CoCoSiA(ココシア)

メル友が欲しい人がやるといい10個のこと。ネットで友達探しをする際にも


現代においてメールは絶対に欠かせないコミュニケーションルーツです。

むしろ、電話よりもメールの方が需要があるのかもしれません。

メールは若い世代だけじゃなく、ビジネスにおいても欠かせないものです。

とくに最近の会社では体調が悪くなり休みをとる連絡もメールで済ませる。

メールはビジネスでも活かせることができるツールです。

メールの良さは何でしょうか?やはり時間を気にしなくて良いところです。

友達に電話をする時に1番考えてしまうことは時間だと思います。

夜23時に電話をするのも迷惑かな?相手は寝ているかも知れないと考えます。

家族がいる場合なら電話する友達だけじゃなく家族にも迷惑をかけます。

「夜の23時に電話してくるなんて常識なのね、○○さん」と思われてしまいます。

メールであればメールする友達に送信するので家族には迷惑をかけません。

そして、仮に友達がお風呂に入っていても寝ていても大丈夫です。

メールの良さは即返信をしなくても許されるところです。

電話よりもメール派と言われる理由が分かる気がします。

メル友が欲しい時に考えることって?

メル友が欲しい時に考えることは、なんでしょうか?やはり寂しい時です。

誰かと話したいけれど全く知らない相手と話すことは躊躇してしまいます。

それはリアルな声に問題があるのです。

相手の声が低い声だと「もしかしたら電話が迷惑だったのかも?」と考えてしまいます。

直接顔を見ないとしても声で相手の反応は伝わります。

メル友であれば全くの他人でもコミュニケーションをとれる人は多いです。

メールは手紙と同じで届いたときのワクワク感があります。

メール文章が上手な人だと尚更です。

電話でも遠方の人と連絡取り合うことはできますが電話代も気になる。

そして何よりも時間の束縛です。

電話をしている時は何もできなくなってしまうのです。

メル友の良いところは時間を気にすることなく、別の作業の片手間にできます。

時間を気にすることなく連絡をとれる方法はメル友意外ないのです。

どういうメル友が欲しいのか


メル友と言っても身近に会える仲間やビジネスを通して仲良くなった友達もいます。

メル友の良いところは会えない関係や顔を一度も見たことない相手でもメル友になれることです。

メールを通して意見交換するメル友であれば年齢や性別は関係ないのです。

大きな声で話せない内緒の話し、趣味を通してマニアックな話しをするときにメル友がいると便利です。

リアルに友達を作るとなると相手に気を使ったり、仲良くなるまでに時間が必要です。

メル友を作ることに時間は必要ないのです。

自分の余裕がある時にやり取りをして仲良くなる。

趣味や感覚が合えば、メル友になる関係に1日もかからないのです。

身近なメル友

一番多いのは案外身近なメル友かもしれません。

身近なメル友なら実際に会って話せばいいじゃない?と思いがちです。

しかし身近な友達と言えど会える時間は限られています。

自分自身の時間も確保したいですし、実際に会った後でも言い忘れていた言葉があります。

普段から会っている身近な友達は何時間、話しても飽きないものです。

電話だと照れくさいこともメールだと伝えることできます。

例えば同じ職場で仲良しな友達ですが、会社の中で話すことはなかなか出来ません。

会社の中でトラブルが起きたときにチョット、メールで伝えたくなる。

学生時代も校内や仲間がいる前ではチョット話せないこともメールで伝えられる。

身近な友達、毎日会える友達でもメル友でも伝えたいことはあるのです。

遠くて会ったことないメル友


最近多いメル友と言えば、遠くて会ったことないメル友です。