CoCoSiA(ココシア)

同僚とうまくやる12個の方法と注意点

普段何気なくつかっている「同僚」という言葉ですが、同僚の意味をご存じでしょうか?

よく勘違いされる言葉に「同期」という言葉がありますが、同僚と同期は少し意味合いが違います。

では、同僚っていったいどういう人達のことを言うのでしょうか?

よく間違えてしまう「同期」と比べてみましょう。

同期は文字通り、同時期に入社した人のことを言います。

ですので、年齢もだいたい同じ人が多いですよね。

一方、同僚は同じ職場で同じ地位にいる人、同じ職種の人のことを言います。

ですので、年齢が違っていても、同じ職場の仲間であれば「同僚」になります。

なお、広い意味で考えれば同期も同僚であることには違いありません。

同僚は大切にしよう

あなたは、職場の同僚を大切にしていますか?

同僚とちゃんとコミュニケーションが取れているでしょうか?

もともと人間関係を築くのが苦手な方にとっては、同期だろうが同僚だろうが、他人ですのでなかなか上手にコミュニケーションができなくて悩んでいる人も多いと思います。

しかし、仕事は一人でできるものではありません。

一人でやっていることも、組織の一員としての任務であり、それだけで完結するというものはほとんどありません。

人が人と出会うタイミングは、ある種奇跡的なものがあります。

せっかくのご縁で出会った同僚です。

できればうまく付き合っていきたいものですよね。

信頼関係があればチームワークが上がる

先程も述べたように、仕事はチームでおこなうものです。

ですので、チームワークが重要なのですが、同僚と信頼関係を築くことができればチームワークもぐっと深まります。

このチームワークを上げることが仕事の効率をあげて成功へと導いてくれます。

もちろん同僚全てと気が合うわけではないですし、中には苦手なタイプもいることでしょう。

しかし、一歩勇気を踏み出して同僚と上手に付き合うことができれば、あなた自身の株も上がりますし、他の楽しみも見出すことができるかもしれません。

また、何かトラブルが起こった時に力になってくれるのも同僚です。

同僚とは常に持ちつ持たれつの関係ですので、できるだけ仲良くできるよう努力しましょう。

同僚と仲が悪いことが退職理由になることも

同僚とは職場でずっと顔を合わせていなければなりません。

気の合う仲間であれば仕事自体が楽しくなってきますし、やりがいも感じられるようになります。

しかし、同僚との関係がうまくいかず、どうしても仲良くできない場合、それが理由で退職に追い込まれることもあります。

同僚には、同じ職場の仲間と言う意味がありますので、上司や部下も同僚は同僚です。

例えばプライベートな関係であれば、合わないと思ったら無理して友達でいる必要はありません。

しかし、同僚とうまくいかないからといって転勤できるわけでもないですし、異動できることもまずありません。

一部の同僚もしくは、他の同僚全員と馬が合わず、職場に居ずらくなってしまったために、やむをえず退職してしまう人もいるのです。

同僚とうまく付き合うための12個の注意点

では、同僚とどのようにすれば上手に付き合うことができるのでしょうか?

人間関係の問題ですので、これさえやれば大丈夫というような完璧な方法はもちろんありません。

しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、いろいろ試してみたがうまくいかないというような人は、今からお伝えすることを是非参考になさってみてください。

なお、あなたにとって同僚とはなんでしょう?

どういうポジションであるのが理想でしょうか?

人によってさまざまな想いがあると思います。

親友のような関係を望んでいる、あくまでも職場だけでの関係でプライベートは互いに突っ込まないでいたい、うわべだけの付き合いで済ませたいと色々です。

どれが正しいとか、どれが間違っているというのはありません。

あなたが「自分は同僚と上手に付き合えているな」と思うことが大切なのです。

1. 真剣に仕事に取り組んでいるところを見せる

同僚は「お友達」ではなく、職場の仲間であり、一社員です。

ですので、同僚に認めてもらうにはやはり仕事を熱心にやっている、真剣に仕事に取り組んでいる姿勢を見てもらうことが一番なのではないでしょうか?