偏見ときくと「自分はそんな悪いことはしない!」と思いますよね。

ですが、案外偏見をもって見ているところもあることに気づかされることがあります。

著者は40代ですが、ついつい「家事は女性が」と思ってしまうところがあります。

確かに最近はイクメンがもてはやされる時代ですし、実際に子どもはかわいいですし関わるのは楽しいです。

ですが、仕事を犠牲にしてでも家事や子育てをとは少し考えられないという感じです。

逆に男性が専業主夫になりたいなどというと「楽しやがって!」などと叩かれるところがあります。

女性は「女性の社会進出のために家事子育てと仕事の両立を!そのためにも夫の助けが必要!」と声高に仰るところがありますがその一方で「男性が専業主夫や家事子育てを優先したパートになるなんて考えられない!」という事もあり、しかもこの2つの発言を一人の女性がしていることもあります。

このように偏見は日常生活に少なからずあります。

では、偏見についていろいろと見ていきましょう。

偏見を持たないための6個の注意ポイント

やはり偏見を持たずに過ごせたら、広い目で周りを見ることができますので柔軟に対応できます。

著者も40年も生きていると、もう偏見というか固定観念的なものがあるところがありますので、こちらを見て広い目で見たいなと思ったものです。

良かったら、そんな著者と一緒に偏見を持たないための注意ポイントを見ていきましょう。

1.どんな人にも平等に接する


こちらは男女問わず良くいるのですが、人によって態度を変える人は偏見がある傾向にあります。

例えばですが、上司など上の立場の人には低姿勢にも関わらず、部下や店員など自分より弱い立場になりうる人には横柄に接する人も少なくありません。

自分より弱い立場になりうる人には「どうせこいつはこのように接しても何も言えないし、これくらいいいだろう?」と思ってしまう偏見があるのです。

ですが、この態度は考え物です。

企業に勤めていると自分より下だと思い込んでいた相手が、例えば社長のご子息であったなどと判明した途端に急に態度を変えるようなことをすれば信頼は一気に落ちます。

女性の世界は詳しくありませんが、そこまで派手な格好をせず庶民的な生活をしている奥様をバカにしていたほかの奥様が実はその庶民的な奥様が医者の妻だとわかった途端に態度を一転させるなんてこともあるようです。

やはり人間的にそのようなことをするのは見苦しいです。

信頼できる人は誰にでも平等に接することができる人と相場は決まっています。

妻に聞いても女の子同士の付き合いもそんな感じだったようですね。

立場が弱い子の悪口を言ったりして強い(?)グループに取り入っていた子も学年が進むうちに孤立していったようです。

ですので、偏見を持たず、だれにでも平等に接する態度は非常に大切ですね。

2.人を見た目で絶対に判断しない

確かに身だしなみは大切です。

ですが、その身だしなみがうまくいっていなかったとしても、そこまで高級な服を着ていなかったとしても見下すことをしてはなりません。

例えばですが、著者は投資が好きで投資について少しかじっていますが、投資で成功してお金持ちの方は意外にも自分の身なりにそこまでお金をかけません。

質素な服を着て、部屋も普通のワンルーム、ごはんはカップラーメンなんていう人も結構います。

ですので、身なりを見ただけでは彼が投資で何十億と稼ぎ出している成功者だと気づかない人が大半です。

こう言っては大変失礼ですが、ただの小汚いおじさんに見えてしまうかもしれませんね。

いろいろな童話でも見た目が汚い人でもちゃんと接した人にはご褒美を、見下し冷たい態度を取った人には罰をというようなストーリーの童話もありますよね。

いつの時代もその偏見の目で見ない大切さを説いているのです。

3.もっと視野を広げる


最近は情報化社会ですので、いろいろな人の世界を垣間見ることが簡単になってきました。

ですので、自分では考えられないようなことに関しても視野を広げていくようにしましょう。

例えばですが、問題行動を起こしてしまう人に関しては「なぜこの人はこうなんだろう?」と疑問に持ち調べてみるのもいいでしょう。

もしかしたら、その問題行動も決してわざとやっているのではなく、何かしらの病気や環境的な問題でうまくいかないだけかもしれません。

そこまでではなくても、お子さんがなかなか授からない方に「子供はいいよ。子供を産まないと一人前とは言えない」というのも偏見からくる言葉です。

なぜかというと「子供は絶対に産まないといけない」という偏見があるからです。

ですので、それから外れる人は理解できないところがあるのです。

ですが、昨今はもちろん不妊治療をしてもうまくいかない方もいますが、あえてお子さんを持たないという選択をしている人もいます。

そして、そのような生き方も十分に認められる生き方なのです。

1.偏見がある人は知識や勉強が足りない

基本的にそのような偏見を持っている人は、知識や勉強が足りず、周りがこうだからこうだ!と思い込んでいるところがあります。

先ほども触れたように、いろいろな生き方が選択できる世の中ですし、最近はブログやSNSなどでいろいろな考え方に触れることができます。

ですので、いろいろな生き方を認められるようにいろいろな知識を取り入れましょう。

著者もその点ではまだまだですが、最近関心を持っているのは「無職の男性」の生き方です。

著者も男性ですが、男たるもの働かないとだめだという思いを持っています。

だからこそ、それで妻子を養っていますしこの生き方にも納得しています。

ですが、無職の男性というと理解できないところがありましたが、彼らは仕事に躓き貯蓄をした上でリタイアして月々10万円以下で生活をしている人もいるのです。

著者なら正直絶対に嫌な生き方ですが、それに納得し、彼なりに楽しく生活しているのが印象的でした。

彼はみじめなのではなく、納得してそのような生き方をしているのです。

そのような人もいると知ることができて視野が広がりました。

4.情報を鵜呑みにせず疑う癖を付ける

最近は情報過多でいろいろな情報があります。

著者の父がガンになったことから、がんについていろいろと調べて居るといろいろな情報が出てきて頭を悩ませました。

例えばですが、抗がん剤治療は治療の基本ですよね。

ですが、この抗がん剤治療が副作用によって寿命を縮ませるなんて情報を目にし、非常に悩んだものです。

ですが、その抗がん剤治療を使わない治療をしたばかりに結果的に寿命が縮まったのでは?と思わせるような事例もあり、結果論としては抗がん剤治療をするスタンダードな方法のほうが良いのでは?という結論を出している人もいました。

ですので、一つの情報を目にしてもそれをうのみにするのではなく、疑ってかかることも大切です。

もし「〇〇がいい」という情報を聞いたら「〇〇をすることによって悪い結果をもたらした例がないか」を調べるのです。

最近は一つの商品でも口コミを見ることができますよね。

ほしいものですのでいい情報を調べたいものですが、悪い評判も結構重要です。

それを知ったうえで自分に耐えられるデメリットなのか否かを知ることができるのです。

1.根拠にきちんと納得できるか

もし一つの情報を知ったら、その根拠が納得できるかどうかを調べてみることこそが大切です。

先ほどのがん治療については命にかかわることですので、冷静に調べることが大切です。

選択を誤ると寿命が縮まってしまう可能性があるので、しっかりと根拠を調べることが大切でした。

人生の重大な決断をするときはもちろんですが、日々の何気ない選択も根拠をしっかりと調べ納得ができるようにしましょう。

このような取り組みを日々していることで、だんだんと精度が上がりいざというときのためにうまく選択ができるようにすることが大切です。

5.自分の間違いを認める勇気を持つ

やはり日々生活をしていると自分の選択が誤りだったというケースは多々あります。

その時は素直に間違いを認めて路線変更をしましょう。

著者は日々この間違いを認める勇気は必要だと感じています。

それは、投資をしていると早く自分の間違いを認めて修正をしないと、刻一刻と変わる相場では大損をしてしまうことがあるからです。

このすぐに自分の間違いを認めて修正することをしなかったばかりに数百万、数千万単位の損失を出してしまった人も知っています。

これは投資の話ですが、何も早めの修正が必要なのはそればかりではありません。

人生においてもし今いる道に誤りだったと思うのだったら修正は早いほうがいいです。

著者の妻の話によると、妻の母は母子家庭になってから専業主婦で手に職がなかったことを大変後悔したようです。

ですので、妻には手に職を!と強く言っていたようですね。

ですが、妻は「なぜ自分の人生の修正をしないのだろうか?」と思っていたようです。

妻曰く「気づいた時点で軌道修正をしていたら、もっと収入に恵まれた人生になったのではないか。」と申しておりました。

偏見とは少々話がそれましたが、自分はそれで正しい!と思うとそこで成長が止まってしまいます。

ですので、常に間違いは認めて修正をすることで柔軟に生きることができます。

1.もっと自分を疑おう

つい「これで正しいんだ!」と思ってしまいますが、それでは自分でも成長できませんし、偏見を克服することはできません。

ですので、もし思い込んでしまう傾向にあるのでしたら、自分を疑うことを大切にしましょう。

仕事に関してもよく思い込みからミスをしてしまう人もいます。

そのような人は自分を疑うことで解決します。

「これはこうに決まっている」を捨てると、自分のミスに気づくことができます。

6.自分と価値観の違う人と接する機会を多く持つ

楽な付き合いをしようとするとどうしても価値観が似ている人に偏る傾向にあります。

例えばですが、所謂オタク趣味がある方は、そのような趣味を持っている人と付き合う傾向にあります。

アニメとかフィギュアなどは、テニスやサッカーなどに比べるとどうしてもマイナーと言われがちな趣味です。

勝手に「おとなしくて暗い」と思われているところがあります。

ですので、もし傾向が違う人と付き合うときはそのような趣味があることをカミングアウトしない人もいるのです。

また、子どもがおとなしい子ですが、やはり快活な子とは付き合いにくいようです。

ですので、やはりおとなしい子と似たような傾向の子と付き合うことが多いようですね。

ただ、偏見を持たないことを目指すのであれば、価値観が違う人と接する機会を多く持つようにしましょう。

もしかしたら、自分のことを理解してくれないかもしれません。

悪気がなく皆さんの趣味を否定するかもしれません。

でも、それを乗り越えて成長することができます。

無理のない範囲で、価値観が違う人と接する機会を持ってみましょう。

偏見を持たない人生を送るために

なるべく偏見を持たないほうが人づきあいもスムーズにいきますし、何より自分の視野が広がります。

では、その偏見を持たない人生を送るにはどうしたらいいのでしょうか?そのためにも偏見とは一体何かを詳しく掘り下げていきましょう。

1.偏見とは?

では、先ほどから何度も偏見について触れていますが、そもそも偏見とはどのような意味なのでしょうか?調べた情報によると「中立ではない偏った見解」のことを指します。

「偏った」「見方」という漢字通りの意味合いの言葉ですね。

あまり良くない見方をするときに使われますが、基本的に実際に接してみて悪い印象を持った時等は使いません。

特に接したことがないにもかかわらず、良くないイメージを勝手に抱くことを指します。

個人のみならず、集団に対してもそのように見ることがあります。

ですので、何かの集団について質問がある掲示板を見ると、「〇〇の人は□□です。これは偏見ではなく、実際に接してみてそう思いました。」という書き込みを見ることもあります。

ですので、実際に接してみて思ったことではなく、根拠なくよくない目で見ることを指します。

1.必ずしも正しくない

あまり大して接していないのにも関わらず、勝手なイメージで良くないイメージを持っていますので、必ずしも正しい見方ではありません。

ですので、正確な姿とは正しくないことがあります。

最近引っ越しなどを視野に入れることがあり、引っ越し先として希望するところをいろいろと調べてみることがあります。

子供がいるからやはり治安が良く学校も落ち着いているところがいいと思うのでそのように調べるのですが、全国的に見ると著者が住んでいる県は必ずしも治安が良いとはいいがたいものがあるようです。

とあるまとめサイトで著者が住んでいる県が「ヤ〇〇の巣窟」などと書かれているものを発見しました。

著者は実際にそこに住んでいますが、確かに危険といわれる地域はありますが、一般市民は普通に静かに生活をしています。

決してそのような危険な集団がウロウロしていて怖い思いをしたことは全くありません。

それをまとめた方はきっと著者が住む県に行ったことがないのでしょう。

そんな風に実際に経験もないのに勝手に良くないイメージを持つことを偏見といいます。

2.差別どどう違う?

たいして接していないものや人に対して良くないイメージを抱くことが偏見ですが、差別と似ている感じがしますね。

では、偏見と差別の違いは何でしょうか?

社会学からいうと偏見は態度、差別は行動のことを指すようです。

例えばですが、良くないイメージがある人や集団に対して接するのを辞めようとするのは偏見ですね。

そして、その集団に関して不当な扱い(行動)をすることが差別です。

調べたサイトで非常に興味深いものがありました。

海外においても日本においても、昔は科学捜査がそこまで発達していませんでした。

ですが、事件が起こった時に、「非行歴があったから」等の偏見で実際に逮捕をされた例もあります。

また、アメリカでは逮捕される人の多くは黒人の方であるケースが多いようです。

昔、黒人の方が奴隷として従事させられていたという過去があって、白人の方が差別的な態度を取ることが昔は大変問題視されました。

ですので、何か事件があると真っ先に黒人の方が疑われ、実際に逮捕されることもあったようです。

黒人の方が実際に悪いというより始めから良くない偏見の目で見られていて、何かあれば真っ先に疑われて逮捕にまで至るという悲しい背景があるのです。

2.偏見を持つ人の特徴とは?

では、偏見を持ってしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか?
いろいろな特徴を見ていきますが、多くは我々にも当てはまるのではないかと思われる短所も多いです。

なるべく偏見を持たずにフェアに生きたいものですね。

ですので、その短所を見ていき、そこを改めたりそうならないように心がけることで、大分偏見を持たずに生きることに近づいていくのではないでしょうか?
では、一つ一つ見ていきましょう。

1.プライドが高い

プライドが高い方は偏見を持ちがちな傾向にあります。

ただ、プライドの持ち方の問題ですので、実際にそうである方が皆偏見を持つかというとそうではありません。

真にプライドが高い人は自分に自信を持っていて人を貶めることがありません。

ですので、そのような人は仮に偏見を持たれがちな人と接しても「そんな人もいるよね。」と受け入れることができるケースが多いです。

ですが、人を貶めることで自分を保つタイプの人であれば、そのように偏見を持ち、人を見下すことで自分を保ちます。

子供の世界を見ていても、そんな大人の縮図が見えてきますね。

うちの娘がおとなしい子だからというのもあるのかもしれません。

娘にも気さくに話しかけてくれる子もいるようですが、中には娘を使って自慢話につき合わせたり、何かを命令するような子もいるようです。

ですので、真に自分に自信を持つプライドの高さであればいいのですが、人を貶めることで自分を保つ傾向にある人は気を付けましょう。

2.優越感が強い

先ほどの話にもつながりますが、「こいつより自分のほうが上だ」と思うタイプであれば偏見の目で見る傾向にあります。

著者の妻は服などもそこまでこだわりがありません。

ですので、複数枚の服をローテーションすることで毎日を過ごしています。

ですので、おしゃれ自慢のママさんには冷たい態度で接されることもあるようですね。

あまり気にはしていないようですが、やはりそのような優越感が強い人もいるのだなと思います。

ですので、常に他人と比較をしていて自分の立ち位置を確認する癖がある方は偏見を持ってしまう可能性があります。

確かに自信を持つのはいいことです。

ですが、人に対し勝手に優越感を感じるのは違うのではないでしょうか。

妻に聞いてみるとそのような人は自分の自信のなさをカミングアウトすることもあるそうです。

ですので、何か少しでもやり遂げられるようなことにチャレンジをし、「自分もできるじゃん。」という自信につなげていくのがいいのではないかと思います。

3.人に厳しく自分に甘い

人間は弱いものでして、人には厳しいのに自分には甘いなんてことも良くあります。

もし何か誤ったことがあった時に自分のことを振り返りますか?
それともどの人のせいでこのような事態になったのかというあら捜しをしてしまいますか?仕事をしていると、そのようなときに性格が出ます。

人のせいにしている人は明らかに自分が何か失敗をした時は何も言わないなどという甘さが際立ちます。

そんな風に言っていても子育てをしていると、子どもに注意していることだったけど自分もしているなんてことも結構あるんですよね。

ですので、人に厳しく自分に甘いというと「なんて奴だ!」と思ってしまいますが、振り返ると結構自分も人のことは言えないなと思うことがある者です。

4.客観性がない

客観性がない人もまた偏見を持ちやすい人です。

何度も触れているように著者の趣味は掲示板巡りです。

いろいろな人の生き方が垣間見れるので面白いものです。

本題から外れましたが、偏見を持っている人は押しなべて客観性がありません。

著者は男性ですので男性の書き込みをよく見るのですが、女性に関しての悪口(?)を言っている人は偏見の塊と言わんばかりの意見を言っていることがあります。

例えばですが、「女性は専業主婦になって楽をしようとしている」「所詮男を選ぶ基準もお金に決まっている」などという書き込みを見ることがあります。

確かに女性は妊娠出産というイベントがあるので、男性にそこそこの経済的な部分を求めることはあります。

最近は例え低収入でも二人で協力をしあえばという風潮になりつつありますが、それでも男性がアルバイトとかパートなどの非正規雇用という例はあまり見ません。

そのような一面はあっても、中には働くことが好きで協力してやっていきたい女性もいるのです。

なぜこの男性たちはここまで不満を募らせるのかというと、「お金」を軸に考えているところがあるのです。

ですので、「協力して共働きをしたい」と考えている女性はお金はそこまで軸としていない為そのような男性は選ばない傾向にあります。

ですので、仮にやってくる女性といえばお金が目的な人しか来ないのに、彼らはその事に気づいていません。

「こんな女性と結婚したい」というのは皆あります。

ですが、共働き希望であればその女性がなにをもとめているのかを全く客観視することなく女性への不満ばかりを書き連ねているという残念なところが偏見を持つ人にはあります。

5.物事を決めつける癖がある

先ほども触れたように物事を決めつける癖がある人は偏見が強い傾向にあります。

掲示板やブログなどでもいろいろな人を見ることがありますが、その決めつけが仇となりあまり人生がうまくいっていなかったり、幸せそうでない人は結構います。

先ほどの話の続きになりますが、女性を求めているにもかかわらず理想の女性がなかなか見つからないという人に限って、「どうせ女性は~」などと言っていたりと積極的でない人も多いのです。

6.人を見る目が無い

偏見を持つ人はそこで思考がストップしてしまい、客観性に欠けるところがあるので、あまり人を見る目がないところがあります。

思考がストップすることで勝手に決めつけをしてしまってそれ以上を見ようとしないので、その人や集団の良いところに目がいかないのです。

ですので、せっかく良い人であったにもかかわらずみすみすその人とお知り合いになるチャンスを逃しているのです。

中には仕事に関することであったりと自分に有益であることをもたらしてくれる人脈を逃していることもあるのです。

そう考えると偏見は人生を損させますね。

7.独りよがり

基本的に偏見を持つ人は、自分は正しいと思い込んでいるところがあります。

ですので、必然的に独りよがりであることが多いです。

著者が偏見を持っている人と感じた人は、結構上から目線でいろいろというタイプの方が、自分が失敗したときは何かと言い訳っぽい言葉を並べそれについて指摘をすると「礼儀としてそうしている!」と反論されたことがありました。

人の失敗は許さず自分の場合は礼儀と言っているところが大変独りよがりだなと感じたものです。

ですが、客観的に見るとあまり礼儀正しいとは感じられなかったのですが、彼はその事に気づきませんでした。

指摘しても無理そうですので「もう彼はそんな人なんだ。」と割り切っていますが、彼はその偏見ゆえにずっとうまくいかない人生を送るのだなと思ってしまいました。

8.考え方が狭い

偏見を持つタイプの方は「こうであるべき」が強すぎて考え方が狭いところがあります。

確かに人間的にこうであったほうがいいというのはありますが、それが強すぎるがあまりに他人に対して良くない感情を抱くのであればそれは偏見の種になります。

ですので、もし苛ついても「こういう人もいるんだ。」を合言葉にあまりイライラしすぎないことが大切です。

9.頑固

偏見が強い人はこうだという思い込みが激しいという話をしましたね。

人がなんと言おうが言うことを聞かず頑固なところがあります。

うちの娘も結構「この子はこうだ」などといったら聞かないところがあります。

ちょっと思春期に入っても難しいところがありますが、そのような偏見が悩みの種になっているのかな?と感じるところはあります。

まだ成長過程ですので、うまくバランスの整った考え方ができるように見守りたいなと思いますが、頑固なところがある人は人の話を聞く努力もしましょう。

10.人の話を聞かない

先ほども触れたように人の話をあまり聞かないところがあるのも偏見が強い人の特徴です。

人の話を素直に聞く人であれば、偏見をもってある人や集団に関してみることがないからです。

ただ、その偏見がもしかしたら自分の人生の損失になってしまうこともあります。

誰かの話だけを聞くという必要はありませんが、いろいろな人の話を聞いてその上で判断できるようになりたいものですね。

3.世の中にはどんな偏見がある?

私たちは「いや、自分は偏見を持ってみるなんて愚かなことはしていない!」といいがちですが、偏見は日常生活にいくらでも転がっています。

もしかしたら、ついつい偏見を持った発言をしてしまった人もいるのではないでしょうか。

そんな日常的にあり得る偏見について一つ一つ見ていきましょう。

1.人種に対する偏見

人種に関しては、文化も違いますし宗教も違うことから偏見が生まれやすいところがあります。

あるデータによると私たち黄色人種は、白人と黒人とでは白人を好む傾向にあると言われています。

こちらは著者の推測になりますが、敗戦後に白人の方を見る機会が増え、その人がチョコなど当時の日本には珍しいお菓子などを渡したことから白人の人はすごいという思いが芽生えたのではないかと思うのです。

また、アメリカにも差別に関する問題はあったためにそれがそのまま刷り込まれたのではないかと思います。

勝手に白人はすごいと思っていますが、よく考えるとなぜそうなのかと聞かれると答えられないところがありますね。

このように人種に関しては偏見があることに気づかされますね。

2.血液型に関する偏見

昔は血液型占いがとてもはやりましたね。

日本人で一番多いA型が几帳面などといいような言われようをしていて、O型もおおらかなどと言われています。

が、B型に関しては「マイペース」「我が道を行く」などとわがままキャラにされ、AB型に関しては「変人」「芸術家肌」などと言われています。

ですので、血液型を答えると「ああ、やっぱりあの人は〇型だから…」などと言われて嫌な思いをした人もいるでしょう。

(著者も著者の妻も悪く言われる傾向の血液型です。

3.外見に対する偏見

悲しいかな、人間の大半は第一印象で決まってしまうところがあります。

これこそが偏見の種ですね。

例えばですが容姿端麗な女性がそそっかしいことをしたら「天然ちゃん」などと言われてちやほやされるのに対し、少々残念な容姿の方でしたら「この、愚図!」と言われてしまう場面は見たことがあります。

こちらは本能的な部分ですのでなかなか改善は難しいかもしれません。

ですが、だれに対しても平等に接することができたらいいのは言うまでもありません。

著者もなるべく心がけようと思います。

4.トランスジェンダーに対する偏見

例えばですが、女性になりたい男性や男性になりたい女性は以前は偏見の目で見られがちでした。

最近は女性になりたい男性も「オネエ」という事で市民権を得つつあります。

ですが、もし自分の子が同性の恋人を連れてきたときに取り乱さない親御さんはどれくらいいるのだろうか?と思います。

やはり市民権を得つつあっても、身近な問題になるとうまく切り替えることができない方も多いと思われ、すぐに受け入れられるかというとまだ難しいようです。

この際、カミングアウトされても「ふーん、そうなんだ。良かったね!」といえるようになればいいなと思います。