CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達を作る簡単な13個のコツ


友達は人生の中ではとても大切なものの一つです。

友達は一人に限ることがなく、たくさんの友達がいれば、その友達の数だけ宝物ができるということになります。

人生の中で友達になりたいと思った人のことは逃したくないですよね。

ところが、そんなときに、どうやってその人と友達になれば良いのかは分かりますか?

思い出してみれば、小学生の頃は何も考えずに簡単に友達を作ることができたはずです。

ところが、大人になってからは友達の作り方を自信をもって答えられるという人はあまりいないかもしれません。

友達になるというのはそう簡単なことではありませんし、意外と気を遣うところも多くありますよね。

ここでは、友達の作り方について新しく学び直してみましょう。

大人になって、友達の作り方が下手になってしまったからこそ、きちんとコツを覚えておきましょう。

すっかり忘れてしまった友達の作り方

友達作りを何の躊躇もなくできる人はいるでしょうか。

友達作りというのは簡単なように思えますが、実はとても勇気が必要なことであり、友達作りと一言に言っても方法が分からないという人も多いでしょう。

小学生に聞くと簡単に答えが返ってきそうな話なのに、大人になると答えが分からないということがよくあるはずです。

それでは、友達作りというのはどのようなものなのでしょうか。

子どもの頃は自然にできていた友達


子どものころを考えてみてください。

子どものころには友達はどのようにして作っていたでしょうか。

友達を作る際には「友達になろうよ!」と声をかけていたという人は珍しくないでしょう。

これは一番簡単に友達ができる方法です。

もちろん、年とともに自然と友達ができるようになって、そのような言葉をかける必要はなくなっていたかもしれません。

ですが、どちらにしても若いころの友達の作り方はとても自然であり、何の苦労もしていなかったはずです。

学校が変わったり、環境が変わるたびにごく自然に新しい友達ができていたのではないでしょうか。

大人になってからはなかなか友達ができない

子供の頃自然に友達を作ることができたからと言って、大人になってからも簡単に友達が作れるわけではありません。

いつまでも友達を作ることに対しては慣れないという人も多いでしょう。

特別な手続きを踏むわけではないのに、なぜか友達を作るのは難しいのです。

ましてや、大人になって、なかなか生活環境が変わらなくなってしまった状態では、新しい人と出会うということもそれほどなくなるでしょう。

また、新しい人と出会っても、友達になるほどには深い付き合いをしないということが多いかもしれません。

大人になって相手への気遣いを覚え、人間関係の面倒くささを知ってしまった状態では、小学生の頃ほど気軽に友達を作ることは難しくなってしまうものなのです。

友達の作り方のコツをおさえよう

大人になると臆病になりますから、その所為で友達ができないというのは十分にあり得ます。

また、大人になってからの方が一人で行動することも多く、友人を必要としないという人もいるため、友人を作るというのはそれほど必要なことではないのかもしれません。

ですが、友達になりたい人が現れたときに、失敗することがないように、きちんと友達作りのコツは覚えておいた方が良いのではないでしょうか。

一期一会と言う言葉があるように、人は人生の中で何度も同じ人に出会うことができるわけではありません。

一度きりの出会いを逃すことがないように、友達作りのコツは覚えておきましょう。

友達の作り方の簡単な13のコツ


では、友達の作り方の13個のコツについてご紹介します。

友達との出会いを逃すことがないようにしてくださいね。

いつも笑顔でいる

仏頂面でいるよりは、笑顔でいる方が人の評価は高くなります。

笑顔の相手と一緒にいると楽しいと思いますよね。

逆に、不機嫌な顔をしている相手と一緒にいると「この人は怒っているのだろうか」などと相手に気を遣うことになります。

相手に気を遣わなければいけない状態で、それ以上の付き合いをしたいと思えるはずがありません。

友達になりたいと思っている相手の前では、常に笑顔でいることを心がけましょう。

積極的に話しかける

友達になりたいと思っている相手がいるのなら、その相手には積極的に話しかけるようにしてくださいね。

話しかけてこない相手を見て、「この人は私と友達になりたいと思っているのだ」とは誰も思わないでしょう。

「この人は私には興味がないのだ」と思うはずです。

相手にそう思われてしまっては、なかなか友人関係になることは難しいでしょう。

ページトップ