ここ最近“メンタル”という言葉をよく耳にするようになったと思いませんか?

メンタルヘルス・メンタルケア・メンタルトレーニング・メンタルリセット等々…センチメンタルもそうですね。

昔からよく、恋愛に絡めて使われることが多いので、慣れ親しんだ言葉なのではないでしょうか?

それに、メンタリストDaiGoさんなど、心を操ることでパフォーマンスをする方もいますよね!

この“メンタル”という言葉が広まったのは、それだけ“心”について注目されてきたからではないでしょうか。

メンタルは英語で、心や精神を指す言葉です。

例えば、メンタルヘルスは“心の健康”を意味し、メンタルケアは“精神面の援助”を意味しています。

日本語にしてしまうと重苦しいイメージのつきまとうこの言葉も、“メンタル”と横文字で広まったことで、親しみやすさを感じられるようになりましたよね。

️メンタルが弱いと毎日がしんどい

人間にとって心は、体の一部と言っても過言ではありません。

心臓が止まったら生きていけないように、心も弱れば体のバランスを崩してしまうのです。

つまり臓器の一部のようなものなのです。

それなのに、臓器と同じように大事に扱われてこなかったのが“心”でもあります。

それが現代の抱える問題となってメンタルクリニックが誕生し、メンタルヘルスの重要性が叫ばれるようになったのだと思います。

メンタルは強ければいいというものではなく、バランスが大事です。

しかし、弱さの影響力は強力です。

強さを持ち合わせていても、弱さはあっという間に強さをも飲み込み、心を支配してしいます。

ともなると、毎日がとてもしんどいものになり、そのしんどさが、さらに心を弱らせてしまうのです。

️メンタルを強くしよう!

弱さにメンタルを支配されてしまうと、心はどんどん傷つき弱っていってしまいます。

そうなると、ちょっとした変化にも耐えられなくなり、自分に自信を持てなくなってしまったり、病気になってしまったりもするのです。

そうならないように、普段から自分のメンタルをケアしておくことがとっても重要なんです。

因みに…筆者の私は、比較的メンタルは強いほうです。

ポジティブに考えられるほうだし、落ち込んでふさぎ込むようなことはありません。

そんな私でも、ストレスには弱かったりします。

それは、自分でも実感しています。

その中でも、とくにプレッシャーには弱い。

仕事なんかでプレッシャーがかかる重要な時は、決まって顔に吹き出物が出まくります(笑)

つまり、ポジティブ思考が出来ても、心がついてきていないこともあるということです。

思考と心は必ずしもイコールではありません。

それだけ、“メンタルを強くする”ことは簡単でないのです。

しかしながら、何もしなければ“しんどい毎日”から抜け出すことは出来ません。

思考も心も、トレーニングすることで強化していくことは出来るのです。

メンタルを強くする10の行動

臓器の一部のようであっても、手術をすれば治るというものではないのが“メンタル”です。

手術は出来ませんが、身体と同じで、トレーニングで強化していくことは可能なのです。

メンタルの弱い人にとっては、トレーニングというよりリハビリと言った方がいいかもしれません。

身体の機能回復には、リハビリがつきものですよね?

少しずつ身体を慣らしていくような感覚と同じで、メンタルも少しずつ慣らしていくことが大切です。

ここからは、そのリハビリメニューとして“メンタルを強くする10の行動”をご紹介していきます。

これは、あくまでもご提案です。

でも、何か変われるキッカケにはなるはずです。

自分の出来そうなことからひとつずつ、習慣として取り入れてみてください。

焦らず、段階を踏むことが大切ですよ!

1.ポジティブ変換をする

まずご紹介するのは“ポジティブ変換”です。

メンタルが弱い人というのは、全ての物事をマイナスに捉えがちです。

それをプラス思考へと変換してみるということです。

もちろん、変換すればいいというものではありませんが、リハビリとしては有効な方法のひとつです。

先にもお話した通り、“思考”と“心”はイコールではありません。

頭で無理やりプラス思考に考えても、心がついてきていないということは、よくあることです。

ですので、ポジティブ変換をするときは、心も付いてきているか、心もそれで満足しているか、よく感じてあげることも忘れないでください。

見開きのノートを用意

それでは早速、ポジティブ変換のひとつの方法をご紹介していきます。

まずは見開きのノートを用意してください。

ノートではなく一枚の紙でも構いません。

その場合は半分に折って、見開きの状態にしてください。

この一方のページに今の悩みや失敗を書き、もう一方のページにポジティブに変換した考え方を書いていくのです。

変換することも大事なのですが、実はこの“書く”ということが、何より大切なことなんです。

書きだすことで、頭の中や心の状態を整理することが出来るからです。

私も、ポジティブ変換ではありませんが、何かを選択しなければならない時などは紙に書いて整理します。

メリットとデメリットをわけて書きつらね、どちらがいいのかを考える材料にしたりします。

ポジティブ変換の場合、整理して変換することを習慣にしていくと、書かなくても変換出来るようになっていくものですよ!

左のページに悩みや失敗を書く

まずは左のページに、今の悩みや失敗を書いていきましょう。

変換しなくとも、書くだけでも自分の状態を整理することが出来るのでお勧めです!

ここでひとつ、例を挙げておきましょう。

仕事で失敗をして先輩に怒られてしまったとします。

「今日は、仕事で失敗して、先輩に怒られてしまった」

この時さらに、心で感じていることにも目を向けてあげましょう。

「なんであんな失敗しちゃったんだろう、私って本当何をやってもダメ…」と。

右のページにポジティブ変換を書く

左のページをポジティブに変換すると

「今日は仕事で失敗した。先輩は私の失敗に気付き指摘してくれた。厳しく注意することで、同じ失敗をしないように意識させてくれた。いつも私を見ていてくれる先輩がいるからこそ、成長させてもらえているんだ」と。

また「あんな失敗をしちゃったのは、意識が足りなかったのかもしれない。せっかく見守ってくれている先輩がいるんだから、肩を借りるつもりで、次は頑張ろう。」のようになります。

ただ、マイナス思考の人は、ポジティブ変換が出来なかったりもするでしょう。

それにやっぱり、失敗したことも怒られたことも、ショックですよね。

あんな怒り方しなくてもいいのに!と、そんな気持ちもあるかもしれません。

そのときはまず、自分の感情を受け止めてあげてください。

その気持ちを無視してポジティブ変換しても、意味はないのです。

短所を長所に言い換えるような感覚で

それでも、考え方の変換の練習をすることは、いずれメンタル強化に繋がっていきます。

短所を長所に言い換えるような感覚で、少しずつ慣らしていってみてください。

そうすると、自分の心のケアだけではなく、周りの人の見え方も違ってきたりします。

厳しい先輩の、厳しいだけじゃない一面が見えてきたりもするものですよ!

2.自分の失敗を受け入れる

メンタルを強くするメニューとして次にご紹介するのが“自分の失敗を受け入れる”ということです。

ポジティブ変換の際にも例として挙げましたが、“失敗”の経験をどう受け入れるか。

これが、メンタルの強い人と弱い人では大きく違っています。

“失敗”すると、恥ずかしさや悔しさがあったり、自分の出来なさを実感させられたりして、落ち込みますよね。

この感情は、メンタルの強い人にも同じようにあるもので、当たり前に感じる感情です。

メンタルが強くなれば、「マイナスな感情を感じなくなれる」と思う人もいるかもしれませんが、それは違います。

恥ずかしさや悔しさを一切感じないのは、単に逃げているだけで、メンタルが強いわけではありません。

メンタルが強いのではなく、図太いだけです。

私にももちろん、失敗した経験は何度もあります。

そんな時は落ち込むし、「穴があったら入りたい」とすら思います。

メンタルが強くなるということは、失敗も、それによる感情も、自分で受け入れることが出来るようになるということなのです。

失敗は成功のもと!その失敗には意味がある

失敗は成功の元!とは良く言いますよね。

出来れば失敗なんてしたくはないけれど、人生において何の失敗もなく過ごせる人なんていません。

誰でも、失敗はするものです。

失敗から学べることは沢山あって、その後の自分にどう生かしていくかが大切です。

失敗の意味を見いだせるか、失敗しただけで終わってしまうのかで、自分の成長度合いは大きく変わります。

失敗した時は落ち込んでも、その失敗を無駄にしないこと。

それを心掛けることが大切です。

その経験があったから今の自分がいる

昔の失敗を思い出して見てください。

「その経験があったから、今は同じ失敗をしないようになった」ことが、ひとつは必ずあるはずです。

私の昔の小さな失敗をひとつ、お話しましょう。

小さいころ、母親の洗い物の手伝いをしていたとき、包丁でざっくり指を切ってしまったことがありました。

包丁の刃側をスポンジで挟み込んで、ゴシゴシ洗っちゃったんですよね。

今考えれば、あり得ない洗い方で、ほんとバカだなぁなんて思いますが、その時はスポンジが切れちゃうことまで考えていなかったんですよね。

こういった怪我も、幼いころに経験するからこそ、気を付けなきゃいけないんだってことに気付くものですよね。

怪我の場合は、心を痛めるというより痛い思いをするだけの経験ですが、たとえ心を痛める失敗だったとしても同じです。

人は失敗から学び、失敗があったからこそ今の自分がいるんです!

今、メンタルが弱いと思っているあなたも、本当は失敗を活かした経験があるはずですよ。

迷惑をかけたらキッチリ謝罪

失敗したら受け止めること、その失敗から学ぶことが大事!ですが、その失敗によって誰かに迷惑をかけてしまった場合は、素直に謝ることも忘れないでください。

失敗すると、ついつい逃げたくなるし、自分の中で受け止めるので精一杯になりがちです。

でも、失敗には、他人に迷惑が掛かっている場合も多いですよね?怪我なら自分が痛い思いをするだけですが、

誰かに迷惑をかけてしまった場合、逃げるよりも落ち込むよりも先に、謝ることです。

謝ることも経験、どう許してもらうかも経験です。

ここを乗り越えてこそ、メンタルは強化されていくものです。

3.反省はしっかりする

メンタル強化のためのメニュー3つ目は“しっかりと反省をする”ということ。

この反省というのは、失敗してしまったことに対して行うことだけを指しているのではありません。

反省とは“普通のとらえ方や自分の普段の行動・あり方を振り返って、それでよいか考えること(google検索)”とあります。

つまり、自分を省みること。

ここにこそ反省の意味があるのです。

失敗や過ちをしてしまった時だけではなく、日ごろから自分を省みて向き合うこと。

これが、何よりも大切です。