コミュ力とは、コミュニケーション能力のことです。

さて、あなたは他人と上手にコミュニケーションが取れていますか?最近では、家の中に居ながらにして何でもできてしまう時代になりました。

買い物も通販で済んでしまいますし、銀行の振込などもネット振り込みですぐにできてしまいます。

外に出て人に会わなくても、ほとんどのことができてしまうのです。

そこで最近問題となっているのが、コミュニケーション障害です。

コミュニケーション障害とは、「対人関係を必要とされる場面で、他人と十分なコミュニケーションをとることができなくなるという障害」のことで、コミュ障(コミュしょう)とも呼ばれています。

この障害はもっと昔からあったとは思いますが、障害として認識されたのは最近です。

そのため、現代病であるとも言えるでしょう。

コミュニケーション障害には、聴覚機能に問題を抱えておられる方や、発声器官に障害がある方のように、身体の機能の問題によりコミュニケーションが困難であるという障害と、自閉症などのように心因性によることが原因でコミュニケーションができない障害があります。

さらに、対人恐怖症やうつ病などが原因で、若い頃はコミュニケーションをスムーズにできていた方が、年をとってから急に他人とのコミュニケーションが難しくなったということが増えています。

他にも若い方でも、コミュニケーションの方法がわからない、人と接することが嫌だという人も多くいます。

コミュ力を磨こう!

人は一人では生きて行けません。

ネットワークの発達により、ほとんどのことが自宅に居ながら、他人と逢うこと無くできるようにはなりました。

しかし、それだけで100%生活できるかと言うと、どうではありません。

人は人に助けられたり助けたりして生きて行くべきものなのです。

もし、あなたが今、まわりとコミュニケーションが取れなくて悩んでいる、コミュニケーションが上手になりたいと思っているのでしたら、勇気を出して一歩踏み出してみませんか?

コミュニケーション能力は、磨いたり鍛えたりすることが実は可能です。

ちょっと注意して訓練していけば、かならずコミュ力は上がっていきますし、磨くこともできます。

そんなに難しいことではありません。

一番大切なのは、あなたが勇気を出すか出さないかです。

コミュニケーションが苦手な方、コミュ力を磨きたい方に、12個の秘密を教えちゃいます!

コミュ力とは?


コミュ力とはなんでしょうか?最初に説明しましたが、コミュニケーション能力のことです。

コミュニケーションとは、気持・意見などを、言葉などを通じて相手に伝えることで、相手と通じ合うことを言います。

この通じ合う能力のことをコミュ力と呼んでいます。

一般的には、他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力のことを指します。

このコミュ力ですが、最近では一般企業が採用時に重要視している項目でもあります。

コミュ力が無い方は、チームとして仕事をしていくことは不可能ですし、コミュ力が無い方を採用しても即戦力になりえないからです。

ですので、もし就職がしたいという方で、コミュ力に欠けている方がいらっしゃったら、すぐに訓練して直すように努力しましょう。

現代人のコミュ力が低下している理由

先程も述べましたが、現代社会ではネットワークの普及によって特に人と逢うこと無く、話すことなく生活ができるように環境が整えられてしまっています。

ですので、当然現代人はコミュ力は低下してきています。

人と会ったり、話したりする必要がないので、コミュニケーションする必要も無いわけです。

勉強や知識を得るにしても、インターネット学習という便利なものがありますし、いつでも好きな時に好きなだけ勉強することができます。

そこには教師と生徒のコミュニケーションは特に必要ありません。

また、仕事に関しても自宅でできる仕事と言うのもとても増えてきています。

家から一歩も外に出ることなく収入までも得ることができてしまうのです。

さらに、現代の日本ではますます核家族化が進み、ご近所づきあいも活発ではなくなってしまいました。

プライバシーの保護が行き過ぎてしまい、他人の生活に少しでも踏み入れることをよしとしないのです。

このような理由で、ますます現代人のコミュ力が低下してしまってきているのです。

機械化と自動化が進んでいる

機械化と自動化の進歩は目覚ましいものです。

1日1日ものすごいスピードでさまざまなものが開発されています。

数年前と比べても世の中は随分便利になりました。

機械化のおかげで、人的ミスが減りました。

自動化のおかげで、人の手をあまりわずらわせることなく何でもできるようになりました。

このことについては、とても素晴らしいことではありますが、一方で人の温かみや、人情、愛情が薄くなってきていること、表現がうまくできない人が増えてきていることも確かです。

機械はなんでも正確にこなしてくれますが、コミュニケーションはできません。

自動化についても、一方的に人が楽でいられるように物事が進んでいくため、人間のもつ微妙な感情や対応を求めることはできません。

核家族化

かつては、子供は地域全体で育てるものだという考えが根付いていました。

しかし、近年幼児誘拐や、わいせつ行為などの被害が相次ぎ、大人が地域の大人にさえ安心して子供を任せることができなくなりました。

さらに、核家族化によりお年寄りに触れる機会が子供達は少なくなりました。

また、外で遊ぶ子供達も格段に減ってきています。

遊びと言えばテレビゲームやミニゲーム機、スマートフォンのゲームなどで遊ぶ子が増え、逆にネットワークを通じてでなければコミュニケーションが取れないという子供達も増えてきています。

小さな子供がコミュニケーション力を養う場が、どんどん失われて来ているのです。

そんな状態で成長した大人に、コミュ力が無いと責めるのはいかがなものでしょうか?

コミュ力を鍛えるための12個の方法


あなたがこのページにたどり着いたのは、少なくともコミュ力を鍛えたい、もっと人付き合いを円滑にしたい、上手に人づきあいがしたいと思ったからではないでしょうか?そう思うことが、コミュ力を鍛える第一歩になります。

コミュ力を鍛えるために、これから12個のポイントについてお話しますが、もちろんそれ以外にもいろいろな方法があります。

ご自身でもっと研究して試されるのも良いですし、まずはこの12個について実践してみて、自分に合う方法を見つけて行かれたらよろしいかと思います。

また、コミュ力を鍛えるのに、時間制限はありません。

すぐにコミュ力が備わるわけでもありませんので、焦らずじっくりと取り組まれることをおススメいたします。

1. 相手に興味を持つ

まずは、相手・人間に興味を持つことです。

コミュ力が無い人は他人に全く興味が無いという人が多いです。

ではなぜ他人に興味が無い、興味を持てないのでしょうか?いろいろと原因はあると思います。

幼い頃、いじめにあっていた。

人と付き合うのがめんどくさい、以前人に興味を持って接していたが、酷い目に合ったなど、トラウマになってしまっている方もいるでしょう。

しかし、過去に嫌な思いをなさっていたとしても、たまたまあなたにその人が合わなかっただけの話です。

例えばあなたの周りに10人の人間がいたとします。

そのうち、2人はあなたのことが大好きになります。

しかし2人はあなたのことが嫌いです。

あとの6人はどっちでもいいという人達です。

好きでも嫌いでもないということですね。

これは、人間関係の法則として知られているものですが、どれだけ頑張っても2割の人間はあなたとは合わないのです。

そう考えれば、少し楽になりませんか?相手に興味を持つことは大切ですが、接してみて合わないなと思ったら離れれば良いのです。

2. 自分に自信を持つ

コミュ力を養う以前に、あなたは自分に自信がありますか?もしかして「どうせ」とか「私なんて」とかネガティブな言葉を発してしまっていませんか?だったら今すぐこの「どうせ」と「私なんて」そして「だって」と言う言葉を使うのを辞めましょう。

自分に自信を持つということは、なにもおごり高ぶれというのではありません。

自分を自分が認めてあげると言うことです。

あなたの一番の味方はあなた自身です。

自分は間違ったことはしていない、正しく一生懸命生きているんだという自信を持つようにしましょう。

自分のことを認めて、自分を愛さないのに、どうして他人があなたを愛してくれるのでしょうか?自分のことを少しでもいいので、好きになる。

良いところを見つける。

そうすれば、おのずと人は集まって来ますよ。

3. 様々な知識を増やし話題を増やす

コミュニケーションの一番大きな要素は「会話」です。

でも、なかなか話がうまくならない。

人と話すのは緊張するということってありますよね。

コミュ力が無い方の一番の悩みはこれではないでしょうか?人と話すことが慣れるようになるまで、もちろんある程度時間を要します。

では、今あなたにできることはなんでしょうか?人と話すのにまだ自信がないのであれば、人と話す機会に恵まれた時にどんな話をするのか、知識をたくわえておく時間にあててはいかがでしょう?さまざまな知識を増やして、話題を増やして行くことは自分一人でもできますよね?

どんな些細なことでもいいのです。

いわゆる「話のネタ」をどんどん貯めて行くのです。

毎日のニュースを見て、自分なりに考えを膨らませてみる。

いま流行りのものはどんなものがあるのか、ネットで調べてみたり、興味があれば自分が実際に使ってみる。

このように、話題の貯金時間にあててみるのもいいでしょう。

4. プラス思考になる

自分に自信を持ってとお話ししましたが、それにはプラス思考になるのが早いです。

人間はどうしても不安が先立ってしまい、ネガティブ思考になりがちです。

悪い方に悪い方に考えてしまいますし、悪い方に考えるのがどこか楽ちんだったりするからです。

しかし、それではいけません。

もしあなたが誰かと友達になりたいとして、その相手が暗い話や不安な愚痴ばかりを話してきたらどうですか?嫌になりませんか?その人と楽しく過ごしたい、楽しくコミュニケーションをとりたいと思っているのに、そんな話ばかり毎回聞かせられたら、幻滅しますよね。

世の中には、プラス思考に物事を考えることができない人もいます。

それはもう思考の癖としか言いようが無く、本人が直そうと思わない限り無理です。

ですので、あなたは常にプラス思考に物事を考えられるように、良い方向にしかならないと思えるように思考を変える訓練をしましょう。

5. 起承転結を意識した話し方が出来るようになる

あなたは本を読みますか?小説でも、エッセイでも、起承転結がある文章は引きこまれますし面白いですよね。

会話も同じなんです。

突然結果から話されても、なんのことやらさっぱりわからず、相手とうまくコミュニケーションが取れません。

ですので、日頃から何かについて話をするときは、起承転結を意識した話し方ができるように、練習しておきましょう。