デート場所でがっかりしちゃう場所18選のイメージ写真
デートでは、素敵なところで思い出に残るようなことをしたいですよね。

しかし、そんな素敵なデートを楽しみたいはずなのに、デート選びの場所に失敗したために相手をがっかりさせてしまうなんて事はありませんか?

デートのスポット選びはデートでは欠かせないポイントになります。

そのため、相手を嬉しくさせたり、またがっかりさせちゃう場所になったりしてしまうことも考えられます。

このように、デートの場所選びで2人が喧嘩をしてしまわないよう、失敗例やNGスポット、またおすすめできないスポットをあえてご紹介していきます。

こんなデートスポットを選んでしまった場合、相手をがっかりさせちゃうかも?と感じる場合、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

️デートでがっかりしたことある?

デートをしていて、あなたはがっかりしたことがありますか?

例えば、男性の場合彼女の買い物時間が長すぎてショッピングモールには二度と行きたくないと思ってしまったり、女性の場合、男性に連れられて野球観戦に行ったけどルールが全くわからずつまらなかったなどと言う意見もあります。

このように、少なからず恋人とのデートでがっかりした事はありますよね?

ここからは、デートでがっかりしてしまった失敗例など、デートであまりおすすめできない項目をあげていきたいと思います。

デートでがっかりすることがないよう楽しいデートができるよう、ぜひ参考にデートプランを考えていきましょう。

️恋人には言えない!デートでがっかりしちゃう場所18選

デート場所でがっかりしちゃう場所
いざ、大好きな恋人とデート行こう!と言う話になり、連れてこられた場所がとってもがっかりした場所だった…。

なんて経験がありませんか?恋人には言えないけど、デートでがっかりしちゃう場所を15カ所お伝えしていきます。

もし、あなたが恋人を喜ばせたいでと考えるのであれば、きちんとプランを考え相手のことを考えたデートプランのないようにしていきましょう。

好きな人に対してはなかなか本音は言えないものです。

本音を言うことで喧嘩になることを避けたいと感じるため、自分ががっかりしていたとしても、嫌な顔せず恋人とのデートに付き合ってくれることでしょう。

しかしそんなことが続いてしまえば、恋人とのデートもつまらないものになってしまいます。

そうならないためにも、デートでがっかりさせないプランをしっかりと考えていきましょう。

ファミレス

素敵なデート心に思い浮かべ、連れてこられた場所がファミリーレストランだった場合、とてもがっかりさせてしまうことでしょう。

デートプランを練る前に、きちんとファミリーレストランへ行きたいと言う気持ちを伝えとくと、突然デートの時に連れて来られるよりかわいいかもしれません。

ファミリーレストランが悪いと言うわけではなく、おいしいご飯を食べたいのにファミリーレストランだったと言う場合には残念な気持ちが残りそうです。

このように、あらかじめファミリーレストランに行こうと言う気持ちを伝えておくことで、相手も心構えができます。

突然行く事はやめてデートの内容を決める時に、できなく「ファミリーレストラン行かない?」と伝えてみるといいかもしれません。

牛丼屋

確かに、男性は1人で牛丼屋にも入ることができます。

しかし、女性はなかなか牛丼屋へ入ることが苦手な人もいます。

牛丼屋は友達や家族等とワイワイ賑やかに行きたいものです。

しかし、安くてうまいお店に恋人とは行きたいと思いません。

むしろ、いつでも食べれるような牛丼屋はかなり安価なイメージもあり、恋人にあまりお金を使いたくないのかな?などと感じてしまうことも考えられます。

牛丼屋は、あくまでも友達と行くようにして、恋人とのデートプランには組み込まないほうがいいと言えるでしょう。

また、丼物は女性が食べにくいことも考えられます。

女性が食べやすく、見た目にも良いようなレストランへ行きましょう。

ファーストフード店

デート場所でがっかりしちゃうファーストフード店
確かに、ファーストフード店は入りやすく友達と行く場合にもリラックスしてついつい長居をしてしまいやすいお店になります。

しかし、毎回恋人とのデートがファーストフード店であれば恋人はがっかりしてしまうことでしょう。

いくら、ファーストフードが好きだといえども、毎回ファーストフード店のハシゴであれば、愛情を感じられなくなる場合があります。

このように、ファーストフード店は気軽な気持ちで訪れたいため、恋人とはあまり行きたくないと感じるようです。

やはり、ファーストフード店よりおいしいランチが食べられるようなレストランがオススメになります。

あなたがどうしてもファーストフード店に行きたい場合、デートプランを練る時に恋人に一言「今回のデートのお昼は、ファーストフードでもいい?」などと一言聞いておくと親切かもしれません。

また、相手が良い反応示さない場合、たとえNOと言わなくてもファーストフード店はやめておきましょう。

大衆居酒屋

大衆居酒屋は、もはや男同士で行く場所になります。

そのため、男性が多い居酒屋に女性を連れて行くことで、女性は自分が女性として扱われてないんじゃないか?と感じてしまうようです。

そのため、気の許せる友達や家族と行く場合には構いませんが、恋人を連れて行く場所とはなりませんよね?

大衆居酒屋行くことで、ロマンチックな雰囲気や恋人とのムードの感じられる場所を選びましょう。

確かに、大衆居酒屋なら気を遣わずワイワイガヤガヤ楽しくお酒を飲める雰囲気はありますが、あまりデートむきにはなりません。

恋人から大衆居酒屋行きたいと言う場合は別ですが、あなたから大衆居酒屋へ積極的に行く事は控えるようにしましょう

ネットカフェ

2人がデートでネットカフェをよく利用するのであればネットカフェもいいかもしれません。

しかし、毎回デートコースがネットカフェではつまらないでしょう。

たまに行くネットカフェなら楽しめますが、毎回デートに迷えばネットカフェへ連れて行かれては、ロマンチックなムードすらありません。

2人が楽しめることを第一に考えて、ネットカフェばかりではなく2人がデート楽しく過ごせる考えていきましょう。

いつもデートコースに迷い、ネットカフェに行っている場合いつもデートコースを止めて、他のデートプランを考えてみるようにしましょう。

ゲームセンター

ゲームセンターもネットカフェと同じように、たまに行って遊ぶ分には楽しいですが、毎回同じデートコースにゲームセンターが入っていれば恋人もつまらなく感じてしまうことでしょう。

さらに、ゲームセンターで2人で楽しめるゲームではなく1人で楽しむゲームをしているのであればそれも良くないデートコースになりそうです。

このように、ゲームセンターをデートコースに選ぶ事は悪い事ではありませんが、それが毎回続いたり、2人で楽しめないような利用の仕方であればあまりオススメできるデートコースではありません。

まずは、2人で楽しめるデートコースを考えましょう。

作品選びのセンスがない映画館


偏った内容の映画や、マニアックな映画の作品ばかりが並ぶ映画館に行くデートは、おそらく楽しめないデートになりそうです。

最近話題の映画や、2人が見ていて心温まる映画など素敵な作品の映画館は素敵なデートコースになりそうです。

しかし、作品選びのセンスがない映画館行くことで、2人の喧嘩の元になったり、なぜこの映画館を選んでしまったのか?など、2人が嫌な気分になりそうです。

そのため、映画館の情報をしっかりリサーチしておくことと、あまりマニアックな古い映画館や作品選びのセンスがない映画館を選ぶ事はやめておきましょう。

2人の気持ちや心温まる映画を見ることで、より2人の心の距離が縮まるのです。

そのために、映画デートでの作品選びは重要なポイントになります。

興味のないスポーツ

興味のないスポーツ観戦は、相手にとっては苦痛になります。

そのため、片方の意見だけで「楽しめるから!」「面白いから!」など自分の意見だけを押し付けないようにしましょう。

さらに、相手に興味のないスポーツと分かっていれば、無理に楽しもうとせず誘わないほうが賢明です。

もし、あなたがどうしてもやりたいスポーツに行きたい場合1人で行くか、気の合う友人と一緒に出かけるのが無難でしょう。

このように、恋人とのデートで相手の興味のないスポーツに誘ってしまうことにより喧嘩の原因になってしまうことが考えられます。

興味のないスポーツは相手にとっては苦痛の時間になります。

あなたに置き換えて考えてみてください。

あなたが全く興味のないスポーツスジムに連れてかれていたところで、何も楽しめないのと一緒です。

ボルダリング

最近流行のボルダリングですが、実際にやったことがない人や興味のない人にとってはやはり苦痛になります。

また、ボルダリングは全身を鍛えるスポーツの為、翌日筋肉痛になるのも辛いですよね。

お互いに興味がありボルダリングを始めるのであれば何の問題もありません。

ですが、相手に全く興味がないのにもかかわらずボルダリングに誘ってしまうのはあなたの思いを押し付けてしまっていることと同じになります。

このように、ボルダリングに誘いしぶしぶ恋人がついてきてくれたところで、あなたが1から恋人を指導しなければいけないのと自分がボルダリングに集中できないところもあります。

そのため、恋人に対してイライラしたり恋人もなんでこんなところに連れてこられるんだ?とイライラすることになりそうです。

サーフィン

サーフィンは見栄えが良くかっこいいスポーツになります。

しかし、サーフィンにハマれば魅力が分かりますが、全く興味のない人からすれば見ていることすら苦痛になります。

そのため、サーフィンを始めるにしても道具代がかかったり続けなければ上達はできません。

そのため、なかなかサーフィンを一緒に始めても天候に左右されたり、サーフィンばかりに時間を取られ楽しいデートができないなんてことも考えられます。

このように、サーフィンは天候や状況によりできないことも考えられます。

さらに、波に飲み込まれでは命に関わる危険性も当然出てきます。

水遊びすらしたことがない恋人サーフィンに誘うのは、命の危険性にも関わるかもしれません。

このように、あなたが大好きで進めたいスポーツも、相手にとっては全く興味がなければ楽しめないのかもしれません。

さらに、サーフィンを楽しいからといって恋人とのデートがおろそかになり1人でサーフィンを楽しむこともお勧めできません。

スノボ

スノーボードも、サーフィン同様お金のかかるスポーツになります。

また、レンタルなどを使えば少々予算が抑えられることも考えられますが、全ての道具を購入する事になればしっかり頑張りたいと思う人もいるのではないでしょうか?

また、冬並みのスポーツになりますので冬になると毎回スノーボードに連れてかれては、全くスノーボードに興味がない人からすれば苦痛でしかありません。

そのため、滑れないにも関わらずスノーボードが楽しいと推し進めることにより相手に骨折させてしまったなどと言うことも考えられます。

スポーツに興味のない人は、スポーツが苦手な人もたくさんいるのです。

あなたの趣味や楽しみを相手に押し付けるのはやめておきましょう。

また、2人で楽しめるスポーツを考えてはいかがでしょう?

ゴルフ

当然ゴルフもお金のかかるスポーツになります。

また、サラリーマンの方たちは接待なのでゴルフに関わる機会があるかもしれません。

そのため、ゴルフの魅力や良さを知ることができそうです。

しかし、ゴルフに全く興味がない人からすれば、あまり楽しめるスポーツとは言えません。

さらに、自然相手や野外でのスポーツは女性の大敵である紫外線もサンサンと降り注いでいます。

そのため、日焼けしたくない女性にとっては外でのスポーツはかなりの苦痛になります。

また、普段外でスポーツをしない女性にとっては体力がないため、長時間野外でのスポーツをしたために体にストレスを与え体調崩してしまうことも考えられます。

このように、あなたの好きなスポーツを無理矢理相手に進めることで、2人の喧嘩の原因になってしまう事はよく分かりいただきましたね?

興味のないスポーツ観戦


さらに、興味のないスポーツから、興味のないスポーツ観戦へと移ります。

見るのとやるのとは全く違います。

しかし、興味がないスポーツは見てもやっても興味はありません。

そのため、興味がないスポーツ観戦に連れていかれることで、スポーツ観戦する時間が苦痛になってしまいます。

あなたが普段テレビで見ているスポーツ観戦も相手からすれば全く興味のないスポーツ観戦で、むしろ「早くチャンネル変えて欲しい。」とまで思われてるのかもしれません。

このように、興味のないスポーツ観戦を見せられることにより、相手は苦痛の時間を過ごすことになりまた、その苦痛が間で2人の喧嘩の元になる事は十分にあります。

興味のないスポーツ観戦はおうちデートの時にも観戦しすぎることに注意をしましょう。

野球観戦

スポーツ観戦でやはり1番多いのが、野球の観戦になります。

女性の場合、野球のルールをあまり知らない人も多いため、スポーツを観戦していても意味がわからないと思ってしまうことも多いのではないでしょうか?

野球観戦でかなり盛り上がり、家で大声を出してしまったり興奮したりしている姿を見ても、「全く意味がわからない。」など思ってしまいますよね。

確かに、野球観戦をして熱い気持ちになるのはわかります。

しかし、興味のない相手からすれば野球のどこに面白さを感じるのかがわかりません。

そのため、野球のルールを知らない人にとってはただの苦痛でしかありません。

このように、野球観戦も1人で盛り上がってしまうスポーツ観戦であれば見ない方が良いでしょう。

もし、家のテレビで野球観戦をしたい場合、録画しておくことをおすすめします。

ラグビー観戦

ラグビー観戦も野球観戦と同じように、相手がスポーツのルールや意味がわかっていなければ全く面白くない観戦になりそうです。

たとえあなたがラグビー観戦が好きで、高校や大学時代にラグビー選手として活躍していてルールをよくわかっているのであれば、ラグビー観戦も楽しいでしょう。

しかし、昔からラグビーに関わってこなかった人や、ラグビーのルールなどがならない場合どのように楽しめばいいのかすらわかりません。

そのため、ラグビー観戦したいのであれば気のおける友達や仲間と一緒にラグビー観戦をしに行くことをおすすめします。

2人で楽しめるデートスポットを考えるのであれば、自分1人が楽しめるデートスポットをお勧めするのではなく、2人が仲良く楽しめるデートプランを考えていきましょう。

プロレス観戦

プロレス観戦は、殴り合いや出血が出る場合もあります。

そのため、血を見ると気分が悪くなってしまう人もいる事でしょう。

そのため、プロレス観戦には必ず相手の興味がなければやめておくようにしましょうね。

男性の場合プロレスを見ることでストレス発散する人もいるようです。

しかし、女性の場合殴られるシーンや蹴られるシーンを見て、すかっとはしないようです。

このように、男性の捉え方や女性の捉え方にも違いが残ります。

そのため、2人でプロレス観戦を楽しめるカップルであれば最高のデートコースになりますが、1人しか楽しめないデートコースなら、やはりやめておくと良いでしょう。

プロレス観戦は、興味があるないはっきり解りやすいところもありますので、興味がない場合やはりその時間が苦痛の時間になります。

このように、プロレス以外にも様々なスポーツ観戦をデートコースに組み込む場合、必ず相手の意見を尊重し取り入れるようにしてください。

それが、2人がいつまでも仲良くいられる秘訣なのかもしれません。

カラオケ(音痴の場合)


カラオケがすごく上手な相手と行けば、かなり盛り上がるでしょう。

しかし音痴な人とカラオケに行ったり、自分の知らないアニメソングばかり歌う人とカラオケに行ったり、男性が女性のアイドルの歌を歌いまくるカラオケは、デートで行っても気が引けます。

カラオケで音痴と知っていて行く場合も同様です。

カラオケで音痴な姿を恋人に見せてしまうことで、引かれてしまうことも考えられます。

カラオケが得意でとても歌がうまい形であれば一緒にデートを楽しめそうですが、相手が音痴の場合無理矢理カラオケに連れてくのはやめておきましょう。

嫌な気持ちばかり先行し、歌も歌えずあなたの歌をずっと聞く羽目になりそうです。

そうなれば、相手にも苦痛の時間になりますので、お勧めはできません。

相手の趣味の店

相手のことを優先しすぎたあまりに、相手の趣味の店に行くデートコースおすすめはできません。

基本的に、デートコースを考える場合、2人で楽しめることを中心に考えていかなければなりません。

どちらかに興味が偏ったデートコースであれば必ずどちらかが苦痛になります。

そのため、相手の趣味の強いデートコースに連れていかれることで喧嘩の原因になる事はもちろんあなたとのデートすらしたくないと思われるかもしれません。

あなたの趣味の店や、相手の趣味の店はお休みの日に友達と行くか1人で行くことをおすすめします。

また、相手の趣味が偏った店にことで、全く興味がない態度を示してしまうことで、相手が気分を害してしまうことも考えられます。

このように、2人が仲良くいられるデートコースを考える場合、相手の趣味の店はおすすめできません。

お寺

最近、お寺巡りをするカップルが増えています。

さらに、パワースポット巡りや縁結びの神様がいる神社やお寺を回る人も多くいるでしょう。

このように、2人が楽しめていけるお寺や神社ならデートコースにぴったりですが、歴史好きの彼氏や、歴史好きの彼女のためにお寺巡りをするのはおすすめできません。

相手の興味の偏ったデートコースや場所は、やはり連れていかれる相手の靴になります。

そのため、どれだけガイド並にお寺の良さを恋人に伝えたところで、その歴史のことを知れても興味がわく事は無いかもしれません。

さらに、無理矢理お寺へ連れてかれることで相手が苦痛に感じることも考えられます。

やはり興味がないところへ連れていかれると言う気持ちになれば、ほぼ強制に近い形になりますので相手は苦痛に感じることでしょう。

何もない公園


特別何があると言うわけでもない、平坦な公園がデートコースの場合、相手は「なぜ、こんなところに連れてこられたのだろう?」と言うふうに感じてしまうことでしょう。

さらに、何もない公園はほんとに何もないので、楽しむことができません。

さらに、公園では何をしたいのかがはっきりしませんので無駄に遊具で遊んだり、恋人がブランコをこぐ姿にちょっぴり引いてしまうことも考えられます。

このように、デートコースで何もない公園連れてこられたところで本当に何もすることがありません。

もっとデートコースに入る場合は楽しめる公園を選んだり、またデートコースに公園はあまり向いてないのかもしれません。

中学生や高校生、また休日にゆっくり話がしたい場合など講演はデートコースとしては最高ですが、特に何もない公園がデートコースのメンイになってしまっていては残念なデートコースになりそうです。

パチンコ

2人がパチンコ楽しめる場合、パチンコデートはオススメになります。

しかし、自分がパチンコに行きたいからと相手を誘う事はやめておきましょう。

やはりお金がかかることと、興味がないパチンコ台に座らされたところで、全く楽しめる意味がわかりません。

パチンコをしていて楽しい人は、パチンコがしたい人です。

パチンコしたくない人がパチンコをさせられていても苦痛の時間でしかありません。

また、ギャンブルが好きでない恋人に対しパチンコをお勧めすることもやめておきましょう。

2人が楽しめるデートコースを選ぶことで、お互いの気持ちを尊重し合うことにつながります。

どちらか片方だけの意見に偏り、デートコースを選ぶのであれば、それは相手の押し付けなのかもしれません。

競馬場

パチンコ同様、競馬場も同じです。

ギャンブルが嫌いな人にとっては、苦痛でしかありません。

確かに、競馬場ではきれいな場所や設備が整った場所も多いため、子ども連れで訪れる人も最近は増えています。

しかし、興味がない人が競馬場連れてこられても、建物や設備の良さは素敵に思うかもしれませんが、競馬の内容やお金をかけることに対して、楽しめないかもしれません。

さらに、負けてしまうことでお金もなくなりますので喧嘩の元になりそうです。

このように、2人が楽しめないデートコースに無理矢理連れて行くことで、喧嘩の元になる事はもちろん楽しめない時間が苦痛になってしまうことよく頭に入れておきましょう。

このように、興味のないデートコースにあなただけの意見を入れることで相手は、あなたに振り回されていると感じることもありそうです。

ラーメン屋


デートと言っても色々な関係があるはずです。

付き合いたてのカップルもいれば、既に10年付き合っている人たちもいる事でしょう。

だからこそ、どこが良くてどこかダメとは言い切れない部分もあります。

けれど、その中で女性に人気の無い場所があります。

それがラーメン屋です。

女性であったとしてもラーメンは食べるはずです。

一番好きだという人がいたとしても不思議ではありません。

けれど、それがデートに向くかどうかと聞かれると、別の話です。

『デート』というカテゴリーで考えると、どうしてもラーメンはラフすぎてしまうのです。

ラーメンが悪いと言うわけではありません。

あくまでも、周りの持つイメージとデートに対するイメージが違っているのです。

その違いを埋める事が出来ない場合には、デートスポットとしては不評につながるでしょう。

チェーンの中華屋

チェーンのの中華屋さんの場合、値段がリーズナブルになります。

だからこそ、お金に限りのある学生などにとってはとても良いデートスポットでしょう。

けれど、社会人になるとどうでしょうか。

もう少し良いお店に行ってみたいと思う事もあるかもしれません。

デートでも、年齢に合った場所というものがあるのです。

だからこそ、いくら味がおいしい・安く早いというメリットを感じていたとしても、それを彼女が求めているかどうかは分からないのです。

少なくとも、記念日や誕生日などには使用しない方が良いかもしれません。

毎回どちらかの部屋

デートの回数が増えていくと、お互いに行きたい場所も少なくなってきます。

どちらかが多忙の場合も、既にお店がやっていないという事もあり、ついつい家でのデートが多くなってしまう場合もあるでしょう。

家デートが好きな人にとっては、それも楽しい事でしょう。

ですが、たまにはデートらしいデートがしたいと相手が思っている場合には、その中で何度も家デートを繰り返していくうちに嫌な気持ちにさせている事もあるかもしれません。

どうしても家デートが多くなってしまう場合には、きちんと予定を組んで家では無いデートも重ねて行きましょう。

つい楽だからと言って家デートばかり繰り返していると、いつの間にか愛想を尽かされてしまうかもしれません。

️デートの場所選びでNGなこと

こちらでは、デートコースの場所やデートの場所選びにはお勧めできないNGなことをお伝えしていきます。

あなたが良かれと思って選んだことでも、相手にとっては全く良くないことも考えられます。

そのため、2人が楽しめることを中心に考えていく事はもちろん、片方の偏った興味だけにデートコースを選ぶ事はやめておきましょう。

まずは、デートをする前に2人でデートに行きたい場所等のプランを決めておきましょう。

あなた1人で単独で決めておくこともちろん、デートの場所で2人が楽しめることを中心に考えるようにするといいかもしれません。

定期内で済ませようとする

学生のカップルやお金がないカップルにありがちな定期券で行ける範囲のデートをしようとするのはやめておきましょう。

やはりお金をかけたくないということが念頭にあるため、バスや電車の時間等に合わせないといけなければなりません。

さらに、時間だけでなく限られた場所に殺されるためそこからは徒歩で目的地まで向かったり、道に迷ったりしてしまうことも考えられます。

お金がないと言うことで、定期券を使用しその範囲以内で、ケチったデートにしても楽しむことができないでしょう。

自分の趣味の押し付け


何度もお伝えしていますが、自分の偏った趣味の押し付けや、自分が楽しめれば相手も楽しめると言う変な考えは捨てておきましょう。

あなたに興味があるから楽しめると言うのは、勝手な想像かもしれません。

また、いちど自分の趣味に付き合ってほしいと言う気持ちがあるからこそ誘いたいのはよくわかります。

しかし、相手が興味がないにもかかわらず無理矢理連れて行くことで、より2人の関係に溝ができてしまうことも考えられます。

もし、あなたの趣味に相手を突き合わせたい場合、相手の気持ちを最優先に相手があなたの趣味に付き合ってあげると言ってくれた時だけにしましょう。

また自分の趣味に付き合って欲しいからと何度も相手を誘うこともやめておきましょう。

何度も同じ場所に行く


同じ場所へ何度もデートに行くことで飽きる事は目に見えています。

さらに言うなれば、何度も同じ場所に行くことでレパートリーの少ない人にも感じられます。

お互いがその場所が好きで何度も行く気持ちはわかります。

しかし、何度も同じ場所に行く事で、マンネリ化しやしくなります。

さらに、デートで迷ったらその場所が定着してしまいますので、なかなか他へ行く事すら面倒になってしまいます。

そうなると、2人のマンネリ化がデートコースのマンネリ化に重なり、2人が新鮮でいられることもなくなります。

何度も同じ場所に行くことで2人にとって新鮮味がなくなり、楽しくないデートコースになってしまいます。

ノープランでぶらぶらする


デートコースで、最も重要なのがデートプランです。

そのデートプランをノープランでぶらぶらしてしまうと言う事は、行き当たりばったりと言うことになります。

知った土地での行き当たりばったりは応用ができますが、行ったことのない土地でノープランをしてしまうと、喧嘩の原因になります。

お互いが、ノープランでブラブラしてしまうことに腹が立ち、また楽しめないことも考えられます。

もし、ノープランでぶらぶらするのであれば、知った土地でブラブラすることをお勧めします。

【デートプランで困った時のおすすめプランは、こちらの記事もチェック!】

場所は違くても同じような内容

デートが何度も続く事によって、マンネリ化してしまう事はある程度は仕方のない事です。

最初は楽しかった場所も何度も行くうちにつまらなくなってしまう。

そんな事もあるでしょう。

大事な事は、出来るだけ同じ内容を続けない事です。

何度も同じことをしていれば、飽きていくのは当然です。

けれど、その頻度が近ければ近いほど、飽きるスピードも速くなっていくのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも、出来るだけローテーションのバリエーションを作るように意識してください。

そうする事によって、気持ちを変える事が出来る場合もあります。

相手に聞いてばかりで考えない

デートの場所を考える事は意外と大変です。

相手が喜びそうなところ。

二人が楽しく過ごす事が出来る場所など、考えれば考えるほどどこかいいか分からなくなってしまいます。

そんな時、一番やってはいけない事があります。

それは、相手に決めて貰う事です。

自分が考える事を止め、相手に意見を聞く行為は一見優しいように見えるかもしれません。

ですが、単純に自分が面倒な事を相手に押し付けているだけなのです。

最初は優しさだと受け入れていた女性側も、次第にその事実に気が付き嫌な気持ちになるはずです。

面倒な事こそ、率先して行動して男を見せましょう。

もし、どんなお店が良いか分からない場合には友人に聞いたり、本を見たりしてみても良いかもしれません。

それが必ずしも良い場所に出会う事が出来るかどうかは分かりませんが、何もしないでいるよりは確実に成長がみられるはずです。

相手に頼る行為は、優しさに見えるからこそたちが悪いのです。

自分自身の成長の為にもきちんと行動につなげていきましょう。

デート代をケチりすぎる


お金を大事にする事が悪い事ではありません。

けれど、ケチと節約化は違うはずです。

ケチの人は周りの人に迷惑をかけている場合が多々あります。

そのせいで多くの人や嫌な気持ちになてしまっているのであれば、それは辞めるべきでしょう。

デートの中で、デート代をケチられると女性はどう思うでしょうか。

よほど心の広い人ではない限り、確実に嫌な思いになるはずです。

その思いが蓄積していく事によって、結果的に二人の関係が悪化する事も多々あります。

それではまさに本末転倒です。

もし相手と仲良くやっていきたい気持ちがあるのであれば。

ある程度は考えて行動するべきでしょう。

お金が無いならないなりの行動があるはずです。

わざわざ見栄を張らなくても、楽しいデートにする事は出来るはずなのです。

なんでもお金で解決しようとせずに、自分の中にあるアイディアを駆使してみてはいかがでしょうか。

交通の便を考えない

目的の場所がどんなに魅力的でも、そこに行くまでにあまりにも大変な道のりが待っているようでは行くまでに気持ちが覚めてしまいます。

疲れ切ったからだでは楽しむ事も出来ないでしょう。

そればかりか、二人の関係が悪いものになってしまうかもしれません。

だからこそ、そうならないようにする為にも、ある程度は利便性を考える事も重要です。

相手の喜ぶ顔が見たいからこそ、ついつい無理をしてしまう事もあるでしょう。

自分としては大事にしているつもりで、特別な場所を用意しているのかもしれません。

ですが、それがありがた迷惑になってしまう場合もあります。

山登りのように、行く過程事態が楽しみの一つなのであればそれはそれでいいのかもしれません。

ですが、そうでは無く単なる交通が不便というだけではデートに向いている場所だとは言えません。

相手の事を考えるのではあれば、より行き易い所を探す事が重要です。

クーポンや優待券で選ぶ

最近では、アプリなどを利用する事によって、多くのお得なものを堪能する事が出来ています。

クーポンや優待券を使用する事によって、普段いく事が出来ないお店に足を運ぶ事だって出来るようになる事もあるのです。

それは決して悪い事ではありません。

ですが、それを一人で決めて行動している事に問題があるのでしょう。

一緒に行きたいところを決め、クーポンを探すのであれば何ら問題はないはずです。

問題になるのは、クーポンがあるからこそお店を決める事でしょう。

安いからこそ、いく。

それが繰り返される事によって、彼女としては大事に思われていないような錯覚に陥ってしまうのです。

勿論、お金が全てではありません。

少ないお金で目一杯楽しむ為には、クーポンや優待券を利用する事も悪い事では無いはずです。

ですが、そうは言っても、毎回毎回それを出されているとむなしい気持ちになるのも分からないではありません。

女性はどうしても自分を特別に思って欲しいものなのです。

だからこそ、いつも安く済まされている事に嫌な思いをする女性も多くいます。

もし、クーポンや優待券を使用したいと思う場合には初デートではやめてください。

また段々と相手との関係が深くなってきたら、相談という形で提示してみるのが良いのではないでしょうか。

勝手に暴走する事は避けてください。

とにかく歩く距離が長い

男性と女性では、そもそも体のつくりが違います。

体力も違っていれば、歩幅だって違うはずです。

だからこそ、自分の感覚ですべてを決めてしまうと女性が疲れてしまう場合もあります。

男性がちょっと疲れるなと思ってしまった時には、女性はものすごく疲れている。

そう思っていてください。

勿論、歩く事が好きな女性だっているはずです。

長く歩いたからといって、全ての人が期限が悪くなるという事も無いでしょう。

けれど、ここで注意して欲しい事があります。

それは、女性の服装です。

多くの女性は、デートに合わせておしゃれをするものです。

人によっては高いヒールを履いている事だってあるでしょう。

それを履く事によって、足が長く見えよりスタイルが良く見えるのですから、履きたい気持ちもよく分かります。

けれどヒールは決して歩きやすいものでは無いのです。

ヒールはあくまでも見た目重視です。

いくら見た目が可愛くても、ヒールで山登りは出来ません。

だからこそ、何も聞かされずにデートに来ていきなり沢山の距離を歩かされてしまうと、女性としては困惑してしまう事もあるのです。

足がマメだらけになれば、気持ちもどんより下がってしまう事でしょう。

それでは楽しいデートにはなりません。

もし、長い距離を歩く事が予想されているのであれば事前に彼女にきちんと伝えておきましょう。

もし自分の感覚で分からない場合には、歩く距離を本人に伝えてみても良いかもしれません。

そうする事によって、自分自身で判断して貰うのです。

どんなに距離があったとしてもヒールで良いと思うような人であれば、それが文句につながる事は無いはずです。

大事な事は、勝手に決めるのではなく、相手の意見を尊重する気持ちなのかもしれません。

元恋人との思い出の場所

お店や場所に罪はありません。

どんな思い出があろうと、そこが素敵な場所には変わりないはずです。

既に経験しているからこそ、そこの良さに気が付くことが出来る場合もあるはずです。

『また来たいと思っていた』その気持ちに嘘はないのでしょう。

ですが、それは時に彼女を傷つける事となります。

どんなに素敵な場所だったとしても、元恋人との思いでの場所に連れて行かれる事はなんても複雑なものです。

人によっては、それを想像するだけで悲しい気持ちになってしまう事だってあるでしょう。

いくら素敵なお店だったとしても、その素敵ささえ気が付く事が出来なくなってしまうのです。

勿論、改めて元恋人との思い出を語る必要はありません。

だからこそ、バレる事など無いと思う人もいるのです。

けれど、女性の第六感を侮ってはいけません。

どこかで必ずおかしいと気が付いてしまうものなのです。

そうなってしまうと、結果的に相手を悲しませるばかりか隠そうとしていた事によって更に喧嘩になってしまう事もあります。

相手の為にした事で、もめてしまっては意味がありません。

だからこそ、そうならないようにする為にも、出来るだけ思いの店は避けましょう。

また、自分が思い出が無いとしても相手がそこに思い出を持っている場合もあります。

だからこそ、サプライズをしたい気持ちも分からないではありませんが、出来るだけ様子を見つつ相手の反応を見ながらお店を見る事をお勧め致します。

お店や施設の予約をしない


もし、相手を喜ばせようと流行りの場所に行く場合には注意が必要です。

それは混雑です。

今話題のスポットにいけば行くほど、混雑しているものです。

それはどうしようも無い事のはずです。

人によっては、そんな混雑すら楽しむ事が出来る場合もあります。

二人が一緒に居るだけで楽しい。

そんな時期が誰にでもあるものです。

そんな状態であれば、待っている時間すら素敵なデートになるはずです。

けれど、ここで注意が必要です。

いくら待つ事が苦手では無いと言っても限度があるという事です。

余りにも長い時間待ち続けると、次第に空気が重くなてしまう事もあるでしょう。

ましてや、既に売り切れになってしまったり、お目当ての物に出会う前に終了してまえば、その後の空気は最悪なものになります。

酷い時にはそのまま別れに繋がってしまう事だてないとは言いきれません。

だからこそ、準備が重要なのです。

もし人気スポットに行く場合には、予約をしていきましょう。

レストランなどの場合には、予約をする事によって早めに席を確保する事が出来る場所もあります。

いくら周りの人が混雑していたとしても、自分たちは簡単に中に入る事が出来、時間を有効活用する事が出来るでしょう。

どんなに楽しいデートも下準備がしっかり出来ていないと、楽しいものではなくなってしまいます。

反対に、相手がきちんと予定を立てて、前もって行動してくれている事によって、女性からの評価は必ず上がるはずです。

更に惚れ直される事間違いなしです。

だからこそ、まずは自分が出来る行動をしていきましょう。

️デートの場所を決めるときは相手のことをよく考えて

デートの場所や、プランを決めるときには必ず相手のことをよく考えて決めるようにしましょう。

あなたの自分勝手な考えでデートを決めてしまえば、喧嘩の元になりかねません。

2人が仲良くできるでと考えるのであれば、必ず相手のことをよく考えてデートする場所を決めていきましょう。