あなたは、「論破」という言葉を知っていますか?

また日頃からよく使う言葉ですか?

論破ってそもそもどういう意味なのでしょう?

辞書で調べてみますと、論破とは、議論して相手の説を破ること。

言い負かすこと。

という意味なのだそうです。

一人が多くの人を相手に一方的に話すのは、講演といいますが、論破するには会話の相手が必要です。

しかも言葉のイメージでは「相手と楽しく仲良く会話する」というような悠長な内容でもなさそうですね。

論破は、ある一つのテーマで自分と相手が言い分や見解が違う場合に、互いに議論を行いそれぞれの説を主張して相手の説を破る、言い負かすことですので、いわば「会話のバトル」とも言えるでしょう。

論破することのメリット

人はなぜ、論破するのでしょう?

互いを言い負かそうとするのですから、喧嘩になってしまうこともありますし、ストレスが溜まりそうです。

論破するのは、そもそも相手とは仲良くない場合が多いと思いますが、会う度に論破していたら疲れてしまいますし、「この人とはどうせ意見が合わないし、戦いになるから、疲れるのでもう話したくない」となってしまうのではないでしょうか?

人は、自分の意見を否定されることで過度なストレスを受ける生き物でもあります。

ですので、論破することは多少のストレスも覚悟しなければなりません。

ただ、論破を繰り広げることで、場合によっては自分の意見を見直すきっかけにもなりますし、論破に勝てば自分の意見が正しいと証明されるわけです。

論破することでメリットがあるかと言われれば、なんともいえませんが勝った場合は自分の意見を相手にも認めさせることができます。

1. 気持ちがスカッとする

確かに論破に勝ち抜くと、スカッとした気持ちになります。

もし自分が負かされた場合は、ことのほか腹が立ちますよね?

ですので、あなたが勝った場合はあなたが負けた時の悔しさを相手は味わっているということです。

もし、普段から論破に負けてばかりですと、たまに勝った時には本当に嬉しいですし、また誰かと論破してみたいと思うようになります。

ただし、注意しなくてはいけないのは論破するに当たっては当然ですが正当な意見をぶつけなければいけないということです。

嘘をついて相手を打ち負かそうとしても必ずばれてしまいますし、万一嘘の理論で自分が勝ったとしても気分が良いものではありません。

2. 立場が良くなる?

これも勘違いしがちなのですが、論破で勝つと一瞬天狗になります。

相手を打ち負かしてやった、自分が言うことはすべて正しいのだと思ってしまうのです。

でも、そうではありません。

相手も相手なりの正論をぶつけてきて、勝負したのです。

ですので、論破に勝ったとしても自分の立場が良くなるとは思わない方が無難です。

立場が良くなったのではなく、そのテーマに関しては自分の意見が勝っていたというだけにすぎません。

論破を終えることで、一応勝ち負けの決着はつくでしょうが、そこで良い気になってはいけません。

論破は会話のバトル・勝負事なのです。

ですので、論破を終えた後は、互いの健闘をたたえるべきだとも思います。

ある部分では、あなたの言い分もわかる、とか、この部分においてはあなたが正しいというように、相手の良いところも見つけながら論破して行くのが理想では無いでしょうか?

論破のコツをつかめる17個のテクニック

人と会話をするときに、「よし!論破してやろう!」と挑んで会話することは、まずありませんよね。

そんな風に最初から挑む状態なのは、テレビやラジオなどメディアでの番組で、論破を扱う時だけです。

一般の方は、普通の会話が論破に発展していくわけです。

もちろん、「この人と言い合いになりたくないな」と思ったら、自分がさっと意見を引けばいいわけです。

日常会話の中で、相手を必ず打ち負かせないといけないという場面はほとんどありません。

ですが、もし、相手と会話のバトルになってしまったときや、会社の会議や議論であらかじめバトルになるであろうことが予想できる場合は、論破で勝てるコツを覚えておかれると良いでしょう。

論破のコツをつかめるコツを17個のテクニックにわけてお伝えします。

1. 相手の話の矛盾を見つけよう

まず、論破になったら相手の話をよく聞きましょう。

相手が興奮していたりパニックになっていたら、たいていその話の内容には矛盾が生じています。

自分も同じようにヒートアップしてしまっては、論破にならずに単なる言い合いになってしまいます。

まずは、相手を言い負かせてやろうというような上から目線ではなく、自分の意見をわかってもらおうという謙虚な気持ちで相手の話を聞いて行くと、相手が間違っていれば相手の話の中に、必ず矛盾を発見することができます。

論破するためには、相手の話の矛盾点を指摘することから始まりますので、一見荒さがしのようにも思えてしまいますが、落ち着いて話を聞くようにしましょう。

2. 常に冷静な話し方をしよう

先程も述べましたが、相手の話に飲みこまれてこちらも興奮したりヒートアップすると、負けです。

ですので、相手が興奮していればしているほど、こちらはつとめて冷静に振る舞うようにしましょう。

冷静な話し方というのは、決して相手をバカにしたような話し方のことを言っているのではありません。

こちらが落ち着いて冷静に話をすすめていくと相手もだんだん落ち着いて来ますので、もし相手が論破している話題に対して間違ったことを論破してこようとしていたばあいは、そこで思いなおして相手が引くこともあります。

論破すればするほど長引くので、ストレスが確かに溜まります。

効率よく論破の決着をつけるためにも、ここはぐっと堪えて冷静に対処できるように心がけましょう。

3. 具体例を聞こう

相手から、たとえ話を引き出してみましょう。

言葉を学ぶときには、単語だけでなく例文も一緒に習いますよね?このように、人間の脳は、事例を出してもらうと整理しやすいのです。

もし相手が矛盾した話で論破をしようとしてきているのであれば、事例自体が少ないもしくは無いはずなのです。

これも、上から目線では無く「例えばどういうケースがありますか?」というように、質問形式で具体例を聞きだしていきましょう。

そのときも、相手の言葉が途切れてから聞くようにしなければ、「今具体例を言おうと思っていたのに」とか「まずはこっちの話を聞いて!」と逆切れされかねません。

質問もタイミングが大切です。

また、相手が言葉に詰まった時に具体例を聞くと、相手も話しやすいですし、こちらも優勢な状態で話を聞くことができます。

4. 具体的に数字をまじえて説明してもらおう

先程、具体例を聞き出そうというテクニックをご紹介しましたが、さらに数字を交えて説明してもらうとよりわかりやすいでしょう。

例えば、「みんな知っている」というようなことを相手が言ってきたら、「だいたい日本人の何パーセントくらいが知ってるの?」というような感じです。

相手が、正論を言っているのであれば、自分の持ちネタを数値化することは可能だと思います。

よくわかっていない、かじり聞きの中途半端な状態で論破しようとする人に限って、数字で説明してとお願いすると途端に口をつぐんでしまいます。

相手には嫌な奴だなと思われるかもしれませんが、論破のテクニックのひとつですので、数字を交えて説明してもらうのも一つの手ですね。

5. 相手にたくさん話させよう

論破するにあたっては、できるだけ最初は相手のペースを保つようにします。

こちらの切り札というか、意見はなるべく出さないようにします。

とにかく、相手の話のネタが先に尽きるのを待つのです。

何も言い返さない、無言で聞いている方が実は本当は強いのだと言う場合が多々あります。

相手がエキサイトしている間は、なかなか話は終わりません。

でも、当たり前ですがいつかは終わりが来ます。

それまでじっと耐えて待ってみましょう。

ついつい「でも」と反論したくなるのはわかりますが、そこはぐっと堪えて相手に全て吐き出させます。

相手も、あなたが言い返せないのだと勘違いしてどんどん自分のペースで話すでしょうが、やがてネタが尽きると急に怖くなるでしょう。

6. 相手を怒らせよう

これはあまりお勧めできないテクニックですが、相手をわざと怒らせるというテクニックです。

よく、刑事ドラマなんかで事情聴取の際に、相手をわざと怒らせて本音や本心、最初の聴取では聞き出せなかったことを聞き出すと言うテクニックがあります。

ドラマの世界だけでなく、本当にこのようなテクニックが使われているのかは不明ですが、相手を怒らせることで別の引き出しをあけることができるというものです。

日頃から人を怒らせるのが得意な人は、こういうテクニックも使ってみれば良いかもしれませんが、他人を怒らせるというのは実はなかなか難しいものです。

他人に対して怒る場合は、他人から失礼なことを言われたからという場合が多いですが、人は他人から失礼なことを言われたら、怒る前にたいてい呆れてしまうからです。

7. 汚い言葉を使わない

論破の際には、汚い言葉を使ってはいけません。

暴言を吐くと論破では無く喧嘩になります。

また、論破では汚い言葉を使ってしまうと、自分の品位を落としてしまい結果負けることになります。

暴言は場合によっては侮辱罪に問われることもありますし、最悪の場合は名誉棄損で訴えられることもあります。

汚い言葉には、マイナスのエネルギーが宿っています。

ですので、汚い言葉をわざわざ使って論破することに、まったくメリットはありません。

特にあなたが女性の場合だと、信頼を失ってしまうだけでなく、お友達も無くしてしまいますよ。

8. 豊富な知識を話す

あなたがもし、論破する時に勝とうと思っていたら、当然知識が豊富な方が有利です。

このような場合は、たいてい物知りが勝つようになっているのです。

ですので、日頃から興味を持って、いろいろな知識を広く浅くで構いませんので、インプットしていくよう癖づけておきましょう。

また、知識を入れこんでおくだけでなく、頭の中できちんと整理できるようにもしておきます。

例えば会社の会議などの場合は、あらかじめ話す内容が決まっているのである程度どんな論破になるかは予想できますよね。

しかし、友達同士や知り合い同士で、予期せず急に論破になったときに、自分の引き出しからさっとネタを取りだせるようにしておくようにしましょう。

この知識も、できればデータや数字を交えて話せるようになっておくと尚いいですね。

聞きかじりの知識では無く、わからないことは調べて自分のデータとして持っておくのです。

9. 論理的に話す

とにかく、論破というだけあって、ただ喚き散らすのではなく、論理的に話さないと相手に負けてしまいます。

論理的に急に話せといっても、なかなか難しいので、テクニックとして上にあげた「相手にたくさん話をさせる」ようにします。

その間に、あなたはあなたの頭の中で自分の話す内容やストーリーを論理的に組み立てていきましょう。

もちろん相手の話を聞くことも大切ですが、聞いているふりをしながら、自分の反撃に備えます。

また、論理的に話をしていかないと、自分自身も何を言っているのか、本当は何が言いたいのかがわからなくなってしまい、本末転倒です。

10. 相手が汚い言葉で責めてきたら同じ言葉を連呼するのはダメ

論破するのに、汚い言葉を使ってはいけないことはお伝えしましたね。

ですので、相手がたとえ汚い言葉で攻めてきても、自分も同じように汚い言葉を連呼したりするのは辞めましょう。

相手と同じレベルになってしまい、なかなか決着がつかないだけでなくあなたの品位を損ねます。

相手が汚い言葉で責めてきたら、一旦落ち着くように伝えます。

「その言葉はどうかと思う」「そんな言葉づかいは辞めませんか?」など、この場合は少し上から目線でも構いませんので、相手に気付かせるのが大切です。

相手が汚い言葉で責めてきて、自分も同じように責めると、子供の喧嘩以下の醜い言い争いにすぎません。

恥ずかしいので辞めておきましょう。

11. 相手のペースになったら話題を変える

相手のペースに呑み込まれそうになったら、一旦話題を変えて見るのも方法です。

これもなかなか高度なテクニックと言えます。

相手にとってみれば、せっかく自分のペースで話が順調に進んでいるのに、いきなり違う話にすり替わるのですから、少なからず腹が立つはずです。

話題を変えるのも、突拍子もない話題変換ではなく、どこか関連付けながら、だんだん話題を変えるのが良いでしょう。

相手を怒らせるのもテクニックの一つだとご紹介はしましたが、どうしても相手を怒らせた方が良いと判断した場合は、いきなり話題を変えるのはありかもしれません。

しかし、慣れないうちはできるだけ相手を怒らせるというテクニックは使わない方が無難です。

ますます相手のペースに呑み込まれるだけです。

12. 大きい声でゆっくり話す

論破するのに大切なのは、冷静に話すことです。

このポイントは、できるだけゆっくりとはっきりと大きな声で話すことです。

大声でがなるという意味ではありません。

小さな声でぼそぼそと話してしまうと、何を言っているのかわかりませんし、自信が無いんだなと思われてしまうからです。

大声を出すのが苦手な方は、大声でなくて構いませんので、ゆっくり丁寧にはっきり言葉がわかるように相手に伝えることを目的として、話をします。

ただし、あんまりゆっくり過ぎるとかえって嫌みに聞こえるので、話すスピードや声の大きさは調整が必要ですし、論破する相手によってもかわってきます。

13. 質問攻めする

質問攻めをするというテクニックがあります。

これは相手の話に相槌を打つ代わりに、どんどん質問をしていき、相手に隙を与えないという方法です。

これも大変高度なテクニックになります。

質問するということは、実は自分がその内容もしくは答えをある程度知っていないと質問にならないからです。

全く興味が無かったり、知らなければ何を質問して良いかがまずわかりませんよね?ですので、質問すると見せかけて、相手に「実はこの人詳しいのかもしれない」と思われるように、いわば牽制しておくのです。

また、自分ではよく知っていることやわざわざ質問しないでも良いようなことでも、わざと質問することで相手に、「自分が話している話題に興味があるのだな」と思わせることもできます。

14. 自分以外の人も自分と同意見だと伝える

論破するにあたって、見えない応援団というのは必要です。

どういうことかと言うと、自分が持っている持論に対して、同意見の人がたくさんいるという事実を作っておくことです。

これは口先だけではダメです。

きちんと同じ考えの人を見つけておくのです。

友達同士であれば、たいてい同意見の人が集まりますので、何か話題提供した時に、論破では無く話の同意・共有になることが多いと思います。

そこで「自分と同じ意見の人がこんなにもいるんだ」というように安心できる、それが友達関係です。

論破になれば、相手は自分とは違う答えを持ってくるのですから、その際に「あなたの意見は少数派で、私の意見と同じ意見の人の方がたくさんいる」と伝えて、自分の意見こそが一般論であると伝える技です。

15. ズバッと言って意気消沈させる

論破を行ううえで、相手に同意してしまえばそれは論破に負けたことになります。

自分の意見に自信を持っていて、それが正しいと思って論破に挑むわけです。

テクニックとして、自分の話は最後まで切り札として持っておくということをお話ししました。

ですが、いつまでも大切に持っていると結局論破できずに終了してしまいます。

ですので、ここぞというタイミングがくれば、相手には遠慮なくズバッと意見を言いましょう。

ちょっといじわるかもしれませんが、相手が怯んで意気消沈するようなことを言うのが効果的です。

例えば、厳しいかもしれませんが、相手に対して「価値が無い」と言ってみたり、ズバリ「間違っている」と言う、「全く意味が無い」と指摘するなどが挙げられます。

人間は、自分が否定されるとかなり凹みます。

ですが、論破に勝つためには綺麗事は言ってられません。

「こんなことを言うと可哀想かな」と同情せずに、ズバリ言うことが勝つ秘訣です。

16. 相手が話し終わると即座に言い返す

まずは相手の話をよく聞くこと、すぐには自分は話し始めないこと、相手にたくさん話をさせることなどをコツとしてお伝えしてきました。

しかし、自分も反撃のチャンスを失えば、相手になんのために話を延々とさせたのか意味がありませんよね。

ですので、相手がもう話題が無くなったなと思ったら、今度はいよいよあなたの反撃の番です。

今まで話を聞きながら準備を整えて来たのですから、自信を持って論破に挑みましょう。

相手の話が終わったら、あまり間を開けずにすぐに反撃に出るのがベストです。

このとき、相手に反論させる隙を与えてはいけません。

もし相手が会話に割り込んできたとしても、焦らず慌てずに話し続けてください。

あなたなら、その反論にも十分対応できるはずです。

                                     

17. ネガティブな単語を使わない

論破するのに、ネガティブな単語を使わない方が良いですね。

特に自分から発する言葉はポジティブな方が有利です。

相手がネガティブな言葉を使うのは勝手ですが、自分も同じようにネガティブな言葉を使って話をすると、それこそ相手のペースに呑み込まれてしまいます。

ネガティブな言葉を使わないで、ポジティブな言葉を発していると不思議に自信も湧いてきます。

そしてだんだんと「勝てる」気になって来ます。

論破のコツとは関係ありませんが、普段からネガティブな言葉を使っていると、運気が落ちて来ます。

ですので、論破の際に限らず日常生活ではできるだけ多くのポジティブ語を使うように心がけましょう。

論破する相手の種類

では、最後に実際に論破する相手はどんな人がいるのか、どんな種類の人間と論破を繰り広げる可能性があるのかをお話しましょう。

人は生きて行く上で必ず誰かとコミュニケーションを取らなくてはなりません。

例え自営業で一人で仕事をしていると思っても、仕事となるとクライアントという相手が必ず出現します。

人生において、論破を行うことが良いこととも悪いこととも言えません。

ただ一つ言えるのは、誰もが論破の場面に遭遇する可能性があると言うことです。

時には不本意な論破状況もあるでしょう。

争いがもともと嫌いな方は、論破自体避けたいと思っているかもしれません。

しかし、上記で述べたようなコツや、どんな場面が予想されるのかを知っておくだけで、もしものときの助けにはなるでしょうし、知っておいて損は無いでしょう。

1. 自分の意見が正しいと思い込んでいる人

論破する相手で圧倒的に多いのが、この「自分の意見こそが正しいと思いこんでいる人」です。

これは友達、家族に限った事ではありません。

「そう言えば私のお父さん、そのタイプだな」なんて心当たりがある方もおられるのではないでしょうか?

特に、自分より年配の方は、プライドもあります。

また、若い人の意見を聞き入れてみようというような柔軟な考えを持っている人はそう多くありません。

当然若い方よりも人生経験が豊富でその分失敗も繰り返してきています。

自分の過ごしてきた人生に誇りも持っています。

このような人は、自分の意見より若い人の意見の方が正しいとは、なかなか思うことはできないでしょう。

しかし、このような人こそ論破で打ち負かすことができればスッキリしますよね。

2. しつこいクレーマー

客商売をしていると、必ずいるのが「クレーマー」です。

クレーマーとは、クレームを言ってくる人のことを言いますが、もともと「クレーム」は、 主張・要求・請求・申立するという意味で特にマイナスの意味ではありません。

しかし、日本では、主に「サービスや商品に対して、文句を言ってくる人」や「事実無根の異議申し立てをする、はた迷惑な人」という意味でよく使われています。

クレーマーは、たいてい寂しい方が多いので、誰かと話したい願望が強いのです。

ですので、たいていは1度こちらが謝れば納得して何も言ってこない人が多いのですが、やっかいなのがしつこいクレーマーです。

このような人は、精神が病んでいたり、クレームを言うことがストレス解消になっているということがありえるので、しつこいクレーマーに対しては毅然とした態度で挑むことが重要です。

3. 就職の集団面接の時

最近はだんだん増えてきたかもしれませんが、就職の面接時に集団面接の方法として、受験者にある決められたテーマで論破させるというのがあります。

受験者は、そのテーマに沿って、他の受験者と論破を繰り広げるわけです。

面接官は、その論破を同じ部屋もしくは別室で聞きながら、受験者それぞれを観察します。

きちんと理論づけて答えられているか、落ち着いて対応できているか、人の意見ばかり聞いていて自分の意見が言えてるかどうか、言っていることは正論かなどを見極めて行きます。

採用される部署や適合する部署も個人個人で変わって来ますが、この方法は受験者の個性を見抜くのにはもってこいの方法です。

もしご自身が受験する会社がこのような形式の面接を行う可能性があるのでしたら日頃から論破訓練をしておいた方が良いですね。

4. ネットの掲示板

最近問題になっているのが、ネットワーク上の論破。

いわゆるネットの掲示板でのやり取りです。

言論の自由が確立されている日本で、どのような場所でどのような論破を行うのか、法的には問題はありませんが、インターネットは相手の顔が見えません。

またなりすましすることも可能です。

一時期は、ネットの掲示板はとても活発で、利用している人も多かったのですが、最近は利用者数は減っています。

しかし、だからこそディープな人達がネット上で論破をするわけです。

ことの大きさはあれど、問題が起こらないわけがありません。

ただし、あまりに酷い場合は警察が関与することもあります。

利用なさるのは個人の自由ですが、事件などに巻き込まれないように、ネットワーク上では論破を是非「楽しんで」欲しいものです。

5. ディベート

ディベートって何かご存知でしょうか?

ディベートとは、意見対立を前提にしたあるテーマを用意し、賛成側(肯定側)と反対側(否定側)のチームに分かれて、自分の意見とは関係のないところで議論を行うゲームです。

何故ゲームなのかというと、ディベートは、決まったルールのによって行われ、勝敗は第三者にゆだねられるからなのです。

通常、論破についてはルールはありませんが、このディベートに関してはきちんとルールが決められています。

日本ではまだまだ浸透していませんので、あまりピンとこない方が多いかもしれませんが、イメージとしてはアメリカの大統領の選挙がまさにディベートとなっています。

なお、ディベートは論破のように相手を言い負かせることが目的では無く、あくまでもルールに従って議論する「ゲーム」です。

そういう意味では、厳密に言えばディベートは論破とは少し違うかもしれませんね。

6. 会議で

仕事において、会議を設けている会社がほとんどだと思いますが、この会議でしばしば「論破」することになる場合があります。

ひとつの目標に対していくつもの提案がある場合は、それぞれが自分の提案を通そうと議論するので、これはれっきとした論破です。

会議の場合は、自分自身も「これは論破になるな」というのは何となく想像ができるでしょう。

それぞれが違うプレゼンを持って挑むのですから、この論破には勝ち抜かなくてはなりません。

ただし、会議の上での論破は、相手を言い負かすことではなく、自分の意見をわかってもらい、賛同してもらえるようにするのが目的と言えます。

まとめ

いかがでしょうか?

論破するためのテクニックや方法をお伝えしてきましたが、人が発する言葉というものは、相手を助けたりまた傷つけたりもします。

論破することは、やり方によっては互いを高めることもできますので、一概に悪いとは言えませんが、やはりそこは人としてのルールを守って論破すべきだと思います。

相手と話しているうちに、「これは論破になりそうだな」と感じた時、本当に本音でぶつかり合っていいのか、もしそれで喧嘩になってしまって、互いに気まずくなる、そのリスクをおかしても論破すべきなのかをまずは冷静に考えて判断することが先決です。

論破するにしても、できるだけお互いにプラスの結果になるように、良い経験になるように論破が繰り広げられれば良いですね。