美しいと思う感覚は、人それぞれ違います。

自分が美しいと思うものが、もしかしたら他人にはグロテスクに思えたりするかもしれません。

ただ、人が人と一緒に居ようとする時、例えば恋愛とか結婚など、特に他人と一緒に生活しようとする場合は、美しいと思う感覚が同じでなければ難しいとされています。

人間が、美しいと思う感覚は、他人とコミュニケーションを取る上で、非常に重要なものなんですね。

美しいと思う感覚は、人間に与えられた特権であり、他の動物には無い感覚です。

また、物体を見て美しいと思う気持ちはもちろん、人間の愛情や、人情に対しての気持ち、生きているということ、そのものの生に対する気持ちも、美しいと思う感覚があります。

この地球は美しいもので溢れている!

私たちの住んでいる地球。

この地球自体は天体としても、非常に美しい星です。

宇宙飛行士から地球に送られてくる映像を見ても、とても美しいですよね。

それは、地球には美しいもので溢れているからです。

しかし、近年私たち人間によって地球はどんどん汚染されています。

表面上は、美しく青い地球でも、至る所で地球は悲鳴をあげています。

温暖化によるバランスの崩れももちろんその原因です。

私たちは、地球が無くなれば生きて行くことは出来ません。

私たちが美しいものを見て、美しいと思えるのも地球があるおかげです。

これからも、美しいものを私たちが眺めて行けるように、感じて行けるように、自分にできること・小さなことでも良いので実行して行きましょう。

美しいと感じる17個のこと

先程も述べましたが人が美しいと感じることについては、それぞれ感性が違いますので、人によって美しいと思うものは違います。

例えば、猟奇的なものに対して美しいと感じる方もいます。

良いか悪いかは別にして、人が美しいと思うことに対して誰かが反論したり否定したりと言う権利もありません。

ですので、自分が美しいと思ったものを美しいと素直に感じて楽しめばいいのですが、ここでは一般的に美しいと言えるもの、人が美しいと思うもので多数の意見があるものについてご紹介して行きましょう。

物質的なものに対してはもちろんですが、愛情などの心情に対して美しいと思うこともあります。

多くの人が「美しい」と思うものに対して、17個の事例を挙げてみました。

1. 親の子供に対する愛情

親の子供に対する愛情はとても美しいものです。

とりわけ、母親の子に対する愛情は美しいを通り越して切なくさえあります。

美しいものを感じたり見たりすると人は自然に涙することがありますが、この親子の愛情はまさにその対象と言えるでしょう。

もちろん、父親の子に対する愛情も美しいですが、母親の子供へ対する愛情とはまた違う印象です。

母親は子を生む時、想像を絶する痛みを持って我が子を生みだします。

この痛みをもし男性が感じることができたとしたら、男性の中には痛さのあまりショック死する方もいるだろうと言われているほどです。

近年、親が子を殺害したり子が親を殺害してしまったりと言う事件があとを絶ちません。

とても悲しいことです。

2. イルミネーション

日本のイルミネーション技術は世界水準からしてもかなり高いようです。

特に、空気の澄んでいる寒い時期のイルミネーションは、非常に美しく輝きます。

日本では各地でイルミネーションが開催されており、外国のお客様からも大変人気を得ています。

もともとイルミネーションは、集客のためだけでなく、震災や事故で命を落とされた方を追悼する意図ではじめられた開催地もたくさんあります。

光の美しさの中に、人の追悼の意識が反映されて悲しくも美しく夜を彩っています。

他には遊園地のパレードなどで使用されているイルミネーションもありますが、さまざまな動きや色の変化も楽しめるので、みているととても気分があがりますね。

3. 赤ちゃんの澄んだ瞳

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ目が見えないですが成長とともに、自分が生きている世界を目の当たりにしたときの赤ちゃんの目は非常に澄んでいて美しい目をしています。

どの赤ちゃんもとても綺麗な目をしていますよね。

汚れが無い、悪いことも良いこともまだわからない、知らない、そんな純粋な赤ちゃんの気持ちも反映しているようです。

人は成長するにつれて、さまざまなことを学んでいきます。

もちろん良いことばかりではありません。

しかし、親の気持ちとして、自分の子供の澄んだ瞳を見ていると、「この子の瞳にはどうか美しいものばかりが写ってくれるように」とどの親御さんも願っているのではないでしょうか?

赤ちゃんの美しい瞳の秘密には、美しいものをたくさん映し出してほしいという両親の願いも込められているのかもしれませんね。

【その他の美しい人について関する話題は、こちらの記事もチェック!】

4. 満開の桜

日本を代表する花、桜。

近年では海外でも人気で、苗を輸入して育てている国もあるほどの美しい花ですが、桜はさまざまな楽しみ方ができます。

もちろん満開の桜も美しいのですが、まだつぼみで開ききっていない桜や、若い桜などもエネルギーを感じることができてとても美しいですよね。

さらに、桜は昼間の顔と夜の顔のふたつを持つと言われています。

昼と夜の印象では全く違うという花はそうないのではないでしょうか?

昼間の桜はとても華やかで愛らしい一面を持っていますが、夜になるととても妖艶に感じることがあります。

また、桜についてはあまりの美しさから「美しすぎて怖い」とさえいわれることがあり、かずかずの伝説や物語が残っていますが、多くは悲恋の伝説となっています。

5. 京都の寺社

寺社仏閣が並ぶ町京都。

日本の観光スポットとして常に上位にある都市です。

特に外国人観光客の数は年々増える一方です。

ではなぜ、この京都という町が国内のみならず海外からも人気があるのでしょうか?

それは、京都が誇る京都の財産とも言える寺社を見たい人が多いからというのも一因です。

古都京都と言われるように、古い街並みや風景が色濃く残る京都。

当然寺社についても当時のそのままの状態で残っている建築物がとても多くあります。

戦火を浴びた日本では、このような建物が残っている都市は珍しく、日本の文化遺産として国の宝となっています。

今の建築技術にも十分活かすことができるような数々の古い寺社は、非常に形状が美しいだけでなく、存在そのものに美しさを感じることができます。

6. 満天の星空

天気のいい日は、空を見上げると満天の星空が広がっていることがあります。

海外に行くと、その土地でしか見られない星座もあり、星空ツアーなども開催されている国もあります。

美しい夜空は星が降って来るようであると表現することもありますよね。

夜空の星は、まるで宝石のようにきらきらと輝いて美しく、ひとつひとつの星が輝いているのはもちろんですが、星の集合体も何ともいえず美しいものです。

お天気がいまいちで、なかなか星空を見ることができないと言う場合は、プラネタリウムがおススメです。

まるでその場にいるような臨場感あふれる美しい夜空を体験することができますよ。

日々の喧騒を忘れて、ちょっと休憩してふと夜空を見上げてみませんか?「美しい」と思える心を忘れてしまっては、人生損ですよ。

7. 友情

親子の愛情もとても美しいのですが、友達との友情も美しいですよね。

まず友達と呼べる他人がいること、血の繋がりもないのに、強いきずなで結ばれていること、そして出会った奇跡。

さまざまなタイミングが重なって友情が芽生えて友達となるわけです。

時には喧嘩もするでしょう。

しかし、どんな時でも互いにわかりあえるのが友情です。

親や兄弟よりも自分のことをわかってくれている。

そんな友達がいる人もいるでしょう。

友情を美しいと思う点は、他人の為に犠牲になれるかどうか、その気持ちを相手に持てるかどうかだと思います。

そこには、美しさをあえて求めない、友人の為にがむしゃらに頑張れるといった見返りを求めない愛が存在します。

8. 夕やけ空

1日の終わりを告げる、夕焼け空も大変美しい風景のひとつです。

朝日が昇るのも、神秘的で美しい現象ですが、夕日がゆっくりと彼方に沈んでいくのは、美しいだけでなく切なさも感じます。

もともと美と哀は非常に合うものなのです。

悲恋物がどこか美しいと言うのもそのせいなのです。

夕焼け空にはいろいろな色があります。

オレンジ色が基本的ですが、紫色や真っ赤に染まっている時もあり、翌日の天気を反映しているとも言われていますよね。

夕焼け空は、沈みゆく太陽が空の雲に反射してさまざまな色が見えるのですが、日によって全然色が違いますし、みている自分自身の気持ちも反映しますので、とても神秘的な空間となっています。

あなたも夕焼け空をゆっくり見ながら今日1日の過ごし方に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

9. ショパンのピアノ曲

ショパンの名前は、フレデリック・フランソワ・ショパンと言う名前で、1810年生まれの作曲家です。

ポーランド生まれの、ロマン派時代を代表する 作曲家の1人で、39年という短い生涯だった人です。

ショパンは、そのほとんどをピアノ曲の作曲に捧げ、ピアノの詩人と呼ばれています。

ショパンの作曲した曲の特徴は、ほとんどがピアノ曲でありました。

子供のころから非常に感受性が強く、また、ピアノという楽器はショパンにとって他の楽器とは違う特別な存在であったわけです。

ショパンが作曲するピアノ曲は、美しくもどこか悲しみ・憂いを帯びた名曲で聞く人の心をじんわりと感動させるのが特徴です。

ショパンの、情にもろい独特の感受性が彼の作曲したピアノ曲に表現されています。

10. 人の手が加わっていない自然

人工的に作り上げた自然ではなく、手つかずの大自然の美しさは何物にも代えがたいものですが、最近ではどんどん自然が取り壊されています。

人の手が加わっていない自然は、その存在が地上のバランスを保っているわけです。

それを人の手で開拓したり、手を加えたりすることは地球上のバランスを崩すことにもなり、結果的に災害となって人に降りかかって来ます。

日本の大自然で、手つかずの場所は国の指定場所になったり、世界遺産になったりもしていますが、その分観光客も増えるわけですし、残念ながらマナー違反の方も後を絶たないので、手が加わっていない、本当の自然というものは美しくもあり大変貴重な場所でもあるわけです。

11. 雨上がりの虹

虹自体、あまり頻繁にみられる光景ではありません。

さまざまな条件下のもと、虹は発生するわけですが、発生してもうっすらとだけみられる場合もあれば、くっきりとはっきり虹が確認できる場合もあります。

また、長い間虹を楽しめる時もあれば一瞬で無くなることもあります。

いずれにせよ、ずっとそこにとどまってくれないのは確かです。

人はこのように、儚いもの・消えゆくものに対して美しさを感じるようです。

もちろん虹自体も非常に美しいものではありますが、花は散るからこそ美しいとも言うように、消えて無くなってしまうからこそ美しさを感じるのだと思います。

そこに常に存在しないもの、稀なもの、偶然が重ならないとみられないものなど、貴重なタイミングと現象に対しても美しさを感じるものなのですね。

12. 着物を来た女性

日本の民族衣装である着物。

しかし、残念ながら一人でこの着物が着られる日本人は多くありません。

民族衣装であるにもかかわらず、着付けにお金を支払って着せてもらったり、着るための勉強をするために高い授業料を支払うこともあります。

また最近では日本人の着物離れが進んでおり、外国の方からは日本の着物は大変人気がありますが、国内で着る人はあまりいません。

結婚式やパーティなど特別な行事の際に着ることもありますが、それもかなり減って来てしまいました。

だからこそ、自分で着られる人や、着物を素敵に着こなしている女性に対しては美しいと思いますし、着物を着なれている女性の所作も本当に美しいものです。

着ているものだけでなく、動きも大変美しいです。

13. 大都会の夜景

デートスポットと言えば、夜景が見える場所というのが常に上位にあがっていますよね。

とりわけ大都会の夜景は、「ダイヤモンドをちりばめたようである」とか「宝石箱」というような表現のされ方もしています。

昼間の明るい下では、どれだけライトを照らしても陽の光に叶うことは無く、かすんでしまいますが夜の暗闇の中では、色とりどりと美しいライトが浮かび上がり、なんとも言えない気分にさせてくれます。

大都会の夜景は、山の頂上から見たり、飛行機の中から見たりとさまざまな観賞方法がありますが、できれば一人で観るよりは大切な方と一緒に、好きな人と一緒に夜景をみて美しさを共有したいものですよね。