友達は人生の中ではとても大切なものの一つです。

友達は一人に限ることがなく、たくさんの友達がいれば、その友達の数だけ宝物ができるということになります。

人生の中で友達になりたいと思った人のことは逃したくないですよね。

ところが、そんなときに、どうやってその人と友達になれば良いのかは分かりますか?

思い出してみれば、小学生の頃は何も考えずに簡単に友達を作ることができたはずです。

ところが、大人になってからは友達の作り方を自信をもって答えられるという人はあまりいないかもしれません。

友達になるというのはそう簡単なことではありませんし、意外と気を遣うところも多くありますよね。

ここでは、友達の作り方について新しく学び直してみましょう。

大人になって、友達の作り方が下手になってしまったからこそ、きちんとコツを覚えておきましょう。

すぐに友達を作りたい人は、こちらのアプリを使ってみて下さい!【詳しくはこちら >>>】

すっかり忘れてしまった友達の作り方

友達作りを何の躊躇もなくできる人はいるでしょうか。

友達作りというのは簡単なように思えますが、実はとても勇気が必要なことであり、友達作りと一言に言っても方法が分からないという人も多いでしょう。

小学生に聞くと簡単に答えが返ってきそうな話なのに、大人になると答えが分からないということがよくあるはずです。

それでは、友達作りというのはどのようなものなのでしょうか。

子どもの頃は自然にできていた友達


子どものころを考えてみてください。

子どものころには友達はどのようにして作っていたでしょうか。

友達を作る際には「友達になろうよ!」と声をかけていたという人は珍しくないでしょう。

これは一番簡単に友達ができる方法です。

もちろん、年とともに自然と友達ができるようになって、そのような言葉をかける必要はなくなっていたかもしれません。

ですが、どちらにしても若いころの友達の作り方はとても自然であり、何の苦労もしていなかったはずです。

学校が変わったり、環境が変わるたびにごく自然に新しい友達ができていたのではないでしょうか。

大人になってからはなかなか友達ができない

子供の頃自然に友達を作ることができたからと言って、大人になってからも簡単に友達が作れるわけではありません。

いつまでも友達を作ることに対しては慣れないという人も多いでしょう。

特別な手続きを踏むわけではないのに、なぜか友達を作るのは難しいのです。

ましてや、大人になって、なかなか生活環境が変わらなくなってしまった状態では、新しい人と出会うということもそれほどなくなるでしょう。

もし出会いが無くなっているという人は、こちらで紹介されているような「友達作りに使えるアプリ」を使ってみて下さい。

また、新しい人と出会っても、友達になるほどには深い付き合いをしないということが多いかもしれません。

大人になって相手への気遣いを覚え、人間関係の面倒くささを知ってしまった状態では、小学生の頃ほど気軽に友達を作ることは難しくなってしまうものなのです。

友達の作り方のコツをおさえよう

大人になると臆病になりますから、その所為で友達ができないというのは十分にあり得ます。

また、大人になってからの方が一人で行動することも多く、友人を必要としないという人もいるため、友人を作るというのはそれほど必要なことではないのかもしれません。

ですが、友達になりたい人が現れたときに、失敗することがないように、きちんと友達作りのコツは覚えておいた方が良いのではないでしょうか。

一期一会と言う言葉があるように、人は人生の中で何度も同じ人に出会うことができるわけではありません。

一度きりの出会いを逃すことがないように、友達作りのコツは覚えておきましょう。

友達の作り方の簡単な13のコツ


では、友達の作り方の13個のコツについてご紹介します。

友達との出会いを逃すことがないようにしてくださいね。

いつも笑顔でいる

仏頂面でいるよりは、笑顔でいる方が人の評価は高くなります。

笑顔の相手と一緒にいると楽しいと思いますよね。

逆に、不機嫌な顔をしている相手と一緒にいると「この人は怒っているのだろうか」などと相手に気を遣うことになります。

相手に気を遣わなければいけない状態で、それ以上の付き合いをしたいと思えるはずがありません。

友達になりたいと思っている相手の前では、常に笑顔でいることを心がけましょう。

積極的に話しかける

友達になりたいと思っている相手がいるのなら、その相手には積極的に話しかけるようにしてくださいね。

話しかけてこない相手を見て、「この人は私と友達になりたいと思っているのだ」とは誰も思わないでしょう。

「この人は私には興味がないのだ」と思うはずです。

相手にそう思われてしまっては、なかなか友人関係になることは難しいでしょう。

積極的にしっかりと相手に対して働きかけることで、相手も色々な感情を返してくれるようになります。

何もアクションを起こさないままで、相手からのアクションを待っているような状態では友達を作るのは難しいです。

質問をする

友達になりたい相手に質問をするというのはとても良いですね。

質問をするというのは、相手に興味がなければできることではありません。

興味のない人に対して質問を考えるというのはとても難しいものです。

つまり、質問をするということは、相手に対して「私はあなたに興味があります」と言う姿勢を伝えることになるからです。

また、質問は、相手の色々なことを知るきっかけとなります。

何も知らない相手とは友人になることはできませんが、お互いのことをたくさん知っていれば、それだけ友達になれる確率は上がるということになりますよね。

連絡先を交換する

友達になりたいのなら、まずは連絡先を交換することが大切かもしれませんね。

小学校のころのような「友達になろうよ!」の代わりとして、連絡先の交換をすることが友達を作る近道になることもあります。

連絡先を知りたいということはつまり、これからも連絡を取って縁を繋いでいきたいということになりますよね。

相手の連絡先がなければ、そもそもそれ以上に交流をすることはできなくなってしまいます。

相手のことを知るためにも、まずは相手に「これからも交流をしていきたい」ということを伝えるようにしましょう。

話をしっかり聞く

話をしっかり聞くことができる相手と言うのはとても重要ですよね。

誰でも自分の話をきちんと聞いてくれる相手のことは貴重だと思っています。

自分のことを話すのは良いけれど、相手の話を聞くのは下手だという人はたくさんいるでしょう。

「良い聞き手」であるというのは、人間の評価をするときには大きな魅力となるものの一つです。

友達になりたい相手の前では、しっかりと相手の話を聞いて、相手が気持ちよく話すことができるようにしてあげましょう。

そうすれば、相手も「一緒にいると心地よい」と思ってくれるでしょう。

その場から離れない

友達になりたいと思っている相手がいるのなら、その相手と一緒にいるときには、その場から離れないようにすることが大切ですね。

相手との距離ができてしまうと、それだけで友達になるのは難しくなります。

単純に相手と一緒にいる時間が多いことも、友達を作るうえではとても大切な要素となるでしょう。

友達になりたいと思っている相手に対して遠慮していても仕方ありません。

必ずしも二人きりでなければ友情が育まれないというわけではないのですから、グループで話をしているときにも、すぐにその場から離れることがないようにすると良いのではないでしょうか。

自分からお誘いする

友達になりたいと思っている相手がいるのなら、自分からお誘いをすることも大切ですね。

相手との時間を増やすことで、相手との距離を縮めることができるようになるでしょう。

自分から積極的に相手とのコミュニケーションを取れるようにするのです。

もちろん、誘うのはとても勇気が要ることではありますが、友達になりたいと思っているときに躊躇をしてはいけません。

お互いにお互いのことを知らなければ、友達としての相性が良いのかもわかりませんよね。

その相性を確かめるためにも、まずはその相手を誘っておしゃべりしたり、出かけたり色々なことをしてみてください。

何もしないでいるのに、友達になるというのはとても難しい話のはずです。

誘われたら乗っかる

自分からお誘いするのはもちろんのこと、相手から誘われたときにきちんとそこに乗っかることも必要です。

誘われたときにそれを拒絶していると、相手は関係性を作ることを拒絶されたように感じてしまうのではないでしょうか。

誘われたときに、他にどうしてもキャンセルすることができない用事があるときには別です。

ですが、何もないのなら、それに対してはきちんと乗っかるようにしましょう。

人間関係を築くためには、相手との時間を増やすことはとても大切な要素となるはずです。

相手に共感する

相手に共感をすることはとても大切です。

相手に気持ちを合わせることで、相手との距離が近くなったように感じるでしょう。

共感や同情、同調と言うのは、コミュニケーションをする上ではとても大切なこととなります。

相手に共感をすることで相手との距離を近くすることができるのなら、積極的に共感の力を使ってみることにしましょう。

最も、何の話でも共感ばかりをしていると、それはそれでつまらない人間だと思われてしまう可能性が高いですから、ある程度はきちんと自分の意見を伝えることも大切です。

また、自分の立場から主張をすることも大切ですが、相手が望んでいるところではきちんと共感の姿勢を見せてあげることで、相手も親近感を覚えてくれるでしょう。

会話のテンポを合わせる

会話のテンポが合わない人とは、話していてもつまらないですよね。

そのため、友達になりたいと思っている人がいるのなら、その人と会話のテンポを合わせることが大切です。

居心地の良さを感じるには、同じ温度や同じテンポで話すことがポイントです。

会話のキャッチボールをしていてお互いが楽しいと思えるようなテンポを心がけましょう。

時折、独特のテンポで話をしている人がいますよね。

もちろん、そうした自分のテンポも大切にしなければいけませんが、友達を作ろうと思っているときには、相手とあまりにテンポが合わなければ楽しくありません。

相手を自分のテンポに巻きこむか、自分が合わせなければいけないのです。

気にかける

人は、自分のことを気にかけてくれる相手のことが気になります。

相手が優しさを持ってくれていると、相手に対しての好意を抱きやすくなるのです。

それは恋愛感情だけではなく、友人としての感情も同じです。

どうせ友人として付き合うのなら、自分勝手な人と付き合うよりも、自分のことを気にかけてくれる相手の方が良いですよね。

そのため、友達になりたい相手のことを気にかけていることは、相手にとても良い印象を与えることができるでしょう。

相手のことがどうでも良い存在ではないのだ、と言うことをしっかりと伝える行動をするのです。

相手の様子がおかしかったら、何があったのかということについて聞いてみると良いのではないでしょうか。

決して自分勝手な人間ではなく、他人を気遣い、気にかけることができる人と言うのは、友達にするにはとても良い性質を持っているように思えますよね。

自分に自信を持つ

自分に自信を持っていることは大切なことです。

あまり自信がないような状態では、相手に対して積極的になることはできません。

自分に自信がなければ、相手に対して卑屈になることもありますよね。

また、ない自信を補うために、間違ったアピールの方法を取ってしまうこともあります。

相手に対してでしゃばってしまったり、延々と自慢話を聞かせてしまうのは、自分に自信がないからと言う側面もあるかもしれません。

自分に自信がなく、自分のことを好きになれない人のことを、初対面の相手が好きになってくれるはずがないですよね。

相手と友達になりたいと思っているときには、自分は価値のある人間だということを頭の中に置いておくようにしましょう。

ポジティブになる

友達を作るときに必要なコツの一つとしては、ポジティブになることです。

相手に嫌われるのではないかと怯えてしまっている状態では、相手に対して遠慮が消えませんよね。

友達になるときには、相手に気を遣うことはもちろん必要です。

いきなり遠慮なしに距離を近づけてしまうと、相手がそれに対して引いてしまうでしょう。

ですが、色々なことをネガティブになって考えて、相手に対して遠慮ばかりしてしまっていては、相手も「この人は友達になりたくないらしい」と思ってしまうものなのです。

自分に置き換えても、ネガティブに色々なことを考えている人とはあまり友達になりたいとは思わないのではないでしょうか。

少しポジティブに物事を考えられるようになれば、相手との距離を自然に詰めていくことができるはずですよ。

また、ポジティブになった方が、会話の内容もポジティブになり、相手が楽しんでくれるに違いありません。

友達を作ろうと思っているときには、前向きな考え方ができるようにしましょう。

コツが分かったら、こちらのアプリを使って友達を募集してみて下さい!【詳しくはこちら >>>】

友達が作りにくくなるNG行動

友達作りの際には、相手に好かれることも大切ですが、相手から嫌われないということも大切です。

特に、初対面から「とっつきにくい」人間だと思われてしまっては、相手が友達になることを嫌がってしまうでしょう。

友達は無条件に自分を受け入れてくれるものではありません。

自分がそうであるように、相手も相手の友人関係を選ぶ権利はあるのです。

相手が「この人とは友達になりたくない」と思ってしまえば、自分が望んでいるときでも友達になることはできません。

これは寂しいことですが、仕方のないこととも言えますよね。

ここでは、友達が作りにくくなるようなNG行動についてご紹介します。

友達が作りにくくなるような行動をしていることが思い当たる方は、以下のような行動を控えるだけでかなり変わってくるのではないでしょうか。

もごもご喋る

まず、友達を作りにくくするNGな行動の一つとしては、もごもご喋るというものが挙げられます。

人間関係を作るために必要なのは、まずはコミュニケーションですよね。

相手が何を話しているのか分からないような状態では、そもそもコミュニケーションを取ることができません。

また、たとえ相手が話していることを理解できたとしても、もごもご喋って、ストレスフリーに会話することができないような相手は敬遠されてしまう傾向にあるでしょう。

相手に話をするときには、相手が嫌がらないような話し方を心がけなくてはいけません。

少なくとも、相手が聞き返してくるような喋り方をしないように心がけましょう。

もごもご喋ってしまうのは活舌の問題もあるので難しいかもしれませんが、少しでもゆっくり大きな声で話すようにしていれば、だいぶ改善されるのではないでしょうか。

活舌や口調が「個性」と思ってもらえる程度なら良いですが、コミュニケーションの障害となってしまっているような場合には、改善していきましょう。

キョロキョロする

キョロキョロ色々なところを見るということは、注意が他のところに向いてしまっている状態だということになります。

一緒に話しているときに他のところに意識を向けているのは失礼なことですよね。

それでは、相手に「友達になりたいと思っている」ことが伝わりません。

緊張して相手に顔を向けることができずに、思わずきょろきょろしてしまうことはあるでしょうが、友達になりたいと思っているのなら、相手のことをしっかりと見るようにしましょう。

相手からじっと見られることは、しっかりと相手に注目しているということが伝わるというメリットがあります。

きちんと相手に注目しているのだということを示すためにも、きょろきょろと色々なところを見るのはやめて、落ち着ついて相手のことを見ることが大切です。

自慢話をする

自慢話をする人も嫌われてしまう傾向にありますね。

「この人と友人になったら永遠に自慢話を聞かされる」と思われてしまうと、友人になることを拒絶されるはずです。

自慢話をしたくなるのは、相手から褒めてもらいたいという気持ちがあるからです。

また、相手に認めてもらいたい、相手に自分は価値があるのだということを知ってほしいと思っているときにも自慢話をしてしまうでしょう。

要するに、相手にアピールをしたいときに自慢話が出てしまうのです。

相手と友達になりたいと思っているときには、特に、その「認めてもらいたい」「価値があると思ってもらいたい」と言う気持ちが強いのではないでしょうか。

つまり、自慢話が出てしまう傾向が強いということになります。

かなり気を付けておかなければいけませんね。

でしゃばる

でしゃばってくる人と一緒にいるのは、誰でも疲れるものです。

出しゃばって口を出してくるような人は、相手のことを支配しようとしますし、いちいち説教めいたことを言われて友達になりたいと思う人はいないでしょう。

相手がでしゃばってくるようなら、その人とは距離を取りたいと思いますよね。

人にお節介を焼くようなことをしてしまう人は、できる限りその癖が出ないように気を付けた方が良いですね。

中には、友達になりたいと思っている人の前では、特にでしゃばってしまうという人もいるでしょう。

相手に好かれたいと思うあまりに、お節介なことをしてしまうのです。

ですが、これでは相手にあまり良くない印象を与えてしまう可能性があります。

相手に好かれたいと思っている場合でも、何でもかんでも口を出すのはよくないということを覚えておきましょう。

空気を読まない

空気の読めない人も友達を作るのは難しいかもしれませんね。

空気の読めない提案をすることが多いという自覚がある人は、相当に周囲の空気を読めるように注意しておかなければいけません。

きちんと周囲を冷静に見ることができるようになれば、他の人から嫌われてしまうほどに空気が読めないということはなくなるでしょう。

空気を読めるようにならなくては、相手から「この人と一緒にいると疲れる」「この人と一緒にいては私まで顰蹙を買ってしまう」と思われてしまいます。

友人になりたいと思っている人と一緒にいるときには、きちんとその場を冷静に眺めるようにしましょう。

悪口を言う

話の内容が周りの悪口ばかりの人に対して、友達になりたいと思ってくれる人はいません。

ある程度の年齢まではそういった人でも周りに人が溢れているかもしれませんが、大人になってしまうと、人の悪口を言うのはあまり良いことではないと気づくはずです。

悪口を言っている人の相手は疲れるということも分かっているでしょう。

そのため、人のうわさ話や悪口を常に口にしているような人は、友達を作るのは難しくなってしまうのです。

悪口は確かに、話しているときにはとても楽しいかもしれません。

ですが、それを他の人も楽しんでくれているわけではないというのは、気付いておかなければいけないですね。

悪口を遠慮なく言うことができるのは、間合いを掴むことができている悪友を相手にしているときだけでしょう。

少なくとも、これから友達になりたいと思っている人相手にして良いことではありません。

消極的

消極的な人も友達を作りにくいですね。

人によって社交性と言うのは違いますが、誰でも初対面の人相手には緊張するものなのです。

だからこそ、相手からもきちんと積極的に話しかけてくれれば、それだけで「この人は私と交流したがっているのだ」ということが分かって、相手との友人関係を作りやすいですよね。

それなのに、相手があまりに消極的な様子で、何を話しかけても大して反応が返ってこないような状態だと、「この人は私とは関係を結びたくないらしい」と思われてしまいます。

また、相手が積極的にかかわってくれないところを見ると、「この人と一緒にいると、私ばかりが気を遣って疲れる」と思ってしまうでしょう。

友人を作りたいと思っているときには、いつもよりも積極性を出して、相手に絡んで行けるようにした方が良いのではないでしょうか。

消極的では相手に気持ちが伝わることはないでしょう。

無表情

無表情な人も友達を作りにくいですね。

無表情と言うのはどちらかと言うと怒っているように見えますし、どこか近付きにくいような印象を抱いてしまいます。

無表情でいるだけで「この人は自分のことが気に入らないのだろうか」と思ってしまうものなのです。

周囲に、ころころ表情が変わって何を考えているかが分かりやすい人と、無表情で何を考えているかが分からない人がいたときには、表情が豊かな人の方に話しかけますよね。

無表情と言うのは、何を考えているかが分からない分だけ、人に敬遠されてしまうのです。

中身を知ってもらえればそんなことはないかもしれませんが、最初から相手の中身を知るというのは無理な話ですよね。

自分の考えていることを顔に表すことで、初対面の人も何を考えているのか理解しやすくなります。

友達になりたいと思っている相手に無表情で接するのはやめましょう。

反応が薄い

反応が薄いような場合にも友達を作るのが難しくなるのではないでしょうか。

自分が話しているのに相手が反応してくれないのなら、悲しい気持ちになりますよね。

特に女性の場合には「共感を求める傾向」がとても強いので、相手が反応をしてくれなくては関係が成り立たないでしょう。

自分の話ばかりをしているのはいけませんし、相手が話していることに対して興味を持つことも大切なのです。

相手の話を聞いているという証拠に相槌を打つ、相手の話に対して相手が望んでいるような反応を返すようにすると良いでしょう。

何を話してものれんに腕だと思われてしまっている状態では、新しい友達はなかなかできません。

きちんと会話のキャッチボールが成り立ち、さらには相手にとって「話していて楽しい」と思ってもらえることが大切なので、反応を少し頑張ってみましょう。

普段から反応が薄いと言われている人は特に意識してみてくださいね。

NG行動が分かったら、こちらのアプリを使って友達を募集してみて下さい!【詳しくはこちら >>>】

これで友達作りはかんぺき!

友達は人生の中でも一二を争うほどの大切なものですよね。

自分のことを相談することもできますし、相手からの言葉で世界が広がることもあります。

ところが、友達作りはそれほど簡単なことではありません。

特に、大人になってからでは友達がなかなかできないものです。

相手から嫌われることが怖くて「友達作り」が下手になってしまっている人もたくさんいると思います。

ですが、いくつになっても友達は増えると楽しいものですよね。

友達がいることによっていろいろな世界に交わることができますし、楽しみも増えるでしょう。

まずは上記のことを実践して、新しい友達ができないかどうか試してみてください。

新しい友達を作ることができたのなら、それを機に、さらに人間関係を広げることができると良いですね。

【友達探しについては、こちらの記事もチェック!】