この世の中には、沢山の人がすんでいます。

その中にはいい人も居れば悪い人も居ます。

どうしても好きになる事が出来ない人だって居るかもしれません。

ですが、自分の好きな人とだけ関わって生きていく事は出来ません。

仲良くなる必要はありませんが、ある程度の距離を保ちつつも関わって行く必要があるでしょう。

多くの人と関わって行く中で、あなたが嫌な人だと感じる人が居るようにあなたの事を嫌だと感じる人も居るかもしれません。

お互い人間同士です。

合わない事もあるでしょう。

ですが、その際もただ合わないと決めつけてしまう事は簡単な事です。

その時に諦める事無く関係を修復していこうと努力する事によって自分にとっても経験として捉えることが出来る事もあるかもしれません。

人に好かれる為には、どんな事をすればいいのか。

ただやみくもに優しくしたり、物をあげる事によって関係を気付いて行く事は良いやり方とは言えません。

物で作った関係性はあっという間に崩れてしまうからです。

そうならない為には心と心で信頼し合う必要があります。

心を通じ合わせる為には、相手の気持ちに寄り添って行動する事が必要となります。

その為には、気持ちが伝わるように気を使った行動を取る事が出来るかどうかが大事なポイントとなります。

『気を使う』と言葉でいうのは簡単な事です。

ですが、それを実際にやってみようとすると難しい部分も多々あります。

相手の為にやっているつもりでも、相手にその気持ちが伝わらない事もあるでしょう。

反対に、やり過ぎて反感を買ってしまう事もあるかもしれません。

その為にも、自分だけの判断では無く、相手の気持ちをしっかりと考えて行動する事が何よりも大事な事となるでしょう。

そこで今回は、どうやったらより上手に相手に気を使う事が出来るカノポイントについてご紹介させて頂きます。

これから紹介する方法を意識して行動する事によって、今までなかなか上手く行動する事が出来なかった人も、より上手く行動をする事が出来るようになるかもしれません。

️気を遣うための8個のやり方

よく会話の中で『気遣いの出来る人』なんて言い方をされる時があります。

これが、その人が気を使うことが出来て居ると言う事を指して居るのでしょう。

ですが、いざそのような人になる為に、どうしたら良いかと聞かれればどうにもやり方が分からず立ち止まってしまう事もあるかもしれません。

憧れの気持ちはある物の、そう簡単に治す事が出来ないからこそ出来て居る人が評価されるのでしょう。

気を使う事が出来る人になる為には、ある程度のやり方を身に付ける必要があります。

例えこのすべてをやった所で上手く行かない事もあるかも知れません。

ですが、何も知らないままにただ約雲に行動するよりは、自分の中でのルールを決めそれに向かて行動して行く方がよっぽど効率よくそのスキルを身に付けることが出来るでしょう。

そこで今回は、気を使う人になる為のポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

日ごとの行動を少し変える事によって、自然と気を使うスキルが身について行く事もあるでしょう。

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

周りをよく見る


気を使う為には、まず手助けを必要としている人の事を探す必要があります。

『手伝って』と言われてから手伝う事は、悪い事では無い物の気が使えるとは言いません。

本当に気を使う事が出来る人は『手伝って』と言われるませに、自分から率先して片付けルことが出来るひとの事を指します。

その為には、そのピンチにいち早く気が付く事ができるように周りの状態をしっかりと確認しておく事が必要でしょう。

その事をする事が出来るかどうかによっても手助けするスピードが変わって来るでしょう。

より俊敏に動く事によって、気を使う事が出来る人だと興味を持って貰う事も出来るかもしれません。

周りの人の行動

より相手に対して、喜ばれる形で気を使う事が出来るかどうかはその気を使うタイミングにかかってくるでしょう。

どんなに素晴らしい事をしたとしてもタイミングがずれてしまっていては何の意味もありません。

その為、いつどんな形で行動する事が一番良いのかをしっかりと考えて行動して行きましょう。

その為にも、周りの人の行動をしっかりと見て確認する事が何よりも大事な事となるでしょう。

最初はなかなか上手く周りの行動を把握する事が出来なかったとしても日頃から意識して行動する事¥が出来ればいつしかその成果は自分のスキルとなって身についてくれる事でしょう。

他人の行動を意識する事は、すなわち自分の行動を意識する事にも繋がります。

より多くの人の役に立つ行動が出来るようになる為にも、しっかりと色々な事に意識をむけ行動を正していきましょう。

周りの人の表情


人の事を観察するポイントはいくつかあります。

言葉で助けを求めてくれる事があれば、それは簡単ですが、中には言葉ではなかなかはっきりと助けを求めてくれない方も居るでしょう。

更には、助けを求める前に行動してこそ相手に喜ばれると言う事もあります。

その為、出来るだけ早く相手の状況に気が付く事が大事なポイントなのでしょう。

多くのポイントがある中で、特に人の感情が分かりやすい物に表情と言うものがあります。

相手の表情を読み解く事によって、どんな気持ちでいるのか。

嬉しいのか悲しいのか。

何か困っている事は無いかなどといった事を読み解くのです。

それは急に出来るようになる物ではありません。

段々と時間をかける事によって出来るようになっていくものなのです。

その為、人の為に気を使う人間になりたいと思うのであればまずは相手の表所をよく見て、その人がどんなことを求めて居るのかを把握する事が出来るようになりましょう。

それが出来るようになる事によって、今後の評価が大きく変わってくる事もあるかもしれません。

周りの人の状況

誰かを助けたいと考えるのであれば、周りの状況をしっかりと確認しておくことが大事なポイントです。

例え本人が助けを求める事が無かったとしても、その人の周りで起きている状況をしっかりと把握する事によって、その人に必要な事を考え行動してあげることが出来るでしょう。

本来、気を使う事が出来る人間というのはそうした人の事をいうのかもしれません。

自分の状況を把握するだけでは無く、相手の状況をしっかりと把握する事によってその人に何が一番必要なのかをしっかりと考え行動で示して上げることが出来るからです。

相手が助けを求めてから行動する事も大事なポイントですが、相手が気が付く前に行動する事が出来てこそ気を使う人間と言う事が言えるでしょう。

その為にも、まずは状況をしっかり把握する力を付けることが大事なポイントです。

人によっては見るポイントが違うので、どうしたら良いか分からなくなってしまう事もあるかもしれませんが、それもまた一つ一つ経験する事によって学んでいく事が出来るでしょう。

その為、まずはしっかりと相手の気持ちを考える事が出来るように多くの人に興味を持ち、その人が無いを考え何に興味があるのかをしっかりと把握して行きましょう。

行動を先読みする

本当に気を使う事が出来る人は、相手が困る前に行動してあげることが出来ます。

助けられた本人は、助けて貰った事すら気が付かない事もあるかもしれません。

ですが、その努力は必ずや誰かの目に止まって居るはずです。

その為にも、気を使う人間になりたいという思いがあるのであれば出来るだけ先を見て行動するようにしていきましょう。

とはいえ、人間の気持ちは簡単に把握する事は出来ません。

その人が何を考え、何に困って居るんかはパッと見は判断する事が出来ません。

ですが多くの出来事を考え一緒に経験する事によってその人の性格や人となりを把握する事が出来るようになります。

それらを把握する事が出来る様になると、自然と行動を先読みする事も出来るようになるかもしれません。

多くの人の気持ちを理解するには難しい部分も多々ある事でしょう。

人の気持ちを考えて行動しているつもりなのにも関わらず、その気持ちが伝わらずに悲しい思いをする事だってあるかもしれません。

ですが、人生は何事も経験です。

失敗してしまたったと思うような行為でさえも後から考えればいい経験になっている事もあるでしょう。

その為、何事も恐れずに行動してみましょう。

失敗を恐れて行動していては何も得る物はありません。

例え失敗したとしてもかまわないという強い気持ちを持つ事が出来るかによって、どれほど成長させてあげる事が出来るかどうかのいう事も変わって来るのでしょう。

失礼のないようにする

相手の為に行動する事は、意外と難しい事もあります。

自分では、相手の為に気を使って行動しているつもりでもその相手からすれば、気に食わない事もあるかもしれません。

優しさのつもりの行為出さえも、かえって相手を傷つけたししてしまう事もあるかもしれないのです。

一つの同じ出来事であったとしても、それに対してどう考え、どう行動するのかはその人によって違います。

自分では全く気にならないような事でさえも嫌な気持ちになる事もあるでしょう。

その為、何か相手の為にしてあげたいと思うのであれば、自分の考えだけを押し付けるのでは無く相手の気持ちもしっかりと考えて行動する事が大事でしょう。

どんなに善意のつもりで行動した事であっても、相手の事を怒らせてしまう事はあります。

そうなってしまうと、自分の気持ちが伝わらず悲しい気持ちになるだけでは無く周りの人との関係性もギクシャクしてしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも、相手の気持ちをしっかりと考え行動する事をおすすめ致します。

嫌なことを引き受ける

どんあ場合であっても、嫌な仕事と言うものはある物です。

時間的に難しい物もあれば、技術が必要な事だってあるでしょう。

中にはめんどくさい事や汚い・臭いなどといった物もあるかもしれません。

そんな出来事を率先してやりたいと考える人はおそらく殆ど居ないでしょう。

出来る事なら誰か他の人がやってくれないかなと思ってしまう事でしょう。

ですが、その時自らやってくれる人が出てきたらどうでしょうか。

多くの人が安堵する事でしょう。

嫌な仕事を引き受ける事によって、多くの人にのしかかっていたプレッシャーを排除してあげることが出来ます。

その為、気を使う事が出来る人間として評価される事もあるかもしれません。

ですがそれは一時的なものです。

いつもいつもそれを繰り返していると、いつの間にかそれが当たり前になってしまう事もあるでしょう。

他人の為に、やりたくもない嫌な事を引き受けて上げる方は世の中には沢山居るのかもしれません。

彼らが居るからこそ、他の人たちは自分の思った通りに行動する事が出来るのでしょう。

その為、とてもありがたい存在なのです。

とはいえ、自分がやりたくもな仕事をいつもいつも率先してやるっ必要はありません。

他人に対して、優しい気持ちをもって行動してあげることが大事な事です。

ですが、それによって自分の生活に害が出うよな事があっては意味が無いのです。

その為、にもその見極めの付けることもまた大事なポイントの一つでしょう。

空気を読む

本来、空気には形はありません。

ここで言う所の空気を読むという言葉の意味は、その場その場の流れをきちんと読み相手の考えを把握する事が出来るかと言う事なのです。

まわりの人が暗黙の了解で行動している事に対しても、何も考えず行動してしまったりあえて話を振らないようにしている事に対していきなり核心をついてしまうような行動をとってしまう事が多々ある方は、空気が読めないと言われてしまうのかもしれません。

空気が読めない人は、気を使う事ができる人間になる事は出来ません。

空気を読めるようになって子ど、相手に対しても的確に気を使う事が出来るようになるのです。

最近では、空気の読みすぎによって自分の意見をハッキリいう事が出来ない人も多く出てしまってる用です。

それほどまでに相手の気持ちを尊重させる必要もありません。

ですが、それでも相手の事を思い気を使う事が出来る人間になる為には、多少の努力は欠かせません。

気を使う所と使わない所。

その塩梅を身に付ける事大事なポイントです。

発言に気をつける

言葉には多くの力が宿って居ます。

その力は、良いものもあれば悪い物もあるでしょう。

例えば、自分では対して意識せずに話した言葉であっても相手にとってはその言葉がとても傷つく言葉の可能性もあります。

その事に気が付かずに過ごしていると、その相手との関係性を壊してしまう事にも繋がるかもしれません。

また、あなたが気を使って行動した事や話した事に対しても、言われた本人が嫌な思いになってしまった場合はそれは気を使う事が出来たとは言えません。

優しさや親切と同じ様に、相手に対して気を使う行動は独りよがりになっても意味がありません。

自分の行動を自覚して相手がそれに対してどう考えどう行動するのかを理解しなければならないのです。

その為にも、自分のきもちを優先するのでは無く相手の事を常に考えて行動する様にしましょう。

それをする事が出来れば、相手を傷つけてしまう発言をする事もなくなるはずです。

人間関係は、とても脆い物です。

どんなに時間をかけて築いた関係性もあっという間に崩れてしまう可能性があります。

その結果、大事な友人を無くしてしまう可能性だってあるのです。

そうならない為にも、自分の発言には責任をもって行動して行きましょう。

想像を巡らす

気を使う事が出来る人は、その人の性格や行動に対して何を考えどんなことを求めて居るのかを、把握する事が出来宇ます。

ですが、それは目で見る事が出来ない部分でもあります。

その為、まずは、相手の事を良く知りどんな人でどんな事を考え、行動しているのかという部分をしっかりと把握しておく事が必要です。

さらに言えば、その情報を使い自分の中でいかに想像を働かせることが出来るかがポイントとなってくるでしょう。

自分の考えとは違う相手に対しても、誠意ある対応をがける事によって相手の気持ちよく過ごす事が出来る環境を維持する事が出来るでしょう。

人間の感情は一つではありません。

嬉しい時もあれば悲しい時もあります。

人によっては、怒っているように見えても照れているだけ何ていう事もあるかもしれません。

一つの感情だけでは無く多くん感情を持っているからこそ、人間は素晴らしい生き物なのかもしれません。

その多くの感情を一つでも多く理解する事が出来るように、自分の経験値を増やし相手の気持ちに立つ事が出来るようにしましょう。

干渉しすぎない

相手の事を考え、行動しようと思ってるとついつい余計な口を挟んでしまいがちです。

特に家族や恋人など、自分の極々身近に居る人に対して干渉してしまう事もあるでしょう。

それは相手の小音が心配の余りに起こる行為であり、強い愛情表現の現れなのです。

ですが、こちらがどんなに優しさのつもりで気を使って行動をしたとしても相手には迷惑だと思われてしまう事もあるかもしれません。

干渉しないでと言われてしまう事もあるかもしれません。

相手の事を思えば思う程、つい手も口も出したくなってしまう人も居るでしょう。

ですが、当ては子供ではありません。

余りにも、あーでもないこうでもないと横から話を振られてしまうと、変えてパニックになってしまう原因を作る事にもなりかねません。

相手の事を考え、気を使って行動する事が大事な事です。

ですが、本人が出来る事を先回りして行動してしまう事は、かえって相手の事を不快な気持ちにさせてしまう事もあり、注意が必要です。

【干渉については、こちらの記事もチェック!】

️気が遣える人になりたい!

気が使える人間になると言う事は、自分自身のためにとても重要なスキルです。

そのスキルがある事により、多くの人と有効な関係性を築いて行く事が出来るでしょう。

自分自身に気を使ってくれる相手に対して、嫌な思いを抱く人は殆ど居ません。

むしろ行為を抱いてくれるはずです。

その為、より素晴らしい人間関係を維持して行く為にも気を使う事が出来る事はとても素晴らしい事でしょう。

素晴らしい人間関係を築いて行く事が出来ると言う事は、いつか困った事があった時助けてくれる人の数を増やす事が出来ると言う事にも繋がります。

一見気を使って行動する人は、他人の為に自分を犠牲にしている人の様にも見えるかもしれません。

ですが、実際にはそれは勘違いでありその行動からまれた善意はいつの間にか自分に返ってくるのです。

日本には、『情けは人の為ならず』という言葉があります。

それと同じように、気を使て相手の事を考え行動してあげるスキルは必ずいつか自分自身を助けてくれるものになる事でしょう。

だからこそ、私たちはそのスキルを身に付けて行きたいと思うのです。

相手に対して気を使うスキルは、そう簡単に身につくものではありません。

なかなか上手く行かず空回りをしてしまう事もあるでしょう。

時には相手を困らせてしまう事だってあるかもしれないのです。

ですが、それも経験として受け止めて行きましょう。

多くの失敗をする事により、自分自身の経験値を上げて行く事が出来ます。

最初は上手く行かない事も、いつの間にか自分のスキルを上げることが出来て居るはずです。

諦めずに挑戦して行きましょう。

気が遣えるって素敵な人

あなたの周りには気を使う事が出来る人が居るでしょうか。

その人たちの事を見ると、素晴らしい人だと感じる事もあるでしょう。

中には、あんな人になりたいと憧れを持つ事もあります。

その中でも、特に多くの人に尊敬され、憧れの存在となるのが気を使う事が出来る人です。

周りに対して、気を使う事が出来る人はその人が居るだけで多くの人の心を幸せにしてあげることが出来ます。

そういった人が周りに居てくれる事によって、あなたの日々も楽しい物に変わるかもしれません。

その人の存在一つで、世界を大きく変える事の出来る存在は憧れの的になったとしても不思議ではありません。

他人に対して自然と気を使って行動する事が出来る人は、基本的には生まれ持った才能です。

ですが、この力は努力する事によって改善する事が出来ます。

その為、もし憧れる気持ちがあるのであれば是非それを目指して自分自身の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

️気を遣うためにまず大切なこと

気を使う事が出来るようになる為には、まず人の事を思う気持ちが必要です。

自分の事ばかり考えているような人には、他人の気持ちを分かる人になる事は出来ません。

その人は何を考え、どんな気持ちで居るのか。

それを考え、行動する事が出来るかどうかによって気を使う事が出来る人間になれるかどうかが変わってきます。

人の気持ちは誰にも見る事が出来ません。

例え自分の事であっても、分からなくなる事がある程です。

ましてや他人の心などそうやすやすと理解する事が出来る物ではありません。

大事なのは、理解する事が出来ない物だと言う事をしっかりと意識しておく事です。

相手の気持ちをなんでも理解していると考え、行動してしまうとどうしてもおごりがでてしまいます。

自分は全てをわかったような気持になった所で実は何も分っていない事だってあるでしょう。

ですが。

その分っていない事に気が付かずに過ごしてしまうと、相手から距離をおかれたり嫌がられてしまう事もあります。

そうならない為にも、常に謙虚な心を持つ事が大事な事なのです。

️気の遣いすぎは禁物です

日本人は、元々海外の国々と比べると自分の意見を言う事が極端に少ない国柄でもあります。

本音と建前をしっかりと使い分けており、仕事とプライベートを上手く切り替えることが出来て居る人も多く居るでしょう。

ですが、それも度を越してしまうと良い事はありません。

というのも、あまりにも他人に対して気を使う人は、自分のキャパを越えてもなお行動し続けます。

それは、大人になってからであれば多少は問題無い部分もありますが、最近では余りにも無理しすぎて自分自身が大変のいなってしまう事も多々会います。

そうなってしまわない為にも自分でもむっずかしいと考える事はきちんと避けるう勇気も必要な事です。

他人に対して気を使い過ぎると言う事は必ず無理をしている状況となります。

どんなに素晴らしい事も無理は行けません。

無理は必ず長続きしないだけではなく、自分自身にも疲れを蓄積させてしまうからです。

素晴らしい事であっても無理をしてまで他人の為にする必要は無く、自分自身の為に行動することが大事な事なのでしょう。

気を遣いすぎるとストレスが溜まる

気を使うと言う事は、他人の行動や気持ちに対して意識をもって行動する事になります。

それはとても神経を使う作業であり、ずっと続けていると疲れを感じる事もあるでしょう。

慣れてくれば、さほど意識せず気を使って行動する事が出来るようにはなるものの最初のうちは気負いすぎてしまっている事もありなかなか上手く出来ない事もあるかもしれません。

他人に対して気を使って行動する事は都てっも大事な事です。

それをする事によって、他人からの評価を上げることも出来るかもしれません。

ですが、余りにもそこに意識を持っていても結局は自分自身を苦しめてしまうだけになってしまう事もあるかもしれません。

他人の事を意識して生活する事は大事な事ですが、それと同じくらい自分の事を考えて行動する事も大事な事でしょう。

周りの目を気にしすぎてしまう

気を使う事は大事な事です。

他人との円滑な関係を作っていく為には必要不可欠な事でしょう。

ですが、何てもやり過ぎは良くありません。

気を使い過ぎてしまう人は、他人からの評価を気にしすぎる余り自分の感情を上手にアピールする事が出来ない場合も多々あります。

そうなってしまっては自分の気持ちを出す事が怖くなってしまい、日々の生活にもストレスを感じてしまうようになってしまうかもしれません。

他人からの評価は確かに気になる物です。

出来る事なら他人から良く思われたいと思うものでしょう。

ですが、だからと行ってなんでも感でも我慢する必要はありません。

時には自分の中で譲る事の出来ないポイントを持つ事も大事な事かもしれません。

他人からどう思われようと、譲れない物を一つ持っていれば、それだけで自分自身に自信をもって行動する事が出来るようになるかもしれません。

無理のない範囲で気を遣おう

日本人は、海外の人たちに比べると基本的に気を使います。

それは気遣いともいい、円滑な人間関係を維持する為にはとても重要な事です。

ですが、その反面自分の意見をしっかりという事が出来ないという部分もあります。

海外では、自分の意見を出す事が大切でありそれこそが一番重要な事だと考えられて居ます。

しかし日本では、本音と立間を使い分けるなどきちんと自分の気持ちを出すという行為を余りする事がありません。

だからこそ、いきなり意見を言えと言われても行動する事が出来ないのです。

その為、ついつい気を使う事が癖になってしまいます。

自然に気を使う事が出来るのであれば、大変素晴らしい事ですが、中には自分自身が苦しくなっているのにも関わらずついつい無理してしまう事もあります。

当たり前の事ではありますが、何も無理して頑張る事はありません。

自分の事を一番に考えそれでも余裕があるのであれば他人の手伝いもしてあげてもいいかもしれません。

継続させる為には無理をしない事が一番の考えかたです。

️気が遣えると人間関係も良くなる

気を使う事が出来るようになると、自分にとっても事が沢山あります。

最初は完全なる善意で相手の為に気を使って居たとしても、それをして貰った人が今度はあなたに対して気を使ってくれる事もあるかもしれません。

人の気持ちトいうのは、必ず巡ってくるものです。

その為、あなたがしてあげた行為はいつか必ずあなたの元にかえってくる事でしょう。

また、例えすぐに評価される事が無かったとしてもあなたがしている行為は必ず誰かの目に止まる機会がある事でしょう。

その時、相手の事を考え行動している姿は、多くの人から賞賛される物となり、社会的評価も上がる事でしょう。

誰か一人でも、集団の中で気を使う事が出来る人が居るとその集団はずっと円滑に動く事が出来ます。

目立つ事は少ないかもしれませんが、確実に皆にとって役立つ存在になる事が出来る事でしょう。

そうした存在になる事が出来れば、必ずや多くの人から必要として貰える瞬間が来るはずです。

今までなかなか相手に対して行動する事が出来なかった方もこの機会に相手の事を考え行動する癖を身に付けて見てはいkがでしょうか。

最初は上手く行かない事もあるでしょう。

時にはイライラしたりして全てを投げ出したくなる事もあるかもしれません。

ですが、その時にいかに頑張る事が出来るかどうかによって、自分のスキルを上げることが出来るかどうかを試す事が出来るでしょう。

是非その事を心の中に入れて日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。