CoCoSiA(ココシア)

謙遜するための10個のテクニック

謙遜するための10個のテクニックのイメージ写真
 日本社会の中で暮らしていると、外国の映画やドラマを見たときに違和感を覚えることはありませんか?

例えば、海外の人にとっては自分の息子や娘を他人に自慢することがナチュラルに行われていますし、自分の魅力をアピールすることにも違和感はないように見受けられますよね。

これはある意味で潔くて良いのではないかと思われますが、これは日本社会の中では行うことができるでしょうか。

日本社会でそれだけの自慢を聞いたとしたら、かなりの違和感を覚えるに違いありません。

また、そんなに自慢することを怖いと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

その理由は、日本社会での文化は謙遜にあるということです上手に謙遜できなければ、日本の社会の中では居心地悪い思いをしてしまうことが多いでしょう。

謙遜ができる人の方が人付き合いがうまいように思われますよね。

ここでは、謙遜するためのテクニックについてご紹介します。

いつも謙遜の案配が分からなくて困っているという方は、ぜひこれらのテクニックを利用してみてください。

️謙遜するのは簡単なことではない

 そもそも、謙遜するというのは簡単なことではありません。

人間は誰にも自尊心があります。

自分のことを大切にしたいと思っている気持ちもありますし、これだけは人に負けないと思っていることもあるでしょう。

全てにおいて鬱状態になっている人でもなければ、自分のことをそれなりに認めてあげるような気持ちは誰もが持っているのです。

そうでなければ、自分を侮辱してきた人に対して怒りを覚えるはずがありません。

そのような状態でも、日本社会の中では自分を低く見せるようなことをしなければ行けないのですから、つらいことには間違いないでしょう。

自分が本当には思っていないことを、さも本当のことのようにいわなければ行けないのですから、謙遜するのが嫌でたまらないという人もいるはずです。

謙遜することは簡単なことではないために、自然と謙遜できる人がうらやましいと思っている方もいるかもしれませんね。

上手に謙遜できる人は、元から人付き合いの中でのバランス感覚を持っている人だともいえるかもしれません。

ですが、全員がそのバランス感覚を持っているわけではないので、上手に謙遜するためには、しっかりとしたテクニックを勉強する必要がありますね。

特に人との関わりが多いような職業についている方、学校や家庭生活、友人との人間関係に悩んでいる方は謙遜のテクニックを勉強してみるようにしましょう。

️そもそも謙遜とは

謙遜とは何か
 そもそも謙遜とはどのようなことを言うのでしょうか。

謙遜とはどのようなことなのかを知っておかなければ、上手にできるはずがありませんよね。

謙遜を上手にするためにも、まずは謙遜というものがどのようなものなのか、どうしてしなければ行けないのかについて学んでみるようにしましょう。

また、謙遜と謙虚の違いについても見て見ることにしましょう。

謙遜の意味

 まずは謙遜の意味です。

謙遜とは、そもそもはどのような状態のことを言うのでしょうか。

また、どうしてそれをしなければいけないのでしょうか。

へりくだること

 謙遜の意味は、基本的にはへりくだるという意味で良いでしょう。

自分のことを低く見せることで、相手への敬意を表すということです。

日本人は敬語を使って話をしますが、これも相手に敬意を示すために行われるものです。

外国ではこうした文化はあまりないですよね。

自分がへりくだっていることで相手が気持ちよくなってくれるのなら、それが良いと考えてしまうのが謙遜文化です。

【へりくだるについては、こちらの記事もチェック!】

控えめな態度をとること

謙遜して控えめな態度をとっている
 自分を低く見せるだけではなく、控えめな態度を取ることも謙遜の意味の一つとなります。

控えめで出しゃばってこない態度を謙遜という言葉で表すこともあるのです。

控えめな態度ということは、自分を見せようとしてこないということになりますし、常に人より一歩下がったところにいるということでもあります。

この態度は、結果的に周りの人を高く見せることになるので、控えめな態度が謙遜と言っても間違いないでしょう。

慎ましやかな様子

 控えめな態度を取ることだけではなく、慎ましやかな様子を見せることも謙遜の一つです。

慎ましやかで自分が目立とうとはしないことが、謙遜する上ではとても大切なことですね。

慎ましやかに控えていれば、取り敢えず相手よりも植えにいくことがないので、結果的に相手への経緯を表明することとなります。

自分を低く評価すること

 これが敬語や尊敬の意を示すためには一番大切なことかもしれません。