武勇伝というものをご存知でしょうか?武勇伝というのは、過去にあった出来事を手柄をたてたように話をするというものです。

「過去にはこんな事あって私は活躍した!」や「昔こういう事があってな…」と話す人もいるでしょう。

大人になるとどうしても武勇伝を話したくなりますよね?特にお父さんやお母さんは成長した息子や娘に対して「昔はこうだったんだよ」と自慢気に昔は可愛かった、かっこよかったというようなアピール話もするのではないでしょうか?この様な武勇伝を語る時、聞く人はどう思うのでしょうか?例えば家族間であるのであれば「そんなことあったんだ」というように驚かれるかもしれません。

よく昔話をしますよね?その時にも武勇伝を話すお父さんもいるのではないでしょうか。

また、他にも武勇伝を語る時に「そうなんだ」とあまり興味なさげに聞くという人もいます。

折角の武勇伝なのですから、自分が話す時は聞いてもらいたいですよね?近年では若者に対して武勇伝を話すと少し敬遠されがちにもなります。

あまり関わりを持ちたくないなと思わせることもあるでしょう。

そんな武勇伝を話しをしている時に敬遠されてしまうという4個の理由についてお話したいと思います。

つい最近武勇伝を語ったという人、何か心当たりがあるかもしれません。

武勇伝は話し方が大切

武勇伝というのは話し方でも印象があります。

例えば威張るように言う人と、あの時はと本当に昔のことについて思い出しながら言うというのは雰囲気が違いますよね?威張るような人の場合は普通の自慢話にしか聞こえず、何を聞いても「そうなんだ」と思うことが多いのではないでしょうか。

ですが本当に昔のことについて思い出しながら話すという人はその世界に入りきっています。

威張ったりもせずに、こういう事があったんだよと昔話のように語ってくれます。

どちらが好印象かというと後者の方が好印象ですよね。

語りかけるように教えてくれる方が、続きなども気になりますし、その武勇伝を聞いて他のことも聞いているのではないでしょうか?もっと他の話が聞きたいとも思います。

でも逆に前者の場合はどうなるのかと言うと、「早く終わらないかな」と少し敬遠されてしまう可能性があるのです。

威張って言うようなものではないだろうと思う人もいるでしょう。

話し方というのは1つ違うだけでも印象が違いますし、同じ文だとしても捉え方が違うのです。

武勇伝なのでこういう出来事で活躍をしたんだ!と話したくなる気持ちもあるでしょうが、その様な話し方をしてしまうと聞く相手は大げさに聞こえたりするかもしれませんね。

武勇伝を話したという人はこの様に威張ったり話をしたりしていませんか?十分に気をつけて話しをするようにしましょう。

武勇伝とは?


武勇伝というのはそもそもどういうようなものかご存知ですか?お笑い芸人の人がネタで使ってそこから流行ったというイメージもあると思います。

その根上の人の武勇伝を聞くとカッコイイと思ったり、凄い!と思ったりしますよね?基本的にはその本人の出来事の過去を話ししているという形で捉えて大丈夫です。

武勇伝というのは細かく見ると難しい意味にもなりますが、ここで言われる武勇伝は「昔、手柄を立てたお話しを皆に話す」という認識で良いと思います。

例えばこのことで昔は活躍した!と話をしたりしますよね?それも武勇伝の1つになるのです。

昔のことを話して時には自慢劇に話すという人もいるでしょう。

武勇伝の内容を聞いてどう思うのかは聞いている本人たち次第ですが、喋り方によっては敬遠されることもあります。

大した内容ではない場合も多い

そもそも武勇伝という話なのに大した内容ではないという場合が多いのが武勇伝の特徴でもあります。

例えば昔こういうことがあった!と喋っていても、今では普通のことなんだけれど、と思えば別に大した内容ではありませんよね?昔では考えられないことがおこって活躍をしたとなるとそれはとても凄い武勇伝です。

聞いている人もビックリしたり、凄いと思う人も多いでしょう。

ですが最近の若者はどんな事も皆と同じくらい経験をしていたりすることが多いです。

過去のことを自慢げに話しをしても今では普通ということにもなりかねません。

武勇伝を語る人が経験してきたことは、若者ももしかしたら経験を既にしてきている可能性もあるのです。

武勇伝を語るタイプの人の特徴


武勇伝と語るというタイプの人には必ず似たような共通点があります。

自分が大好きだったり、自慢話が好きだったり、自分中心だとも考えたりする人もいるでしょう。

自分自身を客観的に見ることができず、人の話を聞かないという特徴もあります。

この様に自分が大好きだという人は武勇伝を語りたがる特徴でもあるのです。

いろいろな人に「前にこんなことがあって」と話をする人は武勇伝を語る人が好きな可能性があります。

よく自分の話を持ち出したり、目立ちたいと思う人は武勇伝を語るタイプの人の特徴として当てはまります。

ではどのような特徴というのがあるのか具体的に見てみましょう。

武勇伝を今現在でも語ってきたという人は何か心当たりがあることもあるかもしれません。

1. 自分が大好き

自分が大好きだという人は武勇伝を語るタイプの人の特徴であると言えます。

普段から自分のことを一番に考えて、相手より自分が好きだという人もいるでしょう。

その様な人はよく自分のことを相手に知ってもらいたいという傾向があるので、つい武勇伝などを語りたくなるのです。

普段から自分の話をしつつ「自分はこういう所がある、自分は…」と言うような人は自分が好きで好きでしょうがないのです。

この様な人は常に武勇伝を語りたくなり、友人だけでなく、様々な人にも直ぐに語ってしまうというのが特徴です。

何故ならアピールポイントにもつながり、自分は凄いぞ!というイメージを相手に伝えることができるからです。

その様な人は自分が大好きという特徴が大きく出ると思います。

身近にもしかするといるかもしれませんし、自分自身がそうかもしれないという人もいるでしょう。

2. 自慢話が大好き

自慢話をとにかくすることが大好きです。

自分のアピールポイント、過去にこの様なことがあったなど、様々な人に伝えるというのが大好きなのです。

「自分はこの様な人で過去にこういうことしていて…」というような自己紹介の時でも過去の自分のことについてつい離すという人が多いのも特徴です。

よく自己紹介の時に「過去にこういうことしていました」と言う人がいると思いますが、自慢話が大好きだという人はそこから更に話しを続けるのです。

自己紹介や、友人達、家族にもこういうことがあってと喋りたくてしょうがないというような人達ばかりなので、いつも会話の内容は自慢話になってしまう傾向があります。

3. 世界の中心は自分

世界の中心は自分であるという認識を持っている人も武勇伝を語りたくなる特徴に当てはまります。

皆それぞれ個性というものがありますが、あまり世界の中心は自分だという考えを持つ人はいないでしょう。

「皆が中心だ」という人もいれば、「いいや私だ!」という人もいると思います。

自分が中心だと思う人は常に物事などを全て自分の思うがままにしてきたという意味でもあります。

例えば何かをしたいとなった時に友達と一緒に行動していて、いつも自分の行動が優先されるなど、その様なことでずっと大人になっても同じだという人は武勇伝を語りたくなる特徴というものがあります。

世界の中心は自分なんだと語る人ほど、武勇伝も同時に語るのではないかと思います。

4. 話を誇張する

話を誇張すると聞くとあまり意味を知らないという人もいるかもしれないので簡単に言うと、過去のことを大げさに話すということです。

その当時は大して変わらないと思っていたことを今現在で語る時は大げさに言うということです。

よく「こういう事があって…」と語る時に「壮絶なことがあったんだ!それは…!」と大げさに言う人いませんか?話を誇張するというのはこの様なことを言います。

武勇伝を語る時に少し話しを盛るということと同じです。

話を誇張するというのは、それほど相手に凄いと思われたいという証拠にでもなるので、相手の視線を常に気にしているのも特徴です。

自分でありたい、自分の武勇伝を聞いてもらいたいという気持ちから話が誇張してしまうということもあるでしょう。

5. 目立ちたがり屋

目立ちたがり屋な人も武勇伝を語りがちになります。

普段から自分を中心に見て欲しい、何か注目を集めたいという人はよく武勇伝を語る傾向にあります。

他の人が話しなどをしていてもこちらに注目を集めたく、こちらも話をするというようなこともあります。

あの人より私の方が優れていて凄いぞ!ということも伝えたいという気持ちから、直ぐに注目される行動をしがちになるのです。

過去の話の時はよく、1人で何かをした、成し遂げたということを聞くと思いますが、皆でというのではなく、1人でというととても凄いと思う確率が増えるのです。

そこから目立つように話をするという人もいます。

常に目立ちたがり屋の人は自分が中心でないと納得がいかないというのも特徴の1つです。

6. 周囲に尊敬されたい

目立ちたいという人はそれと同時に周囲から尊敬されたいという気持ちも強くなります。

これは周りの人の目を気にするということで、他の人達からマイナスな印象を与えたくないということから尊敬されたいという気持ちに変わり、武勇伝を語り始めるのです。

過去の話というのは自分自身の経験であり、とても誇らしいこともあるでしょう。

それを他の人に純粋に伝えたいという人もいます。

ですがそれだけではなく、周囲から凄いと尊敬されるために過去の話を言う人もいるのです。

尊敬されたいと思う気持ちから、その様なことを言うようになるのです。

武勇伝を語る人の中には、尊敬されたいから語るという人もいるのです。

7. 自分を客観的に見ることが出来ない

自分を客観的に見ることができないのも特徴です。

常に物事を自分の目線から見て自分の意思で答えるというような人は過去のことについて話す傾向があり、武勇伝を語ります。

基本的に周りからどう思われているか心配な部分もありますが、自分自身を周りから見るということをしないのが特徴になるのです。

なので常に誰かに武勇伝や過去の話をしたりします。

「この様なことがあって凄いだろ」と語る際に、その語る自分を見ないということなのです。

周りから尊敬はされたいと思っていても、客観的に自分自身を見るということができないのです。

8. 人の話は聞かない

人の話を聞かずに自分の好きなことをやるというのも武勇伝を語る人の特徴です。

常に自分の話をしているので人の話を聞かないという傾向があります。

また、仕事やアルバイトでも自分のことしか考えておらず、たまに注意されるという人もいるでしょう。

人の話は聞かないにも関わらず、自分の話は他の人に聞いて欲しいと思う人が多いのです。

少しワガママな様にも見えますよね?子供っぽいところもあるかもしれません。

その様な人は人の話を利かないで、自分だけのことを武勇伝として語る傾向があるのです。

逆に評価が下がっていくことに早く気付くべき

この様に武勇伝を話すという人には似ている特徴があります。

このそれぞれの特徴というのは逆に評価を下げているということにも繋がります。

人の話を聞かずに自分の武勇伝をひたすら話すという人は、相手からすると「自分中心でいつも自分の話ばっかだな」と思われても仕方ありません。

話し方というのも大事ですが、何より性格や自慢話などその様なことが多いという人は基本的に評価が下がっていると思っていてください。

そして誰かに話をしたいという気持ちがあるとは思いますが、時にはこらえることも大切です。

周りから尊敬してもらいたいにも関わらず、自分ばかりの武勇伝を言ったりすると相手から敬遠されても仕方ありません。

この様な性格というのは治すことは難しいでしょうが、気をつけることはできます。

回数を減らすという意味でも早めに気付くことが必要になるでしょう。

そしていつも話すのではなく、ほどほどに話すということが大事です。

自分のことばかり考えていて相手のことを考えていなかったという人もいるのではないでしょうか?気をつけるようにしましょう!

武勇伝を語る大人が若者から敬遠される4個の理由

武勇伝を語る大人が若者から敬遠される理由というものがあります。

それは先ほど言った性格の特徴と似ている部分もありますが、もっと具体的な理由があると思うのです。

例えば武勇伝を語るというのはいわば自己アピールをするということにもなります。

その自己アピールが過ぎると扱いがめんどくさいと思われてしまうからなのもあります。

また、その話をずっと聞かされたりしてしまうという人もいるでしょう。

「過去はこの様なことがあったと言って、では今はどうなんだ?」と過去のことばかり話をしていて、今は何もしていないという人もいるのではないでしょうか?その武勇伝を話されていても若者からすると「今努力していないなら意味ないのでは?」と思われるかもしれないです。

過去は栄光ですが今もその栄光があるのかという所を若者は見ます。

過去は過去、現在は現在と割り切るので、常に過去の話をしても意味がありません。

ではどの様な理由があるのでしょうか。

その理由を4個ほど見てみたいと思います。

1. 自己アピールが過ぎる人は扱いが面倒だから

自己アピールをするというのは自分のことを話しているということにもなります。

ですがその話す内容にも問題があり、扱いが面倒だという認識をされてしまいがりになります。

例えばずっとその話のことを言っていたりするという人もいるのではないでしょうか?どうリアクションすれば解らないという人もいるでしょう。

この様に扱いが解らない状態で面倒だという印象を相手に与えてしまうのです。

こちらはその様なつもりはないと思っていても武勇伝というのは自分について話す内容だと思います。

その時に相手のことを気にせずに自分のアピールだけを話すという人はとても面倒だと思いませんか?敬遠される理由の1つはアピールが過ぎるというところからもあるのです。

ずっとその話を聞かされる

同じような話をずっとしていたりしていませんか?例えば日をまたいでもまた同じような話を武勇伝として語っていませんか?その様な人は基本的に敬遠されたりする可能性もあります。

また、アピールというのは様々な方法でできると思いますが、自分のことの自慢話を何回もするというのは相手からすると「またこの話だ」と思われてしまい、尊敬されるかと思いきや評価が逆に下がってしまうかもしれません。

「最初は聞いていたのに」と思う人もいるかもしれませんが、何度も武勇伝について話すというところに問題があるのです。

常にその話を聞くというのは疲れますよね?相手も同じような考えを持っているのです。

ずっと同じ話というのは聞かされている側からすると疲れると思うので、ほどほどに話すというようにしましょうね。

どうリアクションしたら良いのかわからない

リアクションが取り辛いというのもあります。

どの様に反応をすれば良いのか解らないという時ですね。

例えば「凄い!」と言えばいいのか「それで他には?」と言えばいいのか返答は人それぞれだと思います。

ですが聞いている本人が仮にどうとても思っていなかった場合はどのように返答すればよいのか解りません。

いつも同じようなことを聞いていると逆に返答に困ってしまう場合もあると思います。

敬遠される理由の中にはこの様なリアクションという所にも問題があるのです。

それを聞いてどう返答すればよいのか解らない、同じ内容だけれどまた「凄い」と言って欲しいのだろうかというような考えが相手から出てくると思いますその様なことになった時に扱いが面倒と思われて敬遠されるというようなこともあるのです。

お世辞を言うのが面倒

お世辞を言うのがとにかく面倒だという人もいるでしょう。

「凄いですね」という言葉でも最初は本当にそう思っていたのかもしれません。

ですがこれがずっと続くとそろそろお世辞を言うのにも面倒になってくるのではないでしょうか。

同じような武勇伝が多くあり、似たようなことも聞いたとなると返答すらしたくなくなってしまいます。

扱いが面倒だと思われる部分はお世辞を言うのが面倒ということにも繋がるのです。

相手に話しをしてどうだった?と聞くことが武勇伝を語る特徴の人は多くあると思いますが、その時に相手も「面倒だ」と思うのは失礼だと思います。

なのでいつも「凄いですね」と軽く流す程度の返答をするのです。

武勇伝というのは語れば語るほど評価が下がってしまいます。

1個か2個ほどでも十分だというのに、様々な武勇伝があると武勇伝ではなくなり、相手からすると鬱陶しいというだけに変わる可能性もあるのです。

お世辞を言うのが面倒というのはもう話さないで欲しいというメッセージでもあるので、いかに早く気付くかということが鍵になります。

凄いと言われて喜んでいる姿に引いてしまう

武勇伝というのは昔の自慢話でもありますよね?その時に素直に「凄い」と言うと相手はとても喜びます。

その姿を見て引いてしまうという人もいるのです。

例えばどの様なことがあるのかというと、凄いと言われて喜んでいるのを見ると聞いた本人からすると「過去のことなのに今更喜んでどうする」というように思われてしまうのです。

武勇伝というのは、他の人に話すことで広まることもありますが、凄いと言われて喜んでいる姿を見ると少し引いてしまいます。

また話そうという気持ちになるかもしれませんが、相手は「もう別にいい」という気持ちでいっぱいいっぱいになっている可能性もあるのです。

2. 過去の栄光ばかり話して今努力していないから

過去の栄光というのはとても良いことです。

過去にこんな出来事があった、こんなことがあったと話すのは良いでしょう。

しかしながら大事なのは今現在はどの様になっているかということです。

「過去は凄かったら今現在はどうなの?」と思う人もいるでしょう。

「過去と同じように努力しているのかな?」と思う人もいると思います。

その時に武勇伝を語っている人が今でも努力しているのであれば敬遠なんてことはありません。

しかしながらその時に今は全然努力をしていないという人が武勇伝を語ると敬遠されてしまいます。

若者もそうですが誰しも過去の栄光というものは持っていて、今でもその栄光に近いような努力をしているかどうかを聞く人は注目します。

しかしその努力を今していない!となると若者からすると「え…」となるのです。

過去凄いことあったのに今ではこんな形なのかとガッカリする人もいると思います。

それほど過去の栄光というのは重要ですが、何よりも見るところは今現在なのです。

若者が敬遠してしまうという中には、武勇伝の時の過去ではなく、今現在を見ているという人もいるのです。

今の自分の現状を客観的に見ていない

今の自分の現状を客観的に見ていない人は多いです。

自分の現状の過去ばっかり話をしていると「今は?」と思うことが普通であり、相手はその今を大事にするのです。

過去の栄光だかと言って武勇伝を語りたくなる気持ちも解りますが、過去にずっとすがるという形ではなく未来、今を大事にすることが必要だと思います。

若者からすれば、過去は過去、今が大事だと思うので、過去の話ばかりすると敬遠されても仕方ありません。

逆に情けなく見える

逆に情けなく見えてしまうのもあります。

例えば過去の自慢というのはその時は凄いと思われますが、今では普通になっている場合もあるからです。

聞いている人から見ると過去は凄いのに今では、と逆に情けなく見える傾向があります。

これは常に相手の今を見ることを意識しているので、過去の話と今現在の状況を見比べるのです。

その時に逆に情けないなと感じる人は多いのではないでしょうか?老いているというのであれば仕方ありませんが、まだ若いのに過去のことばかり話をしていると情けなく見えますよ。

未来に対する努力の話がない

未来に対する努力が無いようにも思われるのです。

これは過去のばかり話をしていて、未来の話をしないという人に多いです。

今の現在は、今後はとその先も気になるのが武勇伝の特徴でもあります。

過去は過去、今は今なので過去の経験から今を見て、その先どうなるのかという話が無いというのが武勇伝を語る人の特徴なのです。

若者は今の現状やこれからのことを考えて生活をしています。

過去にすがっていてなおかつ、未来の話をしないというような人には敬遠されても仕方ないのです。

3. 大げさに聞こえる

全てが大げさに聞こえてしまうのも1つの理由です。

話を盛っているのではないかという疑いもかけられたりするのではないでしょうか?それは当然です。

過去の栄光ばかりの話を聞いてしまうと全てが大げさに聞こえてしまうからです。

本当にそうなのか?と疑問に思うこともあるでしょう。

相手から尊敬されたいと思い良くして言おうといった言葉などが、裏目に出ることが多いのです。

誇張しているように聞こえる

武勇伝を語る人の特徴の中に誇張して聞こえるとありましたが、大げさに聞こえるというのはまさに誇張して言っているのと同じことです。

例えば本当にそうなのかと思い他の人に聞くと話があわなかったりするなんてこともあるでしょう。

過去のことを大げさに言う人は常に自分をよくしようと言う傾向があります。

武勇伝も同じです。

常に大げさに言うという人は敬遠される可能性が高いでしょう。

どこまでが本当なのかわからない

どこまで本当なのかわからないというのもあります。

過去のことはその人にしか解らないことなのです。

ですがそれを嘘なのではないかという疑問にもなるのです。

本当にそうだったのか、真偽というのは当時その場にいた人にしか解りません。

若者はその様な疑問を抱いてしまうと本当にそうなのか?と思い始め嘘だと思うことが多いです。

なので武勇伝を多く語れば語るほど、相手はまた嘘の話かと思うことになるでしょう。

聞けば聞くほど白ける

聞けば聞くほど白けるというのも1つの敬遠される理由です。

同じような内容、似たような出来事、何回も聞いてしまうと飽きもきてしまい、白けてしまいます。

武勇伝を語りたくなる気持ちはあると思いますが、喋れば喋るほどマイナスの評価になっていくことに変わりはありません。

十分に注意することが必要ですが、若者からしていえば、白けていく一方から変わることがないかもしれません。

4. 人を見下しているように見える

過去の栄光というのは凄いことですが、それと同時に人を見下しているようにも見えます。

例えば私の過去はこうだったが、今の人達はというような人を見下すような言い方をするような人もいるのではないでしょうか?その様に見えるのも無理はないと思います。

他の人がダメで自分はできたということが武勇伝にも繋がるので、その様に思われても仕方がないことなのです。

偉そうに威張ってしゃべる人が多い

とても偉そうに喋る人が多いのも特徴です。

更に言うと威張って喋ることも多いのが特徴です。

例えば「こういう事があって凄いだろ?」と威張って喋るのではとてもマイナスなイメージを持つと思います。

普通に喋っている分にはまだ許せるという人もいるでしょうが、威張ると余計に偉そうに見えて敬遠されてしまう可能性が高いです。

自分のほうが立場が上だと暗に言われている感じがする

自分のことをよく思われたいという気持ちから上なんだと感じさせられることも多いのではないでしょうか?武勇伝を言う本人はそうでもありませんが、捉え方は人それぞれなのです。

仮に武勇伝について話をしてもこの人の方が立場上なのかと思われても仕方ありません。

武勇伝はほどほどに・・・!

いかがでしたか?敬遠される理由というのは武勇伝を語っている本人に原因があったのです。

武勇伝というのは過去のことを話すと思いますが、その時の態度や言い方でも印象が変わりますし、逆に武勇伝を言い過ぎると人から敬遠されるようなことを思われても仕方がないということなのです。

若者は武勇伝の話も聞きたいという人はいますが、基本的に数は多くないはずです。

数個だけでよいのです。

多く語りたいという気持ちがあると思いますが、その気持ちを抑えるようにして、武勇伝を語るようにしましょう。

1度きりでも相手にとって残るものは残ります。

性格などにも気をつけていくことで相手から敬遠されることも少なくなるでしょう。