世の中はイライラすることが多くてストレスも溜まります。

ついつい、相手にイジワルな態度をしてしまったり、キツク当ってしまうことはありませんか?

反省するものの、自分自身にゆとりがないと他人には優しくなれません。

少し目先を変えて、心にゆとりを持つことで優しい人になれます。

優しい人になると楽しいことが見えてきます。

他人に優しくなるには自分にも優しくならないとダメです。

優しくすることでイヤな顔をする人は誰もいません。

優しくすることで不快な気分になる人は誰もいないのです。

今、自分の人生がつまらないと思っている人は心にゆとりがなく優しくできない人です。

優しくない人は負のオーラを惹きつけてしまうものです。

自分の人生を楽しいものにしたいなら、今すぐ優しくなりましょう。

優しい人になろう!

優しい人になろうと思ったものの、イライラすることが多くて怒ってしまう。

例えば、子供がイタズラや言うことを聞かないと怒ってしまいますよね?

会社で部下が失敗を繰り返したり、上司に怒鳴られたりすれば誰かに八つ当たりしたくなることあると思います。

ただ通勤電車に乗っているだけでも肘が当ったり、押されたり、ぶつかってもスイマセンひとつ言わない人をみるとイライラしてしまうこともあります。

優しくなろうと頭で分かっていても優しくなることは難しいのです。

では、実際に優しくなる方法があるとすれば、何を実践すれば良いのでしょう。

頭で考えているだけでは優しくなれないのです。

優しくなるには20個の特徴があるのです。

優しい人の20個の特徴

自分の周りにいる優しい人をイメージしてみてください。

優しい人は見た目からして優しい表情をしているのです。

一部でコワモテですが実は根は優しい人もいますが、外見がコワモテですと周囲からは理解されにくく本人は辛いものです。

周囲が分かってくれないと人間は卑屈になって行く方が多いと思います。

見た目からして優しさが伝わる人の方が周囲も近づいてきてくれるのです。

周囲が近づいてくれることで自分自身もゆとりができます。

少し優しくなれるのです。

相手に優しくしようと思う行動が自分自身に優しさを与えてくれているのです。

優しい人になる為には周囲の優しい人をイメージしてみましょう。

そして同じような表情や行動を1つずつマネして行くことも大事です。

1. いつも笑顔で人と接する

よく「溜息をつくと幸せが逃げて行く」言葉があります。

この言葉の意味と似ていますが、怒った顔をしていれば幸せは逃げて行くのです。

いつも笑顔でいることで人は自然と自分の周りに集まってきます。

自分の周りに人が集まってくると自分自身も楽しいと思えるはず。

自分自身が満たされているということは他人に優しくすることができるのです。

人間は孤独だったりすると寂しさゆえ、他人に対して優しくすることができません。

いつも笑顔で人と接することは、自分自身の為でもあるのです。

いつも笑顔を人接する人に周囲は「優しい人」「話しやすい人」と認識します。

警戒心なく人は集まってくるのです。

いつも笑顔でいる人を見て、怖い人と思うでしょうか?

間違いなく優しい人と誰もが思うはずです。

いつも笑顔で人と接することで自然と優しい気持ちが芽生えてくるのです。

2. 自分のことよりも人のことを優先する

「自分が!自分が!」このようなタイプの人は自分自身が大好きです。

他人よりも自分が幸せになることを優先する人です。

常に損得を考えてしまう人は周囲から信用されることはありません。

周囲から信用されないと人は卑屈な考えになっていくものです。

自分のことよりも他人のことを優先することは簡単なことではありません。

人間は自分のことが可愛い生き物です。

心のどこかで自分が幸せである為に損得を考えてしまうものです。

ですが、自分のことよりも人のことを優先することで周囲の人は信用と信頼をしてくれるのです。

周囲の見方が変わることで心にゆとりが芽生えてきます。

ゆとりができると優しい気持ちになることができるのです。

最初は「自分ばかりが・・・」と思ってしまうこともありますが、自分のことよりも人のことを優先することで自然にできるようになるのです。

自然に自分のことよりも人のことを優先することができると本当の意味で優しい人になることができるのです。

3. 物を人に分け与える

「 物を人に分け与える」一番、簡単に実行できる優しいことです。

例えば1袋の飴があれば、みんなに分け与えるだけで良いのです。

何でもかんでも 物を人に分け与えると「自分ばかり」と損得勘定してしまいますが、物を人に分け与えることで不思議と優しい気持ちになれるのです。

例えば、1袋の飴を自分1人で食べているとすればどうでしょうか?

誰にも物を人に分け与えることをしないと気分が良くないと思いませんか?

自分1人占めすることで美味しい物も美味しいと感じなくなるのです。

1袋の飴を人数分、人に分け与えることで分け与える人数分の「ありがとう」を聞けます。

「ありがとう」を聞くと人間は優しい気持ちになれるのです。

物を人に分け与えることは難しいことではありません。

誰にでもできることです。

誰にでもでき、すぐ実行できる、優しいことです。

4. 騙されてしまいやすい

優しい人は人を疑うことを知りません。

ですから、やや騙されてしまいやすいところがあります。

「それでは優しくして損している」と思うかもしれませんが、けして損しているワケではないのです。

騙すことよりも騙された方が誰一人として傷つけることはありません。

騙すことは大勢の人を傷つけてしまいます。

騙すことで人を傷つけながらも自分も傷けてしまうことになるのです。

騙すことは気分が非常に良くないです。

たとえ、騙して何かを得たところで幸せな気分になることはないのです。

いつまでもいつまでも騙したことが頭の中に残ってしまいます。

騙されてしまうと一時的に後悔をして悲しい気持ちになります。

ですが、学ぶということにも繋がるのです。

騙されることで自分の心は汚れて行くことはありませんが、騙すことで自分の心は汚れてしまうのです。

汚れて行く度に人を騙すことに何も感じない人間になってしまします。

優しい人間に戻ることができなくなるのです。

5. 人の悲しみを理解できる

優しい人は人の悲しみを理解できる人です。

常に自分のことを1番に考えている人や損得勘定をしている人には出来ません。

人の悲しみが理解できる人は「もし、自分だったら?」と置き換えることができるのです。

「自分だったら、そっとしておいてほしい。」「自分だったら、声をかけてほしい」この考え方の的がズレていないのです。

人の悲しみを考えることができるようになるのは、自分自身が大人にならないといけません。

人は悲しいときにワガママな態度になることや空気がよめない時があります。

でも、それは悲しみと直面した一時的な感情なのです。

「そりゃ、悲しいこともあれば元気もなくなるよね」と相手の心を読み、優しく包んであげることが優しい人はできます。

いわば、母のような存在になれる人が優しい人なのです。

6. 繊細で人の機嫌がいつも気になる

優しい人は時に繊細な面があります。

繊細だからこそ相手の変化に気づくことができるのです。

相手が笑ってくれるように楽しい空気にもって行くように努力します。

大雑把な人だと相手が機嫌悪いとしても関係ないのです。

そんな小さなこと気にしていられません。

繊細な人のイメージは神経質そうな印象もありますが、繊細も優しさに繋がれば人に好かれることができるのです。

相手の機嫌が気になる繊細さんがいるからこそ場の空気が和みます。

繊細で人の機嫌がいつも気になる人はムードメーカーで重要なポジションです。

【繊細な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

7. 常に人に気遣いをする

常に人に気遣いをすることは非常に疲れることです。

相手に気遣いをした後は自分自身が疲れてしまうのです。

ですが、優しい人は常に人に気遣いをしても疲れを感じません。

むしろ、常に人に気遣いをしないことで気を休めることができないのです。

人に気遣いをすることで自分自身も気分良くなれます。

後々「あの時に〇〇してあげれば良かったかも・・・」など悩みません。

チョットした気遣いで気分良く後を引かないとすれば人に気遣いをすることは辛いことではないのです。

人に気遣いをする前に疲れそうと思う場合は、まず人に気遣いすることをおすすめします。

きっと、人に気遣いをすることで気分は楽になるはずです。

そして常に気遣いをする優しい人になります。

8. 困っている人を放っておけない

優しい人は困っている人を放っておけないです。

放っておくことで自分の良心が痛むからです。

人に気遣いすることと同じく放っておくと後々気になって仕方なくなります。

困ってる人を見て見ないふりすることは、その相手がどうなっても関係ないということに繋がるのです。

もし助けてあげないことで、その相手が事故を起こしたり、気分を悪くしたりすることなどネガティブなことを考えてしまうのが優しい人です。

ネガティブなことをイメージすることは苦しいことです。

困っている人を助けてあげることで相手は苦しみから救われることができます。

「この後、どうなったかな?」など余計なことを考えなくて済みます。

困っている人を放っておけない優しい人は相手の未来まで考えてしまう人です。

9. さりげない声かけが上手い

例えば初めて勤務する職場で最初に声をかけてくれるとホッとしませんか?優しい人はさりげない声かけが上手いです。

違和感なく声をかけて笑顔を見せてくれるのです。

どうして優しい人は、さりげない声かけが上手いのでしょうか?それは、相手に気遣いができることで空気を読むことができるからです。

「相手が不安な表情をしている」「相手が話しかけてほしい」と分かるからです。

ですから、優しい人は無闇に声をかけたりしません。

空気も読まないで声をかける人であれば、ただのおしゃべりな人です。

優しい人は声かけて良いところと黙っているところがわかるのです。

優しい人は、いきなり声をかけたりはしません。

さりげない声かけが上手いことで声かけられた人も自然に受け入れることができるのです。

10. 人の悪口や噂話をしない

優しい人は人の悪口や噂話をしないです。

やはり人の悪口や噂話をする人を見ると一緒に噂を聞いている人も「もしかしたら自分も陰で悪口や噂話をされているのでは?」と思うはずです。

悪口や噂話をする人に相談しようとか頼ろうと思わないものです。

悪口や噂話をする人は信用性が薄く、人から人気を集めることができないのです。

信用できない人を優しい人と思えるでしょうか?

信用があるから優しい人です。

人の悪口や噂話をすれば、必ず自分に跳ね返ってくるものです。

周囲の人は笑いながら悪口を聞いてくれるますが、心の中では不快な気分になるのです。

「この人といると楽しくないから一緒にいたくない」と思われてしまいます。

人から愛してもらえないと他人に優しくすることができません。

人の悪口や噂話をすることで誰もが不快になることが分かる人だからこそ、優しい人なのです。

11. 芯が強く目標や理想が高い

優しい人は自分というものをしっかりと持っています。

他人に流されることがないので、他人の意見に左右されることがないのです。

それは芯が強く目標や理想が高いということに繋がります。

芯が強く目標をもっていれば自分の心が揺れ動くことがありません。

例えば第三者が「〇〇さんって、あなたの悪口を言っているみたいよ?」とカマをかけてきても他人の言葉よりも自分の考えを貫くことができます。

自分自身が相手をどう見ているか?

どう感じているかが全てなのです。

優しい人は理想を高くもちます。

それは自分に自信があるからこそ、満たされているから理想を高く持つのです。

逆に芯が弱く目標がない人は他人の意見にいつも振り回されてしまいます。

12. 誰に対しても平等に接する

本当に優しい人は特定の人だけに優しくすることはしません。

特定の人だけに優しくする人は優しい人とは程遠い、腹黒人間です。

誰に対しても平等に接することができるから優しい人なのです。

優しい人は基本的に損得を考えていないのです。

特定の人だけに優しくすることは「この人に親切にすることで良いことがある」と考えているから特定の人になります。

誰に対しても平等に接することは「この人が・・・」などイチイチ考えてません。

誰に対しても優しくするだけじゃなく誰に対しても平等に意見を言います。

損得の考えがないからこそ、褒めて優しいだけじゃないのです。

相手のことを大事に思うからこそ、誰に対しても平等に接するのです。

13. 打算的ではないので見返りを求めない

優しい人は打算的ではないのです。

損得を考える人は必ず見返りを求めるものです。

見返りがないと分かると優しくしても意味ないと思ってしまいます。

優しい人は見返りを求めることが頭に全くありません。

人間は見返りを求めるつもりがないとしても、人と接してるうちに見返りを自然と求めてしまいがちです。

それは自分自身を守ろうとしてしまうからです。

嫌われたくないから優しくする、優しくすることで良い人と思われる。

優しいと思われたら周囲が集まってきて自分は人気者になれる。

心の中で見返りを求めているのです。

見返りを求めない優しさは自分自身に自信を持ち芯を強く持つことです。

14. 犬や猫など動物にも好かれる

人間に優しければ優しい人と思われます。

これは見返りを求めた嘘の優しさです。

例えば職場で全ての人に優しい女性がいて、街中で猫に向かってシッシッ!と冷たくしている場面を見てしまったらどうでしょうか?

イメージ変わると思います。

誰にでも平等に優しい人は人間だから動物だからと理由をつけることはしません。

動物も人間も命があり平等なのです。

犬や猫は人間以上に本質を見抜く野生の感があります。

上辺だけで優しい人を見て、動物は本能で感じるのです。

大好きな男性がいるから、職場の仲間が見ている前だから猫や犬に対して「可愛い~」と言ってナデナデしても動物は見抜いてしまいます。

なかなか心を許してくれずに動物が側に近寄らない人は要注意です。

15. 感情をコントロールできる

優しい人も毎日笑顔なワケではありません。

でも、空気を読むことはできます。

「今、感情をむき出しにすれば場の空気を乱してしまう。」優しい人は、場の空気を大事にすることができるので、自分の気持ちをコントロールできるのです。

頭に来たとしても自分一人の感情で場を台無しにしないため、自分自身の気持ちが抑さまるまで自分が場を離れることを考えます。

感情をコントロールできない人は子供です。

優しい人は相手のことを考えることができる、後々を考えることができます。

感情をどうやったらコントロールできるか?

優しい人は知っているのです。

16. 怒りを感じても顔に出さない

感情をコントロールできても顔が怒っている人いますよね?

急に無口になり目が笑っていなかったり、目を逸らしたままだったりと表情に感情は現れやすいのです。

とくに怒りの感情が心にある場合は顔にも出やすいものです。

どんなに言葉や態度で怒ってないと言っても顔が怒っていれば空気は変わります。

顔に感情を出さないことは意外と難しいものです。

顔に感情を出さないことができれば立派な大人です。

優しい人は見せかけで出来るものではないのです。

本当に優しい人はポーカーフェイスで感情まで顔に出さないのです。

17. 視野が広い

ヒトツの事にこだわっていると他人の意見を聞き入れることができません。

誰にでも平等に接することができる優しい人は視野が広いのです。

視野が広くなりと「〇〇さんの考え方もある」「△△さんの考えもある」と他人の立場になって物事を考えることができません。

他人の意見を取り入れることができないと頭デッカチになってしまいます。

視野が狭いとガンコになるということです。

柔軟な気持ちがあるからこそ、様々なパターンを考えることができます。

視野が広いと誰にでも平等に優しく接することができるのです。

18. いつも心に余裕がある

優しい人はいつも心に余裕があります。

他人に優しくするためには心がキツキツだと優しくなんてできません。

心に余裕を持つことは意外と難しいかもしれません。

日々の仕事や日常生活でストレスは溜まっていきます。

ストレスが溜まると心に余裕がなくなり愚痴や嫉妬心を起こしてしまいます。

優しい人はストレスを溜め込まないのです。

それは周囲に自然に親切にしている、優しくしてるからこそイヤな気持ちになりません。

日頃の行いが結果的にストレスを溜めないようになるのです。

ストレスを溜めないということは心に余裕があるということです。

19. ポジティブ

優しい人は基本的にポジティブです。

病は気からという言葉があるようにネガティブな考えだと楽しいことを運んできてくれません。

ポジティブに考えるからこそ、楽しいことはやって来るのです。

ネガティブなことを考えていれば周囲の人は集まってきません。

ポジティブな人だからこそ周囲は集まってきます。

自分のまわりにいつも人が集まっていれば自然と笑顔になります。

自分自身も周囲の集まった人達も笑顔になるのです。

笑顔が集まれば幸せになれます。

優しい人はポジティブだからこそ、幸せな毎日が送れるのです。

20. 義理人情に厚い

優しい人は基本的に義理人情に厚いです。

義理人情に厚い人は裏切ったりしません。

裏切らないことで恩を感じて、相手を好きになるのです。

自分が好きだから相手も好きになってくれます。

義理人情に厚いと信頼関係の絆が強くなります。

優しい人は誰でも平等に接し、損得勘定をしないことが義理人情に繋がるのです。

義理人情に厚い人は信用できます。

これは自分自身にも返ってくることなのです。

義理人情がない人を見て付き合いたいとは思えないですよね。

よく日本人は義理人情が厚いとも他国で言われています。

困っている人を見て見ぬフリはできないのです。

困った人を見て見ぬフリをすることは後々になり気分が悪いものです。

「あの時、優しく声をかけていれば」と考えてしまうのです。

なら、義理人情に任せて優しくした方が幸せな気分になれるはずです。

優しい人になるメリット

優しい人になるとデメリットよりメリットが多いものです。

優しくすることで毎日の生活が楽しくなります。

楽しい生活はストレスを溜めにくくすることです。

たとえストレスを感じても日頃の楽しさが上回りストレスを引きずることがないのです。

優しい人になることは誰にでもできます。

毎日がつまらないと感じているなら優しい人のメリットを知ってください。

きっと、優しい人になりたいと思うはずです。

1. 皆に好かれる

優しい人は皆に好かれるのです。

「私は1人が好き」「1人で生きて行く」なんて言っても人間は1人で生きて行くことなんて出来ないのです。

1人が好きと言うことは自分に対しての慰めでしかないのです。

皆に好かれてイヤな気持ちになることはありません。

皆に好かれるためには自分自身が皆に優しくしないといけないのです。

自分が優しくすることで周囲は必ず返してくれるものです。

皆に好かれることは自分のミカタができることです。

1人じゃないということは強くもなれるのです。

2. 異性にモテる

誰だって異性にモテたいと思いますよね?優しい人は同性はもちろんですが、異性にもモテることができます。

優しい人は同性から見ても、異性から見ても気分が良いものです。

異性からモテたいから優しくすると同性から好かれることはありません。

同性から好かれていない人を見て異性が魅力を感じることはありません。

異性や同性と決めることなく親切にする、優しくすることが大事です。

異性にモテたいと思うなら、まずは同性に優しくしましょう。

同性に優しくする姿を見ていると異性は「本当に優しい人なんだな」と感じとることができます。

本当の優しい姿こそが、異性にモテるのです。

3. 精神状態が安定しやすい

精神状態が不安定な人は近寄りたくないものです。

せっかく話しかけても機嫌が悪いと「もう二度と声かけない」と思います。

優しい人は自分の気持ちをコントロールできます。

自分の感情で相手を傷つけたり、場を凍りつかせることはしません。

精神状態が安定しているから、いつ声をかけても安心なのです。

何故、優しい人は精神状態が安定しやすいのでしょう?それはストレスを溜め込まないからです。

嫌な気分を溜め込まないからこそ、精神状態が安定しやすいのです。

優しい人でいるデメリットもある?

優しい人はメリットが非常に多いです。

ですがデメリットが全くないと言えばウソになります。

優しい性格が時に災いになることがあるのです。

優しいからこそ心に曇りがない、これは心が白と言うことです。

白色は染められてしまう危険性があるのです。

もともと人間は悪い人なんていないと思います。

しかしながら相手の気持ちが分からない悪い人間がいるのも事実です。

何故、悪い人になってしまったか?

それは優しさにつけんでデメリットな出来事ばかり起きてしまったからです。

優しくしてても報われないと感じてしまったから優しさを捨ててしまったのです。

これは非常にもったいないことですよね。

優しい気持ちを利用する悪い人に負けることがないようにしましょう。

その為には、デメリットも知っておくことが大事です。

優しい人を目指すなら、デメリットも学んでおいた方が良いです。

1. 悪い人に狙われやすい

優しい人は人を疑うことをしません。

良く言えばピュアですが悪く言えば警戒心がないのです。

残念ながら、この世の中は良い人ばかりではないのです。

優しい人につけこんで悪用しようとたくらむ人がいます。

悪人に狙われないようにすることは相手を見極める目を養うしかないです。

ですが、全ての人を色メガネで見ることは疑わないといけないことです。

疑うことで優しい人の良さが消えてしまうのです。

悪い人に狙われてしまうと、悪い人は次から次へと優しさにつけこんできます。

そして仲間の悪い人にまで優しい人の情報を流してしまうのです。

優しい人の欠点はピュアすぎる性格かもしれません。

2. 人に利用されやすい

優しさにつけんで利用しようとする人はいます。

大きな悪用ではないですが、日常的に利用するのです。

「ちょっと買物に行ってきてくれない?」「お金ないの、貸してくれない?」「私の分も一緒に買ってきてくれる」「車通勤なら一緒に乗っけてってくれない」このように小さなことでも優しい人を利用する手口はたくさんあります。

優しい人は「NO」を言わないことが分かっているのです。

優しさにつけこんだ行為です。

優しい人は利用されても「アイツはズルい」と考えずに「手間がかかることじゃない」「大したことじゃない」と思ってしまうのです。

だからこそ、優しい人は、人に利用されてしまうのです。

3. 断ることが出来ない

優しい人は何故、断ることが出来ないのでしょう。

それは断ることで相手の嫌な顔を見たり、不快な気分にさせたくないからです。

感情をコントロールできる優しい人は良くも悪くも自分の感情を見せません。

断ることで場の空気を崩してしまうなら「OK」を出した方が良いと思うのです。

断ることができないと、結局は自分の首を絞めていることに繋がります。

断る勇気も時には必要です。

この世の中は優しい人につけこんで利用する悪人もいるのです。

断ることができないと、せっかく優しい気持ちが失われてしまいます。

断ることができないことでストレスに繋がってしまうからです。

優しい人は周囲を幸せにします

デメリットもある優しい人ですが、基本的に優しい人は周囲を幸せにするチカラを持っているのです。

優しくされることで不快な気分になる人はいません。

優しくされることで「ありがとう」という言葉、自然と生まれてきます。

「ありがとう」という言葉を聞くと笑顔になりませんか?

笑顔は幸せにします。

「笑う角には福きたる」このような言葉があります。

優しくされる、笑顔になる、福が来るのです。

幸せになりたいと思えば、まずは自分自身が動くことが大事です。

自分自身が変わり周囲に優しくすれば、優しくされた人は返してくれます。

優しいことを利用する悪い人もいますが、悪い人になれば幸せはないのです。

優しい人を利用したところで本当の幸せは手に入れることができません。

それよりも優しい気持ちで相手に接することで悪い人も心を入れ替えることができるのです。

優しい人には周囲を幸せにするパワーがあるのです。

【人に優しくするために心がけるべきことは、こちらの記事もチェック!】