言葉や表情など表面に出ていることと、心の中で思っていることは必ずしも同じではないことは、大人になれば誰でもあると思います。

「本音の建前」「嘘も方便」などの言葉が存在しています。

このことからも、多くの人が、他の人の感情を害さないためだったり、自分自身を守るため、もしくは自分の利益を達成するために少なからず、表と裏を状況に応じて使い分けていると考えることができます。

でも、あまりにあからさまだっったり、度がすぎると「腹黒い人」というレッテルを貼られるかも知れません。

あなたの周りに腹黒い人はいませんか

「女子だけだとがさつな話し方をしていたのに、男子が来た途端、声のトーンが一オクターブ上がって可愛らしく話す人」

「みんなで楽しくおしゃべりしていたのに、一人の人がいなくなった途端にその人の悪口を言う人」

「恋人がいるのに、好みの人の前だといないふりをする人」

あなたの周りにいませんか?

そんな人を見てどう思うでしょうか?

腹黒いな〜と思うのではないでしょうか?

人間関係においてある程度計算は必要


もちろん、子供のように純粋無垢なままでは、この世知辛い世の中は生き抜くことはできないでしょう。

小学校に入学した時から、みんなと仲良くできるように、仲間外れにされないように…。

また周りから遅れをとらないように、周囲をよく観察して、浮かないように上手に立ち振る舞うことを余儀なくされます。

そのようにして、学生時代から自分の感情や行動をコントロールするように鍛えられます。

社会に出ると人間関係はもっと複雑になるので、ある程度計算して行動することがどうしても求められます。

自分が直感的に感じることを全て口に出したり、同意できないことを全部指摘していたら、一体どうなってしまうでしょうか?

会社でも疎まれ、仕事を円滑に行えなくなります。

プライベートでも友情にヒビが入ったり、親戚関係でも肩身の狭い思いをすることでしょう。

ですから、ある程度計算して自分の言動を制御することは、社会人として絶対に必要なことなのです。

計算高過ぎるのは考えもの

でもあまりにそれが行き過ぎ、前述のようなあからさまな行動になると、それもまた皆に引かれてしまいます。

自分の目的を遂げるためになんでもする自己中心的な人。

他の人を利用することをなんとも思わない冷淡な人。

目的を達成するために手段を選ばない節操のない人、と見られてしまうのです。

そのように計算しすぎたり、損得勘定で動く人を信頼できると思う人はいません。

親しい友にしたいとも思わないですよね。

むしろ、あまりに計算高く行動する人のことを警戒するのではないでしょうか?

世の中には表と裏があることはわかってはいても、やはり腹を割って話せたり、本心を見せてくれたり、あれこれ画策せずに、利他的に行動できる人に魅力を感じるものです。

ですから、ある程度の計算はできないと困りますが、それがいきすぎると「腹黒い人」として嫌われてしまうので注意したいですね。

腹黒いの意味


辞書によると、腹黒いとは「心に何か悪巧みを持っている」「陰険で意地が悪い」「心がねじけている」などとなっています。

簡単にいうと「裏表が激しい人」といえるかも知れません。

表向きはニコニコと優しく話していても、心の中では”めんどくさい”などと、表に出ていることとは全く逆の悪感情を持っている人。

優しく話しているのは、そうしておけば”自分の思い通りにこの人を動かせる”という計算をしていること。

そんな人を腹黒いといいます。

陰険で意地悪

腹黒い人は、明らかに悪そうだったり、嫌な態度をとるわけではありません。

表面は優しそうだったり、いい人そうに見せておいて、本当は悪意を持っているという非常に恐ろしい人です。

陰険とは、明確な意識を持って意地悪をする意味合いがあります。

たまたまそうなったとか、人からそそのかされて意地悪をしたというのではなく、本人の意思に基づいて行なっていることになります。

しかも、その悪意を悟られないように、表面を取り繕うので、より悪意の深さを感じます。

その巧妙さから計算高さも感じます。

本心を隠すためには、周りの目を欺いたり、そうと悟られないように立ち振る舞う必要があるので、腹黒い人は、悪賢い人とも言えます。

腹(心)で良からぬ事を考えている

腹黒いの類語には、「邪悪」「あくどい」などがあげられているように、腹黒い人が心の中で考えていることは、人を傷つけたり、自分の利益を追求するような悪巧みです。

人当たりが良く、嫌なことを言わない人でも、心の中では良からぬことを画策しているのです。

さらに、腹黒いという言葉には「根性が汚い」「性根が腐った」など、人としての品性が低いという意味合いも含まれています。

そもそも黒色(ブラック)から連想される言葉もネガティブなものが多いですよね。

黒星、ブラックマネー、ブラック企業、ブラックマーケットなど、非合法のやり方や物事、勝敗における負け、不法な手段で得たお金、などを黒い色を使って表現します。

これらの言葉からも黒色には、表には出せない悪いこと、一般常識では受け入れがたいこと、人によくない影響を及ばすことなどを表すことがわかります。

ですから腹黒い人とは、表をどう取りつくろおとも、本性は悪い人であることが理解できます。

あなたは当てはまる?腹黒い人の特徴

腹黒い人の意味を考えると、”絶対にそんな風な人にはなりたくない”、もしくは”人にそう思われたくない”と強く感じます。

そして、本当に自分は大丈夫か心配になるかもしれません。

まあ、”自分は平気かな?”と謙虚に思う人は、まず人から腹黒いと思われていることはないとは思います。

ですが、この際なので、腹黒い人の特徴をじっくり考えて、自分にそんな要素がないか自己分析してみましょう。

本心と違う事を言う

腹黒い人が大事にしているのは、同意と共感です。

ですから、自分の考えをストレートに伝えるようなことはしません。

特に、意見が違う人の前で、その人に対して直接否定的なことを言ったり、自分の主張を押し付けるようなことは絶対にしません。

むしろ、人の感情を敏感に読み取り、その人が感情を害さないように、かつ自分の利益のために動くように先回りして行動します。

ですから、本心とは違うことでも、あたかも本当にそう思っているようにうなづいたり、同意したりするのです。

誰でも、自分を否定されると嫌な気持ちになるので、批判的な人に対して悪感情を持ちますよね。

一方、同意してくれる人に対しては、親近感を感じたり、信頼感さえ覚えるかもしれません。

そうです。

腹黒い人は、一見すると良い人に感じることもあるのです。

しかし、本当に良い人は、心の底からその人の幸せを願っています。

それに対し、腹黒い人は、自分が嫌われないように、もしくは自分の想い通りに物事を運ぶということを願ってい本心を隠して、相手が気にいるような態度をとります。

プライベートを話そうとしない

自分の本性や、自分自身について人に知られることを望まなければ、自然とプライベートの話はしなくなるでしょう。

裏表のない人は、プライベートをオープンにしても、裏がないので問題ありません。

人に知られたくないようなことがある人ほど、本当の自分については隠そうとします。

職場の同僚や友達とは、ある一定のラインまでしか共有しないというポリシーを持っている人も多いです。

ですが、あまりにプライベートを隠す人だと、実際はどんな人なのか不安になることもありますよね。

自分を美化したがる

腹黒い人は、「良い人に思われたい」という願いが強いので、自分の嫌な部分や、苦手なところは見せないようにします。

そして、得意なところや長所を全面的に押し出すようにします。

人からの評価を大切にしているので、好感度を上げるためにできることは何かを常に計算しているともいえるでしょう。

相手に合わせて、好まれるタイプに自分の異なる面を見せているのです。

そして、自分を好きになってもらい、常に良いイメージでいてもらい続けるために良い人アピールを欠かせません。

先ほどみたように、本音を隠して、ひたすら同意や共感を示したり、褒めたり相手が喜びそうなことを言ったります。

さらに腹黒い人は、実際に頭がキレます。

自己愛も強いので、自分は人より能力があると心から思っていることも多いでしょう。

他人の幸せが嫌い

人の幸せを素直に喜べないことも腹黒い人の特徴の一つです。

わかりやすい例は、友達に素敵な恋人ができた時に、どう反応するかによって見分けることができます。

もちろん誰でも、自分に恋人がいない場合や、結婚したくてもできない状況なら、少し羨ましく感じたりはするとは思います。

ですが、友達が幸せになることは、心から嬉しく感じ、祝福すると思います。

しかし、腹黒い人は、自分が一番幸せでありたいとの想いが強いのです。

たとえ友達であろうと嫉妬してしまい、人の幸せを心から喜ぶことができないのです。

でも、嫌われたくもないので、真っ向から嫌な態度は取らないかもしれません。

そして、独り身の方が自由を楽しめるとか、気を使わなくて良いなどと負け惜しみのように聞こえることをいうかもしれません。

もっと巧妙な場合は、その友達や恋人のことを裏で否定したり、引き裂くような悪巧みをする場合もあります。

人の幸せを妬むような態度をとる人の前では、幸せな話をしない方が良いでしょう。

他人を利用しても悪いと感じない

腹黒い人は、人をコントロールする術に長けてもいます。

しかも、その方がみんなのため、物事がスムーズに運ぶためには必要なことだと自信を持っている場合もあります。

ですから、人を思い通りに動かしたり、利用することに対して悪いという感情はありません。

確かに、世の中には使われる人と使う人がいますし、自分で考えて行動できない人もいます。

ですからある程度の指示や調整というものは必要です。

しかし、利己的な目的で人を利用すると後で痛い目を見ることになりかねません。

どんな人でも、私利私欲のために利用されたとわかったら気分を害しますよね。

他人の弱みに付け込む

人を自分のコントロール下に置く手っ取り早い方法は、弱みを握ることです。

世の中の犯罪のほとんどは、この方法で行われています。

さらには、刑事ドラマや裁判もののストーリーでも、相手の弱みを握って、バラされたくなければいう通りにしろという手法で、物事を有利に運ぶ手法が有効であることがわかります。

当然、腹黒い人が、この有効な手法を見逃すわけがありません。

腹黒い人とは、人間観察が得意で、人の感情や願いに敏感でもあります。

集めた情報を、どのタイミングで、どのように使うのが最も効果的かを判断し的確に用いていきます。

もちろん頭がよく計算高い腹黒い人は、直接脅したり、あからさまに弱みをついたりしません。

それとなくじわじわと弱みを握って、それを使って思い通りにことを運ぼうとします。

自分の利益ばかり気にする

腹黒い人は、計算高い人ということができます。

では何を計算するかというと、自分の益になるかどうかです。

この非常にシンプルな目的のために、行動し、人を動かします。

全ての物事を自分にとって得か損かで考えるのです。

どんな人でも、デメリットは避け、メリットをできるだけ得たいと思いますが、腹黒い人はその願望がとても強いのです。

ビジネスの場では、利益を上げることは責任の一つで、損をしないように、できれば自分たちにとってプラスになるように話を持って行くことは必要なスキルとされています。

しかし、それをプライベートの人間関係や、友情に持ち込むとどうでしょうか?

自分の利益しか考えない自己中心的な人は嫌われますよね。

平気でウソを付く

本心を語らないことと、共通していることです。

腹黒い人にとって大事なのは、自分の思い通りにことを運ぶことで、そのためには平気で嘘をつきます。

自分にとって役に立つと思う人に気に入られるためなら、平気でお世辞を言って取り入ろうとしたり、嘘をついてまで仲間と感じてもらえるようにします。

または、自分の味方を増やすために、ライバルの人を蹴落とすような嘘をつくこともあるでしょう。

完全なる作り話ではなくても、邪魔な存在の弱点を強調したり、失敗したエピソードを誇張して話したします。

さらに巧妙な場合は、本人には普通に接しながらも、その人が嫌な存在であることを印象づけるような噂を周囲の人に流したりします。

これこそまさにダブルフェイスの恐ろしいさですよね。

このように、腹黒い人は、自分の都合の良い方向に持って行くという目的を達成するために嘘をつくことを悪いこととは考えないのです。

【嘘をつく人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

褒め上手

人の良い点を探して褒めることは、人間として立派なことですし、誰もが率先して行うべきことです。

でも、褒める理由が自分の株を上げることだったらどうでしょうか?

それは、人に対する純真な関心とは違いますね。

本当にその人の素晴らしい特質に感銘を受けたり、元気付けたり、やる気にさせたくて褒めるという本来あるべき姿ではありません。

しかし、褒められた方としては、その違いに気づかず、同じように嬉しく思うのだから別に構わないのではないかと腹黒い人は考えるかもしれません。

確かに、腹黒い人は、よく観察し、どう褒めればその人が一番喜ぶかを知って、絶妙なタイミングで褒めれるかもしれません。

腹黒い人にならない為の6個の注意点

腹黒い人の特徴を見ると、褒めてくれたり、反対意見を言わなかったり。

一見すると、明らかに性格が悪いわけでも、自分にとって嫌な人でもないことがわかりますよね。

しかし、基本的にとても利己的で、自分の益のためなら、人がどうなっても良いと考えています。

実際に自分の思う通りになるように嘘までつく、性根が曲がった人であることがわかります。

そんな人にはなりたくないですよね。

ですからこれから、腹黒い人にならないための注意点を見ていきましょう。

1、隠し事はしない

腹黒い人の反対は、「正直な人」と言えるでしょう。

腹黒い人が、嘘をついて本心を隠したり、計算をして自分の気持ちを言いません。

それ対して、正直な人は、本当の自分や、自分の気持ちを誠実に出すからです。

全てを見せたりいうことは、余計に人を傷つけるという意見もありますが、それには同意し兼ねます。

もちろん知らせる必要のないこともあるでしょう。

いうべきタイミングやシチュエーションを懸命に見極めることは必要です。

しかし、それは隠すことではありません。

隠すというのはやましいからであり、隠さねばならないことがあるのが問題なので、根本から直す必要があるでしょう。

何事も正直に話す

「バカ正直」という言葉があるように、何事も正直に話すことは、バカがするこという風潮が残念ながらこの世の中にはあります。

もちろん先ほど考えたように、話す相手やタイミングを見計らうことは、人間関係を円滑にするために必要なことでしょう。

話す時には、いつどのように話すかを、前もってよく考えなければなりません。

しかし、嘘をつくことは絶対にやめましょう。

良い嘘などというものはありません。

嘘は必ず誰かを傷つけますし、思わぬところで自分の首を絞めることになるでしょう。

2、損得勘定で行動しない

損得勘定で行動するということは、自分にとって得になることだけをしたいという利己的な思考を持っていることの表れです。

例えば、友達を助けてあげる動機も「助けてあげたんだから〇〇をしてねと」見返りを求めるのです。

そうすれば助けるという労力も、損ではなく自分に返ってくるメリットになりうると考えているのです。

それよりも、本当に助けてあげたいという優しさから手を差し伸べられる人でありたいですよね。

損得勘定で動くような思考になってしまうと、心が貧しくなります。

万が一見返りがかえってこないと、怒りさえ抱くようになってしまうかもしれません。

そうなると付き合いづらい人になるのは目に見えていますよね。

信頼され易くなる

損得勘定で動く人は、容量が良く、器用に立ち回れることも多いです。

仕事ができると思われたり、立場の上の人から好かれたりするでしょう。

しかし、得だからという基準だけで物事を判断していることはいずれ明らかになります。

なぜなら、人としてどうかなと思うことも、得ならやってしまったり、損をするなら、やるべきこともやらないからです。

そんな人間を信頼する人がいるでしょうか?

さらには、損得勘定で行動する人自体が、人を信頼しない傾向を持っています。

根底に、「人は裏切る」「信じられるのは自分やお金」という考え方をしているので、その物差しで人を見てしまうのです。

ですから、人との心の交流や信頼関係を築くことが難しいのでしょう。

反対に損得勘定ではなく、心から相手を思って行動する人に対しては、信頼や愛情が芽生えますよね。

3、どんな相手でも態度を変えず接する

腹黒い人の特徴で、異性や目上の人の前では急に良い子を演じ出したり、可愛こぶるというものがあります。

もちろん目上の人に対しては、同年代の人よりも敬意を示すべきです。

それに、気になっている人に好かれたいというのが態度に出てしまうことも悪いことでもありません。

ただ、へつらうような態度の変化や、それらの人がいないところでの悪態とのギャップがひどいと、それを見ている方としては引いてしまいますよね。

さらに、立場の強い人には愛想よくして、弱い人には威張ったり。

外見によって差別した態度をとったり。

自分にとって好都合と判断した相手には急にゴマをするような態度をとるなら、完全に心無い人と思われてしまいます。

大切なのは、どんな人に対しても誠実に、敬意を持って接することでしょう。

豹変する人は距離を置かれる

同じ人に対しても、立場や状況によって態度を豹変する人もいます。

例えば、今まで見向きもしていなかったはずなのに、知り合いに有名人がいるとわかった途端仲良くしたり。

昇進した途端すり寄ってきたり。

反対に今まではペコペコしていたのに、自分の立場が上がったらタメ口になったり…。

同じ人なのに、立場や状況でこんなに態度を帰るの?とびっくりするようなことがあります。

そんな人と一緒にいると、感情的にも振り回されます。

そして、ただただ怖い思いをするので、皆が距離を置くようになります。

人の価値は、立場や地位、メリットデメリットでは決まりません。

くれぐれもそれを肝に命じて、人間同士の心ある付き合い方をしましょう。

4、他人の幸せは素直に喜ぶ

「喜ぶ人と共に喜びなさい」という格言があります。

喜びを共有してくれる人がいると、嬉しさも倍になります。

一緒に喜んでくれた人に対して、心を開くようになりますよね。

ですから、人の幸せを素直に喜ぶ心を培うなら、当然ながら喜びを感じる機会が格段に増えます。

それらの人たちと暖かい友情を気づくことができるようになります。

そうすれば、人生が楽しい出来事で満ちるようになり、気持ちも積極的で明るくなります。

そんな前向きな態度と、暖かな交友関係を築けば、自分の幸せも自然と舞い込んでくることでしょう。

遠回しの嫌みも言わない

本当に喜びを共有するためには、素直に喜ぶことがポイントだということにお気づきになられましたか?

喜んでいるフリをするのでも、散々嫌味を言って、最終的に仕方なく喜ぶのでもありません。

最初から素直にその人と同じ感情で喜んであげることが大切なのです。

内容によっては少し複雑な思いになることもあるかもしれません。

そういう時は、その人の立場になって物事を見れるように一呼吸置きましょう。

そして、自分の中にあるネガティブな気持ちの原因を分析するようにしましょう。

誇りの気持ちはないか、損得勘定で計算しているからではないか正直に分析するのです。

これを、何も言葉を発する前に、静かに、しかも速やかに行うようにしましょう。

そうすれば遠回しの嫌味を言ってしまって、後で後悔することはないでしょう。

5、悪口を噂話の発信源にならない

噂話とは非常に怖いもので、全くのデタラメでも瞬く間に広がって、真実として残ってしまうことがあります。

ですから、自分がその発信源となって、取り返しのつかないことにならないように、口から出す言葉に最大限の注意をはらうようにしましょう。

特に、少しよくない感情を抱いている相手や、物事に対しては、意図せずにでも悪口ともとれる言い方をしてしまう場合が多いです。

それが集団の中では、より一層偏見に満ちた、しかも皆が合致した意見として爆発的に広がってしまいます。

これを集団のエゴイズムというそうです。

集団心理で、曖昧な情報でもとりあえずそれを誇張したり、一般的に事実として考えられていることとして広がってしまうのです。

さらに、ただ眠っているだけでも嘘が真実に変わるというスリーパー効果というのも噂話にはあります。

語られた直後は、ネタだからとみんながわかっているものでも、時間が経つと、ネタというのが消えてしまうのです。

そして、「〇〇さんは〇〇なんだって」と、語られた状況や雰囲気は関係なく、一部だけが受け入れられてしまうのです。

ですから、自分が語ったニュアンスが無視され、悪意だけが事実として残ってしまう可能性が十分あります。

そうなると、自分の評判も傷つきます。

悪く言ってしまった相手との関係も修復するのが難しいほどこじれてしまうかもしれません。

ですから、自分の有利になるように噂話を使おうなどとは決して考えないでください。

一度発してしまった言葉は、二度と元に戻すことはできないことをよく考えながら、語るようにしましょう。

他人の良い所を見ようとする

そもそも他人について悪く言わなければ、このような噂話の発信源になるという問題は起こりません。

ですから、他人に対して良いことを語れるように、その人の良い点に注意を集中するようにしましょう。

どんな他人にも長所と短所があって、特に短所が目立つ場合や、自分にとって我慢ならない点がある人もいることでしょう。

そんな時はどうすれば良いでしょうか?

悪感情に変わらないように、接点を少なくするなど、その人と距離をとることもできます。

自分自身も悪いところがあることを思い出すことも助けになるでしょう。

自分も誰かにとっては、我慢ならないほど嫌なことをしているかもしれない、自分も大目に見て欲しいならその人に対しても同じ見方をしようと考えるのです。

これは簡単なことではありません。

ですが、自分が他人にどう接するかによって、自分も同じように人から扱われることを覚えておくなら、他人に期待しすぎたり、短所に注目しない助けになるでしょう。

6、自慢話はしない

腹黒い人は、自分の評価を上げるために、良い人アピールや、自慢話しをするかもしれません。

ですが、それによって賢い人の心を掴むことはできません。

あなたは自慢話をする人のことをどう思われますか?

そう自分に問いかけるだけで、いかに自慢話が本人の評判を下げてしまうかがわかりますよね?

自慢話をする人は、他人に感銘を与えたり、自分の評価を上げるために、いかに自分ができる人間か、過去にどんな功績を上げてきたかを朗々と話します。

巧妙な場合は、控えめに見せながらも少し自慢を混ぜ込んだり、他人を少しけなすようにして自分を高める方法を用いるかもしれません。

何れにしても、自慢は自慢で、他人に良い印象は与えません。

むしろ、本当に他人にすごいと思われる人は、自分のことはあまり話しません。

人からの評価で物事を判断したり、他人からすごいと思われたいという欲がないからです。

自慢をしたくなる時もあるかもしれません。

そこはグッとこらえて、自分の口ではなく、人の口から褒め言葉を語ってもらえるように自分磨きに励むようにしましょう。

評価して欲しいなら行動する

口だけの人は信用できませんが、すぐにそして確実に行動する人は評価されます。

会社で評価の高い人の共通点を考えて見てください。

与えられた仕事を、すぐに実行する人ではないでしょうか?

「任せてください」仕事を引き受けたとしても、納期に間に合わせなかったり、「なんでもやります」と言っておきながら、頼んだことを後回しにしている人は口ばかりだと信用されなくなります。

むしろ「わかりました」とだけ言って、引き受けた仕事をすぐに処理したり、納期までにきちんとやり遂げる人は、仕事をきちんとやる、責任感のある人として評価されるようになります。

ですから、人からそのように見られたいなら、実際に行動によって信頼に値することを示す必要があるのです。

言葉でどんなに自分が信頼できるかを語るより、実際に一つの行動で示した方が説得力がグッと上がります。

腹黒い人は他人の心をボロボロにしていく

どんな社会でも人と人が支え合って成り立っています。

どんなに世の中が変わっても、人が暖かく感じたり、愛情をもったり、信頼したりする人としての本質は変わりません。

損得勘定で動いたり、人を自分の都合だけで動かしたり、目的を遂げるために嘘をつくという腹黒い行動は人をとても傷つけます。

自分の人間性も奪っていってしまいます。

ですから、今日考えたような、腹黒い人にならない注意点を復習して、自分自信を好きになれるような生き方をするようにしましょう。