クラスに…または学年に必ずといっていいほどに一人はいる「不良」。

その存在を恐れてる人もいれば、「仲良くなりたいなぁ!」なんて考えている方もいるかもしれないですね。

でも不良は見た目もなんだか強そうだし、周りにはいつも怖い人が群がっているしなかなか近づけないという方もいるのでは?

または、不良らしさにかっこよさを感じ、なんだか恋しちゃった!なんてこともありますよね。

これまでに不良として生きてこなかった方にとっては、不良というのは異世界の生き物と同じものです。

同じ人間とは分かっていてもどこか”自分たちとは違う生き物”と思っていませんか。

それでも不良と仲良くなりたいと考えているそこのあなた!

今回はそんなあなたのために、不良とはどういう人たちのことを言うのか?

また、どうすれば不良と仲良くなることが出来るのかについてご紹介していきます。

気になるあの人は、不良っぽいけど本当に不良なのか?

…そんな素朴な疑問を持っているときにも、ぜひ活用してほしい内容となっています!

不良と呼ばれる人の特徴を知ろう!

あなたの身のまわり…例えば、すんでいる地域・通っている学校・通学路などに出くわす不良はいますか?

不良って言葉があるように、まるで良くない人たちとして理解している人も少なくないかもしれないですね。

髪形や制服や洋服の着こなし方もなんだか普通とは違うし、なんにせよ言葉遣いそのものが怖いし…。

でも、自分とは持っているものが違うその存在に気持ちを惹かれてしまうこともあるのではないでしょうか。

人間は、自分にないものを他人に求める生き物ですから、そのように感じても決しておかしいことではないのです。

また、そのように感じることが出来たのであれば、その不良と仲良くすることができるかもしれません。

しかし、多くの人は不良に対してあまり良いイメージを持っていません。

それは見た目から感じる人もいれば、ケンカシーンを見てしまって”危ない人”と察知したかもしれないですし、いつも危なさそうな人たちとつるんでいるために「きっとあの人もヤバイ人なんだ」なんて感じているのかもしれないですよね。

また、テレビのニュースではたびたび「不良少年が殺害事件を起こした」とか「不良グループが盗みをこうじた」なんて報道がされます。

そのニュースを見るたび、そして犯人の顔を見るたびに「こういう人は、やっぱり危ない人なんだな」なんて感じざるを得ないんです。

あなたが思っている不良は、悪いイメージかもしれません。

あなたのような一般人であっても、そんな普通の見た目をしていても盗みをする人、そして殺害事件を起こす人はいますよね。

それって不良も同じことなんです。

「悪い人もいれば、良い人もいる」というのは、見た目で決めることは出来ないのです。

不良というととても悪い目つきをしていたり、だらしない格好をしていたりしてどこか”普通ではない”感覚がしますよね。

そのために不良=悪い人という構図が出来上がってしまうのです。

不良が本当はどんな人なのかもしらずに、そうやって見た目だけで一方的に決め付けてしまっては損をしていると思いませんか。

もしかしたら、その不良と本当は仲良く出来るような共通の趣味があるかもしれないんです。

まずは、不良とはいったいどういう人たちのことを言うのかをチェックしてみませんか?不良少年、不良少女などは警察法にも登場するほどに公的に悪いイメージをもたれているものです。

不良に共通することをチェックしておくだけで、どうして不良が悪く思われてしまうのかを理解できるかもしれません。

不良に共通することは?

これから不良にお近づきになりたい…。

でも不良といえども、どんな特徴を持っているのかはっきりと説明することはできますか?

不良というジャンルがあるということは、それなりに共通したものがあるということなんです。

どう見ても不良に思うあの人、そしてあの子のことを私たちはどうして「不良」とみなしてしまうのでしょうか?

それは簡単です。

共通した特徴を持っているからなんです。

不良として生きている人たちは、自然とわが道を突き進んだらそのスタイルになっていたこともあるでしょう。

または、あなたのように不良に少しの憧れを抱き、そこからみようみまねで物まねをすることによって現在の不良スタイルになっているのかもしれないのです。

あなたの近づきたいあの人は、本当に不良なのか!?

この章では、そんな疑問を解決しながら不良とはどういう性質を持っている人たちなのかをチェックしていきましょう。

かかとが内側つまさきが外側にむいている

あなたの身の回りにいる不良は、どんな足元をしているでしょうか。

多くの場合、かかとが内側にあり、つま先が外側を向いていませんか?これは、自分を強く見せるにはもってこいの足のスタイルなんですね。

その反対の足元といえば、つま先が内側を向いていてかかと部分が外側にいっているいわゆる”内股”なのではないでしょうか。

内股になっている人に対してあなたは「不良」と思うことが出来ると思いますか?絶対に思えないですよね。

どんなにいかつい服装や態度をしていても、内股であればどこか弱弱しさを感じてしまうからです。

不良は、無意識または意識的にそのような足元にすることによって、強さを出しているといえます。

これは男性に限ったことではなく、女性の不良にも同じことがいえます。

女性であってもそのような足元にしていたら、なんだかその人本来の体つきよりも大きくみえるんですよね。

目の錯覚、視覚から入る情報は絶大なのです。

膝が曲がっている

不良が歩く時、なんだかいつもけだるそうにしているようなイメージを持つことはありませんか。

それは、きっと膝を曲げて歩いているからなんです。

膝を曲げて歩くなんて、普通の人がやろうとするとなんだか難しいように感じてしまいますよね。

しかし、不良にとってはそうやって歩くことにより、自分自身を強く見せることが出来ると思っているのです。

それは思うだけではなく、結果として残っています。

膝が曲がったまま歩いている人って、なんだかその人本来の体つきよりも横に大きく見えるような気がしませんか?体格が細い人であっても、不良である限り強く見せる必要があるんです。

それが彼らのいう「かっこいい」要素になるんですね。

横幅を広げることとにより、体全体を大きく見せるようなことが出来ますから不良にはもってこいのスタイルなんです。

あなたも少しだけでも膝を曲げてみてください。

なんだか強くなれたような気持ちがするかもしれないですよ!

あるき出した脚に全体重をかけてる

不良が歩いていると、なんだかけだるそうだし、それなのにどこか威厳を感じることが出来るんですよね。

それにいつも前のめりの姿勢になっていることに気づいた方はいるのではないでしょうか?

不良というのは、歩いているとき、または歩き出しのときに全ての体重をつま先にかけているんです。

そのため、なんだかいつも顔だけが前に出ているようなイメージを持つんですね。

顔が前に出ていると、またその顔つきが怖ければ怖いほどにその人に無言の強さを感じることになります。

不良は、そのように全体重を前にかけることによって自分たちがかっこよく見えることを知っているのです。

また、不良というものはそのように歩くものだなんて指標にしている方もいるんですよ。

常に腰が前に出てる

歩き出したときに全体重を前にかけている項目を読み終えた方にとって、「常に腰が前に出てる!?おかしい!」と思うはずです。

だって単純に考えてみれば、顔と腰部分が前に出ているどう考えてもおかしなスタイルになっているのですから。

実際にそのスタイルを真似てみると、なんだか猫背だし、それに苦しさを感じるかもしれないですね。

不良というのは、いつもポケ手をしているものです。

ポケ手をしながら腰を前に出し、さらには顔部分も前に出ているのです。

それが彼らにとってのかっこよさであり、強く見せていることになるんです。

腰が前に出ているスタイルは、一般人から見ればなんともまぁ姿勢の悪いことでしょう。

しかし、かっこよく見せるためにはそんなこと気にしないんですよね。

猫背

先ほどもお伝えしましたが、不良というのは猫背です。

猫背といっても背中全てが丸まっているというよりは、肩の上部分だけが丸まっていることが多いんです。

顔部分と腰部分が前のめりになっているのですから、自然と猫背になってしまいますよね。

それに背筋がピンと伸びている不良は、あまり見かけたことがないのではないでしょうか。

普通の社会では、猫背になるのは信用度も下がりますし、あまり良い印象をもたれることがありません。

しかし不良社会においては、背筋がピンとなっている人のほうがなめられやすいんです。

そして、顔と腰を前のめりにし、猫背になっている人ほどかっこよく強く見える象徴にもなるんですね。

不良の猫背と一般人の猫背は少し違いがあるので注意しておきましょう。

ただの姿勢が悪い人は、不良ではないこともあるからです。

歩く時に腕を振らない

不良は、ほぼ高い確率でポケットに手をいれてるポケ手をしています。

そのため、腕をふって歩くことがありません。

顔と腰だけがずんずんとこちらに近づいてくるようなイメージですね。

そのため、どこか威厳を感じることになりますから、恐怖を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

不良でない人は、歩く時に手を振りますよね。

振りたくて振っているというよりは、自然と腕を振ってしまうことになるのではないでしょうか。

しかし、不良にとって腕をふるのはあまりよろしくないんですね。

そのため、どんなに姿勢が良い人であっても不良たちとつるみ、まじめな顔をしながら腕を振らない人がいたらそれは不良なのかもしれません。

地元愛が強い

不良は、学校などが終わったり長期休暇になってもあまり地元を離れることがありません。

成長していくにつれて、違う地域の人たちと友達になったり交流が増えていくものですよね。

しかし、不良にはそのような概念がないのです。

そのため、地域のネットワークがとても広いこと!

それに一度仲良くなった人とは、いつまでも仲良くします。

情にあついところがあるんですよね。

地元愛が強いために地元の学校を卒業し、地元の会社に就職する人が多いのも事実です。

また、自分で会社をおこしているのも元不良が多いですよ。

きっと不良として活動していく中で、人生の荒波を超えることが出来るようなスキルを身に付けることが出来ているのでしょう。

あなたももしかしたら地元愛が強いほうかもしれません。

しかし、不良というのはちょっと度が過ぎるんじゃないか!?ってくらいに地元愛が強いもの。

地元から出たくないと考えているものなんです。

もしも、地元愛が強いのであれば、それが共通点となり仲良くなることが出来るかもしれないですね。

言葉遣いが荒い

不良の印象といえば、なんだか怖い印象があるということ、そして言葉遣いが荒いということではないでしょうか。

どんなに不良のような格好をして、そのように振舞っていても言葉遣いがきれいだったらその人のことを不良と呼ぶことはできません。

不良たちは、いつでも荒い言葉遣いでコミュニケーションをとっているのです。

そのため、きれいな言葉の中で生活してきた人にとっては、違和感を感じたり嫌悪感を感じることもあるでしょう。

そのため、不良とそうではない人が交流しないことになってしまうんですね。

不良たちにとって「うぜぇ」というのは、普通の人が「おはよう」というのと同じレベルなんです。

分かりますか?

普通の人は誰かに「うぜぇ」なんていわれたら、本当にウザイと思われているのかもしれない。

どうしたらいいのだろうと悩んでしまうかもしれません。

しかし、不良たちにとってはそれが普通の会話の一部であり、うぜぇといわれたくらいではびくともしないんです。

少し心が弱い方にとっては、不良と会話することは疲れてしまうかもしれないですね。

それに不良と付き合うことによって、荒い言葉遣いがうつってしまい周りの人に心配されてしまうかも。

喧嘩したがる

不良は、ケンカが強ければ強い人だと確信しています。

そのケンカというのも大人ならではの口論なんていうものではなく、手や足が出る乱闘のようなものになります。

未だにヤンキーだとか不良が多く存在する地域では、夜な夜なケンカ行われていますよね。

テレビドラマでたまに不良をテーマにしたものが放送され、いつもケンカしているシーンを見ると「まさかこんな世界があるわけない」なんて思ってしまうものです。

ましてや高校同士で戦うなんてアホらしいとも感じられますよね。

しかし、そういう世界は本当に存在するんです。

「〇〇高のやつらに仲間がやられたから、ボコりにいこう」なんて日常茶飯事なんです。

ですから、少しでもケンカを売られたのであれば買ってしまうのが不良なんですね。

普通の人だったらスルーしてしまうような小さな発言や反発に対しても、すぐにカッとなって手が出てしまうんです。

不良とお付き合いするには、ココが少し問題になります。

フィーリングが合うのであれば、そのようなケンカなどにはなりません。

しかし、不良が少しでもフィーリングに違和感を感じているのであれば、すぐにケンカに発展してしまうでしょう。

それにケンカとなれば、自制がきかない不良が多いものです。

一般人を相手にしていても、不良を相手にしているのと同じ勢いでつっかかってきます。

もしもケンカに自信がなかったり、ケンカとか口喧嘩だと思っている人は、不良とケンカするときに困ってしまうでしょう。

薄く尖った眉毛

ツッパリというものが流行った時から、不良というのは薄くてとがった眉毛をしているものだと思われるようになりました。

そのため、現在の不良たちもそれを忠実に守り、明らかに薄くてしかもとがっている眉毛をしています。

お手入れはかかさないんですよね。

薄くてとがっている眉毛って、なんだかとても怖いイメージを与えると思いませんか?

映画などに登場するヤ〇ザなんかも、たいていはそんな眉毛をしていますよね。

それって強くみせるため、見た目から相手を弱らせるための作戦でもあるのです。

それに不良になったからには、そのような眉毛にすることによって強い見た目でいたいんです。

不良として見られたいんです。

だって”不良はかっこいい”と思っているから。

男性との距離感が近い

また、男性との距離が近いのも不良の特徴です。

これは男性の不良、女性の不良と関わらずどちらもこのような傾向があります。

男性同士は、威嚇するために相手の近くによる傾向があるんです。

想像しにくい方は、不良が登場するドラマや映画を思い出してみてください。

ケンカする前などになると、きまってお互いの顔を近づけて「アァン?」とか言っているシーンがありませんか。

まさにあのような事が起きているのです。

また、女性の不良に関しても自分自身のことを男と同じくらいに強い生き物と思っているために男性との距離が近いんです。

そんな女性不良に下心を抱いてしまったのがばれたら、一瞬でボコボコにされてしまうので注意しましょう。

喧嘩腰の口調

不良はいつだって荒い言葉遣いを使っているということでしたね。

敬語を使おうとしても、どこか荒い口調が残ってしまうものです。

「~です」と発言するものを「~ッス」なんて軽く変換してしまうのも不良の特徴です。

あなたの回りには、そんな正しい敬語を話せることが出来ない人はいませんか?
また、ケンカ腰の口調が多いんですよね。

別にケンカをするわけでもないんです。

しかし、ケンカをのぞんでいなくても不良社会では、そのような話し方が当たり前になっています。

そのため、一般人と話す時にもケンカ腰で話してイしまうんですよね。

それが次第にクセになり、自分では気づかないうちに相手に対しケンカ腰で話していることもあります。

そのため、普通の人と普通の会話を楽しんでいる気持ちでいてもその相手は「どうしてこの人はいつも怒ってるんだろう。ケンカ売るような口調なんだろう」なんて思われていることが多いです。

不良と仲良くするためには、まずはケンカ腰の口調は普通のことであることを理解しておきましょう。

本当にケンカをしようとしているときは、それ以上の迫力があります。

短気

不良は、はっきりいって短気です。

それに自分の思い通りにいかないと、それだけでイラッときてしまう生き物なんです。

そのため、少しお付き合いは疲れるかもしれません。

不良同士であれば、すぐにケンカをして和解をして…と一連の動作をすることができますよね。

しかし、あなたが一般人の場合、できれば不良とケンカなんてしたくないはずです。

ただでされ、少し怖い存在だと思っているのにもっと怖い姿を見るなんていやですよね。

相手に気を遣わなければならないため、もしかしたらあなたが疲れてしまうかもしれません。

また、なんでも思い通りになると思っているその性格、そして思い通りにならないと相手を変えようと怒るというのはまるで子供のようですよね。

そんな性格の人と仲良くできるかどうかは、あなたの心の力量にかかっているのかもしれません。

全体的に派手

不良は、自分自身をかっこよく、そして大きく見せるために基本的に派手な格好をしていることが多いです。

髪色だって明るいし、メイクだって濃い…。

学生の不良であれば、男性であれば着くずしがすごいですし、女性であればスカートがとっても短いものです。

それにカバンにはデコレーションが施されていることでしょう。

そうやって派手にすることが自分をかっこよくする方法なんですね。

それがモテる、それが一番いいと思っているのです。

たしかに不良社会においては、そうやって派手にしている人のほうがモテるものです。

地味な格好をしていては不良と呼ぶことは出来ないですよね。

派手といっても、きれいな派手さといきすぎた派手さがあるものです。

不良は、ちょっといきすぎている派手さを持っているものです。

化粧が濃い

さきほどもお伝えしましたが、化粧が濃いのも不良の特徴です。

もう廃刊になってしまいましたが、キャバクラ穣向けに販売されていた”ageha”という雑誌があります。

その雑誌にのっているようなアイメイクガッツリ、チークガッツリ、口紅も派手…。

そんなメイクをしているものです。

それに眉毛は薄くて斜めあがりですから、どこか怖いイメージを持っていますよね。

夜中に田舎のドンキホーテなどに行くと、そのような人々を見ることが出来ますよ。

キャバ嬢にもさまざまな人がいますが、不良は少しいきすぎたメイクをしていることが多いです。

草食男子は、メイクが濃かったり髪の色が明るいだけで近づきにくいものですよね。

もしも、あなたが不良少女で好きな人が草食男子であるならば、見た目から変えていく必要がありますよ。

声が低い

声が低いのも不良の特徴です。

男性なら成長するにつれて声が低くなっていくものですよね。

しかし、ケンカすることになると更に声のトーンを下げて、ドスをきかせます。

それって相手にとって、少し怖さを感じるものなんです。

また、声が低いのは男性だけではありません。

女性の不良もなぜだか声が低いんですよね。

それは、声をかえているというわけではなく、自然と低くなっています。

声が低い人の発言って、どこか重い魂を感じることはありませんか?
それを理解しなくても使いこなしているのが不良なんです。

声が低いからといって、怖い人と決め付けないようにしてください。

イベント大好き

それに不良というのは、イベントが大好きな傾向が高いです。

イベントとは、地元で行なわれるお祭りだったり、花火大会かもしれません。

イベントといっても、遠いところに行く気持ちにはなかなかなりません。

やはり地元愛が強いので、地元で行なわれるイベントであれば欠かさず参加します。

そのため、イベントごとに出向くと必ずといって不良グループがいるんですよね。

それをあなたも見たことがあるのではないでしょうか?

なんだか怖いイメージがある不良ですが、そういうときに無邪気にはしゃいでいる姿を見て「同じ人間なのだ」と実感することができるかもしれないですね。

また成人式にも不良グループは集っているため、目立ちます。

どこにもいる不良ですが、その地域の不良であるということなんですね。

目が怖い

不良は、目つきが悪いです。

それは意識して目つきを悪くしているのかもしれないですし、生まれつき目つきが悪いために自然と不良になってしまったパターンなどさまざまあります。

目つきが悪い人と目があうだけで気持ちがゾッとしてしまうものですよね。

でもその目つきは自分自身を強く見せるためであり、初対面の人になめられないようにするためなんです。

ですから、目つきが悪いからといって最初から近づかないなんてもったいない!

あなただって、生まれつき目つきが悪かった時「あの人は目つきが悪いから怖い。

だから近づきたくない」なんていわれたら寂しいですよね。

不良はそういう雰囲気を敏感に感じ取っています。

不良だからといって全ての人が悪い人というわけではないんです。

目が怖いなど見た目だけではなく、心の対話をしてみませんか?

年上の人への気遣いができる

不良社会は、上下社会です。

そのため、年上への気遣いであれば不良はピカイチなんです。

不良のなかには、そのままヤ〇ザになっていく人もいれば改心して普通の社会人として生きていくこともあります。

そんなときに、不良社会で培った目上の人へ気遣いするものだという精神が役にたつんですね。

不良ではあまりイメージはないかもしれませんが、ヤ〇ザが登場するドラマや映画などでは親分と子分という存在がいますよね。

まさにそのような上下関係が不良社会でも成立しているのです。

ちょっぴり怖い人がしっかりと年上の人へ気遣いしているところを見たら、見直すのではないでしょうか。

芯が固い

不良はいつでも芯がしっかりしています。

そうでなければ不良になることはできません。

不良ならではのルールがあり、さらに上下関係もあります。

または地元を守るためなら、自分を犠牲にしてまでも戦いに挑んでいく心意気があるんです。

普通の人では経験できないような日常を生きていますから、芯が硬くなっていくんですね。

あなたの心に芯はあるでしょうか?

不良のようにさまざまな経験をすることで、あなたも心の軸である芯を培うことができるようになりますよ。

考え方がしっかりしている

不良というと、どこか怖いだけで暴力でものを言うようなイメージを持っている方が多いですよね。

しかし、不良はバカではありません。

いや、まれにちょっと頭が弱い不良がいるのも事実ですが…。

不良になり、不良として振舞うにはそれなりに意識していなければなりませんよね。

それに誰かと戦うことになったら、しっかりと戦略をたててケンカに臨まなければなりません。

そんなときに体あたりで臨んでしまったら、まけるでしょう。

不良たちは、心の芯がしっかりしていますからそれを軸にして、世の中に起こっていることを俯瞰的に見ているんです。

だから、なんとなく威厳を感じるのでしょう。

不良=バカなんて思っていると、痛い目にあいますよ。

バカにされることを一番嫌いますから、そんなこと絶対にしないでくださいね。

マイルドヤンキーについて

マイルドヤンキーとは、経済評論家である原田曜平さんが2014年に定義した言葉です。

どんな言葉かといいますと、普通の不良とは少し違った傾向を持っている…そんなヤンキーを説明するものになります。

一昔前のヤンキーと現在のヤンキーでは、少しずつ傾向が変わってきているということなんです!

地元指向が強く内向的、上昇志向が低いなどの特徴がある。

【マイルドヤンキーの特徴は、こちらの記事もチェック!】

どんなヤンキー?

では、マイルドヤンキーとはどんなヤンキーなのか気になりますよね。

ずばり、不良とは違ってじゃっかん”頭が弱い”傾向があります。

しっかりと勉強してこなかったのでしょう。

そして内向的な性格をしているのも特徴です。

さきほどまでに不良の特徴をご紹介しましたよね。

その不良は外との関係を積極的に持つ傾向がありました。

それは、学生であれば他校の生徒とケンカするなどです。

しかし、マイルドヤンキーにはその傾向がないんですよね。

また、上昇志向も持っていないために人間として幼稚なまま大人になってしまうことがたたあります。

生息地

生息地は、地元のイオンなどのショッピングモールです。

なんでもあるために、買い物はほぼそこで済ませます。

また、デートもイオンなどのショッピングモールで済ませることが多いんです。

また、生まれ育った地元が大好きなためにあまり遠出せず、地元でうろつく傾向が高いです。

学歴

地元からあまり出る気持ちがしないですし、勉強に足しいて意欲も感じることの少ないのがマイルドヤンキーです。

そのため、学歴は義務教育または高校生どまりであることが多いんです。

本来であれば、学校に行くことを親が進めるのですが、マイルドヤンキーの親は離婚している確率が高いため、そのように叱ってくれる人もいないのです。

あこがれの人

あなたの憧れの人は誰ですか?

ほとんどの方が芸能人だったり、遠い世界の偉大な人をあげるのではないでしょうか。

しかし、マイルドヤンキーというのは、そのような遠い人に憧れの気持ちを抱きません。

もっとも身近な先輩などに憧れを感じるのです。

そのため、憧れの人が持っている持ち物や言葉遣いなどをすぐに取り入れ真似する傾向もあります。

とにかく地元ラブ

ヤンキーといえども、それは不良の一族です。

不良といえば、やっぱりどこの不良であっても自分の生まれ育った地元が大好きなんです。

こんなにも地元にこだわるのは珍しいと思うかもしれないですね。

純粋にその故郷を愛していて、そのためにずっとその地元で暮らして生きたいと考えている若者も少なくありません。

地元で生まれ育ち、そのまま会社をおこしている人のなかには元ヤンが多いのも地元を愛するからこその理由なのかもしれないですね。

不良はいい人もいれば悪い人もいる(まとめ)

今回は、不良について特集いたしました。

古くから存在する不良ですが、現代では少し傾向が変わってきているとのことでしたね。

不良になるには、それなりの家庭環境があり、またはそうなってしまう状況があったのでしょう。

そのため、不良のなかにはなりたくて不良になった人もいれば、なりたくないけれど親への反発のために不良になった人もいるのです。

要するに良い人もいれば、悪い人もいるということ。

あなたの周りにいる不良は、良い人でしょうか?見極めながら、不良と仲良くしていきたいですね。