あなたのまわりには「不思議ちゃん」はいますか?

そもそも不思議ちゃんって何なのでしょう?

「ちゃん」と付くぐらいなので、女性を指すということはなんとなくわかりますよね。

今回は不思議ちゃんについて、いろいろとお伝えしたいと思います。

不思議ちゃんとは人なのか?なんなのか?

人であれば、どういうタイプの人を不思議ちゃんと呼んでいるのかなど不思議ちゃんについて徹底解明!

もしかして、私こそ不思議ちゃんじゃないの?と発見があるかもしれません。

あなたの周りには不思議ちゃんはいるのでしょうか?

不思議ちゃんって意外とモテるのですが、それはなぜなのでしょう?

また不思議ちゃんが苦手という方も、どうすればうまく付き合っていけるのかなども併せてお話しましょう。

不思議ちゃんとは

不思議ちゃんってなんでしょう?

不思議ちゃんは、ある特徴をもった人の愛称というか、呼び名のようなものです。

「不思議」という言葉がありますよね。

この言葉の意味は「どうしてなのか、普通では考えも想像もできないこと。説明のつかないこと。」という意味です。

例えば「不思議なできごと」とか「どうしてこうなったのか不思議でしょうがない」などの使い方をする、名詞・形動詞にあたります。

つまり、日本語のとおりに解読すると不思議ちゃんとは「普通では考えられない、想像ができないことをしてしまう女の子・または女性」と意味づけることができます。

なんとなくイメージが掴めてきたでしょうか?

不思議ちゃんという言葉もイメージ的に使われることが多いので、人によってその感覚はさまざまですが、簡単に言うと「変わっている子」とか「掴みどころのない子」などの特徴を持つ女性を表すようです。

独特の雰囲気を持っている女性・それが不思議ちゃんなのです。

感性が他人と少しズレている

不思議ちゃんの感性は他人とは少しずれています。

だからこそ不思議ちゃんなのです。

自分が普通だと思っていることについて、他人にとっては普通じゃないことも世の中にはたくさんありますが、それでも一般論というのは存在します。

多くの人が共感できると言う意味です。

しかし、不思議ちゃんには、この一般常識が通用しません。

不思議ちゃんは感覚がもともとずれているのですから、不思議ちゃんにとってみれば一般常識こそ不思議に思えるのかもしれません。

ただ、感性がずれているということは、他人の感性とは違う感性を持っていると言うことです。

つまり、独創的であり創作能力にたけていることが多いので、クリエイティブな世界ではわりと成功している人も多いですし、逆にクリエイティブな世界には不思議ちゃんが多いのです。

言動が変わっている

不思議ちゃんの一番の特徴は、言動が変わっているということです。

よく「宇宙語」なんて表現されることもあるほどで、慣れない間は何度も「え?それってどういう意味?」とつい、聞きなおしてしまいます。

付き合いが長くなれば、だんだんとこちらも解読できてくるのですが、最初はやはり戸惑います。

また、言動だけでなく、声質に特徴がある方が多いのも不思議ちゃんならでは。

いわゆる「声優さんのような声」の人もいます。

このように声や言動が変わっているので、初対面ではたいていの人が唖然とするのです。

しかし、人は怖いもの見たさという意識が働きます。

ですので、不思議ちゃんの魅力にどんどん嵌っていく人も実は多いのです。

そこがモテると言われるゆえんでしょうか。

常識にとらわれていない

不思議ちゃんに世間の常識は通用しません。

というより世間の常識を知らないので、常識にとらわれることはありません。

不思議ちゃんはいつも自由奔放なのです。

でも、この自由奔放さが、他にはない魅力でもあります。

常識にとらわれていないけど、自分のポリシーはしっかりと持っているのが不思議ちゃん。

なかなか頑固な一面も持っています。

型にはまることを良しとしないので、いつも頭を柔らかくして色々なことを吸収します。

不思議ちゃんは、とっても素直。

人にも正直ですし自分にも正直なのです。

計算して生きているわけではないので、どこかほっておけない、そんなキャラクターなのです。

独特の雰囲気をもっている

不思議ちゃんには、独特の雰囲気があります。

それゆえ、たびたび「天然」と一緒にされます。

でも、不思議ちゃんと天然は少し違います。

不思議ちゃんはあくまで不思議なんです。

女性の中には、何故か勘違いしておられて「天然はモテる」と思いこんでおられる方がいらっしゃいます。

それゆえ、天然で無いのに天然を演じて男性の気を引こうとする方もおられます。

でも、天然を演じることができても、不思議ちゃんを演じることはなかなかできません。

それは、真似できないどくとくの雰囲気を持っているからです。

そもそも突拍子もない言動や、理解できない行動を起こすのが不思議ちゃん。

ですので、そんな不思議ちゃんを真似するなんて至難の業なのです。

また、天然と呼ばれる人達はどこか似ている部分もあるのですが、不思議ちゃんは個性が強いので、似たような不思議ちゃんというのがあまり存在しません。

いろいろなタイプの不思議ちゃんがいます。

不思議ちゃんがモテる8個の理由

不思議ちゃんて、何故かモテるのです。

それはなぜでしょうか?人はもともと無い物ねだりという感覚があります。

ですので、自分が持っていない感覚や自分には理解できない感性、雰囲気にどこか憧れを抱くのです。

また、不思議ちゃんは男性から愛されるだけでなく、女性からもわりと人気があります。

人気があると言うより、危なっかしくてほっておけないと言った方がいいでしょうか?予測不可能なため、不思議ちゃんは苦手だという人もいますが、全般的に「面白い」と構う人の方が多いようです。

では、不思議ちゃんがモテるのはどうしてか、8個の理由を挙げて分析してみましょう。

今までわからなかった不思議ちゃんの不思議がわかるかもしれませんよ。

1.親近感を持たれやすいルックスだから

不思議ちゃんは、わりと好感をもたれやすいルックスをしています。

どこにでもいそうで、どこにもいない風貌というのでしょうか。

おっとりしている軟らかい雰囲気を醸し出しているので、お嬢様に見られることも多いようです。

また、不思議ちゃんは親近感を持たれやすいルックスでもありますので、近寄りがたいとか、冷たそうとかいったマイナスの印象がほぼありません。

たいてい、いつもニコニコしていたり、ほけっとした顔つきをしているので、興味を持たずにいられないのです。

着ているものも、わりと不思議なスタイルが多いかもしれません。

それどこで買ったの?と言いたくなるような洋服を着ていることもありますし、とても個性的なファッションを好む人も多いです。

不思議ちゃんにずば抜けた美人はなかなかいない

不思議ちゃんの中に、あまりずば抜けた美人はいません。

ですので、好感度が高いのです。

美人はどこか冷たい雰囲気があったり、仕事がものすごくできたり、テキパキしたりとあまり不思議な感覚を持っている人はいません。

それよりも一般的常識の中で生きている人が多いです。

また、美人は近寄りがたく、実際に話してみるとそうでもないのに、話すまでのきっかけが無い、隙が無い、緊張するなど接触するまで時間がかかることが男女ともに多いですが、不思議ちゃんはキャラクターのようなものですので、こちらも躊躇せず声をかけられます。

また、人から「あの人不思議ちゃんだよ」と聞かされていない限りは、一見不思議ちゃんとはわかりにくい人もいますので、話してみてはじめて「あれ?」と思うこともあります。

2.好きなものがはっきりしているから

不思議ちゃんは、自分のポリシーがしっかりと確立されています。

それは、他人とは違った感性を持っていて、それを大切に過ごしてきており、他人が自分の感性を理解してくれなくても全く気になりません。

ですので、不思議ちゃんは好き嫌いがかなりはっきりしています。

好き嫌いがはっきりしている人に対して、人は意外と好感を持つものです。

好き嫌いがはっきりしているということは、とてもわかりやすいですし、コミュニケーションを取る際に、相手の嫌いなものを避ければ良いだけの話です。

不思議ちゃんも、好きな話題に対しては素直に盛り上がりますし、話していてもとても楽しい時間を過ごせるでしょう。

ギャップが魅力

人間は、特に異性に対してはその人のギャップに魅力を感じることが多いです。

「まさかこんな一面があったとは」とどんどん惹かれて行くのです。

不思議ちゃんはその点においては、ギャップの塊です。

なにせ、予測がつかないのですから。

何を考えているのかわからないなと思っていたところに、話してみるとすごく信念を貫こうとしていたり、しっかりしたポリシーをもって前に進んでいるのを聞くと、そのギャップに魅力を感じますし、応援しよう!とも思います。

また、男性は「自分しかしらない彼女の一面」というものを大事にする傾向があります。

みんなの知らない不思議ちゃんの一面を知っていることに喜びを感じたら、それはもう恋かもしれません。

3.自分の世界がある

不思議ちゃんには、不思議ちゃんワールドという独特の世界感が存在します。

不思議ちゃんはよく空想しますが、話していてもときおりふと違う世界にいっているような感覚になることがあります。

人の話を聞いていないわけではないのですが、何かをきっかけに想像力を膨らませてしまうのです。

普通、人とコミュニケーションを取っている時には、そのコミュニケーションを優先させるものです。

しかし、そんな場合でも不思議ちゃんは常識を突き破って自分の世界感を優先します。

ですので、何か話のきっかけ、言葉を聞いて「そういえば」と空想にふけることがあります。

不思議ちゃんの話し相手が女性の場合は、「もう話聞いてる!?」となって「え?なんだっけ?」となりますので、腹を立ててしまう人もいるようですね。

男性は気になる

この掴みどころが無い、遠慮が無い、自分だけの世界を持っているということに男性はとても魅力を感じるようですし、気になる存在になっていきます。

できれば不思議ちゃんの世界に自分も入りこんでみたいとさえ思うようになります。

男性も女性も、好きになった相手に共有を求めたくなりますが、不思議ちゃんについては、なかなか共有がままなりません。

共有の前にまず彼女の世界感を理解することから始めなくてはならないからです。

しかし、人は恋愛においてはハードルが高ければ高いほど燃えるものです。

「この不思議な存在をどうにかして理解したい」と思うのがモテる理由の一つかもしれません。

4.マイペースだから

不思議ちゃんは、超がつくほどマイペースです。

一般的にマイペースな人は和を乱しますし、自分勝手に捉えられることが多いため嫌煙されてしまうのが普通です。

しかし、不思議ちゃんについてはマイペースなのが当たり前で、まわりもそれを理解しているのでさほど腹が立ちません。

そういう意味では結構得な性格と言えるでしょう。

自分のペースにのみ支配されている不思議ちゃん。

猫のような気まぐれな性格は男性受けがよく、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか?

また、少し言い方は悪いかもしれませんが、男性には相手を支配したいと言う願望が少なからずあります。

不思議ちゃんのペースを理解した上で、そのペースを操れるようになることに自信を持つ人もいるかもしれませんね。

自然とペースに合わせてしまう

とはいえ、なかなか不思議ちゃんがこちらのペースに合わせてくれることはありません。

そこで、男性側が自然に不思議ちゃんのペースに巻き込まれていくのです。

ですので、場合によっては男性側も不思議ちゃんに近い性格になってしまうこともあります。

自分の彼女やパートナーが不思議な存在であれば、男性はそれを理解しようと努めます。

そもそも不思議ちゃんと付き合っていこうとすれば、彼女のペースに合わせるしかなくなってくるというのも理由です。

不思議ちゃんのペースに男性は自然と合わせていくようになりますが、それに対して男性はあまり苦痛に思うことはありません。

むしろ知らなかった世界感に足を踏み入れられて嬉しいと思っているのではないでしょうか?

5.聞き上手だから

不思議ちゃんの種類にもよりますが、お話し聞き上手な不思議ちゃんというのも存在します。

聞き上手と言うよりも、人の話を聞くのが好きな女性です。

不思議ちゃんにとって一般社会は未知の存在で、自分の世界には無いものがたくさんあります。

不思議ちゃんにしてみれば、男性の話す内容は魅力的なことが多いはずです。

ですので、好奇心を持って話を熱心に聞いてくれます。

人は相手が話を真剣に聞いてくれると嬉しいですし、いろいろなことを話したい!と思うようになります。

不思議ちゃん自身は「自分は聞き上手である」という感覚はさらさらないのですが、飾り気の無いところがまた不思議ちゃんの魅力なのかもしれません。

男性は自分の話を聞いてほしいもの

また、男性はどちらかといえば話したい人が多いです。

聞き上手の男性ももちろんいますが、基本的には話を聞いてほしいものです。

ですので、聞き上手な不思議ちゃんの存在は、男性にとっては大変魅力的に感じるのです。

自分の話をいつも真剣に、目をきらきらさせながら聞いてくれる。

そんな存在を憎たらしいと思うはずはありません。

だんだん愛しい気持ちになってくると思います。

これが、「聞き上手を演じている女性」であれば、すぐにぼろが出ます。

不思議ちゃんは恋愛についても、あまり深くは考えません。

ですから、恋愛について計算高くなる必要が無いのです。

作り笑顔で話を聞いてもらっても男性はちっとも嬉しくありません。

素直に聞いてくれる不思議ちゃんの存在こそ、男性にとっては癒しなのでしょう。

6.癒し系だから

先程も少し述べましたが、不思議ちゃんは癒し系の女性が多いです。

昔から女性には癒しを求める男性は多いですが、不思議ちゃんはまさに男性が理想とする癒し系の雰囲気をもともと持ち合わせています。

これも、モテたいために、自分は癒し系では無いのに癒し系を演じる人も中にはいますが、そういう演技はすぐに見破られます。

不思議ちゃんは、自分の世界を持っており大切にしているので、自分を偽ったり、演じたりすることをしませんし、その方法も知りません。

ですので、真の癒し系とも言えるでしょう。

癒し系は自然と女性らしさを引き立てます。

ガツガツとガサツな荒い性格の女性よりは、多少抜けているような、いじらしい感じがやはりモテるのです。

雰囲気に癒される

不思議ちゃんは、いわゆる「マスコット的存在」でもあります。

ゆるキャラをイメージして頂くとよりわかりやすいかもしれません。

男性陣は、この雰囲気に癒されるのです。

「あの子と一緒にいると、悩んでいることがちっぽけなことに思える」とか「勇気をもらえる」と言った具合に、ポジティブに考えることができます。

人間が持つ雰囲気って重要ですよね。

なんだかんだいっても、人は第一印象が一番大切です。

人間関係に慣れてくれば慣れてくるほど第一印象はほぼ当たっています。

不思議ちゃんは、ギャップはありますが裏表がありません。

第一印象が「癒し」な不思議ちゃんは、イメージそのままの癒しガールなのです。

7.滅多に涙を見せないから

男性は女性の涙に弱いとよく言われますが、実はそんなこともないようです。

すぐに泣きだす女性に対して嫌悪感を抱く男性は多いようですよ。

涙は女の武器だなんて言っている時代はもう古いのかもしれません。

不思議ちゃんは癒し系ですが、決して弱いわけではありません。

また、くよくよしないでポジティブ思考の人が多いので、滅多に涙を見せないのです。

泣いてもどうにもならないことを、実はよくわかっています。

ただ、それが男性からすれば逆に健気に見えたりもするのでしょう。

不思議ちゃんが涙を流すときはよほどのことですから、それこそ武器になりえます。

実は芯が強い

不思議ちゃんには自分の世界感がきちんとあり、ポリシーが確立されています。

ですので、実は芯がしっかりしている女性が多いのです。

滅多に泣かないのもそういうところから来ています。

芯の強い女性は、ここぞというときに凛としていてとてもカッコいいものです。

普段ふわふわしている印象のある不思議ちゃんの、芯が強い一面をみたり、一人で頑張ろうと歯をくいしばっている姿を見たら、男性としてはより魅力を感じるでしょうし何か助けになりたい、手伝いたいと思うのではないでしょうか?

ぶれない女性は、不思議ちゃんで無くともカッコよく素敵ですよね。

8.愛されやすいキャラだから

不思議ちゃんは、とても愛されやすいキャラクターです。

嫌みが無く、誰とでも同じように接することができます。

愛される条件として、公平であることが重要ですが不思議ちゃんは自分の世界以外にはあまり関心がありませんので、誰かに特別依存するということもありません。

確かに万人受けするタイプでもありませんが、一度不思議ちゃんの魅力を知ったら、病みつきになる人も多く、仲良くなりたいと思う人も出て来ます。

また、不思議ちゃんは不思議ちゃんのことを苦手と思う方はいますが、自分自身は人を嫌うことがあまりありません。

愛されようとして媚をうるのではなく、計算の無い素直な人物像が人から愛される存在になっていくのでしょう。

個性を発揮して自然体でいる

不思議ちゃんが何故愛されるのか?

それは、彼女がいつも自然体でいるからです。

自分をいつわることなく、自然体でいるというのは実は結構難しいものです。

正直な自分をさらけ出して嫌われたらどうしようという不安から、ついつい自分自身を無視して、都合のいい女性を演じてしまいがちです。

しかし、不思議ちゃんはそんなことは全く気になりません。

自分の個性を認めてくれない人に対して、無理に認めてほしいとも思わないし、そこで相手に合わせようとも思いません。

自分を理解してくれる人に理解されればそれでいいと思っています。

このように思えるには、本当の意味で強い女性でなければなかなかそのような思考にはなれません。

不思議ちゃんは実は強い女性なのかもしれないですね。

不思議ちゃんの7個の特徴

今まで不思議ちゃんがどうしてモテるのか?を重点的にお伝えしてまいりました。

ではここで、不思議ちゃんの特徴についてあらためて述べて行きたいと思います。

不思議ちゃんとはどういう特徴があるのか、どういう人のことを言うのか、おさらいになる部分もありますが見て行きましょう。

あなたがもし、「この人不思議ちゃんかもしれない」と気になっている人がいれば、その人が不思議ちゃんかどうか判断する参考にして頂ければいいと思いますし、特徴をしっておくことで理解を深め付き合いもしやすくなります。

また、自分が過去に「あなた不思議ちゃんね」と言われたことがあり、自分ではそう思っていないのだけど、なんでそんな風に言われたのか気になるという人にも読んで頂きたいと思います。

1.喋り方が変わっている

最初に述べましたが、不思議ちゃんの特徴としてあげられるのが、声質としゃべり方です。

「あの人の声、変わっている」とか「すごい個性的な話し方をする人だな」と、喋り方について特徴的な印象を受けたら、その人は不思議ちゃんかもしれません。

例えばアニメの声優さんなんかは、変わった声質の方が多く、またその声質を活かす仕事をしたいからこそ声優になった人もいますが、不思議ちゃんも多いのが現状です。

独特の世界感があり、声の演技を仕事にするということは、かなりの空想能力を必要とします。

もし、あなたが他人から「個性的な話し方をする人だね」と言われたことがあるのなら、もしかするとあなたは不思議ちゃんなのかもしれません。

2.他人に興味がない

不思議ちゃんは他人に興味がありません。

自分にしか興味が無いというと語弊がありますが、自分の世界感を第一に考えているので、他人のことを考えている余裕が無いのです。

かといって優しくないとか、人と付き合えないというわけではないのです。

不思議ちゃんは大人になって、いきなり不思議ちゃんになったわけではありません。

ですので不思議ちゃんの中には、その独特の雰囲気や感性から幼い頃いじめを受けていた人もいます。

ですが、不思議ちゃんの場合はいじめられていることに気がつかなかったり、別に落ち込まないという人もたくさんいて、普通であれば悲しい幼少期で嫌な思い出なのに、気にせずに乗り越えてこれた方が大勢いるのです。

3.空気が読めない

不思議ちゃんは、KYな人が多いのです。

空気が読めないということです。

一般常識が通用しないので無理もないのですが、自分が空気が読めないこともわかっていませんし、そもそも空気を読むとはどいういうことなのか、何故空気を読まなければならないのか、その必要性もあまり感じないのです。

また、人が思いつかないようなタイミングで、突拍子もない言動や行動を起こすのが彼女たちの特徴でもありますので、不思議ちゃんがKYであることは何も珍しいことではありません。

あなたの周りに、「一緒に営業先を回るのが怖い」とか「友達に紹介するのに躊躇する」というような人がいれば、それは不思議ちゃんである可能性が高いです。

4.冗談が通じない

不思議ちゃんは、あまり機転が効きません。

KYであることからも言えますが、場の雰囲気を読んだりするのは苦手です。

ですので、頭脳を使うような遊び、ジョークや冗談などが通用しないうえに、何が面白いのかわからないことが多いのです。

しかし、冗談を発した側がその冗談に対して、説明をしなければならないほど屈辱的なことはありませんよね。

でも、冗談が通じない、笑ってもらえないのはあなたの責任ではありません。

不思議ちゃんはもともと冗談自体に免疫がなく、冗談すらもまともに受けてしまうのです。

いじめに気がつかない人が多いというのも、そういう理由からも伺えます。

5.独り言が多い

不思議ちゃんは、思ったことをついつい口に出して言ってしまう傾向があります。

それが独り言として認識されてしまいます。

でも、独り言を自分が言ってしまっていることにあまり気づいていません。

普通は自分が独り言を言っている自覚があるのですが、不思議ちゃんはそうではなく、他人から指摘されて気が付く場合が多いです。

ですので、初対面の人からは「ちょっとおかしな人なのかな?」と思われてしまうのです。

不思議ちゃんの場合、独り言というよりは、声に出して確認しているというような場合が多いかもしれません。

6.独特のセンス

不思議ちゃんには独特のセンスがあります。

誰にも真似できないような個性的なセンスがありますので、クリエイティブな方面で活躍している不思議ちゃんもたくさんいます。

デザインや造形などの仕事は特に、個性的でなければ生き残れません。

不思議ちゃんは、芸術家タイプの人が多く、自分の世界感をどんどん遠慮なく広げて、不思議ちゃん自身が持っている無限の可能性を思い切り広げて行ける芸術的な分野は、まさに不思議ちゃんにとっては転職と言えるでしょう。

7.天然すぎる

先程、不思議ちゃんは天然とは少し違うとお話ししました。

いってみれば天然すぎるのです。

しかし、不思議ちゃんの場合は自分が天然であるとも思っていませんし、もちろん作ってもいません。

不思議ちゃんにとっては、天然だと言われる自分が本来の自分であり、天然であると言われたところで気にしないのです。

また天然でも許される天然と、許されない天然がいます。

不思議ちゃんの多くは、前者である許される天然です。

「しょうがないな」と笑って許してもらえるのです。

それも不思議ちゃんの魅力でもありますよね。

また、このような気質から、「世間知らず」と言われてしまうこともあります。

悪気は無いのですが自分本位で動くので、空気も読めないですし、タイミングもわからないのでそんな風に言われてしまうのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

あなたの周りには不思議ちゃんはいましたか?

またもしあなたが不思議ちゃんよ呼ばれたことがあり、不本意に思っていたとすれば何故不思議ちゃんと呼ばれたかおわかりいただけたでしょうか?

しかしながら、不思議ちゃんと呼ばれる・認識されることについては、個性ですから別に悪いことではありません。

不思議ちゃんがちょっと苦手だなと思っていた方も、これを読んで、ご自身が「何故?」と思われていることが、少し解決したのではないでしょうか?

不思議ちゃんについて、扱いにくいなと思わないで、彼女に寄りそってみませんか?そしてちょっと不思議の世界に足を踏み入れてみませんか?