みなさん、「承諾」って言葉を正しく使えていますか?

「承諾する」、「承諾を取る」なんて言い方を聞くかもしれませんが、「承諾」って一体どういう意味なの?って人もいるかもしれません。

漢字にすると、「承る」と、「諾」という2つの漢字が合わさっています。

コレにはどんな意味があり、そしてどんな由来があるのでしょうか?

ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですので、ここで正しい使い方、意味を確認しておきましょう!

承諾ってどういうこと?

「承諾」って読めますか?
もちろん読めるし!という方も多いとは思いますが、これは「しょうだく」と読みます。

「しょうだくをとる」、「うえのしょうだくをえる」なんていい方をすることがあり、日常で使ったことがある、という方も、もしかしたら漢字は書けないという人も多いかもしれませんね。

友達同士の砕けた会話ではあまり使うことがないかもしれませんが、ビジネスシーンとか改まった会話の中で使うことの多い言葉です。

「「〇〇の承諾がないと・・・」、「〇〇に承諾を取ってからになります」、「至急、上に承諾を取って!」などと使うこともありますが、そんなときに「しょうだくって??」と、承諾を取ると言っても、何を取ればいいのかわからない、という自体になってしまっては困ってしまいますね。

もし、ここが会社なら「ショーダクって何ですか?」なんて聞き返したら、睨まれるどころじゃすまないほど、あなたの信用に関わってしまいます。

でなので、ここでちゃんと「承諾」とはいったいどうゆうことなのか、どんな意味を持ち、どのように使う言葉なのか、ということを理解して、社会人として、日本人として「承諾」の正しい使い方をマスターしておきましょう!

承諾の意味

「承諾」という言葉は、「承る(うけたまわる)」と「諾(だく)」という二つの文字が合わさっていますね。

「承る」は、「受ける」や「引き受ける」の謙譲語として使われる言葉ですね。

目上の人からの話を聞いたときにも「ありがたいお話を承りました」と表現することもあります。

伝え聞いく、という意味を謙譲語にすると「承る」になります。

「諾う(うべなう)」には、承知すること、引き受けること、という意味があります。

さらに承知するときの返事として「はい」という意味をもっているようです。

これらの意味を持つ二つの漢字が合わさった「承諾」。

意味を正しく確認してみましょう。

相手の意見や希望を聞いて受け入れること

まず、「承諾」には相手の意見や希望などを聞いて受け入れる、という意味があります。

もし、誰かがあなたに「〇〇をしてほしい」という要望を寄せてきたとします。

その時に、あなたがそれをちゃんと理解して、「わかりました」と受け入れるなら、「承諾した」ということになります。

もし、受け入れられないという場合であれば、意見や希望、要求を理解していても「承諾した」ということにはなりません。

それで「承諾する」ということは、つまり相手の意見や希望や要求を飲んだ、ということになりますね。

例えば、自分の子どもがお母さんに「〇〇を買って~」といったとします。

そんな時に、お母さんはお父さんに聞いてきなさい、というかもしれません。

それで、子どもはお父さんに「〇〇を買ってほしいんだけど・・・いい??」と聞いたところ、お父さんはOKを出します。

つまり、お父さんは子供の希望を受け入れた、意見に賛成したということになり、その子は「お父さんの承諾を得た!」ということができるわけです。

これでもう、お母さんに堂々と「お父さんが買ってもいいって言った」と買ってもらえるわけですね。

もし、お父さんのOKが出るまでに、けっこうな努力と説明が必要で、やっとの思いでOKを出してくれた時なんかは「父もやっと承諾してくれたよ」という言い方をすることがあります。

ときどき、結婚するということに関しても、「親の承諾が取れない」「しぶしぶ承諾してくれた」というように使われることもありますね。

これがビジネスシーンになりますと、「上司の承諾を得る」ということがたびたび発生します。

上司に〇〇についての許可を得る、上司に意見を賛成してもらう、という時に「上司の承諾を得なきゃ!」ということで、上司に相談または希望を掛け合い、もし”OK”がでたら「上司の承諾を得たぞ!」と、前に進めるわけです。

他人の依頼や要求を引き受けること

さらに、他人からの依頼や要求を受け入れる、という意味でもあります。

それで、ある依頼主から何かお願いを受けるときに、その内容を理解したうえでそれを引き受けることを決めた時には「依頼を承諾しました」というように答えることがあります。

要求に関しては、その要求事項がもっともと思える時にその要求を呑む、要求を引き受けるわけですが、そのことを「承諾する」という言い方をします。

先ほどのように、希望や意見に対して肯定的なOKを出す、ということ以上に、こちらの場合では引き受けるわけですので、依頼や要求に対して行動をとることが関係していますね。

契約を成立させる意思表示

この「承諾」というフレーズですが、仕事上の取引などでもよくつかわれる言葉です。

もし特定の内容を含む契約書を交わすとき、契約を成立させますよ!ということの事ら柄の意思表示として「承諾する」と言います。

それで、契約を成立させる意思表示としての意味もあるのです。

「承諾する」場合には、契約内容に沿って物事が進められていくことに同意していることになりますね。

何か申し込みをするときにも「承諾します」という所にチェックをすることがありますけど、それは申し込みをするという意思表示とともに、契約が成立することへの意思表示をしていることになります。

つまり、他者と当社の間、つまり社外での契約を交わすとき、取引をするときに使う言葉なんですね。

元々は「じょうだく」だった

昔は、「じょうだく」と言っていたそうです。

「じょうだく」・・・。

ちょっと言いにくいかもしれませんね。

「しょうだく」のほうがすんなり発音できます。

「じょうだく」と言っていたのがいつ頃から「しょうだく」と言うようになったのかはわかりませんでしたが、現代では「じょうだく」という人はほとんどいませんね。

「しょうだく」が正解です。

仕事などでよく使われる言葉

ということで、「承諾」には意見や希望などを受け入れるという意味や、依頼や要求などを引き受けるという意味があることがわかりました。

そして、ビジネスシーンで他者との取引や契約などを交わすときに、その契約を成立することへの意思表示として「承諾する」というフレーズが使われる、ということもありました。

なので、やっぱり仕事場ではけっこう欠かせないワードということになりますね。

特に、先方の承諾を得るとか、上司の承諾を得なくては勝手に物事を進められない、ということも多いでしょう。

申し込みをするときにも、申し込みを引き受けるという意味で「承諾する」というように取り引きが成立していることを表したりします。

また、先ほどもちょっと触れていますが、仕事場ではなくても親に結婚を許してもらうとか、何かを購入することの許可をもらうとか、何か誰かのOKを取り付けたい時にも「承諾を得る」というように使えます。

承諾と間違えやすい言葉

承諾と同じような意味を持つ言葉もあります。

例えば、意見や希望を受け入れるというときに「了解しました」ということもあるでしょう。

さらに、「了承しました」とか「承知いたしました」というように、要望を受け入れたということを伝えることもありますよね。

では、このまぎわらしい「承諾」、「了解」「承知」「了承」ってどのような違いがあるのでしょうか?

ビジネスシーンでの使い分けに注意

普通のときには、同じような意味を持つ言葉は自由に使える事が多いですが、ビジネスシーンになると、目上の人に使うと失礼になったり、逆に部下などに使うべき言葉というものもあります。

そのような言葉の選択というのは、間違ってしまうと先方に失礼があったり、相手に嫌な印象を与えたり、マナーがなっていない人という印象を与えてしまうことがあります。

逆にちゃんと使い分ける事ができている人は、デキル人とみられることでしょう。

それで、特にビジネスシーンではどのように使い分ける必要があるのか見てみましょう!

了解

まず、「了解」という言葉から確認してみましょう。

「〇〇をお願いします」「はい、了解。」とか、「すみません、10分ほど遅れます。」という報告に対しても「了解」というように使うことが多いですよね。

では、「承諾」とはどう違うのでしょうか?

意味や内容をはっきり理解すること

「了解」には、意味や内容をはっきり理解すること、という意味があります。

さらに、納得し、了承することという意味もあります。

それで、相手から伝えられた情報について、その内容をはっきりと理解しましたよ、という意味で「了解しました」という使い方をします。

「了解事項」というものもありますけど、これは納得し了承された事柄を意味しているわけですね。

仲間内や部下に対して使う

意味や内容をはっきりと理解したことを示すために「了解」を使えるというわけですが、ビジネスの場では、「了解」という言葉は敬意が含まれないと受け取られることがあります。

それで、この言葉は目上の人もしくは上司が部下に対して使う言葉であり、目上の人に使っては失礼になってしまう、ということもあるようです。

とかく、若い年代の人たちにそのような感覚を持っている人は少ないかもしれませんが、年代が上になると、そのように上司が部下に使う言葉、もしくは気がしれている仲間内や同僚同士で使う言葉として使うという印象が強いようです。

それは、「了解」という言葉が、上の権限を持つ人たちが許可を与えるときに使う言葉だから、という理由もあるようです。

確かに、上への報告をした時に、内容を確認した、OKを出したというような意味合いで「了解」と使われる事ありますよね。

上司はよくメールなどでも「了解」の一言で、返信してくることもあります。

なので、上司から何かを頼まれたときに「はい、了解しました」というのは、上司をイラッとさせることもあることを覚えておきましょう。

それで、目上の人、上司には使ってはいけない言葉であることと共に、さらに上から相手を見ているという印象を与えないためにも、新しい取引先の相手や顧客に対しても使わない方がいいかもしれません。

しかし、電話対応をいているときや、会社内でも気心の知れたあいだがらであれば、「了解」という言葉を使っても問題無いでしょう。

しかし、外部とのやり取りには気をつけましょう。

そして、特に正式な文章や顧客向けに送信するメールなどでは、「了解しました」ではあく「承りました」というように使いましょう。

了承

何かの許可を得たい場合に「〇〇さんの了承を得る必要がある」というような言い方をすることもあります。

「先方からの了承がないと進められない」、「〇〇さんの了承が取れない」というように、ニュアンス的には目上の人や取引先の人からの許可を得る、というような意味合いで使う事が多いのかもしれませんね。

えは、正確な意味としてはどうなんでしょうか??

相手の申し出や事情などを聞き入れること

「了承」とは、相手の申し出や事情などを聞き入れることを意味しているようです。

相手の事情をくんで納得すること、というようにも説明できます。

やはり、「了承」する方の人が、相手の何か申し出や事情を”聞き入れてあげる”という印象ですので、上から目線の言葉という事になりますね。

目上の人が下の人に対して使う

それで、「了承」も目上の人が下の人に使う言葉と言えます。

ビジネスにおいては、敬意が含まれていない言葉と捉えられますので上司や年上の人には使わない方が良いでしょう。

そクライアントと請負の関係の中では、クライアントのほうが使う言葉です。

「聞いてあげましょう」というようなニュアンスで、「了承する」といいます。

それで、目上の人から聞き入れてもらえた、納得してもらえたというときに、「相手の了承を得た」という言い回しになります。

「〇〇さんの了承が取れない」ということはつまり、まだ納得してもらえなくて聞き入れてもらえない、ということになるわけですね。

「よろしく御了承ください」と低姿勢でお願いすることもありますし、「申し出の件、了承しました」と答える場合もあります。

承知

ビジネスシーンではよく取引先の人や顧客に対して、「承知しました」、「承知いたしました」と使いますよね。

丁寧な言い方、敬意が感じられる言葉です。

願いや要求を聞いて引き受けること

ビジネスシーンにおいて、「承知する」とは、依頼や要求などを聞き入れるという意味を持っています。

先方からの依頼などを引き受ける際に「確かに承知いたしました」と引き受ける旨をはっきり言い表せます。

申し出を受け入れる際にも「承知しました」と言いますね。

接客業などをされている方は特に、お客さんの願いや要望に対して、それを引き受けたことを「承知いたしました」と丁寧に表現することが多いでしょう。

他にも、「承知」とは、事情などを知ることや知っていることを意味して、「〇〇については承知しております」などという言い方をすることもあります。

「無理を承知でお願いするのですが・・・」とか、「キミの言っていることなど百も承知だよ」というように、わかっている、もう知っているということを伝えたい時にも使いますね。

さらに、相手の事情などを理解してそれに許可を与える、許すという時にも「承知」を使えますが、この場合にはほとんどの場合打消しの語が伴います。

「〇〇したら、お父さんは絶対に承知しないからな!」、「次は承知しないぞ」という感じです。

目下の人が目上の人に対して使う

ビジネスでは、特に願いや要求などを聞き入れることを意味する語として「承知しました」ということが多いですね。

目下の人がお客様や目上の人に対して使います。

目下の人に使ってはいけない、というわけではありませんが、不自然な感じになってしまいますので、目下の人に対しては「了解しました」ということができるでしょう。

つまり、先ほども登場した「了解」と言う言葉はその言葉自体に尊敬が足りないわけで、いくら「了解しました」とか「了解いたしました」という言い回しをしても、目上の人や先方には使わないほうがいい言葉です。

それならば、「承知しました」または「承知いたしました」という言い回しで、丁寧に尊敬の気持ちを込めて返事をすることが進められています。

ビジネス研修でもその点はよく指摘されることです。

「承知しました」は謙譲語だからです。

ちなみに、「承りました」という言い回しもありますが、これは「承知しました」のもっと丁寧な言い方です。

それで、メールなどの文面にして目上の人や顧客に対して使うことができますが、会話の中では「承知しました」のほうが言いやすいとは思いますので、「了解です」、「了解しました」と言いたくなったら「承知しました」に言い換えて話しましょう。

「かしこまりました」と同義

「承知しました」と「かしこまりました」にはどういった違いがあるのかというと・・・意味としては同じです。

同義語なんです。

ではどう使い分けるほうがいいのかというと、「かしこまりました」は「承知しました」よりもちょっと丁寧にした表現になります。

それで、ホテルのスタッフや飲食店の店員さんなどは「かしこまりました」と言いますね。

お客さん相手には、要望を願いを聞いて引き受けるということを「かしこまりました」というのが丁寧で、相手への敬意のこもった言い方となるんですね。

目上の人の要望や命令などを承った、というニュアンスで使います。

その点で比較すると「承知しました」は、理解して受けるというニュアンスになります。

この使い分けはちょっと難しいかもしれませんが、「かしこまりました」と「承知しました」という言い方を覚えておけば、「了解です!」などと言って、取引先の人や目上の人、さらには顧客と対話をする際に失礼にならないですみますので、よく覚えて日常から口に出るように練習しておきましょう。

【かしこまりましたの使い方は、こちらの記事もチェック!】

使い方を間違えると失礼にあたる

「了解しました」、「了承しました」、「承知しました」、「かしこまりました」ってどれも同じような意味を持つゆえに、その使い分けがすごく難しいですよね。

しかし、目上の人に使うべき言葉と、使うべきではない言葉というものをはっきり把握しておくのはすごく重要なことですね。

言葉は気持ちを相手に伝えるツールなので、使い方を間違えると相手に悪い印象や失礼に当たることがあります。

それで、使い方を間違えないようにしっかりと、どのシチュエーションでどの言葉を使うべきなのかということを理解しておきたいものです。

承諾の使い方

では、話は「承諾」に戻りましょう。

「承諾」は特に契約をしたり、取り引きをしたりなどのシチュエーションで使う言葉です。

申し込みをしてくれた相手方の意思表示と結合して契約を成立させる際に用いられる言葉でもあります。

そして、依頼や要求、希望などを引き受けるということを意味しています。

では、具体的にどんな風な言葉の言い回しで、「承諾」を使うのでしょうか?
ここからは、「承諾」の使い方のいろいろな例を見てみましょう。

申し込みの承諾

よく「申し込みを承諾する」というようなフレーズを耳にしたり、紙面で見ることがあるかもしれません。

この「申し込み」と「承諾」という二つの意思表示によって契約は、双方の合意のもと成立します。

「申し込み」に対して、それを「承諾する」ことによって成立するわけです。

ちなみに、契約の「申し込み」って自由に撤回できないことを知っていましたか?
承諾期間が定められた申し込みの場合には、申し込んだ側はその期間中、「やっぱやめた」って撤回することはできないんです。

しかし、その承諾期間内に「承諾」の通知がなければ、その「申し込み」には拘束力が無くなります。

しかし、無理に「申し込み」をさせられたり、判断が適切にできない状態で行ってしまった場合に、申し込みの拘束力から購入者を守るためにクーリング・オフ制度というものがあります。

こう考えると、「申し込み」も「承諾」も契約を成立させるために、お互いに責任を課せられる意思表示ということになりますね。

安易に、「承諾」してしまってはあとで大変なことになる場合もありますので、よく考えてから「申し込み」と「承諾」を行いたいですね。

彼は承諾してくれた

「彼はこの件について承諾してくれた」というように表現することもあります。

つまり、意味としては彼はその件について引き受けてくれた、ということですね。

「承諾」って単に認めるということとは違います。

もし、その件についてそのことが正しいと認めるということであれば、「承認する」といういい方になるでしょう。

「承認」はお墨付きをもらった、というニュアンスになるでしょう。

それで、「承諾してくれた」ということは、彼はその件について単に正しいと認める以上に、その件についての協力であったり、頼み事を引き受けるくらいの態勢であることがわかります。

つまり、承諾した人というのは、その件にもし何らかの行動が求められているのであれば、それを行うことを受け入れたということです。

それでビジネスの場では、「上司が承諾してくれた」ということになれば、上司の賛成と協力をもらった、ということになりますね。

日常生活では「父が彼との結婚を承諾してくれた」というように使うことがあるかもしれませんが、そうなるとお父さんも結婚について認め、それに伴ういろいろな変化や付き合いを受け入れてくれた、ということになるでしょう。

承諾してくれた、というのは意見もしくは要望の内容にある、自分に求められている行動をとることに同意しているということですね。

単に、その内容が正しいと認めている以上であるわけです。

承諾の言葉を述べる

「承諾の言葉を述べる」とは、「承諾する」という意志を言葉にして表すということですね。

例えば、メールなどで先方に「承諾」の意思を伝える場合、単に「承諾しました」という言い方だけでなく、相手の要望に対して「もちろん、大丈夫でございます」と言えるかもしれません。

申し入れに対しては「ぜひ、お引き受けさせていただきたく存じます」という言い方で承承諾の言葉を述べることもあるでしょう。

さらに、「喜んで〇〇させていただきます」や、「〇〇の件、お受けすることにいたします」と述べて、依頼に対して承諾の意思を使えることもできます。

「喜んで協力させていただきます」、「ご期待に添えるよう精一杯頑張りたいと思います」「謹んでお受けしたいと思います」なども承諾の言葉となるでしょう。

もし、目上の人が目下の人に承諾を伝える時には「了承いたしました」と言うこともできます。

「それでOKですよ」という意味ですね。

承諾を得る

「承諾を得る」という言い回しはけっこう使うのではないでしょうか?

「上司の承諾を得る」「この件については、〇〇からまだ承諾を得ていません」などと「承諾」と「得る」は一緒に使うことの多い言い回しです。

かなり簡単に言うと「OKをもらう」って意味ですよね。

こちらの趣旨や意図を理解してもらったうえで、その通りに事を運んでもいいよ、という許可をもらう時にも使います。

もし「まだ承諾を得ていない」という場合には、まだ上からのOKがもらえていない、ということでまだその通りに事を進められる状況にはない、ということになります。

「承諾を得る」とは、契約の成立や依頼を請け負ってもらうことなどに同意してもらった、ということになります。

ご承諾のほど宜しくお願い致します

上司などにお願いのメールを送る時、さらに取引先の人とのやり取りのなかで「宜しくご承諾のほどお願いいたします」と言うときもあるでしょう。

事実確認をしてほしいなら「承認のほどよろしくお願いいたします」という言い回しになるかもしれませんが、何か同意の上で引き受けてほしいことがあるなら「ご承諾のほどよろしくお願い致します」となるでしょう。

取り引きを成立させたい、契約を成立させたいという時ににも「何卒、ご承諾のほどよろしくお願い致します」と引き受けてくれることをお願いすることもできます。

承諾することはできない

「承諾することはできない!」とはっきり言われてしまったら、受け入れてもらえない、協力を得ることはできない、ということになりますね。

よく、結婚したい女性のお父さんに「娘さんをお嫁に下さい」とお願いした時に、「娘とお前との結婚を承諾することはできない!」と頑固おやじが娘の結婚に反対するときなんかのシーンで使われていますね。

認められないということと共に、お前のところにはお嫁には行かせないという強い意志が伝わってきます・・・。

あと、取引先の人にこれを言われてしまったら、契約成立が遠く感じますね。

ご承諾申し上げます

メールなどで新規取引の承諾を伝えるときなどには。

「ありがたくご承諾申し上げます」、「喜んでご承諾申し上げます」と書くことも多いです。

その際にはもちろんまず、申し入れがあったことへの感謝を述べます。

例えば「この度はお申し入れをいただき、誠にありがとうございます」とか、「お取引のお申し入れをいただき、厚くお礼申し上げます」などです。

その後に、「ご承諾申し上げます」という言葉ではっきり、取り引きが成立したことになります。

承諾致しました

取り引き先の人からメールで納品が遅れるなどという連絡があった場合などにも「ご連絡いただきました納品遅延の件、ご承諾致しました」というように、そのお願いを受け入れたことを知らせることができます。

承諾の使い方をしっかり覚えておこう

「承諾」という言葉の使い方について詳しく調べてきたわけですが、いかがだったでしょうか?
承諾とはどんな意味があるのか正確に知ると、それが単に正しいと認めているという以上に、契約に同意するという意思表示の意味が強いことがわかりましたね。

「申し込み」に対して「承諾」があると、契約が成立するということでした。

さらに要求や希望を「承諾する」ということは、それを引き受けるということなので、その内容の中に自分に求められていることがあるなら、自分がそれに沿って行動することに同意した、ということになります。

もし、自分としては行動はしたくはないけど、その要求が正しいことを認めるということでしたら「承認する」ということになりますね。

さらに、普段は普通になんとなく使っている「了解しました」とか「了承しました」、さらにはお店でよく聞く「承知いたしました」、「かしこまりました」という言葉も、その場その場で適切に、誰に使うのかということを考えて選択して使う必要があることもわかりましたね。

特にビジネスシーンでは、どの言葉を使ったら失礼に当たるのか、ということはよく覚えておいて、正しく使って行きたいですね!