2~3歳の小さな子供さんが、「なぜ?」「どうして?」と事あるごとに質問してくる時期があります。

これを「なぜなぜ期」と呼んでいます。

今、子育て真っ最中の方も、過去にお子様に色々質問をされて困った時期があった。

そんな経験をなさった方もおられるでしょう。

子供の「なぜ」は好奇心から来るものです。

この時期の子供は、特に脳が柔軟で吸収能力もものすごく優れています。

自我が芽生える頃で、自分の存在を自分でも認識し出す頃です。

また、自分の周りは面白いもので溢れているのだと、思わず何か聞かずにいられないのです。

ところが、このなぜなぜ期が無かったというお子様も中にはいらっしゃるようです。

ところで、世の中のお母様方は、お子様に「勉強しなさい」と口を酸っぱくして言っても全然聞かない!と困っておられる方も多いと思いますが、一方で「勉強しなさい」と言わなくても自主的に勉強を進んでする子もいますよね。

この違いについて、実はなぜなぜ期が関係していると言われています。

つまり、幼いころの好奇心について、親がどう対応したかが将来に影響を与えるという説があるのです。

あなたは現在、好奇心旺盛な方ですか?

それともあまり何事にも興味を持てない方ですか?好奇心を失ってしまった。

でも、何事にも興味を持ってもっとポジティブに人生を楽しみたい!そんな方に、好奇心を失わないための10個の方法についてお話しましょう。

好奇心とは

では、好奇心とはどういう意味なのでしょうか?

好奇心とは、物事を探求しようとする根源的な心のことを言います。

自発的な調査や、学習・物事の本質を研究するといった知的活動の根源となる感情を言うのです。

この感情は、人間以外にも、比較的知能が高い動物において、好奇心ではないか?と思われるような行動を取る動物が多く確認されています。

人は、初めてのものを見たり聞いたり、初めての経験をした時にまずは「驚愕」という気持ちが芽生えます。

これには「警戒」も含まれており、生きて行く上での本能的な防御作用とも言えます。

次に、進む感情として「恐怖」という感情が生まれます。

何事もすぐに受け入れるという感情ではなく、怖さを持って自分の身を守るという具合です。

この恐怖の先にあるのが「好奇心」です。

恐怖のままとどまる場合ももちろんあります。

この場合は、次の感情に進むことは無く、そこでストップですが好奇心として気持ちが発展すると、そこからどんどん興味として広がっていくのです。

子どもは好奇心の塊

小さな子供は好奇心の塊です。

先程述べた「好奇心」に至るまでの感情ですが、子供の場合も「驚愕」までは同じ進路を歩んでいきます。

ところが、大人になればなるほど「疑う」という気持ちが発達します。

ですので、大人になってから「驚愕」したことについては、なかなか「好奇心」「興味」まで発展することが難しいのです。

しかし、子供はもともとの情報量が少ないため「恐怖」という感情も薄いようです。

ですので、驚愕から比較的早く「好奇心」に繋がる思考回路を持っているということが言えます。

また、大人のように「失敗による怖さ」という概念がありません。

子供は好奇心の塊であるのは、子供が純粋で疑うことを知らないからです。

子供の時の好奇心が大人になってからの人生に影響を与えますので、子供の好奇心は大切にすべきですね。

成長するにつれ好奇心を失っていく

先程もお話しましたように、大人になるにつれて好奇心を失っていきます。

好奇心を失うというより、好奇心に到達する前に防御反応が邪魔をして好奇心まで進化しないのです。

人は失敗を繰り返しながら成長する生き物ですが、二度と同じ過ちを繰り返さないということを学んでいく生き物でもあります。

ただ、その学びが多くなっていくことで、恐怖心というのも倍増して行きます。

「新しいことにチャレンジして、また失敗したらどうしよう」という不安です。

この不安が好奇心を育てるのを阻害するのです。

こうして人は成長するにつれて、好奇心を失っていってしまいます。

この恐怖心を乗り越えて、好奇心に繋げるのはとても勇気がいることです。

大人になればなるほど、ハードルは高くなっていきます。

しかし、恐怖に打ち勝った末に勝ち取る興味は、かけがえのないものになるでしょう。

好奇心には3種類ある

この好奇心ですが、実は3種類のタイプにわけられることができます。

イアン・レズリーという方が書かれた本、「子供は四〇〇〇〇回質問する」という著書によりますと、「拡散的好奇心」「知的好奇心」「共感的好奇心」という3つの好奇心に分けられることができるというのです。

この3種類の好奇心、一体どんな違いがあるのか、どういうタイプなのか詳しくみていきましょう。

拡散的好奇心

いろいろな方面で発生する事柄に対して「知りたい!」という気持ちです。

一般的な「好奇心」とも言えるでしょう。

分野に関係なくとにかく「知りたい!」「やってみたい!」という欲求です。

ある新しい出来事にたいして、その内容を特に知らなくてもなんとなく知りたい、やってみたいということですね。

子供が生まれて初めて抱く好奇心もこのタイプです。

初めてのものに対して、興味を抱く・好奇心を抱く感覚ですので、途中で気持ちが萎えることもあります。

思っていたより面白くなかった、自分には合わなかったと判断した時点で好奇心にもストップがかかります。

拡散的好奇心は、子供のころの方が活発に抱く感情であり、大人になればなるほど無くなっていくタイプの好奇心と言えるでしょう。

知的好奇心

知的好奇心は、知識や理解を深めたいと言う欲求です。

興味のあることに関しての好奇心には変わりありませんが、ある程度そのことについて知っている、やり始めたばかりであるという場合が多いです。

真新しいことについての欲求とは少し違います。

例えば資格取得や、免許取得に関する欲求がこれに当たります。

既にどういうものなのかはわかっていて、それについて極めたい、人に教えるために自分も知識を蓄えたいというような際に発生する好奇心です。

これについては、比較的大人になってから、やりたいことが見つかった。

この年齢からだけど始めてみようと思ったなどの気持ちである場合が多く、大人になってから抱く好奇心とも言えますね。

共感的好奇心

この好奇心は、他人の考えや感情を知りたいと言う欲求です。

お友達になった方や、好きになった人をもっと知りたい、その人の考え方を知ってみたいという、人が人に抱く好奇心です。

他人の考えや感情を知ることで、もっと深くその人を知ることができますし、自分に共通するところがあればもっともっと仲良くなりたいと思えるでしょう。

もしくは、その逆も考えられます。

相手に対して苦手意識がある時や、相手に対して共感できないときに、「この人の思考回路は一体どうなっているんだろう?」というように、怖いもの見たさ感覚で知りたいと言う好奇心です。

相手のことを知り、その人の言動の原因を知ることで、もしかしたら今まで理解できなかったことが、なんとなくわかってみる目が変わるかもしれませんし、ますます理解に苦しむ、近づかないでおこうと防御したりすることができます。

好奇心格差

好奇心落差という言葉も、上記でご紹介した書籍の中で出てくる言葉です。

ようするに、好奇心の落差は、幼少期の環境に由来するという見解です。

幼少期に好奇心あふれた生活をしており、探究心おおせいな子供として育った場合と、「なぜなぜ期」を適当にあしらってしまう、子供が納得する答えを言わないなど、子供に好奇心があっても大人がそれを抑え込んでしまうような環境で子育てをした場合では、大人になってから仕事で収入を得るようになった際に、かなりの経済的落差を生む懸念があるという論理です。

「好奇心格差」は、深刻な経済格差に発展するという、著者イアン・レズリー氏の持論です。

高学歴と低学歴を分けるのは好奇心の有無⁉

子供の疑問に対して大人が真摯に答えると、子供は他のいろいろなことにもどんどん興味を示し、自分の知識にしようと吸収して行きます。

しかし、大人があいまいな回答、例えば「おおきくなればわかる」とか「忙しいからあとで」など、子供の質問に対して適切な回答を行わない場合は、子供もそのうち聞くことを諦めます。

結果、好奇心を早くに失ってしまうのです。

最初に少しお話しましたが、一番好奇心旺盛な時期に、大人がどのように子供に接するかによって、成長した際に自主的に学ぶ子になるのか、どれだけ勉強しろと言われてもやらない勉強嫌いの子供に成長するかが分かれます。

その結果、高学歴の人生を歩むのか、低学歴の人生を歩むのかが決まるというレズリー氏の見解です。

幼い子の好奇心はその後の人生を左右するターニングポイントでもあるようです。

子供の好奇心を是非伸ばしてやりましょう。

好奇心=文化資本

好奇心は、文化資本であるとも言えます。

文化資本とは、金銭によるもの以外の、学歴や文化的素養といった個人的資産を指す言葉です。

好奇心旺盛な幼少期を過ごすことで、高学歴の人生を歩むことができたり、さまざまな知識を学んでいくということは、お金で買うことができない個人の財産です。

知識を得るためにお金は必要ですが、その知識を買い取ることは不可能です。

学問に王道なしという言葉があるように、どんな人でも賢くなろうと思ったら地道な努力が必要なのです。

また、好奇心が無い人が、好奇心のある人からお金で好奇心を買うこともできませんよね。

文化資本は、お金よりも大切で貴重な目に見えない個人の財産であると言えるでしょう。

好奇心を失わないための10個の方法

では、好奇心を失わないためにどんな方法があるのでしょうか?

既に失っていても好奇心を取り戻すことはできるのでしょうか?

また、最近どうも好奇心に欠けている気がするという方は、是非その貴重な好奇心を失わないために、今日からできることもたくさんありますので、実践してみてください。

好奇心を失わないということは、脳が活性化し続けるのでいつまでも若々しくいられるということでもあります。

好奇心旺盛な方のことを「少年のような瞳を持っている人」なんて表現することがありますが、まさに子供のような純粋な気持ちを持ち続けることができる大人を意味します。

子供っぽいというわけではなく、常に挑戦し続ける、新しいことに目を向けている人って輝いていますよね!

1.日々期待感を募らせる

好奇心に充ち溢れている方は、毎日新しいこと・知らないことに対して期待感が膨らんでいます。

めまぐるしいこの世の中では、日々新しいことが生まれています。

それに対して、分野問わず「これは、どんなものなのだろう?」「これはどのような効果があるのだろう?」と、いつも何でも知っておこうとしています。

新しいことに興味を持つ、今まで知らなかったことに興味を持つことが好奇心です。

期待に胸ふくらませるだけでなく、知ることの喜びや理解することの素晴らしさをまずは経験してみましょう。

毎日毎日、そんな思いをしていたらしんどいと思いますか?でも、別にものすごい経験をしろと言っているのではありません。

小さな興味の積み重ねが大きな好奇心に繋がることだってあるのです。

毎日1つでも良いので、何かに対して「なぜ?」という疑問を持つことが重要です。

毎日ワクワクするようなことを考える

好奇心の「奇」という漢字には、普通とちがっている・めずらしい・優れている・不思議・思いがけないなどという意味があります。

つまり、普通では無いことを好む心が好奇心です。

人が好奇心を抱く際、ドキドキと高ぶったワクワクする感情が沸き起こります。

嫌々調べることを好奇心とは言いません。

好奇心を持ち続けるには、このワクワク感を持続させることが重要なのです。

人は基本的には面白いことや楽しいことが好きです。

嫌な仕事も、やり終えた後に「お楽しみ=わくわく」が待っているから頑張れるのです。

モチベーションを高く、日々過ごすことができるようにするには、いつも好奇心を忘れないこと、それには、ワクワクするようなことをいつも考えておくことが必要です。

2.ストレスや疲れをとる

ストレスや疲れがたまったままにしておくと、好奇心どころではありません。

健康的な精神は健康的な身体にこそ宿ると言われています。

ストレスや疲れが溜まっている時は、何も考えずに思い切ってしっかり身体を休めましょう。

その時に、余計なことは一切考えないこと。

たとえワクワクするような楽しいことであっても、とりあえず一旦考えるのは辞めましょう。

何かをずっと続けることは、時には休憩しながらでなければ続きません。

それは好奇心というプラス思考についても同じことが言えます。

いくらワクワクしたい、いつも好奇心を持ち続けたいといっても、疲れた身体や心ではワクワクも半減してしまいます。

健全な身体と精神があってはじめて次の行動が取れるのです。

休む時はしっかり休んで、考えるときは集中して考える。

メリハリが大切です。

自然と集中力も切れてしまう

ストレスや疲れは、集中力を低下させます。

特にストレスは、ストレスがたまるとイライラしてしまい、物事に集中できません。

現代社会にストレスはつきものですが、かといってストレスを侮ってはいけません。

ストレスをほっておくと、病気になることもあります。

病気になってしまったら、せっかく好奇心を抱いても、好奇心を抱くだけで何もすることができません。

どんなことも身体が資本です。

万全の準備で行えるように、身も心もいつも健康でいるように心がけましょう。

また、集中力が途切れると、せっかく好奇心を持って挑んだことも、なかなかスムーズにいかなかったり、覚えられなかったりしてとても効率が悪くなってしまいます。

【疲れを取る方法は、こちらの記事もチェック!】

3.心身をリラックスさせる

これも上記と同じような意味合いのことですが、好奇心を持ち続けるには心に余裕が無いとできません。

いつも何かに必死であったり、気持ちに余裕が無いと好奇心が入るスペースが無くなるからです。

好奇心を持つ対象については、別にそれに興味を抱かなくても生きて行ける、生活できる、特にそれをしなくても何が起こるわけでもないというようなこともあります。

確かに、人は生きて行かなくてはなりません。

趣味に費やす時間や費用が賄えず、生活するだけで精一杯の方もいらっしゃるでしょう。

でも、一度しかない人生、本当にそれでいいのでしょうか?がむしゃらに仕事をするのが悪いのではありません。

しかし、一生懸命何かをするには、どんなことでも心に余裕を持たなければうまくいきません。

心身をリラックスさせ、頭を柔らかくしておきましょう。

一日の疲れは15分で取れる!

ところで、人は疲れた時にどうやって疲れを取るのでしょう?

実はたった15分で3時間ほどの睡眠に匹敵するような疲れを取る方法があるのです。

15分睡眠という言葉があるのですが、15分間だけ寝るという至ってシンプルな方法です。

ポイントは、座った状態で寝ると言うことです。

実は、寝転がった状態で寝ているのと、座った状態で寝るのとでは脳の疲れを取る度合いはさほど変わらないそうです。

もうひとつのポイントは15分以上寝ないということです。

疲れを取るために、集中して取る睡眠は15分がベスト。

これ以上眠るとかえって疲れます。

最近では、この短い睡眠を手軽に取れるように短時間睡眠用の枕なども販売されています。

座ったままうつ伏せ状態で眠るのですが、その時に首や腰に負担がかからないように、また顔に皺がつかないように工夫された枕があるのです。

そのようなものも利用してみましょう。

4.心を快にする

好奇心を抱く基本的なことは、心を快適にしておくということです。

疲れていたり悩んでいたりすると、どうしても好奇心を抱くことを躊躇してしまいます。

もちろん人間ですから、時には悩んだりくじけたりするでしょう。

しかし、大切なのはいつまでもウジウジと悩んだり考えたりしないことです。

また、逆に好奇心を保ちながら、いつもワクワクすることを考えておけば、悩みはいつか解消されます。

その悩みに対して忘れてしまうということはありませんが、どうにかなる・どうにかできると思えるようになります。

好奇心を維持するためには、心を快にする・リラックスすることがとても大切です。

考え過ぎは禁物ですよ。

楽しかったことを思い出す

人は色々な思い出を抱いて生きています。

もちろんあなたにも素敵な思い出があるでしょう。

中でもとても楽しかった思い出を、ふと思い出してみましょう。

心のアルバムというやつですね。

いつの思い出でももちろん構いません。

どうですか?わくわくしてきませんか?

この気持ちは好奇心を抱く気持ちとテンションは同じです。

またあんな楽しいことをしたい、あんな思いをしたいという気持ちが原動力になり、好奇心へと導いてくれます。

悲しいことや辛いことがあったときこそ、楽しかった思い出を思い出してみましょう。

きっと生きるヒントになってくれるはずです。

5.楽しいことを実践する

好奇心旺盛な人っていつも楽しそうじゃないですか?そしていつも何だか元気ですよね。

それは、自分が楽しいと思うこと、好きなことを遠慮しないでやっているからです。

好奇心旺盛な人は、「できない」とか「どうせ」とか「無理」などという言葉は一切使いません。

ダメもとでやってみよう、できるかもしれないという前向きな気持ちで取り組むので、とてもポジティブなのです。

それは、最初からできないと思っていては何もできず、やってみたら意外と簡単だったと言うことをよく知っているからです。

自分自身が楽しいと思えることをやってみましょう。

人の目を気にする必要は全くありません。

気持ちが高まる

好きなことをしていると気持ちが高まります。

この気持ちの高まりが大切なのです。

好奇心を抱くのは誰の為ですか?自分の為ですよね。

ですので、好きなことや気持ちが高まることを、自分がやりたいようにやればいいのです。

人にバカにされても良いんです。

誰に認められなくても構いません。

自分が好きだから人も好きだとは限りませんし、人から勧められたから自分も誰かに勧めなければならないというきまりもありません。

6.やる気がないときこそ行動する

人はやる気を失うと、何もかもが嫌になります。

しかし、そんなときこそ重い腰をあげて行動してみましょう。

重い腰はいつも以上に重いかもしれませんが、なにもしなければ何も始まりません。

やる気が無いから休憩するというのでは、いつまでたっても休憩中のままです。

乗り気では無い時にやってみたことが、意外と自分にあっていたり、面白いかもしれないと思えたりするかもしれません。

やる気が無い時の行動で、未知の世界が広がるかもしれませんよ。

さぁ、じっとしてないで、まずは行動です!

脳がやる気を高める

人は自分の脳を騙せるってご存知ですか?脳を騙すってなんだかちょっと怖い気がしますが、脳をその気にさせると言いかえることもできるでしょうか。

人の脳は、まだまだ解明されていない部分が多く、たくさんの可能性を秘めています。

たとえ、今やる気が起きなくても、自分の気持ちに「できる」「やれる」「やる」と言い聞かせるのです。

そうするうちに、脳に行動を起こさせる指令が行くようになり、本当にやる気が出てくるのです。

7.日々の生活の中に小さな変化を取り入れる

好奇心旺盛な人は、日常の小さな変化を見逃しません。

その小さな変化が、やがて大きな好奇心に変わることを直感で気づいています。

別になんでも構いません。

道端に小さな花が咲いていることに気が付く、ちょっとひと駅多く歩いてみる、などほんのささいな変化で十分なのです。

日々の生活の中に小さな変化を見つけていると、今まで気が付かなかった何かに気づくことができるようになります。

この気持ちが好奇心を持続させるエネルギーにもなっています。

変化に注意を向ける

また、日常の小さな変化に注意を向けることも重要です。

単に「変わったな」ではなく、なぜ、どういうように変わったのかを探求します。

すると、小さな変化だと思っていたものが、実は大きな第一歩を踏み出していたということもあります。

好奇心旺盛な方は、普段から気配りもできますし、心遣いも細やかな方が多いです。

それはいつもいろいろなことに目を向けて変化を見逃さないようにしているからです。

8.直感に従う

ところであなたは直観力に優れていますか?

一度直感に従って過ごしてみませんか?「考えなしに行動するのは怖い」と思っておられるかもしれませんね。

確かに仕事などで直感に従ってやってしまうと、へたをすれば周りに迷惑をかけてしまいます。

ですが、自分の趣味や好きなことであれば直感に従って行動しても良いのではないでしょうか?どちらか迷ったら、楽しそうな方をやってみる。

やってみて合わなければ違う方もやってみる。

など直感に従うことでどんどん直観力も冴えてきますよ。

新しいものに出会えるかも!

直感に従うと、新しいものに出会える確率が断然多くなります。

今まで選ばなかった方を選んだ場合は当然それは新しいものですよね。

好奇心はこの新しいものに対して、興味を持つと言う意味でもありますので、直感に従って過ごしている人は、好奇心旺盛だとも言えるでしょう。

人生において、どれだけ長生きしていても、全てを知ることはできません。

ということは、長生きすればするほど新しいものに出会えると言うことです。

行動するのに遅すぎることはありません。

恐れずに直感に従って過ごしてみてはいかがですか?

9.感情をオープンにする

好奇心を持ち続けようと思ったら、感情を押し籠めてはダメです。

もっと自分に正直に、心をOPENにしましょう。

嬉しい時は思い切り喜んだり、悲しい時は思い切り泣ける。

そんな感情をオープンにするような人は好奇心を持ち続けることができるでしょう。

人に対して心を開くとなると、相手をまず信頼しなければならないので、少し難しいし時間がかかります。

しかし、ここで言う「感情をオープンにせよ」というのは、人に対してではありません。

自分の気持ちを外に向けて遠慮しないで解き放つという意味です。

子どものように好奇心旺盛になれる

感情をオープンにすることで、子供のように好奇心旺盛に戻ることができます。

子供は好奇心の塊であると先程お話しましたよね。

子供は純粋であるから、また、恐れることを知らないから好奇心にたどり着くまでがスムーズだと言うお話をしてきました。

また、子供は自分の感情を素直にさらけ出しています。

感情を解放することは、子供のように自分に嘘をつかないということなのです。

10.面倒臭いと思っても行動する

好奇心旺盛な人は、基本的にフットワークが軽いのです。

やると思ったらすぐ実行に移します。

また、興味があって行きたい!と思ったらすぐにその場所に出かけて行くのです。

ですので、面倒くさがり屋さんには好奇心を保つことはちょっと難しいですね。

あの場所に興味がある、あの店美味しそう。

でも今日はちょっと出かけるのは面倒だな。

また今度にしようでは、いつまでたっても前に進むことはできません。

面倒くさいと思っても、まずは実行に移すことが好奇心を持ち続ける秘訣です。

めんどくさがりはいろんな面で損!

何事もそうですが、チャンスってあんまり待ってくれません。

めんどうくさがりは、そういう意味ではものすごくチャンスを逃しやすい性格と言えます。

それって本当に損してますよ。

あのとき思い切って行動していたら、こうなっていたのにということが沢山あります。

好奇心を持ち続けたい、無くしたくないと思ったら、まずは面倒くさがりの性格を直して行きましょう。

とにかく行動あるのみ!です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

好奇心を失わないための10個の方法について述べましたが、どれも具体的な方法というよりは、好奇心を失わないための心得・考え方と言った方が良いかもしれません。

ようは、自分の気持ち次第。

いつまでも好奇心を持ち続けて若々しくありたいと思っていらっしゃるのなら、どれからでも良いので、できることからチャレンジしてみてくださいね!