CoCoSiA(ココシア)

相乗効果とはどういう意味?具体的な...(続き6)

ヒット商品が生まれる確率などは、1000回の試作で2~3個しかできないのです。

試作などのクリエイティブな行動の連続なのです。

絶えずクリエイティブなことに触れていることが相乗効果を引き出す、または見つけることに繋がるのです。

自分の固定概念は捨てる

相乗効果を引き出す時の基本は、同じことを繰り返したリ、固定概念にとらわれないことです。

伝統芸能などは、それを絶やさないように歴史を受け継ぐことは重要でですが、これを新しい土俵に乗せてみることも必要です。

新しい相乗効果が得られることもあるからです。

固定概念もそうです。

それが正しいとず~っと思い続けているからです。

それしか方法はないと思い込んでいるからです。

そんな事はないのです。

固定概念を捨ててみて違う方向から見つめてみてください。

新しい発見があるはずです。

違った土俵に立たせてみてください。

思わぬ力を発揮したり能力を引き出したリすることもあるのです。

自分の固定概念をまずは捨てて対応してください。

常に本来の自分でいることが大事

自分がまったく変わってしまってはいけません。

自分の能力と相手の能力が合わさって、新しい舞台で新しい姿に変身することが狙いなのです。

自分の特徴が消えてしまうと、誰かと共に共有できる情報も無くなってしまうからです。

常に、本来の自分でいることで、相乗効果が現れるのです。

本来の自分を消さないでください。

相乗効果を高めるための習慣

相乗効果を高めるために、次の様な習慣を持つことも大切です。

1日1回、違うことをしてみる

固定概念に捕らわれず、いろいろとチャレンジできるからです。

気が付くと、毎日ほぼ同じ行為を繰り返しているはずです。

楽で安心できるからです。

そこで、ちょっと違うことをしてみてください。

今まで気が付かなかったこと、見過ごしていたことに気付くはずです。

新鮮な気持ちになり、相乗効果を高めるかもしれません。

通勤の時に、ちょっと早めに家を出るとか、違う道を通るとかでも良いのです。

普段合わない人に出会ったり、あのお宅はペットをたくさん飼っていたんだとか、知らなかった情報も手に入れることになります。

こんなことから近所づきあいがスムーズになったりするのです。

これも相乗効果なのです。

新しい発見を見つける

TVで時間短縮の調理法を実演していました。

あんなに簡単に、しかもまとめて煮込んでしまっては、食材の味が引き出せないと呟きながら見ていました。

しかし、興味があったので一度チャレンジして見たのです。

しかし、予想に反して味は良好で、この方法を応用して自分なりの簡易調理法を編みだしたのです。

さらに、独特の食材を使用すると、まったく新しい美味しい料理のレシピも完成しました。

新しい発見を見つけることもできたのです。

これもまさしくTVと自分の相乗効果と言えます。

いつでも効果を発揮できるような状態にしておく

新しいことにチャレンジして相乗効果を引き出すには、いつでも対応できる気持ちと身体の準備が必要です。

何かを発見しようというワクワク感も必要なのです。

このポジティブな気持ちが無いと、せっかくの効果も半減していまい、気が付かないかも知れないのです。

体調管理も大きく関わるので要注意

しっかりとチャレンジできる体調管理、それと失敗してもくじけない精神力を維持することが大切です。

チームで効果を期待する時には、それぞれの個人の体調管理も重要です。