あなたは、「論破」という言葉を知っていますか?

また日頃からよく使う言葉ですか?

論破ってそもそもどういう意味なのでしょう?

辞書で調べてみますと、論破とは、議論して相手の説を破ること。

言い負かすこと。

という意味なのだそうです。

一人が多くの人を相手に一方的に話すのは、講演といいますが、論破するには会話の相手が必要です。

しかも言葉のイメージでは「相手と楽しく仲良く会話する」というような悠長な内容でもなさそうですね。

論破は、ある一つのテーマで自分と相手が言い分や見解が違う場合に、互いに議論を行いそれぞれの説を主張して相手の説を破る、言い負かすことですので、いわば「会話のバトル」とも言えるでしょう。

論破することのメリット

人はなぜ、論破するのでしょう?

互いを言い負かそうとするのですから、喧嘩になってしまうこともありますし、ストレスが溜まりそうです。

論破するのは、そもそも相手とは仲良くない場合が多いと思いますが、会う度に論破していたら疲れてしまいますし、「この人とはどうせ意見が合わないし、戦いになるから、疲れるのでもう話したくない」となってしまうのではないでしょうか?

人は、自分の意見を否定されることで過度なストレスを受ける生き物でもあります。

ですので、論破することは多少のストレスも覚悟しなければなりません。

ただ、論破を繰り広げることで、場合によっては自分の意見を見直すきっかけにもなりますし、論破に勝てば自分の意見が正しいと証明されるわけです。

論破することでメリットがあるかと言われれば、なんともいえませんが勝った場合は自分の意見を相手にも認めさせることができます。

1. 気持ちがスカッとする

確かに論破に勝ち抜くと、スカッとした気持ちになります。

もし自分が負かされた場合は、ことのほか腹が立ちますよね?

ですので、あなたが勝った場合はあなたが負けた時の悔しさを相手は味わっているということです。

もし、普段から論破に負けてばかりですと、たまに勝った時には本当に嬉しいですし、また誰かと論破してみたいと思うようになります。

ただし、注意しなくてはいけないのは論破するに当たっては当然ですが正当な意見をぶつけなければいけないということです。

嘘をついて相手を打ち負かそうとしても必ずばれてしまいますし、万一嘘の理論で自分が勝ったとしても気分が良いものではありません。

2. 立場が良くなる?

これも勘違いしがちなのですが、論破で勝つと一瞬天狗になります。

相手を打ち負かしてやった、自分が言うことはすべて正しいのだと思ってしまうのです。

でも、そうではありません。

相手も相手なりの正論をぶつけてきて、勝負したのです。

ですので、論破に勝ったとしても自分の立場が良くなるとは思わない方が無難です。

立場が良くなったのではなく、そのテーマに関しては自分の意見が勝っていたというだけにすぎません。

論破を終えることで、一応勝ち負けの決着はつくでしょうが、そこで良い気になってはいけません。

論破は会話のバトル・勝負事なのです。

ですので、論破を終えた後は、互いの健闘をたたえるべきだとも思います。

ある部分では、あなたの言い分もわかる、とか、この部分においてはあなたが正しいというように、相手の良いところも見つけながら論破して行くのが理想では無いでしょうか?

論破のコツをつかめる17個のテクニック

人と会話をするときに、「よし!論破してやろう!」と挑んで会話することは、まずありませんよね。

そんな風に最初から挑む状態なのは、テレビやラジオなどメディアでの番組で、論破を扱う時だけです。

一般の方は、普通の会話が論破に発展していくわけです。

もちろん、「この人と言い合いになりたくないな」と思ったら、自分がさっと意見を引けばいいわけです。

日常会話の中で、相手を必ず打ち負かせないといけないという場面はほとんどありません。

ですが、もし、相手と会話のバトルになってしまったときや、会社の会議や議論であらかじめバトルになるであろうことが予想できる場合は、論破で勝てるコツを覚えておかれると良いでしょう。

論破のコツをつかめるコツを17個のテクニックにわけてお伝えします。

1. 相手の話の矛盾を見つけよう

まず、論破になったら相手の話をよく聞きましょう。

相手が興奮していたりパニックになっていたら、たいていその話の内容には矛盾が生じています。

自分も同じようにヒートアップしてしまっては、論破にならずに単なる言い合いになってしまいます。

まずは、相手を言い負かせてやろうというような上から目線ではなく、自分の意見をわかってもらおうという謙虚な気持ちで相手の話を聞いて行くと、相手が間違っていれば相手の話の中に、必ず矛盾を発見することができます。

論破するためには、相手の話の矛盾点を指摘することから始まりますので、一見荒さがしのようにも思えてしまいますが、落ち着いて話を聞くようにしましょう。

2. 常に冷静な話し方をしよう

先程も述べましたが、相手の話に飲みこまれてこちらも興奮したりヒートアップすると、負けです。

ですので、相手が興奮していればしているほど、こちらはつとめて冷静に振る舞うようにしましょう。

冷静な話し方というのは、決して相手をバカにしたような話し方のことを言っているのではありません。

こちらが落ち着いて冷静に話をすすめていくと相手もだんだん落ち着いて来ますので、もし相手が論破している話題に対して間違ったことを論破してこようとしていたばあいは、そこで思いなおして相手が引くこともあります。

論破すればするほど長引くので、ストレスが確かに溜まります。

効率よく論破の決着をつけるためにも、ここはぐっと堪えて冷静に対処できるように心がけましょう。

3. 具体例を聞こう

相手から、たとえ話を引き出してみましょう。

言葉を学ぶときには、単語だけでなく例文も一緒に習いますよね?このように、人間の脳は、事例を出してもらうと整理しやすいのです。

もし相手が矛盾した話で論破をしようとしてきているのであれば、事例自体が少ないもしくは無いはずなのです。

これも、上から目線では無く「例えばどういうケースがありますか?」というように、質問形式で具体例を聞きだしていきましょう。

そのときも、相手の言葉が途切れてから聞くようにしなければ、「今具体例を言おうと思っていたのに」とか「まずはこっちの話を聞いて!」と逆切れされかねません。

質問もタイミングが大切です。

また、相手が言葉に詰まった時に具体例を聞くと、相手も話しやすいですし、こちらも優勢な状態で話を聞くことができます。

4. 具体的に数字をまじえて説明してもらおう

先程、具体例を聞き出そうというテクニックをご紹介しましたが、さらに数字を交えて説明してもらうとよりわかりやすいでしょう。

例えば、「みんな知っている」というようなことを相手が言ってきたら、「だいたい日本人の何パーセントくらいが知ってるの?」というような感じです。

相手が、正論を言っているのであれば、自分の持ちネタを数値化することは可能だと思います。

よくわかっていない、かじり聞きの中途半端な状態で論破しようとする人に限って、数字で説明してとお願いすると途端に口をつぐんでしまいます。

相手には嫌な奴だなと思われるかもしれませんが、論破のテクニックのひとつですので、数字を交えて説明してもらうのも一つの手ですね。

5. 相手にたくさん話させよう

論破するにあたっては、できるだけ最初は相手のペースを保つようにします。

こちらの切り札というか、意見はなるべく出さないようにします。

とにかく、相手の話のネタが先に尽きるのを待つのです。

何も言い返さない、無言で聞いている方が実は本当は強いのだと言う場合が多々あります。

相手がエキサイトしている間は、なかなか話は終わりません。

でも、当たり前ですがいつかは終わりが来ます。

それまでじっと耐えて待ってみましょう。

ついつい「でも」と反論したくなるのはわかりますが、そこはぐっと堪えて相手に全て吐き出させます。

相手も、あなたが言い返せないのだと勘違いしてどんどん自分のペースで話すでしょうが、やがてネタが尽きると急に怖くなるでしょう。

6. 相手を怒らせよう

これはあまりお勧めできないテクニックですが、相手をわざと怒らせるというテクニックです。

よく、刑事ドラマなんかで事情聴取の際に、相手をわざと怒らせて本音や本心、最初の聴取では聞き出せなかったことを聞き出すと言うテクニックがあります。

ドラマの世界だけでなく、本当にこのようなテクニックが使われているのかは不明ですが、相手を怒らせることで別の引き出しをあけることができるというものです。

日頃から人を怒らせるのが得意な人は、こういうテクニックも使ってみれば良いかもしれませんが、他人を怒らせるというのは実はなかなか難しいものです。

他人に対して怒る場合は、他人から失礼なことを言われたからという場合が多いですが、人は他人から失礼なことを言われたら、怒る前にたいてい呆れてしまうからです。

7. 汚い言葉を使わない

論破の際には、汚い言葉を使ってはいけません。

暴言を吐くと論破では無く喧嘩になります。

また、論破では汚い言葉を使ってしまうと、自分の品位を落としてしまい結果負けることになります。

暴言は場合によっては侮辱罪に問われることもありますし、最悪の場合は名誉棄損で訴えられることもあります。

汚い言葉には、マイナスのエネルギーが宿っています。

ですので、汚い言葉をわざわざ使って論破することに、まったくメリットはありません。

特にあなたが女性の場合だと、信頼を失ってしまうだけでなく、お友達も無くしてしまいますよ。

8. 豊富な知識を話す

あなたがもし、論破する時に勝とうと思っていたら、当然知識が豊富な方が有利です。

このような場合は、たいてい物知りが勝つようになっているのです。

ですので、日頃から興味を持って、いろいろな知識を広く浅くで構いませんので、インプットしていくよう癖づけておきましょう。