

これはあくまでも自覚の問題であり、結果を求めて居る物ではありません。

その為、自分自身の心の持ちようで変える事が出来るでしょう。

学生の時には感じる事の無かった社会人としての責任を、仕事をするようになりひしひしと感じる事になるでしょう。

ですが、それは悪い事ばかりではありません。

自分の考え方次第でいかようにも変える事が出来ます。

1. 社会人としてのけじめを身につけよう

社会人として最も大事な事は、自分の行動は自分一人の責任では無く会社の信用に関わると言う事です。

その為、一つのミスが取り返しの付かない事になってしまう事もあるのです。

学生であれば、仕方が無いと許される事もあるかもしれませんが社会人ではそうはいきません。

自分の言葉や行動一つ一つに大きな責任をもって行動するようにして行きましょう。

この他にも、時間を守る事や身なりの清潔さなど『社会人』であれば当たり前のように要求される事もあるでしょう。

その一つ一つを理解して自分を正して行かなければならないのです。

なれない間はなかなか大変だと感じる事もあるでしょう。

こんなことなら学生気分の延長戦でアルバイトのまま過ごした方が良いと感じる事もあるかもしれません。

しかし、アルバイトはいつまで経ってもアルバイトです。

最初は大変だと感じる社会人も、長い目で見れば必ず自分の為になってくれる事でしょう。

身に付けたマナーやルールは決して無駄にはなりません。

是非その事を理解して前向きに行動して行きましょう。

2. 社会人としての自覚がないとどうなる?

社会人になっても自覚が無い人は多々居る物です。

そんな人が会社に一人居るだけで、周りの士気は下がってしまいます。

更には、不利益を出す場合もあり、決して楽観視出来る物ではありません。

自覚の無い人が起こした人が起こしたミスによって、周りに居る全ての人が迷惑する可能性があるのです。

その事に気が付く事が出来なければ、いつか周りから見放され独りぼっちになってしまう事もあるかもしれません。

更には、仕事を続けることが出来なくなってしまう事だって考えられます。

生きていく為には、仕事をする事が必要です。

その大事な仕事に対して真摯に向き合う事が出来ない人は今後の人生でも頑張る事が出来ないのではないでしょうか。

仕事を通して、自分自身の人生を前向きに変えていく為にも社会人としての自覚は必要です。

1. 同僚や上司に迷惑がかかる

仕事はあくまでもチームでやる物です。

例え営業成績などで競い合っていたとしても、大きく考えればそれは全て同じ会社の利益となります。

その為、会社を存続させる為には多くの人の結束が必要なのです。

ですが、その中に社会人としての自覚が出来ていない人が混ざるとどうでしょうか?他の人たちのやる気が下がり士気が上がらないと言う事になるかもしれません。

更には、その自覚の無い人が起こしたミスによって大きな損失が会社に出てしまう事も十分に考えられるでしょう。

2. いつまでも成長できず出世もできない

社会人としての自覚が無い人に大きな仕事を任せる事は出来ません。

その為、自覚が備わるまでは何年たったとしても大きな仕事を任せる事は出来ないでしょう。

本来であれば、大体一年もすれば社会人としての自覚は出来るものです。

ですが、本人にその意思が無ければ例え何年たったとしても成長する事は望めないでしょう。

学生とは違い、社会人の評価は実にシビアな物です。

実力が無い人に、お金を出してくれる会社はどこにもありません。

その為、ずっと給料が上がらず出世も出来ないという状況も決してめずらしい事では無いでしょう。

自分自身の現状をどうにかしたいという気持ちがあるのであれば、自分で自覚を持つしかありません。

社会人としての自覚は勉強などで手に入れる物では無く、自分の考え方次第でいかようにも変える事が出来ます。

その為、私たちは自分自身でその自覚を育てて行かなければならないのです。

社会人になると言う事は、それだけ大変な事なのです。

3. 精神的にも経済的にも自立できない

社会人とは基本的に、経済的にも自立している人を指します。

しかしながら、現在の日本では例えs事をしていたとしても、経済的に自立出来て居ない方は多々居ます。

いくつになっても実家に暮らす事は悪い事ではありません。

しかしながら、経済的に依存しているのであればそれは問題でしょう。

結婚などをして、家族の形が変わらない限り親子の関係性は変わる事がありません。

親はつい子供をいつまでも『子供』としてみてしまうのです。

その為例え経済的に自立する事が出来て居なかったとしてもさほど気にも止めないかもしれません。

仕事をして入れさえすれば、問題無いと思っているのでしょう。

ですが、精神的に自立出来て居ない人は例え仕事をしていたとしてもいくつになっても一人で歩いて行く事は出来ません。

親はいつか居なくなるものです。

その現状を、親子それぞれが理解して、それを意識して行動して行かなければいつか必ず困る時がやって来るでしょう。

その事を忘れずに行動してください。

3. 客観的に自分の生き様を見てみよう

自分自身を客観視する事は、とても大切な事です。

それをする事が出来るかどうかによって、人生の内容が変わってくると言っても過言ではありません。

井の中の蛙大海を知らずというような状況になってしまわない為にも、自分の現状を冷静に判断する事はとても大切な事です。

社会人としての自覚は、1日や2日で出来る物ではありません。

自分の中では完璧に出来て居ると思っても、いざ社会人になって見ればまだまだだと驚愕する事もめずらしい事ではありません。

それほど、学生と社会人には大きな差があるのです。

ですが、今社会人として平然と過ごしている方も以前は学生だったのです。

それが年月をかけてゆっくりと社会人としての自覚をもって行動する事が出来るようになったと言う訳です。

ですから、最初のうちから自覚が無い事は当たり前です。

それを自分が意識する事によって、少しずつ備わって来る物なのです。

最近では、就職してすぐに会社を辞めてしまう方も珍しくないようです。

ですが、それでは社会人としての自覚が備わる前に辞めてしま事になります。

最初は大変かもしれませんが、それを身に付ける事が出来れば、あなたを支える財産に必ずなってくれる事でしょう。

その事を意識して少し頑張ってみる事も大切でしょう。