それ程親しくない間柄の人と道でばったり会ってしまい、自分とパートナーの関係や状況について聞かれてしまった時、「仲が良いですよ」とか「普通に上手くいっています」なんてことを返すのが照れくさくて「腐れ縁ですかね」という言葉を使うことはありませんか?

この何気なく、そして悪気なく使っているかもしれない「腐れ縁」という言葉は、実は将来自分が幸せになれるかどうかの大切な鍵を握っているのかもしれないのです。

腐れ縁とは本来どんな意味が含まれているのか?なぜ将来の幸せ度と関係があるのか、腐れ縁と呼べる人の10個の関係性の特徴についてご紹介します。

腐れ縁の人がいますか?

皆さんには腐れ縁と呼ぶパートナーや友人がいますか?「いたらいいなと思う時があるけれどいない」とか「幼なじみと呼ぶ人はいます」なんて答えが大半かと思います。

普段何気なく耳にする「腐れ縁」という言葉は、そもそもどんな意味なんでしょうか?

1. 腐れ縁の定義

腐れ縁とは「離れよう、縁を切ろうとしても断ち切れない、好ましくない関係」のことをいいます。

え?良い関係ではなくて悪い関係なの?

そうなんです。

腐れ縁とはその名の通り腐った縁=好ましくない関係だったのです。

これまで腐れ縁とは、離れようとしても離れられないくらい結びつきの強い良い関係だと勘違いしていた方が多かったのではないでしょうか。

しかし腐れ縁の意味にはその関係を自嘲する=自らが自らを軽蔑するような意味合いを含んでいたのです。

この言葉は決して褒め言葉ではありません。

2. 昔は「鎖縁」とも書いた


一説によると昔は腐れ縁を「鎖縁」と書いていたことがあるんだそう。

その頃の鎖縁の意味はというと、どんなに遠くに離れていても、どんなに忙しく行動していても、まるでチェーンで繋がれた二人のように離れられない運命の相手がいるというものでした。

え?今と違って良い意味じゃないの!

そうなんです。

昔の鎖縁には今と違って良い意味が使われていたんです。

なぜ昔は良い意味で使われていた「腐れ縁」の意味が、今では悪い意味に変わってしまったのか・・・。

その答えは現代の男女関係・不安定な経済状況・格差社会などと大きく関係していました。

3. どうして離れられないの?

くっついたり離れたり、またくっついたり離れたり・・・。

周囲からすれば「いい加減にしたら?」と言いたくなるような関係を続けるカップルっていますよね。

本人たちも「今回は本当に別れようと思ったんだけど・・・」「どうしてかまた元に戻ってしまって」なんて言い訳を並べるありさまです。

こんな人達がまさに「腐れ縁」と呼ぶ人たちです。

彼らは彼ら自身が「よし!今回は本気で別れよう」と思ったのになぜ何度も元に戻ってしまったり、離れられなくなってしまうのでしょうか?

ここで一つクイズです。

あなたの友人にテンションが低いカップルがいたとします。

彼らはいつもラブラブな雰囲気でなければ滅多に感情を表に出したりしません。

誕生日もクリスマスもバレンタインもほとんどイベントごとについては何も行動を起こしません。

そんな二人についてあなたはつい「二人とも本当に好きな人同士なのかな?」そんなことを思ってしまうことがあります。

好き同士ならもっと感情を表に出して時に喧嘩することだってあるはずです。

【クイズ】こんな二人の関係は「腐れ縁」に含まれるのでしょうか?

答えは「NO」です。

例え常にテンションの低い恋愛だとしても、このような関係が運命の恋でないとは限りません。

将来は結婚に繋がる恋・いつも何かにドキドキしているジェットコースターのような恋だけがドラマチックではないのです。

ただ淡々としていて静かな二人であっても、腐れ縁とは違う「運命の恋」があるということを覚えておいて下さい。

自分たちが腐れ縁なのか、それとも運命の恋なのか?運命の恋を見極めるコツは、以下の3点です。

①離れてもなぜか会うチャンスが偶然にやって来る
②本人たちの意思に関係なく深い関わりを持つ必然がやって来る
③喧嘩がより二人の仲を深める良いきっかけに変わってしまう

ポイントは「本人たちの意思に関係なく」という点です。

会いたいと思ってなくても会ってしまう、何となくどこかに一緒に行ってしまう、とくに特別なことはないのにただ何となく楽しくて幸せな気分になってしまう。

「なぜかいつも隣にいる」そんな関係は運命が引き寄せているとしか考えられないのです。

これに対して、残念ながら「腐れ縁」に含まれるのはどんな関係なんでしょうか?

①寂しい時、愚痴をこぼしたい時、甘えたい時に会いたくなる
②お互いに依存しているので二人でいるのが楽だったり、安易にセックスしてしまう関係がある
③喧嘩するとお互いの心を傷つけてしまう

ポイントは「①の寂しい時、愚痴をこぼしたい時、甘えたい時に会いたくなる」です。

ハッピーな時は会いたいと思わない・彼を思い出さない、綺麗な日に会いたいのではなく、ネガティブな時にだけ会いたいと思ってしまう相手はほぼ間違いなく「腐れ縁」です。

残念ながらそんな相手とは幸せな未来を築くことはできません。

お互いがお互いに傷つけて悪い関係になってしまう、でも別れられないし離れられない、それこそが腐れ縁、だから二人は離れられないのです。

4. 本当は大切な人なのかも


腐れ縁の関係に陥ってしまっている場合「本当はお互い別に好きな人がいるけれど、その相手とは上手くいっていない」「しかし一人でいるのは寂しいのでお互い一緒にいる」そんな気持ちを持っている人がたくさんいます。

それらの人に共通するのは「現状があまり上手くいっていないこと」です。

自分にはもっと素敵な人との出会いがあるはずだからと、潜在意識の中でそう思ってしまっているのかもしれませんが、実は目の前にいるそんな相手が本当は大切な人かもしれないのです。

スピリチュアルな世界では「似た者同士は強く引き寄せられる」と言い伝えられています。

そう、似ている人同士は本人たちが意識しなくても自然と引き寄せられてしまうのです。

腐れ縁の場合、恋や人生に上手くいかない後ろ向きな二人は気持ちを分かち合い「ぬるま湯」という湯につかることで離れられなくなってしまいます。

そこには本人たちが既に分かっている通り「ずるさ」や「甘え」「怠惰」な感情が渦巻き、次第に互いを計算し合い、最後には「この人は自分にとってメリットがあるのかどうか?」で一緒にいることを判断するようになってしまいます。

しかしここでふと「そもそも本命の彼を好きになった理由」を振り返ってみます。

一体どの部分を見て、考えて、判断して、人は人を好きになっているのでしょうか?

・容姿がいい
・振る舞いが男らしい
・かっこいい仕事に就いている(経済力がある)
・友達に自慢できる
・自分にない魅力がある

腐れ縁の関係になっている二人は、お互いが好きになった人よりもそれぞれ同じくらい劣っている可能性があります。

腐れ縁の関係は、まるでお互いを鏡で映しているようなものなのです。

このまま腐れ縁の関係を続けていくのならば、相手が劣っていることはほとんどそのまま自分にも当てはまることなんだということに気がつき、二人でお互いを高め合う関係に変えることが大切です。

無駄に時間が過ぎてしまうそんな関係に終止符を打てば、腐れ縁を運命と呼べる関係に変えることができるのです。

腐れ縁と呼べる人の10個の関係性の特徴

今自分と一緒にいる相手が「運命の相手」なのか、それとも「腐れ縁」なのか、もしかしたら「私のパートナーって腐れ縁の方なのかもしれない」、そんな風に心配になってきた方の為に、「腐れ縁と呼べる人のより詳しい状況」を10個に分けてご紹介します。

1. 互いに依存している関係性

腐れ縁の関係に陥ってしまっているカップルは大抵の場合「離れたくても離れられない」「切っても切れない関係」なんて言い訳をしがちですが、実は腐れ縁でも本人たちが本気で離れようと思えばできないことではありません。

「離れる=もう会わなければいい」ただそれだけのことなので、そう難しいことではありません。

しかし現代社会において腐れ縁になってしまった二人が別れを決意することはとっても難しいことなんです。

隣近所との関係がほとんどなくなってしまった今、一人暮らしの若者は職場と自宅を行き来するだけの日々を過ごしている人がたくさんいます。

学生時代は「自分はきっと成功する」「他の友人と自分には差がある」そんな希望を抱いて社会に出ていったはずなのに現実はあまりにも厳し過ぎるのです。

新入社員で入社したばかりの頃は、職場には素敵な上司がいるかもしれないなんて期待したことがあったかもしれませんが、実際にいるのは意地悪な同僚ばかりです。

人生が上手く行かなくなってくると、学生時代の友人とも疎遠になりだし、次第に孤立していきます。

そうなってしまえば「一体誰を信じていいのか」分からなくなってきたり、気がつけばコンビニのご飯ばかりを食べている自分が「何の為に生きているのか」分からなくなってしまうのです。

そんな心を癒せるのは「仕事が終わって誰かに会いたい」「夕飯だけでも誰かと食べたい」「1日たった1時間だけでも自分らしく自由に過ごしたい」という気持ちです。

だからかっこいい彼氏はできないけれど、なんとなく自分のことを誘ってくれるA君(仮名)と一緒にいることが多くなり、求められるままに体の関係もずるずると続いてしまう。

好きでもない彼と一緒にいても幸せにはなれないけれど、一人ぼっちになるのだけは絶対に嫌なんです。

もしかしたらあなたの今のパートナーも同じような状況ではありませんか?

このような関係を「互いに依存している関係」と呼びます。

分かっているけれど離れられない・抜け出すことができない関係なのです。

負のループはそう簡単に解除することはできなません。

2. 昔、互いに深く愛し合った関係性

他にはこんな関係もあります。

昔、互いに深く愛し合った関係性の体験例

彼と会ったのは急遽参加しただけの飲み会の場でした。

そこにはほとんど知らない人ばかりで気はのらず「1時間したら帰ろうかな」そう思ってしぶしぶ参加していると、まさかのドストライク、自分の好みの人間がテーブルの斜め前に座っていたのです。

その人はまるで「成田凌さん」のよう、おしゃれなヘアスタイルに身長は180㎝、細マッチョと普通マッチョの丁度間くらいの体系でした。

「ま、こんなイケメンに相手にされるわけはない(苦笑)」そう思って適当に飲んでいると「〇〇さんですよね。

一緒に飲もう」と誘われました。

「これって人生で数回しかないチャンスかも(焦)(嬉)」隣で飲む彼と話をするのがやっとなくらい緊張しながらも楽しい時間を過ごしました。

最初に彼が私に話掛けた時から私は彼が「慣れている人」「きっと自分1番なタイプだろうな」ということは予想できました。

事実彼はそのままそういう人だったんです。

後日彼には彼女がいることが分かりました。

「やっぱりね。

成田凌似がシングルなわけないよね」そう思って諦めかけていると彼からメールが来ました。