CoCoSiA(ココシア)

武勇伝を語る大人が若者から敬遠される4個の理由


武勇伝というものをご存知でしょうか?武勇伝というのは、過去にあった出来事を手柄をたてたように話をするというものです。

「過去にはこんな事あって私は活躍した!」や「昔こういう事があってな…」と話す人もいるでしょう。

大人になるとどうしても武勇伝を話したくなりますよね?特にお父さんやお母さんは成長した息子や娘に対して「昔はこうだったんだよ」と自慢気に昔は可愛かった、かっこよかったというようなアピール話もするのではないでしょうか?この様な武勇伝を語る時、聞く人はどう思うのでしょうか?例えば家族間であるのであれば「そんなことあったんだ」というように驚かれるかもしれません。

よく昔話をしますよね?その時にも武勇伝を話すお父さんもいるのではないでしょうか。

また、他にも武勇伝を語る時に「そうなんだ」とあまり興味なさげに聞くという人もいます。

折角の武勇伝なのですから、自分が話す時は聞いてもらいたいですよね?近年では若者に対して武勇伝を話すと少し敬遠されがちにもなります。

あまり関わりを持ちたくないなと思わせることもあるでしょう。

そんな武勇伝を話しをしている時に敬遠されてしまうという4個の理由についてお話したいと思います。

つい最近武勇伝を語ったという人、何か心当たりがあるかもしれません。

武勇伝は話し方が大切

武勇伝というのは話し方でも印象があります。

例えば威張るように言う人と、あの時はと本当に昔のことについて思い出しながら言うというのは雰囲気が違いますよね?威張るような人の場合は普通の自慢話にしか聞こえず、何を聞いても「そうなんだ」と思うことが多いのではないでしょうか。

ですが本当に昔のことについて思い出しながら話すという人はその世界に入りきっています。

威張ったりもせずに、こういう事があったんだよと昔話のように語ってくれます。

どちらが好印象かというと後者の方が好印象ですよね。

語りかけるように教えてくれる方が、続きなども気になりますし、その武勇伝を聞いて他のことも聞いているのではないでしょうか?もっと他の話が聞きたいとも思います。

でも逆に前者の場合はどうなるのかと言うと、「早く終わらないかな」と少し敬遠されてしまう可能性があるのです。

威張って言うようなものではないだろうと思う人もいるでしょう。

話し方というのは1つ違うだけでも印象が違いますし、同じ文だとしても捉え方が違うのです。

武勇伝なのでこういう出来事で活躍をしたんだ!と話したくなる気持ちもあるでしょうが、その様な話し方をしてしまうと聞く相手は大げさに聞こえたりするかもしれませんね。

武勇伝を話したという人はこの様に威張ったり話をしたりしていませんか?十分に気をつけて話しをするようにしましょう。

武勇伝とは?


武勇伝というのはそもそもどういうようなものかご存知ですか?お笑い芸人の人がネタで使ってそこから流行ったというイメージもあると思います。

その根上の人の武勇伝を聞くとカッコイイと思ったり、凄い!と思ったりしますよね?基本的にはその本人の出来事の過去を話ししているという形で捉えて大丈夫です。

武勇伝というのは細かく見ると難しい意味にもなりますが、ここで言われる武勇伝は「昔、手柄を立てたお話しを皆に話す」という認識で良いと思います。

例えばこのことで昔は活躍した!と話をしたりしますよね?それも武勇伝の1つになるのです。

昔のことを話して時には自慢劇に話すという人もいるでしょう。

武勇伝の内容を聞いてどう思うのかは聞いている本人たち次第ですが、喋り方によっては敬遠されることもあります。

大した内容ではない場合も多い

そもそも武勇伝という話なのに大した内容ではないという場合が多いのが武勇伝の特徴でもあります。

例えば昔こういうことがあった!と喋っていても、今では普通のことなんだけれど、と思えば別に大した内容ではありませんよね?昔では考えられないことがおこって活躍をしたとなるとそれはとても凄い武勇伝です。

聞いている人もビックリしたり、凄いと思う人も多いでしょう。

ですが最近の若者はどんな事も皆と同じくらい経験をしていたりすることが多いです。

過去のことを自慢げに話しをしても今では普通ということにもなりかねません。

武勇伝を語る人が経験してきたことは、若者ももしかしたら経験を既にしてきている可能性もあるのです。

武勇伝を語るタイプの人の特徴


武勇伝と語るというタイプの人には必ず似たような共通点があります。

自分が大好きだったり、自慢話が好きだったり、自分中心だとも考えたりする人もいるでしょう。

自分自身を客観的に見ることができず、人の話を聞かないという特徴もあります。

この様に自分が大好きだという人は武勇伝を語りたがる特徴でもあるのです。

いろいろな人に「前にこんなことがあって」と話をする人は武勇伝を語る人が好きな可能性があります。

よく自分の話を持ち出したり、目立ちたいと思う人は武勇伝を語るタイプの人の特徴として当てはまります。

ではどのような特徴というのがあるのか具体的に見てみましょう。

武勇伝を今現在でも語ってきたという人は何か心当たりがあることもあるかもしれません。

1. 自分が大好き

自分が大好きだという人は武勇伝を語るタイプの人の特徴であると言えます。