CoCoSiA(ココシア)

人となりを知るための9個の方法


あなたは人となりという言葉を知っていますか?

何だかカッコイイ響きにも聞こえる言葉ですが、昔からある言葉で、中国の為人といった言葉から生まれました。

あの人の人となりが良い。

彼、彼女の人となりが良い。

簡単にはこんな風に使われている言葉ですが、あなたも一度は使ったことがありますか?

実に日本語として美しい言葉だと思います。

さらに誰かを褒めることについても、使いやすい、そして、良いほめ言葉に繋げやすい言葉ですね。

今回はそんな人となりについて、実際にはどんな意味があるのか?

また人となりについて詳しく紹介して、さらに、誰かの人となりを知る方法を紹介していますよ♪

あなたもそんな人となりについて理解して、誰かの人となりを知っていき、その人への理解をより深めていきましょうね!

人となりって気になりませんか?

あなたは人となりって気になりませんか?

人となりという言葉を耳にした言葉があると思いますが、その意味が分からなくて、使ったことはあまりないのではないでしょうか。

さらにそんな言葉を使ってみたいとも思いませんか?

今回はあなたも人となりという言葉を使えるようにきっとなれるので、ぜひ読んでみましょうね♪

また人となりという言葉の意味を知れば、誰かの人となりも気になってくると思います。

それはとてもいいことだと思います。

表面的なその人を見つめることも大切ですが、その人のバックグランド、つまり成長してきた過程や、どんな環境で育ってきたのか分かると、より好印象を持つこともできます。

それでは実際に詳しくその意味を知ってきましょう♪

人となりって何?

人となりって何か考える
そもそも人となりって何なのでしょうか?

言葉を聞いたことがあるものの、意味がイマイチ分かっていないと思います。

昔からある言葉だったり、より大人の年齢の人が使っている印象がありますよね。

職場や学校でも、上司だったり先生が使っていることもあり、その意味が気になるところです。

意味

人となり・・・持ち前の人柄。

生まれつき。

と定義されています。

しかし、これは基本的な意味で、また元々の意味だと言えます。

中国の為人という言葉から生まれているのですが、中国では人柄というものは、生まれ育まれて形成されていくとされています。

確かにそう思いますよね。

生まれつきの性格はあっても人柄は成長の中で形成されていくものだと思います。

そして時代が流れるうちに、その人の特徴や経歴などにも使わているようになり、最近の使い方ではその人の多くのことが、人となりと言われているのです。

使い方

人となりの使い方を解説
それでは実際の使い方ってご存知でしょうか?

例えば、誰かについて話をする時、あの人の人となりが成したことだ。

とその人を褒めることもそうですが、その人の生い立ちや人格をも褒めていることがあります。

その成果や結果を褒めることだけではないのですね。

また彼は人となりが良いから、もしくは人となりが健全だからと、基本的には褒めることに使います。

そして、人となりを知るという言葉でも使われて、その人の色々なことを知るという使い方もされるのです。

彼の笑い方は人となりが出ていると、内面的なことやその人の特徴を指すことでもあります。

また字にも人となりが出ますし、この字は人となりが出ているなーと使われることもあるでしょう。

類義語

人となりという言葉ですが、よく考えてみるとなんか他の言葉でも言い換えられそうな気もしますよね。

人となりはその人の色々な事を指すので、たくさんの言葉に言い換えられることができます。

例えば、その人の特徴やその人の人格とも言い換えることができます。

またその人の生い立ち、その人の人間性、その人の個性。

そんな言い方がたくさんありますが、人となりとはそれらを多く含んだ言い方として、現代では広く使われているのですね。

人柄