CoCoSiA(ココシア)

気の置けない仲間の12個の特徴や意味。男女でも仲間になり得る!


あなたは「気の置けない」という言葉を聞いたことがありますか?

初めて聞いた人は、「置けない」という言葉から否定的なことを想像する人も多いかもしれませんね。

今回はそんな「気の置けない」という言葉の意味や、気の置けない仲間の特徴などについてご紹介します。

一体どんな意味があって、気の置けない仲間とはどのような人を指すのか見ていきましょう。

きっとこの記事を読めば、気の置けない仲間がいいものだと感じるでしょう。

気の置けない仲間を増やそう!

あなたの生活をより豊かに安心したものにしてくれるのが、気の置けない仲間です。

しかしどんな意味なのかが分からない人もたくさんいると思います。

気の置けない?気の置けるではなくて?と少し混じって考えてしまうことでしょう。

それではまず、「気の置けない」という言葉について詳しく説明していきます♪

気の置けない、とは?

気の置けないとは、「気使いをする必要がない、遠慮がないさま」そんなことを意味しています。

気が置けないとは気を置かない、気を置かなくても大丈夫ということでもあるのです。

なので、気の置けない仲間とは「気を使わずに、遠慮する必要がない関係」のことを意味するのですね。

それはとっても前向きになれる関係で、一緒にいて安心できたり、損得なく付き合える関係だと言えるでしょう。

私たちにとっては必要な存在であり、また必要とされている存在でもあることでしょう。

あなたもそんな「気の置けない仲間」がいるのではないでしょうか♪

1.あまり気を使う必要がない

つまり、気を使う必要がないことが、「気の置けない」ことの定義だと言えます。

おそらくこの、「気の置けない」の「置けない」という言葉が分かりづらくさせてしまっていると思いますが、気の置けないとは気の使わないと覚えてくださいね♪

それほど難しい意味ではないと思うので、シンプルに考えてみていいですよ。

2.とても親密であること

「気の置けない」とは気使いをする必要もあまりなくて、とても親密であることだと言えますね。

親友や幼馴染のような人には、おそらく多くの方が気を使うことは少ないでしょう。

もちろんたまに相手が落ち込んでいる場合などは、優しい気遣いができるのものですが、普段一緒にいるときは余計に気を使ったりすることはないのです。

また親密であるからこそ、気が許せていることでもあり、「気の置けない」とは前向きな言葉なのですね♪

3.互いに言いたいことを言い合える間柄

互いに言いたいことを言い合える間柄では「気の置けない」という言葉がしっくりくることでしょう。

言いたいことを言わない、言えない間柄は気を遣っているということが多くあります。

相手にどう思われるかや相手の心を考えたりして、素直になれていないこともあります。

それは「気の置ける」と言えるので、反対の意味なのですね。

やっぱり言いたいことは人間誰しもがあることです。

それを言い合えるのは、「気の置ける」間柄だからこそ。

そんな嬉しい関係を「気の置ける」という言葉が当てはることでしょう。

「気が置けない」も同じ

「気の置けない」という言葉について、同じような言葉が存在します。

それは「気が置けない」という言葉です。

「の」を「が」の違いがありますが、それにあまり意味はありません。

つまり置きたいと思っても、なかなか気が置けない、気使いをしなくてもいい。

むしろこんなに親密だから、気を使いすぎることはできないということなのですね。

間違った使い方をしている人もいる

そんな「気の置ける」という言葉ですが、実は間違った使い方をしている人もいるのです。

やっぱりどうしても反対の意味で理解してしまっている人が多くいて、それは当たり前になっていることもあるでしょう。

本当にいい意味なのに、気を使ってしまっている関係だと思ってしまうので、使うことを避けてしまっていることもあるでしょう。

さらに、相手から言われたら、少し違和感があることも特徴で、実に勿体無い言葉で、意味を知っている間柄で使わないと、語弊を招きやすいとも言えます。

なので、しっかりと意味を知った上で使うことが大切ですよ。

また使った相手がその意味を知っていないのであれば、しっかりと教えてあげて、誤解を防ぎましょうね!

1.「気が置ける」=「親しい」ではない

「気が置ける」という言葉をいい意味として捉えている人がいますが、実は間違っています。