CoCoSiA(ココシア)

人探しをするための4個の方法。これらを活用して見つけ出そう!


大切な身内が行方不明になってしまったり、絶縁状態になってしまった友人がいたりという人にとって、探し人はとても切実な願いでしょう。

自分一人で孤独な捜査活動を続けていても中々成果があがらないことも多いと思います。

友人や家族の助けも借りながら、専門の組織に頼むことも一つの方法です。

ただ、費用はその分かかってしまいます。他にもインターネットを効果的に使って呼びかける方法もあります。

ですが、実際にはどういった方法をとれば、探している人が見つかりやすいのでしょうか?

ここではどうしても再会したい人を探すための、人探しの4つの方法をお伝えします。

この記事の目次

あの人の今を知りたい

一度行方が分からなくなり、今どこにいるのかも分からない相手は今どこで何をしているのでしょうか?

もう一度あの人に会いたいけれども連絡先も知らない状態で途方に暮れている。

もしもう亡くなっているのだとしても現実の状況を知りたい。

そんな今どこで何をしているのかを知りたい人を探すことは出来ないのでしょうか?一人で探すには限界があります。

警察に捜索願を出せばよいのでしょうか?行方が分からないあの人の今を知る方法を探っていきます。

人探しをするための4個の方法!

人探しをするには色々な方法があります。

地道な聞き込みからプロに依頼する方法まで実に様々な方法があり、最近ではインターネットを使った人探しも可能となっています。

ここでは代表的な人探しの方法を4つお伝えします。

それぞれメリット、デメリットがありますが、複数の方法を同時に行ってもよいですしご自身の状況で使い分けてみるのもよいでしょう。

それではひとつひとつ方法ごとに見ていきましょう。

1.高額でも確実!探偵を雇う


まずは人探しの状況が切実で、お金を払ってでも見つけたいという方には探偵を雇うことをお勧めします。

費用はひとつの捜索依頼で数万円から100万円を超えるケースまであります。

これは捜索日数と実際に捜索にあたった探偵の人数などによって変わってきます。

また実際に探している相手が見つかった場合に成果報酬が追加される場合もあります。

探偵を雇うメリットは、個人では限界のある捜索をプロのネットワークやスキルでカバーして捜索できることや、やや危険な状況で個人では捜索が難しい場合も捜索が可能になることです。

予算があり切実な人探しの場合は探偵を雇うことをお勧めします。

まず探偵事務所や興信所を訪ねる

普段あまり馴染みのない探偵との関りですので、最初はどの様に関わればよいか分からないと思います。

まずは探偵事務所や興信所を訪ねてみましょう。

現在日本国内で約6000近くの探偵事務所があるといわれています。

あなたのお住まいに近くにも探偵事務所や興信所はあると思います。

ただし、全ての機関が安心して依頼できる事務所とは限りませんので、可能であれば過去に依頼をしたことのある知人の紹介やネットでの評判を調べるなど事前調査をして、信頼のおける事務所を選ぶようにしましょう。

また実際に訪問した際に見積もりを無料でしてもらい、その金額内で契約をする方が予算内に費用を抑えることができます。

1人で契約するよりも知人と事務所に向かい、第三者の目の前で契約をすれば後々金銭面でのトラブルも発生しにくくなるでしょう。

まずは信頼のおける探偵事務所や興信所を見つけるところから始めましょう。

最初に良い事務所を選ぶことが良い結果に繋がります。

「思い出の人探し」をしてくれるところも

学生時代の初恋の相手や恩師、連絡が取れなくなってしまった引っ越す前に住んでいた町の友人など、「思い出の人」を探してくれる事務所もあります。

懐かしいあの人との再会は、きっとあなたと探し求めていた人に再会の喜びを与えてくれるでしょう。

深刻な行方不明ではなく記憶に残る思い出のあの人を探すこともできるのです。

もちろん捜査のための資料が何もない場合は難しいでしょう。

しかし当時の相手の名前や写真、住所などがあればそこから探し当てることができる可能性はあります。

思い出のあの人を探し出して、新しい思い出を作ることができるかもしれません。

事務所で料金の設定

探偵事務所や興信所を利用する場合、依頼者と事務所側で条件に同意が得られた後に料金の設定をおこないます。

料金は捜索の難易度、捜索に必要な人数、捜索時間や日数によって変わってきます。

また捜索時に海外まで足を運ぶ必要がある際にはその渡航費などが別途でかかる場合もあります。

最初の料金設定内で費用を抑えることが原則ですが、実際成果が目に見えて上がってきている中で、明らかに別途で費用が掛かりそうな場合は、追加でその料金を支払ってもよいケースもあります。

予算と進展状況を照らし合わせて決めていきましょう。

大体下記の三つの項目で料金を設定することになります。

捜索の難しさの確認

まずは依頼者から提供された情報を元に捜索の難易度を確認します。