ダブルブッキングしがちな人の17個の特徴と対策のイメージ写真
ダブルブッキングという言葉はご存知でしょうか?

あまり聞かないという人もいればよくやってしまうという人もいると思います。

ダブルブッキングというのは元々は飛行機関係やホテル関係で使われていた言葉であり、今では日常でも使うような言葉になっています。

ですがこのダブルブッキングをよくしてしまうという人は多いのではないでしょうか?

「その日ちょうど予定が入ってしまっている」と後々で気付いてしまう人もいると思います。

ダブルブッキングをしてしまうという人は普段はどのように対策などをしていますか?

また、意識をしていてもついやってしまうという人もいるのではないでしょうか?ダブルブッキングはしてしまうと取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。

この性格を治したいという人もいるのではないでしょうか。

誰でも1度はやったことがあるのがダブルブッキングですが、先ほども言ったように元は飛行機やホテルで使われていた言葉です。

最近では日常的にも使うようになっていますが、この言葉をあまり知らないという人もいるのではないでしょうか?

そもとも飛行機関連でどういう意味で使われていたということが解らない人も多いのでは?その様な人達のためにダブルブッキングの説明をしようと思います。

そしてずっとダブルブッキングで悩んでいる人に、ダブルブッキングしがちな人の12個の特徴、性格とその対策方法について語りたいと思います。

気をつけるべき点に気をつけていればダブルブッキングをせずに過ごすこともできます。

同じようなことを繰り返さないようにするのがコツになるので覚えておきましょう!

ダブルブッキングしてしまう人の特徴とは?

ダブルブッキングをしてしまう人の特徴としてはまず、予定をメモしておかないということにあります。

例えば「この日に一緒に遊ぼう」と約束をしている時に何もメモをせずに頭で覚えてしまうという方法を取る人です。

頭で覚える人もいると思いますが、その日ちょうど何か入ってしまっているということを忘れることもあるでしょう。

忘れた後に新たに「この日旅行に行こう」と違う友達から誘われて了承をした場合、ダブルブッキングをすることになります。

どちらの約束も受けてしまい、その約束の日に近くなるにつれて後々で「ごめんこの日は…」とどちらかに言う他ありません。

メモをしておかないとこの様にどちらを優先すればよいのかも解らなくなり、人間関係にも影響が出てくるようになります。

またちゃんと断ることも必要です。

特定の日にいっぱい約束をしてしまうという人もいるでしょうが、時間を多く持つということが大事です。

例えば本当にその時間帯に行けるというのであれば大丈夫ですが、他の約束もしていて直ぐに移動しなければいけないとなった時は相手に申し訳ないですよね?

この様に断りきれない状態で、全て約束を受けてしまったという人はダブルブッキングしがちになりやすいです。

他にも優先順位をつけれずに予定を組み込んでしまうという人もダブルブッキングになりやすいです。

何を優先して行動が解らずとりあえず全て承諾してしまったという人も多いのではないでしょうか?それを後々になって後悔してしまうというようなタイプもダブルブッキングをしてしまう人の特徴に入ると思います。

ダブルブッキングというのはそれほど気をつけるべきことなのです。

ダブルブッキングについて知ろう

ダブルブッキングについて知ろうとしている
ダブルブッキングについてまずは知ることが大事になります。

意味も解らず使うということは止めるようにしましょう。

普段はどの様な認識を持っていますか?

ダブルブッキングをするということは、とても大変なことになるのです。

その影響は自分自身だけだったら良いのですがこのダブルブッキングの最大の特徴は相手にも影響をするということです。

相手もせっかくの予定が台無しになってしまうということにもなりかねません。

意味もなく使うと相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。

大丈夫と心配されることもあるので意味が解らないという状態でダブルブッキングという言葉を使うのを止めるようにしましょう。

ではどの様な意味があり、使い方やそれと同じような類義語というのもあります。

類義語に関してはオーバーブッキングという、これも聞いたことがあるという人がいるかもしれませんね。

この言葉について説明をしたいと思います。

意味

まずダブルブッキングというのは元々やホテルや飛行機関連で使われていたものです。

これは複数のところに同じ時間に予約を入れるというものです。

例えばホテルで言うのであれば、AのホテルとBのホテルがありそれを同じ時間にチェックインするように予約をするということです。

こうすることでどちらのホテルでキャンセルなどが出た場合にもう片方のホテルに行けるということができますよね?

ですがその両方キャンセル無しでそのまま予約ができてしまった場合はどの様になりますか?

せっかくホテルを予約していたのに片方をキャンセルしなければなりません。

飛行機の場合だと年中人が多いイメージがあると思いますが、それにダブルブッキングするというのはAの航空会社とBの航空会社の両方に席を取るように予約をするということです。

この2つのことはダブルブッキングと呼ばれ違法になってしまいます。

絶対にしないようにしましょう!

では最近皆さんが使っている意味はどのような意味で使っていますか?

皆さんが使っているダブルブッキングというのは、同じ日に2つの約束をしてしまったということで使うことが多いのではないでしょうか?

元の意味と似ている部分があり少し違うような感じもしますよね。

最近では後者の意味ですが、飛行機やホテルでのような前者の意味でも使われることがあります。

その時々で使い分けるということが重要になるので十分に注意をするようにしましょう。

特に前者の方では法に関わることにもなり最悪の場合は両方キャンセルするということにもなりかねません。

このダブルブッキングというのは両方の意味でも、自分自身だけではなく人にも影響が出るというものです。

その意味を理解することが何よりも大切になります。

気をつけるようにしましょう。

今回は後者の意味でのダブルブッキングについてのお話です。

皆さんはどの様にダブルブッキングをしないように気をつけていますか?

doble+booking

ダブルブッキングとは、「二重」という意味のあるdobleと、「予約」の意味のあるbookingを結合して作られた言葉です。

つまり、同じ時間帯に二つの異なった予定を入れてしまうことをダブルブッキングと呼ぶのです。

ダブルブッキングという言葉を知らずとも、つい約束や予定を同じ時間にしてしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

元々ダブルブッキングという言葉自体は、劇場の座席や飛行機の座席などを誤って二重に予約してしまった際に用いられていました。

ですが、最近では日常の遊びや予定の二重予約でも使う人が増えています。

日常的なダブルブッキングでは、笑って許してもらえることも多いと思いますが、大規模なダブルブッキングは笑い話では済まされないものもあります。

中には超人気スポーツの大切な試合と、超人気シンガーのコンサートの会場がダブルブッキングされていた例もあり、規模によっては深刻な問題に発展するケースもあります。

使い方

ダブルブッキングの使い方
例えば友達との会話で「この日2つも予定を入れてしまった、ダブルブッキングした」という言い方が良いと思います。

よく「ダブった」という言葉を聞くと思いますが、これは「重なった」という意味であり少し似ている使い方をするような人もいます。

「折角デートなのにアルバイトが入ってしまったよ、ダブったわ」という言い方でも使う人が多いのではないでしょうか?意味合いはどちらも同じです。

「ダブる」という言葉と「ダブルブッキング」の2つを使う人もいると思います。

ですが最近の若い人達は皆「ダブる」ということでダブルブッキングのこともそういう風に言う人が多いです。

仮にビジネスなどでもあった場合「ダブルブッキングしてしまい申し訳ありません」と言うことがある日が来るかもしれません。

その様な状況の時はちゃんと事情を説明した上で言うことが大事になります。

使い方を間違えてしまうと取り返しのつかないことにもなってしまうので、十分に注意をして使うとよいでしょう。

最近は飛行機やホテルのようなことでもこの様な言葉を聞くことが少なくなってきています。

海外では少し多いと聞きますが、「約束が同じ日に2つ重なってしまった」というニュアンスで捉えて良いと思います。

類義語

このダブルブッキングという言葉には類義語もあります。

こちらは少し意味が違うのですがその経緯としては同じです。

オーバーブッキングという言葉があります。

ダブルブッキングというのは2つの予定などが重なる、同じ予約を違う会社でしてしまう、という意味でしたが、オーバーブッキングというのは飛行機関連に関することで使われる言葉です。

こちらの言葉はあまり耳にしないという人も多いのではないでしょうか?

ですが極まれにオーバーブッキングになっているということでもあるのではないかと思います。

ではどの様なことをオーバーブッキングというのは詳しく見ていきたいと思います。

飛行機の利用が多いお盆の時期や年末年始などでなってしまうという人もいるのではないでしょうか?

オーバーブッキング

ではオーバーブッキングとはどの様なことを言うのか説明したいと思います。

オーバーブッキングというのは飛行機関連で使う言葉と説明しましたが、飛行機には定員というものが必ずありますよね?乗客の数は飛行機により違いますが、その規定となる数が決まっています。

仮に予約をしたという状態になっていても定員ギリギリまで飛行機というのは予約を取ることになります。

そうした時にこのオーバーブッキングというものが起こります。

定員が仮に100人だとするとその100人スレスレの状態で予約などをした際になんと100人埋まっていたのに予約が取れてしまい、いざ当日行ってみると定員オーバーをしてしまう、ということがあるのです。

年末年始やお盆の時期は時に帰省ラッシュがあり、飛行機などは常に人でいっぱいになります。

その時に何らかの影響でオーバーブッキングをしてしまうということがあるそうなのです。

対策としては早めに予約を取り当日チェックインを早めにするという方法があります。

これは時間オーバーでチェックインすることを防ぐのと同時に、キャンセル待ちの人が乗るという可能性もあるので、早めにチェックインを済ますようにしましょう。

またもし仮にオーバーブッキングをしてしまった場合は、航空会社が何らかの対処をしてくれることもあります。

例えば時間の違う便で移動をする、キャッシュバック、キャンセル待ちで更に待つということもあります。

その時の航空会社により対応は違いますが、オーバーブッキングというものはマレに発生してしまうものです。

仮になったとしても落ち着いて航空会社に相談をすると良いでしょう。

ダブルブッキングが良くない理由

二重に予約してしまうことをダブルブッキングと呼びますが、ここではなぜダブルブッキングが良くないのか、その理由を詳しくお伝えしていきます。

基本的に二重に予約をしてしまうと、どちらか一方の予約は守れなくなってしまうのでそのことが良くない理由の最たるものです。

以下に、更に詳しくダブルブッキングの良くない理由を述べていきます。

仕事などの評価が下がる

ダブルブッキングは、仕事などの評価を下げてしまう可能性があります。

ダブルブッキングをして片方の約束を破棄や延期してしまうと、そうされた側の人はあまり良い気持ちはしないでしょう。

信頼関係を重視する人が相手の場合、それを境に評価を下げる人もいます。

仕事など重要な事柄の予定は、予めスケジュールを確認してから約束するなどして、ダブルブッキングにならないように気をつけましょう。

相手からの信用を失う

ダブルブッキングをしてしまうと、相手からの信用を失うことになりかねません。

それは仕事でもプライベートでも同じです。

特に私たち日本人は時間に対して細かな配慮をする民族です。

電車も5分遅延すれば遅いと感じる人が多いのではないでしょうか。

ダブルブッキングでどちらかの相手に大幅な遅れをしてしまえば、信用を失って当然でしょう。

例え気心が知れた恋人同士でも、ダブルブッキングをされてしまうと信用を失い、その日のデートはつまらないものになりかねません。

公私ともにダブルブッキングは避けるようにしましょう。

嘘を重ねてしまう

ダブルブッキングをしてしまうと、言い訳や取り繕いをするために嘘を重ねてしまいがちです。

どちらかの約束を延期にしてもらうためや、遅刻した理由のために嘘をついてしまうと、その嘘をつき通すために嘘に嘘を重ねてしまうのです。

正直にダブルブッキングをしてしまったことを話して、そのことを許してもらい予定を変更してくれれば良いのです。

しかし、そうもいかない相手だとマイナスのループにハマってしまう可能性もあります。

ダブルブッキングをしないで済むよう、普段から予定の管理はしっかりと行いましょう。

ダブルブッキングしてしまう人の特徴

ダブルブッキングについて解るようになりましたが、ダブルブッキングをしてしまう人の特徴というものは何が当てはまるでしょうか?

例えば時間にルーズな人、スケジュールの把握をしていない、メモをしないといった様々なことが挙げられると思います。

ダブルブッキングをしてしまうという人は心当たりがあるものもあるのではないでしょうか?

ですが気をつけるだけでも改善されるのがこの特徴でもあります。

例えば前もってから何か予定を入れるときはめんどくさいと思っていてもメモをすることが大切です。

会社などで働いている時に解らないことがあればメモを取ったりしますよね?

アルバイトで新しく入るときに教えてもらったことはメモを取ると思います。

それと同じように予定が入ったら直ぐにメモを取るということが大事になるのです。

そしてちゃんと計画をすることが何よりも大事になります。

仮にメモを取ったとしても同じ日に違う予定を入れて時間が無くなってしまう、という人もいるのではないでしょうか?

断りきれない性格だから入れてしまうという人もいると思います。

ですがその時はちゃんと断ることも相手にとっての親切でもあります。

そして無理に予定を入れるのではなく計画性を持って行動をするように心がけることが大事です。

ではどの様なことが特徴としてあるのか、その17個について具体的に見ていきたいと思います。

心当たりがあるという人はその事について気をつけるだけで1つの対策にも繋がると思うので、治したいと思うのであれば頑張って取り組んでみてはどうでしょうか!

1.ルーズ


時間にルーズな人ほどダブルブッキングをしてしまうというイメージが強いです。

例えば約束の時間に遅れるということや、どこかで集合をするとなっても何時間も遅れてしまうという人もいると思います。

そんな時間にルーズな人はあまり良い印象を持ちません。

ルーズという意味は締りが無いという意味でもありますが、行動に対してルーズな人も多いでしょう。

いいかげんな性格でめんどくさいという人にもこの様なことが多いと思います。

時間にルーズだなと思った人、心当たりのある人がいるのであれば注意することでこれは改善することができるのです。

例えば前持って出かける準備をしたり、早めに家を出るということをするだけでも今までとは違う感覚になると思います。

早めに何か物事を考えて動くというのはルーズな性格を改善するのにとても良い方法です。

普段とは早めに行動を心がけるようにしましょう。

2.計画性がない

計画性がないということもダブルブッキングをしてしまう人の特徴になります。

これは計画をして1日を動いていないということになります。

例えばこれをしたい、あれをしたいと考えていても、時間が淡々と過ぎてしまい後々になってできなかった…となる人のことです。

確かにその時は何かをしたいと思っていても、計画性が無いので何時まで経っても「する」という意識まで遠のいてしまうのです。

この様な状態であると仕事や普段の生活にも響くことが多いのではないでしょうか?

例えば今日は仕事の終わりに買いに行こうと思っていても仕事が終わるのが遅くなったり、その事について忘れていたりするということが多いのではないでしょうか?

家について思い出すということもあると思います。

この様なことが多いという人は計画を練るという所から始めると改善できる可能性があります。

常に人というのは行動をしているので、頭の中で考えて動くということは難しいです。

ですが何かメモに書いておくだけでもそれを見て動くことができるのです。

これをしなければいけないという意識にもっていくことができ、他にもすることがあるかな?と思うことも自然と多くなります。

その様な状態になると人というのは計画性を持って動くようになるので、頭でしか考えない、直ぐに忘れてしまったりするという人は常にメモ帳などを持つと良いでしょう。

また計画を考える時には何を優先して何を後回しにするかを考えるのも大事です。

普段の日常生活や仕事などにも関わってくることです。

計画性を持って行動するようにすればダブルブッキングも少なくなるでしょう。

3.適当

何もかもする上で適当になってしまうという人も多いのではないでしょうか。

集中力などが足りずにめんどくさいと思っている人、全部適当にすればいいと思っている人は予定なども適当になってしまう可能性があります。

全ての予定に対して「いいよー」と答えてしまい、後々でダブルブッキングに気付いて申し訳なくなるという人も多いのではないでしょうか?

適当というのはいい加減だという意味と適切に動くという2つの意味がありますが、この場合はいい加減という意味になります。

何もかも適当でいくという人も多いようですが、ダブルブッキングをよくしてしまうという人はまずその適当というものを止めるようにすることで改善されるのではないかと思います。

例えば全て適当に答えるのではなく、少しでも考えるということが必要になります。

ダブルブッキングをする際に、いつも適当に返事をしているからそうなってしまっていると考えると少し考え方を変えるだけで防げるのではないでしょうか?

適当というのはダブルブッキングをしてしまう人の特徴の中でも強い印象を与えています。

適当に行動をしたり言動を言ったりすると取り返しのつかないことになることもあるでしょう。

十分に気をつけることで改善されるので気になるという人は意識を持つように行動をするようにしましょう!

4.自己管理できてない

自分自身の管理ができていないという人もダブルブッキングを引き起こしてしまう人が多いです。

自己管理というのは目標に対して気持ちや行動をコントロールすることです。

この目標に対して気持ちをコントロールできるかという所がポイントになります。

例えば何か目標があったとして様々なことをしなければならないと思います。

その様な時に「いろいろ多くて嫌になるから適当でいいや」と思うのか「少し考えて1つずつ取り組んでいこう」と考えるのかのどちらかに分かれると思うのです。

自己管理ができないということは、適当になってしまうということにも繋がってしまうため、予定なども全て「大丈夫だよ」と言ってしまいがちになってしまいます。

また、精神的にも波が発生してしまい、当日は大丈夫だけど急に行く気力が無くなってしまったということがあると思います。

その時に2つとも約束していたけれどどちらもめんどくさいと思ってしまってはダブルブッキングした挙句に約束を守ることができなくなるので、お互いの信頼関係や友人であれば絆などにヒビが入ってしまう恐れがあります。

自己管理というのは何をするにしても大事なことで、これをしっかりとしておくと「この日はどうかな?」と確認をする意識も強まると思います。

全て大丈夫と言っておいて早めにキャンセルをするという方法もあるでしょうが、相手も聞いてきているのでその時に行くかどうか悩んでいるのであれば、「いいよ」と言うよりも「少し考えてみてから決める」と言った方がまだ相手のためにもなります。

自己管理ができていないとダブルブッキングを引き起こす原因にもなってしまうので、十分に注意をするようにしましょう。

5.スケジュールを把握してない

スケジュールを把握できていないというのも特徴です。

スケジュールというのはその月の予定や来月の予定を書き込むためにあるものです。

例えば明日は何がある、来週はアルバイトだなどその様なことでもスケジュールに書き込むだけで予定を把握することができます。

ですがスケジュール、例えばスケジュール帳などを持っていないという状態になると全て頭を使って予定を組み立てていくことになります。

決して悪いことではありませんが、頭で考えるというのは忘れてしまうということにも繋がるのでとてもお勧めはしません。

スケジュールを把握できないと、この日に何があったっけ?という原因にもなり、いざ約束を入れよとしても何もないから大丈夫だろうと思っていて入れた約束がもう先約が入ってしまっていてダブルブッキングしていまうということもありえるのです。

6.面倒くさがり屋

面倒くさいと思う人もダブルブッキングをしてしまう特徴になります。

予定を入れてもあまりノリ気ではなく「面倒くさいけど良いよ」と言ってしまう人は他の約束に対しても同じように思いそれを約束してしまいます。

この日はこれがある、面倒くさいと思いつつもダブルブッキングしていると気がつくのは前日とかになってからというパターンが多いです。

それまでの約束を覚えてはいるのですが、近い日付だったという感覚でしかなく、同じ日だと考えることが無いからです。

そこで更に面倒くさいという感情が溢れ、どちらもキャンセルをしてしまうということもあります。

面倒くさがりというのはそれほど何に対しても同じような気持ちになってしまうことがあるので、約束が2重になってしまっても面倒くさいと思うだけで終わってしまうこともあるかもしれません。

7.予定に余裕がない

予定を入れることは良いことですがその日に入れる余裕というものが無いという人もダブルブッキングしてしまう特徴があります。

これはちゃんとスケジュールなどでメモをしているのですが、時間に追われてしまうという人によくあることです。

この時間からこの時間までなら大丈夫といった形で、その日1日中空いているよということが少ないです。

ではどの様な人がこの様になってしまうのでしょうか。

予定に余裕がないというのは予定がいっぱいいっぱいであるということで、様々な人の予定が入っているという人になります。

例えば仕事関係だけでなく、友達との約束も数時間で直ぐに帰らないとという感覚になるので、常に何かの予定で動いているという人になります。

この時に詰め込みすぎてまれに予定が被ってしまったという人がいるのではないでしょうか?

ダブルブッキングをしてしまいどちらかをキャンセル、または別の日に移動をさせるということもあります。

ですが予定に余裕が無いというのは計画性が少し欠けているということにもなります。

メモをしているのはいるのですが、全て承諾してしまうという人にも多い特徴です。

ダブルブッキングをしてしまう前に無理に予定を詰め込みすぎないように気をつけることで、改善されるのではないかと思います。

8.何でも受け入れる

何でも受け入れてしまうという性格の人もダブルブッキングをおこしてしまう特徴の1つです。

物事を全て受け入れるというのは心が広いと思うかもしれませんが、予定なども全て受け入れてしまうのです。

それにより「この日はこれをしよう」と思っていても後々になって「これもしなければいけない!約束がある!」と直ぐに思い出して時間に追われたり、キャンセルをせざる終えない状況になってしまうというパターンです。

何でも受け入れたりすることはとても良いことですが、それによりスケジュールが管理できていないと元の子もありません。

しっかりと管理をした上で、何でも受け入れるようにすればダブルブッキングを改善できるかもしれません。

9.断れない

断りきれないという性格の人もいると思います。

全ての約束を受けてしまい忙しくなるという状態になる人はダブルブッキングをしてしまう人の特徴に当てはまるのではないでしょうか?

ダブルブッキングは2つの約束が重なってしまった場合のことを言います。

断れないというのは同じ時間の約束もつい「大丈夫だ」と言ってしまう人のことです。

後々になって「どうしよう」と考えるのですが、時間を半分にしたりずらしてもらったりとすることが多いのではないでしょうか?

10.優先順位が付けられない

優先順位が付けれないという人もダブルブッキングをしてしまう人の特徴としてあげられます。

これは今何をすべきかという優先度を計ることができないという人に多いです。

優先順位が付けれないことになると、物事を平行して進めがちになってしまいます。

これは約束でも同じことで一緒にそのことをこなそうと思う人もいるのです。

同じ時間帯に数分だけ遅れてまた移動をしてといったようなことをよく漫画やゲームの世界でありますよね?それと同じ感覚です。

物事の優先順位がつけれずに全てのものを平行してやろうとする人はダブルブッキングをしてしまう原因にもなるので注意をするようにしましょう。

11.手帳を持ってない


手帳を持っていないという人もダブルブッキングをおこしやすいです。

手帳というのはスケジュール帳でも良いと思います。

何かメモをするということは大事なことです。

予定を組み立てる時に大切な物なので絶対に持参をするようにしましょう。

手帳を持っていないとなると全てのスケジュールを家で確認しているか頭の中で確認しているかのどちらかになります。

その場で見ることができる手帳というのはこの日に何があると直ぐに確認することができるので必ず持っておいて損は無いです。

また、予定を頭で考えるのではなく何かに書くことでも覚えることができると思います。

メモ帳の欄でも良いでしょう、他の紙に書くのもありかと思います。

ちゃんとした日付となるべく曜日も入れて何をするというように、スケジュール帳の様に書くとダブルブッキングをする可能性が減ると思います。

ダブルブッキングする人の特徴の中で最も多い原因の1つが手帳を持っていないことにあります。

今の時代はスマホなどでメモをすることができるので忘れないという人もいると思いますが、それでも忘れてしまうという人は多いのではないでしょうか?

折角の約束をアルバイトと重なってしまったという状態になってもダブルブッキングです。

スマホのスケジュールを常に見ているという人であれば問題ないですが、見ないという人は必ず手帳を持つようにしましょう。

スケジュール帳でも可能です。

それを持つことでだいぶ違います。

更に約束の日を直ぐに見れるようにすることも大切です。

例えば付箋などを貼るという方法が1つあげられます。

手帳というのは自分で作るものであり、見るのも自分なのでキレイに書くということはしなくても大丈夫です。

解りやすく書くということが重要になるので、自分自身がこの日に何があると理解することができれば問題はないです。

仮に約束の日が決まっている場合はその時に、直ぐにメモを取ることが大事です。

そして確認もする。

この積み重ねをすることでダブルブッキングを減らすことができます。

ですが、面倒くさいと思って持っていないという人がいるのであれば治らずにダブルブッキングを引き起こしてしまう可能性もあります。

手帳を持たないという人は一番この特徴の中でもダブルブッキングを起こしやすい特徴と言ってもいいので、注意したいと思う人はまずは手帳やスケジュール帳を持つようにしましょう。

【手帳の使い方については、こちらの記事もチェック!】

12.先延ばしにする

ダブルブッキングをしてしまう人は、普段から予定を先延ばしにしがちです。

少々面倒と感じた予定は、次々に先延ばしにしてしまうので、自分で自分の予定を忘れてしまうことが多いのです。

その結果、忘れた予定の日時に新しい予定を入れてしまい、ダブルブッキングになってしまうのです。

この場合のダブルブッキングは、物事を先延ばしにする癖を改めることで改善できます。

どうしても時間やお金がかかること以外は、可能な限り先延ばしにせずにどんどんこなしていきましょう。

13.楽観的

楽観的な人もダブルブッキングをしがちです。

楽観的なこと自体は悪いことではなく、むしろストレスを溜めにくい価値観なので良い傾向であるといえます。

しかし、楽観的すぎてダブルブッキングをしても何とかなるさー、と思ってしまう人は注意が必要です。

やはり予定には余裕を持ち、約束はしっりと守るべきです。

約束をしっかりと守りつつダブルブッキングをしないようにすれば、元々楽観的で明るい人は、人に信用されて仲間が多くできるようになるでしょう。

14.人の気持ちを考えられない

平気でダブルブッキングをしてしまう人の中には、人の気持ちを考えられない人もいます。

約束を破られた場合の人の気持ちが理解できないため、ダブルブッキングをしてもあまり気にならないのです。

このような人はどんどん信用を失っていくので、早めにそのような性格を改善することが必要です。

人の気持ちを考えられないという欠点は、人間関係のすべてにおいて良くない結果を導いてしまいますので、自覚がある人は改善しましょう。

具体的な解決策には人と上辺だけではなく、腹の底からお互いを理解し合う努力をする、専門のカウンセリングを受けるなどの努力をすることをおすすめします。

15.忘れっぽい

記憶力が悪く、忘れっぽい人もダブルブッキングをしてしまいがちです。

完全に最初の約束事を忘れてしまっては、ダブルブッキングになってしまっても仕方がありません。

しかし、相手にとっても困ったことですので、忘れっぽくてダブルブッキングをしてしまいがちな人は改善していきましょう。

記憶力アップをするトレーニングや、記憶力アップが期待できる食品を摂るなどの努力をしつつ、しっかりと約束事をメモしておくなどの工夫をすればダブルブッキングを防げるでしょう。

16.人に対して不誠実

約束の守る度合いには、その人の誠実さが表れるといいます。

誠実度が高い人は約束もしっかりと守り、ダブルブッキングにならないように気をつけています。

しかし、人に対して不誠実な人は約束事にもルーズで、ダブルブッキングもしてしまいがちです。

そのような人は自己中心的な考え方をするので、周りが振り回されがちです。

そして、段々とその人の周りから人は離れていくでしょう。

17.嘘や言い訳が上手

ダブルブッキングをしてしまいがちな人の中には、嘘や言い訳が上手な人がいます。

そのような人たちは、ダブルブッキングをしても嘘でごまかせると思っているのでやっかいです。

実際に過去にダブルブッキングを嘘や言い訳でしのいだ人は、またダブルブッキングをしてしまいがちです。

しかし、毎回嘘が通じるとも限りませんし、道徳的にもダブルブッキングはしない方が良いでしょう。

嘘や言い訳に自信があっても、ダブルブッキングはしないよう心掛けるべきです。

ダブルブッキングで使われがちな嘘や言い訳


ここでは、ダブルブッキングで使われがちな嘘や言い訳の具体的な例を紹介します。

もし頻繁にここで紹介するような理由で約束事を断られた場合は、相手にダブルブッキングをされていた可能性があります。

あまりにもひどい場合は、改善を提案してみても良いと思いますので参考にされてみてください。

体調不良

体調不良を理由に約束事をキャンセルする人は、ダブルブッキングの可能性が高いといえます。

もちろん本当に体調不良で断る人もいるでしょうが、中にはダブルブッキングを上手く乗り切るために体調不良という嘘をつく人もいるのです。

実際にその人に会う機会があれば、本当に体調が悪いかは判断しやすいでしょう。

しかし、メールやSNS、第三者を通して伝えられた場合、嘘か本当かを見抜くことは難しいでしょう。

頻繁に体調不良を理由に約束事をキャンセルする人とは、本気の約束はしない方が無難です。

身内の不幸

身内の不幸という嘘は、よく使われるダブルブッキングの言い訳の中で代表的なもののひとつです。

確かに身内の不幸と言われてしまえばそれ以上追求することは難しいですし、ある意味信憑性がある理由になります。

しかし、もし頻繫に身内の不幸という理由で約束事をキャンセルする人がいたら、ダブルブッキングなど他の理由がある可能性が高いでしょう。

ダブルブッキングを同時進行させる人も

ここまでダブルブッキングについて様々な角度からお伝えしてきました。

多くの場合ダブルブッキングはあまり歓迎されないことであり、ダブルブッキングをしてしまった人は、その解決に苦労することになります。

しかし、中にはあえてダブルブッキングをしたり、してしまったダブルブッキングを同時進行させる人もいます。

確かに物理的に二つ以上の約束を守るための場所が近い場合は同時進行が可能になるかもしれません。

二つ以上の約束事を小まめに行動して同時進行する様は、まるでコメディ映画やスパイ物のアクション映画に出てきそうなシチュエーションですね。

同時に予定を実行させる強者もいる

最近はスマホの発達により、実際に会わなくても交渉や打ち合わせ、時にはデートも出るような時代になりました。

もちろん現実に会って行う事に比べると、色々と相違点はあるでしょう。

デートなどはやっぱり現実に相手に会ってしたいと思う人がほとんどかもしれません。

しかし、ダブルブッキングをして、同時に予定を実行させる強者は、スマホを巧みに利用して仕事や恋愛に活用しているのです。

SNSなどのアプリを使えば、ある程度の時間差を故意に作り出すことも可能です。

あとは各々の裁量と道徳観念によって結果は変わってくると思います。

強者の中には同時にビジネスの交渉をして、どちらでも成果を上げる人もいるというから驚きです。

度々姿を消してもう1人の方へ行く

先ほど例で挙げたように、コメディ映画やアクション映画では主人公がダブルブッキング的なシチュエーションに巻き込まれることがよくあります。

コメディ映画でありがちなダブルブッキングは、恋人と浮気相手とのダブルブッキングです。

主人公はどちらのデートも成功させようと、度々姿を消してはもう一人の相手とデートをしようと奔走します。

そして段々と嘘がばれ始め、お互いの距離もどんどん短くなり、最後に大バレをするというお決まりのパターンがありますね。

アクション映画では同時に二つの事件を調査したり、潜入捜査でバレないように敵の組織に潜入したりします。

そして時々姿を消して、自分の味方に会いに行くのです。

この場合のダブルブッキングは、真の目的(約束)が敵の組織の情報収集であったりするので、その目的がバレてしまうと命の危険があるハイリスクなダブルブッキングです。

映画といえど、中には実際に起こった事件を元にしたものもあるので、現実では命の危険がない程度のダブルブッキングで済ませたいものです。

ダブルブッキングしがちな人は管理能力を身につけて

いかがでしたでしょうか?

ダブルブッキングは多くの人に迷惑をかけ、自身の評価も落としてしまうことが理解できたと思います。

もし自分はダブルブッキングをしてしまいがちだと自覚がある場合は、意識して管理能力を身につけるように努力してみましょう。

管理能力を向上させる簡単な方法は、メモをとる習慣を身につけることです。

予定が入ったら、すぐに手帳に記入しておく習慣をつけておくと、視覚的にいつ予定があるかを把握できるので、ダブルブッキングをせずに済みやすくなります。

最近はスマホのアプリでスケジュール管理もできるので、積極的に活用することも良いことです。

スマホのスケジュール管理アプリを使えば、アラームや表示機能で予定を事前に教えてくれるものもあるので便利です。

ちょっとした工夫でダブルブッキングは減らすことが出来ます。

ダブルブッキングを減らし、信用と快適な生活を得るようにしましょう。