CoCoSiA(ココシア)

友達の地雷を踏んだらどうなる?意味や踏まないように気を付ける方法を解説


地雷とは、本来兵器のひとつ。

地中などに爆薬を埋めて、その上を戦車などが通ると爆発するよう仕掛けられるものです。

見た目には爆薬が埋まっているかどうかは分からず、それを踏んでしまったら爆発に巻き込まれてしまう地雷…。

そんな地雷の性質から意味が転じて、“ある物事に触れることで痛い目に合う”ことや“知らずに関わったら厄介な人”などを指す言葉としても使われるようになりました。

つまり、人間関係においてもこの地雷は存在し、うっかり触れてしまうと大変な事態に巻き込まれてしまう可能性があるということです。

ですので、人間関係において、地雷を踏まないよう、触れないように意識しておくことは大切なこと。

特に空気が読めない人や、人の気持ちを考えられない人は、地雷を踏む確率も多いでしょう。

人によって、どれだけの爆発威力を見せるかは分かりませんが、地雷に触れるということは、相手の怒りに火をつけたり、相手の心を傷つけてしまう行為でもあります。

被害に巻き込まれないようにするのと同時に、人の気持ちを察することの大切さも身につけておいた方が、お互いのためですよね。

というわけで今回は、「地雷だなと思った、人間関係で触れてはいけない9個のこと!」をお送りします。

人によって地雷の在り処は違うとはいえ、一般的にタブーとされていることは、ほとんどの人に共通していることです。

この地雷については、一般常識として、頭に入れておいた方が賢明でしょう。

地雷だなと思った人間関係で触れてはいけない9個のこと

人間関係では、「触れてはいけないこと」というのが確実に存在します。

この触れてはいけないタブーな話題こそが、人の持つ地雷です。

そこに触れてしまうのは、自分が巻き込まれると同時に、相手は触れられたくないことに触れられて、傷ついているということでもあります。

傷つけてしまったのだから、ある程度の被害は、覚悟しなければならないかもしれません。

でも出来れば、事前に触れてはいけないことを知り、相手を傷つけないよう、被害に巻き込まれないようにしたいものですよね。

地雷という性質から考えれば、相手にとって触れてはいけないことが何なのかは、正直分かりません。

だけど先ほどもお話したように、一般常識的に、触れてはいけない話題というものが存在します。

これに関しては、とりあえず避けておくのが賢明と言えるのです。

触れてはいけないこと…それは、どんな話題なのでしょうか。

皆さんの「地雷だな」と思った経験から、触れてはいけないことを学んでいきましょう。

1. 恋愛や交際相手のこと


触れてはいけない、地雷になり易い話題として挙げられるのが、「恋愛や交際相手のこと」です。

もちろんこれは、相手の状況や気持ちによって、地雷になるかどうかは一概に言えません。

だけど、一概には言えないからこそ、地雷にもなり易いと言えるのです。

相手が、現在進行形で幸せな恋愛をしていたら、その話題をふられて嬉しい可能性もあります。

交際相手と結婚間近ともなれば、逆に触れて欲しいくらいかもしれません。

しかし、相手の状況が恋愛に上手くいっていなかったりすれば、一転して触れて欲しくない話題となってしまいます。

特に、長年恋人が出来ない人などは、恋愛には触れて欲しくないでしょうね。

「恋人が出来ない=モテない・問題がある」と本人が思っていれば、恋愛事情は隠しておきたい恥ずかしいこと。

コンプレックスになっているかもしれません。

特に、自分が幸せな状況だと、相手がそうじゃない時にどんな気持ちになるかの配慮に、欠けてしまいやすいですよね。

気心が知れた友人ならいいかもしれませんが、ちょっと距離がある人と話す時、手っ取り早い話題として出すのには、恋愛の話題は不向きです。

悪気は無くてもそれが地雷なら、爆発するのは避けられません。

2. 結婚経験の有無

また、恋愛の話題同様に、「結婚経験の有無」なんかも、触れないほうがいい地雷となります。

これも、結婚していて幸せな生活を送っている人にとっては、何ら問題の無い話題です。

しかし、バツイチの人や、30歳前後からそれ以降の未婚の人などには、タブーな話題になり易いのです。

もちろん、人によってはまったく気にしていない人もいて…筆者も37歳独身ですが、結婚経験について聞かれても、全く問題ありません。

ですが、離婚経験が恥ずかしいと思っていたり、隠しておきたいと思っている人。

また、結婚したくてもなかなか出来ない人、30歳過ぎて結婚に至らないことに焦りを感じている人などにとっては、結婚の有無は聞かれたくないことなのです。

中には、結婚のケの字も聞くのが嫌!と敏感になっている可能性もありますので、触れないほうが賢明です。

特に女性に結婚の有無を聞くのは、気になっていても、触れないほうがいいでしょう。

親しくなっていけば、自然と聞くタイミングが訪れたり、心を許して自分から、話してくれたりもするはずです。

距離感が近くないうちに聞く話ではありません。