CoCoSiA(ココシア)

良縁をつかむための極意


良い人と出会いたい。

良い縁が欲しい!そう思ったことはありませんか?

仕事でも、恋愛でも、友人関係でも、いい縁であるにこしたことはありませんよね。

良縁とは、あなたにとって、周りから見て良いと感じる人と人との縁。

出会いのことです。

良縁に恵まれれば、恋愛も仕事も、家族関係もうまくいって幸せにつながりますよね。

今回紹介するのはそんな「良縁」をつかむための極意。

良縁が人生においてどれだけ大切な物か。

大切な良縁をつかむためにはどうすればいいのか。

良縁についてたっぷり紹介していきたいと思います。

この記事の目次

縁とはいかに大事か

まずお話ししたいのは、縁が人生においてどれだけ大切なものであるかという事です。

根本から言えばあなたがこの国に産まれてきたこと。

お母さま、お父さまのお子さんとして産まれてきたこともすばらしい縁です。

この記事を読んでいることも、今しているお仕事も全て「縁」として結ばれたものです。

でもここで紹介するのは初めから決まっていた縁や、必然的に結ばれた縁ではありません。

これからにつながる自分で作っていく、自分でつかんでいく縁について。

この縁はあなたの人生を左右するとっても大切な物で、縁一つであなたの人生は大きく変わっていくこともあるでしょう。

数多くある縁


一言に縁と言っても、仕事、恋愛、友人関係など様々な縁が存在します。

仕事に関する縁だとすれば、アルバイト先を選んで、いい店長と巡り合えた。

就活中にいい会社と巡り合えた、自分が働きたいと思っていた会社との縁が持てた。

大きくはないけれど自分が強くかかわりたいと思えた仕事先。

こういったものもいい縁になりますよね。

友人関係だったりすると、同じクラスになってからずっと仲のいい友達だったり、同じ趣味を通じて出会えた仲間だったり。

友人化関係は基本的には自分で動いて、時分と合う人を探す人が多いですよね。

なので、比較的にいい縁に恵まれていると感じている人も多いのではないでしょうか。

そして一番良縁かどうか重要なのが恋愛。

将来自分が幸せになるために。

より良い生活を送るためには良縁でなければいけません。

良い人と出会い、子どもが産まれ、孫が産まれる。

これも全て「縁」があってのことですよね。

縁は毎日訪れる機会があるほど数多くあります。

日々生活をしていて「そんなに縁なんてないでしょ」と思うかもしれません。

ですが、いつも行くコンビニに来た新しいアルバイトだったり、通勤でたまたま電車の席が隣の人だったり。

そういった人もあなたにとって「良縁」になる可能性はあるんです。

その毎日ある出会い、縁の中にある良いものだけを選べるように考えや行動を考えてみましょう。

すべてが良縁ではない

まず気にかけてほしいのが、毎日あなたに訪れる「縁」が良いものばかりではないということ。

恋愛や友人関係では良縁ではないことも多くあります。

中には家族関係でも、良縁ではないこともありますよね。

既に結ばれている縁の中でも、良縁ではないものもあります。

一度あなたの人生のマイナスになる「悪縁」が無いかどうか、少し考えてみてください。

悪縁とは

悪縁とは、良縁の真逆、そのままの意味で悪い縁と言う意味です。

周りの人のことを悪く言うのは良い事ではありません。

ですが、自分にとって相手がプラスになる人かどうか、いい相手であるかどうかを考えて良縁か悪縁かを見極めましょう。

ありがちな悪縁の例


どんな縁が悪縁なのか。