お腹を痛めて産んだ我が子の成長は楽しいことだらけで、毎日忙しいながらもやりがいを感じているママさんもいることでしょう。

ハイハイの時期からあんよの時期に変わると公園に遊びに行ったり、子育てセンターに足を運んだりと子供に同世代の友達を振れさせることで、新しい刺激を子供同士で与えることが出来ます。

ママも一日中家にこもることなく、他のママと話すきっかけになるので楽しい交流の場になることでしょう。

さらに幼稚園や小学校など、子供の世界はどんどん広がりママ同士の付き合いも広がっていきます。

雑誌でも「ママ友を作って情報交換しよう」など書かれているからはりきってママ友を作ろうと思う人も多いのではないでしょうか?
ママ友は、子供の話を気軽に出来る相手ですが時にママ友になってしまったせいでトラブルに発展してしまうケースも多いのが現実です。

子供優先で出来た友達だからこそ、普通の友人とは全く違う人柄を垣間見てしまい引いてしまった経験を持っている人もいることでしょう。

今回のテーマは「ママ友がこわいと思った人に見て欲しい、険悪な関係になる16個の原因と解決策」です。

もし、ママ友に悩んでいる人がいたら参考にしてもらえたら幸いです!

️ママ友がこわいと感じるママさんは多い

子供同士がとても仲良くなったので、その延長で母親同士もよく話をするよになるケースは多いはずです。

ただ、自分の気が合うかは別なのでもしかしたら話をしていく中でこの人苦手だ…と感じることもあるでしょう。

苦手と思っていても子供達は仲良しなので、距離を取るわけにもいかず返ってストレスに変わってしまうのです。

よく公園でママ友同士が集まり話をしていますが、実は内心ではこのママさんは怒らせないようにしなければ…と予防線を張っている人もいるかもしれません。

案外、自分以外にもママ友の付き合いが面倒だと思う人はいるものです。

では、ママ友になってしまったが最後もう勘弁してほしい!と思うことをまとめてみました。

️ママ友とのトラブル16個の原因


ママ友が出来たと喜んでいたのもつかの間、いろいろ話をしていくとその人の人柄が自分には合わないと感じるようになることも多くあります。

そのうち顔を合わせるもの面倒に感じるようになってしまうかもしれないくらい、ママ友との関係は自分に大きな影響を与えるものです。

ママ友同士でトラブルになってしまい、自分だけ省かれてしまうなど案外現実の話でも存在しています。

そうなってしまうと、子供にも影響が出てしまうので可哀想ですよね。

出来る限りママ友とは良好な関係を気づけるようにしたいものです。

では、ママ友とどんなトラブルによって険悪な関係になってしまうのでしょう?ママ友間で起こりやすいトラブルを16個まとめてみました!

子供同士のケンカ

仲良く一緒に遊んでいるのを微笑ましく眺めていたら、子供たちがおもちゃの取り合いになってしまったり、順番を守れなかったりとケンカに発展してしまうこともあるでしょう。

子供同士のケンカだからと当人に任せておくと、相手の母親が登場してくることはよくあります。

最近のママは子供を過保護にし過ぎてケンカなどに割って入ってくることがよくあります。

子供に注意するのではなく、その親に対して文句を言ってくることすらあるのです。

モンスターペアレントという言葉がありますが、親が必要以上に子供に敏感になってしまうことが原因です。

ただ、こうした親の場合は自分が過剰になっている自覚がありません。

子供同士のケンカについて自分が介入することが当たり前だと思っているのです。

ですから、ママ友でも我が子子がケンカになったら事を大きくするような態度を取りかねないのです。

見栄の張り合い

いつも良いブランドの洋服を着ているママ友は要注意が必要です。

自分の身なりに気を付けるのは大人のマナーではありますが、過剰になりすぎて他人と自分を比べてしまう傾向が強くなり、親同士の見栄の張り合いになってしまうことがあります。

見栄を張っているママは、ファッションだけでなく日常においても、他者と比較する癖が強く誰に対しても劣等感を抱き易いのが特徴です。

ママ友は顔を合わす機会が多く、相手の身なりや話の内容から生活水準の察しがついてしまうのでどうしても見栄を張ってしまうことに繋がりやすいのです。

また視野が狭くなりがちなママ友同士では見栄の張り合いに発展しがちなのです。

人のことばかり気にするようなタイプのママ友だと、いつか急に自分が的になってしまうかもしれません!

悪口や噂話


「〇〇ちゃんママは…」など、どうしても女性が集まると始まるのが井戸端会議です。

最初はちょっとした世間話からどんどん話が進展していき、噂話や最悪悪口にまで発展していくことがあります。

女性は情報交換をしながら子育てをする傾向が強くその延長線上には必ずママ友の存在があるのです。

子育て社会の中で非協力的な姿勢が見られると、はやり標的にされやすく悪口に対象になってしまいます。

子育てをしていくなかで、個人のやり方を尊重することが出来ないママ友などはきっと相手のママの行動につい目がいってしまうのでしょう。

出る杭は打たれるとはよく言ったもので、あまり目立った行動をすればママ友同士でも目を付けられて悪口や根も葉もない噂話のネタにされることもあるので注意が必要です。

物をねだられる

ママ友の中には人のモノを貰いたがるママとのトラブルが増えているそうです。

ママ友同士で仲良くなるとその流れで自宅に招く機会があったりしますが、そんな時以前使かっていたものを捨てたのか聞いてきたり、新しいモノが増えているとすぐに察するママ友などに引いたことがあるママも多いのです。

さらには、着なくなった子ども服などが無いか確認されたりと、人から何か貰えるものがないか自ら聞いて来ることが多いそうです。

使わなくなって捨ててしまうようなモノなら、渡しても構いませんがおねだりママが重症化すると、仕事関係で安く手に入るチケットや乗車券などを頼まれるようになったりしてしまうこともあります。

それを断ることでさらにトラブルに発展してしまうケースもあります。

ケチ精神

節約と偽りとにかくケチな態度でいるママ友と関わっているとトラブルになってしまうこともあるでしょう。

みんなでランチに行っているのに、ダイエットと言ってドリンクバーだけを注文したママ友が味見といって他のママ友たちからちょっとずつ分けてもらいお腹を満たし、もちろん支払うのはドリンクバー代のみなど。

ママ同士でもある程度、良識ある行動が出来ないママはみんなから嫌われます。

ケチな人は、自分の行動を客観視することが出来ていません。

ママ友であっても他人ですから人を不愉快にさせていることを感がえなければいけません。

ただ、ケチ精神が強いママ友に指摘をしても自分は悪い事をしている気持ちが無いので、逆に切れられさらなるトラブルに発展してしまうこともあります。

ランチの誘いの拒否

昼間ファミリーレストランに行くとママ友集団席を見かける機会があります。

ランチをしながら何をそんなに話しているのかガヤガヤと賑やかな雰囲気に圧倒された経験があります。

ランチもママ友も大事な付き合いということなのでしょうか?そんなランチの誘いを断ったせいでママ友からハブにされるようになってしまうこともあるそうです。

ママ友同士のランチに参加するということは、ママ達と交流し良好な付き合いをしていく気があることを現わしているようなものなのかもしれません。

仲良くなることでより細かい情報などを得たり、お得なことを知る機会になりますが、そんなランチの誘いを断ってしまうことで他の人と関わる気が無いと過剰に感じるママもいるのです。

ママ同士で交流することが、ママ社会の暗黙のルールのようなものになっているのです。

多少面倒だと感じていても、その後のママ友同士のトラブルに発展しないために付き合いだと割りきりましょう。

商品のセールス

ママ友の中にはちょっとした小遣い稼ぎをしている人もいるでしょう。

自分が紹介したものを買ってくれたらバックマージン的なモノが貰える商売だったり保険の介入など、他者に協力してもらうことが大前提の仕事をしていると、ママ友もその標的になってしまいます。

保険屋は身内や友人を介入することで自分にバックが返ってくる仕組みになっているせいで、どうしても周囲の人にセールスしてしまう傾向が強い職業です。

自分の利益優先なママ友は、どうしても新しい顧客として新規でお客さんを捕まえようとしてしまいがちです。

仕事をプライベートの線引きが上手でないことで、誰にでもセールスをかけてしまいママ友の間でもウザがられたり嫌われてしまう原因になることをしっかり理解しておきましょう。

先生との仲の良さ

あまりに先生と仲良くしている姿が目立つママはひいきされているのではないかと、勘違いされトラブルの引きがねになることもあります。

先生に気に入られることで、その親の子供が優遇されているように感じやすいのもママ社会の面倒な部分です。

先生たちはみんな平等に関わっていても、先生と仲がいいママの子供には特別扱いしているような気になってしまう悲観的なママもいるのです。

「〇〇ちゃんママは先生と仲がいいから〇〇ちゃんばかり気にかけている」など苦情になることもあるでしょう。

ママ友同士のコミュニケーションと先生とのコミュニケーションに温度差があると、過剰に物事を捉えるママが現れることがあります。

子どもの預かり

例えば、パートに出ているママ友と付き合いが長くなることで手が回らない事をお願いされてしまことが増えてきてしまい後々それが負担になることもあります。

近所のママと仲良くなってしまうことで、子どものお迎えを頼まれてしまったりそのまま母親が帰ってくるまで子どもを預かることになってしまったりと、始めは引き受けていたけれど、気が付けばそれが当たり前になってしまうこともあります。

確かに、忙しいママ友のフォローをすることは悪いことではありませんし、働くママも周囲に子育ての手を借りるのは大事なことですが、それを当然のことのようにしてはダメでしょう。

お互い助け合うことが子育てするママ達のルールですが、頼りっぱなしになってしまうママ友とのトラブルも多い事を覚えて置きましょう。

家族ぐるみのお出かけ

家族ぐるみでお出かけなどをするとトラブルに発展しやすい傾向が強いので注意が必要です。

気心知れた友人同士のレジャーならある程度自由にしても楽しく過ごせるでしょうが、ママ友としてだけの付き合いで成り立つ2つの家族が一緒に出掛けるためには、最低限常識
を持って行動する必要があります。

例えば、レジャー先での支払いなどをルーズにがちなママの行動によって家族同士が仲が悪くなってしまったり時間を守らない適当な行動で相手の家族にストレスが溜まったりと、お互いがイライラしてしまうこともあります。

ママ友のトラブルに家族まで巻き込んでしまっては、その後の険悪なムードを引きずりやすくもしかしたらそのまま縁が切れることもあるでしょう。

収入の差

「仲良くなったママ友がしつこく夫の職業を聞くからつい教えてしまった…」それが原因でママ友間のトラブルに発展してしまうことがあります。

女性として夫の職業のステータスの1部になってしまうことで、仲良くなったママ友が自分より収入のいい職業の場合、それが嫉妬の気持ちへと変化してしまうのです。

隠していても子どもかつい「旅行に行ってきた」と情報を言ってしまうと「いいわねー余裕があって」とか新しいバッグや洋服を身に付けていると「また新しいの買ったの?」などいろいろな小言を言われるようになってしまうこともあります。

女性で一番多いのは、他者の家庭の収入についての嫉妬がらみのトラブルとも言われています。

ご近所のママ友でも共働きか専業かで嫉妬されトラブルになることもありゆるのです。

価値観の違い

好みや価値観が違うのがママ友のトラブルに発展してしまうこともあります。

相手の好きな芸能人を知らずに、その人の報道などを話してしまったが故に地雷を踏んでしまいそのまま激怒されたなど、自分では大したことではないと思っていても相手のママ友がどう感じているかは分かりません。

ただ、大人同士の付き合いと割り切ることが出来ればそこまで険悪にならずに済むけれど、ママ友のなかにはそれが難し人も存在します。

人付き合いの距離感を保つことが出来ないママ友は、ひょんなことで急に距離が開くこともあるでしょう。