仕事をしていると様々な人と関わりを持ちますよね。

例えば、自営業などであれば極力関わりは持たない場合があるかもしれませんが、それでも取引先などと話したりなど、人と人との関わりは当然生まれます。

一般的なな企業に勤めている人の場合は、より人間関係が密接になり、人と人との関わりは増えてきます。

例えば、同じ部署にある程度の人数がいれば役割分担を決めて作業を行ったり、同じ話題について話し合ったりする機会もたくさんあります。

連携が必要な仕事の場合は別部署の人ともかかわりがあるかと思いますし、自分自身で想像しているよりもたくさんの人と関わりあいながら仕事は行われています。

そんな中で、人間関係が招く良くない出来事などもあったりします。

例えば、職場で仲間はずれにされたり、いじめられたりする事です。

たくさんの人間が集まると、自然と能力には優劣がつき、出来ない人が怒られたり馬鹿にされたりしてしまう状況が生まれたりもします。

人間として、大人として恥ずかしい行為ですが、恥ずかしげもなくこのような事を楽しんでいるレベルの低い人が存在するのは事実です。

今回はそんな職場いじめをテーマにして、具体的な職場いじめの対処法をご紹介していきたいと思います。

今、もしもいじめられていたり、悩んでいる方がいれば、今回ご紹介する内容を参考にして自分なりに起こせる行動を考えてみてください。

悩んでいても解決しないので、行動が大事だという事を理解してください。

職場いじめの10個の対処法

職場いじめの対処法をご紹介していきますが、二つの状況に大きく分けてご紹介していきたいと思います。

いじめてくる相手が上司の場合と同僚の場合に分けてご紹介していきます。

相手によって対処方法なども変わってきます。

もしもあなたが今いじめにあっているのだとすれば、まずは立ち向かう事が大切です。

しかし、時には逃げる事も大事です。

立ち向かわずに、困難から逃げてしまえば、立ち向かう勇気が培われる事がありませんし、中には本当は自分が悪いのに、思い込みでいじめられたと思い逃げてしまっている人がいます。

これは本人が悪いとしか言いようがなく、すぐにあきらめてしまい自分自身が原因であるともいえます。

しかし、中には本当にいじめられている人も存在し、いじめに立ち向かう事で改善する場合もあれば改善されない場合もあります。

対処しようとしても、どんどん逆にエスカレートしてさらにいじめが深刻になる場合もありますので、その時には自分が悪いとは思わずに逃げる事が大事です。

逃げる事で、自分が深刻な状況になる前にその環境から脱出できるようになります。

なので、時には逃げる必要が大事であるという事を踏まえつつ、なおかつ対処できる場合は対処するなどの方法を実践してみるなど自分なりに工夫してみてください。

上司編

まずは上司にいじめられた場合の対処法などをご紹介していきます。

いじめられる場合、相手が上司となると少し厄介な状況になります。

同僚と比べた時に、上司の場合は立場が上なので、圧力をかけやすい立場にいるという事です。

怒れるポジションにいれば、執拗に怒ってくる事もありますし、それに歯向かえば自分自身が昇格できないような場合などもあります。

立場が上な事をいいように、いじめてくる人が多いので、改善しようにもなかなか難しい場合などもあります。

しかし、対処法は存在しています。

いくつかご紹介しますので、実践できる部分は実践して、改善するかどうか試してみてください。

1. 更に上の上司と仲良く話しているところを見せつける

上司にいじめられた場合の対処法としては、上司のさらに上の上司と仲良くしてください。

相手は一番上の立場であればどうしようもできませんが、もし中間管理職であれば、さらに上の上司と仲良くするように行動する事で、相手に威圧をかけることが出来ます。

もう気づかれている方も多いかもしれませんが、上司は部下をいじめている事を自覚しています。

そのいじめている部下がさらに自分よりも上の上司と仲が良かった場合には、自分がいじめている事を上司に相談する可能性を危惧します。

もしも管理職の立場の人間が部下をいじめているという事が判明すれば、必ず責任問題になりますし、社内でも問題がある人間だと思われて、立場が危うくになります。

なので、今まで以上のいじめを行おうとは思わなくなります。

なので、結果的に職場いじめが改善されるという場合が多いです。

まずは相手がいじめてくる理由を考えて、本当に自分が悪いのであれば改善すればいいだけの話ですし、改善しても何かにつけていじめを行ってくる、本当の意味でのいじめと判断した場合は相手の上司と仲良くなり、いじめてくる上司には威圧をかけるようにしましょう。

2. 自分の成果を他の上司に報告する

上司からいじめられている場合には、まずは仕事でしっかりと成果を出しましょう。

ちなみに、大事なのが自分が本当の意味で頑張っていない事に対して怒られていることは、いじめだと思わないようにしましょう。

本当に頑張っている人を悪く言う人はあまりいません。

しかし、中には頑張っていないからしっかりしろと言われて、いじめられたと思ってしまう人がいますので、これは勘違いであるという事を理解してください。

その上で、きちんとまじめに取り組んでいるのに、集中的に文句を言われたりする場合はいじめであると判断しましょう。

もしも本当にいじめの場合に関しては、さらに仕事を頑張り、成果を出し、それを別の上司に報告してみましょう。

そうすると、成果を出した人間を褒めない会社はありません。

もしかすると、その上司がいじめている上司に対して成果を出した人間をほめてくれるかもしれません。

そうすると、自然といじめにくい状況にもなりますし、成果を出している人間は認められやすいので、自然と同僚や周りの職場の仲間も仕事ができる人間だと認めてくれます。

そんな中で一人だけ上司がいじめなどを行ったりはしなくなります。

仕事ができるようになれば文句は言われなくなりますので、仕事を一人前にこなせるようにまずは努力してください。

世のなかを見ると、仕事が完璧に出来ている人は怒られることがありません。

怒るあらも探し出すことが出来ないくらい完璧な仕事をする、向上心のきっかけにしてやりましょう。

3. 元気よく挨拶する

上司からのいじめを防ぐには元気良く挨拶をする事も大事です。

一般的に考えてみると、いじめられる人には特徴がある場合があります。

その中でも元気がなかったり、弱気だったり、自分に自信がない人が多いです。

そういう方に関しては、周りからそれを見透かされてしまい、自己主張が弱いのでいじめても反抗されなかったり、我慢してしまうので調子にのっていじめられてしまうという悪循環が生じてしまいます。

だからこそ、明るく元気な姿を見せる事で、そのような印象を払拭することが出来ます。

いじめられている場合、いじめている相手には極力関わりたくない場合が多いです。

しかし、そのような場合でも、避けるのではなく、むしろ積極的に相手に対して明るい姿を見せる事で、相手の持っている印象を変えて、いじめを対処することが出来る場合もあります。

根っからの悪い人であれば、そのような姿を見てもいじめてくる場合がありますが、元気に頑張っている姿を見て改心していじめる事をしなくなる場合もあります。

逃げることは簡単ですが、立ち向かう事は勇気が要る事です。

しかし、逃げ続けると自分自身もつらくなってしまうので、逆に元気に明るくふるまう事もひとつの改善方法だといえます。

4. 弱ったところを一切見せない

弱ったところを一切見せない事もいじめを解決する対処法になりえます。

いじめられてしまうと、当然心の傷を負います。

中には、いじめられてしまい、会社に行きたくなくなってしまったり、いじめられると普段の生活で元気がなくなってしまい、暗い性格になってしまう場合もあります。

しかし、逆に弱ったところを一切見せない事が大切です。

弱ったところを見せてしまうと、悪い相手は調子に乗ります。

元気がなくなった姿を見て楽しんでいるんです。

人間は弱い生き物で、自分よりも弱い存在を見つけて安心したり、楽しんだりする一面を持っています。

特に精神的に弱い人ほどそのような傾向があり、自分よりも弱い存在を目立たせて自分の弱さを隠しているんです。

だからこそ、いじめてくる人の前で弱ったところを一切見せない事が大事だといえます。

いじめてもいじめても、明るく元気でいられるとつまらないと感じますし、だんだんと楽しくもなくなってくる場合がほとんどです。

なので、辛いかもしれませんが、いじめてくる人の前で元気をなくしたり、悲しんだりする様子を相手に見せないように工夫してみてください。

5. 言動を録音して証拠を残す

いじめが悪質である場合には、しかるべき対処が必要です。

例えば、悪質ないじめである場合には、言動を録音して証拠を残す事も辞さない覚悟が必要です。

徹底的に戦うと決めた場合これは非常に有効な選択肢になります。

特集されたテレビでも紹介されることが多いですが、言動を録音して証拠を残す事は大きく自分を有利にさせる方法です。

言った言わないになってしまうと、それ以上に解決が困難になり、どうしても立場が低い物が泣き寝入りをしてしまう場合があります。

なので、そうならないためには録音が最適です。

録音した音声があれば、証拠として提示できますし、実際に相手も言い返せなくなります。

録音をする事まで覚悟する場合は相手がかなり激しい言葉を日常的に発している場合がほとんどです。

なので、何度か録音するチャンスがあるはずですし、言動もあからさまにひどい場合があるので、大きな決め手にもなります。

ポケットなどに忍ばせて置き、いざという時には行動してください。

躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、どんな理由があるにしてもあまりにもひどい言葉を発せられてしまうのは社会でのルール違反です。

時には手段を択ばない方法を取る必要があります。

また、録音を取る事で、動かぬ証拠を持っているという事で精神的にこちらも楽になります。

自分を救うには自分が行動するしかありません。

状況を見て、使うべき時には利用してください。

6. レコーダーを持っていることをそれとなく分からせる

レコーダーを持っていることをそれとなく分からせる事もいじめを改善する対処法になります。

ここで重要なのはできる限り、録音を先にしてこの行動をとる事が大事です。

先に録音するという風なアクションを相手に打ち明けてしまった場合、相手は気を付けて暴言をはかずに、証拠として残らないようないじめを選択してくる場合があります。

なので、録音をした後に行うようにすることがポイントです。

録音をしておけば、動かぬ証拠として残すが事が出来ますよね。

そして、相手のいじめがどんどんエスカレートして収まらない場合、相手にレコーダーを持っている事をさらっとわからせてあげてください。

そうする事でこれはやばい状況だという事を相手に知らせることが出来、これ以上のいじめなどを行わないようになります。

いわゆる抑止力として使うことが出来、状況が改善するきっかけへと繋がります。

特に相手が立場のある人間であればあるほど効果的だといえます。

あまり大げさに相手ともめたくない場合には、このような方法を取る事で解決する事が出来ますので、最終的な手段としてとらえてみてください。

同僚編

ここまでは上司にいじめられた場合の対処法をご紹介していきましたが、ここからは場合同僚にいじめられた時の対処法などをご紹介していきます。

上司と比べると同僚の方が立場的には同じ立場なので厄介度が減るかもしれませんが、それでも陰湿ないじめなどを行ってきやすいので注意が必要だと言えます。

上司にわからないように水面下で行われる場合が多く、わかりづらいので陰湿極まりないといえます。

しかし、同僚だからこそ行える対抗策などもあります。

毅然とした態度で相手に対抗する必要がある場合もありますので、弱気にならずに、こちらが悪いという意識は持たないようにしましょう。

どんな理由があってもいじめは絶対にいけない事であるという正義を掲げて行動してください。

【同僚と上手く付き合う方法を知りたい人は、こちらの記事もチェック!】

7. 上司や会社に事実を伝える

まずは一番手っ取り早い方法としては、上司や会社の事実を伝えるという方法です。

自分がいじめられている、実際にこういう事が行われているという事を伝える事が大切です。

いじめは絶対に許されるべきことではありません。

必ず相談すれば相談に乗ってくれ、解決まで力を貸してくれるはずです。

しかし、中には面倒くさがって対応してくれない上司なども存在する場合があります。

もしもそのような上司が職場にいるのであれば、きちんと対応してくれる人を探して、相談に乗ってもらうか、もしも会社自体が対応してくれない場合は頼りにしない方が良いといえます。

会社自体が相談に乗ってくれない場合などは基本的にはあり得ないですが、ありえないような対応をする会社も存在しなくはないです。

なので、頼りに出来るのであれば相談して、頼りにならないのであれば他の手段を探す事が大事です。

しかし、まずは一番に行う方法であるともいえますので、いじめにあっていると認識した場合には相談してみてください。

8. 録音や記録を残す

こちらは先ほどの上司からいじめられている場合と同等ですが、録音ができるのであれば録音する事が大事です。

いじめが、暴言などを伴う物であれば録音はやはり一番証拠としても提示しやすい物ですので、動かぬ証拠として自分を支えてくれます。

相手の行為に対して言及する事もできますので、必ず録音をする事ができるならば実行してください。

大げさかもしれませんが、もしも裁判などになってしまった時でも証拠として提出できます。

9. 職場いじめの裁判に関する文章を机の上にそれとなく置く

同僚から執拗ないじめを受けている場合には、机の上に職場いじめの裁判に関する文章を置いてみてください。

恐らく、いじめている側はそれを見た時に冷や汗をかくと思います。

いじめている事を自覚していない人はいません。

面白がっていじめているのですから、それなりに自覚があるはずです。

そんな状態でこれを見れば、裁判をかけられるんじゃ、と心配になります。

これが火に油をそそぐ行為になる可能性も否定できませんが、しかし、抑止力としては大きな効果を持っています。

それでも改善しない場合はしかるべき対応が必要になり、これでいじめが抑えられるのであればそれ以上は面倒な事にもなりますので、いじめが解決すればなかったことにしてあげるのかどうかは当事者の判断になります。

何かしらの形で加害者には罪の意識があるので、そこをついた方法を取る事が改善する対処法につながるという事になります。

10. 他の社員がいる前で「いじめをやめてくれませんか?」という

いじめをやめさせるには、毅然とした態度は必要です。

例えば、他の社員がいる前でいじめをやめてくれという風に伝える事も大切です。

いじめを行う場合には、周りに気づかれないようにされている場合が多いです。

なので、みんなの前でしている事を公表すると相手にダメージを与えることが出来ます。

周りは知らない人ばかりなのであれば、それを聞いて味方になってくれると思いますし、逆にいじめをした側は大きな恥をかく事と、今後いじめのような事をしないかどうか監視もされますので、立場はこちらが有利になります。

とはいえ、みんなの前でいじめられているという事を公表するのは怖い人もいると思います。

出来ればで構わないので、出来ない人は無理をする必要はありません。

いずれにしても、毅然とした態度で相手にぶつかる事が大事です。

相手がシラを切る場合は、何かしらの証拠があるなら先に証拠を確保してから相手に言うようにするなどの工夫をすれば言い逃れが出来ないようにすることが出来るといえます。

【毅然とした態度については、こちらの記事もチェック!】

職場のいじめを許さない!

ここまでは職場でのいじめを解決する対処法をご紹介していきました。

職場はプライベートよりも多くの時間を過ごす場所です。

なので、当然長い時間いるという事は快適な職場環境でなければとてもストレスが溜まってしまう場所になります。

特に日本人は仕事に関しての意識が高い人が多いので、仕事内容だけでもストレスが溜まるのに、人間関係でもストレスが溜まってしまうと精神的な病気になってしまう可能性もあります。

病気になってしまってからでは遅いですし、我慢し続けて、結局自分だけがバカを見る羽目になってしまうのも納得できるわけがありませんよね。

職場のいじめは絶対に許せないという事と、そして毅然と強い気持ちをもって立ち向かう事が大事だという事を理解してください。

職場いじめのパターン

ここからは職場いじめのパターンについてご紹介していきたいと思います。

職場でのいじめのパターンはいくつか存在しており、様々な状況があります。

いじめといっても、行動でいじめを受けているのか、それとも言動でいじめを受けているのかという事では大きく違います。

様々なパターンがある事を知り、自分が今どういう状況にいるのか、もしくは自分が知らないうちにいじめを行っていないかどうか確認してみてください。

知らないうちに加害者になっている、被害者になっているという事をなくすために参考にしてください。

あらぬ噂を立てられる

よくあるいじめのパターンとしては、自分が行ってもいないような事を行ったように噂が流れるパターンです。

そもそも噂に流される方もどうかという話ではあるのですが、意識の低い人は嫌いな人がいる場合、その嫌いな人が困るような噂を作って流したりしています。

例えば、自分の事を嫌っている人が困るように、自分が上司の悪口を言っていたという事を上司にわざと聞こえるような方法で噂を流したりとか、伝えたりしてこちらの立場を悪くするという事です。

本来はウソの内容でも、あたかも本当に言ったかのように工夫して噂を流す事で悪い状況に立たせてやろうという事です。

噂を立てられたのであればまずは迷惑を掛かっている上司や相手に謝罪し、噂を流されているという事を相談してください。

そして具体的に噂を聞いた事がある人にどこから聞いたのかをたどっていけば犯人が分かると思いますよ。

話しかけても無視をする

多い職場いじめのパターンが話しかけても無視をしてくるという場合です。

無視をしてくる場合は、基本的には一人ではなく、集団で無視をしてきたりする場合が多いです。

特に、男性よりも女性の方がいじめられるケースが多いといえます。

無視をされるのが人間としては一番傷つきますし、面倒なケースになります。

話しかけても無視をしてくるなら、必ず上司に相談するようにしましょう。

しかし、こういう場合は上司にわからないような場合でしか行わない事がほとんどです。

なので、上司がいると話すのに、いないと無視されるという事を伝えた上で、こっそりと対応を観察してもらうと良いといえます。

仕事なので、無視をする事で仕事に支障が出るような事をするのは社会人として、それ以前に人としてあり得ない行動です。

しかるべき対応で反省させることが必要だと言えます。

失敗を全てかぶせる

職場でいじめられるパターンとして失敗を全て被せられるということも考えられます。

例えばあなたが少しでも関わっているような仕事内容があったとして、その仕事を担当している人が失敗を指摘された時にあらたのせいにしてくるということです。

気が弱い人ほど関係ない失敗を指摘されたときに認めずに毅然とした態度で立ち向かうことができない場合が多いです。

しかし反論しなければその失敗を全て被せられてしまうということは残念ながら存在します。

自己主張が弱い人ほど失敗を被りやすい場合があるので自分が関わっていないことに関してはしっかりとしてをするなどの工夫が大事です。

曖昧な態度で流してしまうと周りからしてみれば本当にその人が失敗したように見えてしまいやすいです。

そうなってしまうと損をするのはあなた自身になるので、自分に自信を持って間違いは間違えたと指摘する勇気をもってください。

成果を全て横取りする

職場のいじめのパターンには自分があげた成果を横取りされてしまうという場合もあります。

例えば自分が担当している仕事内容で成果を上げたとして上司に報告する場合にあたかも自分が成果を出したかのように別の同僚がアピールしたりする場合が考えられます。

もしくはあなたの直属の上司が自分が成果を上げたかのようにさらに上の上司に報告するという事も考えられます。

いずれにしても黙って泣き寝入りをしていては何も改善しません。

成果をあげたのは自分であるということを必ず主張することが大事であり、基本的には嘘をつく場合どこかに矛盾した点が存在します。

その矛盾点を必ず明白にしたうえで立証できる場合はさらに上の上司に報告するなどして対応を考えることが大事です。

仲間はずれにする

いじめのパターンとして広く存在するのが仲間外れにされるということです。

仲間外れにするということは当然ながら自分をいじめている人が複数いる場合が考えられます。

例えば同僚がみんなで一緒にご飯を食べようとしているのにわざと自分だけ声がかからなかったり、職場の皆に伝達する内容を自分だけ知らされていなかったりなど様々な状況が考えられます。

悲しいことですか仲間外れにするようなレベルの低いようなことを行っている人がたくさん存在するのも事実です。

無視をできるのであればこちらも無視をして距離を置くことも大事ですが、仕事において差し支えが生じる場合については必ず毅然とした態度で対応することが大事です。

自分が真面目に仕事を行っているのに、仲間外れにされる正で仕事に支障が出た場合は自分の評価が下がることにもつながりかねません。

自分が悪くないのに悪い評価を受けるというのは、耐えられない事です。

嫌になってしまう前に、必ず改善するための行動をとることが大事であるといえます。

あら捜しをする

性格の悪い人ほどこちらの発言のあらを探してそこを突いてくるような発言をする人もいます。

人間なのでちょっと間違えたり言い間違えたりすることは当然ながらあります。

普通に考えれば分かるようなことであり、わざわざそこをついてくるような人はいませんが、性格の悪いいじめが好きな人間は特定のターゲットに対してそのようなことを指摘してくる場合があるので、流せる範囲であれば流すようにして、精神的にも負担がかかったり、仕事に支障が出るほどになると必ず周りの誰かに相談するようにしてください。

若しくは直接あら探しをするようなことをやめる様に伝える事が大事です。

みんなの前で言う事で、その人も多少なり発言をしなくなる場合があるので、状況を見て相手に伝えるようにしてください。

パワハラをする

職場のいじめで多い理由としてパワーハラスメントが存在します。

最近は略称してパワハラという風に呼ばれていますが、パワハラとは相手に対して自分が有利な立場にいる人が目下の者に対して威圧するような発言を行ったりすることです。

最近はちょっとしたことでもパワハラと騒ぎ出すような社会風潮も存在しますが、冷静に客観的な立場でパワハラだと捉えたのであればパワハラだと強く主張すべきです。

最近はコンプライアンスを重視した会社が多いのであまり露骨なパワハラはないかもしれませんがまだまだパワハラじみた発言をするような人が存在します。

例えば、仕事のミスを犯した時に上司から使えないから会社を辞めろとか、バカとか、アホとか相手を侮辱するような発言を日常的に行っている場合はパワハラとみなされます。

発言している本人からすればなんともないような気持ちで発言しているかもしれませんが、発言を受け止める側は立場が下ということもあり精神的に受けるショックは計り知れません。

人の上に立つような人であれば、必ず相手の立場に立って物事を考えるスキルが必要です。

もしもこのような発言を受けた場合は必ず然るべき対応を行うべきであると言えます。

いじめる理由

人をいじめる理由について考えたことがありますか?

いじめを行った人がない人からすると人をいじめるような発言や行動をとる人の心理が分からない人も多いです。

当然ながら理解する必要もないかもしれませんが、この点を理解しておけば、いじめられないように行動する事が出来る可能性もあり、または相手がいじめてくる理由について知っておく事で毅然とした態度で指摘する事も出来ます。

今までにいじめられた経験がない人もいざという時のために知っておいて損はありません。

人をいじめり理由について簡単にご紹介していきます。

嫉妬

人をいじめる理由として嫉妬の感情が挙げられます。

いじめと言っても始まりは簡単なことが多いです。

例えば仕事ができて上司から気に入られている人に対して嫉妬することもあれば、自分が好きな同僚の人と仲良くしているのが気に食わないからその人に対していじめを行ったりする場合も考えられます。

始まりは簡単な事かもしれませんが、継続して行われる事で段々と最初の目的を忘れて、理由もなくムカつくからという理由だけでいじめが行われてしまいます。

自分にできない事が出来ているからという単純な弱い理由がいじめを始めるきっかけになるといえます。

ストレス解消のはけ口

ストレス解消のはけ口としていじめを行っている場合もあります。

仕事をしていると当然ながら様々な場面でストレスが溜まります。

自分自身が趣味やストレスのはけ口を持っている場合はそこまで意識しないかもしれませんが、趣味も持っておらずストレスを解消する方法を持たない方は、仕事のできない同僚などに対して強く当たることで一種の快感を覚えて自分より弱い立場の人間を作り上げてストレス解消の道具として使っている場合が考えられます。

どんなに仕事ができなくても人をストレスのはけ口として捉えることは人間として最低な行為です。

逆に自分が仕事ができなかったとしてもそれを理由にストレスのはけ口に扱われることは許されることではありません。

仕事ができないのであれば仕事ができるように努力することは別の事として、ストレスのはけ口にされている言葉毅然とした態度で抵抗すべきだと言えます。

毅然とした態度で立ち向かうのは難しい事かもしれませんが、行動しなければ何も変わりません。

強い気持ちをもって立ち向かう事だけは忘れないでください。