気軽に何でも話せる友達がいるといいと思いませんか?

最近、彼氏とはちょっと違う長電話ができる相手を募集している人たちがたくさんいるんです。

電話友達募集の掲示板などで、その相手を探している人たちもいます。

でもなんで彼氏がいるのに、電話友達が必要なの??って思うかもしれません。

では、電話友達がいることもメリットや、どうやったら友達を見つけることができるのか見ていきましょう。

さらに、見つけた友達と長く友達でいるために、どんなことを心がけて気を付けるべきかなどもチェックしていきましょう!

メールより直接話がしたい!

今はSNSで誰とでも簡単につながることができるようになっていますよね。

SNSを通して友達を作ったり、メル友を見つけることもできます。

でも、メールだけでなくて直接話せる友達がいるといいな~と感じることもありませんか?

それで、直接会うわけではないのですが、電話で話せる友達を見つけたいと思っている人たちも結構たくさんいるんです。

では、みんなどうして電話でのコミュニケーションが好きなのでしょうか?

どうして電話が好きなのか

ネットなどを使って、だれとでも簡単につながることができるようになった現代。

それでも、電話というツールはまだまだ需要があり、電話でしか満たされないものもあったりするんですよね。

特に何か悩みを抱えていたり、一人ぼっちでさみしくなったりするときなど、人恋しくなりますが、でも実際に誰かに会うのはちょっと・・・っていうときもあります。

そんな時に、メールで話を聞いてくれる人がいるのもありがたいけど、できたらリアルでお話ができて、声が聴ける人がいたらいいと思いませんか?

やっぱり生で人の声を聞いたり、会話できるのって、メールなどのやり取りとは違う魅力と、満たされるところがありますよね。

そして、彼氏には言えないことや顔見知りではない人に話たい時もあります。

それは自分の日常を忘れて、ちょっと違う世界にいる感覚かもしれません。

ちょっとした現実逃避というか、誰も自分を知らないところで話せることってありますよね。

さらに、電話友達がいることのメリットというのがありますよ♪

話すことでストレス発散したい

何かストレスを抱えているとき、一人でそれを抱えるよりも誰かに話せたらラクになるのに・・・という時もありますよね。

誰かに聞いてもらわなければ消化できないようなことってあります。

そして、人に話すだけですっきりしたり、安心できたり、心が安定することもあります。

だから、大きなストレスを抱えた時には、人に話すのはとても役に立つんです。

でも、だからと言ってそのストレスの原因が誰にでも話せることではないこともあります。

家族にはもちろん、恋人にも話せないことかも。

だから、その問題に全く関係のない人に聞いてもらえたらいいな、ということありますね。

自分のリアルな日常をそのまま打ち明けられる存在がいたらいいですね。

それも、打ち明けてもどこかでそれをうわさとして漏らされるのではないか、とか心配する必要のないところで話せたらいいです。

別に愚痴を話すわけではなくても、いつも接している人たちとは別世界にいる相手と話すと気分が変わることもあります。

だから、世間話でもなんでも誰かと気軽に会話することでストレスを軽減できたりするんですね。

”話す行為”自体が好き

人と話すのが好きなのに、ゆっくり話せる相手がいない、というとき、すごく寂しく感じますよね。

なんだか、話したりなくてモヤモヤしていたり、孤独感も感じるかもしれません。

だから、今日は話したりないという日に、気軽に電話してゆっくりなんでも話せる相手がいると、満たされるかもしれません。

話す行為自体が好きな人の場合、メールやチャットなどでは満たされないものがあります。

だって、相手の反応とか存在をちゃんと感じることができないし、会話のキャッチボールがちゃんとできなかったりするのですから・・・。

リアルで相手とのコミュニケーションを取ることでやっと、人恋しさが満たされたりするんです。

メールなどでは、人の温かさというものが伝わりにくいですが、電話ならそれが伝わってくるし、笑いあえるし、思う存分話す行為ができますよ!

電話=気持ちを伝え合うツール

先ほども言いましたが、電話は人の温かさを伝えることができます。

つまり、気持ちというものを伝え合うことができるツールなのです。

人の気持ちというのは、文章だけでは伝えるのに限界があるでしょう。

文章では読む側の気持ちなどによっては、誤解が生まれたり本心が伝わりにくい、ということは多いものです。

その時の声のトーンや、雰囲気、間などのを感じ取れると、リアルなその人の感情などがダイレクトに伝わってきます。

だから、電話では相手の表情は見えないまでも、その人の雰囲気を感じ取ることもできるし、メールなどより本当の気持ちを伝えられるツールです。

人とコミュニケーションが取りたい、人と接していたい、生身の人間の温かさを感じたいと思ったときに、

手軽だけど人の温度が伝わってくる電話というツールはとても役立つものなのです。

そして、実際に目の前にはいないので、好きなことを話しやすいというメリットもありますね。

女性が長電話好きな理由

長電話をする相手がほしいと思うのは、女性たちが多いです。

もちろん男性の中にも話し相手を求めている人たちが多いし長電話をする人もいますが、一般に電話で長時間話すのが好きなのって大体女性です。

男性って、電話で長時間友達とたわいもないことを話すということは少ないかもしれませんが、女性は特になんでもないことを永遠と話せたりするんですよね。

では、女性はなぜ長電話をしたがるんでしょうか??

もともと女性は話し好き

もともと女性は話好きです。

だからこそ、うわさが絶えないし、自分とは関係のないことまであれこれと言いたくなるのです。

つまり、多くの女性たちはなんでもないことを次から次へと話しているのが好きなんですよね。

だから、男性からしたら、たいして内容のないことをよくもそんなに長々と話していられるな、と思われるかもしれませんが、

その内容のないことも話せる相手がいることがストレスの発散になったりするのです。

だから、女性の話は落ちがなかったり、次から次へと話題が変わったりします。

なのに、話はよどみなく続くのです。

話好きではない人にとったら、かなり不思議なことかもしれませんが、そのようなただただ話す行為だけでも、心が満たされたりするんですよね。

何かあればすぐにでも伝えたい


特に何かあった時には、とにかくだれかに話したい、話を聞いてもらいたいと思っています。

話を聞いてもらうことで、自分の中で気持ちがまとめられていったり、自分の考えに気づくことだってあるのです。

女性は男性よりも感情的になりやすいと言われていますね。

論理的に考えるよりも、感情が先に来てしまうことがあるのです。

そんな時には、その気持ちを誰かにわかってほしいとか、共有してもらいたいと思います。

感情が高ぶっているとき、だれかに自分の状況とか気持ちを話すことで初めて、自分の本当の気持ちを見つけられるということがあるのです。

だから、話しながら自分を見つめている、ということです。

話さないと、頭の中がぐちゃぐちゃなままなので、冷静に物事を客観的にとらえるのが難しかったりするのです。

そして、誰かに気持ちを分かってもらった、ということで心が落ち着いたり、問題に向き合うための心の準備ができたりもします。

つまり、何かあったら誰かに話すことで、次のステップに進むことができることを自分でもわかっているのです。

だから、すぐに愚痴を聞いてくれる人を探すんですね。

自分だけではどうしても負担に感じてしまったり、不安を感じていることも、誰かに話すことで、何か実際に助けてもらったわけではないにしても、

重たい荷が少し軽くなったような気分になることありませんか?

女性は、気持ちを分かってほしいという願望がかなり大きいので、実際に会えなくても話を聞いてくれる相手がいたり、

たわいもないことでも一緒に時を過ごしてくれる相手がいることが心の支えになったりするのですね。

どうして電話友達が欲しいの?

彼氏に長電話すると、嫌いになられそう・・・

そんなに誰かと話したいなら彼氏に話せばいいのに・・・と思われるかもしれません。

確かに、大好きな彼氏とコミュニケーションをとることで満たされる部分はもちろんあります。

でも、彼氏に自分のいろいろな愚痴や感情を聞いてもらえない時もありますよね?

彼も忙しいのに、長々を電話したら嫌われるかも!という不安があります。

男性の中には長電話を嫌う人も結構います。

それも、特に大事な内容があるわけでもないのに、長々と話しているのが苦痛だと感じる人も多いですよね。

だから、そんな彼氏に電話して嫌がられるのを恐れるのです。

大好きな彼氏だからこそ、嫌われないように気をつけて、長電話は別の人としたい、というのが電話友達を探す女性の気持ちなのかもしれません。

電話できる相手がいない

もし、気心の知れたいつでも電話できるような友達がいればいいのですが、そんな気軽に電話できるような人はいない、ということもあります。

そんな時は、じゃあ誰と話せばいいの!?と寂しく感じるでしょう。

だから、長電話できる友達をネットなどで探すんですね。

相手も話し相手がほしい、ということなら、遠慮なく話せるし、自分のことを直接知っている人ではないのなら、逆に何でも話せていいかもしれません。

よく知っている長く付き合っていきたい友達だと、長電話することで相手に負担をかけて嫌われちゃったらいやだから、長電話は控えている、という人もいます。

長電話が好きな人と、それが負担になる人がいますので、お互いに長電話が好きな友達を見つけたいですよね。

みんなどこで電話友達を探しているの?

そんな時はネットの掲示板!

では、自分の周りに長電話が遠慮なくできるような友達がいない場合、どこでその友達を見つけることができるのでしょうか??

やっぱり今はネットが一番の電話友達を見つけられるツールでしょう。

ネットには、いろいろな友達募集の掲示板がありますが、その中には「電話友達募集」という掲示板もあります。

その中を見てみると、「暇なときにくだらない話をしてストレス発散がしたいです!」という人や、「夕方まで仕事がなくて一人でボーとしています。

一人で何もしていない時間がストレスなので気軽に電話できる友達を募集しています。

仲良くなったら遊びに行きましょう」というような書き込みが多数あります。

やっぱり、みんな暇なときに何気ない話なんかができる相手を探しているんですね。

リアルでは友達が少ない人も、誰かと無償に話したくなる時ってあります。

一人だと孤独感や寂しさで押しつぶされそうな時、だれかと話せるとホッとしますよね。

何か異性との出会い目的ではなくて、単に世間話などができる相手がいたら毎日がもっと充実するのではないか、と電話友達を探している人が多いのですね。

facebookなどのSNSから探す

facebookなどのSNSを利用して、電話友達を探すこともできます。

facebookは実名で写真も公開している人がほとんどなので、相手の顔を知りたいという人にはお勧めです。

同じく電話友達を募集している人を探して見ることができるでしょう。

さらに、Twitterなどの書き込みから友達を探すこともできるかもしれません。

自分が書き込みをしてみてフォロアーから電話できる人を探すのも手です。

さらに、ミクシーなどでもコミュニティーがあるので、そこで電話友達の募集などをチェックしてみることもできるでしょう。

友達募集にあたって気を付けること

でも、このネットを使っての友達募集には注意点もあります。

ネットでは、まったくどこの誰だかがはっきりしていない人とのやり取りをすることになります。

もちろん、あなたと同じように誠実に電話でたくさん話せる友達を探している人達もいますが、中には悪い意図をもってあなたに近づこうとする人もいるのです。

だから、そんな怖い人達に騙されたり、トラブルに巻き込まれたりすることのないように自分の身を守っていくことも大事ですね!

むやみに連絡交換しない

よくLINE等でも友達募集の掲示板があったりしますよね。

掲示板では不特定多数の知らない誰かと知り合って友達を作ることができます。

でも、そこには危険もたくさんあったりするんです。

特に、友達募集などの掲示板には、あなたの個人情報を悪用する目的で狙っている人たちもたくさんいます。

一般の人に成りすまして、友達募集をかけ、そしてそこに来た人にIDや電話番号、名前などを聞き出してそれを悪用するのです。

そして、LINE等の友達募集掲示板というのはほとんどがそのSNSの公式のものではありません。

だから、管理体制も適当だったり、いろいろな悪徳な業者などが運営していることもあるのです。

だから、ネットを使って知り合った人とむやみに誰とでも連絡先を交換するのは危険です。

相手が本当に一般の自分と同じように、本当に電話友達を探している人なのかがわかってから、連絡先を教えたほうがいいでしょう。

特に、無料で誰でも活動でき、簡単に連絡先を交換できるようなところは
危険です。

そうゆうところは、どんな目的で相手を探している人がいるかわかりません。

身元だってもちろんわからないし、本当に電話友達を見つけたいと思っている人たちだけがいるのではないのです。

トラブルに巻き込まれる可能性あり

ネットを通して、だれとでも連絡先を交換してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

例えば、電話番号やIDなどをを教えたためにそれが自分の全く知らないところで悪用されて犯罪などに使用されることもあるかもしれません。

そんなことになったら、あなたは何もしていないとしても、犯罪に加担したかのようになったりするのです。

さらに、最初はメールからということで友達を見つけても、その相手が業者だったりした場合、悪徳サイトなどに誘導されてそこから多額の請求が届くこともあります。

相手がどこの誰かも知らない、ということはその人が本当に信頼できる相手なのかを見極める力が本当に重要になってくるのです。

あなたのことを利用しようとする、危険な人たちに引っかかって、とんでもないトラブルに巻き込まれ、生活がめちゃくちゃにされないようにしましょう。

ちなみに、ネット上での情報は(名前・性別・経歴・年齢・国籍・写真などなど)どうにでも自分で好きなように操作して偽ることが可能です。

ネット上での相手の情報というのは全く信頼できませんので注意しましょう。

そして、電話番号のログを取られるとあとで全く知らない架空請求などが来るケースもあります。

自分が覚えのない請求でも、少額だと払って終わりにしたい、と思ってしまい一度でも払ってしまう人がいます。

でもそれをすると、次から次へと今度はもっと高額な請求が来たりするので絶対に払ってはいけません。

もっとエスカレートすると直接電話で脅迫されたりすることもあるので、注意しましょう。

一度ログをとられてしまうと、裏の世界では簡単に個人の住所などもわかります。

勤務先なども簡単に知られてしまう可能性があります。

電話番号だけでそんなに自分の個人情報がわかってしまうなんて怖いですよね。

だから、個人の家に来られたり、なんとそこからストーカー被害にあった人もいます。

交換するなら信用できるサイト・アプリで


もし、交換するなら相手を探すサイトやアプリは安全なところを探すのをお勧めします。

無料で誰でも活動できるサイトやアプリよりも、有料のところのほうがちゃんと真剣に活動している人たちが多くなります。

無料で使えるサイトだとしても、優良サイトだと評判のところがいいでしょう。

友達を見つけられる優良サイトは、長年の運営実績を持っていたり、評判がよく、そしてサクラや業者がすくないことろです。

だから、一般のユーザーたちとのやり取りがしやすいので、よりスムーズに電話友達を探すことができるでしょう。

逆に信用性のないアプリやサイトだと、その中で自分の個人情報を載せたりなんかすると、もうすでにその情報は流出したとみていいでしょう。

悪質なサイトであれば、本当に友達を探している一般ユーザーなんかほとんどいないところもあり、

ほとんどがあなたを他の悪徳サイトに誘導したり個人情報を盗みたい業者、またはサクラばかりだったりしますので、

信用できるとわかるサイトやアプリで探しましょう。

連絡先交換は慎重に行う

でも、友達を見つけられる優良サイト・アプリとして知られているところでも、100%ユーザーを信用できる、というわけでもありません。

中には、やっぱり一般ユーザーになりすました業者などが潜り込んでいます。

だから、そのような危険人物を見極めて、友達にする人を選ぶのはあなた個人の責任となります。

ネットの世界は、人をだますのが上手な詐欺師みたいな人もたくさんいますので、

ぜひ、どんな時も連絡交換をするときは慎重に、相手が本当に信じられる人だとわかったら行いましょう。

信頼関係を築く前に交換して、後で痛い目に遭わないようにしましょうね!

電話するときの注意点

では、やっと電話できるいい友達を見つけられたとしましょう。

ぜひ、その新しい友達を大切にして、できるだけ長い付き合いができて、仲良くなれたらいいですよね!

でも、どうしたら良い関係を築いて、よい友達になれるのでしょうか?

電話友達になるときの、注意点をチェックしてみましょう♪

自分のことばかり話さない

電話で長く話せる相手が見つかると、すごくうれしいし、自分の中で溜まっていたいろいろなことをお話したくなるかもしれません。

でも、だからと言って自分のことばかり話してはいけません。

よく会話はキャッチボールだといわれていますよね。

つまり、自分だけが話すのでは会話とは言いません。

友達というのは、お互いがお互いを気遣いあえる仲です。

だから、自分のことだけのことを考えるのではなく、相手の話もよく聞きましょう。

自分も話したいのと同じように、相手もあなたに聞いてほしいことがあるかもしれません。

お互いが理解し合い、対等な立場でお話ができればきっと長く会話を楽しめるでしょう。

一方的な会話は詰まらなく感じる

よく、お話が好きな人は自分のこと、自分の世界の中で起きていることを人に次から次へと話してくれますよね。

自分も知っている、あるいは興味のあることなら聞いていてもたのしいのですが、あまりにも一方的な話って長くなると聞いていて疲れてきます。

というか、もし自分とは全く関係のないことをつらつらと長時間話されていると、さすがに詰まらないし、聞いているのが苦痛になってくるでしょう。

だから、決して一方的な話にならないようにしましょう。

相手に話す隙を与えないような話し方ではなく、いろいろと会話を楽しむようにしてください。

そうすれば、相手も話せるので満足することができるでしょう。

相手の都合も考える

自分が電話して今すぐ話したい!と思う時があるかもしれません。

でも、だからと言って相手の都合を全く無視してはいけません。

そのように、相手のことを全く考えずに行動してしまうと、あなたはうっとうしい存在になってしまします。

相手にも相手の生活があります。

だから、都合が悪いということなら、別の機会に電話しましょう。

長電話は迷惑になる

それに、こちらが長く話したいから、今日は眠りたくないからと言って、もうずっと長く話しているのも相手に負担になったりします。

だから、長く話したい時には相手の都合をちゃんと聞いて確認したうえで、時間を守りましょう。

相手にとって負担になってしまうなら、もう次には電話に出てくれなくなってしまいます。

人によって長電話の時間の感覚はちょっとづつ違うかもしれませんが、30分も長電話と感じる人もいれば、1時間など平気で話せる人もいます。

だから、相手の都合や気持ちをちゃんと確認して、相手が話せる時間だけの中で話しましょう。

電話する時間を考える

電話する時間もちゃんとマナーを守ることが大切です。

電話だと実際に会うよりハードルが低いので、ちょっと変な時間でも「まあ、いっか」と連絡を取りたくなるかもしれません。

でも、それが深夜だったり、その人がちょうど忙しい時間帯だったりするなら、あなたの行動は迷惑の何物でもなくなります。

友達は、自分の都合のいい相手ではありません。

相手のことも大切に考えないなら、自分のこともちゃんと大切に思ってもらえませんので、相手にとって迷惑になる時間に電話をかけるのは控えましょう。

常識的な考えで行動する

「どうしてもだれかと話したい!」「どうしても聞いてもほしい!」。

そんな風に思ってしまう時もあるでしょう。

でも、それが相手にとって負担になる時間だったり、常識で考えてふつうは連絡しない時間だとしたら、我慢できるでしょうか?

常識的に行動するのが難しいほど人恋しく思うときはありますが、

メールならまだしも電話は相手にとって負担になりやすいものなので、控えるほうがいいです。

そうしないと、せっかくの電話友達を失うことになっちゃいますからね。

だらだら電話を続けない

なんか、電話を切ると寂しくなるから、だらだらとずっと電話を切れない、切りたくない、ということもありますよね。

ずっと誰かと話していたいときなどです。

でも、電話していると相手はほかのことがほとんど何もできません。

電話している時間は、ほとんど相手に縛られている状態なのです。

だから、もしあなたが勝手な都合でだらだらと電話をしてしまうなら、

相手は今日しなくてはいけなかったことやしたかったことなどができなくなってしまうかもしれません。

だから、ここでも友達として相手への配慮を優先させましょう。

話し足りなくても我慢することも必要

たとえ、あなたにとっては1時間なんてあっという間の時間かもしれませんが、

もし相手が仕事で疲れていたりするのに、毎日あなたから1時間の電話があったらどうでしょうか?

それもその1時間は毎回その日の愚痴だったとしたら、もう勘弁してほしいと思うのではないでしょうか?

愚痴を聞いている時間は自分も何もできないし、それも人の話をずっと聞いているのって疲れます。

親友同士でも、そんなことがあったら疎遠になるでしょう。

だから、やっと見つけた電話友達を大切にしたいなら、もっとたくさん話したいと思っても我慢も必要です。

顔見知りじゃないからこそ言葉に気を使う

電話って相手の顔が見れない分、相手への気を遣うのを忘れてしまうことがあります。

好きなように話せてしまうのです。

特に、いつも顔を合わせるわけではないような相手ならなおさら、言いたいことが簡単に言えてしまいます。

面と向かってなら言わないことも言ってしまうのです。

そこが、電話の恐ろしいところでもありますね。

でも、顔見知りじゃないからこそ、相手への礼儀というものを忘れてはいけません。

相手はあなたと電話内でのやり取りで友人関係を築いているのです。

つまり、言葉があなたと相手をつないでいます。

だからこそ、あなたが発する言葉が相手に与える印象や影響は大きいものです。

もし、顔が見えないからと言って、好きなことを適当に話して相手を傷つけてしまったら、その悪化した関係を修復するのは結構難しいところです。

言葉は自分が思っている以上に良くも悪くも相手に影響を与えるものです。

だから、言葉をよく選択して相手を傷つけたりすることのないように気を付けましょう。

メールなら、それを打っているときに「あ、これを言うのはやめとこう」って消すことができるかもしれませんが、

電話では一度発した言葉を戻すことはできません。

言ってしまったことは、もう取り返しがつかないのです。

接し方に気を付ける

そして、相手と何度か電話しているうちに、仲良くなってきたと思い、ついつい気を遣わずに接してしまうかもしれません。

そうすると、言葉を選ぶことが難しくなったり、相手への配慮というものが薄れてきたりすることもあり得ます。

だから、仲良くなってきたところでも、ちゃんと相手を尊重したり、都合を考えたり、マナーを守った接し方に気をつけてお互いに心地よく会話ができるようにしましょう。

「親しき中にも礼儀あり」とはよく言いますが「顔見知りじゃないからこそ礼儀あり」ですよ!

電話だけの友達でも大切にしましょう

お互いが顔と顔を合わせて会うことはなくても、電話は相手と気持ちのやり取りができるとても素敵なコミュニケーションのツールです。

もし、実際には会うことのない、電話だけの友達を見つけることができたのなら、それもあなたのかけがえのない友達になるかもしれません。

今はネットなどで誰とでもつながることができて、メールなんかはいろいろな人とすることができます。

でも、それでは心が満たされないことってあります。

実際に人と話したい、人とリアルに会話がしたい、と無性に思うときってありますよね。

そんな時に、電話という便利なツールを使って友達とのコミュニケーションをとることができたら、きっと心が軽くなったり温かくなったりすることができるでしょう。

だから、もし電話友達が見つかったならその友達を大切にしましょう。

自分のことだけを話したり、自分の都合だけで電話をするのではなくて、

相手への配慮をいつも忘れずに友達として、相手を尊重して信頼できる関係を築いていってくださいね。

そうすればきっと、あなたの毎日はもっと楽しくて充実したものになりますよ!