CoCoSiA(ココシア)

気を遣うための8個のやり方


この世の中には、沢山の人がすんでいます。

その中にはいい人も居れば悪い人も居ます。

どうしても好きになる事が出来ない人だって居るかもしれません。

ですが、自分の好きな人とだけ関わって生きていく事は出来ません。

仲良くなる必要はありませんが、ある程度の距離を保ちつつも関わって行く必要があるでしょう。

多くの人と関わって行く中で、あなたが嫌な人だと感じる人が居るようにあなたの事を嫌だと感じる人も居るかもしれません。

お互い人間同士です。

合わない事もあるでしょう。

ですが、その際もただ合わないと決めつけてしまう事は簡単な事です。

その時に諦める事無く関係を修復していこうと努力する事によって自分にとっても経験として捉えることが出来る事もあるかもしれません。

人に好かれる為には、どんな事をすればいいのか。

ただやみくもに優しくしたり、物をあげる事によって関係を気付いて行く事は良いやり方とは言えません。

物で作った関係性はあっという間に崩れてしまうからです。

そうならない為には心と心で信頼し合う必要があります。

心を通じ合わせる為には、相手の気持ちに寄り添って行動する事が必要となります。

その為には、気持ちが伝わるように気を使った行動を取る事が出来るかどうかが大事なポイントとなります。

『気を使う』と言葉でいうのは簡単な事です。

ですが、それを実際にやってみようとすると難しい部分も多々あります。

相手の為にやっているつもりでも、相手にその気持ちが伝わらない事もあるでしょう。

反対に、やり過ぎて反感を買ってしまう事もあるかもしれません。

その為にも、自分だけの判断では無く、相手の気持ちをしっかりと考えて行動する事が何よりも大事な事となるでしょう。

そこで今回は、どうやったらより上手に相手に気を使う事が出来るカノポイントについてご紹介させて頂きます。

これから紹介する方法を意識して行動する事によって、今までなかなか上手く行動する事が出来なかった人も、より上手く行動をする事が出来るようになるかもしれません。

️気を遣うための8個のやり方

よく会話の中で『気遣いの出来る人』なんて言い方をされる時があります。

これが、その人が気を使うことが出来て居ると言う事を指して居るのでしょう。

ですが、いざそのような人になる為に、どうしたら良いかと聞かれればどうにもやり方が分からず立ち止まってしまう事もあるかもしれません。

憧れの気持ちはある物の、そう簡単に治す事が出来ないからこそ出来て居る人が評価されるのでしょう。

気を使う事が出来る人になる為には、ある程度のやり方を身に付ける必要があります。

例えこのすべてをやった所で上手く行かない事もあるかも知れません。

ですが、何も知らないままにただ約雲に行動するよりは、自分の中でのルールを決めそれに向かて行動して行く方がよっぽど効率よくそのスキルを身に付けることが出来るでしょう。

そこで今回は、気を使う人になる為のポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

日ごとの行動を少し変える事によって、自然と気を使うスキルが身について行く事もあるでしょう。

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

周りをよく見る


気を使う為には、まず手助けを必要としている人の事を探す必要があります。

『手伝って』と言われてから手伝う事は、悪い事では無い物の気が使えるとは言いません。

本当に気を使う事が出来る人は『手伝って』と言われるませに、自分から率先して片付けルことが出来るひとの事を指します。

その為には、そのピンチにいち早く気が付く事ができるように周りの状態をしっかりと確認しておく事が必要でしょう。

その事をする事が出来るかどうかによっても手助けするスピードが変わって来るでしょう。

より俊敏に動く事によって、気を使う事が出来る人だと興味を持って貰う事も出来るかもしれません。

周りの人の行動

より相手に対して、喜ばれる形で気を使う事が出来るかどうかはその気を使うタイミングにかかってくるでしょう。

どんなに素晴らしい事をしたとしてもタイミングがずれてしまっていては何の意味もありません。

その為、いつどんな形で行動する事が一番良いのかをしっかりと考えて行動して行きましょう。

その為にも、周りの人の行動をしっかりと見て確認する事が何よりも大事な事となるでしょう。

最初はなかなか上手く周りの行動を把握する事が出来なかったとしても日頃から意識して行動する事¥が出来ればいつしかその成果は自分のスキルとなって身についてくれる事でしょう。

他人の行動を意識する事は、すなわち自分の行動を意識する事にも繋がります。

より多くの人の役に立つ行動が出来るようになる為にも、しっかりと色々な事に意識をむけ行動を正していきましょう。