みなさん、「承諾」って言葉を正しく使えていますか?

「承諾する」、「承諾を取る」なんて言い方を聞くかもしれませんが、「承諾」って一体どういう意味なの?って人もいるかもしれません。

漢字にすると、「承る」と、「諾」という2つの漢字が合わさっています。

コレにはどんな意味があり、そしてどんな由来があるのでしょうか?

ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですので、ここで正しい使い方、意味を確認しておきましょう!

承諾ってどういうこと?

「承諾」って読めますか?
もちろん読めるし!という方も多いとは思いますが、これは「しょうだく」と読みます。

「しょうだくをとる」、「うえのしょうだくをえる」なんていい方をすることがあり、日常で使ったことがある、という方も、もしかしたら漢字は書けないという人も多いかもしれませんね。

友達同士の砕けた会話ではあまり使うことがないかもしれませんが、ビジネスシーンとか改まった会話の中で使うことの多い言葉です。

「「〇〇の承諾がないと・・・」、「〇〇に承諾を取ってからになります」、「至急、上に承諾を取って!」などと使うこともありますが、そんなときに「しょうだくって??」と、承諾を取ると言っても、何を取ればいいのかわからない、という自体になってしまっては困ってしまいますね。

もし、ここが会社なら「ショーダクって何ですか?」なんて聞き返したら、睨まれるどころじゃすまないほど、あなたの信用に関わってしまいます。

でなので、ここでちゃんと「承諾」とはいったいどうゆうことなのか、どんな意味を持ち、どのように使う言葉なのか、ということを理解して、社会人として、日本人として「承諾」の正しい使い方をマスターしておきましょう!

承諾の意味

「承諾」という言葉は、「承る(うけたまわる)」と「諾(だく)」という二つの文字が合わさっていますね。

「承る」は、「受ける」や「引き受ける」の謙譲語として使われる言葉ですね。

目上の人からの話を聞いたときにも「ありがたいお話を承りました」と表現することもあります。

伝え聞いく、という意味を謙譲語にすると「承る」になります。

「諾う(うべなう)」には、承知すること、引き受けること、という意味があります。

さらに承知するときの返事として「はい」という意味をもっているようです。

これらの意味を持つ二つの漢字が合わさった「承諾」。

意味を正しく確認してみましょう。

相手の意見や希望を聞いて受け入れること

まず、「承諾」には相手の意見や希望などを聞いて受け入れる、という意味があります。

もし、誰かがあなたに「〇〇をしてほしい」という要望を寄せてきたとします。

その時に、あなたがそれをちゃんと理解して、「わかりました」と受け入れるなら、「承諾した」ということになります。

もし、受け入れられないという場合であれば、意見や希望、要求を理解していても「承諾した」ということにはなりません。

それで「承諾する」ということは、つまり相手の意見や希望や要求を飲んだ、ということになりますね。

例えば、自分の子どもがお母さんに「〇〇を買って~」といったとします。

そんな時に、お母さんはお父さんに聞いてきなさい、というかもしれません。

それで、子どもはお父さんに「〇〇を買ってほしいんだけど・・・いい??」と聞いたところ、お父さんはOKを出します。

つまり、お父さんは子供の希望を受け入れた、意見に賛成したということになり、その子は「お父さんの承諾を得た!」ということができるわけです。

これでもう、お母さんに堂々と「お父さんが買ってもいいって言った」と買ってもらえるわけですね。

もし、お父さんのOKが出るまでに、けっこうな努力と説明が必要で、やっとの思いでOKを出してくれた時なんかは「父もやっと承諾してくれたよ」という言い方をすることがあります。

ときどき、結婚するということに関しても、「親の承諾が取れない」「しぶしぶ承諾してくれた」というように使われることもありますね。

これがビジネスシーンになりますと、「上司の承諾を得る」ということがたびたび発生します。

上司に〇〇についての許可を得る、上司に意見を賛成してもらう、という時に「上司の承諾を得なきゃ!」ということで、上司に相談または希望を掛け合い、もし”OK”がでたら「上司の承諾を得たぞ!」と、前に進めるわけです。

他人の依頼や要求を引き受けること

さらに、他人からの依頼や要求を受け入れる、という意味でもあります。

それで、ある依頼主から何かお願いを受けるときに、その内容を理解したうえでそれを引き受けることを決めた時には「依頼を承諾しました」というように答えることがあります。

要求に関しては、その要求事項がもっともと思える時にその要求を呑む、要求を引き受けるわけですが、そのことを「承諾する」という言い方をします。

先ほどのように、希望や意見に対して肯定的なOKを出す、ということ以上に、こちらの場合では引き受けるわけですので、依頼や要求に対して行動をとることが関係していますね。

契約を成立させる意思表示

この「承諾」というフレーズですが、仕事上の取引などでもよくつかわれる言葉です。

もし特定の内容を含む契約書を交わすとき、契約を成立させますよ!ということの事ら柄の意思表示として「承諾する」と言います。

それで、契約を成立させる意思表示としての意味もあるのです。

「承諾する」場合には、契約内容に沿って物事が進められていくことに同意していることになりますね。

何か申し込みをするときにも「承諾します」という所にチェックをすることがありますけど、それは申し込みをするという意思表示とともに、契約が成立することへの意思表示をしていることになります。

つまり、他者と当社の間、つまり社外での契約を交わすとき、取引をするときに使う言葉なんですね。

元々は「じょうだく」だった

昔は、「じょうだく」と言っていたそうです。

「じょうだく」・・・。

ちょっと言いにくいかもしれませんね。

「しょうだく」のほうがすんなり発音できます。

「じょうだく」と言っていたのがいつ頃から「しょうだく」と言うようになったのかはわかりませんでしたが、現代では「じょうだく」という人はほとんどいませんね。

「しょうだく」が正解です。

仕事などでよく使われる言葉

ということで、「承諾」には意見や希望などを受け入れるという意味や、依頼や要求などを引き受けるという意味があることがわかりました。

そして、ビジネスシーンで他者との取引や契約などを交わすときに、その契約を成立することへの意思表示として「承諾する」というフレーズが使われる、ということもありました。

なので、やっぱり仕事場ではけっこう欠かせないワードということになりますね。

特に、先方の承諾を得るとか、上司の承諾を得なくては勝手に物事を進められない、ということも多いでしょう。

申し込みをするときにも、申し込みを引き受けるという意味で「承諾する」というように取り引きが成立していることを表したりします。

また、先ほどもちょっと触れていますが、仕事場ではなくても親に結婚を許してもらうとか、何かを購入することの許可をもらうとか、何か誰かのOKを取り付けたい時にも「承諾を得る」というように使えます。

承諾と間違えやすい言葉

承諾と同じような意味を持つ言葉もあります。

例えば、意見や希望を受け入れるというときに「了解しました」ということもあるでしょう。

さらに、「了承しました」とか「承知いたしました」というように、要望を受け入れたということを伝えることもありますよね。

では、このまぎわらしい「承諾」、「了解」「承知」「了承」ってどのような違いがあるのでしょうか?

ビジネスシーンでの使い分けに注意

普通のときには、同じような意味を持つ言葉は自由に使える事が多いですが、ビジネスシーンになると、目上の人に使うと失礼になったり、逆に部下などに使うべき言葉というものもあります。

そのような言葉の選択というのは、間違ってしまうと先方に失礼があったり、相手に嫌な印象を与えたり、マナーがなっていない人という印象を与えてしまうことがあります。

逆にちゃんと使い分ける事ができている人は、デキル人とみられることでしょう。

それで、特にビジネスシーンではどのように使い分ける必要があるのか見てみましょう!

了解

まず、「了解」という言葉から確認してみましょう。

「〇〇をお願いします」「はい、了解。」とか、「すみません、10分ほど遅れます。」という報告に対しても「了解」というように使うことが多いですよね。

では、「承諾」とはどう違うのでしょうか?

意味や内容をはっきり理解すること

「了解」には、意味や内容をはっきり理解すること、という意味があります。

さらに、納得し、了承することという意味もあります。

それで、相手から伝えられた情報について、その内容をはっきりと理解しましたよ、という意味で「了解しました」という使い方をします。

「了解事項」というものもありますけど、これは納得し了承された事柄を意味しているわけですね。

仲間内や部下に対して使う

意味や内容をはっきりと理解したことを示すために「了解」を使えるというわけですが、ビジネスの場では、「了解」という言葉は敬意が含まれないと受け取られることがあります。

それで、この言葉は目上の人もしくは上司が部下に対して使う言葉であり、目上の人に使っては失礼になってしまう、ということもあるようです。

とかく、若い年代の人たちにそのような感覚を持っている人は少ないかもしれませんが、年代が上になると、そのように上司が部下に使う言葉、もしくは気がしれている仲間内や同僚同士で使う言葉として使うという印象が強いようです。

それは、「了解」という言葉が、上の権限を持つ人たちが許可を与えるときに使う言葉だから、という理由もあるようです。

確かに、上への報告をした時に、内容を確認した、OKを出したというような意味合いで「了解」と使われる事ありますよね。

上司はよくメールなどでも「了解」の一言で、返信してくることもあります。

なので、上司から何かを頼まれたときに「はい、了解しました」というのは、上司をイラッとさせることもあることを覚えておきましょう。

それで、目上の人、上司には使ってはいけない言葉であることと共に、さらに上から相手を見ているという印象を与えないためにも、新しい取引先の相手や顧客に対しても使わない方がいいかもしれません。

しかし、電話対応をいているときや、会社内でも気心の知れたあいだがらであれば、「了解」という言葉を使っても問題無いでしょう。

しかし、外部とのやり取りには気をつけましょう。

そして、特に正式な文章や顧客向けに送信するメールなどでは、「了解しました」ではあく「承りました」というように使いましょう。

了承

何かの許可を得たい場合に「〇〇さんの了承を得る必要がある」というような言い方をすることもあります。

「先方からの了承がないと進められない」、「〇〇さんの了承が取れない」というように、ニュアンス的には目上の人や取引先の人からの許可を得る、というような意味合いで使う事が多いのかもしれませんね。

えは、正確な意味としてはどうなんでしょうか??

相手の申し出や事情などを聞き入れること

「了承」とは、相手の申し出や事情などを聞き入れることを意味しているようです。

相手の事情をくんで納得すること、というようにも説明できます。

やはり、「了承」する方の人が、相手の何か申し出や事情を”聞き入れてあげる”という印象ですので、上から目線の言葉という事になりますね。

目上の人が下の人に対して使う

それで、「了承」も目上の人が下の人に使う言葉と言えます。

ビジネスにおいては、敬意が含まれていない言葉と捉えられますので上司や年上の人には使わない方が良いでしょう。

そクライアントと請負の関係の中では、クライアントのほうが使う言葉です。

「聞いてあげましょう」というようなニュアンスで、「了承する」といいます。

それで、目上の人から聞き入れてもらえた、納得してもらえたというときに、「相手の了承を得た」という言い回しになります。

「〇〇さんの了承が取れない」ということはつまり、まだ納得してもらえなくて聞き入れてもらえない、ということになるわけですね。

「よろしく御了承ください」と低姿勢でお願いすることもありますし、「申し出の件、了承しました」と答える場合もあります。