CoCoSiA(ココシア)

嫌なことを忘れる方法12選。騙されたと思って試してみて!

「今日は何でまたこんなに嫌なことが立て続けに起きるの?!」というご経験がある人も多いのではないでしょうか。

嫌なことが起こると、「自分の普段の行いが悪いからだ」と考える人もいるでしょう。

また、「自業自得」といった感じで嫌なことを受け入れる人もいます。

でも一番良いのは、その嫌なことを早く忘れることができれば気が楽になるのではないでしょうか。

そこで今回は、「嫌なことを忘れる方法」をご紹介していきます。

嫌なことがあったという人は、騙されたと思って試してみてくださいね。

️嫌なことがあった!

「ああ!今日は特別、嫌な事ことたくさんあった!」と嘆いていたり、怒っている人はいませんか?

嫌なことが起こるとその後の気持ちを平静に保つのが大変です。

感情の起伏が激しくなってしまい、怒りや悲しみといった負の感情が一気に押し寄せてきますよね。

️嫌なことがあった後は…


嫌なことがあった後の感情。

普通の感性をお持ちの方ならば、大体共通した特徴が現れると思います。

それではまず、嫌なことが起こった後の感情をみていきましょう。

悲しくなる

嫌なことがあった後は悲しくなるという人は多いかもしれません。

この「悲しくなる」という感情、男性より感性の豊かな女性の方が陥りやすいかも分かりませんね。

嫌なことの中身にもよるでしょうが、特に自分への隠れた「避難」や「中傷」「悪口」といった行いでしょうか。

こんなことをそれまで仲良しだと思っていた人が言っていたと分かってしまったら、悲しくなるのは仕方ありませんね。

ここで悲しくなれる人というのは、本当に心がピュアで人を疑う事を知らない純粋な心根の持ち主なのでしょう。

いずれにしても裏切りに近いような行為をされれば、人間、落ち込みます。

辛いですね。

「あんなに信用していたはずの友人が自分のことをそんなに悪く思っていたなんて」という展開になってしまったら、もうどうしようもないでしょう。

悲しくなるのは、それだけ自分が相手の事を大事に信用していた証です。

人間の気持ちというのは本当に読み取るのが難しいですね。

悲しい気持ちの対処法について詳細はこちら >

涙が出る


嫌なことがあった後は涙が出ることもありますよね。

この「涙が出る」は、先ほどの「悲しくなる」の延長線上に起こってくる現象とみていいでしょう。

悲しい気持ちにさせられる、つまり悲嘆させられるから涙が出るのです。

明らかに信用を裏切られたに値するような行為をされた場合、涙が出るほど悲しくなりますよね。

恐らく、悲しみの感情の際に涙を流す生き物というのは人間だけでしょう。

涙は意識して流せるほど簡単なものではありません。

やはり気持ちというか感情がそういった気分にならないと流れてくれません。

だから、涙は物凄い説得力を持つのです。

昔から男と女の別れ話に涙は禁物と言われてきましたが、やはり我慢してもとめどなく出てくるのが涙なのです。

人間の素直な感情が涙を流させてくれるのです。

涙は我慢する必要はありません。

無理して流さなかったら、あとから悲しみが更に大きくなってきます。

嫌なことがあるから泣いているのです。

その気持ちは当事者にしか分かりませんからね。

涙が出るときの対処法について詳細はこちら >

落ち込む

嫌なことがあった後は落ち込んでしまうこともあります。

この「落ち込む」も他の特徴とのミックスで現れる事が多いでしょう。

つまり「悲しくなる」→「涙が出る」→「落ち込む」という順番です。

ただ先に出た「悲しみ」や「涙」はある一定の時間が経てば自然消滅する可能性が大いにありますが、この「落ち込む」という感情はそう簡単には消えてくれません。