CoCoSiA(ココシア)

美しいと感じる17個のこと

美しいと思う感覚は、人それぞれ違います。

自分が美しいと思うものが、もしかしたら他人にはグロテスクに思えたりするかもしれません。

ただ、人が人と一緒に居ようとする時、例えば恋愛とか結婚など、特に他人と一緒に生活しようとする場合は、美しいと思う感覚が同じでなければ難しいとされています。

人間が、美しいと思う感覚は、他人とコミュニケーションを取る上で、非常に重要なものなんですね。

美しいと思う感覚は、人間に与えられた特権であり、他の動物には無い感覚です。

また、物体を見て美しいと思う気持ちはもちろん、人間の愛情や、人情に対しての気持ち、生きているということ、そのものの生に対する気持ちも、美しいと思う感覚があります。

この地球は美しいもので溢れている!

私たちの住んでいる地球。

この地球自体は天体としても、非常に美しい星です。

宇宙飛行士から地球に送られてくる映像を見ても、とても美しいですよね。

それは、地球には美しいもので溢れているからです。

しかし、近年私たち人間によって地球はどんどん汚染されています。

表面上は、美しく青い地球でも、至る所で地球は悲鳴をあげています。

温暖化によるバランスの崩れももちろんその原因です。

私たちは、地球が無くなれば生きて行くことは出来ません。

私たちが美しいものを見て、美しいと思えるのも地球があるおかげです。

これからも、美しいものを私たちが眺めて行けるように、感じて行けるように、自分にできること・小さなことでも良いので実行して行きましょう。

美しいと感じる17個のこと

先程も述べましたが人が美しいと感じることについては、それぞれ感性が違いますので、人によって美しいと思うものは違います。

例えば、猟奇的なものに対して美しいと感じる方もいます。

良いか悪いかは別にして、人が美しいと思うことに対して誰かが反論したり否定したりと言う権利もありません。

ですので、自分が美しいと思ったものを美しいと素直に感じて楽しめばいいのですが、ここでは一般的に美しいと言えるもの、人が美しいと思うもので多数の意見があるものについてご紹介して行きましょう。

物質的なものに対してはもちろんですが、愛情などの心情に対して美しいと思うこともあります。

多くの人が「美しい」と思うものに対して、17個の事例を挙げてみました。

1. 親の子供に対する愛情

親の子供に対する愛情はとても美しいものです。

とりわけ、母親の子に対する愛情は美しいを通り越して切なくさえあります。

美しいものを感じたり見たりすると人は自然に涙することがありますが、この親子の愛情はまさにその対象と言えるでしょう。

もちろん、父親の子に対する愛情も美しいですが、母親の子供へ対する愛情とはまた違う印象です。

母親は子を生む時、想像を絶する痛みを持って我が子を生みだします。

この痛みをもし男性が感じることができたとしたら、男性の中には痛さのあまりショック死する方もいるだろうと言われているほどです。

近年、親が子を殺害したり子が親を殺害してしまったりと言う事件があとを絶ちません。

とても悲しいことです。

2. イルミネーション

日本のイルミネーション技術は世界水準からしてもかなり高いようです。

特に、空気の澄んでいる寒い時期のイルミネーションは、非常に美しく輝きます。

日本では各地でイルミネーションが開催されており、外国のお客様からも大変人気を得ています。

もともとイルミネーションは、集客のためだけでなく、震災や事故で命を落とされた方を追悼する意図ではじめられた開催地もたくさんあります。

光の美しさの中に、人の追悼の意識が反映されて悲しくも美しく夜を彩っています。

他には遊園地のパレードなどで使用されているイルミネーションもありますが、さまざまな動きや色の変化も楽しめるので、みているととても気分があがりますね。

3. 赤ちゃんの澄んだ瞳

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ目が見えないですが成長とともに、自分が生きている世界を目の当たりにしたときの赤ちゃんの目は非常に澄んでいて美しい目をしています。

どの赤ちゃんもとても綺麗な目をしていますよね。

汚れが無い、悪いことも良いこともまだわからない、知らない、そんな純粋な赤ちゃんの気持ちも反映しているようです。

人は成長するにつれて、さまざまなことを学んでいきます。