皆さんは、当事者意識という言葉を聞いたことはありますか?この言葉の意味ですが、「自分自身が、その事柄に直接関係すると分かっていること。関係者であるという自覚。」という意味です。

当事者というのは、その事に直接関係を持つ人という意味であり、これに「意識」という言葉が付くことで、自分がそのことに関係があるかどうかを自分がわかっているという意味になります。

言葉の使い方としては「当事者意識がある」とか「当事者意識に欠けている」というような使い方があります。

つまり、当事者でありながらその意識が全く無い、自分は関係ないと思っている人がいるということです。

例えば人に対して「他人事だと思っている」とか「誰のことだと思っているのだ」と怒る人がいますが、そういう人はまさに「当事者意識が無い」人に対して怒っているわけですね。

当事者意識とは

ある事柄に自分が関係すると分かっていること

当事者意識は、ある事柄に自分が関係すると自分自身がわかっていることを意味します。

当事者意識という言葉自体にさほどマイナス要素は無いのですが、どちらかと言えば使い方にもよりますがあまり良い印象はありません。

それは当事者意識を持ってない人や、当事者意識が無いという使い方をよくするからだと思います。

また、当事者という言葉自体にも、なんだか威圧感を感じてしまいます。

「あなたは当事者だ」なんて言われたら、ちょっとびくっとしてしまいますし、背筋が伸びるというよりもぞっとすると言う感じではないでしょうか。

自分が関係するとわかっていても、できれば避けたい・関係者にはなりたくないという思いも込められているような言葉です。

当事者意識を持たせるための7個の方法


ここでは、当事者意識の無い人に、「当事者意識」を持たせるための方法をご紹介したいと思います。

他人が他人の意識を変えるということはなかなか難しいかもしれませんが、親が子に対して、また上司が部下に対して、教員が生徒に対してなど目上のものから目下の者への躾として、この当事者意識を持たせなくてはならない場面があることがあります。

当事者意識とはどういうものなのか、どうすれば無関係だと思いこんでいる人間に当事者だと認識させ自覚させることができるのか、今まさに悩んでおられる方も多いと思います。

特にビジネスにおいては、グループで仕事をしていても、個人個人が当事者意識をしっかりと持って取り組まなければ仕事は成功しません。

1.重要な仕事だと認識させる

特に新入社員の場合は、右も左もわからずに戸惑っている人が多いと思います。

しかし、半年もすればなんとなくであっても会社のルール、さらには社会のルールと言うものがおおむねわかってくるものです。

ですので、指導する側もいつまでも新人として扱うことはよくありません。

人は、ビギナーズラックというものに大変弱く、自分を甘やかしてしまいがちです。

「まだ入社○か月目だから大目に見てもらってもいいだろう」とか「転勤して来て間もないから何もできなくて当たり前」というように、自分自身でハードルを下げてしまいます。

しかし、それではいつまでたっても一人前にはなれません。

突然厳しく指導することはありませんが、相手が甘えているなと感じたら、それとなく諭して「あなたも会社の一員として重要な責務を担っている」とまずは自覚させることから始めましょう。

緊張感と責任感を持たせる

ひとくくりに考えてはいけませんが、いわゆるゆとり世代のひとたちは自分を甘やかせてしまう傾向にあります。

それはゆとり世代の人が悪いのではなく、世間がそうさせた、世間にも責任があるわけです。

他にも、若い方の中には緊張感も責任感も、もともと持ち合わせていない人もいます。

大企業では、なかなかそういう人材は採用されませんので、このような問題に直面することは少ないでしょうが、中小企業ともなれば人手不足である程度妥協して採用したという例も少なくありません。

相手に緊張感と責任感を持たせることは難しいことではありますが、仕事とプライベートでメリハリをつけさせる、少し大きな仕事を任せてみるなど、指導する方も不安かもしれませんがまず一歩踏み出してみましょう。

2.自分で決断させる


当事者意識が無い人は、たいてい自分で決断することができません。

自分のことであっても自分で決められない人もいます。

例えば、成人しているのに着て行く服を自分で決められず親に決めてもらって出勤する人や、外食をする際も自分の食べるメニューを決められない人がいます。

当事者意識をいきなり植え付けるのは至難の業です。

ですので、まずは「選択」させることからやってみましょう。

その場合、0から考えることはもちろんできませんので、いくつかの選択肢から選ばせるようにします。

選択肢も、多く与えては混乱しますので、まずは2個もしくは3個くらいの中から決めるということをさせましょう。

また、自分で決めたことには責任を持って行うことも同時に伝えておきます。

ヒントを与え考えさせる

しかし、それでも自分で決められない人がいます。

たった数個の中からさえも選べないのです。

これはもう誰が悪いというのではなく、そのような環境に育って来て今まで何もなく無事に過ごせたのですから、そもそも「選択」の必要が無かったわけです。

このような方にとっては、選び方すら分からない場合が多いため、指導者側がヒントを与えるのも方法です。

もしAを選択した場合は、どうなるかを考えさせる、Bを選択した場合のリスクを挙げさせるなど道しるべをつけてあげましょう。

また、どちらを選んでも不正解では無いことも教えます。

もちろん正解・不正解がある場合で、あえて選択させた場合は間違った答えを導き出してしまった際には、なぜそれが間違いなのかを一緒に考える必要があります。

選択できても納得できなければ意味が無いのです。

3.担当者として扱う

無事に選択できたら、その仕事に関しては選択した人を、きちんと「担当者」として扱います。

人はあることを任されると、不安になる半面、嬉しいものです。

一人前として認められたんだ、いつまでも補助扱いでは無いという喜びも感じるようになります。

ただし、ここで言う担当者はまだまだ名前だけの担当者であると思っておかなくてはなりません。

もちろんそれを本人に言う必要はありませんが、「任せる」と言って本当に丸投げしてしまうと、とんでも無い結果になる恐れがあります。

担当者として扱うが、同時にさまざまな面でサポートもしなければなりません。

本人の主体性を大切にしながら、横道にそれそうになったら軌道修正もしていくべきです。

時間をかけて育てる

人を育てることは、そんなに簡単なことではありません。

血の繋がった子供を育てることすら大変なのですから、他人・さらに大人を育てることは並大抵のことではないのです。

しかし、人材を育てることも、会社員として非常に重要なことですし、あなたも上司に育ててもらったはずです。

できるできないには個人差があることは、おわかりになるかと思います。

しかし、思っていた以上に人によっては差が激しいものです。

そこで比べてしまうと人は育ちませんし、最悪の場合会社を辞めてしまうこともあります。

とにかく時間をかけて人材育成すること、焦らない、急がないことが重要です。

ですので、任せる仕事も選ばなければなりません。

急ぎの仕事を教育のためとはいえ任せることは、あなた自身が苦労することになってしまいます。

4.責任があることを明確に伝える

当事者意識を持たせようとするのには、まず本人に責任があることを伝えます。

単に担当者という肩書きを与えただけでないということ、チームで行う仕事であれば、チーム内のトラブルの解決に協力すること、またクレーム対応には積極的に関与することなどをしっかりと言っておかなければなりません。

当事者意識が無いひとは、責任者になった経験があまりありません。

ですので、肩書きだけで満足する人も多いのです。

例え自分がそのトラブルや問題に関係なかったとしても、代わりに謝罪したり、仕事を代わらなければならないことを理解させます。

担当者になったからには、良いことばかりでは無く、嫌なことも進んで行わなければならないということを自覚させるのです。

重要度をオーバー目に伝える

初めて担当者になった人に対しては、その責任度や重要度を少し大げさに伝えておいた方がいいでしょう。

脅すというわけではないのですが、オーバー目に伝えておいた方が後で「そんなに大変ではなかった」と思えるようになり、次の仕事への意欲に繋がるからです。

逆に「そんなにたいしたことはない」と伝えてしまうと、大変かそうでないかは判断の基準が個人個人によって違いますので、「さほど大変じゃないと言われたから、やろうと思ったのに」と逆切れされてしまうこともあります。

人生において挫折は必要ですし、誰しも必ず経験するものですが、挫折に対して免疫力が無い人にとっては少しのマイナス要素も大きなトラウマになってしまうことがあります。

そうならないためにも、最初からオーバーに伝えておいた方が良いのです。

5.あえて手を貸さない

人を育てるのに、過保護になってはいけません。

もちろん突き放すのもダメですが、なんでもかんでも手を貸すのはいけません。

もともと甘える要素があるので、甘やかすとすぐに頼ってしまいます。

一度頼られたらそれに慣れてしまいますので、注意が必要です。

確かになんでもかんでもご自身がやってしまった方が早いし、スムーズです。

しかし、人を育てると言うことは忍耐でもあるのです。

あえて手を貸さないということは、想像以上に難しく、自分自身もストレスが溜まってしまいますが、指導者として、ここはぐっと堪えて手を貸さず見守りましょう。

もちろん、相談やヒントを与えるのはOKです。

ただし、正解は自分で導くように指導します。

失敗しながらも1人でやり遂げる

本人が、何かをやり遂げるときに、失敗しながらも一人で行うことができれば、その満足感や達成感は何物にも代えがたい宝になります。

それは経験してきたあなたであれば一番わかっているはずです。

こう言ってはなんですが、仕事上の失敗というものは、よほどのことが無い限りは自分の命にかかわることはありません。

医療従事者の場合はそのような場面があり、いくら新人でも失敗は許されませんが、一般企業での仕事の場合、たいていの失敗はカバーできるものです。

また、失敗しないと学ぶことができませんし、失敗することで「今度は気をつけよう」「二度とあんな思いをしたくない」と身を持って学ぶことができるのです。

6.声かけの仕方を変える

当事者意識が無い人に、当事者意識を植え付けるよう指導していくには、声掛けのタイミングや内容が重要になってきます。

特に若い世代の方は、その人自身があまり他人から叱られた経験がありません。

実の親ですら上手に叱れない人が増えてきているのです。

何度も言いますが、これは本人が悪いのではありません。

育ってきた環境や世の中にも責任があります。

ですので、声掛けの仕方やタイミング・内容には配慮が必要になります。

別に優しくしすぎたり、相手に媚びる必要は全くありませんが、必要以上に厳しくしたり、突っぱねるような言い方は適しているとはいえません。

「本人の為にあえて厳しくする」というスタンスで指導していたとしても、本意が伝わることはまずありません。

あなたにいじめられているとさえ思う場合があります。

命令ではなく質問で仕事内容を伝える

指導する上で、「○○しなさい」というように、命令口調になることが多いと思いますが、それはタブーです。

人から押し付けられて行う仕事は、気分良くできずにかえって反発心を生みます。

ですので、命令するのではなく相手の答えを上手に引き出すような感じで誘導して行きます。

小さな子供を指導するには、ついつい命令口調になってしまいますし、はっきりいってその方が簡単です。

言われる相手もその時は多少むかっとくるかもしれませんが、命令された方がそれに単に従えば良いのですから簡単です。

しかし、命令して命令に従うだけでは何の解決にもなりません。

命令する方は結果的に頭打ちさせてしまうだけですし、命令される方も命令に甘えてしまうからです。

「○○はどうしたらいいと思う?」

では、一番どのような声掛けが適しているのでしょうか?それは質問形式です。

例えば指導している相手が何か壁にぶちあたって、前に進めていない時に現時点でのトラブル内容と原因を列挙させます。

どんなことに悩んでいるのか、何故それで悩みが生じるのか、そもそもの原因はなんなのかを、本人が思いつくままで構いませんので話をさせます。

次に、現時点で考えられる解決法を述べさせてみます。

いくつか解決法が出てくる場合はそれでいいですし、全く出てこない場合はちょっとしたヒントも与えて構いません。

その中で、「選択」という作業が発生してきます。

もちろん選択も本人にさせますが、「自分で決めなさい」と突き放すのではなく「あなたはどうしたらいいと思う?」「あなたが思うベストな方法は何だと思う?」と聞いてみて、その理由も聞いてみます。

あまり突拍子もない答えですと、当然仕事に影響してきますので、軌道修正は必要ですが理にかなっているのであれば、まずできることからやってみるように促します。

7.成果を一緒に喜ぶ

仕事をするうえで、失敗を繰り返しながらでも、どれだけ時間がかかってもだんだんと成功してきますし、成果が表れてくるでしょう。

その時に、どんな些細なことでも一緒に喜びをわかちあうことが重要です。

単に褒めるのでは上から目線になってしまい、本人の為にはなりません。

ビジネスマンとして、ビジネスの成功を一緒に喜ぶのです。

「ここまでできたのは、あなたの頑張りがあったからですよ」というように、感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

あなたが指導者としての経験も豊富であれば当然の結果ですが、指導者として初心者かもしれませんよね?

その場合は特に、あなたの指導についてきてくれたのですから、やはり感謝の気持ちを忘れてはいけません。

次に繋がるアドバイスをする

仕事が一旦ひと段落したら、反省会のような機会を持つように心がけましょう。

成果が出たとしても改善点は必ずありますし、100%成功したと言える仕事はなかなかありません。

かならずマイナス部分は出てくるはずです。

勉強に復習が大切なように、ビジネスにも振り返りが重要です。

成果が出たけど、あの場面であのようにすればもっと効率よく仕事が進んだなど、次に繋がるアドバイスをすることもポイントです。

もちろんそれも、頭ごなしに「ああすれば良かったのに」と言うのではなく、「あの時どうすればもっと効率よくできたと思う?」というように、できるだけ本人の意見を引き出すようにしましょう。

当事者意識が欠如している人の特徴

では、当事者意識が欠如している人はどんな特徴があるのでしょうか。

当事者意識が欠如している人は、そもそも当事者意識がどういうものであるかわかっていない場合が大半です。

その他、どういう特徴があるのかをわかっていれば、指導もしやすいですし本人に自覚させるポイントにも繋がります。

当事者意識という言葉を知らない人もいますので、まずはそこからの説明になりますが、根が素直な人であれば、当事者意識に欠けていることが自分の欠点であるとすぐに自覚できますし、当事者意識を持つこともさほど難しくないでしょう。

根拠がないのに楽天主義である

当事者意識がある人に限って、悩みやすいのが特徴です。

それは必要以上に責任感がある人が多いから、あらゆることにおいて悩んでしまうのです。

「もし○○になったらどうしよう」「もし失敗したら迷惑をかけてしまう」など、慎重すぎるのも特徴です。

しかし、当事者意識が欠如している人はかなり楽天主義の人が多いです。

「なんとかなる」「なるようになる」と思っているのです。

しかも、それに対して全く根拠がありません。

何故大丈夫なのか、理由は無いのです。

それは、自分が今まで「なんともなく」過ごせて来ているからです。

当事者意識が欠如している人は自分が当事者であっても当事者ではないと思っているので、その件に関しては他人事であり、自分は関係ないので、悩むことが無いのです。

先のことを考えていない

当事者意識がある人はいつも先のことを考えています。

考え過ぎて進まない場合もあります。

しかし、当事者意識が欠けている人は楽天主義であるので、先のことはあまり考えません。

「明日のことは明日考えれば良い」と言う感じです。

確かにビジネスにおいて、あまり先のことを考え過ぎて進まない、とにかくやってみなければわからないという場面には遭遇しますが、後先考えずに失敗するのは大人としては賛同できるものではありませんよね。

当事者意識に欠けている人は、もともと性格が慎重でないので、先のことを考えると言うこと自体、無駄なことだと思っている傾向があります。

責任感がない

楽天主義であるということにも繋がりますが、当事者意識が欠如している人はほとんどが責任感がありません。

当事者でないと思っているから当たり前です。

むしろ、何故自分が責任を感じなければならないのかと思うはずです。

さらに、「もしかして自分が責任を負わなければならないかもしれない」というような不安にかられることもありませんので、本人は「自分は責任感が無い人間だ」とさえ思わないのです。

他の人から「あなたが当事者である」と教えてもらっても、ピンとくる人は少なく、「何故自分が当事者なのか理解できない」という人もいるでしょう。

また、責任感を持たなければならない仕事からは、逃げてしまう傾向にありますので、できるだけ当事者にならないようにしている場合もありますが、そのような場合は逆に「当事者」とはどういうことかはわかっているのかもしれませんね。

能力のある人が責任を持つと思っている

当事者意識が欠如している人は、意外と自分が能力者では無いことをわかっています。

それはある意味責任から逃れたいからという意識が働いているからかもしれません。

もともと責任のある仕事を任されることを好まないので、自分はそのような立場としてはふさわしくないとも思っているのです。

ですので、このような人が不本意に責任感のある仕事を任されたとして失敗してしまったら、「自分なんかを責任のあるポストに任命する方が悪い」とさえ思ってしまいます。

そもそも、当事者意識が欠如している人は当事者意識を欠如していることを自分でわかっていないだけでなく当事者意識を持ちたいとも思っていません。

指導する上で、どうしてもその人に当事者意識を持ってもらって仕事をしてもらいたいと思ってもかなり難しいことと思っておかなければなりません。

自己愛が強い

当事者意識に欠けている人は、もともと自分が大好きで傷つきたくないのです。

自己愛が強いとでも言いましょうか、とにかく自分第一の人が多いです。

他人に厳しくないですが自分にも厳しくないのです。

自己愛が強いことは決して悪いことではありません。

自分のことを好きでなければ他人に対して愛情を持つこともできないですし、自分にある程度自信がなければ社会で生きて行くことは難しいからです。

ですので、指導者側も自己愛が強いことを責めるのではなく、そこを良いように伸ばして行くべきであると言えます。

自分のことを好きになれるひとはなかなかいません。

これも個性ですので、プラスに考えることも必要です。

自己擁護する

自己擁護と言えば聞こえはいいですが、ようするに「言い訳をする」ということです。

当事者意識に欠けている人の中には、弁が立つ人もいます。

自分を守るための言い訳の言葉を沢山持っているわけです。

それで今まで何事も無く過ごせているのですから、見方を考えれば大したものだとも言えます。

指導者側としては言い訳をする人間に対しては確かにイラっとしてしまいますが、責任を逃れるために自分を守る手段をたくさん持っているわけですから、想像力やアイデアを生み出す力はあるわけです。

この部分を上手に指導に活かせることができれば良いのではないでしょうか?ただし、自己擁護していることは自分自身でよくわかっているので、そこを責めるのもよくありません。

鈍感である

当事者意識に欠けている人の中には、単に鈍感である場合があります。

上記で述べているパターンは、わざわざ当事者から逃れようとしている人の場合の話ですが、特に当事者から逃れようとしているわけでは無く、自分が当事者だと気づいていないパターンです。

この場合は、この人が鈍感なだけで当事者になるのが嫌というわけではないのですから、矯正は比較的簡単かもしれません。

鈍感であるということは純粋であるとも言えます。

空気が読めなかったり、先を見通すというようなことができないので、他人から言われるまで気がつかないのです。

このような人に対しては「あなたは当事者なんだから、責任を持って仕事をした方がいいですよ」と指導するとそこで初めて、本人が気が付くケースが多いです。

悪気はない

鈍感な人は決して悪気があるわけではありません。

悪気があればそれは完全に計算であって鈍感とは言えません。

鈍感であることは今日に始まったわけではないので、指導する側も相手が鈍感であることはわかっていることと思います。

ただし、悪気がないとはいえ仕事をするにあたって鈍感であることは、できるだけ矯正して行く方が良いでしょう。

何事にも敏感に対応しろと言ったところで、そこまでは無理ですができるだけ気配りができるように、気長に指導して行かなくてはいけません。

鈍感な人は、お嬢様気質の方が多く、今まで全て親や他人にやってもらうことが多いため、自ら行動を起こすことが苦手でもあるのです。

自分でしようとしない

先程も述べましたが、当事者意識が低い人は自分から動こうとはまずしません。

自分が何か始めてしまったら、責任を持たなくてはならないからです。

もちろん何かを提案したり、新しく何かにチャレンジしたりということはあまりやりません。

また、他人に協力することもあまりしません。

当事者意識に欠ける人の特徴として、常に「お客様意識」であることが多いことが挙げられます。

自分はお客様で相手からおもてなしを受けることが日常的に当たり前になってしまっているのです。

家庭環境においても、親が全て決めてお膳立てしてくれていたり、常に誰かが世話をしてくれているのでそれが不思議だと思わずに育ってしまった人もいます。

他人がすることに批評はする

例えば仕事でなくても何かプライベートで集まりがある際に、幹事の他にお手伝いを率先してやる人は日頃から当事者意識も強い人が多いです。

自分も楽しむのだから手伝うのは当然だと思っています。

しかし、先程も述べたように当事者意識が欠けている人は自分はお客様なので、おもてなしを受けて当然という意識があるだけでなく、他人がしてくれたことにたいして批評はするんです。

「会費が高い」「面白くなかった」「あまり食べられなかった」等、文句だけは一人前に言いますし、むしろ文句は人一倍言います。

そんなに文句を言うのであれば、一度自分が幹事としてやってみれば良いと周りから思われてしまいますし、そのような人はたいてい次回からは呼んでもらえることはありません。

しかしなぜ自分が呼ばれなくなったのかは気付かない場合が多いです。

愚痴が多い

このように、当事者意識が低い人は愚痴や文句が多いのが常です。

物事をプラスに捉えることが苦手なのか、楽天主義者であるわりには、それはあくまでも自分自身に対してでだけであって、他人がやることに対しては、「考えが浅い」などと文句を言ってしまいます。

当事者意識が低い人の周りにはやはり当事者意識が低い人が自然と集まって来ます。

そして、お仲間と愚痴大会を繰り広げるのです。

改善点や案を始める前に意見すればいいのに、それはやらずに終わった後で文句を言います。

また、当事者となってくれている人に感謝をするのが普通の人の感覚ですが、当事者意識が低い人は、他人に感謝することはあまりありません。

自分のことは棚に上げる

つまり、自分のことは棚に上げて、他人の批判ばかりするからどんどん人が離れて行くのです。

「自分ではやらないくせに、文句だけは言う」そんな人は誰も仲良くなりたくないですよね。

しかし、それも特に悪気は無いのです。

当事者意識が低い人にとって、文句を言うことは悪いことでは無く、本人の正義感からに他なりません。

他人が聞くと特に当事者が聞くと、文句以外何物でもないですし、自分を棚に上げてよく言うよと腹立たしくもなりますが、本人たちは「悪口では無くアドバイス」だと思っているのです。

プライベートなお付き合いの場合は、当事者意識が低い人と無理に付き合う必要はありませんが、ビジネス場面だとそうも言っていられませんよね。

まとめ

いかがでしょうか?あなたは自分では当事者意識が高いと思っていますか?低いと思っていますか?それとも、今まさに当事者意識が欠如している人を指導している真っ最中でしょうか?どんな場合にも言えますが、他人を変えるのは至難の技です。

特に人の気持ちはなかなかすぐに変わることはありません。

しかし、自分自身を変えることは可能です。

当事者意識が低い人に何故か自分の熱意が伝わらない。

そう悩んでおられる人は、もしかするとご自身に原因があるのかもしれません。

自分が当事者意識が高いと思っておられて、相手が低いと思った時点で価値観は180度違うのです。

真逆の人を指導したり、変えようとするのなら、まずはご自身が変わっていく、寄りそっていくことが大切なのではないでしょうか?