CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

不良な人の21個の特徴と仲良くなる方法!

クラスに…または学年に必ずといっていいほどに一人はいる「不良」。

その存在を恐れてる人もいれば、「仲良くなりたいなぁ!」なんて考えている方もいるかもしれないですね。

でも不良は見た目もなんだか強そうだし、周りにはいつも怖い人が群がっているしなかなか近づけないという方もいるのでは?

または、不良らしさにかっこよさを感じ、なんだか恋しちゃった!なんてこともありますよね。

これまでに不良として生きてこなかった方にとっては、不良というのは異世界の生き物と同じものです。

同じ人間とは分かっていてもどこか”自分たちとは違う生き物”と思っていませんか。

それでも不良と仲良くなりたいと考えているそこのあなた!

今回はそんなあなたのために、不良とはどういう人たちのことを言うのか?

また、どうすれば不良と仲良くなることが出来るのかについてご紹介していきます。

気になるあの人は、不良っぽいけど本当に不良なのか?

…そんな素朴な疑問を持っているときにも、ぜひ活用してほしい内容となっています!

不良と呼ばれる人の特徴を知ろう!

あなたの身のまわり…例えば、すんでいる地域・通っている学校・通学路などに出くわす不良はいますか?

不良って言葉があるように、まるで良くない人たちとして理解している人も少なくないかもしれないですね。

髪形や制服や洋服の着こなし方もなんだか普通とは違うし、なんにせよ言葉遣いそのものが怖いし…。

でも、自分とは持っているものが違うその存在に気持ちを惹かれてしまうこともあるのではないでしょうか。

人間は、自分にないものを他人に求める生き物ですから、そのように感じても決しておかしいことではないのです。

また、そのように感じることが出来たのであれば、その不良と仲良くすることができるかもしれません。

しかし、多くの人は不良に対してあまり良いイメージを持っていません。

それは見た目から感じる人もいれば、ケンカシーンを見てしまって”危ない人”と察知したかもしれないですし、いつも危なさそうな人たちとつるんでいるために「きっとあの人もヤバイ人なんだ」なんて感じているのかもしれないですよね。

また、テレビのニュースではたびたび「不良少年が殺害事件を起こした」とか「不良グループが盗みをこうじた」なんて報道がされます。

そのニュースを見るたび、そして犯人の顔を見るたびに「こういう人は、やっぱり危ない人なんだな」なんて感じざるを得ないんです。

あなたが思っている不良は、悪いイメージかもしれません。

あなたのような一般人であっても、そんな普通の見た目をしていても盗みをする人、そして殺害事件を起こす人はいますよね。

それって不良も同じことなんです。

「悪い人もいれば、良い人もいる」というのは、見た目で決めることは出来ないのです。

不良というととても悪い目つきをしていたり、だらしない格好をしていたりしてどこか”普通ではない”感覚がしますよね。

そのために不良=悪い人という構図が出来上がってしまうのです。

不良が本当はどんな人なのかもしらずに、そうやって見た目だけで一方的に決め付けてしまっては損をしていると思いませんか。

もしかしたら、その不良と本当は仲良く出来るような共通の趣味があるかもしれないんです。

まずは、不良とはいったいどういう人たちのことを言うのかをチェックしてみませんか?不良少年、不良少女などは警察法にも登場するほどに公的に悪いイメージをもたれているものです。

不良に共通することをチェックしておくだけで、どうして不良が悪く思われてしまうのかを理解できるかもしれません。

不良に共通することは?

これから不良にお近づきになりたい…。

でも不良といえども、どんな特徴を持っているのかはっきりと説明することはできますか?

不良というジャンルがあるということは、それなりに共通したものがあるということなんです。

どう見ても不良に思うあの人、そしてあの子のことを私たちはどうして「不良」とみなしてしまうのでしょうか?

それは簡単です。

共通した特徴を持っているからなんです。

不良として生きている人たちは、自然とわが道を突き進んだらそのスタイルになっていたこともあるでしょう。

または、あなたのように不良に少しの憧れを抱き、そこからみようみまねで物まねをすることによって現在の不良スタイルになっているのかもしれないのです。

あなたの近づきたいあの人は、本当に不良なのか!?

この章では、そんな疑問を解決しながら不良とはどういう性質を持っている人たちなのかをチェックしていきましょう。

1.かかとが内側つまさきが外側にむいている

あなたの身の回りにいる不良は、どんな足元をしているでしょうか。

多くの場合、かかとが内側にあり、つま先が外側を向いていませんか?これは、自分を強く見せるにはもってこいの足のスタイルなんですね。

その反対の足元といえば、つま先が内側を向いていてかかと部分が外側にいっているいわゆる”内股”なのではないでしょうか。

内股になっている人に対してあなたは「不良」と思うことが出来ると思いますか?絶対に思えないですよね。

ページトップ