CoCoSiA(ココシア)

密会するなら注意すべき16個のこと

密会するなら注意すべき16個のことのイメージ写真
あなたは誰かと密会をしたことがありますか?

密会と聞くと、イケない関係の者同士で逢瀬を重ねたり、危ない取引などで誰にも見られてはいけないことをしていたり…「良くないこと」「してはいけないこと」というイメージを持ってしまいますよね。

最近は、テレビのニュースでも毎日のように芸能人や政治家などの不倫のニュースが流れます。

パパラッチに密会しているのを撮られてしまって、イチャイチャしているところの写真を週刊誌に流されてしまう。

不倫だけではありませんが、誰にも見られず、気づかれず、密会しなければならないということはそれなりの理由があるんですよね。

バレたときの代償は計り知れないものだと思います。

それでも、会いたい。

会わなければならない。

そんな「密会」について、まとめてみました♪

️密会について

密会ってよく聞く言葉だし、字をみればなんとなく意味も分かりますよね。

でも、あえて詳しく調べたことがある人って少ないんじゃないでしょうか?

てか、密会について調べるなんて、なんだか病んでる人みたいですよね。

それでも、気になっちゃうのが人間のサガというもの。

そんなあなたのために、密会について調べてみましたよ♪

密会とは

人と人が密かに会うこと

人と人が密会している
密会を辞書で調べてみると…「人と人が密かに会うこと」と書いてありました。

特に、男性と女性が人目をしのんで、こっそり会うことをさすそうです。

密会を重ねる。

約束の場所で密会する。

というように使われますね。

密会はバレないように気をつける

人目をしのんで会うことが密会なのですから、他人にバレないように会わなければいけないのが密会です。

バレないように気をつけるなんてことは、当たり前。

基本中の基本ですね。

特に、男女の仲の密会というものは、誰にも見られてはいけない、イケないことをしているというスリルがたまらないということもありますよね。

つり橋の効果ともいいますが、このバレちゃいけないっていうドキドキが、相手のことを好きだというドキドキだと勘違いしてしまうというものです。

そのスリルにハマってしまう人も、たくさんいるようですよね。

普通の恋愛では物足りなくなってしまう…そんなことにならないようにも気を付けたいですね。

しかし、人間とは慣れてしまうもの。

男女の関係に限らず、密会を重ねるうちに、誰かにバレちゃいけないという緊張感が薄れてきてしまいます。

「今まで平気だったんだから、バレるわけないでしょ」と調子に乗っていると、そういうときに限って誰かに遭遇してしまったり、目撃されてしまったりするんですよね。

どんなに密会を重ねても、こっそり行動することに慣れてきてしまっても、密会するときには絶対にバレないように注意することを忘れないようにしてください。

密会しなければならない理由は、相当なもののはずです。

バレたときの代償は、想像以上に大きいですよ!!

️密会の色々なシチュエーション

密会の色々なシチュエーション
密会は、人と人が密かに会うことだと説明しましたが、一言に密会と言っても様々な理由で密会をすることがあると思います。

そこで、密会のいろいろなシチュエーションを考えてみました。

不倫や浮気

辞書にのっているくらいですからね。

密会は、特に男女が人目をしのんで会うことだと。

恋人以外の異性と関係を持つこと、配偶者以外の異性と関係を持つこと。

これらは、絶対にバレてはいけない行為です。

それ以前に、そんな中途半端なことするなっていう感じなんですが。

まあ、そうは言っても、人間の恋する気持ちは止められるものではありませんよね。

その気持ちを無理に止めろとは言いませんが、どっちかにハッキリしてから恋を進めろよと言いたい。

「好きな人ができたから別れよう」と言ってから、関係を持てばいいじゃないですか。

それができなければ、諦めればいいじゃないですか。